• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

パパンダのブログ一覧

2018年11月10日 イイね!

フラット トウイングで

フラット トウイングで







おはようございます。


昨日の雨で今日の横浜赤レンガ倉庫でのクラシックカーデイへの準備も十分には出来ませんでした。 赤なまず君にワックス掛けもしたかったし、ガソリンも。

仕方ないので今朝道中でガソリンだけ補充して会場の横浜へ向かいます。

現地でリアルにお目にかかるのを楽しみにしています。

日曜日は代官山と若洲公園へダットさんで向かいます。
翌12日にはダットさんを車検のために千葉県のメカニックさんの元へ運びます。

忙しい数日になりそうです。



そんな事を考えていてふと思いついて昔のアメリカでの写真を出してみました。

当時乗っていた足車のトヨタ アバロンにヒッチを付けていました。 アバロンは社用車でしたがヒッチ用のブラケットを付けても外観からは見えないので。




このヒッチにダットさんに取り付けたトウバーを取り付けてダットさんの車輪を4輪とも地面に付けたままで牽引です。




もちろん非牽引車のハンドルロックは外してあり牽引車の進行方向に連れて一体化して曲がっていきます。

簡易の牽引なのと私の技術的な問題でバックは出来ませんが広い道路なのでバックしなくて済む様に考えつつ進むと数百マイルの移動でも問題は有りませんでした。




あとで聞くとドライブシャフトは外しておく方がMTへの負担が少なくて良いそうですが私はニュートラルにシフトしたままで走行していました。






この状態でロサンゼルスから700マイル北のマウントシャスタ山で毎年7月に行われるフェアレディのイベントに参加していました。


日本でもこの状態で牽引移動できればと思ったのですが警察に聞いても結構グレーゾーンな様で諦めました。

高速道路は通行できないと言われ又牽引免許も当然必要になるそうです。

又狭い道路が多い東京ではこの状態での牽引は確かに危険かも知れませんね。


アメリカ生活を懐かしく思うのはこんな瞬間です。(笑)


Posted at 2018/11/10 05:29:56 | コメント(5) | トラックバック(0) | アメリカの風景 | 日記
2018年10月06日 イイね!

そう言えば火事でもないのに消防車がよく電柱に放水してました

そう言えば火事でもないのに消防車がよく電柱に放水してました






おはようございます。

退職した身にはあまり有り難味がよくわからない連休です。
願わくば台風ではなくいいお天気で過ごしたいものですね。

写真の消防車は私が滞米中の最後の数年間住んでいた街(カリフォルニア州トーランス市)の消防車です。


この写真とは直接関係ないのですが、この街を含めてアメリカ西海岸の海に近い街では時々見かけた光景でした。

それは消防車が巡回して交通の隙を見て電柱の上の方へ放水して回っていました。
もちろんその周りの家や駐車中の車が濡れますがそんな事はお構いなしでした。

まるで大きな赤い犬のようだといつも思っていて何をしているのかと訝っていました。



その理由に最近の日本の台風の後の塩害で電線が自然発火したり停電したりするのを見てやって気づきました。

電柱の電線や碍子などに付着した塩を洗い流していたのですね。


海岸に近い街では海からの潮風で塩が運ばれてきます。

南カリフォルニアではほとんど雨が降らないので雨で流される事が期待できず、その塩害を防ぐためにこの様に消防車が巡回して各電柱を洗浄していたのですね。


アメリカの多くの街は警察と消防は同じく市長の管轄下にあるので市長の判断でこんな行動も可能になるんですね。




出初式の様でなかなか面白い出し物でした。 (^_^)


確かにニュースで見ると台風が過ぎて数日して塩が乾いた後に弱い雨が降ると電気を通す塩水になって漏電して電線が自然発火したり停電してしまう様ですね。 その結果 昨日は京成電鉄の電車が全面的に止まっていた様です。

日本でも台風の後には各電柱に放水して事前に塩分を飛ばしておく方が停電になってから慌てるよりも良いのかも知れませんね。



Posted at 2018/10/06 06:50:54 | コメント(5) | トラックバック(0) | アメリカの風景 | 日記
2018年05月05日 イイね!

クラシックカーレース (240Z)

クラシックカーレース (240Z)







おはようございます。


アメリカのFBフレンドからメッセンジャーで動画が送られてきました。

(音量にご注意を)

レーシングドライバーのJohn Mortonさんがクラシックカーレースで自身のダットサン(フェアレディ) 240Zを駆ってジョージア州のロード アトランタを走行している様子です。



