車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年12月01日 イイね!
ETC 装着問題も終わりが見えた? / 初度登録完了でついにナンバー取得!こんばんは。

今日から12月…師走です。

今年は珍しく (?) 忙しくなりそうな予感がしてまして、今週末は仕事が終わったら職場の忘年会 (土) と用事でお出かけ (日)。来週末も講演会に参加して話を聞いて (土)…となにかとゆっくりできる時間がなさそうな気がしています。

平日は、平日で、家に帰ってからやらないといけないことがあって…。気持ちが重いです。

仕事も、今月中旬までに終わらなければならない仕事があって、それがうまくいくか心配で頭を悩ませています。

いい方向に考えるとすれば、「オーリス、まだかな、まだかな~♪」とか考える余裕もないので、気がついたら納車日って感じになっている気がしています。


車いじりの準備は一段落したので、重ならなかっただけ、ちょうど良かったのかな?


では、その車いじりの準備について、ブログに記しておきます。

---

11/27 の日曜日、WISH 友達の ひらっぴさんとお会いするために出かけました。

当日まで連絡を取り合いながら、当日も遅れるということでしたので、調整しながらお会いしました。

お会いするまでに時間に余裕ができたので、直前に連絡のあった共販にいって注文していた ETC 関連のパーツ 3/4 を引き取ってきました。 (具体的には、MOP ETC のアンテナとそのアンテナ延長ケーブル × 2個)

着荷待ちの残りは…

① 結果的に使わなくなったけども注文した、ETC関係のケーブル。
②ナビのテレビを走行中見るために使う自作ケーブルの元。(興味本位で注文したので、作成する予定はありません。既製品を買っちゃったし…。)
③そして最後は、うまく端子が合えば全体がばっちり収まる ETC アンテナ。 (ぶっちゃけ、このアンテナだけが必要なんだけど…。 (^^ゞ )

パーツを受け取ったので、ひらっぴさんに会うために共販を出発。途中まで共販のタンクローリーを追いかける。 (笑)

そして、熊本港で待ちあせていたので、そこで何年ぶりかの再会。元気にされてました。

お会いした理由は、WISH のパーツの引き継ぎ…私の WISH から取り外したパーツをわざわざ長崎から引き取りに来ていただきました。

(※ WISH の引き上げパーツをお譲りする件は、11月から早い者勝ちになっています。引き続き受け付けていますので、欲しい方はメッセージなどでご連絡ください。)

そのために熊本ドライブを企画されて、天草側 (鬼池港・天草市) からフェリーで熊本入り。北上して、熊本港 (熊本市) から再び長崎へというルート。当日は日中は雨でしたが、お会いする時間は雨がやんでました。

本当は、私が行く必要があると思っていたのですが…ありがとうございます。


フェリーターミナルでお会いしたので、フェリーの乗船前1時間ぐらいでいろいろとお話ししました。

まずは、依頼のあった継承品の引き渡し。これに加えて、WISH から取り外したパーツでオーリスに使用しない物をほぼすべて持って行きましたので、ご入り用なものがないか尋ねました。

まあ、ある意味、大胆にも大阪商人並の売り込みか? という勢い。すみません。

でも、いくつか、興味を持っていただきましたので、持って行ってよかったと思います。

あと、ダウンサイジングターボの話をすこししていただきました。

結論から言うと、『ダウンサイジングターボはいい!』という話。

坂の多い長崎で、オーリスではなく、海外勢のダウンサイジングターボ車をいくつか試乗されて、思いのほかパワー (トルク) があって、楽に走れて、しかも燃費が意外にいい!ということでした。

なので、「オーリスは楽しみだね」って話になり…今後乗り続ける車とはいえ、期待が膨らみます。

私も、試乗したのは オーリス 150X (1,500cc) でしたので、実際はだいぶ違うんでしょうね~。

---

翌日の月曜、火曜で休みでしたので、いよいよ ETC 電源、ナビ連動ケーブル (ハーネス) を自作してみました。


パーツは、共販から買ったものと、配線コムで買った端子やら、カプラやら。そしてホームセンターで買った配線やら道具を使用。


端子をかしめたり、


挿入したりなどして、


無事にできあがりました。(左上のハーネスが作成もの。ただ、テストができていないので…一発勝負です。)

写真には、ETC アンテナ (右上) とETC アンテナ延長ケーブル (2種) が写っていますが、このアンテナは保険。使用する予定のアンテナは、これから入荷待ちの方を利用する予定です。

※ちなみにこのハーネス作成に必要だったパーツや、作成中の整備手帳は納車後掲載する予定です。

---
昨日、ディーラーの営業さんにこの ETC 自作ケーブルとアンテナの件で相談しました。

とりあえず、残りのアンテナがそろうまで ETC の作業だけ保留。納車までにそろいきらなければ、作業は納車後としてくださいということで了解をいただきました。

そもそも、場合によっては預けている WISH のお下がりか、今回騒動を起こした 中古 MOP ETC かを選ぶ必要も出てきますので、それも伝えました。

そして本日、初度登録完了でついにナンバー取得できました!

車検証の写真を送ってもらい見ましたが、納車がもうすぐかと思うと、ワクワクします。

平日の休みが合えば、途中の作業を見にいこうとは思っていましたが、平日の休みは、月の後半にしかなく、それだと納車準備が終わった後にある…。 orz 仕事帰りにでも見に行きます。


---
納車準備もぼちぼち終わりを見せてきたので、これ気に車いじりの以外のことに集中しないと。

バタバタしたご褒美が新車でドライブ。いや、新車でドライブできるように、今頑張って仕事を終わらせないと。

しばらくブログはお休みしますが、納車前後で、落ち着いたらまた記載します。
2016年11月25日 イイね!
My オーリス、ついにラインオフ!こんばんは。

昨日の何シテル?でも、お伝えしましたが、昨日、仕事帰りにディーラーに寄ってきました。

目的は、前のブログに書きましたが、前のブログ内容をざっくり書いておくと、クルマを新車で購入するときにのみ装着できる、メーカーオプションの ETC が、(2代目オーリスにはなくて) 他のトヨタ車にはあるのですが、その ETC の中古品がネットオークションなどで出回っていまして、それをオーリスに、できれば納車時に装着したい!…という話でした。

結果、中古の ETC を落札しましたが、それにはETC アンテナと電源 (純正カーナビ連動 ) ケーブルが付属していなくて、前回のブログでは、結果的には電源・カーナビとの通信ケーブルは作る!…ということで、終わったところでした。

---

前車 WISH のときに付けていたディーラーオプションの ETC を移設することになっていたのですが、できれば、その落札した ETC がビルトインタイプなので (ビルトインタイプだから落札したのですが)、所定の場所にすっきり納めることができて、スマートに使うことができたら…。

ということで!

前置きがながなくなりましたが、今度は ETC アンテナの接続端子の確認を行うために 前車 WISH の ETC を預けている、ディーラーへ向かったわけです。

あと、新車オーリスの進捗状況の確認も合わせて聞きたかったので聞いてきました。


最初にオーリスの進捗状況から。

まとめると、

・11/25 ラインオフ。私は、ラインオフ時点でクルマの作成をスタートする…と思っていましたが、その逆でした。この日に完成。シッピングヤードに並んだら、船で下関、キャリアで熊本入り。

熊本の整備工場でオプション類を付けたら、店舗へ。

店舗で、WISH からの移設部品とナンバーを取り付けたらいよいよ納車…とのこと。

・オプション類取り付け時に最初から車体に付いていた部品や、余った部品 (ケーブルやハーネスなど) その取付要領書の回収をお願いしていたので、それを工場に伝えましたとの報告。

・ディーラーステッカー、車庫証明書ははらずにもらって私が貼る。

・車体のフレームナンバーがわかったので、希望ナンバーで陸運局に申請し、同時進行中。おそらく処理が終わる (登録される) のは 11/30 。

そして、最後に営業さんに ETC 関連の話と、「ケーブル配線の確認をするために来ました」と、その理由を話して預かってもらっている ETC を確認しました。

私のヨミは、どちらも同じデンソー製なので、(電源側は違ったが) ETC アンテナは同じだろう…と思っていましたが、


悪い予感は的中し、思いっきり違いました。

うーん、どげんしょ?




