• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年11月14日

珍車PART738

珍車PART738 珍738弾は久々のマイクロ行きます!

過去2~3度取り上げてきたと思いますが製廃から20有余年を過ぎ往時ですらも東日本ではまずお目にかからなかったマツダのマイクロ、通称“タイタンバス”ですねー、中国四国地方ならばまだ現役もいるかもしれんですがこちらの貿易向けオークション車輛としてもこの1~2年はめっきり見なくなりました…

⇒『平成3年(1991)2代目WVL4B型パークウェイ26』!!

若い世代ではマツダがマイクロ造ってたなんて知らんのも多いでしょう、高度成長期~バブル期頃までは年々増加する旅行や催事で用いられるバス/マイクロバスも需要は常に上りカーブでしたからトラックメーカーである日野、いすゞ、三菱ふそうが定番となるこの分野=マイクロでもトヨタや日産、マツダなどの乗用メーカーでも重要戦略車、しかしバブル以降の低迷から日産はいすゞと提携しいすゞのマイクロジャーニーと日産シビリアンを同一化したりトヨタ-日野もOEM(日野リエツセⅡ-トヨタコースター)単独モデルを備えるのは今やふそうローザのみとなりマツダは95年にこの2代目パークウェイをもって撤退済となります。

しかしかつては総合メーカーを目指したマツダはトラック生産も古くから行っておりましたのでマイクロは他社でも2~4tトラックをベースにする事がほぼ、マツダはE2000というタイタン以前のトラックをベースにまずライトバスとして65年にデビュー、ベースがタイタンに進化した後の72年にライトバスもFMCし新たに『パークウェイ』の名前が与えられました!

ライトバスはバス参入後発メーカーであった為、マツダ(当時東洋工業)はそれまでの画一的なバスデザインに新風を吹き込む斬新なスタイルでデビュー、近未来のバスを思わせるAタイプと普及型で幾分スタイリングを実用的としたCタイプの二通りを用意するなど当時かなり気合を入れた参入、さすがに元Gureもこの時代はハナタレ小僧、写真や絵などで男の子なら誰でも幼少期に読む~はたらくくるま~的な本で見たライトバスAは衝撃的、実物は確か大阪万博では会場内の連絡バスで使われてなかったかな?実車を見た記憶はその時だと思います(曖昧ですが…)

↓ライトバスA


↓ライトバスC


Cの方は1tクラストラックのクラフトってのが当時ありその顔のイメージ、これにしても現代目線では充分個性的ですがAのブッ飛んだデザインの前では平凡ですよね(笑)

AのカプセルのようなFrフェイスは宇宙船か!って程の出で立ちでしたしね、バスと言えども子供心に充分インパクトを与えるその姿は残念ながらマイクロのシュア的にはブービーでしたしまだまだ東日本でのマツダ浸透力が弱い60~70年代ではまずお目にかかれませんでした。

そしてその後を受けたパークウェイですがこれの売り?は何たってREエンジン搭載のバスという点でしょう、勿論デビュー時はこの頃としてはアンパイであるタイタン同様のガソリン2000cc(XA型)とディーゼル2500cc(VA型)搭載のラインナップでしたが74年、多分OILショックでエンジン余っていたんでしょうか!?トルクが重要なバスにマツダはご自慢のREエンジンを搭載してしまいましたw

↓パークウェイロータリー


ルーチェグランツーリスモやロードペーサー、75年以降はLA型コスモで有名となる最大排気量(
654cc×2)の13Bエンジンを搭載、さすがにワタシもこれ乗った事も見た事もありませんが絶対敵わぬ夢ですが今一番転がしてみたいのがこのパークウェイREですナ、あの低速スカスカのREエンジン+バス、どんな味わいなのか興味津々、26人乗せた時の加速もルーチェやコスモのように音もなく滑らかに“シュワーッ”と行くのかどうか?味わってみたい(^^;)

しかし案の定?REの特性がバスに向かず僅か3年、資料によれば44台の生産で終了との事、そりゃそうですよ、バスにREってこれほどミスマッチもない、マイクロに人乗せて運転した事がない設計者だったんでしょうね、載せる前から解りそうなモンだけど。。。

RE製廃後は3LのDeエンジンに統一、そして82年に現車である2代目WVL型にFMCされております!

初代パークウェイも初代タイタンのイメージを大幅に継ぐデザインでしたが2代目も同様、当時アトムの替え歌で♪~2wayシフトだ新型タイタン~のCMが耳に残る2代目タイタンをそのままバスにしたようなデザインは初代より“タイタン色”が顕著、他社のマイクロでもベースのトラックに似通った部分は多分にありましたがパークウェイはそのままタイタンをロングルーフにしたって感じで笑えましたね、この頃になると多少東日本(関東)でも見れるようになってましたし。

と前置き長過ぎですが出品車見てみます、2代目は95年まで生存していましたが大きな変化は87年にタイタンMCに合わせて丸目4が角目4に変更された程度でこの時を境に前期後期と区別、現車は後期モデルですね。

↓マイクロとしては低走行の14万㎞台、総合3内装Cは26年経過のバスとしては高評価!


