• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ntkd29のブログ一覧

2011年10月31日 イイね!

TPP参加、是か非か。

TPP(環太平洋経済連携協定)の交渉参加をめぐり、民主党内の意見調整が続いている。経済連携プロジェクトチームの総会で、政府側がTPPに関する懸念や疑問点について説明したが、慎重派から厳しい意見が相次いだ。民主党の経済連携PTの鉢呂座長は、「何とか私ども政権与党として、まとめをきちんと作り上げていきたい」と述べた。
総会では、政府側からTPPに関する懸念や疑問点に関する論点整理を示した。

この中では、「いったん交渉に参加したあとは、協定がわが国の国益に沿ったものとなるよう、最大限の努力をすることは当然」などとしているが、出席者からは「交渉に参加して離脱すればいいというのは、日米関係を悪化させるのではないか」など、TPP交渉への参加に対する懸念の声が出された。野田首相は、11月中旬のAEPC(アジア太平洋経済協力会議)首脳会議で、交渉参加を表明する意向を固めているが、慎重派は反発を強めており、難しいかじ取りを迫られている。

TPP、今後の国際社会の枠組みに残るのなら貿易立国の日本としては参加せざるを得ないだろう。もうすでに相当部分自由化が進んでもいるようだし、最後の砦の農業だが、これも個別の補償と言うのではなく資本を投下して大規模化が出来ないものか。

大規模化が可能になればそこに雇用も生まれるだろう。高齢化が懸念される第1次産業だが、大規模化で若返りが図れるのではないか。もう一つは生産物のブランド化だろう。日本の細やかな生産方法で農産物を作ればそれなりに付加価値のある生産物が出来るだろう。

ただ、戦略物資としての食糧生産も考えていかないといけないだろう。やはり資本を投下しての大規模農業への移行、自由化で生き残るための方策はこれしかないのではないか。
Posted at 2011/10/31 22:23:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2011年10月31日 イイね!

行けと言うのは易いが、・・・。

野田佳彦首相は31日午前、藤村修官房長官と一川保夫防衛相、玄葉光一郎外相と首相官邸で協議し、南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に陸上自衛隊を派遣する方針を確認した。首相が同日午後、衆院本会議の代表質問の答弁で表明する見通し。藤村長官が11月1日の閣議に方針を報告し、一川防衛相が陸自に派遣準備を指示する。

藤村長官は31日午前の記者会見で「現地調査の結果を踏まえて最終調整を行った。政府の方針は近く公表する」と述べた。政府は年明けの派遣を想定。先遣隊として陸自中央即応連隊約200人が首都ジュバで宿営地の整備などを行った後、陸自施設部隊約320人が現地入りし、道路や橋などのインフラ整備に従事する計画だ。

南スーダン北部では29日、反政府組織と政府軍の衝突で市民を含む75人が死亡した。藤村長官は会見で「(衝突現場は)首都から約500キロ離れている」と指摘。その上で「現地調査団からは、住民の対PKO感情も非常に良好と報告を受けている」と述べ、派遣に影響はないとの見方を強調した。

南スーダンは長い内戦を経て7月に独立。日本政府は9~10月に調査団を2回派遣して現地の治安や補給路などを調べ、陸自派遣は可能と判断していた。

遂に派遣するか、南スーダンPKO。武装勢力の攻勢は500キロも離れたところと言っても車ならわずかな時間で到達できる。補給路を襲われる可能性も否定できない。武装勢力が一般民間人を攻撃した時に自衛隊は黙って見ているのか。

自分たちを守ることにも汲々としなくてはならない自衛隊、手かせ足かせの中で適正な活動が出来るのか。困難な任務をすべて現場に押しつけて政治家はきれいごとだけをのたまう。自衛隊は軍隊、困難な任務に出すのならせめて非常時には軍隊として活動できるようにして出してやりたい。
Posted at 2011/10/31 22:21:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2011年10月30日 イイね!

陸上自衛隊第7師団、西へ。

陸上自衛隊北部方面隊(総監部・札幌市)は29日、大分県の日出生台演習場で11月10日から行われる過去最大規模の演習(11月10~22日)に参加する陸上自衛隊第7師団(千歳市)の装甲車を、札幌貨物ターミナルで貨物列車に積み込む作業を始めた。

訓練には同師団から第11普通科連隊や第73戦車連隊など約410人、約120両が参加する。昨年12月に策定された「防衛大綱」は、南西方面の防衛重視を打ち出しており、今回は島嶼部や重要施設などの防衛を想定した過去最大規模の実弾射撃や模擬訓練となる。機動的な防衛力の強化から、同師団の装甲車や戦車をJRの貨物列車や民間フェリーを使って長距離移動させ、課題を探る。

この日は、クレーン車を使って73式装甲車計5両を貨物列車に積み込んだ。積み込みは30日も行われ、列車は31日未明に出発する。11月7日未明には苫小牧市の苫小牧西港から90式戦車などもフェリーで大分に向かう。

北方防衛の要だった第7師団が南西諸島防衛のために西に機動する。旧ソ連の崩壊後も陸上自衛隊は北海道に2個師団、2個旅団を張り付け北を睨んでいたが、さすがに北だけを睨んでいるわけにも行かなくなったようだ。

日本に大規模武力侵攻をかけられる国はなくなった。米国も日本に侵攻するには相当な戦力を集中しないと無理だろう。それではほかの地域が空っぽになってしまう。その分、局地的な紛争の発生が危惧されるようになった。その代表格が尖閣諸島と先島諸島だろう。

最近の陸上自衛隊の装甲戦闘車両は大型化して鉄道輸送が難しくなった。74式戦車以降は鉄道輸送を考慮していないのでトレーラーで道路を行くか、海上輸送になる。離島防衛のような局地紛争の場合は中隊戦闘団または連隊戦闘団程度の部隊をいかに効率的に迅速に移動させることが出来るかが要点になるだろう。

動的防衛力が言葉遊びに終わらないように装備を整えるとともにその運用についても十分に研究しておく必要があるだろう。取られてから慌てて泣きを見ないように。
Posted at 2011/10/30 23:15:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2011年10月29日 イイね!