そのほか、新 AVC-LAN 端子と、カーナビ⇔ETC 連動ケーブルのケーブル配線などをチェック。

とりあえず、これまでと、このとき得た情報で電源・通信側はできそうです。

帰ってから、ソッコーで対応 ETC アンテナがないか調べたところ、なかなか思うようにメーカーオプションの ETC アンテナはネット上でヒットしない…。

そもそも、メーカーオプションの機器は、基本的に車種専用なのでナビとセットでオプションの事が多く、他の機能と一緒に…たとえば、GPS のアンテナと一緒になっていたりすることがあったりして、金額も6,000円以上したりします。

でも、なんとかみんカラから情報をゲットできました。

セルジさんのアルファードの整備手帳にとても役に立つ情報が載っていまして、

まず、メーカーオプションの ETC の配線情報、そして、欲しかった対応アンテナの情報が!

86990-28030 トール コレクション (ETC ) アンテナ ASSY 税別 2,800円 - イプサム (ACM2#)、ノア/VOXY (AZR6#)、エスティマハイブリッド (AHR10)、ハイラックスサーフ (KDN215,RZN21#,TRN21#,VZN21,GRN215,TRN21#)

アンテナの画像もあって助かりました。

ただ、このETC アンテナだと、インパネの中にどうにかして装着しないと行けないので、金具の制作とか、1回クルマのインパネをバラしてみて、装着できそうな所を探す…というのが必要かなと。

ここまで来たら、それしかない!

とりあえず、アンテナだけだとケーブルも短い、と言うことだったので、

86994-28010 トールコレクションアンテナワイヤ 税別1,200円 の情報の掲載もあって、それも購入してみることにしました。


しかし、他にも使えそうなアンテナはないものか…と、そうあたりで調べたところ…

気になるモノが、ありました

86990-75010 トール コレクション (ETC ) アンテナ ASSY 1,100円 - カムリハイブリッド (AVV50)、SAI (AZK10)、ハリアー / HV (AVU65,ZSU6#)

これは、資料を見る限り、ETC 2.0 用みたいなので、また失敗…端子は違う可能性もありますが、値段も他のよりも安いし、メーカーオプションの ETC アンテナのほとんどがインパネ内に隠される形で装着されるのに、これは珍しくフロントガラスに取り付けるタイプ。なのでカード挿入の LED も付いていそうです。

と、ここまで調べて次の日の昨日 (16/11/25) にまたまたトヨタ部品熊本共販へ。(名前も覚えられたようで ^^; )


86994-24010 トールコレクションアンテナワイヤ 税別1,200円 という、アンテナ延長ケーブルも気になるので、これも注文しました。

(注文したもの一覧)
86990-75010 トール コレクション (ETC ) アンテナ ASSY 税別 1,100円
86990-28030 トール コレクション (ETC ) アンテナ ASSY 税別 2,800円

86994-28010 トールコレクションアンテナワイヤ 税別1,200円 ※長さ 約70cm
86994-24010 トールコレクションアンテナワイヤ 税別1,200円 ※長さ 約125cm

さすがに熊本在庫はなく、メーカー在庫あり。ただ1番目のアンテナは受注生産とのことで、納期が12月中旬になるとのこと。

納車作業より早ければいいのですが、とにかく必要なので、すべて注文してきました。

税別 1,100円 の SAI などに設定があるこのアンテナ…。今回の ETC アンテナ問題の救世主となるのか?納品までに時間がかかりますが、できるだけスマートに仕上げたいので待ってみたいと思います。


---
(おまけ)
オーリスのラインオフに合わせてみんカラ PC 版のタイトル写真を変更しました。ついにベールを脱いだ!…みたいなイメージにしてみました。次回は、クルマが納車されたら赤いオーリスが姿を現します。
2016年11月22日 イイね!
安物買いの…こんばんは。

いまか、いまかと納車を待っている間、カタログを見たところ、今時のクルマですから、ETCの設置場所が運転席側インパネの下あたりあることに気がつきました。

いわゆるビルドイン方式で、いかにも最初から付いているかのような形にセットできる、ディーラーオプション ( 以下DOP ) の ETC 用なのですが、私は WISH のお下がりの ETC を取り付ける予定なので、ここは小物入れのままにしておいて、別の所に装着しようと考えていたのですが、ふと社外品に一般的なセパレートタイプの ETC をここに取り付けるための金具があることを思い出しました。

オーリスは YAC のVP-46 が対応しているようです。

「そういえば、ディーラーの営業さんとは、このことは相談していなかったな~。こちらから準備して持ち込むか。」と当初は考えていたのです。


ここで、思考を終了すればいいものを…。

ETC 以外のいろいろをオークションで、調べていたところふと、そのことを思い出して、ETC の中古っていくらぐらいなのだろう…と調べたところ!


えっ、1,000円!?台座を買うよりも安い!

と、思ってしまったのです。

そもそも、これが間違いだった…。

オークションの ETC は、 車体に最初から付いてくる標準品、もしくはメーカーオプション (以下 MOP ) 品で、アンテナが付属していません。

そして、MOP の ETC は、アンテナがインパネの中に設置するタイプなので、目立たないのはいいのですが、ほぼ車種専用になっており、普通は装着できません。そして、そのアンテナは¥高い。

でも、トヨタのMOP ETC はほとんどがデンソー製。

WISH の DOP は同じくデンソー製なので、アンテナはたぶんそのままはまるだろう…と思って、

『落札!』

まだ、今日の時点では届いていませんが、今週中には届くでしょう。

これだと、台座よりも安くてしかもビルドインですっきり設置!やったね!2度おいしい!

…なーんて、思っていたんです。

そしたら、すっかり忘れてた。電源とナビ連動のケーブルの存在。普通最初にチェックするでしょ?って周囲からは突っ込まれそう。

これも WISH の時のナビ連動ケーブルが利用できるだろう…と思っていたら、

「あ、ピン数が違う。」

DOP 用は5 ピン。

落札した MOP は8 ピン。

これは困った!

ところが、なんかの拍子に情報を発見! さすがみんカラの諸先輩方は腕が違う。

MOP の ETC を DOP のナビに取り付けるケーブルを掲載していらっしゃるではあ~りませんか!

品番:86982-28010 トールコレクションワイヤ 税別 200円
品番:86982-28020 トールコレクション SUB ワイヤー No.1 税別 300円
※どちらも イプサム (ACM2#)、ナディア (ACN10,SXN15)、ガイア (ACM1,CXM10,SXM15)、ノア / VOXY (AZR6#)、エスティマ T/L/HV (ACR30/40,MCR30/40,AHR10) に使用されているケーブル (ハーネス)

どうも、二つで一つになるケーブルのようでして、ざっくりいうと、一つ目が、MOP ETC の8ピンと、旧 AVC-LAN の端子 12 ピン (オス端子) と他の旧 AVC-LAN に繋がる装置のケーブルを差し込むメスの端子があるようです。

そこに、二つ目の端子で、旧 AVC-LAN の端子を新 AVC-LAN 端子に変換する模様。


変換したそれを、この端子に差し込む…。(写真は WISH のステアリングスイッチの整備手帳から。)

ちなみに、みんカラ ryuha さん整備手帳にあるナビオプション接続図では、この 12 ピンに、

ETC 車載器 - ナビ連動ブラック・ボイスタイプ (08686-00L40)
8型後席ディスプレイ V8T-R57 (08545-00M40)
・モバイル放送チューナー「モバHO!」の外部チューナー (DOP) ※現在は放送サービス終了

