• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

元Gureのブログ一覧

2014年11月28日 イイね!

保存版・珍車PART489

保存版・珍車PART489
珍車シリーズやらせてもらいます!

今回は70年代刑事ドラマでお馴染みにコレが久々に出てましたので取り上げます

⇒『昭和52年(1977)4代目330型セドリック4HT2000GL』!!

大都会シリーズ、西部警察、特捜最前線…

容易にこのモデル(但しセダンが殆どでしたが)のスクリーンでの活躍が描けると思います、近年はCS放送の充実もありますからね、若い方でもファンであればお馴染みのモデルかと…。

この11月で54年に及んだセドリック(04年以後は営業用のみ)が遂に製廃、かつてクラウンと並んで日本の高級車の代名詞の一つであったこのネーミングの消滅、実質、オーナーモデルがフーガに移行してからは無いに等しい状態でしたが最後の砦であったY31営業モデルも終わりとなると一抹の寂しさがあります、自ら名付けた日産の元社長、川又さんも草場の影で泣いてるでしょう…

さて、現車ですが現在マニアが所蔵なされているのが77y(~79y)の後期モデルが殆どの中、前期型(75y~)というのが珍しい、しかも4HTですし所謂Fタイプとなる角目2灯ではないセダンと同一顔の4HT下位グレードというのもよく残っていたもんです。

330はセダン、2HT、4HTのバリェーション(バン/ワゴンもあり)でしたがセダンと4HTがフォーマルな丸目4灯、2HTがスポーティな角目2灯でデビューしますがHT顔に方がオーナードライバーには好評のため76年から4HTも2HTの顔としたFタイプを追加、4HTの売れ線はほぼコレでしたので今となってはセダン顔?の4HTは極めて希少に思います!

出品車、前期型の最終77年モデル、外見だけではグレード特定は2000GLと断定、4HTとしては廉価版になりますね。
NAPSによる出力低下の著しい1キャブのL20型搭載、よく言われる「坂を登らない」はかつての乗車経験からしてほぼ正解、いや、登りますよ、大ストレスはありますが(*_*)

GL以上にはEGI付きもラインナップしていましたが現車、エンブレムに「E」の文字が見当たりませんので1キャブモデルですね。
現役時代間違ってもキャブは買うなと言われていたL20型、430時代にほぼ下取りされ潰される事が多かったのでね、くどいですがよくぞご存命で!といった感じ。。。

まっ、この時代のモノはマツダのRE以外は目クソ鼻クソ、今となってはその重厚な佇まいに価値があり走行性能がどうの、燃費がどうの ってレベルではないですから素直に現存に感謝ですね(笑)

↓走行不明のR点、決して評価はよくありませんが出品票の限りはまだまだ現役ですネ!


現車、これが大人気を博した70年代後半~80年代前半にかけて流行ったホッドロッド風味が懐かしい、スタイリングがド派手なアメリカンでしたのでコレがこれほどキまるのは330の特権かもしれません(^^)

現代目線から見れば5ナンバーサイズですからあの頃は大きく立派な高級車だったのですが「あれ?こんな小さかったっけ?」と旧車を見る時に必ず抱く疑念?が浮かびます。
しかしこの時代のデザイナーさんは限られた寸法でもこれほど個性を演出、高級車は高級車らしく、スポ-ツはスポーツらしくと現代のデザイナーさんよりはサイズの点では縛りがキツい時代の中、よく頑張ったなーと感じます、尤も、現代のデザイナーさんはサイズに許容がある分安全基準や何やかんやで大変だとは思いますが…

↓230の流れを含む70年代に流行した湾曲デザインのインパネも奇跡的状態!


先代230で日本初のピラーレス4HTをデビューさせたセドリック(グロリア)、330の時代にはライバルクラウンもS90型にてピラード4HTを追加しますがまだ安全基準がどうの、剛性がどうの、という時代ではなかったので4HTとしてはピラーレスのカッコ良さで日産が断凸の勢いでした。

保守層=中高年齢世代にはクラウン、若年層&チョイ悪オヤジはセドグロ!と棲み分けができていたような感じがしますが後年にはセドグロも様々な要因からこれがなくなりましたので個性で選べた70年代はやはり夢ありました、今、ハチマル車が引っ張りダコですがそれの礎となったナナマルももっと脚光を浴びて欲しいナー…なんて(^^ゞ

↓切れ上がったRrサイドウィンドウと絶妙な角度のルーフからテールにかけてのラインは素晴しい!


