• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Raybarneのブログ一覧

2014年04月29日 イイね!

もれなく漏れてくる

もれなく漏れてくる 世間はGW突入ですが、自分は中日の平日を家族サービスに使って休むつもりなので、昭和の日の本日もお仕事中。

 で、仕事の合間の現実逃避に、スポーツクーペの点検をしてみた。(仕事しろっ!)整備手帳に書いてみようかと思ったけど、ただの点検だからBLOGネタに。

 まずはメルセデス定番のカムマグネットからのオイル漏れを確認。



  昨年末に購入したときに掃除しておいて、そこから4ヶ月6千キロ走行だけれど、やはりオイルで汚れている。しかし、カバー表面からのオイル漏れはさして問題では無く、やばいのはハーネスに滲んでくるオイルの方。毛細管現象で末端からオイルがどんどんしみこんでいって、やがては電子部品まで達して回路を壊してしまうのだそうな。あー恐ろしい。

 購入時に対策ハーネス(蛍光黄色のラベル)が組まれているのは確認していたが、オイル漏れはこの対策ハーネス内で留まる構造になっている。整備履歴によると登録から8年たった2010年に対策したようだ。


 肝心のカプラー側も確認したが、ウェットな感じは無かったので問題なし。オイル汚れを掃除して点検終了。カムマグネットは当分大丈夫でしょう。

 同様のカプラーへのオイル漏れは、ATのコネクタにも発生する。整備履歴を調べてもATF交換がされていないようなので、こっちは漏れているかもね。 タイヤ交換時にのぞいてみたけど、アンダーカバーにオイル染みは無かったので、まずは放置で、秋口くらいにATF、フィルター交換と併せて作業する予定。

 次に、エンジンオイルレベルを確認。ゲージを確認すると中間より少し上かな。オイルもフィルターも昨年末に交換しているので、心配なし。



 オイル注油口をあけてみたが、カムの仕上がりはメキシコ生産のデュラテックHEよりも数段上(笑 それでも、ホンダのK20Aの方が綺麗かな。
 新車時から走行も少ないのに毎年毎年ディーラーでオイルとフィルター交換されていたのだから、エンジン内部の状態については不安なしだ。

 今、交換するオイル銘柄で悩んでいるけれど、100%化学合成のちょっと高いオイルを使って、2万キロごとの交換にしようと考えている。年に1度くらいになるけれど、それで十分でしょう。

 ほかに目に付いた、冷却水、ウォッシャー液、それに各メンテ位置を確認して、ボンネットを閉じた。

エンジン周りで年内に交換したい項目として思いつく
 ・エアフィルター (新車時から清掃のみで交換されていない?)
 ・燃料ポンプのガスケット (emem様からアドバイスいただき、交換履歴無いので)
 ・ATF、フィルター、コネクター (新車時から無交換)
 ・点火プラグ (新車時から無交換)
 ・デフオイル (新車時から無交換)

 このあたりをぼちぼちと手を入れていくつもり。調子が悪くなってから、壊れてから直すのでは無く、決めうちで事前整備をしていきたい。うまくいくかな?そして、財布がついて行けるかな?(笑

 同系列エンジンは情報量が豊富で、故障箇所や整備の要点など、不安要素がほとんど無いのもありがたい。先達に感謝。

 ということで防備録的なBLOGでした。ヤマもオチも無し。

Posted at 2014/04/29 13:35:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | ビジネスクーペ | 日記
2014年04月28日 イイね!

綺麗なディスクローター

 日曜にカミさん車(フィットワゴンのガソリン車)を夏タイヤに戻した。

 3シーズンを走ったミシュランのXI2、これが結構走っているのに溝はまだ十分残っており、次シーズンはどうしようかと悩みどころ。4シーズン目はどれくらいゴムが頑張ってくれるだろうか興味はあるが、カミさん車は通勤で使用している訳でも無いし早朝深夜に長距離を走るわけでもないので、意外と問題には成らないかも。

