• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

パパンダのブログ一覧

2020年05月13日 イイね!

Meepさんの工房内の新車と旧車

Meepさんの工房内の新車と旧車







おはようございます。


昨日の9年前の赤なまず君入手時の様子を見返したブログにも1日で予想を超える300ものイイねをいただきました。
ありがとうございます。

今朝の時点でみんカラのブログランキングの5位になっています。 立ち寄ってくださった皆さんの評価に嬉しさと共に改めて拙いながらも文章を書く事の怖さも感じ始めています。 どうぞ皆さん寛容な広い心で見ていただけると嬉しいです。


さて、この赤なまず君の9年前の様子をアップしてきてMeep Meepさんのお名前を何度かこのブログにて書き記しました。

Meepさんをご存知の方もみんカラにはまだ多いかと思いますが改めてMeepさんの工房内の写真が出てきたので当時の様子をご紹介します。

この写真を撮った時にはブログアップの了解を得たのですがそれはもう10年以上前です。 今は連絡が取れないので改めてご了解を得てはいませんが一度OKを貰っていたのでアップさせていただきます。


今とは工房も車のラインアップも大きく変化しているとは思いますが当時はこんな感じでした。





この車は当時Meepさんがキャロルシェルビーさんから直接オーダーを受けた総アルミボディのコブラです。
ほぼ完成していました。アルミの厚板を手作業で打ってこのフォルムを作り出してありました。 見事な仕事です。 確かこの直後にシェルビーさんが亡くなってこのボディはどうなったのか聞きそびれました。

後ろの2人はMeepさんの奥さんと私の家内です。


他にレストア中のトヨタ2000GTが。







確か米国のトヨタ博物館からの依頼だったと思いますがここで数台の2000GTを見掛けているのでやや不確かです。



他にも








マトラとトライアンフですね。







撮影中の私を撮るMeepさんと奥さん2人です。





他にもポルシェが二台。





これが工房の1/3の倉庫部分でした。

まだ外の敷地に数台が座っていました。



もう半分にはリフトなどがある作業場や事務所でした。



車好きにはたまらない場所でした。


当時からMeepさんは工房で作業する他にも自動車雑誌への寄稿、有名な透視画の作者でもあり、ピアノはリサイタルを開くほどのプロでした。


最近はみカラに出てこられませんが非常に多才な人です。

共通のアメリカ在住の友人から聞くところお元気で活躍しておられると言う事で少し安心しています。

Posted at 2020/05/13 05:46:03 | コメント(4) | トラックバック(0) | いかにもアメリカ | 日記
2019年12月30日 イイね!

AMCペーサーを思い出しました

AMCペーサーを思い出しました










おはようございます。


まだまだ年内に済ますべきことがいっぱいあるのになかなか手が進まず、家人がおせち料理に取り掛かっているのを横目にみんカラを徘徊していて叱られています。💦


先日ブログにいただいたコメントから派生して昔好きだった(今でも大好きです)車を思い出しました。


初めて米国赴任したのが1978年で全米各地を飛び回っていました。

出張先の空港でレンタカーを借りるのですがこの車が好きでHertzにリクエストを出して在庫があればこの車を指名していました。





AMC(アメリカン モーター)が出していたコンパクト車です。


世が世ならロータリーエンジンを積む予定だった車ですが石油危機の経済の激変でその計画は潰れたそうです。


私はこの魅力的なお尻が大好きでした。





コンパクトと言っても当時の大型車全盛期のコンパクトですから結構ゆったりしていました。






メーカーがAMCだったのと少々不具合が出てきて80年には廃版になりましたがそのユニークなデザインでAMCでなかったならば生き残れたのでは無いかと勝手に思っています。


懐かしく思い出しました。



写真はネットからの拝借です。



Posted at 2019/12/30 06:49:36 | コメント(7) | トラックバック(0) | いかにもアメリカ | 日記
2019年09月29日 イイね!

カリフォルニアの日本旧車のイベント

カリフォルニアの日本旧車のイベント






おはようございます。


アメリカに居た時に私も何度か参加している日本旧車のイベント、日本旧車の会(JCCS)が今年もロングビーチ市の海に近い公園で開催され、そのイベントの様子がメーリングリストで届きました。


以前はこの会の参加車両はアメリカで過去に販売されていた日本車ばかりでしたが最近は販売されてから25年経った車はほぼ規制なく輸入できるようになり多くの日本旧車が日本などから並行輸入されていて多くの右ハンドル車がアメリカでも見られるようになっています。

これが最近国内で一部の国産旧車が少なくなりかつ価格も高騰している原因の一つと言われていますね。

今回のイベントでも多くの箱スカやケンメリのスカイラインなどがアメリカに輸入されてアメリカ人オーナーさんの車として出ています。


かなり面白いと思いますのでリンクを貼っておきます。



https://www.zcarblog.com/2019/09/27/automotive-history/events-2019-japanese-classic-car-show.html


時間のある時にご覧ください。
写真はたくさんあります。
今のアメリカ西海岸で日本の旧車の愛され方が感じていただけるかと思っています。


ちなみにこの旧車の会をオーガナイズしているのは若い日本人の夫婦で15年ほど前に知り合ったのですがなかなか気持ちのいい人たちです。

そしてこの会で初めてケンメリのCMに出ていたメリーさんに会い話す機会が得られた会でもあります。(^_^)


Posted at 2019/09/29 05:30:39 | コメント(3) | トラックバック(0) | いかにもアメリカ | 日記
2019年07月08日 イイね!

ぶつけてきたのは秘密情報員?

ぶつけてきたのは秘密情報員?







