• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ntkd29のブログ一覧

2021年04月15日 イイね!

不特定多数が集まって飛沫を飛ばすような状況を作るな、‥(^。^)y-.。o○。

東京都で4月15日、新たに729人が新型コロナウイルスに感染していることがわかりました。15日連続で前の週の同じ曜日を上回り、1日の新規感染者数が700人を超えたのは2月4日以来です。直近7日間の新規感染者数の平均は、前の週と比べて122.6%で増加傾向が続いています。

年代別では20代が203人、30代が145人、40代が122人、50代が96人、65歳以上が83人でした。また重症者はきのうから4人減って37人でした。



東京も来たなあ。結局、緊急事態宣言が解除になって気を緩めて年度末の飲み会宴会会食をやるからこういうことになる。人から人への飛沫感染なんだからそう言う状況を作らないこと、これが一番、街を歩いたり電車に乗ったりしていてもめったやたら感染しないことは自分を実験台にして確認済み。不特定多数の人間が集まって飛沫を飛ばすような状況を作らないこと、これが大事。厚労省の宴会組ももう15人も感染者が出ているだろう、そう言う事実を見れば何が原因かは一目瞭然だろう、‥(^。^)y-.。o○。
Posted at 2021/04/15 16:52:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | 政治 | 日記
2021年04月15日 イイね!

中国の憎たらしい報道官が原発処理水を飲んでみろと非難、‥(^。^)y-.。o○。

中国外務省の趙立堅副報道局長は14日の定例記者会見で、東京電力福島第1原発の処理水について「飲めるというなら飲んでみてほしい」と述べた。麻生太郎財務相の「飲んでも何てことはないそうだ」との発言を踏まえ、海洋放出の方針決定を改めて非難した。

趙氏は「太平洋は日本の下水道ではない」と非難。韓国の文在寅大統領が国際海洋法裁判所への提訴検討を韓国政府に指示したことにも「日本が国際社会の懸念を重視することを希望する」と述べた。

麻生氏は13日、海洋放出の方針決定に関して「もうちょっと早くやったらと思っていた。飲んでも何てことはないそうだ」と発言した。


国際基準に従って害のないよう希釈したものを各国がやっているのと同様に海洋放出して何が悪い。日本よりもはるかに危ないことをしているペーさんとこに言われたくはないなあ。しかしぺーさんとこはスポークスマンにどうしてこうも憎たらしい顔をしたのを選ぶんだろうか。敢えて意図的に選ぶんだろうかねえ。でも女性の報道官も憎たらしいと思っていたが、河野さんとのやり取りでちょっとかわいらしかったことがあったな。「放出水を飲んでみろ」と言うなら別に飲んでやってもいいが、・・。みんなで飲んでやればいいじゃないか、‥(^。^)y-.。o○。
Posted at 2021/04/15 09:43:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | 政治 | 日記
2021年04月15日 イイね!

韓国、日本の原発処理水海洋放出を国際海洋裁判所に提訴とか、‥(^。^)y-.。o○。

韓国の文在寅大統領は14日、日本政府が原発処理水の海洋放出方針を決定したことを受け、放出差し止めに向けた暫定措置も含め、国際海洋法裁判所(ドイツ・ハンブルク)への提訴を検討するよう指示した。大統領府が内部会議での発言を公表した。

この後、2月に着任した相星孝一駐韓大使から信任状を受け取った席で文大統領は「地理的に最も近く海を共有している韓国の懸念は非常に大きい」と表明し、「本国にしっかり伝達してほしい」と述べた。徴用工問題などで悪化している日韓関係に、韓国国民が健康不安を抱く懸案が重なった形で、関係改善はさらに遠のきそうだ。

大統領への信任状提出の場では儀礼的な発言が普通で、今回はドミニカ共和国、ラトビアの新任大使も同席していた。大統領府関係者は文大統領の発言について「こうした場での発言としては極めて異例だ」と語った。



支持率がた落ちのレイムダック政権の最後のあがきと宗主国ペーさんからの指示だろう。ペーさんに土下座して日本たたきで支持率を上げようというんだろうけど提訴などすれば自分のところがもっと大量のトリチウムを海洋放出していることがバレて赤っ恥だろう。しかしあの福島第一の廃炉作業も先が長くて大変ではある、この先も順調に進むといいが、‥(^。^)y-.。o○。
Posted at 2021/04/15 09:41:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 政治 | 日記
2021年04月14日 イイね!

