• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

FLAT4のブログ一覧

2017年11月26日 イイね!

京都・下鴨神社の紅葉撮影に行ってきました♪

京都・下鴨神社の紅葉撮影に行ってきました♪撮影の実習で、世界遺産 京都の下鴨神社(賀茂御祖神社)に行ってきました。

当初の予定では滋賀県大津市の石山寺に行く予定でしたが今年は紅葉の見頃が早かったそうで、急遽変更になりました。

紅葉の時期の京都は何処に行っても人が多いという情報から、今回も道路の混雑と駐車場の空きを考えて朝7時半に着くように行ったら誰もおらず1番でした。下鴨神社の例年の紅葉の見頃は関西では最も遅いようで12月の8~10日頃だからなのかもしれません。



1




集合の10時までまだ時間があるので、下鴨神社の糺の森(ただすのもり)をのんびり散歩しながら、本殿を目指すことにします。



2




今日の集合場所である南門の鳥居。まだほとんど観光客はいません。


3




振り返ってもこんな感じ。素敵な秋の散歩道です。


4





楼門の提灯には菊の御紋がありますが、屋根瓦には葵紋があります。
賀茂別雷神社(上賀茂神社)と賀茂御祖神社(下鴨神社)の二つの神社からなる賀茂神社は、古代氏族の賀茂氏(鴨族)の氏神を祀る神社で、賀茂氏の家紋の葵紋を用いているのだそうです。毎年5月に行われる京都三大祭の「葵祭」もこの家紋に由来しているんだとか。以前、「奈良・葛城みちをゆく♪」のブログでこの鴨族の話にもふれましたが、そのうちまた続編として京都も歴史探索したいと思っています。



5





下鴨神社の紅葉も先日の箕面と同じで、まだ色づき始めでした。


6





集合時間が近づいたので集合場所へ。
実習が始まるまでの時間、集まって来られた方たちと色々話すのがまた楽しいです。
皆さんの機材や装備の話やら、何処に撮影に行ってきたとか、ためになることばかりです。

先生の挨拶の前に、EOS学園事務局のTさんから、マナーに関する諸注意がありました。
・結婚式など、人を撮る時は顔にカメラを向けない。あるいは了承を得てから撮るように。
・三脚の使用に規制はありませんが、鳥居の内側では使用を自粛します。

先生からは下記のようなアドバイスがありました。
・曇りがちで太陽の光が弱いので、WBはくもり、ISOは400-800くらい、三脚ならもっと低感度にします。
・葉っぱの表面を撮る時の露出はマイナス補正、裏面から透過で撮る時はプラス補正します。
・いつものように絞りは開放とF11など、2種類撮っておきます。
・葉の反射を取り除くため、PLフイルターを使用します。

一昨年「紅葉撮影指南」の講義を受けてましたが、けっこう覚えているようで忘れてますね。あと、赤い色の被写体の露出はマイナス補正、黄色はプラス補正ってのも、基本でした。


7





1枚だけ残った黄色い葉っぱと歴史のある瓦屋根が印象的でした。

ここからはレンズを100-400mmの望遠に付け替えました。曇りということ、色づいたもみじまでの距離を考えてのことです。このレンズのフードにはPLフイルターを回すための窓が付いてるので便利なんですよね。


8





この赤い傘、表面は色あせてましたが、裏面から見ると綺麗でした。


9





先生が、「置いてませんよ」した紅葉の葉っぱ(^_-)。苔むした塀と背景の黄色いイチョウがマッチしてます。


10




濃くなりすぎた赤い葉は前ボケにしてみました。ボケに使うと色が薄くなるんですよね。


11





この提灯のところのもみじが一番キレイな色だったかな。


12




赤い紅葉と玉ボケの背景に、冬の赤い実


13




今回、カメラのGPSをONにするのを忘れてたので、どのポイントで撮ったのかわからない・・・。
境内内の古い建物をバックに撮ったもの。


14




赤とオレンジと黄色。色んな色があるのが秋色って呼ぶのかな。


15




木の塀を入れることで、人の手によって植えられたもみじって雰囲気が出ますね。

16




この金の灯籠、手前側からもみじ、もみじ側から灯籠、両方いくつか撮ったけど、もみじの色が良くなかったので、前ボケにしたこちらをチョイス。ボケが赤一色でないのもよかった。先生のアドバイスで灯籠の面積を少なめにしました。(もっと少ないほうがいいかな?)


