• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

元Gureのブログ一覧

2016年08月30日 イイね!

活動再開!

活動再開!どうもです(^^)v

http://carcle.jp/UserProfile.aspx?UserID=5610

にてまた宜しくどうぞ<(_ _)>
Posted at 2016/08/30 04:57:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年08月26日 イイね!

保存版・珍車PART657

保存版・珍車PART657
みんな大好きの泣く子も黙る?ハコスカ、久々に出てきました!

私づれが語らずともこのクルマの神話は山ほどあります、自称スカイライン通も多く存在するみんカラですのでウンチクは止めておきます、あぁじぁねー、そうじゃねーとかケンメリが上だ32GT-Rには敵わんとかとかがイチイチ煩いんで(*_*;

てか何故にこう挑戦的な物云いなんでしょうかねw その分嫌な思いをしてるという事で(笑)

な訳で今回のお題はコレ!

⇒『昭和47年(1972)3代目GC10型改スカイラインセダン2000GT-X』!!

“改”の字のある公認車輌、やりたい事は殆どやった感あるハコスカですね〜。

外観は前期物のGT-R仕様、グリルやワンテール、Rrフェンダーの切り込みもしっかりやってありますね、しかしRrに残るエンブレムは「2000GT」のままってのが好感持てたりで(^_-)

↓69年型GT-R、この時代はHT追加前なので当然セダンでラインアップ!


個人的には角型2灯式テールや2分割グリルになった後期型の意匠がどちらかと言えば好みですが前期意匠もシブさで言えばかなりのもの、アンバーが法制化されていない時代の主にワンテールと言われる赤目、ハコスカだけに限らずこの年代のだるまセリカやGTOのど初期なんかもこれでなかなか精悍!

先代のS50系で有名な“羊を皮を被った狼”と例えられたGT-BがRの元祖、赤バッジもGT-Bから継承しRに装備、普及型GTはS50時代はGT→GT-Aとされ青バッジはあまりにも有名、んじゃ書くな!と言われそうなんでこの辺にて(汗)

DOHC 24バルブソレックス×3の160psといだけでこの時代の国産車としてはスーパーカー的スペック、少年時代の憧れのGT-Rですが後年これを操った時は感無量、当時いくらでも速いクルマがあった90年代でしたしさすがに動力性能で感激する部分はないにしてもサウンド、そしてオーラはハコスカGT-Rならではの宝、当時ならセダンRは150万位で買えた、HTでも2〜300万、ケンメリで500万って時代、ケンメリは無理(元々好きじゃない)としてもセダンRなら買えたしね、今思えばあの頃手に入れておけば三菱一筋のヤバェ奴にはなっておらずオマケに現在ならひと財産、下手なマンションより価値あるしで…

↓GT-Rの神話はこのエンジンなくして語れません!


↓説明不要、内容ぎっしりの出品票でハコスカR仕様を堪能あれw


『水戸301』という3桁ナンバー、当然何人目のオーナーかは解りませんがこのハコスカ造った人間は結構拘ってますね、教科書通りの弄り(L28改、チンスポ、ワタナベA/W等)ながらも美しく仕上げてある、エアコン(クーラー)付というのも珍しく現代でも日常使用ができるレベル、メンテもかなり費やしていますし現車、R点ながらも3点評価位はいけそう。

↓インパネだけはさすがに後期型そのままですが大幅改良で使い易さはこちらに分があります!


44年前のクルマ、しいかもあちこち手を加えていますので軽い不具合はありますがこんなのはご愛敬、勿論手に入れればある程度の整備は必要でしょうが現車は比較的上の部類に入る程度だと思われます、勿論出品票、画像だけの判断ですからアテにはなりませんが(^^;

↓赤目ワンテール、オリジナルの『2000GT」バッジがいい味!


元々はGT-Xとの事、ここまでカスタマイズされるとGT-X特定は難しいですが品良くかつワイルドにまとまったハコスカ、いいですよねー…

ハコスカ取り合上げる時いつも書いてますが30数年前、GTにせよGT-Xにせよハコスカは一桁の時代、当時はケンメリ/ジャパン人気が凄くハコスカなんて超貧乏人が買ってましたがまさかここまで神になるとは!!

