• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Raybarneのブログ一覧

2018年06月04日 イイね!

ブリッピング

 カローラハッチバックの動画、国内試乗のものがワラワラと出てきましたね。

response.jpの360度動画試乗記に、6MTモデルのものがUPされ、それを視点を変えながら何度も見ていますが、アイドリングスタート(アクセル触らずにクラッチ繋ぐ)と、負荷に応じて回転をあわせてエンスト防止しています。
高回転からのシフトダウン時のブリッピングだけで無く、そういう所もアシストしてくれるのですね。

 動画では6から4に落したりして回転を上げるのが少しだけ遅いと言っていますが、普通のダウンサイジングターボなので、回転のふけあがりにスポーツカー的なものを求めるのは、また別の次元だと思います。実際、レポートされている方も楽しそうに扱っていますし、その指摘も本当に重箱の隅的なものだ、と言うのを自覚されているような表情ですしね。

 個人的には、高速道の追い越しで6から4に落す時の(ミスってエンブレ効かせてしまったらどうしようという)緊張感が不要なのは、とても素晴らしいです。

 アームレストの位置もレバーにあわせて良さそうですし、シフトストロークが短すぎないところもあわせて、ゆるーくも乗れそうな点も個人的には好みの方向です。MTの試乗車、宮城に来てくれないかなぁ。

 カミさんには「次のカローラはとても良い出来みたいなので、シャトルの次は是非ともカローラを!」と、いまからインプリンティングを始めております。フィールダーが同じプラットフォームで出てくれるのならですけどね。カミさんクルマの乗り換えタイミング(2020年かな)にジャストミートです。家族グルマとして、出来れば、フィールダーにはガラスルーフの設定が欲しいです。(カーテンエアバッグは付けられるのが必須ですよ)

 私の営業車的には長さ的にもカローラハッチで良いかな~となるところですが、となるとHCCI+スーパーチャージャーの次期マツダ3こと、アクセラがガチンコのライバルとなるでしょう。この2台が出そろうまでスポーツクーペには元気で頑張ってもらいたいですね。

~本日のまとめ~

 ・この週末、近所のSleepingFactoryが閉店のためのセールを始めて、偵察のつもりでカミさんと娘達を連れて出かけたのですが、現品限りでダブルサイズのマットがとっても安かったので、衝動買いしてしまいました。カミさんクルマに積めるかと思ったのですが、荷物満載&後席にチャイルドシート2台ではあえなく轟沈。預かって頂き、スポーツクーペで出直しました。



 幅2mのマットなので、カミさんクルマも2人乗車でなら楽々積めるサイズですが、スポーツクーペでもこうやって2名乗車のスペースを余裕で残して(前シート位置は調整していない)積める訳ですから、ホントガラスハッチクーペの積載性は抜群です。同じ203でもワゴンなら余裕でしょうけれど、セダンだとバルクヘッドの高さが足りないかな?

 ・Bセグでも助手席を倒せば積めるんでしょうけど、やはり私の使い方には荷室長足りないかな、と感じています。Cセグハッチでもちょっと短いかな?

 ・今月後半にカローラハッチと同時にお披露目される新型クラウンの記事はまだ出てこないですね。こちらもジャンボでも当たれば・・・と思わせる造りなのですが。いつかはクラウン(苦笑

 ・もうチョットなのだがなぁ。


 ・映画[Overdrive] 公開初日に見てきました。映画の日だったので。正直、面白かったです。ネタバレになるので当分は語りませんが、ラリーのあるある小ネタだけでは無く、様々なモータースポーツ映画のオマージュが沢山入っています。残念だったのはラリーを「SSだけ速ければ勝ち」に描いていたところで、たとえSSラリーだとしても、リエゾンやタイムコントロール、タイムカードなどの描写が無かったことですね。何シテル?にも書きましたが、全体的に『汚れた英雄』の影響が強いなぁ、と思いました。細かいトコロを気にせず、ヒローイ心を持って映画を見られる人なら充分に楽しめます。劇場で見ないと後悔しますよ。(リビングで見ると途中で飽きるかもしれないw)






2018年05月31日 イイね!

