• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ザクとは違うのブログ一覧

2017年10月21日 イイね!

舞鶴港&三方五湖

今週の日月の2日間で舞鶴港と三方五湖に遊びに行ってきました。
舞鶴は我が家から最も近い軍港。
自衛艦がたくさん停泊していました。





実は近くの桟橋に行くと、目の前に停泊している自衛艦をどアップで撮影できたのですが、それに気付いたのは桟橋が閉鎖された時間の後。
残念orz

写真を撮っているとお昼を迎えたので、赤レンガ工場群を再生した建物内で海軍カレーを食しました。


港では、港内一周の遊覧船があります。
コースは二つ。
一つは自衛艦観覧コース、もう一つは引揚ゆかりのコース。
自衛艦が見たかったのですが、時間に間に合わず、引揚コースへ。
そこではこんな光景が。

これ、なんだと思いますか?
実は桟橋の柱。
太平洋戦争が終わって、シベリアなどからの引揚者が船に乗ってここ舞鶴港へ到着した、その跡です。
港いっぱいに広がる柱の群れは、当時、万感の思いを持って、この桟橋に降り立つ人と出迎える人、そして周りの景色を眺めたことでしょう。

その日の宿では窓から港を眺めつつ、1人ビールを飲みながら地元の海産物に舌鼓を打ちました。


さて2日目。
三方五湖へ移動します。
ここには「レインボーライン」なる有料道路が走っており、ワインディングドライブを楽しみます。
ちょうど11月末までの期間限定で、料金が半額になっていました。
ラッキー♪

そのルートの中ほどに、山頂公園というのがあり、そこからは5つの湖すべてが見渡せるということで、上ってみました。
するとなんということでしょう。
雨天の影響で360度真っ白。
何も見えませんorz

仕方なく、用意しておいたシングルバーナーとコーヒーのセットを取り出し、公園内の東屋でコーヒーを飲んで霧が晴れるのを待ちます。
しばらく経ってから再度覗きに行くと…

どうにか少しだけ。
でも晴れていれば絶景が望めたはずだと確信できました。

これはまた再訪しなければ!
そう心に誓った2日間でした(´▽`)


ここで少し舞鶴港についての個人的な意見。

一時期ほどで無いにせよ、艦これはまだその力を維持しています。
最近では「アズールレーン」なる艦船ブラゲーも人気だとか。
でも港周辺ではそうしたPR戦略は取っていない様子。
お土産屋さんでもそうした商品は全く扱っていませんでした。
むしろ「引揚」をテーマにしたお菓子などが多くあったことに驚きました。

恐らく引揚は当時の舞鶴として非常に重要な、そして非常に感動的なテーマだったのだろうと思います。
しかし戦後長い年数を経て、そうした実体験(引揚者及び迎える人たち)を持つ方は高齢化の一途を辿っています。
港周辺には飲食物販ともお店らしいお店はほとんどなく、市役所と公園があるだけという寂しさ。

仮に「まち起こし」という観点で考えるなら、引揚をテーマとする部分は博物館などでしっかりと残しつつ、国内に数少ない軍港としての魅力を前面に押し出した観光戦略を進めるほうが、アイデンティティが明確化するのではないでしょうか。
自衛隊も隊員確保に難儀しているようですから、積極的な協力も得られそうな気がします。

先日行った呉は、大和ミュージアムの隣に大きなショッピングセンターもあり、周辺にも軍港であることをテーマにした観光スポットが多く点在するため、短時間では回りきれないと感じました。

呉や横須賀・長崎などに比べると規模の小さな軍港ですが、ポテンシャルは十分なはず。
今後の舞鶴に期待したいと思います。
Posted at 2017/10/21 17:20:56 | コメント(2) | トラックバック(0) | もろもろ | 旅行/地域
2017年10月14日 イイね!

新車の契約!

新車の契約!現在の愛車・プレマシーはもう約10年乗りました。
家族4人が乗るには十分な広さがあり、荷室も大きいのでキャンプ道具もたくさん積めるし、シートアレンジも多彩で、ハンドリングや走りっぷりに特段の不満もなく、これまでのところ大きな故障もなく、順調に走ってくれています。

ただ、ぼちぼち他の車に乗ってみたい。
そんな気分になってきていました。
とはいえ、私の車の使い方とスタイリングの趣味に合う車がなかなか見つからない。
時代はミニバンからSUVに変わり、ステーションワゴンはそもそも選択肢がかなり限られます。
そんな中でちょっと気になっていたのが、画像にある車。
ホンダ・シャトルです。