近頃じゃ昔。箸にも棒にもかからなかったハコスカケンメリのショートノーズまで高騰、これもハチマル、ナナマルかぶれのド変態どもが価格を上げてくれちゃった感もありますが昔は不人気で再販されずに潰しが当たり前でしたんでそんなショートノーズが現在残っている!と言う点は確かにGT系以上に希少価値はあるでしょう、個人的には昔も今もショートノーズのスカイラインなんて有り得へん!の思いは不変ですが…

↓GT-Rルックながらそれをワザとらしくエンブレムで誇張しないのがイイ!


出品はナンバー通り関東、さて皆さんご興味ある落札価格ですがもうこれは天井知らずって感じですね、とにかく凄い金額、店売りですと500〜600はどんなに良心的な旧車屋でも最低付ける、ガメツイ所ですと下手すりゃ4桁か!?!?

30年前には多くの、しかもスカイラインファンですらバカにしたハコスカ、もう別の次元に行ってしまいましたがその分、ハコスカは100年経っても残っている事でしょうねー(^^)/
Posted at 2017/12/03 21:14:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日産 | クルマ
2016年08月25日 イイね!

保存版・珍車PART656

保存版・珍車PART656 山梨→横浜移動途中の藤沢R1号バイパス、夕方の帰宅ラッシュで渋滞停止中、私は左車線で停止していましたがフと右サイドミラーに“怪しげな?軽4”が迫ってくる!!(*_*;

おぉ、ウチの子と同期のH2ミニカでないの!とテンションMAXwww

H2どころかH3でももう見ない古〜いミニカ、浅野温子も驚きですゼw

旧車天国山梨でも滅多にお目にかかれないH2ミニカを地元・神奈川で目撃とは驚き!! いや、神奈川ナめてましたわ(笑)

最初、ミラーで確認した時点では黒素地バンパーだし最終型の92〜93年の低グレードのバンモデルと思いきや…

↓ライト、グリル形状から最終型と確認!


右車線が少し流れていて追い抜きされた時に全貌が現れました(^^)v

⇒『平成4〜5年(1992〜93)5代目H27A型ミニカ660バン ピアチェ4WD』


全体意匠からこのグレードで特定、ピアチェはバンパー素地ではなくカラーの筈、現にRrはボディ同色のホワイト、きっと当てたか何かで素地に変えてるのでしょうネ、それにしてもおかしいのは5ナンバー登録されていますが荷崩れ防止バーが付いてるしRrゲートには最大積載量ステッカー…バンを乗用登録した個体の様子、逆ならよくいますがバンを5ナンバーにって…。

しかしもっとビックリはナンバーが『なにわ580』、3桁なので最近の登録には違いない、いや、そんな事よりまさか大阪から藤沢までこれで来た訳ではないでしょうが神奈川県、てか関東で関西ナンバーは滅多に見ないのでこれだけでも充分な“珍”(笑)

追い抜きざまにまじまじ見ますが室内は何だか車上生活の風体、ボロチャリやら段ボールが満載でダッシュには使用済みテッシュが大量放置、ドライバーも70位の決して綺麗な風体とは言えないお爺さんでしたが外観はそんな中身と比較すると非常に綺麗、このテのクルマにありがちな荒れた様子もないし白いボディは水垢もなくピカピカってのが室内の様子と反比例し何だか異様(*_*;

↓グレード違い(画像はXM-4)ですが新車時はこんな感じ、この時代は異様に高い車高が4駆の証!


↓過ぎ去っていくH27A、この後左車線も動き横並び室内をまじまじチェックしましたw


こんな珍車をじっくり見れるとは渋滞もたまにはいいモンです って神奈川混み過ぎ!山梨→横浜が下道(一部高速)で5時間もかかったわい"(-""-)"
Posted at 2017/12/02 18:31:46 | コメント(0) | トラックバック(0) | 三菱 | クルマ
2016年08月22日 イイね!