17




この日は結婚式がとっても多かったです。中には和装した日本人だと思ったら、海外の言葉で会話しててびっくり。ハワイで日本人が挙式をあげるのと同じ感覚なんでしょうね。日本の文化が海外の方から愛されるっていいですね。そんななかで見かけた七五三参り。



18




斜めに伸びている枝に黄色く色づいた葉っぱ。バックの暗い緑の木々のおかげで陽に照らされて浮かび上がってくれました。


19





ここからは鳥居の外、糺の森なので、三脚を立てて撮影。風もなかったのでISOも100にしてレリーズを使用しました。落ち葉の上の木立の影を撮りたかったけど陽の光が少なかったな。


20




Vの字の木をバックに黄色と赤のもみじ。背景の緑もあって、秋ならではの日本の色ですね。


21




よくプロの写真家さんの作品で見かける「水面のゆらぎ」写真に先生のご指導の元初チャレンジ!
ポイントはSS1/125。絞り開放で水面のゆらいでいるところを探し、止まっているモノにピントを合わせる。あとはPLフイルターを少しだけ効かせるのがコツなんだとか。


22




もみじも色とりどり、背景も色とりどりの秋色、ポイントに木を入れて撮ってみました。


23




水面にあったもみじ(これは置いてないですよ)を入れてゆらぎを。絞り優先にしてたのでPLフイルターを回した時にSSが1/160に上がってしまった。やっぱり揺らぎの度合いが少し少ないかな。


24




今度はSS1/125で。こういう応用写真も場数が大事だし、もっと色んな水面の揺らぎを探して撮ってみよう。みんなで、あちこち探しながら撮る風景写真も楽しいです。


25




木の又から見える色とりどりの紅葉。

私たちが撮ってる場所は観光客の方が見るいわゆるインスタ映えポイントじゃないので人は少ないとこなんですが、私たちがみんなで三脚立てて撮ってるもんで、「何撮ってるんですか~?」とか聞いて遠巻きに集まってこられます。私が液晶で「こんな写真が撮れるんですよ♪」とかお見せすると「わースゴ~イ!!」なんて共感してもらえて、気がついたら何だか10人位、皆さんスマホや一眼レフでパチパチ撮り始められます。

お友だちが「私たちはお金払って教えてもらってるのにね~」とコソッと笑ってましたが、「やっぱりスマホじゃあんな風に撮れんなー」とかいう方たちと、にこやかにみんな笑顔で紅葉を楽しんでました。


26




先日、みんカラのお友だちがブログで撮影マナーについて書いておられました。
とかく大きな三脚や大きな器材を持っている人が、いい撮影ポイントを独占して場所取りしていることは、メディアで取り上げられることが増えましたね。私たちも撮影マナーには気をつけなきゃなと思います。

そんな時に思い出すのが佐藤 尚先生の講演で聞いた「写真は譲り合い」、「挨拶」、「動いて写す」などの言葉。せっかくきれいな景色の中なんだから、そこにいるみーんなが笑顔でありたいですよね!(^^)


27




この写真を撮るとき、私が「先生、PLフイルターが効いてるのかどうかわかりません!(^_^;)」と隣で撮ってる先生に助けを求めたら、「下の黒い瓦のところで反射がわかりますよ」と教えていただきました。先生はピント位置は瓦だと仰ってたけど、葉っぱに合わせちゃいました。先生は瓦の下の白い壁を構図に入れておられましたが、私は露出がそっちに引っ張られそうなのでカットしました。