230→330→430→Y30→Y31と4HTは31シーマ前夜までは常にセドグロのイメージリーダーとして君臨、フカフカルーズクッションの初採用や日本初ターボエンジンの設定と歴史に残るモデルも多い、我々世代以上には特に感慨深いネーミングだと思いますしファンも多く愛好家も数多いのでセドグロ文化、Y31営業用の廃盤は哀しい事ですが思い入れの強いオーナー様の今後の維持に期待します!

↓この顔は個人的にはセダンで特捜最前線のイメージが強くボディを見て意外?に感じますが元来、これが4HTの全貌!!


出品は西、落札は330としてみるとリーズナブル?2000GLとして見るとかつてを知るモノとしては驚きの30万超え!車検は残ってますし3桁ナンバーには萎えるも現状ならば業者さんの利益分に+で60万以内で乗り出し可能かな?

それで可能なら憧れの330に乗れる!とかぶり付くマニアも多い事と思いまーす(^o^)/
Posted at 2017/12/17 19:56:20 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日産 | クルマ
2014年11月25日 イイね!

保存版・ 珍車PART488

保存版・ 珍車PART488コイツも完全死滅!?

4HTブームが冷めやらずかつバブル末期でまだ景気の良い頃には天下のカローラ派生だけありそれ相応の数を見かけましたが現在では全く見れなくなってしまったような…

『平成5年(1993)AE101型カローラセレス1600G』!!

”エキサイティングドレッシー”カリーナEDの高人気によりトヨタが柳の下の3匹目を狙った4HT(2匹目はコロナExiv)、トヨタとしてはファミリークラス初の4HTという事で発売時は結構な気合で売っていましたが現在のマーケット需要とはかけ離れたモデルですし同じE100系カローラでも一番多かったセダンやワゴン/バンは勿論の事、レビン系よりも見かける事はないですねー。

日産はサニーやパルサーの同様モデルで『プレセア』なんてのを出していましたしピーク時は軽にまで及んだ4HTもブームが過ぎ去るのは早くセレス/マリノは発売が遅かったのでブームに乗れたかと言えば完全なる乗り遅れ感しか残っていない印象(-_-)

これが出た頃(92年)はまだ4HTブームが継続中でしたが発売後すぐに終息、RVやワゴンブームの到来に撃沈の様相でしたがそれでも98年までの6年も生きながらえたのはさすがカローラ一族!
この頃は所謂カロゴン=100系カローラワゴンがかなりの人気で売れましたのでこれの貯金で生きれたという感じでしょうか!?!?
当然のようにスプリンターにも兄弟モデルである『マリノ』をラインナップしEDやExivに手が出せない主に若年層向けとして訴求していましたがレビンやワゴンを上回る販売には到達しませんでしたネ~。

搭載されるパワーユニットはAE100カローラから流用、ハイメカツインカムの1.5L 5A-FEと1.6L 4A-FE、そしてGT系から当時の売りであったスポーツDOHC 4A-GE 160psもラインナップ、4ATに5MTのミッションを搭載、最終期にはレビン系やGT系同様6MTも奢られおよそその流麗?で女性的なスタイルとはかけ離れた実力を持っていました…。

出品車はその4A-Gを積む初期モデルのGグレード、このモデルは外見のイメージ的にも4A-G搭載と言えどもAT比率が高かったですが現車は5速ながらMTというのがポイント高い!