保存版・珍車PART654

保存版・珍車PART654
今回はあまりこのコーナーでも人気がないコロナっす(^^;

コロナ、型によらずカリーナやカローラより大概PVもレスもイイね!の数も少ないんですよね、現役時代もT140ロジャームーアコロナを除き“オヤジ車”の印象が強かったのでそんな影響が現在にも受け継がれてる?


⇒『昭和48年(1973)4代目RT84型コロナセダン1700DX』!!

このモデル、所謂“ブラボーコロナ”ってヤツ!

↓「ブラボー」の由来はこのCM!!決して三菱の軽ワゴンではありませぬw




セダンがRT80系、HTがRT90系となるモノ、このブラボーですが今年初めに珍車KGB愛知支部からのタレこみで現役HTの情報が入り 珍車572としてUP、その後それを見たオーナー様がわざわざコンタクトくれたという…

画像無断使用でてっきり怒られるかと思いきや広い心で接してくれました(オーナー様その節は有難うございました)

この572でブラボーコロナについてはうんちく語っていますので省きますがマーク?との兼ね合い、対ブルーバード(U)戦略からこの型は僅か3年程のラインナップ(1970〜73)しかされず後続の安全コロナ(T100〜120系)が排ガス対策のゴタゴタもあり73〜78年まで在任しましたしこちらはかなりの販売量でしたからその後もかなり残っていて80年代まではバリバリ現役の姿を見れました。

しかしRT80/90に関しては生産期間の短さから80年代ではすっかり見なくなってしまった印象、ですので実働で残っているのはかなり希少と思われますし恐らく、二桁位の残存ではないかな…?

個人的には次期安全コロナよりこちらの方が好み、セダン/HT共に当時流行のサンダーウェーブラインが派手で特にHTはこれが似合いなかなかスポーティ、当時はバカ売れした先代のPT/RT40,50系がうじゃうじゃ溢れており正直、私感ではありますがこの3代目の所謂バリカンコロナは見るからに60年代の古臭い野暮なスタイルがジジ臭くて嫌いでしたのでブラボーは70年代らしいい先鋭なイメージが好みでした!

ただ市場的にはブラボー、あまりパッとせず短命で終わったのが惜しいです。

さて、出品車ですがそんなブラボーの最終型である73年モデル、この型はイヤーモデルを敷いており3年の短い在任期間で前・中・後期が存在、前期と中期は大幅にイメージが異なる前後意匠でしたが後期=最終は中期とそれほど変わらずグリルデザインの小変更のみ、但し後期になって初めてコロナに2Lが追加され次期型のパイロット版の役割を果たします。

従来の1600→1700、1900というラインナップのうち最上級1900がその後トヨタ4気筒2Lのメジャーになる18R型エンジンをマーク?から換装、ライバルのブルUはスカGのL20型6気筒搭載で2Lに名乗りを上げましたのでインパクトは弱かったですが当時2Lは一般庶民向けとしては最大排気量でしたしそれまではローレルやマーク?がオーナーカーとしてはリミット、これはかなりの富裕層でないと手が出ないクルマ的イメージが強かったですから以前から1.6L級で庶民に馴染み深かったコロナやブルの2L化は「ついに国産車も2Lがメインになったかぁ」と言うある種感慨深く当時ガキのクセに思ったモンです(^^;

↓43年前のクルマで3.5点は素晴らしい保存状態!


走行はメーター改ざんとありますね、元々5桁メーターですしこの年代のクルマに走行距離に神経質になっても無駄ですからマイナスポイントにはならないでしょう。

エンジン水漏れやダッシュ割れは要チェック、てか総合的にクラシックレベルの年式ですので厳重チェックは必要ですが外装評価はなしながら内装はCですしね、全体評価3.5はオークション会場の検査員が一応チェックしている訳ですしここまでまともな状態のブラボーもなかなか出て来ないでしょう。

↓C評価の室内、年式考えると極上に近い!