28




丸ボケを真後ろに持ってきて、色がまだらになったもみじ。好きかも(^^)

いつも撮影実習は全員で20人くらいなのですが、私たちのグループはみんな仲良しです。今年から入られた方が「PLフイルターってつけたほうがいいんやろか?」とか「フードってつけなくてもいい?」など、先生に聞けずに迷ってそうだと代わりにアドバイスしたり、「ここから撮るとキレイですよ♪」、「こんな感じで撮れました♪」と互いに教え合ったり、ワイワイ老若男女で楽しいです。 


29




この葉っぱのまだらな部分がまたいいですね~。

写真って個人の感性とか出ちゃうし、撮影ってストイックな雰囲気があるから、余裕が無いとピリピリしちゃいがちだけど、せっかく小さな旅に出てるんだから旅先で色んな人と挨拶したり、会話したりすることを楽しみたいです。お友だちのレガバックさんみたいに一緒に記念写真とか撮れるようになるのが夢ですね(^^)



30





一部分だけ赤くなったもみじに赤と黄色の背景を♪

ちなみに今日みたいな撮影だとまずAFで合わせて、あとMFで細かく調節してます。(その割にはピント甘いですが・・・)狙った一枚の葉っぱの真ん中じゃなくて尖った先のあたりにしたいなって思ってました。三脚の場合はほぼMFです。そんな私の使い方にはもう型落ちになったEOS 6Dの透過液晶ではない、見やすいファインダーはとっても合ってます。もっと目が悪くなったら、その時はあきらめて新型カメラの優れたAFに任せようと思いますが・・・(^_^;)。


31





斜めに伸びた赤いもみじの枝と3本の上に伸びた幹。この3本の幹があることで引き締まりますね。

これを撮ってるのが解散前の集合場所近くだったから、もう器材を片付けて座ってるいるお友だちが「紅葉はようわからんから、途中で撮るのやめたわ~」と。そういやみんなで撮ってる時、いつもこの人いないんですよね~(笑)



32





下鴨神社の紅葉はまだまだこれからが見頃ですので、みなさん訪れてみられてはいかがでしょうか。ほっこりのんびり散策もできていいところです。



下鴨神社は近くに食べるところがないので、お昼休憩なしで13時に解散となりました。例年だとこれが最後の撮影実習なのですが、今年は12月にまた撮影実習、そして忘年会があります♪


この後は京都のお友だちとコーヒーして、オートバックスに寄って帰りました。紅葉のピークだと言うのにそんなに高速は混んでおらず、すんなり帰れました。


いつもブログを書いてて、「あのお友だちは見てくれるかな~?」と色んな方の顔を思い出します。今年も残り僅かになりましたが、いい一年で締めくくりたいものです。


長くなりましたが、最後までご覧いただいて有難うございますm(_ _)m
Posted at 2017/12/02 22:08:58 | コメント(8) | トラックバック(0) | ツーリング&ドライブ | 日記
2017年11月25日 イイね!

BIGBANG "JAPAN DOME TOUR 2017-LAST DANCE-"に行ってきました♪

BIGBANG "JAPAN DOME TOUR 2017-LAST DANCE-"に行ってきました♪毎年恒例の、BIGBANGのドームツアーLIVEに行ってきました♪

海外アーティスト史上初の5年連続ジャパンドームツアーということだそうですが、私は最初からずっと毎年ドーム参戦なので、これが当たり前になってしまっています。






今回は来年メンバー4人が兵役に入り長い活動休止となるため、通常にも増して多くのファンが詰めかけています。大阪だけでも今月と来月の追加公演で計7回の京セラドームライブがあります。