↓実走6万km台の距離は魅力的!エンジンだけでも欲しがるマニアは多いでしょう…


ケツに修復?あたった形跡あるも事故落ちは取られず内装C、外装Dという評点は高くもなく低くもなくですがこれが好きなヒトにはいいかも。

個人的にはこのセレス/マリノはいらんクルマだったとしか思えません、見かけもこの頃のトヨタトレンドを全面に押し出した妙に丸味帯びたデザインで伸びやかさがなくズングリむっくり、4HTなんて流麗でこそナンボなのにちっとも流麗なイメージはなかったですし。
まぁ、これは個人の主観なのでいいとしてこのクルマで一番許せないのが居住性の極端な悪さ!
先駆のEDやExivも同様でしたがサイズが大きい分まだ何とかなってもセレス/マリノはホントに狭さだけしか印象にない、前席でさえも頭をすぼめて乗り降り、座ってもショルダースペースの不足で側頭部が常にサイドガラスに当たっている印象…

「オメーが座高高くて頭がデカイんだろ!」なんて思う方は一度この狭さ、まだ探せば現車があるうちに体験して欲しい、数え切れない程クルマには乗りましたがワタシの記憶の中で普通車として一番居住性が悪かったと思えるのがこのクルマ、閉所恐怖症の方ならば逃げ出したくなりますって、マジで(@_@

前席でさえこれですから後席は言うまでもない!ドアがあるだけマシなZ2by2やRX-7並(もしかしたら以下かも!)とだけ言っておきましょう(笑)

↓外見に合わせてインパネも妙にグニャっとしたデザインでNGでした、現車、状態はイイようです!


悪口ばかり書いてますが1t少々の身軽でしたのでベースの1.5Lの5Aでも結構俊敏な走り、4A-Gならスポーツカー並の走りをしFFのためトヨタらしく極力特有の悪癖は見せないながら本気になって攻めるとジャジャ馬でしたねー、基本90以降はレビンもセダンのGT系もFFでしたのでこれに慣れ親しんだドライビングですがHTボディによる剛性の弱さも峠では露呈、また、Rrの加重のかかりが違う感じでセダンやレビンGT系よりもFrヘビー感があります。

AE100系はどうしてもこれがあるので重量増にはなるも4A-G搭載で一番扱いやすくバランスを取れた挙動をしたのはワゴン、尻が暴れずカロゴンのGT~BZ-Gは個人的にレビンの挙動よりは好きでした、まぁ、慣れの問題である事は勿論ですのでレビン他を否定するモノではありませんのでいちいちクレーム付けんでつかーさぃ!!

↓このRrスタイルも…これは今見ても残念ながら萌えませんね~


出品地は東、落札は4A-G+MTが効いたのか?結構高値で二桁超えてますねー、ボディは後回しにしてこの組み合わせはマニアならヨダレですしね、遊びで乗るならおもしろさは充分にあるので一つのモデルとしてのワタシ的評価はNGながら納得です(^_^)v

↓変に弄られずフルノーマル状態ですしユーザー買取との事なので大事にされてきた固体な感じ!


4HTブームを牽引したEDと較べ弟分のセレス/マリノは時期的な悲運さだけではなくやはりコンセプトがアンチョコ過ぎ!

EDが売れたからとロクに研究もせず発売、乗られてた方、好きな方には不快なのは承知で書きますがイチ個人の意見としてはこれほどユーザーをバカにしたクルマもないと思います、徳大寺さんの真似ではないですが追悼の意味で氏の認めないクルマによく投げかけられていた”こんなクルマでも買う人がいるから不思議”をセレスマリノには捧げたくなりますわ(~_~;)
Posted at 2017/12/17 20:03:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | トヨタ | クルマ
2014年11月24日 イイね!

保存版・ 珍車PART485

保存版・ 珍車PART485出ました!

一時は潰しか海外送りにするしかなかったギャラスポGTRVですが最近はド変態以外でも三菱が否定に走り始めた?ハイパワー4駆とういう事もあり数も少なくなっているので値段がつき始めていますしね、未だにこのクルマは菱ヲタながらも???ですがシャレで欲しい気もします(^^ゞ

⇒『平成6年(1994)E74A型ギャランスポーツGT』!!

しかしカッコ悪い、と言うかアンバランスさは今見ても変わらずで(笑)

何故に5ドアにデカ羽根付けるんだか?何故にカンガルーバーなんだか?GTとRVの融合とか言ってこれを本気で売ってたのだから三菱もオモロかった、ギャラスポは勘弁ながら今、この意欲が三菱に欲しいですね~!