グレードが1700DX、中期から1600より格上げになった普及グレード、後期ブラボーの時代は営業用を除くオーナー向けモデルですとSTD→DX→SL→SRという後続に較べまだまだ少ないバリェーション、DXは中級グレードに位置付けこれより上はスポーティ&ラグジュアリーのSL(ツインキャブ、EFIでセダン/HTにラインナップ)と硬派バージョンSR(ツインキャブ、EFI HTのみ)と言う設定でインパネはSTD〜DXが↑画像の通り角3連、SL以上は丸3連で木目(SRはブラック)、全てのモデルがサイドブレーキ、ステッキ式で時代を感じますがコラムシフトはベンチシートでなくともDXなら選べSL以上はフロアでした。

↓テールは中期後期共通、因みに前期はまだアンバーが入らない赤目でした!


出品票によれば小キズ、小サビはある様子(当たり前!)ですがFrもRrもそう目立つ部分はないようですね、全体的にツヤは消え気味ながら剥げというレベルにはまだまだ遠く暫く外装はこのままでもイけそう、1度や2度の再塗装はしているでしょうが基本車庫保管だったと推測できる状態の良さです。

↓230グロリアのような十字グリルが最終型ブラボー(セダン)の特徴!


出品地は西、落札額ですがやはりコロナはあまりプレミアの対象にならないようで一桁台と意外に安い、これが例えばハコスカやケンメリのショートノズでしたら凄い金額付くでしょうしライバルの610ブルUだったとしてももう少しいい値段の筈、比較的手にしやすいヒストリックカーとしてはブラボーコロナ、お薦めですね(^_-)-☆
Posted at 2016/09/06 13:16:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | トヨタ | クルマ
2016年08月20日 イイね!

保存版“変態と呼ばないで!”納得のマイナー・モデルを振り返る…第9弾!!

保存版“変態と呼ばないで!”納得のマイナー・モデルを振り返る…第9弾!! すっかり意気を吹き返したこの企画(;・∀・)
“変態と呼ばないで!”納得のマイナー・モデルを振り返る 第9弾をやってみたいと思います!

今回は超メジャー、超Bigなトヨタさんが放った超マイナー変態車のご登場!!

⇒『TJG00型キャバリエ』

キャバリエ、これは天下のトヨタの販売力をもっても売れませんでした(*_*;

在任は平成8年1月〜12年9月(1996〜2000)の4年半でしたが結果から言えば年間販売目標を2万台としていたのに対し通算累計販売台数は3万第強という燦々たる結果で当初5年の販売期間を設けていたにも関わらず前倒しの販売中止が下される、そんな超マイナーモデル…

そもそもこのクルマはトヨタも売りたくなかったクルマ、80年代後半から問題になっていた日米貿易摩擦の米本国からかわすべくGMと提携し同社の『シボレー・キャバリエ』を輸入し日本仕様(右ハンドル他)に仕立てたモノ言わば日本第一位、当時世界第2位だったトヨタがその立場上ババ引いた格好で「アメリカさん、日本でもお宅様の車をしっかり我が社は売ってますよ!」をアピールするためのモデルだった訳です。

↓キャバリエ・クーペ



本国シボレーキャバリエは82年、提携先の初代いすゞアスカと兄弟となるアメリカでは苦手なコンパクトクラスでありましたがいすゞの力もあり燃費に優れる経済車として一定の成功を収めました。

その後88年に2代目、95年に3代目がデビュー、トヨタ版はこの3代目を輸入したものとなります。

日本ではC〜Dセグに位置するモデル、従来型で言えばコロナ〜マーク?クラス…

このように96年当時、トヨタのこのクラスを思い浮かべて見て下さい、日本人の好みを知り尽くすツボを刺激するのに長けていた純トヨタ車ではないキャバリエ、前回のいすゞPAネロ同様にアメリカ人には好かれるもアクが強いくせにどこか安っぽく貧相なスタイリング、味付けのキャバリエが一線で売れるなんて当時、誰が考えても“無理でしょ”は一目瞭然!