佐山芳恵再び、‥(^。^)y-.。o○(88)

「佐山さんにはいろいろと面倒をお願いしているうえに今度は猫の面倒まで見てもらえるとか。誠に申し訳ありませんが、ぜひよろしくお願いします。実はあの猫は取引先の会社の社長が飼っている猫で、その社長、僕の古い友人でもあるんですが、その男がずい分大事にしている猫だそうですが、少しばかり事情があって面倒を見られないというので引き受けてもらった次第です。しばらくの間なのでぜひよろしくお願いします。ご迷惑をかけたお詫びとお礼はまた改めて。」


電話が終わって僕はクレヨンを呼んだ。


「あんた、おとうさんに何を言ったの。私があのドラ猫の面倒を見るって言ったの。またいい加減なことを言ったんでしょう。誰なのよ、知り合いの社長って」


僕がそう詰め寄るとクレヨンは金融王の銀行のグループ会社の名前を挙げた。それは日本のトップクラスの機械、プラント製造企業だった。金融王にちょっと頼めば僕もしがない教育出版関係企業から日本トップクラスの会社に鞍替えができそうだ。もっとも様々曰く因縁があって今の会社を抜けることはできそうもないし、その気もないが。それにしても超一流企業の社長が何を好き好んでこんなボロ猫を飼っているんだろうか。「蓼食う虫も好き好き」とはよく言ったものだ。


翌朝、出勤するのに大ドラ猫を見ると箱に入って丸まっていた。


「あんた、留守の間、おとなしくしているのよ。おかしなことをしたら逆さ吊りにして干物にしてやるからね」


猫は爪を研いだり物を引っかいたりして悪さをすると言うので釘を刺したつもりだったが、まあ猫に言って分かればそれこそ大変なことだが、このオオサンショウウオ上目遣いに僕を見て「グエ」と鳴いた。もう少しかわいい声が出せないものか。しかし、この猫がかわいい声で鳴いたらもっと不気味かもしれない。仕事は特に問題もなく終わったので何だかドラ猫が気になって定時で引き揚げて帰宅した。部屋に入るときにちょっと緊張して部屋を緊張したが、特に変化はなかった。しかし毛の生えたオオサンショウウオは僕の枕の上で仰向けになって寝ていた。


「こら、どけ。このバカ猫」


そう言って横っ腹をど突いてやると「グエ」とか鳴いて僕を見上げてそれからゆっくりと自分の箱ベッドに移動した。その際餌を入れる皿の前でこっちを振り返ってまた「グエ」と鳴いた。これは生意気にも「腹が減った。飯を寄こせ」と催促しているんだろう。仕方がないのでキャットフードを出してやって洗面所で水を汲んでやった。しかしこのドラ猫ありがたそうな態度も見せずにがりがりぼりぼりと音を立ててキャットフードを食い始めた。そんなドラ猫の食事風景を見るでもなく眺めていると餌を食い終わったドラ猫はおやじがやるように「グヘ」とかゲップをすると僕の方にのそのそと歩いてきて普段の様子からは想像もできない身軽さで椅子に座っている僕の膝に飛び乗って膝の上で丸くなった。ドラ猫、蹴落としてやろうかと思ったが、気持ちよさそうに目を閉じているドラ猫を見ていると何だか微笑ましくなってそのまま薄汚い大ドラ猫を黙って見ていた。しばらくそのままドラ猫を見ているとドアが開いて知的美人とクレヨンが入ってきた。


「あら、ずいぶんと仲が進んでお熱い関係じゃないの。佐山さんて本当に男の人にもてるからねえ。ちゃんと可愛がってあげるのよ」


知的美人がそんなことを言って茶化した。クレヨンも「うんうん」とか同意している。このドラ猫が勝手に膝に乗ってきただけだろう。大体男を食いまくっていたのはお前だろう。


「男を食っていたのはあんたでしょう。私は食っていないわよ」


僕が知的美人に反論すると知的美人は「じゃあ私がかわいがってあげよう」と言って僕の膝からドラ猫を抱き上げた。


「なんて重いの、この猫、何喰ってこんなにでかくなったのよ」


知的美人はやっとこさっと猫を抱えてベッドに座ると膝の上に乗せた。しかしドラ猫君、知的美人が手を離すとするりと膝から滑り降りて僕の方に歩いてくると僕の膝にぴょんと飛び乗った。