 さて、タイヤ交換をしていて気がついたのが、前輪のディスクローターの状態



 これが、とても綺麗で驚いた。4万キロ以上走っているし、もちろん融雪剤にやられる条件なので、普通は錆と摩耗で外周部近くにTの字断面になるのだが、綺麗なまま。

 燃費向上のために、パッドをスプリングで強制的に開いてディスクと離れさせる構造が入っているから、ディスク側の状態が良好なのかもしれない。パッドもディスクの外周ぎりぎりまで当たっているようなので、一見では摩耗度が分からず、ノギスが必須だ。

 さて、カミさん車も三年目に突入してこの秋には初回車検。早いものだなぁ。細々と不満はあるけれど、悪いクルマじゃ無いんだよね。この1.5Lエンジンに5ATか5MTを組み合わせたパートナーが発売されていたら・・・ まぁ、売れなかったでしょうね(笑

~本日のまとめ~
 ・先週のクラシックカーディーラーズは、エスプリ。英国でも『ターボは壊れる厄介者』という感じで、乗るのを楽しむ人にはNAが好まれているらしい。あの直線基調のデザインは今でも魅力的だ。

 ・杉花粉が収まってきたかと思ったら、ヒノキがやってきた。屋根開けはまだもう少し先だなぁ。

Posted at 2014/04/28 14:16:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | 閑話休題 | 日記
2014年04月25日 イイね!

車載検討

車載検討本日は天気も良く風も無い。午前中に仕事の山を整理して、連休中にやらなければならないリストも完成した(涙)ので、本日昼からはリラックスデーに。



 まずは、androidWALKMANを接続する段取りを始めた。

 ナガオカのカセットアダプターを分解、ヘッドから出る信号線を耐熱の極細ケーブルに交換。元々の太い線ではカセットデッキのフタがキッチリ閉まらないので、しばらくするとかなりのボリュームで”ビービー”と警告音が繰り返し鳴る。フタの隙間に通すために極細の耐熱ケーブルで取り出すことにした。

 ユニットを分解してハンダ付けして、パネルに出るくらいの長さでもともとのJAC線に繋いだ。タイトル写真の通り、フタは閉まったまま線を外に引き出すことに成功。この線の細さなら、パネルの脇をホットカッターでえぐらなくても良かったと後悔。

 次にWALKMANの固定場所を考える。1DIN物入れの底にUSBコネクターを引き出すつもりなので、タイトル写真の位置あたりか、右にオフセットするかして角度調整できるアームを取り付けすれば電源もとれるし、エアコンやオーディオの操作の邪魔には成らない。

 あとで適当なスマホ固定アームを探してこよう。
ここでタイトル写真を再利用。



 しかし、6連奏CDチェンジャーが付いたから1日走りっぱなしくらいならCD入れ替え要らずで足りるし、カセットの資産も発掘されたので、普段はWALKMANをつけても活用しないかもしれないのが困ったところ。

 ナビ代わりに活用するとしたら、フレキシブルアームで移動できるようにしてもっと高い位置にも置けるようにしようかな。

~本日のまとめ
 ・オーディオ関係の電源周りが終わったら、ルームミラーに着手予定。自動防眩ほしい。

 ・日産がルームミラーの改良にかなり気合い入っている感じ。部品検索していて見つけたが、軽自動車にもバックモニター+自動防眩のミラーを採用しているとは驚きだ。今回発表されたのは後方カメラの画像と鏡像を切り替えできるもので、後付けも出来るとか。カメラからの画像は処理されて、見やすく最適化するのなら、鏡はいらないのでは、と思うけど、たぶん車検対策とバックアップの意味だろうね。

 ・オートバイでドカのMHR800が、コンセプトでは後方カメラ+液晶ミラーだったけど、実車は普通の鏡だった。最近だとVWのXL1がカメラしか付いていないのかな。日本の法規的には、鏡をなくすことは出来ないでしょうね。

 ・これからは車体のあちこちにカメラ付けるのが当たり前になるのだろうか。メモリーも安くなってきたし、各カメラごとに映像ログを取るようになるかもね。で、事故の検証用にも役立てる、と。

 ・カメラ技術といえばレンジローバーがボンネットを透けるように見えるデバイスを出してきた。オフロード、特に挟路では前輪の状態が分るので安心感が高いでしょう、ナイスアイディアだと思う。ただ、動物の死骸を跨がくちゃいけないときの映像は見たくないデスね。
Posted at 2014/04/25 13:25:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | ビジネスクーペ | 日記
2014年04月20日 イイね!

