• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ntkd29のブログ一覧

2018年10月20日 イイね!

品質偽装はメーカーの慢性的自殺に等しい、・・(^。^)y-.。o○。




日本を代表するメーカーによる品質不正が後を絶たない。背景には、現場の負担増やガバナンス(企業統治)の欠如、人手不足といった共通点が浮かび上がる。品質を強みとする日本のモノづくりを根底から揺るがす異常事態は一向に終わりが見えず、いつ新たな問題企業が出てきてもおかしくない状況だ。

◆迫られる納期順守
油圧機器メーカーのKYBは19日、免震・制振装置の検査データ改竄(かいざん)問題で、不正や不正の疑いがある免震装置が使われている国や自治体の庁舎70件の建物名を公表した。このうち農林水産省が入る中央合同庁舎第1号館や愛知県本庁舎など11件は国の基準に適合しない製品が設置されていた。顧客が要求した基準から外れた物件も17件あった。ただ大半は不正の有無は不明。対象は全国で1095件に拡大。住居や病院は了承が得られず、今回の公表は全体の6%にとどまった。KYBによると、公共性の高い国や自治体庁舎の同意取り付けを優先したという。今後も所有者の了承を得られた段階で物件名を順次公表する。

「(日本メーカーは)激しい競争に直面し、コストダウンを求められる中で人員を削減してきた。余裕がなく、現場がおろそかになっている」

企業論を専門とする政策研究大学院大学の橋本久義名誉教授は、一連の不正の背景をこう指摘する。

昨年10月に神戸製鋼所が公表して以降、不正に手を染めていたことが発覚した企業は三菱マテリアルや東レ、日産自動車、SUBARU(スバル)と枚挙にいとまがない。

多くの不正で直接的原因として挙げられるのが、納期順守の重圧だ。KYBの不正は少なくとも2003年に遡(さかのぼ)り、検査データ改竄(かいざん)の手口を検査員が引き継いでいた。不適合になると製品の分解や調整に時間がかかってしまい、納期を守れなくなると判断したとみられる。納期順守の重圧は、神鋼や三菱マテリアルの不正でも原因の一つに挙げられている。重圧は、深刻なモラル低下や「基準から多少、外れてもよい」という甘えをもたらした。

KYBには、免震・制振装置の性能をチェックする検査員が1人しかいなかったという。コスト削減を優先する中で人手不足が常態化し、現場に重い負担がのしかかっていた可能性が高く、事実なら適切な人員配置を怠った経営陣の責任は重い。

◆舞台は非主流部門
一方、不正の多くは非主流部門が舞台となった。KYBは、連結売上高の約6割を自動車部品が占める。それに対し免震・制振オイルダンパー事業の割合は3%弱にすぎず07年には子会社のカヤバシステムマシナリー(東京都港区)へ事業譲渡されていた。子会社に移ったことで経営陣が目配りできなくなり、ガバナンスは機能不全に陥った。

各社は情報開示でも後手に回っている。子会社でデータ改竄が発覚した東レの日覚昭広社長は「神鋼の問題がなければ不正を公表していなかった」とまで言い切った。危機管理広報コンサルティング会社、エイレックスの江良俊郎社長は「まったく甘い。企業向けビジネスが中心で、消費者のことを考えていない」と対応を厳しく批判する。




いいものを作って提供するのがメーカーの良心であり誇りでもあるだろう。むやみに顧客に迎合してつじつまが合わなくなると偽装だの改ざんだのと言うのはメーカーの堕落でしかない。かつて日英同盟が良好に機能していた当時、英国のショート社は日本G発注した飛行艇について自国で販売している者よりの性能、品質の高いものを納入したという。それに引き換え米国はDC4Eという4発旅客機が重量過大で整備性に問題のある欠陥機であることを承知しながら日本に売りつけている。もっとも日本も軍用に転用するという目的を秘して購入しているのでお互いさまのところはあるが、・・。性能のいいもの、品質の高いものを作って顧客に提供するのがメーカーの良心であるべきなのにコストや利益の確保に走って性能や品質の低下を改ざんでごまかすのは己の首を絞めるようなものだろう。それじゃあどこぞの国と一緒じゃないか、・・(^。^)y-.。o○。



Posted at 2018/10/20 15:11:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | その他 | 日記
2018年10月19日 イイね!