「なんだ、もうすっかりできちゃってるのね。じゃあお邪魔だから着替えてお夕飯食べて来ようっと。」


知的美人はトレーナーに着替えるとさっさと部屋を出て行った。僕も腹が減っているので食事に行こうと大ドラ猫を膝から放り出すと立ち上がった。大ドラ猫は僕の顔を見て非難がましく「グエ」と鳴いた。食堂に降りると知的美人が「あら、彼をもう放り出してきちゃったの」と言いやがった。


「私も何か食べないともたないからね。あんたや大ドラ公に絡みつかれて」


「あら、そんなこと言うけど最近はご無沙汰じゃない。今晩あたりどう。しばらくぶりで」


知的美人が僕の方を流して見た。


「女同士でいやらしい目付きしていやねえ。芳恵は私のものだからね。勝手なことしないでね」


クレヨンがチャチャを入れた。


「あんたたちねえ、私は誰のものでもないし、第一あんたたちのおもちゃじゃないんだからね。勝手なことばかり言うんじゃないよ。いいわね。」


基本、ソフトが男の僕にとってはこんな手合いが何人絡んできても「お客さん、いらっしゃい」なんだけど一言言っておかないとこいつらはきりがないからな。それから今日のメニューのメンチカツ定食を食っていると女土方が入って来た。


「あら、みんな揃って夕飯なの。あのお猫様はどうしたの」


「お猫様は男殺しの佐山芳恵にかかってメロメロになって部屋で寝ているわ。すっかり骨抜きになっちゃって」


「あら、彼女ってそんなにすごいの」


「だって夫があるのに総務の係長を食ってしまうし、営業の若い子はもてあそぶし、社長も骨抜きにするし、ドラ猫一匹なんか朝飯前よねえ」


この女、自分のことは棚に上げて元祖佐山芳恵がやったことだのあのストーカーのバカ営業のことだの、たまたま天候に祟られてやむを得ずに一夜を過ごした社長のことだの持ち出しやがって。


「大昔のことを持ち出して余計なことを言うんじゃないよ。減らず口を叩いていると熨斗つけて父上のところに追い返すわよ」


「おお、怖い。追い返されたら困るから退避しよっと」


知的美人は首をすくめると食器を片付けて部屋に上がって行った。


「あなたもみんなに頼られて大変ね。でもみんなあなたを頼っているんだから頑張ってね。ところであのお猫様はどうなの。少しは慣れてきたの」


「慣れたというのか分からないけどおとなしいことはおとなしいわね。まあでもあの姿なんで存在感はあるけどね。」


「飼っている人には大切なお猫様だからかわいがってあげてね。私は生き物ダメだから直接はできないけどそれ以外ならできることがあれば言ってね。」


女土方はそんなことを言うが、大事なお猫様ならご自分で何とかすればいいだろうに。我々から見れば天文学的な収入もあるんだろうから豪華ペットホテルにでも入れればいいだろう。もっともそうしたところって高い金をとっておきながら結構邪険な扱いをするところも多いと聞くが、・・。


食事が終わって部屋に戻ると大ドラ公は箱に入っておとなしく寝ていた。知的美人はネットでツイッターの検索をしていた。大ドラ猫、僕が部屋に入っていくと箱から起き上がって僕の方に寄ってきた。そして僕がベッドに腰を下ろすとぴょんと膝に飛び乗ってきた。毛の生えたオオサンショウウオのくせに厚かましい奴だ。僕はこのドラ猫を抱え上げて床に投げてやった。大ドラは「グエ」とか鳴いてこっちを恨めしそうに見上げるともう一度膝の上にぴょんと飛び乗った。まあ乗せてやってもいいのだが、癖になると厄介なのでもう一度床に投げてやった。大ドラはまた「グエ」とか一声鳴いて恨めしそうに振り返るとのそのそと自分の箱に戻ってそこに収まった。それからしばらくは僕も知的美人もネット検索などをして時間を過ごしていたが、そのうちに知的美人が「ねえ、‥」とか言って寄ってきた。


Posted at 2021/04/14 22:09:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | 小説3 | 日記
2021年04月14日 イイね!