ファングッズも朝4時から並んでいるそうで、京セラドームの外を一周の行列を並ばなくては、欲しいグッズは買えないのです。併設のイオンモールの中もほとんどBIGBANGのペン(ファン)で一杯になってて、BIGBANG関連グッズをこの時とばかりに売ってます。




前回私は朝6時から並んで買いたいグッズが直前でSOLD OUTになった教訓を活かし、公式ネットショップであらかじめ欲しいものは注文しました。ライブ当日には手にできませんけどね。BIGBANGのグッズはヤフオクなどでプレミア価格で売れるので、この時とばかりに10万円以上買う人が殺到するんですよね。




お昼過ぎに会場に着いたら見事にほとんどSOLD OUT。ファンクラブの継続登録だけ済ませました。





今回は5年以上ファンクラブ継続してるメンバーには特別記念品がありました。活動休止するのにファンクラブ会員を継続しても意味が無いから、引き止めってことですかね(^^)





今年はファンミーティングもドームだったので、今年2回目のドームです。





席はスタンドの中段あたり、けっこう見やすくていい席でした。





誰のライブでも同じだと思いますが、開演前はPVが流れています。





盛り上がる曲になると、PVなのにもう総立ちでペンライト振りまくりです。そして、会場の熱気が最高潮になってくると音量が一気に大きくなり、そのままライブが始まるんです。





いつもより、多めの25曲。めっちゃ盛り上がりました。BIGBANGのすべての曲や歌詞、いつもながら最高です。そしてファンの掛け声とか、観客の息もピッタリ、6万人の歌声が京セラドームなのに音ズレしないってスゴすぎない?やっぱBIGBANGはファンも最高やわ♪


BIGBANGのメンバーも私たちファンもみんな一人ひとりが思ってる・・・。もしかしたらこれが最後のBIGBANGかもしれないってこと。メンバーのTOPが不祥事を起こしてしまったこと。韓国の兵役を経ると、色々人生観が変わってしまって解散しちゃうグループが多いこと・・・。SOLが「また必ず帰ってきます!」と言った時、普通なら大歓声で大喜びするはずなのに反響はまばらだった。期待しすぎちゃいけない。思い込んじゃいけないって、ファンは思ってるんだよね・・・。


私がBIGBANGを知った2011年の頃、私も当時どん底だったけどBIGBANGも不祥事で活動休止してて「もはやこのまま解散か?」と言われてる頃でした。でも、そんなBIGBANGの曲は私や私の家族に元気や共通の音楽の趣味をくれたんです。そっから「Still Alive(まだ生きてる)」ってALIVE TOURで復活、一気にアジア最高のトップアーティストに上り詰めた7年間でした。毎年家族でライブ参戦するのが恒例行事になってました。


「もし、これが最後だったとしても、今この瞬間は永遠に色褪せることはない。」というリーダーのG-Dragonのそんな言葉は、メンバーとファンの共通の想いでしたね・・・。





元々、「BIGBANGはカッコイイ存在でなくなったら、その時は解散する」と常々明言している彼らなので、兵役でどうなるかわかりませんが、どうか無事で帰ってきてほしい。そんな風に思います。
関連情報URL : http://ygex.jp/bigbang/
Posted at 2017/11/27 22:48:49 | コメント(2) | トラックバック(0) | BIGBANG | 日記
2017年11月19日 イイね!

奈良公園に行ってきました♪

奈良公園に行ってきました♪2週続けて箕面の山に行くのはやめようとカミさんが言うので、「じゃ奈良の飛火野に行こう!」と提案し、奈良に行ってきました。

ちょうど今は奈良パークアンドライドがやってるのですが、その駐車場は飛火野まで遠い奈良市役所。BEBEが(カミさんが)歩き疲れてしまいそうでしたので、高畑の周辺にクルマを駐めようと、レガシィで奈良の市内に向かいます。

ところがもう昼過ぎということもあって駐車場はどこも満車。色々さまよって、空いていたのは入江泰吉記念奈良市写真美術館の近くの駐車場でした。ここは穴場かもしれません。

オシャレな高畑やささやきの小径をぶらぶら、でも写真はありません。お昼をどこかで食べようとマクドの袋を提げていたからです・・・(^_^;)春日大社横を通って飛火野に着きました。





出発する前にペットショップで5mまで伸ばせるリードを買っていったのです♪





広い飛火野だと、もっと長いリードでもよかったなぁ。





紅葉も少しだけ撮りましたよ♪





飛火野といえば、この木。シンボルツリーかな?