などを数珠つなぎで接続することが書いてあります。うちの場合は、ナビ⇔ETC⇔8型モニター⇔(空き) …と、なっていたわけですね。(それが、WISH のステアリングスイッチの整備手帳で端子が空いていた理由だったようです。あ、あとつなぎ順は ETC と、ディスプレイは逆かもしれません。)

既存の DOP ナビとの接続ケーブルをこの2つのケーブルと置き換えることで、MOP ETC を装着しよう!ということですね。

予定外の出費だけど、このくらいならすっきり収まるから許せる! (写真を見る限り、ケーブルがいっぱい付いているのに、なんて激安なんだ。)

いやぁ、ありがたい!と昨日、仕事帰りに勇んでトヨタ部品熊本共販へ。

美人なおねーさんに、お願いしたところ…

おねーさん: 『1つめは生産中止です。』
※ブログの最後に、代替品になるかもしれない品番の補足情報があります。

SQ: (ええっ!そんな~。)…と、心の中でつぶやく。

SQ: 『そうですか、では、代わりになりそうなものはありますか?』

美人なおねーさん: 『代替には表示されてないので、ないですね~。』

…。落札した ETC 家に届くんですけど…。トホホ~。

SQ:じゃあ、また調べてきます。

…といっていったん外に出ましたが、他方は在庫があるとのこと。そちらは取り寄せできる訳でして、途中から引き返し、注文してきました。は、恥ずかしい。

自宅に帰り落ち着いたところで、ネットやら、手元資料やらで調査開始。

あの手この手で探すものの代替はなさそう…。

それどころか、先ほどのケーブルが生産中止だったと書いてあるみんカラ記事を発見。

ああっ、買いに行く前にこの記事を見ておけば…。

うーん、困った。最悪、自分でケーブルを作るか。と考え始める。


今回、12ピン側は先ほど注文した、86982-28020 トールコレクション SUB ワイヤー No.1 のケーブルを切断することで、対応できそうです。

ただ、そうなると数珠つなぎはできなくなるので、先に8型モニターを接続してもらうことになります。

ま、購入できなかったケーブルが仮に購入でき接続できても、つないだ後はケーブルの端子が違うので結局数珠つなぎにできなくなるのですが。

あとは、電線を半田かなにかでつないで延長し、8ピンにつなぐ…。

結線もみんカラ内で情報ゲット! 8ピンのうち、使用されているのは5ピンだけで、それ以外は接続不用のようです。

同じ結線しか使用していない…。だったら、DOP の端子と一緒にして欲しいです。将来の拡張用なのでしょうね。

信号やら配線がわかったところで、次はブツの調達。

8ピンの端子の品番と、リペアワイヤーを手持ちの品番で調査。

調査の末、品番は

・90980-12558 8ピンコネクタ 税別 340円
・82998-12870 (または 82998-12860 ※端子が金メッキ ) リペアワイヤー 160mm 税別 各560円 ×5本以上

で、いいようです。

あと、86982-28020 トールコレクション SUB ワイヤー No.1 を切断せずに、直接作る方法も考え、かなり調べてみましたが、ナビ側の12ピン端子の品番を見つけ出すことができませんでした。ご存じの方は、コメントをいただけると助かります。

【2016/11/23 20:03追記】
品番 90980-12183 (025 タイプ 12ピン) が該当するようです。

---
あと、このままだと、数珠つなぎができませんが、数珠つなぎをどうしてもしたい!、する必要がある!…という場合は、¥高いですがこのケーブルを流用してみてください。

工場装着ETC用ナビ連動キット ACCESSORY SET, TOLL 08687-00400 税別 3,000円

これは、名前の通りですが、工場装着ETC用をナビと連動させるケーブルです。これだと行けそうな気がしますが、これもそのままではダメ。

ざっくりはなすと、このケーブルには、DOP ナビの 12 ピンにアサインされている、ナビから出力される電源関係の配線が ETC 用にはなく、車体から出ている既存のMOP ETC 用ケーブルに通信線だけをエレクトロタップで取り出す方法になっています。ETC の電源は、車体の既存のケーブルから供給されるわけですね。で、信号線だけ、ナビ裏に流れてきているが、端子が異なるから、車体側のケーブルは接続されていない…。 その配線の代わりにキット側ケーブルが割り込んでパイパスする訳です。

この割り込む ETC 信号に加えて、電源関係ケーブルを 8ピン端子に入れてあげたら、接続するだけのハーネスができあがりです。
---

閑話休題。

リペアワイヤー 560円を5本もそろえると結構なお値段になります。そこで、私は、昨日、今回初めて配線のネット販売、配線コムを利用し、適用していると思われるケーブルを購入しました。

約半額で同じような電線が購入できました。

ということで、自作するケーブルは材料がそろうのを待つばかり。

他にも必要だと思われるものは、今日、ホームセンター・ハンズマンでひととおりそろえてきたつもりです。

納車も間近になってきました。しかし、月初に予定があり、忙しいので ETC 装着までに配線が間に合うのか…。気になるところです。

きがつけば、台座、1,500円程度ですんだものが、総額 4,000 円ぐらいに膨れ上がってます。
これで、ETC アンテナが再利用できなかったら…。完全に勉強代ですね。

安物買いのなんとやら。 でも、「乗り掛かった船」です。最後までやってみます。


--- (補足情報1) 代替のワイヤーハーネス

実は、製造中止の 86982-28010 トールコレクションワイヤ 税別 200円の代替品になるのではないか?と思った品番を見つけましたので、2016/11/22 に注文してみました。

【2016/11/27 23:43 追記】
86982-28011 は、86982-28010 とは異なる部品でした。具体的には ETC 側が黒い12 ピンになってます。品番 90980-12183 (025 タイプ 12ピン) です。 配線は5本。端子を付け替えれば使えそうですが、本文の趣旨とは異なりますので、抹消線を追加しました。

86982-28011 トールコレクションワイヤ 税別 200円

86982-28010 と同じでイプサム (ACM2#)、ナディア (ACN10,SXN15)、ガイア (ACM1,CXM10,SXM15)、ノア / VOXY (AZR6#)、エスティマ T/L/HV (ACR30//40,MCR30/40,AHR10) に使用されているケーブル (ハーネス)

または


---

86982-28030 トールコレクションワイヤ 税別 200円

86982-28010 に使用されている車種に加えて、ハイラックスサーフ (KDN215,RZN21#,TRN21#,VZN21#,GRN215) に使用されているケーブルです。

上記2アイテムは、使用されているクルマが同じであるため,実質全く同じモノの可能性が高いです。

ただ、受注生産品でしたので、どちらも12月中頃まで納期がかかり、オーリスの納車には間に合わなさそうです。(実物の資料?として、注文はしました。)

--- (補足情報2) MOP のETC 一覧。 ※すべてではありません。
わかる範囲で、MOP ETC の型番を調べてみました。一部の ETC は端子が四角の8ピンになっており、こちらが新しい形状のようです。その場合、文中で紹介した 90980-12558 8ピンコネクタは使用できませんので、ご注意ください。端子形状が記載されていないものは未調査 (端子形状不明) です。

下記の ETC が搭載されている車種の『ETC未登載車』には、 YAC VP-46 が対応できそうです。

【ETC 本体のネジ止め部分が手前にあるタイプ】


・86970-B1010
BB (QNC2#)、パッソセッテ (ブーンルミナス)

・86980-22010 (デンソー製 横型8ピン)
オーリス (NZE15#)、ヴィッツ (KSP90,NCP9#,SCP90)、イスト(ZSP110,NCP11#),ベルタ (KSP92NCP96,SCP92)、ラクティス (NCP10#,SCP100)、アイシス (ZGM1#)、マークX (GRX121)、IS250/350/IS F(GSE2#,USE20)、GS460/430/350/450H (GRS19#,URS19#,GWS191)、ランドクルーザー (URJ200)

