• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

FLAT4のブログ一覧

2012年04月26日 イイね!

大阪 四天王寺と清水寺の秘密♪

大阪 四天王寺と清水寺の秘密♪ちょっと前にTVで紹介されていた四天王寺と清水寺の秘密を見ようとドライブしてきました。

四天王寺といえば聖徳太子が建てたとても古い歴史があるお寺ですが、幾度と火事などに逢い現在の建物のほとんどは近年に再建された鉄筋コンクリート製です。だから観光的に行く方はほとんどなく、大阪に住んでいて仕事で四天王寺の横をしょっちゅう通っている府民でも、観光的に四天王寺に参ったことのある方はかなり少ないような気がします。



以前から「四天王寺ワッソ」という在日韓国朝鮮人などが中心となって、古代朝鮮風のみこしが舞うお祭りが開催されていて、ここ四天王寺で開催されているものと思っていたら違っていました。現在は難波宮で開催されているとか。現在は日によって露店が多数出店され、アンティークや古本などが売られ、賑わっているようです。境内へは自由に入れますが金堂とお庭に入るのは有料でした。ただあまり説明板なども整備されておらず、中に入っても期待できないと思い入るのはやめました。

TV番組で語られた秘密というのは、「四天王寺 金堂の基壇下には清水が湧き出している青龍池という池があり ここからこの水脈は ここより数百メートル離れた清水寺の玉出の滝につながっている」というものでした。番組ではなぜ池の上に金堂が建てられたかを、火災の際には金堂が池の中に焼け落ちることで、中の仏様が焼けることを防ぐ意味があったと説明していましたが、現地ではそういった説明などはありませんでした。

清水寺にも歩いて寄ってみました。ちょうど依然訪れた真田幸村最後の地であるといわれる安居神社の裏側に位置し、境内の周辺は少し小高い丘の上にありました。京都の清水寺を模してつくられたということで、清水の舞台と音羽の滝ならぬ玉手の滝というのがありました。こちらも観光寺院ではなく地元の小さなお寺という感じで、滝なども近年再建されたものの様でした。大阪唯一の自然の滝ということで珍しいものなのでしょうけど、井戸水か何かを人工的に組み上げて流しているように思えてしまいました。

大阪市内には寺町という地名もあって実際数多くのお寺があるのですがその多くが戦乱などで焼けて鉄筋コンクリート製のビルだったりします。お寺や神社に参ることについては熱心で信仰以外にも商売繁盛、家内安全といった御利益そのものが目当てとされているようなところもあります。だから寺社には京都や奈良のように観光的、歴史的建築などの要素があまり必須とされていないところがあるような気がします。

また四天王寺が建立された蘇我氏、物部氏が登場する頃は渡来人と渡来文化が歴史の中に濃厚で、そうしたことから関西人のDNAはそういったものを受け継いでいる文化的土地柄だと思います。ところが大阪には現代も在日の方がたくさんおられるという遠慮からか、何となく渡来文化を日本人の受け継いできたものと思ってはいけない、何か触れてはいけないようなところがあるようにも思います。

そういうややこしいところがないところが、太閤豊臣秀吉が大阪で人気がある所以かもしれません。

<embed src="http://map.yahooapis.jp/MapsService/Flash/V2/?appid=YahooDemo" quality="high" bgcolor="#ffffff" width="580" height="300" name="YFMap" align="middle" allowScriptAccess="never" type="application/x-shockwave-flash" pluginspage="http://www.macromedia.com/go/getflashplayer" flashvars="routexml=route.poi&crossDomain0=crossdomain.xml&pos=34.655113756973584,135.5142375074932&layer=4&mode=map&datum=wgs84&mapTitle=四天王寺と清水寺周辺&visibleMapTitle=true" />
Posted at 2012/04/27 11:26:03 | コメント(2) | トラックバック(0) | ツーリング&ドライブ | 日記
2012年04月14日 イイね!