サイズはプレミー君より少しだけ小さいのですが、センタータンクレイアウトにより荷室が大きく取られており、外見も先代のフィットシャトルに比べると、だいぶ洗練された印象を持ちます。
試乗ではコックピットに適度な包み込まれ感があり、車内は静かで、アクセルを踏んだ時のレスポンスも上々でした。

ということで、先週の土日にディーラー巡り。
A店で見積もりをもらい、1発目の値引き額を聞きだします。
ホンダはあまり引かないというイメージがありましたが、意外と大きめの数字。
40代前半かと思われるディーラーマンとは、車の話題で盛り上がります。

「シビックは名前が悪いと思います。昔のシビックは大衆車でしたよね。その印象を持っている方にはこの価格帯では売れないでしょう」

なるほど確かに。
名前から受けるイメージって意外と大きいかもしれません。

そしてB店。
先ほどの値引き額を伝えた上で、競合させると宣言。
20代半ばあたりに見えるディーラーマンは一昨年くらいまで整備の現場にいたそうで、メカの話しで盛り上がります。

「今の車の内装はほとんどクリップで付いているので、簡単にはがせますよ。弄る予定があるなら、何でも聞いてくださいね」

ふむふむ、頼れそう。
ただ、値引きはA店ほどではありません。

持ち帰って検討。
こうした交渉ごとは、長引かせて1万2万の駆け引きをしても労力対効果がよくありません。どうせなら早期決着を図りたい。
そこで両店に条件を出しました。

「グレードやオプション、下取りなど全てを同じ条件で出すので、そちらの店で出せる限界の数字を出してほしい。それを見た結果、それ以上の交渉はせず、一発勝負で決める。」

そうしたところ、A店からは、ビックリするような値引き額が飛び出しました。
しかも当日は店長が不在だったようで、担当の一存で出した数字とのこと。
かなり驚きました。

次にB店。
やはり値引き額はA店ほどではありません。
10万円くらいの差があります。
普通ならA店で決まりでしょう。
でもここで考えました。
ディーラーとはその後の付き合いもある。そう考えると、信頼性も重要な要素となります。
整備の話もB店なら気軽に聞けそう。
彼は趣味がキャンプでもあるとのことでした。

悩んだ末、条件提示。
次の条件を飲んでくれたら、B店で契約する、と。
 ・オプションの一つ(リアスポ)は諦める
 ・プレミーのホイールをスチールに取り替えてほしい
 ・車外品のオーディオとスピーカーを取り付けてほしい


ディーラーマンは早速店長へ連絡し、長い調整の結果、回答が来ました。
ディーラー 「分かりました。それでお受けします。」
ザクとは違う「では、よろしくお願いします。」

よしっ!

価格差は埋まりませんでしたが、信頼とサービスを勝ち取るということで、決着させました。
ディーラーマンは涙を流して喜んでしました。
彼はこれまで月販10台ペースを維持しているそうで、今年の目標は「120台」だそうです。それって週2台以上のペースなので、かなりものすごいですよね。少なくともこの地方ではトップなのだろうと思います。
そんな彼が、1台の契約に涙を流す。
彼曰く、
「ザク違さんは交渉上手ですね。こんな厳しい交渉は初めてです。しかも価格ベースではなくて当店を選んでいただいたのは、本当に嬉しかったです。」
そうまで言われるほどの交渉上手でもありませんし、営業トークが含まれてはいるものの、そう言われると単純にうれしいですね♪

後日、A店には心からのお詫びも添えての連絡を差し上げました。

そして今日夕方、契約書にサインしてきました。
自身初のホンダ車。
自身初のハイブリッド車。
納車は来月中旬予定です。

楽しみだな~(≧▽≦)
Posted at 2017/10/14 21:38:07 | コメント(4) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2017年10月08日 イイね!

スマホ買ったった

スマホ買ったった昭和な感覚のもと、オールドタイプな生活を続けるザクとは違う。
無論、ケータイはガラケーです。
いや、でした。

今まで使っていたのはこちら←
パナソニック・P-03C

周りからは「なんでスマホにしないの?」とさんざん言われました。
それでも約5年の間に、電池パックを2度交換し、時々落としてしまってあちこちに傷がつきましたが、特に不具合も発生せず、機能的にも特別不便を感じることもなく、穏やかなガラケー生活を続けていました。

しかし、少し前から自宅中心でタブレットを使い始め、機械音痴なハモン様も「ちょっと調べたい時には便利だね」と言い出しました。
確かにちょっとした調べモノとか、みん友さんのブログを閲覧するだけなら、わざわざPCを立ち上げるより便利。

ということで、ついに夫婦揃ってスマホ導入↓


GALAXY SC-04J
ドコモが出した格安スマホ第1弾です。
ヘビーユーザーからすると「クソスマホ」などと揶揄されているようですが、「メール、LINE、カメラ、ネットで調べモノ」程度しか使わない昭和夫婦には、これでも十分すぎます。
初めての機械に少し戸惑いつつも、各種設定などを行い、いよいよLINE導入。

しかし。
インストールは順調に行きましたが、どうやって使うのか分からない。

何をどう設定すればいいの?
友達リストはどうやって作るの?
メッセージを送るにはどうするの?
LINEのIDって何?
「知り合いかも?」ってどういうこと?
画像の添付は出来るの?
文字数制限はあるの?