・86980-28030 (デンソー製 横型8ピン)
カローラルミオン (NZE151,ZRE15#)、WISH (ZGE#)、IS150C / 350C (GES20)、アリオン/プレミオ (NZT260,ZRT26#)、クラウン/マジェスタ (GRS20#,GWS204,URS206,UZS207)、ノア/VOXY (ZRR7#)、マークX Zio (ANA1#,GGA10)、RX270/350/450H (GGL1#,GYL1#)、アルファード/ヴェルファイア(ANH2#,GGH2#)、エスティマ/HV (ACR5#,GSR5#AHR20)、ランドクルーザー (URJ202)

・86980-30051 (86980-30050) (デンソー製 横型8ピン)
オーリス (NZE15#,ZRE15#)、WISH (ANE1#、ZNE1#)、ラクティス (NCP10#,SCP100)、ベルタ (KSP92,NCP96,SCP92)、IS250/350/IS F(GSE2#,USE20)、GS460/430/350/450H (GRS19#,URS19#,GWS191)、エスティマ/HV (ACR5#,GSR5#,AHR20)

・86980-48010 (デンソー製 横型8ピン) ※ETC カードの有効期限通知があるモデルと思われます。
カローラルミオン (NZE151,ZRE15#)、アリオン/プレミオ (NZT260,ZRT26#)、ブレイド (AZE15#,GRE156)、ノア/VOXY (ZRR7# ※途中から)、マークX (GRX13#)、マークX Zio (ANA1,GGA10 ※途中から)、クラウン/マジェスタ (GRS200#,URS206,URS207)、GS460/430/350/450H (GRS19#,URS19#,GWS191)、LS460/460L/600H / 600HL (USF4#,UVF4#)、IS250/350/IS F(GSE2#,USE20)、RX270/350/450H (AGL10,GGL1#,GYL1#)、アイシス (ZGM1# ※途中から)、アルファード / ヴェルファイア (NH2#,GGH2# ※途中から)、ランドクルーザー (URJ202)

・86980-50040 (デンソー製 横型8ピン)
ノア/VOXY (ZRR7#)、エスティマ/HV (ACR5#,GSR5#,AHR20)、LS460/460L/600H / 600HL (USF4#,UVF4#)

・86980-75020
ハリアー (ZSU6#W,AVU65W)

【ネジ止め部分が奥まっている( ETC 本体の中央) にあるタイプ】

下記の ETC が搭載されている車種の『ETC未登載車』には、 YAC VP-50 が対応できそうです。

・86980-30080 (デンソー製 四角型8ピン (4ピン2列) )
ノア/VOXY (ZRR8#)

・86980-53010
CT200H (ZWA10)、HS250H (ANF10)、IS2###/3### (AVE30,GSE3#)、RC350/300H/200T/RC F (AVC10,GSC10,ASC10,USC10)、GS250/3###/450H (AWL10,GRL1#,GWL10,AGZ1#)、NX200T,300H (AGZ1#,AYZ1#)ランドクルーザー プラド (GRJ15#TRJ150)

・86980-76010 (デンソー製 横型8ピン)
プリウス/PHV (ZVW3# ※共に前期のみ)、プリウスα (ZVW4#)、CT200H (ZWA10)、SAI (AZK10)、HS250H (ANF10)、LFA (LFA10)、ランドクルーザー プラド (GRJ15#,TRJ150)

・86980-75020
カムリハイブリッド (AVV50) ※ハリアーとも同じ品番なのですが?なんでだろう。もしかしたら ETCは同じだけども位置決めをする金具などが違うために接続場所が異なるのかもしれませんね。

(おまけ)
・93568-55014 ネジ 税別 60円※ETC / カード入れを取り付ける際2つ必要です。

・55548-52030-XX インストルメントパネルホールカバー (=カードホルダー?) 税別 560円
YAC VP-46 が使用できると思われる車種にはこのパーツが付いています。また、他車にカードホルダーを取り付けたい場合もこの情報は使えるかも知れません。

-XX の部分は色によって違うのですが…

A0…シェル
A1…フラクセン
B0 …ダークグレイ
B1 …グレイ
B2 …ミディアムグレイ
C0…ブラック
E0…グレージュ
E1 …アッシュブラウン
E2…ダークブラウン
J0…ダークブルー

です。

(設定車種)
A0…マークX (GRX13#)、アルファード/ヴェルファイア/HV (GGH2#,ANH2#,ATH20,GGH2#)、ランドクルーザー (URJ202,UZJ200)

A1…ランドクルーザー (URJ202)


B0…ヴィッツ (KSP90,NSP9#,SCP90)、ラクティス(NCP105,SCP100)、イスト (NCP11#,ZSP110)、カローラルミオン (NZE151,ZRE15#)、WISH (ZGE2#),ブレイド (AZE15#,GRE156)、ハイエース/レジアスエース (TRH2##,KDH20#,KDH211,KDH22#)、アルファード/ヴェルファイア/HV (GGH2#,ANH2#,ATH20,GGH2#)、ランドクルーザー (URJ202)

B1…エスティマ (ACR5#,GSR5#)

B2…エスティマ (ACR5#,GSR5#)

C0…ヴィッツ (NCP13#KSP13#,NSP13#)、ハリアー/HV (AVU65,ZSU6#)、ノア/VOXY (ZRR7#)、エスティマ/HV (ACR5#,GSR5#,AHR20)、ランドクルーザー (URJ202,UZJ200)

E0…パッソセッテ(M5#2)、ベルタ (KSP92NCP96,SCP92)、エスティマ (ACR5#,GSR5#)

E1…ヴィッツ (KSP90,NSP9#,SCP90)、マークX (GRX13#)

E2…ランドクルーザー (UZJ200)

J0…ブレイド (AZE15#,GRE156)


---
・55548-47020-XX インストルメントパネルホールカバー (=カードホルダー?) 税別 960円
YAC VP-50 が使用できると思われる車種にはこのパーツが付いています。また、他車にカードホルダーを取り付けたい場合もこの情報は使えるかも知れません。

-XX の部分は色によって違うのですが…

B0 …ダークグレイ
C0…ブラック
E0…グレージュ
E1 …アッシュブラウン
G0…アクア ※色の名前です。車名ではないので注意。

です。

(設定車種)
B0…プリウス (ZVW30)、プリウスα (ZVW4#)

C0…プリウス / PHV (ZVW30)、プリウスα (ZVW4#)、カムリハイブリッド ARS210AWS21#,GRS21#)、LFA (LFA10)、ノア/VOXY/エスクァイア (ZRR8#)、アルファード / ヴェルファイア /HV (AGH3#,AYH30,GGH3#)、ランドクルーザー プラド (GDJ15#,TRJ150)

E0…ランドクルーザー プラド (GDJ15#,TRJ150)

E1…プリウス (ZVW30)、プリウスα (ZVW4#)

G0…プリウス / PHV (ZVW3#)、プリウスα (ZVW4#)


--- (補足情報3) DOP ETC 向けの補修用 ETC アンテナ一覧。 ※すべてではありません。これ以外の品番もあるかも知れません。ネットで検索していたら出てきました。最悪、WISH のお下がりのアンテナが合わないときは、どちらか、またはその両方を買って試す必要が出てくるかもしれません。

08688-00070 ETC アンテナ (グリーンLED付き) (デンソー品番:220080-0050 対応機種:その他多数)
08688-00090 ETC アンテナ (デンソー品番:未調査)

どちらも税別 1,600円


---
※品番の商品についてより詳しく調べたい方は、みんカラ内を品番で検索されると、より詳しい情報が得られる場合があります。

金額、設定車種、適用等は、2016年7月現在の情報です。価格は税別です。購入時は必ず、ディーラー、部品共販、部品商などにお問い合わせの上購入をお願いします。

作業をされる場合は、あくまで自己責任でお願いします。調査内容も完璧を保証するものではありません。

【2016/11/23 20:12 追記】
一部、情報の追加を行い、合わせて見やすさ (読みやすさ) のために変更しました。
2016年11月20日 イイね!
調査報告と考察 (車両形式記号編) こんにちは。

今日、二つ目のブログです。

オーリス購入が決まってからというものの「あーでもない、こうでもない。」…といろいろと調べることに今どっぷり浸かっています。

幸せな時間ですね~♪

さて、ブログタイトル『調査報告と考察』シリーズの最後を飾るのは、

『車両型式』

…です!