カリーナ、コロナ、カムリ、ビスタ、マーク?兄弟etc…

並み居る身内の強豪に加えて日産、三菱、マツダ、ホンダもそびえる中、正にキャバリエの販売なんて無謀とも思える施策ながらもトヨタはさすがバブルで稼いだ余裕を見せこのような展望のないキャバリエに超メジャータレント・所ジョージ氏を起用し拡販を目論見ました。

↓カタログやCMではまんま“アメリカン”を強調して日本車にない味わいを訴求しましたが…


但しキャバリエは本国でも超低価格路線で造られていたため国産ライバルに唯一勝てるのはこのクラスとしては異例に安い価格設定、ボトムのセダン2.4で181万円、MAXのクーペ2.4Zでも205万円というのはハッキリ言ってバーゲンプライス!!

トヨタで較べるとグレードにもよりますがカリーナより安くカローラやスプリンターとほぼ同等、2400ccの余裕が1600〜2000ccクラスの価格で味わえるのが大きな訴求点、これが功を奏し?公費導入などはそこそこ見られ各都道府県警察に捜査用車輌として導入実績も比較的高かったです。

↓キャバリエセダンの捜査車両、お目にかかった人も多いのでは?


しかし面パトでいくら活用されようがトヨタに対して何ら利益はもたらさない、大体公費導入のクルマなんてもんは大量導入の代わりに入札で我々が手にするより遥かに安い金額で提供されますんで一般に売れないと商売成り立たない訳で(-_-;)

決して安かろう悪かろうではなかった、私もこのクルマ、一度だけ体験した事ありますが乗って何ら不自由はない、コンパクトなボディで2.4LのDOHCエンジンは充分以上の性能、こう言いかたは語弊ありますがアメリカ版トヨタ的な?GMのクルマなんで誰が乗っても安心して乗れる、しかし特別刺激もなければ欠点もない、生粋のトヨタ車とほぼ同じ印象。

しかし大きく違うのはその質感、クルマにステイタスを求める(求めていた時代)日本人に対しアメリカ人、特に向こうではコンパクトと定められるこのクラスにおいてはあくまでも足代わり、道具という認識ですので必要以上な加飾も派手な演出もなされない出で立ちは良く言えばシンプルですが贅に慣れた日本人にとってはただ淋しい限り、内装、エクステリアの意匠全てに於いて日本で言うC〜Dセグメントクラスに求められる仕上がりはお世辞にも満たしているとは言えなかった…

しかしある意味大メーカー、トヨタとしては貿易摩擦解消のためのボランティア?的なキャバリエ販売、アメリカのご機嫌取りには絶好だったかもしれませんがタマんないのは押し付けられた販売店、私も過去ディーラー勤務でしたしキャバリエ当時も知己がこれ売らされてましたんで当時の営業マンのテンションだだ下がりのキャバリエ販売、気持ちは痛い程理解できませすね〜。

好んで見に来るお客がいるカリーナやコロナ、黙っていても売れる、までは言いませんが顧客の好み通りのモデルが薦められる環境にいながらただ安い、排気量が大きいってだけで商談できたらこんなラクな商売はない、大体売る側にもプライドがある訳で質感ときめ細かい車種展開で“天下の、販売のトヨタ”にいながら何が哀しくて日本車に敵わないアチラの小型車を売らねばならんの?的思いがあって当然ですからね、商品に愛情と思いやりが持てなきゃ営業なんてできん!と思う販社の人間、多かったと思いますよ、特に黙っていても売れるオリジナルの商品力のあるトヨタなら尚更ですし。

そんなキャバリエ、内容をご紹介したいと思います!

・バリエーション
(セダン)
2.4/2.4G
(クーペ)
2.4S/2.4Z
※セダン/クーペ共2.4レザーPKGを98/2〜98/12のみラインナップ
・諸元
(サイズ)
セダン全長4595全幅1735全高1395
クーペ全長4600全幅1740全高1355
ホイールベースはセダン/クーペ共通で2645(以上mm)
(車重)
1300kg =セダン2.4
(エンジン)
T2型 2.4L 直列4気筒DOHC 16V 電子燃料噴射150ps
(駆動)
FF
(ミッション)
4速AT
(脚回り)
Fr:ストラット/Rr:トレーディングアーム