クラシックカーレースではありますがさすがに元米国日産のファクトリー テスト&レース ドライバーでしたので確かな技術を持っているようです。


このJohn Mortonさんとは何度かフェアレディの集会で会ってお話ししています。

最初はMeep Meepさんの紹介でした。
会って話すととても大人しいお爺さんなのですが、レースでは人が変わっていますね。



これは2010年にリバーサイドレースウエーの資料館で会った時の写真です。





私のダットさんのグローブコンパートメントにサインを書いてもらいました。





右側のサインです。







またその数年後にロングビーチで会った時に自身の写真にサインをしてくれました。 BRE Datsun 510の写真でした。







数年前に日本で米国日産でZカーの父と言われたミスター K (片山さん)が存命中にちょっとお話する機会があってJohn Mortonに会ってサインをもらったというと ミスター Kは「ああ、うちのレースドライバーだったね」と覚えておられました。 その時にはミスター Kも100才を超えておられました。



なかなか思い出のある名前を久しぶりに聞いたものでブログにしてみました。



ありがとうございました。




Posted at 2018/05/05 06:34:56 | コメント(3) | トラックバック(0) | アメリカの風景 | 日記
2015年08月20日 イイね!

ラグナセカのSRや箱スカ

ラグナセカのSRや箱スカ







先週末のカリフォルニア州ラグナセカでのクラシックカーレースの様子をFBに知人のBrian Zanaさんがアップしてくれました。

先日のブログのRon CarterのSRL311の他にも馴染みのある旧車がレースしています。







まだまだSRLもレースでよく使われていますね。





公式にはアメリカでは売られていない箱スカまで。




こうして写真を見ているだけでもまた実際に行ってみたくなりますね。






Posted at 2015/08/20 07:30:05 | コメント(4) | トラックバック(0) | アメリカの風景 | 日記
2015年08月06日 イイね!

ジャンクヤードに掘り出しものが

ジャンクヤードに掘り出しものが





アメリカの知人がネットで教えてくれました。

LA郊外には幾つものセルフサービスのジャンクヤード(解体屋)があります。

共通しているのは入場料を払って入り、アメ車(=国産車)、輸入車と大きく仕分けられた広大な廃車置場で自分の希望する車やパーツを自分の工具で取り外して来るというもので出口の小屋でそのパーツを見せてパーツ毎一律の料金を支払って持ち帰るものです。

多くの場合には欲しい車やパーツが無いので単に歩き回るだけでしたが80年代にはまだ結構な数のダットサンロードスターが市中に有ったので年に数回は欲しい車に遭遇できました。

ジャンクヤードでは一般に数日で目ぼしいパーツが売れてしまうのですぐにスクラップになります。 一週間後に行ってももう無い事がほとんどと言う回転の速さでした。

たまに解体するのが惜しい様な欠品や事故の無い完動車が入庫するとパーツを取らさずにフェンスで囲んで完成車としてまず売り出す様です。

写真の車も欠品が無いのか車としての値段が付いています。

この車がLAのクラブ員の中で話題になっている車で写真で見る限りローウインドーの前期型2000ccのSRLの様です。
67年のSEとSRLは当時合わせて700台ほどしか製造されず68年からはアメリカの安全基準に合わせウインドシールドが5cmほど高くなり開かない三角窓やパッドが付いたダッシュボードなどのいわゆる後期型にマイナーチェンジされました。

また前期型はウインドシールドがボルト4つで脱着可能なためその多くは当時レースカーに改造されて現存数がさらに減っています。

エンジンの有無や状態は分かりませんがどうもこの車は稀少な前期型のSRLのように見えます。何れにしても67年(昭和42年)型のSRL が今頃売りに出たのが信じられない掘り出しものということです。

もう誰かが買ってしまったでしょうができれば私も参戦しもう一台前期型を持ち仕上げてみたかった。 残念です。
Posted at 2015/08/06 06:50:35 | コメント(3) | トラックバック(0) | アメリカの風景 | 日記

プロフィール

「@アルジャント さん、緑の洋服を着てのアイリッシュビアも結構美味しいですね。(^_^)」
何シテル?   03/17 13:47
パパンダです。 初めて米国の地を踏んだのが37年前。 以後帰国と再渡米を繰り返しつつ、滞米歴が延べ20年を超えていましたが、2012年に赴任を終えて帰国しまし...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/3 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

Eタイプ慣らし運転の旅 その3 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/03/15 15:00:34
幌スクリーン部交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/12/15 16:17:08
ダットさんのエキマニに巻き巻き 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/14 09:04:53

愛車一覧

北米日産 ダットサン ロードスター ダットさん (北米日産 ダットサン ロードスター)
1987年に米国で見つけて即購入。 LAから車で4時間のフレズノという街でした。 仕事で ...
トヨタ プロナード トヨタ プロナード
日本の留守宅においてあった足車です。 前列がベンチシートになっていてセダンで6人乗りは当 ...
ジャガー Eタイプ 赤ナマズ君 (ジャガー Eタイプ)
オークションで思わず入札。 落札できてしまいました。 これから大変そうです。 買ってか ...
その他 自転車 その他 自転車
電動アシスト自転車です。 2017年5月26日の発売日の一週間前に予約し、発売の翌日に納 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.