セグメントなんて飾りです、偉いひとには(以下略




 たまたま駐車場で並んでいたのでパシャッと撮ってみたのですが、こうやってお尻の方から見ると現行デミオのキャビンの大きさって殆どスポーツクーペと変わりませんね(汗

 スポーツクーペはエンジン縦置きの分だけフロントシートの足元に余裕が有りますが、センタートンネルの分だけ左右に狭い状況になっています。おまけにガラスルーフのおかげで内天井が厚く、サイドウィンドウの傾斜もあって、頭上空間に狭さを感じます。
 なので、スポーツクーペと現行デミオの前席居住性は大して変わらないと思います。
現行デミオのでた当初の個人的インプレはこちら。 べた褒めだなぁ。


 上の写真で見ると2台とも車輪止めに後ろタイヤ当たっているので、後輪以降のオーバーハングがスポーツクーペが短いのがよく判りますね。と言うか、デミオのリヤハッチが、あと150mmも下がれば、荷室長としてはほぼ同じになりそうです(汗

 WBを50mmくらい、荷室で200mmくらい延長されたデミオワゴンが有れば、スポーツクーペと積み荷関係では遜色ない営業車になると常々訴えている訳ですが、ヨクヨク考えるまでも無くそれはアクセラスポーツですね(笑

 デミオ 全長4060mm WB2570mm
 アクセラ 全長4470 WB2700

 アクセラになると、車幅が少し大きくなりすぎると感じますが、まぁ1800よりナローならば無問題でしょう。

 ちなみに、CX-3の全長は4275mmとデミオ+215mmですが、WBは2570mmとデミオと一緒です。
Bセグ基準のCX-3とCセグ基準のアクセラの2台を比べると、どちらを選びたいか、悩ましいところです。プラットフォーム共有化のために、セグメントの区分が飾りになってきているのは分りますが、CX-3とアクセラだと、どっちの方が開発にコストかけているのでしょうかねぇ。正直、現行アクセラはでた当初からCセグメントとしては完成度がイマイチだったと思いましたが、次期アクセラは力も入ってコストも掛かっていそうなので、Cセグメントの基準車になれるんじゃないかなぁ、と期待したいところです。

 それに次期営業車となれば、長距離での快適性も必要になりますし、荷室もそれなりに欲しいとなると、Cセグが最低線になるかなぁと。 こうなると、新しいカローラと新しいアクセラの国産車対決かな。ターボ対スーパーチャージャーの代理戦争か?

~本日のまとめ~
 ・でも個人的にはBセグ大好きなんですよねぇ・・・ Bセグならフィエスタかパンダ4X4の6MT。パンダはイタリア車だからミリ工具で整備できそうだし。ちょっとデコレーションがやり過ぎに感じるけどパンダクロスが正規のRHDで入ってこないかなぁ。

 ・ガソリン、高値ですね。ハイオク150円/リットルを越えると、個人的に高いなぁと感じます。同様に灯油も18リッターで1600円近くまで値上がっていますから、冬までに落ち着いてくれると良いのですが

 ・明日から始まるラリーの映画、あまり期待していなかったのですが、監督が「おっぱいバレー」と同じだと言うことで、俄然見る気になりました。 あの映画での「坂道を下っていって空気を感じる」あの表現が素晴らしいと、個人的には絶賛しています。だから、ラリーの空気をうまく表現できているんじゃ無いかなぁ、と。あの綾瀬はるか嬢を主役にしていたくらいですから、演技の出来ない役者を揃えているとしても、全く不安は感じません。逆境ナインもでの堀北真希もイイ大根役者でしたね。 明日映画の日だから、なんとか仕事を工面して見に行こうと思ってます。

 ・ヤマト見てきました。 もう、なんというか、グタグタですね。劇場内は自分以上のオッサンしかいませんでしたが、観劇後は脱力感を共有し、とぼとぼと場外に出向く死に神の列、という感じでした。11月も見に行きますけどね・・・ ネタバレになりますが、まさかテレサがブルースリーの言葉を伝えるとは思いもしなかったデス。 あぁ、出淵監督、やはりあなたは偉大でした。
2018年05月25日 イイね!

えいこくじんのかんがえるさいきょうのえいぎょうしゃ

えいこくじんのかんがえるさいきょうのえいぎょうしゃちょっと朝までに作らなくちゃならない資料があって、余裕が無いけど、こんな写真を見てしまったら、書かずに居られない。

いいねぇ、これ。

車幅があるから日本だと1ナンバーになっちまうのが残念。

ナローホイールベースで4ナンバー仕様が有るなら、ローン組んで買っちゃうよ。

~本日のまとめ~

 ・エンジョイホンダ、東北。例年はスーパーフォーミュラにあわせて菅生で秋開催だったのが、今年は菅生のSFが今週末になって、なんとエンジョイホンダも今週末に。つまり、明日(あと1時間半後)