以前、WISH の時にも車両型式についてブログを書きました。( WISH の車両型式についてはこちら)

なので、詳しい話はそちらを読んでいただくとして、オーリスの場合はこうだよ!…というのだけ、記載してみようと思います。 (WISH のブログで詳しく書いたので、こちらではかなり内容を軽くしています。)

早速ですが、私の契約したオーリスの型式は、


DBA-NRE185H-BHXNZ-T


です。資料によっては最後の -T が (T) になっている事もあります。

ちなみに、今年2016年4月からハイブリッドグレード2種 / 120T “RS パッケージ”が追加され、ブレイドから乗り換えられる顧客を見据えてか、ネッツ店だけではなくトヨペット店でも扱う車種となりました。

おかげさまで (?)、ネッツ店のエンブレムではなくなり、通常のトヨタ CI エンブレムになりました。エンブレムの変更をしなくていいので大変助かります。

ちなみに、エンブレムについて調べていますので、興味のある方はこのブログの終わりの方をご覧ください。

閑話休題。話を戻して、

トヨペット店で扱えるようになりましたが、トヨペット店用の車両型式記号があるようです。

トヨペット店用の120T “RS パッケージ”の型式記号は

DBA-NRE185H-BHXNZ-R


です。この内容で話を進めてゆきます。

ちなみに、この型式記号を含めて、現時点でわかっているすべての車両型式記号を終わりの方で記載しておきます。


オーリスの場合、

DBA-NRE185H-BHXNZ -T と色で分けて分解してみました。
※ケータイで見ていらっしゃる方は文字の色はたぶんありません。すみません。

まず最初の、DBA…は、

排出ガス規制適合表示記号で、DBA : 平成 17 年基準排出ガス 75% 低減レベル適合車を表します。これは、トヨタ以外でも日本の車であればこれです。ハイブリッド車はDAA-から始まっている場合がほとんどです。

NRE185H…が車種シリーズ表示記号です。

よく見かけるのは、社外品を取り付ける際に適応しているかどうか、この型式で適応表に記載されていたりします。

オーリスの場合、E18系とか、180系とか書かれていることもあります。

NZE181H : 1NZ-FE エンジン搭載車(2WD)
NZE184H : 1NZ-FE エンジン搭載車(4WD)
ZRE185H : 8NR-FTS エンジン搭載車(2WD)
ZRE186H : 2ZR-FAE エンジン搭載車(2WD)
ZWE186H : 2ZR-FXE エンジン搭載車(2WD)

次のB…は、車種表示記号です。

B : オーリス


ちなみに、北米版のSCION iM は型式記号が ZRE186L-AHXNPA でした。

A はカローラか SCION iM を表示する記号なのでしょう。

H…は、ボディー形状表示記号で5ドアです。

X…は、変速機(トランスミッション)表示記号です。

X…無断自動フロアシフト。いわゆる CVT。
F…6速手動フロアシフト。いわゆる MT。

N…はグレード表示記号

N : 150X (1NZ-FEエンジン)、180S (2ZR-FAEエンジン、無段自動フロアシフト)、RS (2ZR-FAEエンジン、6速手動フロアシフト)、120T (2NR-FTSエンジン)

ここはよくわからないのですが、ほぼ全部ですね。ハイブリッドも同じようです。

Z…は、原動機 (エンジン) 仕様表示記号

K : DOHC、EFI(1NZ-FE)
Z: DOHC、EFI、D-4、ターボチャージャー付き(8NR-FTS)
P : DOHC、EFI(2ZR-FAE)

最後の -T または (T) …は、トヨタ社内設定形式表示記号です。

P : パッケージなし (トヨペット店)
Q :“Sパッケージ” (トヨペット店)
S :“Sパッケージ” (ネッツ店)
F :“Cパッケージ” (トヨペット店)
C :“Cパッケージ” (ネッツ店)
R :“RSパッケージ” (トヨペット店)
T :“RSパッケージ” (ネッツ店)

となっています。

型番って、ちゃんと意味があるんですね。同じオーリスに乗られている方のお役に立てば幸いです。


【関連ブログ】
素人 SQUARE が語る、車両型式の話。 - 2012年01月19日
http://minkara.carview.co.jp/userid/381088/blog/25197673/

--- 付録
2代目オーリスの車両形式記号(国内)一覧
※2016/11月現在でわかる範囲

(後期)
HYBRID “G Package” DBA-ZWE186H-BHXNB-V
HYBRID DBA-ZWE186H-BHXNB
120T “RS パッケージ” DBA-NRE185H-BHXNZ-T
120T DBA-NRE185H-BHXNZ
RS DBA-ZRE186H-BHFNP
180S DBA-ZRE186H-BHXNP
150X “S Package” DBA-NZE181H-BHXNK-S
150X DBA-NZE181H-BHXNK
150X “C Package” DBA-NZE181H-BHXNK-C
150X “S Package” 4WD DBA-NZE184H-BHXNK-S
150X 4WD DBA-NZE184H-BHXNK
150X “C Package” 4WD DBA-NZE184H-BHXNK-C

・TRD 特装車 Brick Lane (ブリックレーン)
HYBRID “G Package” DBA-ZWE186H-VPNYNV
HYBRID DBA-ZWE186H-VPNYN
120T DBA-NRE185H-VPNYN
180S DBA-ZRE186H-VPNYN
150X “S Package” DBA-NZE181H-VPNYNS
150X “S Package” 4WD DBA-NZE184H-VPNYNS

※トヨペット型式 (後期の 2016/04~ のみ)
HYBRID “G Package” (トヨペット型式 不明)
HYBRID (トヨペット型式 不明)
120T “RS パッケージ” DBA-NRE185H-BHXNZ-R
120T DBA-NRE185H-BHXNZ-P
RS DBA-ZRE186H-BHFNP-P
180S DBA-ZRE186H-BHXNP
150X DBA-NZE181H-BHXNK-Q
150X DBA-NZE181H-BHXNK-P
150X “C Package” DBA-NZE181H-BHXNK-F
150X “S Package” DBA-NZE184H-BHXNK-Q
150X 4WD DBA-NZE184H-BHXNK-P
150X “C Package” 4WD DBA-NZE184H-BHXNK-F

※トヨペット型式での TRD 特装車 Brick Lane (ブリックレーン) の型式記号は不明。(未調査)

(前期)
RS “S Package” DBA-ZRE186H-BHFNP-S
RS DBA-ZRE186H-BHFNP
180G “S Package” DBA-ZRE186H-BHXNP-S
180G DBA-ZRE186H-BHXNP
150X “S Package” DBA-NZE181H-BHXNK-S
150X “S Package” 4WD DBA-NZE184H-BHXNK-S
150X DBA-NZE181H-BHXNK
150X 4WD DBA-NZE184H-BHXNK
150X “C Package” DBA-NZE181H-BHXNK-C
150X “C Package” 4WD DBA-NZE184H-BHXNK-C
特別仕様車 150X “ブラキッシュラウンジ” DBA-NZE181H-BHXNK-L (時期:2014/05-2015/03)
特別仕様車 150X “ブラキッシュラウンジ” 4WD DBA-NZE184H-BHXNK-L (時期:2014/05-2015/03)

