• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

はがねいちのブログ一覧

2019年01月30日 イイね!

高知県道385号線香北野市線 

高知県道385号線香北野市線 龍河洞(りゅうがどう)スカイラインの名前が残っているからやはりこの有料道路時代の名前で呼びたいルート。やっと天気のいい遠くまで見渡せる日に行けることが出来た。10年位近くに来た時にチャンスをうかがってたんよ。国道55号線からこの道に向かおうとしたところで日帰り温泉を見つけて先にさっぱりしてから行こうかな?いや、雲が出てきちゃったら...と先に走りに行ったがこれが正解、後で温泉に寄ってさっぱりした頃はこの青空が無くなってたんだから。この道路、短いけど有料道路時代は900円となかなかの料金でした。写真は南から走り出せばすぐやってくるハイライト。あの洋館?に行けたらいい景色、いい道路の写真撮れるんだろな。この道は並行する県道があるのでありがたいことに龍河洞に行く人もスカイラインを走らないこともあるし交通量も少なめ。現地の案内は龍河洞へこの県道385号線ではなく県道22号線になってますもんね。長くはないけど走っても楽しいここらじゃ貴重な道路。南に展望があるところは海がキラキラしてました。この道路の怪しげな洋館の廃墟、ここへは道路も封鎖されてて近づくことは出来ない。この道路を走るとやはり気になるね、存在感がすごい。このままずっと残しておいてもらいたい。写真のつづら折りから龍河洞まではしばらく穏やかな道筋。え?龍河洞?あ、ボク洞窟だめなの...

Posted at 2019/01/30 22:28:55 | コメント(1) | トラックバック(0) | ドライブルート四国 | 旅行/地域
2019年01月27日 イイね!

高知県道203号室戸公園線 

高知県道203号室戸公園線 室戸スカイラインの名前は残ってますね、1981年に無料開放された元有料道路だけど開業から11年という短さでで無料開放されてる。この道路は実に惜しい道で、写真のつづら折れが素晴らしく、この道路から西の景色は素晴らしいけど、この一発芸だけなんですよね。標高を上げた後で今度は東にも海が見えるなら最高なんだが木々に埋もれる感じでほとんど景色とかないです。展望台も階段でホイホイっと上れば景色があるんですが、これが下の写真、電柱でなんとなくわかる道路、海岸線も見えますが残念な感じはありますよね。開業当時はどうだったんだろ?50年近く前から残念だったかな?と言うことでだいたい西側から上ってまた下るのがお決まりになってます。この室戸岬、実は結構残念な部分があって覚えてないくらい行ってるけど「岩ゴロゴロ」しか印象がない。せっかくの灯台も「そこにあんの?」ってことだし..これやはりここに来るまでの国道55号線のダイナミックな海と道路の景色に東から来ると勝ててないんだよね、惜しい。そう思うからこそ「この県道と展望台をなんとかしよーぜ」って思っちゃうよね。この県道で反応したいのは一般人は入れないけど存在を知っておいてもいいのが室戸岬特別地域気象観測所ってのがある。台風銀座というよりも、気象全般でここ重要なポイントだもん。もうひとつ真冬に行って思いついたアイデア、ここは潮岬同様に大阪で猛暑日が続くようでもここは涼しい(最高気温30℃あるかどうか)。よし避暑を口実に夏出かけよう。

Posted at 2019/01/27 20:19:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブルート四国 | 旅行/地域
2019年01月25日 イイね!

国道55号線 

国道55号線 徳島市から高知市へ室戸岬まわりの幹線国道、その中でも取り上げるのは高知県内東洋町~室戸岬までの区間、もっと細かく言えば伏越ノ鼻というところから20キロくらいの区間。室戸岬に近づくと海があまり見えなくなるからこういう言い方になってる。その前にボクは徳島県から高知県に入ってすぐの甲浦(かんのうら)というところが好きで、ここの港に行ってしまう。以前は大阪からここに寄港して高知までの夜行フェリーがあったからね。今は甲浦港もそんな雰囲気もなく資材置き場風なんだけど。と言うことで甲浦を過ぎたら国道55号線の一番いい部分だと盛り上がる。ボクはこの国道のこの部分は日本の海沿い国道でも「最強」だと言ってる。最高と言うよりも最強なのである。これはボクの言葉選びだけなんだけどね。一番の区間にはいくつかの休憩ポイントが用意されてるが店とかそんなのはなく、ただ「豪快な海沿い快走路」にある路肩って感じ。海に下りられるところもあるけど、ボクは実はここでは下りたことないんです、下りるよりも最強海沿い国道を走ること..もうこれだけなんです。一つ残念は夫婦岩があった一番好きなポイントが台風被害だろうな、結局復旧することなく駐車スペースをわずかに残して閉鎖気味になってしまったこと。徳島から高知までの200キロを越える国道55号線も室戸岬から高知市へはは徐々に交通量も増えるしまあ他に道もないし...ということかな。室戸岬前後は地形的に日の出日の入りはお手の物のルート。この年末からのドライブ、初日の出はこの国道の最強区間からでした。(室戸岬は多分混むので)

Posted at 2019/01/25 22:45:10 | コメント(3) | トラックバック(0) | ドライブルート四国 | 旅行/地域
2017年10月04日 イイね!