 あはは、チケットもらいに行きそこなっちゃったよ。

 ・何シテル?にも書いたけど、アテンザのディーゼル、MTの方が燃費値高くなりました。今までJC08のお受験対策やらギヤ比の問題でMTの方がATよりも達成燃費が低くなって、減税率がATの方が良いという事が殆どだったけど、今後は逆転するかも。(と言うかコレこそが正しいのですけどね)

たとえば現行デミオのガソリン13S、6ATが24.6km/Lで5MTが21.8km/LなのがJC08モード燃費。6ATは自動車取得税と重量税が減税されていますが、5MTは減税無しです。これがWLTCモード燃費基準になれば、逆転すると思われます。となれば、減税措置は???と言う状況な訳です。


 ・全グレードでCVTと6MTが有るという噂の次期カローラHBがWLTC燃費を採用するのなら、さてどうなるでしょうか。楽しみです。
2018年05月17日 イイね!

出るのか、出ないのか

 四方山話的になりますが、昼休み20分書き殴り。テーマは次期営業車候補。


 実は、今月に入って何度か次期営業車についてのブログを書いていたのです、が、結局はスポーツクーペが今のところ『ぼくのかんがえるさいきょうのえいぎょうしゃ』に近いので、致命的なコショウか損壊が無い限りは、ボチボチ直しながら長ーく乗り続けちゃおうかな、と言う気持ちが強くて、どうも面白い話にまとまらなかったので、UPをせずにました。

 まぁ、さらっと乗り換えできるだけの経済的余裕が無いのも事実でして、ケースバイケースで気楽に妄想したいと思います。

 今そこに有る危機編:スポーツクーペが全壊、すぐに営業車1号を手配しなければならない!!のなら

 
 すぐに手当てできるとなると中古車か、廉価な国産新車(納車まで代車出してくれるかなぁ)という事になるでしょう。となると、今私のなかで気になっているのはこんな感じです。

・中古車
a)308SWのガソリン:スカイルーフ付のガソリンで試乗車落ちで探すとなれば、初回車検切れの弾も出てきている今が最後のチャンスっぽいですね (308はその後ディーゼルが販売中心に切り替わって、ガソリンの試乗車減ってるみたいだし) まだ試乗していないですが、お仏蘭西車らしく色々と癖が有るらしいのです、が、まぁ買ってしまえば色々と慣れるでしょうし(笑

b)デミオ1.5Lディーゼル4WD
 こちらも初回車検切れのモノがディーラー扱いでポツポツと出ていますね。アクセラも良いのですけれど、アクセラだったらばもう少し頑張って新車にしたい気持ちも出てくるので、デミオで。

c)フィエスタかイプシロン
 日本撤退米国メーカーの2車です。が、さすがにイプシロンは程度良が減ってますね。イプシロン、どうなんでしょう?しかし、仙台ではどちらもディーラー扱いは無し。次点でパンダ4x4。


・新車
A)アクセラセダンかハッチのガソリン1.5L6MT
 手漕ぎに戻りたい気持ちも有って、国産ならこれしか無いですね。素モデルで充分です。

B)カングーの6MT
 維持費が気になりますが、1度だけ試乗して違和感なく運転出来たのは楽しかった。さすがは商用車? 人生いちどはお仏蘭西車にお手合わせさせてもらいたい気持ちもアリますので。

C)エスクードの1.4Lターボ
 装備、内容、その他文句なしなのですが、値引き次第ですかね。と言うか、まだ実車も見たこと有りませんが(笑


・妄想車 日本では出ていないorまだ出ていない車種。実際のトコロは出たら買うと言って難癖付けて買わない詐欺になりそうですが。

あ)フィエスタアクティブX
 


 英国AUTOCAR誌でべた褒めです。エコスポーツも良いけど、フィエスタがそのまま車高上げて細いタイヤを履いていると、グラベル車って感じで好きなのです。控えめでデザイン重視のルーフレールも良いですね。

 い)C-HRの1.2ガソリンターボFF+6MT
 今回のマイチェンで少しだけ期待していたのですが変速はCVTのままでした。残念。

 う)新型カローラフィールダーかハッチバック
 ハッチにはホットモデルが有るようですね。しかしながら私が欲しいのは『1.2Lガソリンターボに6MTでFF』の素モデル。 こんなの国内で出してくれますかねぇ?今度のフィールダーはヴィッツベースでは無くて、オーリスベースに戻ると言う噂もありますので、期待したいです。