以上のように生粋のトヨタ車とは違い大幅に少ないバリェーションも売れなかった一つの要因でしょう。
この時代は既に廉価版と言えども各パワー装備やエアコンは当たり前の時代、純粋な国産だって70〜80年代のようなワイドバリェーションという時代はもう過去ではありましたがそれにしても少な過ぎだと思います。
多けりゃいいってもんでもありませんが本国そのままの仕様を国内訴求しても前述の通り好みが違い過ぎるのでここはトヨタらしく何とかエクストラとか何とかリミテッドとかやり日本独自の味付けに変更するのも一つの手段ではあったのではないか?と感じますね、まぁ、それやれば価格も当然本国仕様をそのままリリースするより上昇する訳だし手間も掛かる、要はそこまでして売ろうと思っていなかったと言う事でしょう、僅かに一時期日本人大好きのアメ車アイテムである本革シートを装着したレザーパッケージがリリースされたのみで後は基本グレードに4年間、手を加えられた事はありませんでした。

サイズ的には3ナンバー(全幅)で余裕がある横幅ながら長さは5ナンバーサイズ、横幅と長さがバランスのいいもので全体的印象はコンパクトながらも安定感の大きいモノであったと言えましょう、これにアチラ製の2.4L T2型のDOHCエンジン、150psでトルクは22kg以上出していますし一番ウェイトの思いクーペ2.4Zでも1310kgですからパワーウェイトレシオは8.7kg/ps、充分以上の性能でした。

↓T2型DOHCエンジン


しかしこのT2型エンジンスペック的にも当時の同レベルの国産エンジンに何ら劣る事のないDOHC16バルブでしたが良くも悪くもアメリカらしく?大雑把な出来具合、同じトヨタに比較できるとすれば当時は2Lですが3S-Gになりますかね、排気量低い分とトルクフル好みのアメリカらしくこの部分では特に低速域、3Sは敵いませんしATとの相性もさすが元祖AT王国!って感じで問題なし、ややハイギヤードで自分の思い描くえ変速ポイントと若干異なる印象はありましたがこんなモノは国内メーカーでも特に燃費を謳う車種ではどこでも存在しましたんで問題はありません。

しかし気になったのはとても150ps出てるんかい?的に高回転は苦手、ガサツでちっともDOHCらしさを感じないノイズばかりが気になる音質、それが容赦なく飛び込む室内/遮音性は3S-G搭載のコロナ、カリーナやED、エクシブ等とは比較できない煩さ、しかも高回転の伸びは定評ある3Sエンジン、この部分でキャバリエには「安かろう・悪かろう」を如実に感じましたね、この時代(96y)の3S-Gは165psを発生してますのでT2よりも高出力ですから当たり前ですがオーバー2Lの高い税金負担してまで選びたくなるエンジンでは少なくともなかった…

脚廻りは特に凝る事など有り得ないアメ車コンパクト、Frストラット/Rrトレーディンアーム(トーションバー)といったFFの定石通りの形式、但しシャシはシボレーキャバリエの先代を踏襲しておりこれは88年デビューというモノですからか結構古いもの、まぁ、飛ばしてナンボ、または高級車って訳でないので別段気になる、不自由って訳ではなかったですが。

↓キャバリエの脚廻り


キャバリエの特筆点をあえて挙げるとすればこの部分は米国産、日本がようやく衝突安全基準に神経を遣いだした頃で国産モデルにエアバックがそろそろ付き始めた、またはOPだったり標準でも運転席のみという時代にに全車、前席エアバック付きという点や衝突安全ボディが完備されていた事が挙げられますね、トヨタではGOA(ゴア)とか三菱はRISE(ライズ)とか言ってこの時期からこういった安全ボディを採用し始めましたがキャバリエはそれを1歩先んじて備え訴求したという点では日本市場ではパイオニア的な位置にいたと言えるでしょう、ABSやTRCも標準装備。

↓後に全ての国産車がこのような写真をカタログに謳いましたがキャバリエは96年当時としては珍しい部類


最後にインテリアや使い勝手にも触れましょう、インテリははさんざん概出のように質感の落ちるイメージ、しかしこの頃が逆にまだバブルの余韻を引きずる日本国内でしたので本来のこのクラスとしては過剰設計、過剰装備のキライもありましたのでね、キャバリアが特に落ちるというイメージはそんなところににも要因があります。まぁ、一度高級マンションに住んでしまうとなかなか安アパートには移れませんから(笑)