現車、残念ながらエンジン不調の様子ですが3点評価、外装なんて年式からしたらかなりの高評価のBを獲得!

↓E/gチェックが軽症ならば欲しいかも!?買って飽きたら愛知の変態うどん屋さんへ売却?(笑)


これに積んでるエンジン、6A12型V6 2LDOHCツインターボエンジン、もちろんパワフルですがE39Aやエボの4G63の暴力的な特性とは違いジェントル、しかし音は凄くイイ!

三菱のV6はトヨタや日産よりも音質が低くて好きでした、ノーマルでも加速音は痺れましたしねー、デボネア(プラウディア/ディグニティ)ディアマンテ、GTO、ギャランにエテルナにエメロード、そしてランサー6にミラージュ6、パジェロデリカ…今や皆無ですナ(/_;)


↓C評価の内装も充分綺麗!インテリアはGTの味付けでした!


出品車のこのカラーは珍しい、ただでさえ珍しいギャラスポで゚も多かった印象あるのは紺/銀2トンって感じでしたのでこのカラーの目撃は多分2、3回って気がします。

ベースのE50~80系ギャランが地味でしたしね、その意味ではスポーツは派手で人目を惹きましたがその目はほぼ奇異なモノを見る目だったようなwww

↓大変インパクトのあるRrスタイル!ルーフレールにデカ羽根(爆)


17インチを奢るのはいいですが何故にこんなデザインのA/Wなんだか?個人的な主観である事は勿論ですがも少し選べよー!って感じ。
カンガルーバーのフォグもorz…パジェロじゃねーんだから(笑)

↓さすがギャラスポを選ぶだけあり変態度はかなり高い元オーナーさんと見た!


走行10万kmを出た程度、MTというのも加味されているでしょう、E/gに不安あるも落札は二桁の大台を軽く突破!4駆だし貿易の可能性高いですが国内に残って欲しいなー、これもいずれ“キュウマルヒロー”ではかなりの注目を集めるでしょうし…

この類(セダン延長上の5ドアモデル)を古くから提唱してきた三菱、このギャラスポも決してスタル的にも悪くなかったんですがねー、コンセプトで欲張り過ぎでしたがかつて三菱っつ-のはRVとハイパワー4駆で一世風靡したんだぜ!を若い世代に伝える恰好の教材ではありますナ(*^^)v
Posted at 2017/12/19 22:48:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | 三菱 | クルマ
2014年11月24日 イイね!

保存版・ 珍車PART487

保存版・ 珍車PART487
久々ウケの悪い2輪を取り上げさせてもらいます(^^ゞ

これは懐かしいですゾ!40~50代のご同輩近くの年代の方々の中にはコイツが人生初のエンジン付き乗り物だった方も多いのでは?と思います!

⇒『昭和55~57年(1980~1982)AC01型ホンダCB50S』!!

CB50S、歴史は古く71年のベンリィCB50がその始まりで以後CB50JX→同JX-1→CB50Sと発展…

便利だから“ベンリィ”と如何にもホンダらしいネーミングの由来が70年代の特徴だったホンダの小型/軽二輪(重量級は“ドリーム”)、その末っ子となるCB50はこれもホンダらしいですね、まだ他社が原チャクラスでは2cyが当たり前の時代に贅沢なOHC機構を持つ4stで登場、長い歴史を持つお馴染みカブ系のエンジン流用ではなく新開発のショートストロークタイプ!

最高ps(6ps)を1万回転超えで発生させる超高回転型エンジンもホンダらしさテンコ盛り、その代わり低回転ではブズブズで使い物になりませんでしたし廻さなけれな他社2stスポーツの敵にはなれませんでしたがねー、およそ原付の法定速度ではまったくおもしろくもおかしくもないバイクでした…。

↓CB50S新車時、JXと較べブレーキ強化、最高ps6→6.2psへ向上を売りにしていました。


出品車のCB50SはCB50シリーズの末期モデルでワタシら世代では少し新しいですが馴染みは深い、ドラム→ワイヤー式ディスク(前輪)から本格的な油圧ディスクを採用、CB50JX~JX-1で機械ディスクながらこれがホントに止まりませんでしたのでねー、ホンダ及び他社の前輪ドラムの方がよほど信頼性がありましたが50Sからの油圧はなかなかの効き味!