そして鹿がたくさんいるんです。でもBEBEはこわがって吠えちゃうので鹿が寄ってきてくれません。





誰もいないように見えますが、この木の周りにはたくさんの外国人観光客の方々がおられ、この木とセットで写真撮影をされてました。ウェディングドレスの方も2組、この木をバックにカメラマンが撮ってました。






私は、飛火野のこの木を「鹿男あおによし」というドラマで知ったのですが、海外の方々もYoutubeなどにアップされてるのを観て来られたのでしょうかね。それともインスタ映えフォトスポットとして有名なのかな?





今日は撮影がメインではないので、ランチと運動を終えたらもう帰途につきました。





名残惜しげに、帰り道も歩きながら写真を撮りました。





浮御堂周辺も紅葉してて、いい雰囲気に撮れそうでしたよ。





奈良の紅葉はまだまだこれからも楽しめそうです。





帰りにカミさんに外でBEBEと待ってもらって、入江泰吉記念奈良市写真美術館に少しだけ立ち寄りました。中では学生さんや写真クラブなどの写真展もありましたが、「入江泰吉「古き仏たち」展」だけを駆け足で観覧しました。もっぱら撮影禁止の仏像が中心でしたので、写真の素晴らしさの前に撮れることへの羨みを感じてしまいました。また、ゆっくり他の写真も鑑賞してみたいです。


また、今週末はBIGBANGのライブに京都での紅葉撮影などもあるので、体力を温存しておかないと。
奈良はやっぱりいいですね。


最後までご覧いただいて有難うございますm(_ _)m
Posted at 2017/11/23 12:27:11 | コメント(2) | トラックバック(0) | ツーリング&ドライブ | 日記
2017年11月11日 イイね!

箕面の紅葉の色づき始めを見てきました♪

箕面の紅葉の色づき始めを見てきました♪関東に行った翌週の土曜日、朝からレガシィを洗車しました。
前回のブログで書き忘れましたが、ツーリングの途中で総走行距離が15万キロを突破しました。学生時代に毎日走りまくってたR30スカイラインで10万キロ越した後は、たいてい5万キロ前後で乗り換えることが多かったので、3倍乗ったことになります。

私のこれまで乗ったクルマは兎角ぶつけられたり、いたずらされたり、挙句にクルマごと盗られたりと、災難にあうことが多かったのですが、このレガシィはせいぜいドアパンチくらいで、これまで11年無事故無災害、まさに無事是名馬という名にふさわしい愛車です。

これを書いてる今日は朝からクルマの中とフロアマットに掃除機を掛け、本革シートもウール用洗剤を薄めた水に浸したタオルでゴシゴシ磨きました。最後にフロアマットにファブリーズで徹底除菌!きれいになりました♪


昼からはカミさんとBEBEを連れて箕面の山まで歩いていくことに。
箕面山は台風でたくさん木が倒れていて、箕面の滝までの途中で通行止めになっています。今回はそこまで行くとBEBEが歩けるか心配だったので、箕面の駅から近い西光寺(さいこうじ)まで歩きます。