「神はサイコロを振らない」、・・(^。^)y-.。o○。




「神はサイコロを振らない」というのは古典的量子力学を批判したアインシュタインの言葉だそうで、彼は観測される量子力学的現象の結果が偶然によって選ばれるという古典量子力学の説明に対し、結果の発生には常に科学的合理性が存在すると主張して古典的量子力学を批判したそうだ。


でも、今日はアインシュタインの話ではなく大石英司氏の同名の小説の話だ。大石氏は架空軍事ものが多くその類の作家と思っていたらたまたま書店の店頭でこの本を見かけ、ちょっと興味を惹かれて買ってみた。話は10年前に遭難して行方不明だったYS-11が10年後の世界に出現して搭乗員や乗客は当時の姿のままで10年後の世界に現れる。本来、墜落するはずだったその機体は地球の付近を通り過ぎた微小なブラックホールの影響で時空が歪んで10年後の世界に出現したが、3日後にもう一度時空の歪みが生じて元の世界に戻され乗員乗客は全員死亡するという。


42名の乗客と4名の搭乗員は航空会社のスタッフや周囲の人たちの様々な支援を受けて家族や関係者との失われた10年を取り戻そうとする努力が始まる。10年の時間を取り戻すものもあれば欲や虚栄に溺れて破滅するものもある。ただ話の内容は全体に暖かい優しさが感じられる話にはなっている。


で、最も記憶に残ったのは「今この瞬間は二度と訪れることはない。それをどれだけの人間が理解しているだろうか。」と言う遺族会代表の言葉だった。生きとし生けるものはすべて例外なく死を迎える。そのことは理屈では分かっていても現実として生活の中ではなかなか捉え難い。今のこの瞬間が永遠に続くような錯覚を起こして大切な何かを失っているのかもしれない。


時空が歪もうと裂けようとタイムトラベルなどと言うことは起こり得ないとは思うが、決してサイコロを振らない神の気まぐれが大切なものを失って彷徨っていた人たちを再び立ち上がらせたというのはあってもいいように思う。こういう話はサイエンスファンタジーと言うんだろうか。何となく温かさを感じさせる話ではある。


もしも神が気まぐれを起こしてくれたら、そのまま消えてもいいのでちょっと戻って足りなかった一言を伝えたいと思うことがある。でもまあ、現実にはそんなことはあり得ないので今のこの瞬間を大切に生きることにしよう。話の類は違うが、「幽霊人命救助隊」と同様に基本的には悲劇ではあるが、読み終わって何となく温かさを感じてほっとするような話ではある、・・(^。^)y-.。o○。




Posted at 2018/10/19 15:12:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | その他 | 日記
2018年10月17日 イイね!

メーカーの良心はどこに行ったんだ、・・(^。^)y-.。o○。




東京証券取引所第1部に上場する油圧機器メーカーのKYBは16日、地震の揺れを抑える免震装置と制振装置で性能検査記録データを改竄する不正をし、全国のマンションや病院、庁舎など986件の建物に設置していたと発表した。国土交通省は、不正な装置が使われた建物が震度7程度の地震で倒壊する恐れはないとしているが、KYBは不正があった装置を交換する。一部の建物では交換の際に一時的に利用できなくなる可能性がある。


神戸製鋼所や三菱マテリアル、日産自動車など日本を代表する企業で不正発覚が相次いでおり、日本のモノづくりへの信頼が一層揺らぎそうだ。


KYBが不正をしていたのは油の粘性を利用して建物の揺れを少なくするオイルダンパー。免震用は過去にKYBの装置を採用した全ての建物の約86%、制振用は全体の約23%でそれぞれ不正があった。