香川県道31号嶮岨山線 

香川県道31号嶮岨山線 小豆島をゆっくり時計回りに海沿いを走りつつ、ボチボチとハイドラCP集めて...と思ってたら晴れ予報はどこに行った?空は白くなってきました。10年前に訪れた際の記憶であそことあそこで写真撮りたいなって思ってたんですが、10年前と同じ白い空ではカメラの出番も無し、晴れてる日にまた来ないとなと走り出して3時間ほどでリベンジを誓ったのでした。この道は島の北側、日生行のフェリーが出てる大部と寒霞渓を結ぶ県道、道路名になってる嶮岨山とは寒霞渓から東に1.5キロ位のところにある山。この道からはボクの好きな曲がりくねった道と町並み、そしてその向こうに海という景色がある。なのに残念、これなんとか青空が残るものの、もう消える寸前ですね。小豆島は観光地の寒霞渓に各フェリーが出てる港からアクセスしやすいように道路がある感じ。この道なら大部港、この道は元々交通量もないし、何より西日本でも最高ランクにダウンヒル、ヒルクライム県道。走り屋の漫画書くならここを舞台にしちゃうぞって道です。ボクとすれ違った唯一のクルマはホンダのS660ってクルマ、この道を走って一番楽しいのはこれかな?ってクルマです。ほぼ2車線で路面も悪くない。寒霞渓道路(県道29号線)、小豆島スカイライン(県道27号線)も記事にしたかったけどまた今度、どちらもハイライト区間らしいところで写真撮れたら書こうっと。そうそう、島の北側では採石場の景色がすごいからここも小豆島に来たらぜひ。
Posted at 2017/10/04 22:44:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブルート四国 | 旅行/地域
2017年04月14日 イイね!

林道一の谷脇ノ山線 

林道一の谷脇ノ山線 この林道はこのWEBサイトでは随分昔、それこそコンテンツが今の10分の1くらいの頃から紹介してた道。当時スカイラインで県道6号線とか落石や荒れた舗装路と戦いながらここも走っていたんですね。高知県いの町、国道194号線沿いの大橋貯水池あたりから南東方面へ抜けて行く道、抜けた後も道はハードですけど。ここ今でも道路地図によっては途切れてたりしますが稲叢山(いなむらやま)の東をトンネルで越えて行きます。稲村ダムへ行こうとナビはグルっと大回りさせようとするがこの林道の景色の良さを知ってますし、抜けて行けるはず。グイグイを登ってゆくとドーンと笹ヶ峰(そうだよね?)がデカイでしょう。嬉しいのはこの写真の通り林道が少しでも見下ろせること、これボクとしてポイント高い。この日は雲が覆ったりする時間も多くこのタイミングでは暗くなってしまった。グイグイ登るはいいのだが、ひとつ心配が前日に積もった雪です。この林道で抜けようとする山を見ると標高の高いところで積雪が見える。この時点で経験上「かなり厳しい」のです。見上げて積雪が分かるようならノーマルタイヤでの峠道は無理っぽいもの。あと100mくらい標高上げるかな?と思ったところで路肩に積雪が..「うわ、まだ早い」と思ってもこうなると路上に積雪が残る場面になり、道路に積雪がある時点から100mは標高上げるのは無理です(この後進んだけど無理でした)。この時期は普通は行けますけどね、残念。結局稲村ダムは断念してまた今度ということに。次回はこちらから登るかはわかんないけど、この林道は走るのでまだ笹ヶ峰方面の大きな山景色を堪能してドライブしたいと思います。

Posted at 2017/04/14 21:48:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブルート四国 | 旅行/地域

プロフィール

「やっぱり土日で有峰林道絡めてのドライブはキツイかな?来月入ってすぐの3連休ならギリギリ冬季閉鎖前だけど紅葉は終わってそうだし...」
何シテル?   10/17 22:37
全国をのんびりドライブしてます。どんな道路でもボクにとっては“ドライブウェイ”になると思いドライブを嗜んでいます。「ハイタッチ!ドライブ」はあくまでも自家用車を...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/10 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

【ハイドラ!】 チェックポイント追加 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/08/22 20:45:07
【ハイドラ!】 チェックポイント追加 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/08/16 11:33:42
ハイドラ/ダムCPマップ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/12/20 23:29:10

愛車一覧

スバル レヴォーグ スバル レヴォーグ
やっぱりスバルの白いワゴンです。1万キロ乗った時点でのレビューですが、ダウンサイジングタ ...
日産 スカイライン 日産 スカイライン
1998年7月購入で2006年9月までに137000キロ走行した前の愛車。この車で人生が ...
スバル レガシィ アウトバック スバル レガシィ アウトバック
全国を旅するに最高の相棒になると選んだのがアウトバック。ゆっくり走りますので煽らないでね ...
スバル レガシィ アウトバック アウトバック はがねいち号 (スバル レガシィ アウトバック)
前車に続きアウトバックになりました。次期型も発表された後、受注停止寸前に駆け込み購入(? ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.