1




西光寺の鳥居です。
通常、11月中旬から下旬に掛けてが紅葉の見頃なので、まだあんまり紅葉していません。


2




3




どなたかも書いておられましたが、もみじは光が透けると、とてもキレイです。

4




黄色から赤に変わりつつある葉も秋らしくて素敵です。

5






白と黒の背景のコントラストに浮かび上がる紅葉を捉えてみた。

6




この季節のつくる色合いは、何ともいえないなぁ。色づき始めの時期ならではの色。

7




特別な撮り方をしているわけではないけど、考えてこういう色を撮れるようになったのは、先生の指導のおかげだな。

8





9




下にうっすらと写ってるのは、神社によくあるガラガラの紐なんですが・・・。もっと絞らないとボケて見えませんね(^_^;)

10




何だかBEBEはまだまだ元気そうなので、ここから10数分ということで、滝道沿いにある瀧安寺(りゅうあんじ)まで歩いていくことにしました。


11





黄色い葉っぱもキレイ。これもこの後赤くなるのかな。

12




瀧安寺につきました。実際には25分も掛かってました。いつも思うのですがGoogleナビってどのくらいのスピードで歩くことになってるのでしょうね(^^)

13





鳳凰閣というそうです。

14




鬼瓦にピントを合わせて撮ってみました。帰って気がついたのですが瓦の家紋が平清盛と同じ揚羽蝶紋です。平家と何か関係があるのでしょうか。一度由来を聞いてみたいものです。


15




滝から降りてきた時に見える定番の構図。でも開放で撮っちゃった。失敗。
これは先生から「じゃ来週、撮り直しですね♪」って言われる写真です(^_^;)。


16



今の時期の山茶花、あちこちに咲いてるけど、うっすらピンクがかってる白い花好きです。


17




遊び心でスナップ写真も忘れないで撮ってます。(^^)

18




カミさんにリクエストされて撮った灯りを入れた写真。
ちなみにこのあたりは電線が地中化されて、灯りもLED化されたんですよ。
箕面市民ではないけど、箕面のまちづくりには詳しいFLAT4(^^)


19




うまく撮れるかわからなかったけど箕面川の紅葉の映り込みも撮ってみた。


20




これ撮ってたら「何撮ってるんだろ?」って、周りに人が集まってきて、焦った(汗)
液晶画面をお見せしたら、「オォーッ!」ってなって、みんなスマホで撮ってました。
でも、スマホでも同じように撮れるのかな・・・?


自分の過去の箕面の滝道の紅葉写真を見てみると、なんと2012年の秋。紅葉は5年ぶりだったようです。私のみんカラブログで「紅葉」で検索するといっぱい出てきますね。やはり秋が一番好きだからでしょうか。家から歩くと往復15kmくらいになるのですが、最近足腰の調子もいいので歩くのが楽しいです。



今週末はいよいよ箕面も紅葉の見頃ということで、明日もまた箕面へBEBEと一緒に行ってこようと思います♪


最後までご覧いただき、有難うございました(^_^)/~
Posted at 2017/11/18 22:23:50 | コメント(4) | トラックバック(0) | カメラ | 日記
2017年11月05日 イイね!

2017関東ツーリング ~群馬富岡・長野小布施~

2017関東ツーリング ~群馬富岡・長野小布施~11月3日からの2017関東ツーリング ~横浜・鎌倉~の続きです。

まっくろさんとゆっきーさんと別れて鎌倉を出発し、群馬に向かったのですが思った以上の渋滞。
途中からは雨が降り出しました。





お二人に教えていただいた通り、県道を通って行ったのですが、予定時刻をかなり過ぎて群馬のホテルに到着。チェックインを済ませてすぐホリデーツアーズの皆さんの待つ「何の前夜祭?オフ」2次会会場のカラオケに向かいました。




あんまりカラオケには行かないので、いざ歌うとなると緊張してマイクを持つ手も声も震えちゃいます(^_^;) 歌ったのは中島美嘉の「雪の華」。私のBPレガシィのオーディオ・マッキントッシュの開発時にサウンドチェックに使われてた曲です。(^^)