新型GR86・BRZは買いか、‥(^。^)y-.。o○。

新型86・BRZが公開された。86はGRからこの秋に、BRZは夏に販売が始まるそうだ。この車、ATとのマッチングを改良するために排気量を2.4リッターに上げて馬力とトルクをちょっと上げた。ATとのマッチングは少し良くなって排気量的にも米国で売り易くなっただろう。だけどなんだか中途半端な車になったように思う。

元々この車は若年層でも楽しめる手軽なFRスポーツとして登場した。本来ならS-FRクラスのスポーツカーで価格も200万円前後が妥当なんだろうけど2.0リッターNAエンジンで価格は200万円台後半から300万円台の価格となった。このクラスになると若年層が手軽に買うという価格ではなくなる。

それが今回モデルチェンジでエンジンの排気量を上げたが、それで税金も高くなる。パワーを上げるなら加給するのが手っ取り早いのだが、無暗に過給してパワーを増強するとスープラSZ-Rとガチンコしてしまう。GRヤリスの1.6リッターターボを載せるという手もあるが、そうするとやはりパワーでスープラSZ-Rを追い越してしまう。そうするとパワーではスープラにもヤリスにもかなわない。でも価格は300万から400万程度でけっこう高い。それならパワーもあって駆動系も4WDで走破性の高いGRヤリスがいい。税金も安いしねえ。

スープラSZ-Rは600万程するのでちょっと比較対象からは外れるが、新型86も300万円台は決して安くはない。オプションを加えれば400万を超えるだろう。エンジンとミッションがでかくなってその重量代償にフードやルーフをアルミ化、ホイールも18インチにサイズアップして安っぽいと評判が悪かったインテリアも改善した。でもなんだかんだで重くなった車体はさほど足回りも変わらず走りが格段に向上したとも思えないし、大体、モデルチェンジと言うとでかくなってしまうが、ライトウエイトスポーツカーなのにでかくしてもあまり魅力がないように思う。車雑誌のアンケートでも「この車を買うか」と言う問いに半分以上が「買わない」と答えていたが、妥当だと思う。

もしも車を買い替えるなら86ではなくGRヤリスを選択すると思う。パワーもあるし4WDで走破力も高いだろう。自動車評論家の先生方や車雑誌は例によってベタ褒めだが、ほめないと商売にならないので仕方がないだろう。米国で売るのにATとのマッチングを良くしたいなら米国仕様だけSC過給機でもつければよかったんだろうけど日本もパワー至上だからな。いずれにしてもトヨタのガソリンエンジンのスポーツカーはこれが最後だろう。その意味では買いもあるのかもしれないが、やっぱりどうしてもこの車を買おうという理由が見当たらない。

僕もトヨタの株主だから売れるといいとは思うが、エンジンをでかくしなくても別に楽しく走るならコペンだってけっこう楽しく走れる。車屋さんもいろいろ商売のやり方があるんだろうけどパワーのある車だけが走って楽しい車でもない。大体、米国で売ろうとすると日本では売れなくなる。ソアラがいい例だ。米国とは車に対する考え方や望むものが違うように思う。でもまあ、今の86GR、普通の量販車ではないが、走ってこれほど楽しい車もない。さすがはワークス改造のコンプリートカーである。そう言う面白い車を作ってほしいところではある、・・(^。^)y-.。o○。

Posted at 2021/04/14 18:21:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | 自動車 | 日記

プロフィール

「[整備] #86 六カ月点検(法定外) https://minkara.carview.co.jp/userid/110820/car/2952798/6065340/note.aspx
何シテル?   10/29 14:37
ntkd29です。CB1300スーパーボルドールに乗って6年、スーパーボルドールも2代目になりました。CB1300スーパーボルドール、切っても切れない相棒になり...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/4 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

愛車一覧

トヨタ 86 トヨタ 86
元々トヨタ党だったが、ちょっと浮気してダイハツコペンに乗っていた。しかし、ディーラー氏と ...
ホンダ CB1300 SUPER BOL D'OR (スーパーボルドール) CB1300スーパーボルドールM2018 (ホンダ CB1300 SUPER BOL D'OR (スーパーボルドール))
外観 もうこれは美しいという以外にはない端正なバイクではある。ホンダは「威風なる血統」 ...
ダイハツ コペン ダイハツ コペン
外観 これはもう好きか嫌いか個人の好みだろう。ローブとエクスプレイの顔つきは品よく言え ...
ホンダ クロスカブ CC110 ホンダ クロスカブ CC110
超アップライトな乗車姿勢でCB1300が疾風怒涛ならそよ風のように、でも粘り強くトコトコ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.