オフと86試乗♪

オフと86試乗♪前日から来阪されているお友達のTarosaさんをホテルにお迎え&オリエントワークスへ。Tarosa号のメンテの内容は超機密情報なのでここでは書けませんが、Fチーフによるチューニングが今回も施されておりました。ひでぼうさんが到着し、昼食を済ませた後、話題のFRスポーツの試乗に行こうという話になりました。BRZの試乗車検索が近くでヒットしなかったので、平野のトヨタにおいてあった「86」に乗せていただきました。

****ここから86試乗インプレ*****

私自身、屋外で86を見るのは初めて。「アレ、小さいなぁ~。」というのが最初の印象。近くで見るとそうでもないのですが、屋根やボンネットなどの低さはS15やAE86よりFD3Sクラスの低さ。リアスポイラーやサイドステップなどのエアロパーツをゴテゴテつけなくてもスポーティなたたずまい。これがホントのスポーツカーですね。素直にカッコいいと思います。

ドライビングポジションは低めでサイドミラーが高いところにあると感じます。ドアは厚くはないのですが、ドアを開けて足を出すところにドリンクポケットがあるのが乗り降りの際に邪魔です。小径のステアリングは写真で見るよりかっこいいしステアリングもそんなに軽すぎずクイックすぎずでOK。6速MTはショートストロークでカチッカチッと決まるし、中々の剛性感です。

出力が低めの為かクラッチも軽いものが採用されていて、これならCMの黒木メイサみたいな女性でも街中を楽に運転できそう。発進やシフトチェンジも世間でよく書かれているような気難しいものとは感じなく、フツ~のカロバンや軽トラなどに乗ってる楽ちんな感覚でした。アイドリング発進できそうなくらい低速トルクもたっぷりあって渋滞も苦にならない感じ。3000回転くらいから樹脂製の箱が共鳴するような吸気音っぽい音がエンジンルームのほうから聞こえる演出も面白い。音質的にもっと金属っぽい音にするともっといいかも・・・。

街中走行だけですがコツコツと路面の凹凸を拾います。よくある国産スポーツは街中でゴツゴツ、ワインディングや高速ではフワフワ、というのが多いので、ここはまた別の機会に試乗し足回りを確かめる機会を探したいと思います。

86という車を乗って感じたことは「軽さ」ですね。
軽いから、出力面、ボディ剛性面、制動力、いずれも高価な部品や複雑なしくみが不要になる。軽いことによって得られるメリットが数多いことを思い出させてくれる車です。今日まで頭の中でトヨタ2000GTやFDなど色んな車と比較して空想してきましたが、近年だとホンダのDC5インテRなどがイメージ的に近いのかなと思います。DC5には乗ってみたことが無いのですが、乗り比べてみたら面白いように思います。

1点不満を感じたこと、それは肩まで大きくサポートされたタイトなセミバケットタイプのシート。肩部分が窮屈で普段乗るのが嫌になりそう。他の部分が快適で広い範囲のユーザー向けなだけにここだけは何故こんなに中途半端にスポーツなんだろう?

エコタイヤが生む横Gなんて知れていると思うし、肩が自由に動かせるほうが日常のバック駐車や後方確認が楽だと思う。高速やワインディングにおいてもむしろ膝横にニーサポートや頑丈なフットレストがあるほうが、公道で振り回して楽しく走る範囲には適していると思う。幼稚な走り屋チックにせず、大人な911あたりのシートのデザインを採用していたらと思います。でもスポーツカーに乗ったことのない一般大衆にはウケはいいのか・・・も???

欲しいと思えるかは、街で走っている姿を見て魅かれるかどうかですね~。

*****インプレ終わり*****

その後、夜は堺の焼き鳥屋さんで、お友達のJamesさんの全快祝いでした。
Tarosaさんひでぼうさんちゅわわさん、そして私の6名で深夜まで盛り上がりました。
次回は来月ツーリングオフですね~。楽しみにしております♪

写真はスマホ ARROWS X F-05Dで撮影 Instagramにて加工
Posted at 2012/04/26 00:11:18 | コメント(6) | トラックバック(0) | インプレ | 日記

プロフィール

「朝からこちらに来ています♪(^^)」
何シテル?   01/12 08:36
水平対向4気筒エンジンにちなんだHNで”FLAT4(フラットフォー)”と申します。 お出掛けと写真と愛車メンテの記録が中心です。 2006年にみんカラを...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/4 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

最高速今昔物語 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/05/02 22:51:01
 
新城・春花と愛車のある風景(撮影テクニック!?解説付き) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/04/15 20:14:27
【ニッポンの名車】目指したのは感動性能! 4代目スバル・レガシィ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/31 18:36:24
 

愛車一覧

スバル WRX STI スバル WRX STI
CBA-VABE4EH-66C [No.10/500] 2018年9月10日工場ライン ...
スバル R1 スバル R1
「小さいことの贅沢を味わう。R1。」 そのクルマは、乗る人の価値観を映し出す。 小さなボ ...
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
そのスペシャルティは、 グランドツーリングをスポーツへと昇華させる。 レガシィの卓越し ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
スポーツからGTへ 細かなトラブルはたくさんありましたが、 なかなかいい車です。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.