曲の歌詞の中でこんなフレーズがあります。

君がいると どんなことでも 
乗り切れるような気持ちになってる
こんな日々がいつまでもきっと
続いてくことを祈っているよ


私の、このみんカラで出会った方々に対する気持ちです。
もちろん、愛車・レガシィに対する想いでもあります。
そんなことを頭に思い浮かべながら、下手ながら歌ってました。(^_^;)

今回は久しぶりのホリデーツアーズのオフ会ということで、皆さん会話に夢中であんまり歌は歌ってなかったような気がしますね。その分、しっかり深夜1時までダベリました。(^^)






ツーリング3日目、11月5日の朝です。ホテルの窓からはSUBARU矢島工場が見えてます。
ホントはここの工場感謝祭に行くはずだったんですよね。中止であれば仕方ありません。




ホテルの前で朝からBPBLレガシィ並べ♪この後yukiGさんは別のところに~。





そして今回のツーリングのために新調したネグローニ ドライビングシューズ並べも♪
sioさんとNEWAGEさんに、完全にノセられてしまいましたが、大満足です。



高速ではNEW Tsukaken号とFLAT4号を後ろから撮っていただきました。提供(謎)の参加者さん
FLAT4号がめっちゃロールしてて、スピード感出てますね~。








市営の無料駐車場に駐めて、そこから今回のオフのメイン?の世界遺産「富岡製糸場」まで歩きます。






明治5年(1872)に明治政府が設立したそうで、歴史を感じます。






中ではガイドツアーをお願いしました。首から音声ガイド機をぶら下げます。ガイドさんの声がイヤホンから聞こえます。





ガイドさんの説明をみんな聞いてます~。まさに観光ツアーな感じです。





フランス式のレンガの積み方、そして木の骨組みを組み合わせているおかげで、頑丈なんだそうです。





ところどころ、修復などをされていましたが、明治当時の風景がそのまま残っている雰囲気でした。






この建物の中で生糸をつくっていたんです。白い柱が芸術的です。





当時の機械がそのまま残してあるなんてすごいことですよね。





昭和62年(1987年)まで、使われていたそうなんです。まだ最近なのにビックリです。





製糸場のうらは断崖絶壁。下には川が流れています。
当時の生糸はここからこの川を経て、横浜に運ばれ、アメリカに輸出されたんだそうです。
(これは帰ってから調べました。)









ゆるキャラのお富ちゃんも登場しました。ゆるキャラグランプリにはエントリーしてないとか。
ここに来ないと会えないレアキャラです。






明治5年がどんな年かと見ると、横浜に初めてガス燈が灯り新橋まで初めて電車が通った年でした。
まさに文明開化まっさかり、日本がまだまだ若々しい時代です。





地元の地域づくり協議会の皆さんが農産物も販売していました。





「狭い県道」道幅1.65m レガシィは流石に通れません。地元では軽自動車とか走るのでしょうか。





駅前です。観光客はこの時間からさらに増えていく雰囲気でした。






電車で訪れるのも旅情を感じられていいかもです。





駐車場からはこんなハイカラな観光バスも出ています。





前後に駐めているので、全体の集合写真は撮れませんでした。






オフ会最後のイベント、群馬といえば登利平の鳥めしです。









これまで弁当は食べたことはありましたが、お店で食べるのは初めてです。




今回はももと胸の両方入った松重をいただきました。あっさりムネ肉とコクあるモモ肉。ひと品で、2種類の鶏肉の異なる美味しさと食感が楽しめるぜいたく。私はつゆだくのコクあるモモ肉にハマりました(^o^)