普天間基地県外移設は正しい外交政策だった。

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設先をめぐり民主党の鳩山由紀夫元首相が「最低でも県外」と発言したことを「誤りだった」と断言した玄葉光一郎外相。だが、野田佳彦首相はこの発言を鳩山氏に謝罪し「過剰な気配り」を演出、玄葉氏も28日の記者会見で懸命に釈明するなど、腰砕けとなってしまった。

発端は26日の衆院外務委員会での発言だった。

「誤りだったと思っている。あの発言を聞いて、鳩山政権ができたらこの問題で終わるのではないかと思い、現実のものになった」

玄葉氏は、鳩山氏が衆院選前の平成21年7月、沖縄県内の集会で「『最低でも県外』の方向で積極的に行動したい」と発言したことに対しこう答弁した。

これに激怒したのが鳩山氏サイドだ。周辺は語る。

「『党沖縄ビジョン2008』に『県外移設を模索』と書いてある。それを選挙で言っただけで勝手に言ったわけではない!」

しかし、普天間問題は鳩山氏が「県外」にこだわったために迷走した。その反省から、首相は日米合意に基づく名護市辺野古への移設方針をぶれずに進めようとしている。

にもかかわらず、首相は27日夜、鳩山氏らとの会食で玄葉氏の発言について「間違いだ。申し訳ない」と謝罪してしまった。

玄葉氏自身は28日の記者会見で、首相の謝罪について「直接聞いていない」としたものの、「『誤りだった』との認識に変わりはないか」と問われると「いずれにしても、沖縄の皆さんに大変申し訳ないというのが私の心理だ」とはぐらかしてしまった。

当の鳩山氏は28日、都内でアレクサンドル・パノフ元駐日ロシア大使と会談するなど、引き続き外交での影響力発揮に意欲を示している。沖縄では鳩山氏の議員辞職を求める声が依然としてくすぶっているのだが。

バカじゃねえのか、こいつら。バカと言うよりももうそんなことははるかに超越して晴々とおめでたい。鳩が外交などやりたきゃ、火星でも行って火星人でも探してやっていればいい。

『普天間基地県外移設発言は誤りだった。』

全くその通り、何の間違いもない極めて正しい常識的な発言だ。それを誤りと鳩に謝罪する野田君の感覚はどうなっているのだろうか。これでは日本の安全保障を含めた外交などすべて腰砕けでちょっと威嚇すればひれ伏すと発信しているようなものだ。

この民主党と言う天井知らずの能天気な政党が日本のかじ取りを任せるという日本国民も極楽蜻蛉の類だろうか。何とかならんか、この底抜けおめでた集団は。
Posted at 2011/10/29 16:08:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2011年10月27日 イイね!

国民目線の安全保障だって???

一川保夫防衛相は27日、防衛省で沖縄県の仲井真弘多知事や同県名護市の稲嶺進市長らと会談した。仲井真知事らは米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、名護市辺野古に移設するとした日米合意の見直しを要請。一川防衛相は「(移設を)強引にやることはない」と述べ、理解を求めた。


国家間合意も国民目線でということだろうか。せっかく話がついていたのを、鳩が、「国外、最低でも県外」などとバカなことを言うからこんなことになる。中国様はここぞとばかり東シナ海を跳梁して太平洋をを窺っている。国家の安全保障を思いつきの一言でないがしろにしてその後も何一つ有効な手立てを打てずに米国にしっかりしろと叱り飛ばされると慌て出す。有事になったら国民目線で、「助けて」とでも言い出すのだろうか。
Posted at 2011/10/27 23:22:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「大型二輪に乗ろう(新車の残金も振り込んで後は納車を待つだけなんだけど、・・(^。^)y-.。o○) http://cvw.jp/b/110820/41736972/
何シテル?   07/18 15:55
ntkd29です。CB1300スーパーボルドールに乗ってとうとう5年目になりました。CB1300スーパーボルドール、もう手放せない相棒になりました、。。(^。^...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2011/10 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

お友達

縁があったらよろしくお願いします。
68 人のお友達がいます
せんどらせんどら * YOURSYOURS *みんカラ公認
メタルジャンキーメタルジャンキー ひさ@埼玉ひさ@埼玉
ぐる&#215;ぐるぐる×ぐる 圭。。圭。。

ファン

33 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ CB1300 SUPER BOL D'OR (スーパーボルドール) 一四式スーパーボルドール (ホンダ CB1300 SUPER BOL D'OR (スーパーボルドール))
何ともきれいな風格のある大型バイクで、一目ぼれで買ってしまった。乗り味は極めて素直でとて ...
ダイハツ コペン ダイハツ コペン
外観 これはもう好きか嫌いか個人の好みだろう。ローブとエクスプレイの顔つきは品よく言え ...
トヨタ WiLLサイファ トヨタ WiLLサイファ
TS-020の流れを汲むSuper Cypha GT-1
ホンダ 400X ホンダ 400X
パワーもそれなりにあるし、手ごろで扱い易いバイクです。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.