夏タイヤで走行。燃費は普通。

夏タイヤで走行。燃費は普通。 日帰りで600キロほど出張ってきた。初めて夏タイヤを履いて。

 夏タイヤのGY社 REVSPEC2はどちらかというとスポーツ寄りなのか、空気圧は少々高めに245kPaにしてみたのに、燃費はスタッドレスのミシュランXI2より悪い感じだ。

 意外と好条件にもかかわらず11.92km/Lと、今回も12キロの大台には届かなかった。

 タイヤの残り溝は6分程度という感じなのだが、今回北関東では雨天での走行になり、何度か排水溝やマンホール、橋の継ぎ目の金具など、ひやっとするまでも行かないが癖の有る滑るような反応をする時があったのは気になる。(主に市街地走行の極低速で) 整備手帳のコメントでひさぞう氏にご指摘いただいた通り、雨には弱めな感じなのかな。それと、高めの空気圧にしていたのも効いているのかもしれない。

 タイヤ空気圧の指定は燃料リッド裏にシールが貼られているんだけど、2人乗車程度で前輪が210kPa 後輪が230kPaになっている。(シールの表示はbar)前後で換えるのはちょっと面倒な感じ。



 うちのスポーツクーペはC200コンプレッサーだけど、前後ともホイールリム幅とオフセットは一緒で、タイヤサイズも同じ。前後で空気圧を変える必要はあるのかな?

 今回、4輪とも高めに空気を入れたのは、走行途中で空気圧を変更して乗り味がどうなるか確認するつもりだった。一人走行で荷物も無かったので、標準値に対し前輪が+34kPa 後輪が+15kPaという感じで、前輪の方が高めのバランスになっているが、特に走行で気になることは無かった。それに雨で面倒だったので空気圧の調整はしなかった。

 シールラベルによると、乗員+荷物がMAXロードの条件では前輪230kPa後輪290kPaが指定値なる。それにしても、後輪の空気圧290kPaとは、今時のエコカー並の高さだね。

 ん?ラベルを写真撮っていて気がついた。


 5人乗車しているけどスポーツクーペの定員は4名。 このラベルはW、S、CLで共通部品なんでしょうね。車重ではCLが一番軽いから、もう少し低めの値で探った方が良いのかも。


 タイヤの話に戻ると、もう少し燃費伸びてくれるとうれしかったけれど、とりあえず可も少なく不可も少なく、という感じで問題の少ないタイヤのようで、このまま減るまで走ることにします。

~本日のまとめ~
 ・高速をずっと走っていると、定速で走れない1台のクルマと何度も抜きつ抜かれつと絡むことがある。大抵、こういうクルマは下りで鬼のように速くて、登りでその速度を維持できていない。また、高速なのにブレーキをパカパカと踏んでくれたりもする。

 こういうクルマに遭遇すると、モンデオの時はちょっと速度を上げて一度振り切ってから巡航に戻すなどして対処していたのだけれど、スポーツクーペではオートクルーズを使っているので、いちいち解除するのも面倒だ。にしても、そういうクルマに限って、バックフォグが煌々と輝いていたりして、いらつき度合いも増えてくる。もう少し精神修行が必要だなぁ。

 ・今回のクラシックカーディーラーズはメルセデスの280SLだった。英国内に良い弾が無くてドイツまで買い付けに行っていたが、その輸送費が結構安くて驚き。国を超えて車両を運んでもあまりコストが嵩まないのは、欧州の良いところだよなぁ。
Posted at 2014/04/20 16:26:51 | コメント(1) | トラックバック(0) | ビジネスクーペ | 日記
2014年04月10日 イイね!