この後駐車場に戻って、オフ会は終了。解散となりました。
オフ会を企画していただいたホリデーツアーズNH社長、有難うございましたm(_ _)m



ここから、私はNAさんと一緒に長野県を目指します。約130km走って着いたのはこちら。







長野県上高井郡小布施町にある「岩松院」というお寺です。






赤とんぼが2匹、並んでとまっていました。





本堂内の天井には葛飾北斎のの最大の作品があります。NAさんご夫婦は今回はこれを見るために訪れたというわけです。

天然の顔料絵の具を使っているためか、今でもとても色鮮やかです。
実物は撮影不可ということで、転載可能なWikipediaから引用しています。
でも、これは下絵のほうで、実物は周りの黒いところが金箔でもっと輝いていました。




出典:ウィキメディア・コモンズ (Wikimedia Commons)


私は日本画だと伊藤若冲の群鶏図などの精緻な絵が好きですが、この北斎の鳳凰図 は晩年の作品なのに若々しさやダイナミックさ、岡本太郎のような大胆さも感じました。おかげで帰ってから、また北斎のことを調べなおす日々が続きました(^^)






一茶が訪れ「やせ蛙 まけるな一茶 これにあり」と詠んだ句碑 なんかもありました。





恥ずかしながら、小布施という地名をこれまで意識したことがありませんでした。
多くの観光客も訪れていて、長野にこんな素敵な場所があるんですね。





NAさんに誘ってもらわなかったら、こんな素敵な絵や風景を見ることもなかったです。
無邪気な気持ちで、行ってみると新たな感動がありますね。





ここで、NAさんと別れ、約450kmの帰途につくことになりました。

「北回りで帰ったら?」というNAさんの言葉に従わず、Google経路探索の時間で比較して1時間早い中央道経由を選びましたが、これは失敗だったようです。岡谷JCTあたりで大渋滞でした。






それでも今回の大渋滞での、ネグローニでのマニュアルのクラッチ操作はかなり楽でした。やっぱりドライビングシューズは普通の運動靴とは違って、力の伝わり方がダイレクトですね。





残り約150kmという養老SAで、最後の休憩は21時くらいでした。
不思議なもので、昔だと遠く感じた養老あたりが、もう今だと近く感じます(^^)


今回のツーリングは、ラジエーター修理というメンテの後だったので若干心配でしたが、水温も安定していてまったく何の問題もなくエンジンも絶好調でした。



3日間の総走行距離:約1,350km トータル歩数:33,048歩 総歩行距離:24.13km
クルマの距離も長いですが、同じ行程内での歩いた距離も長かったです。(^_^;)
でも、やっぱ旅はいいですね。レガシィでこんなに長い旅をしたのは初めてですが、最高でした。



3日間の間、お会いした皆さん、ニアミスした方、ハイタッチした皆さん、本当に有難うございました。

そして、最後までご覧いただいた皆様、本当に有難うございました。
関連情報URL : http://www.tomioka-silk.jp/
Posted at 2017/11/16 22:12:06 | コメント(6) | トラックバック(0) | ツーリング&ドライブ | 日記

プロフィール

「雨が上がったのでR1を洗車してもらってます♪(^^)」
何シテル?   11/14 11:17
水平対向4気筒エンジンにちなんだHNで”FLAT4(フラットフォー)”と申します。 お出掛けと写真と愛車メンテの記録が中心です。 2006年にみんカラを...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

最高速今昔物語 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/05/02 22:51:01
 
新城・春花と愛車のある風景(撮影テクニック!?解説付き) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/04/15 20:14:27
【ニッポンの名車】目指したのは感動性能! 4代目スバル・レガシィ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/31 18:36:24
 

愛車一覧

スバル WRX STI スバル WRX STI
CBA-VABE4EH-66C [No.10/500] 2018年9月10日工場ライン ...
スバル R1 スバル R1
「小さいことの贅沢を味わう。R1。」 そのクルマは、乗る人の価値観を映し出す。 小さなボ ...
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
そのスペシャルティは、 グランドツーリングをスポーツへと昇華させる。 レガシィの卓越し ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
スポーツからGTへ 細かなトラブルはたくさんありましたが、 なかなかいい車です。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.