 え)現行デミオワゴン
 背が低くて長いクルマ(まぁいわゆるワゴンですね)のコンパクトクラスでの需要って、国産車でもあると思うんですよ。5ナンバーサイズのワゴン乗用車の選択肢がプロボックス以外に欲しいんですよ。

 お)現行モンデオ5ドア
 並行で入ってくるとしても予算オーバーで買えませんが、Dセグではこれ1択です。フォード愛。

 か)新型クラウンワゴン2Lターボ
 こんなの出たら、速攻で長期ローン組んで買っちゃいそう。今度のクラウンは(も)良いと思うんだよなぁ。


 ん~、正直今のタイミングではスポーツクーペが壊れて欲しくないですね(結論)

~本日のまとめ~

 ・西城秀樹氏が亡くなったと、この文章を打っているときにラジオからニュースが。合掌。まだお若いのに・・・残念です。

 ・本田がJADEを2列シートで出し直しましたね。今更感満載ですね・・・ かつてのストリーム乗り達は、やはり箱形1BOXに乗換えたのでしょうか?

 ・いまさらこういう熱い記事出されても、ネェ・・・ まぁ、自動車の評論する人たちが身銭を切って買うクルマってのは、身内に「私はこのクルマを選びましたよ」というアピールにもなるでしょうから、車種選択が大変そうですね。
2018年01月04日 イイね!

新年から次期営業車について悩む(懐事情は寂しいのに

ベルトラン(以下自主規制


あぁ、明けちゃいましたよ。年末の仕事も終わらないのに。カレンダーも発送していないのに。
年賀状も書いていないのに。

修羅場です。

 カミさんが仙台市内で同窓会があるということで1月3日に娘二人を預かることに。12月は殆ど家に居なかった上に、中国へ行っていたので文句はありません。

 出先で昼ご飯を食べた後でカミさんを駅まで送って、スポーツクーペの後席で騒ぐ娘二人を乗せて、さて、どうするか。目についたのが三菱の看板。

 娘2人を連れて突撃してみました。
 店内に入りカウンターでエクリプスクロスが気になっていることを伝えると、まさにベテラン風のセールスさんが出てきて席に案内してもらいました。店内は空いていて直ぐそこにも席があるのになぜ奥の方を案内するのかな?と思ったら、キッズスペースの直ぐ脇の席でした。流石だ。

 まだ具体的ではないのだけど、来年度中に営業車を買い換える可能性があることを話し、カタログを頂けますか?と聞いたら、エクリプスクロスは3月の発売で予約を受けているけどカタログは未だ無いとのことで、簡単なリーフレットと価格表のみ。

 しかし、販促用の資料ファイル(ライバルのCH-R,CX-5との比較が多い)を見せて頂きながら丁寧に色々教えていただけました。ザッと印象に残った内容としては、


・ガソリン1.5ターボが3月から納車開始。ディーゼルの発売予定は未定。
・FFなら1.5トンを切る。ただしグラスルーフ(電動パノラマサンルーフ)を付けたときの書類上の総重量は不明。
・4WDは1.5トン越え。 FFも4WDも減税対象外になりそうだとのこと。
・燃料タンクは4WDが3L減  燃費から考えると高速巡航は4WDでも700キロ近く行けそう。
・グレードはM, G, G-PLUSの3展開(両駆動方式とも) 自動防眩ルームミラーはG以上。例のアンドロやiOS対応のオーディオはG+の1択に。ロックフォード(メーカーオプション)もG+のみに設定が可。

・サイド、カーテンエアバッグは全グレード標準。
・LEDヘッドライトだけど、対向車などを検知してのオートハイ・ロービーム切り替え機構は無し。点灯するのはランプの内側のみで、外側のレンズはダミーで光りもしないことがセールスさんは残念だとか。

 確かに外側は光ってないデスね。

・スタッフは12月に菅生で試乗会があり、FFは軽快さを感じて良かったとのこと。全色実車を確認して、FF,4WDの試乗が出来たとか。そのときのチラシも頂きましたが、デリカが昇45度の急斜面を1.5ターボのガソリン+CVTで登ってました。
・車体色は新色の赤は良いが追加費用が必要。青がセールスさんはおすすめとのこと。
・セールスさん的には、思ってたよりも価格が高いことと、最近流行の自動追尾オートクルーズが無い事が他社比較で気になっているとのこと。

 娘二人が横で大騒ぎだったので大変でしたが、色々話を聞き大満足。試乗車が来たら是非連絡していただきたいと連絡先を記載して店を出ました。

 変速がCVTなのが気になること。車重と走りも絡んでのFFか4WDかの選択で悩みそうですね。まぁ、4WDで私の希望する装備を付けると多分予算オーバーかなとも思いますが。