このモデルはマツダのDeエンジンでは評価の高い3.5L SL型搭載、このエンジンはタイタンで経験済ですがいすゞや三菱に較べても遜色ない粘りパワーがあり静粛性も高い、14万km程度ならまだまだですね、黒煙もくもくが玉にキズでしたが東日本では不当に評価の低かったマツダ商用、一度乗るといい意味で期待を裏切ります、エルフなんかと較べても乗用メーカーだけあり内装のセンスも良かったですしね、ただ、足とフレーム、架装物があればミッション(PTO)を考慮するとやはり信頼性はいすゞ、ふそうが上でしたが…。

↓インパネもタイタンそのもの!2wayシフトも健在ですね!


余談ですがパークウェイ/タイタンに採用されていた2wayシフト、考え方によっては10速~12速ギアになるんですがハッキリ言ってどこに入れて走ればいいか掴めず不要とさえ思えます、マツダの売りでしたがよく設計されたエンジンとギア比さえあれば何も副変速機なんていらん、但しこれは路面の悪い後進国などでは一時期人気があり貿易でもタイタンが指名される事もありましたがこれの現役時代の80年代でもダンプ以外でこれを必要とする道路、もう日本にはなかった筈、実際鳴り物入りで宣伝した割には次期型では不採用でした。

話を出品車に戻しましょう、このパークウェイ、出品地は北関東ですが貿易出る公算強いですね~、関東地区では排ガスNGですし高額陸送費かけて西の業者が落札ってのも考えにくい、エンジン狙いかどうかは解りませんがそこそこいい値で落ちていますしね、近頃では外人、海外も贅沢になり内外装が綺麗でないとなかなか貿易にも出ませんからその意味で現車、年式の割には程度がいいのであちらで高額で捌かれるのかもしれません、ハイルーフと客室オートエアコンもこの年式ですと希少です。

↓室内も綺麗でまだまだ旅客業でも現役で行けるでしょう!


↓テールランプはBD型ファミリア前期のモノを流用しているのは有名な話!


外装評価が未記入なので画像に出ない問題?があるかもしれませんが出品票にあるバックパネルの穴や下回りのサビが気になるところかな、あくまでボディそのもの(外板)だけの判断ならば外装B~Cは付いてもおかしくない感じですがね、距離からして教習所、旅館、ゴルフ場など短距離送迎に用いられた体ですナ。

↓コースターやローザといったありふれたマイクロにない個性が何ともシブい!


と珍車らしい珍車、絶滅危惧種認定のパークウェイでした、次いつ出るかは全く見当つきませぬ(*_*;

ブログ一覧 | マツダ | クルマ
Posted at 2017/11/14 19:55:03

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

冷凍庫にいるみたいな寒さです。
他力本願さん

保存版・ 珍車PART388
元Gureさん

タイの事情→バス編(路線&観光バス)
とのうさぎさん

2017年10月チェンライ③
takufさん

タイは日本車の天下だった! 「中国 ...
利根川の天然水さん

198010 タイタン1.5トン・ ...
サトックスさん

この記事へのコメント

2017/11/14 21:25:12
こちら マツダのお膝元(隣の市になる我が町)にはこの色の現存個体を3台 広島市内に2台 確認しておりますv(^o^)

我が町のは下請け工場に1台 民宿に1台 もう1台は不明、広島市内のは居酒屋に1台 もう1台は不明ですが 確実に生息してますよ!

幼い頃はAタイプがやたらかっこよく見えて 幼稚園のバスがこれなら良かったのに と思ったもんです(笑)
コメントへの返答
2017/11/14 23:41:21
おぉ、さすがお膝元ですね、パークウェイが9台前後も生息してるとは!
神奈川でオリジナル時代のジャーニー、9台も恐らくいない筈ですし。

ライトバスAは子供心には衝撃デカかったです、まるで未来のクルマみたいな出で立ちはオシャレだし実物を大阪万博で見た時は大ハシャギ、どのパビリオンよりライトバスの記憶が鮮明です(笑)
私は保育園でしたので幼稚園バスには縁なかったですがこれに毎日乗れた幼稚園児、幸せでしたねwww(幼稚園バス仕様があったかどうかは不明ですが…)
2017/11/14 23:49:23
連コメ すみません。

