• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

はがねいちのブログ一覧

2013年12月27日 イイね!

岡山県道463号線長谷小串線 

岡山県道463号線長谷小串線 貝殻山の県道と言い方がよろしいかと。以前は通行止めで走れずだったので、先に走った金甲山よりも実はこっちがこの日のお目当てでした。この県道は以前「貝殻山スカイライン」と言われていたそうだけど(1980年無料化)、国民宿舎の建物があるあたりになんとなく料金所があった?って感じるくらいで実に静かな道でした。立派な駐車場があり、少し歩けば開放的な広場へ、木が育って思ったより見晴しが良くなかったのがこの静かな原因かも知れないな(惜しい)。この駐車場から東に下ろうとするところがこの写真の場所で、ここからセンターラインのある2車線、西側から県道399号線の金甲山方面への交差点までは1.5車線で舗装も新しくなってた。ボチボチ景色も良かった。有料道路時代はどうなってたんだろう?この駐車場が案外終点だったのかも知れない。2つも料金所を構えて営業してたとも思えないけど当時は今と違い全国に観光有料路がどんどん作られてた頃だしそれでやっていけたんかな?ボクは以前有料路だった道に関してはウィキペディアで軽くチェックしてるんだけど、この貝殻山スカイラインの管理人欄は不明だって。あれだけちゃんと調べてる表なのに..ずっと昔、この貝殻山から眺めた景色は特に岡山市街の方など今みたいに埋め立てまくりじゃなかったんでしょ?穏やかないい景色だったんだろな。
Posted at 2013/12/27 20:32:32 | コメント(2) | トラックバック(0) | ドライブルート中国 | 旅行/地域
2013年12月26日 イイね!

岡山県道399号金甲山線 

岡山県道399号金甲山線 観光ルートが廃れるも完全に朽ちることなく生きてるという表現でいい?いいロケーションにあるのでボチボチ景色もあるけど、走りながら標高を感じるくらいで展望は終点の展望所からね。走ってつまんない道ではない。最後に狭い道を登って本当の終点までクルマでも行ける。いろいろ反応すべきところがある道だけど、センターラインに反応しようか、だからこんな写真です。多分暴走族対策だと思うが、これを生かした走りとか考えたりしないか?以前漫画で側溝にタイヤを引っかけてコーナリングするやつとかあったよね、あんな感じでね。そんな暴走族対策も全線に施してある訳でもないところがよくわかんないのよね、この場所で普通のイエローラインになっちゃう。道路側の本気が感じられないからやはり暴走族とか来てるんじゃないかな?この県道なんですけど、今回は地図を見て県道405号線から繋がってる?道に興味を持ってたんだけど車止めで入って行けず、今までも何回もここへは来てるので分岐は覚えていたけど車止めまでは見えてなかったな、いつからダメなんだろう。全国版のマップルでも記載されてると“使える道”かと都合よく思ったわけだが。特にこの県道で何かあると孤立するんでエスケープ路になるのに。
Posted at 2013/12/26 23:05:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブルート中国 | 旅行/地域
2013年12月26日 イイね!

鷲羽山スカイラインその2 

鷲羽山スカイラインその2 県道393号線は元有料路、地図を見ても目立ちにくい市街地のスカイラインだけど、走ってみるとこれが結構気持ちいいですね。市街地、工業地帯を間近に見てのこういうワインディングってあまりないでしょ。夜景もいいんです。道路沿いには特に何があるわけでもなく、水島の工業地帯を眺める展望所(クルマ10台くらい駐車出来る)があるくらい。ここはとりあえず寄りましょう、ほとんど駐車場から歩かず工業地帯を見下ろす、なかなかの景観です。ここは夜景も夕日も見に来ているところなんです、ちょっと狭苦しいポイントではありますけどね。のんびりしてられる雰囲気でもない。道路好きとしてはこの見下ろした先にある2つのコーナーと赤い橋のどれかがハイライト、それを全部見下ろしてるのもなんとも豪華ですが、標高が低いとか関係なくここはテンションが上がるところ。この写真を撮ったところでだいたいは行くところも決まって来てしまうこの地域。やはり王子ヶ岳にも行ってしまう。ここも駐車場からすぐに気持ちのいい草地の山頂がある。散策ルートは他にも整備されてるしマップル中国四国版ではページの折り目にいじめられて分かり難いけどいいところ。でもこの日は瀬戸大橋すらかなり霞んでいて残念、もしこれがくっきり見えるなら感動ポイントはかなりあると思う。また来るわとトイレ前に陣取ってる猫たちにちょっかいを出しておもちゃ王国の方から帰ります。
Posted at 2013/12/26 23:04:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブルート中国 | 旅行/地域
2013年12月25日 イイね!