フロントエンブレムについて

後期は2015年4月から始まって、途中で、トヨペット扱いができるようになった関係から、後期の方はネッツ店エンブレムからトヨタ CI エンブレムの流用が可能かと思われます。逆もしかりで、現行車種からネッツ店用のエンブレムにしたい方も (もしかしたら) いらっしゃるかもしれませんので、エンブレムの品番を記載しておきます。ついでなので、今年で終わった北米の若者向けトヨタブランド『サイオン』のエンブレムも国内で買えるようなので、そちらも記載しておきます。

【フロント】
○(ハイブリッド車)
・(TOYOTA) 75301-12530 ラジエーターグリル (フロントパネル) エンブレム 税別 2,800円

○(後期)
・(TOYOTA) 75301-12500 ラジエーターグリル (フロントパネル) エンブレム 税別 2,800円
・(Netz) 75301-12510 ラジエーターグリル (フロントパネル) エンブレム 税別 2,570円
・(SCION) 75301-12520 ラジエーターグリル (フロントパネル) エンブレム 税別 2,960円

○(前期)
・(Netz) 75301-12480 ラジエーターグリル (フロントパネル) エンブレム 税別 2,960円

※後期用の前期流用可否は現時点で調査していません。最悪の場合、欧州、オセアニア用のエンブレムをヤフオクや輸入や輸入販売をやっている業者さんを探すことになります。ただ、仕向地がオセアニア分はおそらく日本で作っていたと思われますので、品番がわかれば日本で買える可能性があります。

【リア】
○ガソリン車
・(TOYOTA) 90975-02072 シンボルエンブレム 税別 1,830円 (時期:2012/08-2013/02)
・(TOYOTA) 90975-02064 シンボルエンブレム 税別 1,830円 (時期:2013/03-2015/03)
・(TOYOTA) 90975-02069 シンボルエンブレム 税別 2,190円 (時期:2015/03-) ※後期
・(SCION) 75441-12A90 シンボルエンブレム 税別\1,930円

○ハイブリッド車
・(TOYOTA) 75403-12060 シンボルエンブレム 税別 1,960円 (時期:2015/03-) ※後期
Posted at 2016/11/20 17:36:41 | コメント(1) | トラックバック(0) | SQUARE が語る… | 日記
2016年11月20日 イイね!
調査報告と考察 (異郷の空を感じるためには…編)こんにちは。

オーリス購入が決まってからというものの「あーでもない、こうでもない。」…といろいろと調べることに今どっぷり浸かっています。

幸せな時間ですね~♪

みんカラの中には、先人のチャレンジャースピリッツで、完成された数々の整備手帳やら、パーツレビューがあります。

自分もわかる範囲で、いろいろと情報を提供したい!と思い記載しておきます。

このブログの目的は、もともと私の為の記録なのですが、私もいろいろと調べた内容をお返しすることができないかと思い、ここに記します。

皆様のお役に立てると幸いです。

---
今回は、異郷の空を感じるためには…編です。

このブログでは、海外のオーリスに注目して、カスタマイズに思いを馳せよう…というページにしたいと思います。このブログのタイトルにもなってますし…。(→なぜそのようなタイトルにしたのかは、こちらのブログへどうぞ。)

【海外のオーリスと比較する】

(60秒)


(30秒)
車に詳しい方は、ご存じだと思いますが、オーリスの販売上での主戦場は海外。特に欧州がメインのスポーツハッチバックです。

日本での CM のキャッチコピーも『トヨタが生んだ欧州車』とうたうぐらい、欧州を意識した性能になっています。

また、その他の国と地域でも販売されているのですが、オーストラリアニュージーランドのオセアニア地域では、カローラ ハッチ、アメリカカナダなど北米では、カローラ iM (今年の10月25日までは アメリカの若者をターゲットとした トヨタのブランド『SCION (サイオン) 』から SCION iM ) として販売されていました。

また、資料がないのでわからないのですが、おそらく欧州分は現地の工場で、それ以外の地域は日本で作られて輸出されていると思われます。(北米に関してはちょっと資料となるものが見つかりましたので間違いなさそうです。)

海外の情報を集めるのはなかなか大変なので、すべてを網羅することはできませんが、現時点で気がついたことだけ記載しておきます。

ちなみに、このページでは、日本仕様を欧州仕様にとか、USDM とか、他の国の仕様に近づけるためにみんなで語ろうという感じのページです。ですので、欧州にはディーゼルエンジン仕様があるとか、ワゴンタイプがあるとか (ワゴンからの部品流用とかもありそうですが)、カスタマイズに直接関係がなさそうな話題は私の方からはまたの機会に…割愛させていただきたいと思います。(逆にコメントでいろいろと書き込んでいただくのはOKです。じゃんじゃんお願いします。ブログ本文が長くなりすぎる、調査に時間がかかるので今日の所はご勘弁ください、と言う趣旨です。)

みなさんからいろいろとコメントいただけたりすると、また新たな発見があるかもしれませんね。

まずは、主戦場の欧州から見てみましょう。

●欧州仕様 ---



TMUK AURIS CM (40秒)


TMUK AURIS CM (40秒)

欧州と一口にいってもたくさんの国があります。ここでは、アベンシスを作っているTMUK…トヨタ モーター マニュファクチャリング (UK) がある、イギリスのページの画像を出典として見ることにします。

(グレードと外装)
エンジンは、

1.2 ダウンサイジングターボ
1.33 ガソリン ※6MTのみ
1.4 ディーゼル ターボ ※6MTのみ
1.6 ディーゼル ターボ ※6MTのみ
1.8 ハイブリッド ※ATのみ

グレードは、


・Active (1.33 MT,HV)
・Icon (1.2TB+MT/AT,1.6D TB+MT,HV)
・Business Edition (1.2TB+MT/AT,1.4D,1.6D TB,HV)
・Design (1.2TB+MT/AT,1.6D TB,HV)
・Excel (1.2TB+MT/AT,1.6D TB,HV)

の5つで、日本仕様のようにフロントグリルがメッキになっているのは、Excel だけのようです。

サスペンション仕様はわかりませんでした。 (たぶんダブルウィッシュボーンが多いと思われますが、どのグレードに設定されてるのかは不明です。)


(1.2 TB+AT グレード:Design)

(内装)

(6MT)


(HV + CVT)
まず、当たり前ですがハンドルが左ハンドルですよね~。

海外では、CVT は嫌われるようですので、欧州仕様にはないのかな? オートマチック とマニュアルの記載はあります。

でも、車内はそんなに日本仕様と変わらないようです。

あえて言うと、日本仕様の方が豪華かも。あの、HYBRID “G パッケージ”の白いシートと黒い天井などは、たぶん日本にしかない仕様だと思いますし、120T の木目パネルも海外仕様にはなさそうです。

室内から海外の風を感じるのならば、日本語を極力排除して、他車流用の英語とかフランス語とかのコーションラベルを使用するほかないかもしれません。

(外装)
まず、探してみたのですが、欧州仕様には、日本で言う RS のエアロタイプの外観が設定されていないようなのです。

ガ~ン。

この時点で 『欧州仕様と同じようにすることはできないんだな~。』と。

でも、私の住んでいるところでは、そもそもオーリス自体があんまり走っていないので、そんなこともわからないでしょうし、国籍不明でもいいじゃないですか~、かっこよければ。 (^_^)v 結局は自己満ですよね。自己満ばんざ~い!

