• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ntkd29のブログ一覧

2018年12月19日 イイね!

日本という国はどうして自国を守る軍隊の力を削ぐようなことばかりするのかねえ、・・(^。^)y-.。o○。




政府は、新たな防衛力整備の指針となる「防衛計画の大綱(防衛大綱)」と、大綱に沿って具体的な装備調達を進める次期中期防衛力整備計画(中期防)を閣議決定した。

宇宙やサイバー、電磁波といった「新たな領域」への対処が「死活的に重要」だとして優先的に強化する方針。陸・海・空の従来の領域を含め一体運用する「多次元統合防衛力」の構築を打ち出した。

懸念されるのが中国の海洋進出をにらんだ護衛艦の事実上の空母化である。海自の護衛艦「いずも」を改修し、米国から新たに導入する最新鋭ステルス戦闘機F35Bを艦載機と想定する。同機は短距離離陸・垂直着艦が可能だ。

憲法9条は「戦力の不保持」をうたう。相手国に壊滅的な打撃を与えるような「攻撃的兵器」の保有は「自衛のための必要最小限度」の範囲を超えるとし、歴代内閣は認めていない。例示されているのが「攻撃型空母」だ。

空母は「動く航空基地」といわれ、日本の外洋から戦闘機を飛ばすことができる。空母から離陸して敵基地を攻撃することが可能となり、専守防衛を空洞化させるものだ。

自公はF35Bを常時搭載しないことから「攻撃型空母」に当たらないとして、呼称もいったん「多用途運用護衛艦」と決めた。しかし中期防では従来通り「多機能のヘリコプター搭載護衛艦」と表現している。他国からみれば言葉のごまかしというほかなく、事実上の空母であることに変わりない。専守防衛の国是から逸脱するのは明らかだ。

 ■ ■

南西諸島防衛の強化も鮮明だ。島嶼(しょ)への侵攻に対処するための陸上自衛隊の「島嶼防衛用高速滑空弾部隊」を2026年度にも新設する。

長い射程を高速で滑空し、目標に命中させるもので、占領された島を奪還するため別の島から攻撃を加える部隊だ。先島など沖縄を含む島嶼地域での配備が念頭にある。

陸自はすでに宮古島や石垣島で地対艦ミサイル部隊、地対空ミサイル部隊、警備部隊などの配備に向けて計画を進めている。

離島奪還作戦を担う水陸機動団の2個連隊は相浦駐屯地(長崎県)を拠点にしており、3個目が20年代前半に米軍キャンプ・ハンセンを共同使用しての配備が取りざたされる。

米軍と自衛隊の増強が同時に進む。

仮に紛争となれば真っ先に標的になるのは先島を含む沖縄である。配備計画に欠けているのは、島で生活し逃げ場を失う住民の視点だ。

 ■ ■

第2次安倍政権発足以降、防衛費は増大し続けている。

今後5年間の中期防の予算は27兆4700億円に上り、過去最大となった。装備品も予算も歯止めを失っている。日本への武器売却に熱心なトランプ米大統領の影も見える。

国是である専守防衛の土台が揺らいでいる。政府は閉会中でも国会を開いて国民に説明する義務がある。

日本が果たすべき役割は、中国に自制を促し、軍事力によらずに東シナ海を「平和の海」にする外交努力である。




戦争は絶対にやるべきではないが、万やむを得ない場合がある。急迫不正な侵害を受けるなどどうしても武力に頼らざるを得ないときには絶対に負けてはいけない。軍事力というのはそのためにあるので「お止めなさい」と言って止めてくれるような国ばかりならだれも苦労はしない。中国が猛烈に日本の次期防を批判するのはそれだけいやだからでドンパチやらなくても十分抑止効果は出ている。国を守る自国の軍隊の力を削ぐようなことばかりするのは「利敵行為」という、・・(^。^)y-.。o○。



Posted at 2018/12/19 13:46:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | 軍事 | 日記
2018年12月19日 イイね!

中国、日本の次期防を猛烈批判とか、・・(^。^)y-.。o○。




中国外務省の華春瑩副報道局長は18日、日本政府が「防衛計画の大綱」などを閣議決定したことを巡り「いわゆる中国脅威論をあおっている」として「強烈な不満と反対」を表明し、日本側に「厳正な申し入れ」をしたと明らかにした。


華氏は定例記者会見で、日本が「中国の正常な国防建設と軍事活動をとやかく言い、事実に基づかない批判をしている」と指摘。第2次世界大戦の歴史があることから「日本の軍事分野の動向はアジアの隣国と国際社会から注視されている」と述べた。


さらに、日本の態度を「冷戦思考だ」と批判し「中日関係の改善と発展にとって不利だ」と話した。




強烈な不満と反対とか言うけどその原因はそっちの超覇権主義のせいだろう。自分のことを棚に上げてよく言えたものだなあ。でもF35を150機、いずも型の空母化、長距離ミサイルの装備化なんてやっぱり相当に嫌なんだろうなあ。せっかく航空優勢を確立しつつあったのにねえ、・・(^。^)y-.。o○。
Posted at 2018/12/19 13:40:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | 軍事 | 日記
2018年12月18日 イイね!