KYBによると、データ改竄は平成15年1月から30年9月に行われた可能性が高く、免震用の不正な装置は全都道府県の建物で、制振用は18都道府県の建物で採用されていた。


国交省によると、免震装置の性能について、メーカー側が国の認定基準の範囲内に収まっているように検査データを改竄して出荷していた。


少なくとも8人の検査担当者が不正にかかわったとみられ、同社は検証を進める。


国交省は16日、KYBの中島康輔社長にデータ改竄の原因究明と再発防止策の報告を求める指示書を渡した。中島氏は「誠に申し訳ない」と陳謝した。その後、中島氏は国交省で記者会見し「深く反省する」と述べた上で、「所有者・居住者の不安払拭を経営の最優先事項とし、安全性を検証し丁寧に説明する」と語った。KYBは不正な装置が設置された建物名を明らかにしなかったが、所有者の合意が得られれば公表する方針。


KYBの不正を受け、国交省は免震装置メーカー88社を対象に、検査データの改竄がなかったかどうかを一斉調査する方針を明らかにした。年内に報告を求める。





メーカーの誇りと顧客に対する誠意はどこに行ったんだ。「自分良ければすべて良し」ではお隣さんたちと変わらんだろう。メーカーの誇りにかけていい製品を作って顧客に満足してもらうのがメーカーの良心だろう。最近、製品のデータ改ざんが横行しているが、メーカーはその良心を忘れたのか、・・(^。^)y-.。o○。




Posted at 2018/10/17 15:47:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | その他 | 日記
2018年10月06日 イイね!

「70歳まで働け」時代の到来かあ、・・(^。^)y-.。o○。




政府は5日、内閣改造後初の未来投資会議(議長・安倍首相)を開き、新たな成長戦略の議論を始めた。社会保障制度改革、先端技術を生かした「第4次産業革命」、地方対策強化の3本柱を主要テーマとする。社会保障改革では、企業の継続雇用年齢を65歳超に引き上げるため、法改正を含めて検討する。


首相は会議で、「安倍内閣の最大のチャレンジである全世代型社会保障への改革について、集中的に議論を進める。全員野球の精神で、具体的な検討を進めてほしい」と述べ、茂木社会保障改革相らに取りまとめを指示した。


議論の中心となるのが、社会保障改革の一環として取り組む雇用対策だ。働く高齢者を増やし、医療保険など財政負担軽減を図る狙いがある。全ての希望者を65歳まで雇用することを企業に義務づけている高年齢者雇用安定法の改正も視野に、企業の継続雇用年齢引き上げのほか、新卒一括採用の見直しや中途採用の拡大も検討する。




いやあ、冗談で「75歳まで働け」なんて言っていたけど、本当に「70歳まで働け時代」が来るんだねえ。少し前までは定年55歳でその後は年金(当時、公務員は恩給とか言っていたなあ)をもらって悠々自適だったんだけど世の中も変わったなあ。何と言っても人生100年だからなあ。100年かあ、元気でバイクに乗って100年生きられるならそれもいいけどねえ、・・(^。^)y-.。o○。
Posted at 2018/10/06 11:41:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | その他 | 日記
2018年09月30日 イイね!

大阪府警富田林警察署から逃走した樋田淳也、山口県で逮捕、‥(^。^)y-.。o○。




大阪府警富田林署から逃走した樋田淳也容疑者(30)が同署から約350キロ離れた山口県周南市で48日ぶりに逮捕された。「やっとこの日が来た」「まさか山口県にいたとは」。容疑者確保を「最大の懸案」(府警幹部)として約3000人態勢で行方を追ってきた府警幹部らは一様に驚き、捜査への対応や情報収集に追われた。


「何するんか、離せ」。府警によると、樋田容疑者は山口県周南市の道の駅で万引きしているのを見つかり、警備員に取り押さえられた際、そう叫んだという。樋田容疑者の頭髪は丸刈りだったといい、ウインドブレーカーとスニーカー姿で自転車に乗って道の駅に来たとみられ、所持金は数百円。盗んだ菓子パンや缶コーヒーなど約1000円分の食料品5点を服の中に入れて隠し持っていたという。