↓残念ながらE/g不動、キーなしで程度もオールEなので起こすにはそれなりの費用と手間掛かりますが圧縮はあるようですので部品さえあれば生き返りますね!


カフェレーサー調のスタイルは上級のCB250~400Fと同一テイスト、輸出用では2人乗りになるため大柄ボディによる国内仕様は一人乗り大型テールカウルなんつー高級装備?が付いていたのこれがJXの時代では唯一の4stロードスポーツとして結構人気があり友人も乗っており時々借りましたがやはり廻せば速いながら2stのスズキのRG50やヤマハRD50と較べると街中の乗り味は迫力不足、よく言えばジェントルでしたが16歳かそこらの一番刺激が欲しい年代ですからね、物足りなかったのが印象に残ります。

↓E評価の外装もテール(Rrフェンダー)を除けば比較的イイ状態!?


↓Rrフェンダーはぶつけたのかひしゃげてますがこんなモノはいくらでも直せる感じかな…


4stOHCをしょってるだけあり?CB50はライバルよりも高級なイメージ、値段も確か一番高額だったかな!?金持ちの倅が乗るバイクってイメージでしたが50Sの頃にはオフ車の人気、アメリカンの台頭がありそれほど人気は得られず82年に生産終了しますがこれの後を受けたのがホンダ原チャリのスーパースポーツのMB50!!

1クラス上の大柄車体にホンダらしくない2stエンジンとなったMBは地味で存在感が薄れたCB50Sとは比較にならない大人気となりワタシの生息地域では原チャ盗難率No1という有難くない称号も(+_+)

MBはライトケースがなく配線丸出しで直結もやり易かったという欠点が当時の不良少年には定説でした…えっ?ワタシは違いますよ、ワタシはそれ“もどき”で踏み止まってましたんで人様のものをパクルなんて事はしてません(^_^;)

↓レアな50S、“旧車”価値は原チャとして充分い見出されおり驚く落札額!


落札額は不動ながら二桁寄りまで届き無事マニアさんに引き取られたようです(^o^)丿
Posted at 2017/12/17 20:08:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | ホンダ | クルマ
2014年11月23日 イイね!

保存版・ 珍車PART486

保存版・ 珍車PART486486弾は街角天然珍ですぞ!

結構ド級の固体を捕獲、これもかつての所有車輌だったのでテンション上がりショッピングセンターに停まっていたのを通りしな発見、慌てて運転していた次男に命じてUターン(^^ゞ
例によって次男が「またオヤジの病気が出たぁ」と呆れ顔したという逸品は…

⇒『昭和56年~58年(1981~1983)4代目AE70カローラクーペ1500SRorSL或いはTE71カローラレビンS』!!

AE86の神人気でそれ以前のレビン、クーペモデルは現代では死滅の様相ですがよくぞ天然実働で残ってくれていた70カローラクーペ!街中で見かけるのなんて20年ぶりではないだろうか…

79~83yのモデルライフの中、現車は81yにMCされた後期型、前期と較べ大型化されたヘッドライト凹凸レンズのテールがこれの特徴。

グレードは最後のツーテージィ(2T-G)、レビンであって欲しいモノの外見からではカスタマイズされており特定不可、当時、後期は上からレビンアペックス、レビン、レビンS、SR、SL、ライムといった布陣、非リモコンミラーの廉価用フェンダーミラーや非ウレタンバンパー(現車は黒塗りアイアンバンパー)がオリジナルのままと仮定すればレビンS、SR、SLのどれか!