外板色は、

ごらんの前11色。全体的に見て、ブルー系が多いです。

(オプション・アクセサリー)

ざっくりいうと、「お出かけしよう!(仕様)」 のアイテムが多い感じがします。サイクルキャリアとか、ルーフキャリアとか…。流用したいな~と思えるモノが少ない印象です。


外装用も、いまいち。

ただ、文化の違いもありますが、サイドバイザーがフロントだけの設定があるのには“?”でした。

ところで,海外の CM ってユーモア満載ですね。


Toyota Safety Sense: Pre-Collision System (30秒)


Toyota Safety Sense: Automatic High Beam (35秒)


Toyota Safety Sense: Lane Departure Alert (30秒)

●オセアニア仕様 ---
次はオセアニア仕様についてです。

ざっくりいうと、オーストラリア仕様と、ニュージーランド仕様はしっかりと比べていませんが、ぱっと見はほぼ同じようです。また、右ハンドルですので、パーツの流用もしやすいと思いますし、それ以外の仕様もほぼ同じです。

(グレードと外装)
エンジンとグレードは、

○オーストラリア仕様


・Corolla Ascent Hatch / GX (1.8+6MT/7CVT,リア:トーションビーム)
・Corolla Ascent Sport Hatch (1.8+6MT/7CVT,リア:トーションビーム)
・Corolla SX Hatch (1.8+6MT/7CVT,リア:トーションビーム,外装:エアロタイプ)
・Corolla Hybrid Hatch (1.8 ハイブリッド+AT,リア:ダブルウィッシュボーン)
・Corolla ZR Hatch (1.8+7CVT,リア:トーションビーム,外装:エアロタイプ)

○ニュージーランド仕様

・GX (1.8+6MT/7CVT,リア:トーションビーム)
・GXR GX をベースとした特別仕様車。 (外装、ホイール+タイヤ、専用マット、皮ステアリング+シフトノブ) ※リンク先は PDF ファイル
・GLX (1.8 7CVT,リア:トーションビーム)
・LEVIN SX (1.8+7CVT,リア:トーションビーム,外装:エアロタイプ)
・LEVIN ZX (1.8+7CVT,リア:トーションビーム,外装:エアロタイプ)
・Hybrid (1.8 ハイブリッド+AT,リア:ダブルウィッシュボーン)

です。(ニュージーランド仕様はPDFのカタログがあります。)

ニュージーランドでは、最近中国でも使用され始めているレビンのブランド名が冠してあります。そして、リアサスがなんとハイブリッド以外トーションビームだったのにはびっくり!

あと、パノラマルーフはニューランド仕様だけ名称が Skyview です。


日本のエアロ仕様よりも豪華なのは、どちらの国も ZR だけに、ポップアップヘッドライトウオッシャーが付いていまして、


ドアベルトモールディング (窓ガラスのふち) も日本のエアロ仕様とはちがい、メッキ仕様 (=日本のエアロ仕様以外と同じ) になってます。 (LEVIN SX は日本のエアロ仕様と同じですね。)


また、バックドア右下に ZR エンブレムが付いています。 (想像していたよりも、意外に小さい…。)


(2016/11/20 22:58追記)

そして、反対側のバックドア左側にはCOROLLA のネームプレート (エンブレム) が付いています。カローラ仕様にするのも楽しいかな~、なーんて思っていた時期もありました。
-

ということで、個人的には、ZR Hatch / LEVIN ZR に注目しています。

ちなみにポップアップの部分をダミーでも付けたい方は、みんカラ内でも情報が多いと思われる、先代の3代目プリウス用が流用しやすいです。 ※要加工

プリウス / PHV (ZVW3#) 右側 左側は85353-…が85354-…に変わります。 税別 430円
85353-47020-A1 ホワイトパールクリスタルシャイン <070>
85353-47020-B0 シルバーメタリック <1F7>
85353-47020-D0 レッドマイカメタリック <3R3>
85353-47020-J4 ブルーメタリック <8T7> ※ブルーメタリック <8X7> の近似色
85353-47020-C0 ブラック <202> ※ブラックマイカ <209> の近似色
※その他の色は、どれかを買って要塗装。

SAI (AZK10) 右側 左側は85044-…が85045-…に変わります。 ※プリウス用は角が丸いですが、SAI 用はすこし角ばっています。 税別 1,110円
85044-75030-A0 ホワイトパールクリスタルシャイン <070>
85044-75030-D0 レッドマイカメタリック <3R3>
85044-75030-B0 シルバーメタリック <1F7>
85044-75030-C0 ブラック <202> ※ブラックマイカ <209> の近似色
※その他の色は、どれかを買って要塗装。

※価格は、2016年7月現在の価格です。購入される場合は,必ずディーラー、トヨタ部品共販、部品商などに確認を取られてください。

外板色は、日本とほぼ同じです。“ほぼ同じ”なのは、1色多くて Glacier White (日本のスーパーホワイトII <040>) の設定があります。
※カラーコードは日本と同じですが、色の名称が異なります。

日本では、オレンジが RS、120T “RS パッケージ” 専用色になっていますが、オーストラリア仕様ではエアログレード以外でも選ぶことができます。(ニュージーランドは日本と同じ。)

Glacier White <040>
Crystal Pearl <070> ※GX では選択不可
Silver Pearl <1F7>
Ink <209>
Wildfire <3R3>
Inferno <4R8> ※ ニュージーランド仕様のみ LEVIN SX & ZR 専用
Citrus <6W2>
Blue Gem <8X7>

(内装)

(オーストラリア仕様 ZR Hatch)


(オーストラリア仕様 ZR Hatch)


(ニュージーランド仕様 PDF カタログから)

オセアニア地域は日本と同じ右ハンドルなので、なんだか違和感が全然ないです。シートは、ほぼオセアニアオリジナル。

これにも“ほぼ”と付けたのは、真ん中のシート (SX Hatch / LEVIN SX) は日本の120T “RS パッケージ”と同じものと思われます。また、LEVIN ZR は、日本の RS と色が違うだけのように見えます。

(オプション・アクセサリー)


オセアニア仕様のオプションは、どちらかというと、欧州仕様から、日本仕様をすこし足した感じの雰囲気…かな~と。


ラック関係や、ヒッチメンバーなども載ってます。




オセアニアだけのホイールも2種類。


この2つは欧州仕様にもありました。日本のコーナーセンサーとは、ちょっと異なるようで、フロント、リア共に4つづつ、合計8個のセンサーを使って、駐車をアシストするのが目的のようです。


砂漠も、森林もあるお国柄、虫対策として、バグガード (ボンネットプロテクターと、ヘッドライトプロテクター) が別々に設定されています。

みんカラ内を見ると、ボンネットプロテクターを付けられておられる方がおられたので、気になる方は、メッセージやコメントで聞かれてもいいのかもしれませんね~。 (商品はここで購入されたようです。)

●北米仕様 ---

ぶっちゃけ、若さあふれるスタイルなのは北米仕様ですね。


それも、そのはず!…といいますか、もともと今年の10月25日で最後を迎えた北米の若者向けトヨタブランド、『SCION』 で販売されていた車です。


(こっちはタンドラかな?)