おはようございます。


ブログのネタが切れそうな時のむかし話です。
お付き合いください。(-。-;


もう今から30年以上前の古い話ですが、当時ロサンゼルスに駐在していました。

私の同期入社の社員が日本から一時的に応援に来てくれていて社用車を用意して運転してもらっていました。

ある日彼がロサンゼルス郊外のある街の幹線道路を走行中に脇道から飛び出して来た車と接触したそうです。

相手の車には優先権はないので一方的に相手の不注意でした。




この郵便局近くの道路で住宅街の細い道から出て来た車でした。


接触事故は日常茶飯事でいつも通り相手の情報を取り、保険会社に連絡を取ろうとすると相手は仕事の都合で氏名を明かせないと言い出したそうです。

まだ若い男性で身なりや言葉遣いはしっかりとしていたそうです。

そんな事情に慣れていないので秘書の日系人と話してもらうとアメリカ政府の仕事中であり、公務中の事故なので氏名は明かさないが責任を持って補償はするという事だそうでした。

一応公文書でそういう旨を記載したカードを見せて来たそうです。

誰かを密かに尾行していたのでしょうか。そこで一旦仕事は諦めたのか名前や所属先は明かさなかったものの逃げる様子も無かったそうです

車も連邦政府の車だとの事でしたがいわゆる政府の公用のナンバーが付いてはおらず、俗にいう覆面車でした。

政府の車ならこんなプレートが付いているはずです。





最後まで所属期間名は明かしませんでしたがCIAは国内では秘密活動はできませんし、FBIなら秘密にする必要もないのでそれ以外の秘密機関かと思われます。

なかなか簡単には信じられない話で結構もめたそうですがまだ当時は古き良き時代でした。

最終的には認めざるを得なくなり後に彼の言葉通り政府の小切手が送られて来て修理代は弁済されましたが相手については一切不明のままでした。


こんな機関がワシントンDCから遠く離れた地域でも活動しているんだと知った瞬間でした。


日本にも秘密機関は有るのでしょうね。

事故などに巻き込まれるとどういう風な対処になるのか興味はありますね。



Posted at 2019/07/08 05:23:04 | コメント(2) | トラックバック(0) | いかにもアメリカ | 日記
2019年05月27日 イイね!

トランプ大統領専用車にこんな細工が‼️

トランプ大統領専用車にこんな細工が‼️








こんにちは。

令和最初の国賓として日本訪問中のアメリカのトランプ大統領ですが、今朝皇居での歓迎式典に参加すべく宿泊先のホテルから皇居までの車列の中継をテレビで見ていました。

最初に気付いたのは大統領が乗る専用車(アメリカから輸送してきた車でしょうね)が外務省(?)発行の青い外交官ナンバープレートをつけている事でした。 アメリカですからいくつかあるうちの82番でしたね。



車検はあるのかしらなどと考えながら見ていると、同じキャデラックの専用車(ザ・ビーストでしたか)が2台続いていました。







確か大統領専用機のエアフォースワンも2機同時に運行されていてどちらに乗るかは極秘だと聞いたことがあったので専用車も2台同時に運行して大統領はどちらに乗るかはその場で決めるのかと納得しました。

2台は前後になって同じ動きをしていましたね。


更によく見るとその2台、同じナンバープレートを装着していますね。

「外ー8259」でした。




きっと誰かが慌てて2台分の外交官プレートの同じ番号で発行したのか、大変な間違いだと思っていました。


その後専用車の後ろが見えてくると、




後ろのプレートは2台とも「外-8258」でした。


今度はアメリカ大使館側で付け間違えたのかなと思い誰か怒られるかなと考えていたのですが。


ふと、この2台間違い探しを防ぐために敢えて同じナンバーのプレートを装着しているのかと思いが至りました。

テロ対策の一環でしょうか。

前方からも後方からからも2台を見ても区別できなくしているのでしょうね。


要人警護の世界では常識のことかも知れませんがテレビの映像を見ただけですが警備の世界も奥が深いと思ったのでした。






それにしても自衛隊儀仗兵の形式美は素晴らしいですね。

Posted at 2019/05/27 14:16:12 | コメント(4) | トラックバック(0) | いかにもアメリカ | 日記

プロフィール

「@べりばあ さん、こんばんは。
思い出しました。あの大きなラーメン、年寄りには二人でシェアしてちょうどいいサイズですね。カウンター席ではとてもシェアできそうも無い雰囲気でしたが。💦」
何シテル?   06/03 20:51
パパンダです。 初めて米国の地を踏んだのが42年前。 以後帰国と再渡米を繰り返しつつ、滞米歴が延べ23年を超えていましたが、2012年に赴任を終えて帰国しまし...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/6 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

初 ペーパークラフト 作成 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/05/02 12:00:32
コロナウィルスについて!重要です。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/04/10 10:12:59
婆婆のパラレルワールド(*´艸`*) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/12/22 21:43:45

愛車一覧

メルセデス・ベンツ Aクラス スタイル君 (メルセデス・ベンツ Aクラス)
前車のプロナードには20年間で20万km乗り、そのサイズやパワーが気に入っていましたが流 ...
北米日産 ダットサン ロードスター ダットさん (北米日産 ダットサン ロードスター)
1987年に米国で見つけて即購入。 LAから車で4時間のフレズノという街でした。 仕事で ...
その他 自転車 その他 自転車
電動アシスト自転車です。 2017年5月26日の発売日の一週間前に予約し、発売の翌日に納 ...
ジャガー Eタイプ 赤ナマズ君 (ジャガー Eタイプ)
オークションで思わず入札。 落札できてしまいました。 これから大変そうです。 買ってか ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.