長射程ミサイルは専守防衛から逸脱するだって、・・(^。^)y-.。o○?




18日にも閣議決定される「防衛計画の大綱」。

急激に増す中国の軍事力を念頭に、優先事項の一つに島しょ防衛用の長距離ミサイル保有が盛り込まれる見通しだ。導入するミサイルは射程500~900キロあり、米軍の戦略爆撃機向けのものも含まれる。長距離ミサイル保有は日米安全保障条約上、日本が「盾」、米国が「矛」という役割分担を将来、変質させる可能性もある。

防衛省によると、中国の公表国防予算は、この20年間で約12倍に増加。中国は海上・航空戦力やミサイルの能力を向上させてきた。新型駆逐艦・フリゲート艦の数は57隻と日本の護衛艦47隻を上回り、日本のF15やF35のような第4・第5世代と呼ばれる戦闘機数も約850機と日本の3倍近く保有する。

特に日米が警戒しているのが、紛争時に使用される可能性が高い通常戦力のミサイルの長射程化だ。中国は水上艦に搭載する射程約540キロの対艦ミサイルを開発したとされるが、自衛隊が現有する対艦ミサイルの射程は100~200キロ程度。海上自衛隊幹部は「離島侵攻の有事には、自衛隊は相手の艦隊の射程内にかなり接近して反撃することになる」と話す。

大綱の骨子案は、脅威圏外からの対処を可能にする「スタンド・オフ火力(長距離ミサイル)の獲得」を明記。導入するミサイルのうち米国製のJASSM(射程約900キロ)は貫通力の高い精密誘導ミサイルで、米空軍のB1戦略爆撃機用などとして生産されている。

目標の位置情報をミサイルに入力し、空自戦闘機で日本領空から発射すれば、北朝鮮内陸部にも届く。建造物など固定された標的なら一定の敵基地攻撃能力を備えることになる。政府は専守防衛を踏まえ「日米の役割分担の中で、敵基地攻撃能力は米国の打撃力に依存している」としているが、専守防衛との整合性を議論しないまま装備化が進むことになる。

日米防衛協力の指針(ガイドライン)は2015年の改定で、米軍が打撃力の使用を伴う作戦をする場合、「自衛隊は必要に応じ、支援を行うことができる」とされた。米軍に依存してきた敵基地をたたく「矛」の役割に、自衛隊が何らかの形で関与できると解釈されている。


射程が長いから攻撃兵器とかそういう単純な発想がどこから出てくるんだろう。侵攻を受けた際に相手の防御ミサイルの射程外から攻撃して侵攻軍を撃破するとともに味方の被害を局限するのが戦術の基本だろう。パイロット一人育て上げるのにかかる時間と金を考えるべきだし、ただでさえ不足している熟練搭乗員をなくすのは大きな痛手ではある。それに敵の防御ミサイルの射程内に突っ込んで行くのは誰だと思っているんだ。専守防衛などと神がかりの絵空事を言っている国会議員に行ってもらおうか、・・(^。^)y-.。o○。



Posted at 2018/12/18 16:36:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | 軍事 | 日記
2018年12月16日 イイね!

日本をアジアの悪性腫瘍と非難する北のバカ大将、‥(^。^)y-.。o○。




北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は14日、日本政府が海上自衛隊の「いずも」型護衛艦を実質的な空母として運用しようとしていることを受けて、「日本はアジア太平洋地域と世界の平和を害する悪性腫瘍」であると非難する論評を掲載した。


また国営の朝鮮中央通信も12日付の論評で、「日本は中国に対抗するために空母を保有しようとすると公言しているが、それは武力増強、海外膨張に対する日本の野心を示す」ものだとして、「世界は、日本の軽挙妄動に警戒心を高めなければならない」と主張した。


最近の北朝鮮の対日非難には、大きく2つの流れがある。ひとつは歴史問題に言及し、日本に朝鮮半島支配の過去清算を迫る論調だ。例えば従軍慰安婦問題では、日本軍が慰安婦を虐殺したとされる映像など新資料を提示しながら、謝罪と賠償を迫っている。


また、韓国最高裁が日本企業に対し、元徴用工への賠償命令を下したことを巡る日韓の反目にも介入しようとしている。日韓の間には1965年の請求権協定が存在するが、日朝間にはそういった約束事が何も存在しない。そのため北朝鮮は「わが国には一から改めて過去清算をしてもらう」との立場を強調しているのだ。