先日、公開されたアクア G's のCM にSCION iA ※ が写ります。アクアの後ろに止まってる車がそれです。(前にはカムリが。対向車線には、先代プリウス。 iA の後ろが…わかりません。基本トヨタの車しか映像には映っていないと思いますが…。)

話がそれているところに、またそらしますが、これって不思議な映像ですよね~。北米では、アクアはプリウスC の名前で、しかも、G's の展開は日本だけです。

映像では、SCION ブランドのエンブレムがちらっと映っています。(笑) 当たりまえですが、

※実はマツダ・デミオのセダン版らしいです。11月からは、ヤリス (日本名:ヴィッツ) iA…ヴィッツのセダン版がデミオって…。

北米版は、USAカナダで販売されてるようです。

MTが標準仕様で、CVT が選べます。

(グレードと外装)
エンジンは 1,800cc のみ。グレードは、モノグレードなので1つ。リアサスは、日本の RS と同じでダブルウィッシュボーンです。

北米仕様は欧州仕様とは逆で、エアロ仕様しかありません。色は、日本と同じです。フォグランプがオプションとなっていて、カバーが付いてます。

・CLASSIC SILVER METALLIC (シルバー)
・BLIZZARD PEARL (白)
・BLACK SAND PEARL (黒)
・ELECTRIC STORM BLUE (青)
・BARCELONA RED METALLIC (赤)
・SPRING GREEN METALLIC (シトラス)

あと、ヘッドランプとテールランプが、北米の法規に合わせて作られています。ヘッドランプのオレンジがいかにもアメリカ!って感じがしてかっこいいのですが、これらは逆に日本では違法になる可能性が高いので流用ができません。


ちなみに、北米仕様は日本で作られています。ですので、補修、修理部品は現地で作られている可能性もありますが、少なくとも取り付けられている部品は日本のどこかで作られています。

そこで、eBay のオークションを見ていたら、サイオン エンブレムと、リアの iM エンブレムの品番を発見!トヨタ部品熊本共販に聞いてきました。

75301-12520 サイオン フロントエンブレム 税別 2,960円
75441-12A90 サイオン リアエンブレム \1,930円
75442-12B50 iM エンブレム 在庫はあるが、国内向けの価格設定がない。購入には車検証が必要です、とのこと。=日本で iM を逆輸入して乗っている人なんておそらくいないだろうから、購入は無理です。 orz

(2016/11/20 23:04 追記)

あと、画像の通り、オセアニア仕様にはバックドア左下にCOROLLA ネームプレート (エンブレム) があるのですが、SCION から移ったばかりだからか、COROLLA のネームプレートは北米仕様にはありません。 (逆に、SCION の時は iM が車名なので、ない方が自然です。)
-

…バックドア左下に、オセアニアカローラエンブレム、右下にiM を考えていた時期があっただけに無念です。

ちなみに、Yahoo! オークションでは手に入りそうです。やっぱり日本で買えるのか部品だけ輸入品なのか…。

(内装)

(USA版)


(カナダ版)


(カナダ版)
内装は、当然ですが、左ハンドルです。

もしかしたら、パネル類だけ、USA版とカナダ版は違うかもしれません。

ただ、ぱっとみで話を進めると、北米版は、日本の180S / 150X “S パッケージ”と同じ仕様のようですが、カナダ版は写真が悪いのか、ステアリングと、シフトノブがウレタンに見えてしまうのですが…。

あと、もう一つ。日本仕様、オセアニア仕様、欧州仕様と異なるところを見つけました。エアコンダクト部の“時計”です。他ほ仕向地では、ここは時計ではありません。

(オプション・アクセサリー)
これまで、北米版は、日本版と一緒か少し劣る…と思ってしまった方、北米版はこの項目がすごいんです。

数自体は、そんなにないのですが、『欲しい~!』とうなってしまうオプションがあるのです。(後述)


お約束…と言いましょうか、USAといえば、バグガード。

ただ、色が黒なので、ノーズブラ的な感じですね。北米の車には結構付いているようです。なので SUV でUSDM をされている方は避けては通れないかな~。

さてここからが本題。




マッドガード。これ欲しいです。品番は PU060-12160-P1 でいいようです。だた、これは現地で作っているものなので、日本で手に入れるには輸入でしか手に入りません。

これは、まだ、頑張れば購入できそうな金額です。セカイモンで見ると、1万円を切ってます。配送料を高く見積もっても2万までは行かない…かな、と考えているところです。


サイドモールとボディーグラフィック

サイドモールは品番が PT938-52120-XX のようです。“XX” には D0 とか、A0 といったような、たぶん色に対応したコードが入ります。 (対応しているコードは不明。)

日本のディーラーオプションのモールよりも大きいので存在感はありますね。

また、ボディーグラフィック (Lower Body Graphics) は品番が PT747-12160 のようです。 モールはいらないのですが、グラフィックは欲しいですね。

これも、1万5千円ぐらい。輸送量も含めると、2万5千ぐらいまではいかないでしょう。まあ、頑張れば…。

そして、極めつけがこれ!


リアスポイラー! これは、ちょっとマジで欲しい!!!

ただでさえ車がレアなのに、こんなの付けていたら更にレア。

スタイルもスポーツハッチがかなり強調されるでしょう。

品番は、

PT29A-12160-XX SPOILER
PT29A-12160-TL TEMPLATE( 穴を開ける台紙)

でいいようです。“XX” には サイドモールと同じで、D0 とか、A0 といったような、たぶん色に対応したコードが入ります。 (対応しているコードは不明。)

これ。みんカラ内で付けておられる方をお見受けしました。(2台みました。)

ただ、高いです。10万近くは覚悟しないとだめでしょう。

そんなお金はないです。 (T_T)

それと、実際、レア感はでますが、冷静に考えると、本当に必要?とも思うわけです。

このあたりは、追々考えることにします。

---
いかがでしたでしょうか?

世界の文化に合わせて、いろんな仕様があるものです。

一番いいのは、国内仕様のノーマルだ!…といってしまえば、元も子もないというか、オーリスを選んだ意味が無くなってしまいますが、ブログのタイトルの様に、たまには空を見て異郷へ思いを馳せてみたいと思います。

(終わり)
---
この内容はアップ時点の情報ですので今後も変わる可能性はあります。この情報をもとになにか行われる場合は、SQUARE は責任を持てません。情報は読み物として楽しんでもらったり、カスタマイズの情報源として便宜を図ったものです。すべては自己責任でよろしくお願いします。

他の作業中に思い出したときは、このブログに追記していきたいと思います。
プロフィール
「あと、ノーマルショックにモデリスタスプリングは「ショックには値が付きませんが、モデリスタは3,000円で」とのこと。「バンパーは見てみないと」…うーん、これには値が付かないかも。あと「処分費いただければ処分はします」とのことでした。行き先の決まっていない大物はこのくらいかな?」
何シテル?   12/05 15:08
ようこそいらっしゃいました。 初めての方は、はじめまして。 --- 【簡単な自己紹介】~ SQUARE・人生の歩み ~ 熊本県で生まれ、熊本に住...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
掲示板
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
フロントバンパー ラッピング変更 
カテゴリ:補修・カスタマイズ関連参考情報(リンクメモ)
2016/12/01 23:34:02
パーツ品番検索サイト(主にトヨタなどの国産車の部品、外車も一部対応) 
カテゴリ:その他
2016/11/30 19:04:36
カプラ(コネクタ)からの端子の抜き方 
カテゴリ:補修・カスタマイズ関連参考情報(リンクメモ)
2016/11/28 19:41:13
お友達
みんカラのお友達・募集中です。(ただし、ただ単にお友達を増やしたいというのが見え見えのような方は承諾しない、または後日削除する場合があります。)
51 人のお友達がいます
SUESAN-RF00SUESAN-RF00 * Onemu.Onemu. *
きよGRBきよGRB kazu713kazu713
コバっち☆コバっち☆ やっちん509やっちん509
ファン
63 人のファンがいます
愛車一覧
トヨタ オーリス トヨタ オーリス
このブログでメインに語られる車です。グレード (仕様) は 120T “RS Packa ...
トヨタ ウィッシュ トヨタ ウィッシュ
このブログで最初にメインで語られていた車です。グレード (仕様) は X “Aero S ...
トヨタ スプリンタートレノ トヨタ スプリンタートレノ
人生初のマイカーにして贅沢にも新車でした。 当時は専門学校を出たてのころで、在学中はバ ...
トヨタ ラウム トヨタ ラウム
実家の両親の、つまり家族としての車の変遷はいろいろあるのですが、この車に限ると…、 - ...
過去のブログ
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.