バットタイミング

バットタイミング 3トン車をレンタルして、長野の上田市まで出張ってきた。

  昔は新潟まわりで南下するか、首都高経由で上信越に向かうかしかなかったが、東北道から北関東道~関越道~上信越道というルートができたので、長野までクルマで出るのもずいぶん楽になった。(渋滞していなければだけど)

 そういえば、名古屋からの帰り道にバカなナビの案内で苦労したのも、このルートだったなぁ。
 


 今回はナビなしの車両だったので、苛つくアナウンスに悩まされることもなく月曜夜に上田に到着してホテル泊。

 ところが、翌朝のテレビニュースで『上信越道の上り線、佐久~碓氷軽井沢間が、のり面の崩れの影響で緊急工事中、通行止め』と来たもんだ。

 パソコンをネットにつないで、通行止め解除になったらメールが携帯に届くように登録した。

 昼飯においしい信州そばを食べたが、まだ通行止め解除のメールは届かない。
 すでに仕事も終わり13時には宮城へ出発なのだが、北回りは100キロ以上遠回りになるので、上田から18号で軽井沢まで行くことにした。通行止め解除になったら高速に乗れば良いし。ナビは無いけど、学生時代にオートバイで走り回っていたから小諸まで行けば土地勘あるし。

 天気も良く、渋滞もほどほどで18号を南下し、2時間ほどかけて碓氷軽井沢ICへ。

 一度も走ったことが無い碓氷バイパス(オートバイでは、旧道ばかり走ってたから・・・)を下って妙義から乗ったほうがスムースだったかもしれないけど、カミさんへのお土産で野沢菜を確実にゲットするため横川SAに立ち寄る必要があったのです。

 まぁ、SAでは綺麗なサクラも見れたので、良しとしよう。



 平日だったのと通行止めのおかげでSAはガラガラ。
 通行止めでがっかりだったけど、ある意味ラッキー。



 ほかの客人が少なかったとはいえ、この車両で峠の釜飯を食べる度胸は無かったです、ハイ。

~本日のまとめ~
 ・ETC深夜割引が24~04時限定になり、3割になった。これくらいの割引率だと、あえて深夜にたどり着くように時間調整するのも馬鹿らしいくらいの差額だ。土日の5割ももうすぐ解除だし、高速道を多用するけど、一定区間の通勤利用では無い自分には結構な打撃。

 ・上信越道の通行止め、かなり長引きそうだ。対面通行するとか、暫定対応できないものなのか?下道に流れる大型車両で結構な混雑だった。

 ・18号の信号待ち中、かなりマニアックな車両ばかりの小汚い店を見つけた。S30ZやSSセルボの国産旧車から、なんだか分らない輸入車まで。真っ赤なレーシングディーのみたいな車両は、何だったんだろうか?看板にバーキン取り扱いとか書いていたので帰宅後にググってみたら、雑誌広告でS30FRPボディーパーツで見たことあるお店だった。長野はマニアックな店が多いよねぇ。

 ・今週のクラシックカーディーラーズはE36のM3だった。しかも右ハンドルでカブリオレ!!日本に入っていなかっただけで、Mでも右ハンドル有ったんじゃん。まぁ、営業車にするには排気量が大きすぎるのでNGだけど。ベンベだったら、1シリーズ3ドアの右ハンドル1.6Lの6MTとか良いかな。
Posted at 2014/04/10 16:51:31 | コメント(1) | トラックバック(0) | 閑話休題 | 日記

プロフィール

「カローラスポーツのMT乗ってみた。」
何シテル?   11/08 11:11
もうすぐ雨のハイウェイ~♪
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/4 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

お友達

11 人のお友達がいます
takechicotakechico * 海幕海幕
susp2susp2 emememem
fratokofratoko せお。せお。

ファン

16 人のファンがいます

愛車一覧

メルセデス・ベンツ Cクラス クーペ メルセデス・ベンツ Cクラス クーペ
モンデオセダンで4年を過ごすも、やはりガラスハッチクーペが欲しいと、色々調べて探して行き ...
フォード モンデオ セダン フォード モンデオ セダン
フォーカスST170を中古で捜しているときに発見。冷やかし半分で中古店に見に行ったら、プ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.