対日非難のもうひとつの流れが、今回のような日本の軍備増強に対する非難だ。
しかし「いずも」の空母化に関して言うと、日本の目的は遠洋での戦闘機運用にあるわけで、対北朝鮮戦略との関連は薄いと言える。前述したとおり、朝鮮中央通信の論評も日本の動機は「中国に対抗するため」であるとの認識を示している。北朝鮮メディアはほかにも、自衛隊の活動などに対して


「言いがかり」的な論評を乱発している。

その目的は何だろうか。それはおそらく、弾道ミサイル戦力を極力温存するためだ。日本の「脅威」を強調することで、自衛のために短・中距離の弾道ミサイル戦力を維持しようとしているのだ。
最も射程の長い大陸間弾道ミサイル(ICBM)は、米国との非核化対話の中で、当然に廃棄の対象になる。しかし日本にとっての脅威は短・中距離弾道ミサイルであり、日本政府はそれらの全廃を主張している。


だが北朝鮮としても、装備のほとんどが老朽化し、また軍紀のびん乱で軍が弱体化している現状では、「虎の子」の弾道ミサイル戦力をそう簡単に手放せない事情もあるのである。




お前んところに言われたくねえよなあ。東アジアの悪性腫瘍はお前んところだろう。まあ通常兵器は旧式すぎて近代戦には耐えられないだろうから核と弾道弾に国家の命運を託しているんだろうけど韓国と一緒になるとちょっと厄介かもなあ。日本の視線はお前んところじゃなくて中国だよ、‥(^。^)y-.。o○。




Posted at 2018/12/16 15:01:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | 軍事 | 日記
2018年12月15日 イイね!

日本の周りは敵だらけ、・・(^。^)y-.。o○。




日本海のよい漁場として知られる「大和堆」で、海上保安庁が、北朝鮮の漁船に放水などで警告する映像が公開された。

海上保安庁の巡視船が北朝鮮の木造漁船に放水すると、漁船の乗組員が、干してあったイカを取り込む様子が確認できる。

この映像は、海上保安庁が、9月に日本のEEZ(排他的経済水域)内で、北朝鮮の漁船がイカ釣り漁を行おうとしたことに対して、退去警告したもの。

海保は2018年5月以降、日本海の大和堆付近で、1,624隻の北朝鮮漁船に退去警告を行い、513隻に放水している。

一方、北朝鮮からとみられる漂着船は、2018年、203件にのぼっていて、北朝鮮のイカ釣り漁船の操業域拡大が背景にあるともみられている。




日本の周辺は反日敵性国家ばかりだからなあ。中国は琉球を狙っているし、韓国は北朝鮮とくっついて日本にあれこれ難癖をつけて金をふんだくろうとしているし、北朝鮮は韓国が敷いた「とんでもレール」の上を突っ走って日本に莫大な補償金を要求しようとしている。中国はもちろん朝鮮半島が統一されるとロシアと同程度の経済規模を持った核保有国が日本の敵性国として誕生する。日本はこうした国との対立お最前線に置かれてせめぎ合うことになる。専守防衛だのジュゴンだのと言っている場合じゃないように思うんだけどどうだろう。その上で沖縄が日本から離脱独立すると言ったらどうなるんだろう。第一列島線に大穴が開いて日本は中国に包囲されるなあ。でも先島諸島はこっちに残るだろうけど守るのがえらい手間だなあ。それでも日本はのん気に神学論争でもしているんだろうか、・・(^。^)y-.。o○。
Posted at 2018/12/15 16:21:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | 軍事 | 日記

プロフィール

「宮古島市、辺野古県民投票を実施せず、・・(^。^)y-.。o○。 http://cvw.jp/b/110820/42311530/
何シテル?   12/19 14:43
ntkd29です。CB1300スーパーボルドールに乗って5年、スーパーボルドールも2代目になりました。CB1300スーパーボルドール、もう手放せない相棒になりま...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

お友達

縁があったらよろしくお願いします。
67 人のお友達がいます
☆もぐたん☆もぐたん * TADASHI 287TADASHI 287 *
YOURSYOURS *みんカラ公認 せんどらせんどら *
素 うどん素 うどん なお@2NZ-FEなお@2NZ-FE

ファン

33 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ CB1300 SUPER BOL D'OR (スーパーボルドール) CB1300スーパーボルドールM2018 (ホンダ CB1300 SUPER BOL D'OR (スーパーボルドール))
外観 もうこれは美しいという以外にはない端正なバイクではある。ホンダは「威風なる血統」 ...
ダイハツ コペン ダイハツ コペン
外観 これはもう好きか嫌いか個人の好みだろう。ローブとエクスプレイの顔つきは品よく言え ...
トヨタ WiLLサイファ トヨタ WiLLサイファ
TS-020の流れを汲むSuper Cypha GT-1
ホンダ 400X ホンダ 400X
パワーもそれなりにあるし、手ごろで扱い易いバイクです。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.