近くに人が多くじっくり覗けませんのでシート柄ではパッと見SRの印象ですが運転席はフルバケ、Rrシートは他車(恐らく310サニー)用を無理くりつけている様子、各グレード(他車)が混ざっており特定は難しいですがインパネの意匠ではタコメーター+5MTなのでオリジナルならばSLとライムはないかな、これらは4速&タコなし…

まっ、推測では多分SR、若しくはレビンSでしょう…

↓70、セダンはまだ生き残りもいますがクーペはかなりの珍度ですネ~


SRは非DOHCの当時の普及型クーペ最高峰、20や30~50時代ではSRと言えば“漢”グレードでしたが70では一般訴求するエンジン以外はレビンに準じるカローラとして高グレードでした。

またレビンSは後期になってアペックスと共に追加されたモノ、レビンは前期ではモノグレードでしたがこれを上回る豪華仕様のアペ、そしてSはレビンの装備を落とし廉価版の2T-G搭載モデルで先代までのSR的イメージ、アペはこれに照らすと先代のレビンGTに準じるモノでした!

レビンSなんて殆ど売れてませんから現世に残存は?ですがねー…
走りの漢モデルながら当時ラリーなどではHTのGTが持て囃されHBのクーペは剛性の関係であまり競技に用いられる事はなくワタシもこれは売った記憶がナイ!

↓当時、クーペでは一番数の出たSRだとは思いますがレビンSならかなりの希少度!


これ、かつて売ってたのでノーマルならそれぞれの特徴でグレード特定できますがここまで折衷されるとさすがにどれかは自信持てませんがそんな事より70クーペが残っていた事実にジーーンとくるものがあります!(^^)!

これは山梨長野の県境(野辺山近辺)で捕獲、ナンバーを見るとワタシの地元『横浜71』ナンバーに2度目の驚き!
いやー、ハマを走っていてもこんなの目撃した事ないですしね、横浜71は当時ナンバーではなく(70カローラの時期は52~53)平成5~6年頃の移転登録でしょう、この頃70なんてゴミ扱いでしたからねー、よく残ったものです…

↓『横浜71』ナンバーを長野で捕獲するのもオツなもの(笑)


現車はこの時代のトヨタ車の定石通りフェンダーなどの錆はかなり酷いながらも一応修復され真っ赤なボディもALLペン後そうは時間経っていない感じで秋の夕日にキラキラ輝いていました、ローダウンされ走り屋風味に弄られた固体ながらオリジナルの雰囲気も充分に残っているのがGood!!

やっぱ70クーペはカッコいいなぁ、弱冠19歳?の次男も“シブい”を連発、変態親子、いよいよ本格的になってきましたゼ~(^^)/~~~
Posted at 2017/12/19 22:42:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | トヨタ | クルマ

プロフィール

「事故被害者になってみたorz… http://cvw.jp/b/2682511/42082216/
何シテル?   10/20 13:52
“元”Gureです、しぶとく再登録、新規ネタ&過去ネタをUP中、過去記事は主に2013/5~2017/3迄、仕事場兼隠れ家?の山梨ヤードでのクルマ弄りや過去シリ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/11 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

お友達

以前登録頂いていた方との交流復活が主、新規も拒みませんが趣味嗜好に合わない場合は削除しますしこちらからは滅多に申請、イイね、レスもしません。
新旧問わず解除した方はお断り、過去対立した人物、その人物と友達登録者も方お断り!上からで恐縮ですが趣味の世界、ストレスフリーが理想の為ご理解下さい。
21 人のお友達がいます
NAKAtecNAKAtec * 白しび#3白しび#3 *
くさいしがめくさいしがめ * ●ふくさん●●ふくさん● *
LED・HID販売のfcl.LED・HID販売のfcl.みんカラ公認 ケネス@元ギャランAMGケネス@元ギャランAMG

ファン

265 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 ギャラン 三菱 ギャラン
E39AギャランVR-4、3代目になります。 1号機1992~1997、2号機2004~ ...
三菱 ランサーエボリューションIV 三菱 ランサーエボリューションIV
息子との共同所有、エボIVも若い頃乗っておりまだ3歳だった息子が当時憧れていたと免許取得 ...
三菱 ランサーカーゴ 三菱 ランサーカーゴ
業務用、街乗り用。 初の4ナンバーマイカー所持、毎年車検は厄介ながら多量の積載、その気に ...
カワサキ ZZR250 カワサキ ZZR250
2018/4~の所有、4年ぶり2輪返り咲きの相棒になります!20年超で約25000㎞走っ ...

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.