 三菱を出たその後に折角なのでクルマディーラーをハシゴをすることに。私の希望はマツダだったのですが、娘二人がホンダ(のお店の遊び場)が良いと言う事でホンダへ。

 カミさんがお世話になっている営業の方に挨拶して、年末にカレンダーを自宅に届けてくれたことのお礼を伝え、私の営業車を来年度中に乗り換えするかもしれないので、候補の1台であるシビックハッチのカタログをくださいと。本当はタイプRも・・・と言ったら、そちらのカタログも頂けました。

 営業さんは、飲み物を用意していただいた後、どうぞごゆっくりと席を外してくれて、娘達がキッズスペースで思いっきり遊んで居るのを見ながら、ゆったりとシビックのカタログを見れました。

 なんとセダンと5HBとタイプRで1冊のカタログなのですね。さすがにタイプRは別に立派な普通のカタログがありましたが、日本で生産するセダンと英国で生産する5HBを1つのカタログにまとめるのは無理があるのでは・・・ ディティールの写真を見る度にキャプションを確認しないと、セダンなのか5HBなのかもわかりません。コレはホンダに売る気が本当に無かったんだなぁと痛感。行ったディーラーにも5HBの実車が無かった(セダンの試乗車があるらしいが)ので、イメージが湧かないのも残念。正月が明けて落ち着いたら5HBの試乗車がある店舗に行ってみようかな、と。

 娘達を30分じっくり遊ばせてお店を出ました。帰り際に頂いた福袋には2人分のお菓子も入れてくれて、とても良いセールスさんなので、ホンダを商談するならこの店かな、と思いながらも、シビック5HBはエクリプスクロスのFFと価格もエンジンもバッティングだよなぁ。

 300諭吉で新車となると、国産も色々有るし、欧州BセグCセグも狙えます。新年から正規ディーラーのサイトを回ると、中古に試乗落ちや登録済ほぼ新車が色々出てますねぇ。

 やっぱ50諭吉くらいの部品を買ってスポーツクーペをシャキッとさせて更に延命、残額をオートバイ達(のOH部品代や車検代)にというのも魅力的かなぁ。

~本日のまとめ~
 ・エクリプスクロスにFF+6MT+ガラスルーフが設定されればかなり理想に近い営業車になりそうです。まぁMTは無理でしょうね。しかしCVTだけってのも残念です。

 ・新年から妄想全開(フルスロットル)でドウモスミマセン。なにせ、おみくじで大吉を引いたモノですから。

 ・シビック5HBのMT率が高いのなら、国内生産のセダンにもMT設定すれば良いのに。型式認定でそこまでコストは掛けられない? デュアリスのように想定以上に売れるから国内にも5HBのラインを設けるなんてことは無いでしょう。今回のマニュアルミッションの生産は国内ホンダではやってないんだろうと想像。

 ・5HBは良さそうなんだけど納期がやたらに長いみたいで。来年の3月までの納車なら9月くらいには決めていただく必要が・・・と残念そうに伝えるセールス氏。

 ・三菱のショールームでRVRを初見。オレンジの差し色が入った実車は格好いいです。パワーパックが今ひとつでシャシーも設計が古すぎるから欲しいとは思いませんが。

 ・あとは国産車でマツダとスズキとトヨタに立ち寄ってみたいのです。

 ・輸入車ではメルセデスと、ルノー、プジョーとジープとフィアット。かな。まぁ、メルセデスは無いですよ新車では。

 ・まずは目先の仕事を片付けましょうか、トホホ。


 ということで、今年もヨロシク哀愁(自主規制無し)です!!

プロフィール

「仙台市内で、カローラスポーツのMTの試乗車発見。グレードも中間のG。冬タイヤに履き替える前に試しに行けるかなぁ。」
何シテル?   10/17 00:29
もうすぐ雨のハイウェイ~♪
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

お友達

11 人のお友達がいます
fratokofratoko せお。せお。
素浪人☆素浪人☆ 海幕海幕
susp2susp2 takechicotakechico

ファン

16 人のファンがいます

愛車一覧

メルセデス・ベンツ Cクラス クーペ メルセデス・ベンツ Cクラス クーペ
モンデオセダンで4年を過ごすも、やはりガラスハッチクーペが欲しいと、色々調べて探して行き ...
フォード モンデオ セダン フォード モンデオ セダン
フォーカスST170を中古で捜しているときに発見。冷やかし半分で中古店に見に行ったら、プ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.