分からないことだらけ\(◎o◎)/

待て待て、分からないことはググれ。
なに?
「友達の自動追加」がオンになっていると、電話帳の情報を持っていかれる!?
勝手に友達登録されて、いきなりメッセが届く!?
しかも持っていかれた電話帳情報は消せない!?

どうやら初期設定で電話帳の同期をしてしまうと、面倒なステップを踏まないとダメらしい、と。

 ①電話帳のバックアップを取る
 ②電話帳を白紙にする
 ③ラインの設定で「電話帳の同期」をオン(白紙状態で上書き)
 ④再び「電話帳の同期」をオフ
 ⑤電話帳のバックアップデータを戻す


うーむ、LINE恐るべし。

とりあえず友達自動追加はオフに変えました。
電話帳のクリアはちょっと怖いので、もう少しスマホの扱いに慣れてからにしようかな…。
まずは使って、慣れてみないと。
昭和夫婦の苦闘の日々は続きます…。
Posted at 2017/10/08 22:04:29 | コメント(5) | トラックバック(0) | パソコン | パソコン/インターネット
2017年10月07日 イイね!

ナイトドライブの楽しみ♪

先日行ったWロケット発射場ツアー初日、大阪のガンダムスクエアに立ち寄ったのですが、その近くにあったガチャガチャでこんなものを発見。



LEDライトがゆらめきながら光るというシロモノ!
「昔のガチャガチャは1回10円だったのに」というセコイ思い出を持ち続けている私は、「最近は高いな~」というイメージが強いです。
でもこれは買い!

しかし単純にこれだけで飾るのは芸がない。
ということで、少しだけデコレートしてみました。



炎部分以外の本体は色を塗りなおし、軽くドライブラシもかけて、プラバンで台座を作って、庭で拾った石を配しました。
炎の揺らぎ具合もいい感じ~♪

早速車のダッシュボードへ貼り付け!



これで次のナイトドライブの時は、車に乗りながらキャンプ気分が味わえます。
さて、どこへ行こうかな~(´▽`)ノ
Posted at 2017/10/07 09:45:17 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2017年10月01日 イイね!

いつでも1人キャンプ♪

いつでも1人キャンプ♪Wロケット発射場ツアー中、内之浦のロケット発射見学場で、発射施設を見ながら、カップヌードルとコーヒーを楽しみました。

これが非常に楽しかったので、ドライブ先で思いついた時に同様のことができるよう、ちょっとした道具を車に常備しておくことにしました。

それが画像のような状態。
後部座席の座面を上げたスペースに格納します。
あとはバーナー用カセットガスを現地調達すればOK!

車内泊を想定に入れるならば、これでいつでも1泊旅行が楽しめちゃいます♪

ん~、どこかへ遊びに行きたくなってきたー(≧▽≦)
Posted at 2017/10/01 09:19:31 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ

プロフィール

このトシながら人見知りが激しい性格なので、オフ会などは出席できませんが、それ以外の形で、できるだけ濃いお付き合いができるといいなと思っています。 なお、お...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

お友達

お友達のお誘いは、数回以上のコメントのやりとりの後でお願いしたいと思います。
突然のお誘いを頂く方には、お断りを申し上げることとさせていただいておりますので、何卒よろしくお願いいたしますm(_ _)m
34 人のお友達がいます
R.ブラウンR.ブラウン * Mura(黒いリック・ディアス)Mura(黒いリック・ディアス) *
ろあの~く。ろあの~く。 * YOSSHIYOSSHI
成田のオッサン成田のオッサン Endooooo!!Endooooo!!

ファン

51 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ プレマシー プレミー (マツダ プレマシー)
中古です。 ディーラーの試乗車上がりです。 どノーマルです。 普段あんまり乗りませんが、 ...
その他 キャンプ その他 キャンプ
我が家の行ったキャンプ場をまとめておく場所です。
日産 プリメーラUK 日産 プリメーラUK
今でも最高のクルマと思っています。乗り心地、エンジン音の響き、ハンドリング、使い勝手など ...
スズキ ワゴンR スズキ ワゴンR
亡くなった義父の形見です。 一応、ウチの奥さんがメインドライバーってことになってましたが ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.