↓セダンのインパネ&室内



↓クーペのインパネ&室内


使い勝手は特に問題は感じすセダンは大人4人が普通に乗れる居住性とその分の荷物を充分積載できるトランクも備えます、トランクはバンパー直上から大きく開くタイプでこの辺は荷物も大事に考える米国らしいものでした。

一方のクーペはなかなかスタイリッシュ、コンパクトな中でも流麗ですし野暮ったいセダンやセンスない国産クーペと較べるとよほどファッショナブルな印象、ライバル?的なのはマツダのMX-6とか三菱エクリプス、ホンダアコードクーペなんかになるんかな?これらと較べスタイル的には個人的には何ら劣るとは思わないですがやはりパンチのあるパワーソースがない点ですかね、まぁ、アメリカではティ―ンエイジャー向けモデルですからそんなBigパワーを載せるマスタングやカマロ的モデルではない訳で致し方ないですが日本に持ってくれば身内にはほぼ同じクラスにセリカのGT-FOURだとかモンスターがいた時代、大人し過ぎで派手目なボディを纏おうとも目立つ存在には成りえなかった、これ全て冒頭に戻りますが「日本人好みではない」がクーペに限らずキャバリエの総評でしょう。

因みに96年デビュー以来MCは一度、それも販売中止となる2000年9月のほんの11か月前の99年11月に行われました。

↓後期型クーペ


この時、遅まきながらテコ入れで上級グレードにはアルミホイールやレザーステアリング等の見た目の質感UPも施されますが売れ行き不振は改善せれず5年計画の志半ばで日本市場から退場となった訳です。

因みにこのMCもそうですがトヨタは決して4年間放置しっ放しって訳ではなく主に値下げ手段で何とか拡販を目論み、98年にベースグレード(2.4)で30万近く、そして上記のMCで最終的には149万〜169万と言うクラス再安値(一部他車例外を除く=営業用車輌等)をも掲げますが努力は実りませんでした…。

“変態と呼ばないで!”納得のマイナーモデルを振り返る⇒TJG00型キャバリエ』……終
Posted at 2017/12/10 16:37:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | 変態車 | クルマ

プロフィール

「珍車PART789 http://cvw.jp/b/2682511/41955594/
何シテル?   09/17 13:49
“元”Gureです、しぶとく再登録、新規ネタ&過去ネタをUP中、過去記事は主に2013/5~2017/3迄、仕事場兼隠れ家?の山梨ヤードでのクルマ弄りや過去シリ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/8 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

お友達

以前登録頂いていた方との交流復活が主、新規も拒みませんが趣味嗜好に合わない場合は削除しますしこちらからは滅多に申請、イイね、レスもしません。
新旧問わず解除した方はお断り、過去対立した人物、その人物と友達登録者も方お断り!上からで恐縮ですが趣味の世界、ストレスフリーが理想の為ご理解下さい。
22 人のお友達がいます
MAIAMAIA * くさいしがめくさいしがめ *
ほりやんほりやん 白しび#3白しび#3
●ふくさん●●ふくさん● ケネス@元ギャランAMGケネス@元ギャランAMG

ファン

262 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 ギャラン 三菱 ギャラン
E39AギャランVR-4、3代目になります。 1号機1992~1997、2号機2004~ ...
三菱 ランサーエボリューションIV 三菱 ランサーエボリューションIV
息子との共同所有、エボIVも若い頃乗っておりまだ3歳だった息子が当時憧れていたと免許取得 ...
三菱 ランサーカーゴ 三菱 ランサーカーゴ
業務用、街乗り用。 初の4ナンバーマイカー所持、毎年車検は厄介ながら多量の積載、その気に ...
カワサキ ZZR250 カワサキ ZZR250
2018/4~の所有、4年ぶり2輪返り咲きの相棒になります!20年超で約25000㎞走っ ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.