私の通ってた幼稚園 白/黄色のツートンカラーで丸いテールだったな(^_^;)
あれはどこのメーカーだったのかな?
当時 田んぼのど真ん中にポツンとあった幼稚園も今や住宅街のど真ん中ですからね~(^_^;)
ちなみにその幼稚園は私らが1回生です(笑)
コメントへの返答
2017/11/15 00:27:52
いえいえ…

その時代(昭和41年~45年頃?)でテールが〇テールだと恐らくいすゞのスーパーライトバス=ジャーニーの前身 だと思います、他はローザ、エコー/シビリアン、コースターは角テール、プリンスやダイハツも当時はありましたがさすがにこれはテールまで記憶にありませんナ(汗)
2017/11/15 00:48:14
度々すみません(^_^;)

やはりいすゞでしたか!
コメントへの返答
2017/11/15 14:04:06
いえいえ…

いすゞとは限りませんが。
2017/11/17 01:56:05
元Gure様 はじめまして、猫なべと申します。以前のブログや華麗なる一発屋シリーズも楽しみに拝見しておりました。マツダのライトバスAに惹かれ思わずコメントいたしました。この車にはちょっとした40年以上前のちょっとした思い出があり、それが蘇りました。
 その記憶とは当時、地下鉄千代田線の工事現場が自宅近くにあり、毎日夕方になると交代の作業員がマイクロバスで到着するのです。現在のように土木現場といえばハイエースという状況ではなく(ハイエースは初代が登場して間もない時期でした)、多少まとまった人員輸送といえばマイクロバスという時代でした。ですので、夕刻になると多数のマイクロバスが続々とやってくるのですが、大部分は日産エコーや古いキャブオールなのですが、なぜか1台ライトバスAが混じっていたのです。周りのちょっとくたびれた初代エコーと比べると、まるで外車のようなお洒落な車に見えて、そこから降りてくる屈強な作業員のオジサンとのミスマッチが小学校入学直後のまだ幼い私にとっては、とても印象的で奇妙な幼児体験として記憶の片隅に残っております。当時は子供ですから、気づきませんでしたが、今振り返れば多数のエコーの中に1台だけライトバスという光景は、関東における当時のマツダの立ち位置を象徴していたのかもしれませんね。
 今となっては、マイクロバスというと葬儀やホテルの送迎という感じですが、高度経済成長期に果たした役割は大きかったと思っております。
 いきなり長文にて失礼いたしましたが、骨のある記事も心地よく拝見しておりますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。
コメントへの返答
2017/11/17 19:04:31
猫なべ様、はじめまして。
過大なお褒めを頂き恐縮です、有難うございます。

なるほど…ハイエースがデビューしたばかりですとマイクロがそのようなシーンで活躍してたんですね、その頃にライトバスAの都内での出現は驚くに値しますよね。
場所柄、神奈川ではふそうかいすゞ、日産のマイクロはよく見たのですがマツダは皆無、パークウェイにしても実働の目撃は数える程でした。
しかしあの時期にライトバスAはホントに近未来の乗り物のようで垢抜けていましたよね、後年どんなに時代の先を行くデザインのクルマ見てもライトバスAの衝撃には敵わなかったように思います。

こちらこそ今後もどうぞ宜しくお願い致します。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「珍車PART781 http://cvw.jp/b/2682511/41829220/
何シテル?   08/13 21:43
“元”Gureです、しぶとく再登録、新規ネタ&過去ネタをUP中、過去記事は主に2013/5~2017/3迄、仕事場兼隠れ家?の山梨ヤードでのクルマ弄りや過去シリ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

お友達

以前登録頂いていた方との交流復活が主、新規も拒みませんが趣味嗜好に合わない場合は削除しますしこちらからは滅多に申請、イイね、レスもしません。
新旧問わず解除した方はお断り、過去対立した人物、その人物と友達登録者も方お断り!上からで恐縮ですが趣味の世界、ストレスフリーが理想の為ご理解下さい。
22 人のお友達がいます
白しび#3白しび#3 * LED・HID販売のfcl.LED・HID販売のfcl. *みんカラ公認
minicatminicat * ケネス@元ギャランAMGケネス@元ギャランAMG
くさいしがめくさいしがめ MAIAMAIA

ファン

256 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 ギャラン 三菱 ギャラン
E39AギャランVR-4、3代目になります。 1号機1992~1997、2号機2004~ ...
三菱 ランサーエボリューションIV 三菱 ランサーエボリューションIV
息子との共同所有、エボIVも若い頃乗っておりまだ3歳だった息子が当時憧れていたと免許取得 ...
三菱 ランサーカーゴ 三菱 ランサーカーゴ
業務用、街乗り用。 初の4ナンバーマイカー所持、毎年車検は厄介ながら多量の積載、その気に ...
カワサキ ZZR250 カワサキ ZZR250
2018/4~の所有、4年ぶり2輪返り咲きの相棒になります!20年超で約25000㎞走っ ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.