「樋田容疑者が逮捕されました」。府警本部では29日午後9時45分ごろ、広報担当者が逮捕の一報を記した紙を報道陣に配布。捜査本部のある富田林署にも大勢の報道陣が詰めかけた。署内ではひっきりなしに電話が鳴り、署員らが「詳しいことは分かりません」などと応対。容疑者逮捕を伝えるテレビを食い入るように見つめる署員もいた。富田林市の主婦(51)は「自宅の近くで逃走したので、戸締まりをしっかりするよう心がけていた。山口県まで行ったと聞いて、ずいぶん遠くまで逃げたと驚いた」と話した。


同府松原市の樋田容疑者の実家は電気が付いておらず、真っ暗なまま。近くの女性(43)は「実家に戻ってきたらと思うと怖かった。やっと見つかったと聞いて、安心した」と話した。


3000人態勢で8月から行方を追っていた府警は、顔写真に加え、樋田容疑者の左ふくらはぎに彫られているウサギの図柄の入れ墨のイラストを公表。逮捕前に防犯カメラに映った樋田容疑者が歩いている約10秒間の動画や、帽子や眼鏡、マスクなどで変装した8種類のイラストも相次いで公開し、広く情報提供を募っていた。


樋田容疑者が立ち寄る可能性があるインターネットカフェやコンビニ、簡易宿泊所など府内約6000カ所に手配書を配布し、捜査への協力を呼び掛けた。府警幹部は「ようやく見つかったが、事件の全容解明はこれからだ」と気を引き締めた。【藤河匠、竹田迅岐、土田暁彦】


ちょっと時間がかかったけど結果としては遅かれ早かれこうなることは目に見えていた。逃走生活も組織と金がないとどうにもならない。ダチ公などは関わり合いを恐れて手を出さない。金を得るために山を踏めば足がつく。仕事などできるはずもない。最後は金詰りになってこんな結末に至る。まあこいつも強盗致傷、強制性交致傷など凶悪犯もあれば窃盗は山ほどあるだろうし、加重逃走も加わって併合罪と累犯加重で20年は固いだろう。それだからこそ一か八か逃げたんだろうけどまあやはりこうなるのは火を見るより明らかだったんだけどなあ。それにしても留置場エリアから逃走するなんてあり得ん。接見室のアクリルボード、折りたたみ椅子で何回殴りつけてもびくともしないんだけどなあ、‥(^。^)y-.。o○。



Posted at 2018/09/30 00:37:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | その他 | 日記

プロフィール

「よくもまあ次から次と合意をひっくり返して金を要求してくるものだなあ、・・(^。^)y-.。o○。 http://cvw.jp/b/110820/42082559/
何シテル?   10/20 15:13
ntkd29です。CB1300スーパーボルドールに乗って5年、スーパーボルドールも2代目になりました。CB1300スーパーボルドール、もう手放せない相棒になりま...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

お友達

縁があったらよろしくお願いします。
67 人のお友達がいます
YOURSYOURS *みんカラ公認 TADASHI 287TADASHI 287
ひろじまひろじま まーたまーた
素 うどん素 うどん ジムニー魂ジムニー魂

ファン

33 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ CB1300 SUPER BOL D'OR (スーパーボルドール) CB1300スーパーボルドールM2018 (ホンダ CB1300 SUPER BOL D'OR (スーパーボルドール))
外観 もうこれは美しいという以外にはないきれいなバイクではある。ホンダは「威風なる血統 ...
ダイハツ コペン ダイハツ コペン
外観 これはもう好きか嫌いか個人の好みだろう。ローブとエクスプレイの顔つきは品よく言え ...
トヨタ WiLLサイファ トヨタ WiLLサイファ
TS-020の流れを汲むSuper Cypha GT-1
ホンダ 400X ホンダ 400X
パワーもそれなりにあるし、手ごろで扱い易いバイクです。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.