岡山県倉敷市にて6

岡山県倉敷市にて6鷲羽山の展望所に来てみました。朝のこの時間帯は初めてですね、ここは夕陽ポイントってのがボクのイメージですから。眼下には紅葉がばら撒かれた感じ、県道21号線は日陰に入ってますが、ここらに陽が差し込むと逆光で眩しくなりそう。なんだかんだで1年に1回くらいのペースで来てるつもりだけど、この展望所のすぐ下も駐車場になってました(前回気付いてなかった?)。この鷲羽山は県道から駐車場に行こうとすると有料時代(?)の名残りの料金所らしき建物の左に進み一般駐車場に行くのだけど、出口側のさらに右に進めば展望所まで登れちゃうし、児島市街の向きを展望できる場所もあったりする。ただこっちへは案内がないのであまり来て欲しくはないのかな?でも普通に入れる、微妙なスタンスであります。この写真は売店の前から撮ったもので、ここから山頂方面、さらには高速道路の真上まで歩道は続きますが今回はここまで。昼には切り上げて帰るつもりだったので次に進みます。ここの朝はどんな感じなんだろ?と実際に来てみたかっただけだし。でもここまで来たら鷲羽山スカイラインも走っておきましょう。そこで気になる山、スカイライン沿いに龍王山?山陽地方にこの名前の山が多いな。これ登れたらいい景色でしょ、それほど高くないよね?でもスカイラインからはサッと登れるルートもなさそうでした、ドライブ再開。
Posted at 2013/12/25 23:39:09 | コメント(0) | トラックバック(1) | ドライブ写真 中国 | 旅行/地域
2013年12月25日 イイね!

岡山県倉敷市にて5

岡山県倉敷市にて5前日の夜は東城から国道182号線で福山へ、山陽道の道口PAで寝る。そして起きた時間によってどこまでか高速道路を使うという作戦、早起きしたので玉島から一般道へ、鷲羽山に向かう。写真は朝日を浴びる瀬戸大橋、いくつかの橋の総称ではなく、厳密に言えば下津井瀬戸大橋。この写真は県道393号線沿いにある展望ポイント。ゆっくりするつもり無くともちょいと立ち寄り撮影。初めてここに来て人はこんなすごいもの作っちゃうのね、と心底感心してから10数年、何度も来てるけどその都度すんごいと思います。鷲羽山よりも先っぽ、久須美鼻はユースホステルから行けるのかな?県道21号線は木々の中を行くのでこの先っぽもったいないのよね。この県道21号線、思ったより景色も広がらず、何よりも駐車しにくい道なんで下津井の方に下ったあたりで橋を見上げちゃうか、素直に鷲羽山の方に行っちゃいましょう。県道393号線もこの写真撮った駐車場以外からは徒歩でないと橋の写真撮るの難しいかな。こう言うのも以前、下津井の港とこの瀬戸大橋のコラボを当時使い始めてまだ慣れない一眼レフを持って練習がてら歩き回って撮影してたんですよね。このあたりはカメラの練習をしてた地なのでありました。
Posted at 2013/12/25 23:38:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブ写真 中国 | 旅行/地域

プロフィール

「やっぱり土日で有峰林道絡めてのドライブはキツイかな?来月入ってすぐの3連休ならギリギリ冬季閉鎖前だけど紅葉は終わってそうだし...」
何シテル?   10/17 22:37
全国をのんびりドライブしてます。どんな道路でもボクにとっては“ドライブウェイ”になると思いドライブを嗜んでいます。「ハイタッチ!ドライブ」はあくまでも自家用車を...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/12 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

【ハイドラ!】 チェックポイント追加 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/08/22 20:45:07
【ハイドラ!】 チェックポイント追加 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/08/16 11:33:42
ハイドラ/ダムCPマップ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/12/20 23:29:10

愛車一覧

スバル レヴォーグ スバル レヴォーグ
やっぱりスバルの白いワゴンです。1万キロ乗った時点でのレビューですが、ダウンサイジングタ ...
日産 スカイライン 日産 スカイライン
1998年7月購入で2006年9月までに137000キロ走行した前の愛車。この車で人生が ...
スバル レガシィ アウトバック スバル レガシィ アウトバック
全国を旅するに最高の相棒になると選んだのがアウトバック。ゆっくり走りますので煽らないでね ...
スバル レガシィ アウトバック アウトバック はがねいち号 (スバル レガシィ アウトバック)
前車に続きアウトバックになりました。次期型も発表された後、受注停止寸前に駆け込み購入(? ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.