車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月26日 イイね!
ブログタイトルにもあるように、ランバラル大尉を敬愛するザクとは違う。

その愛機は、MS-07B「グフ」。

この前の3連休中に「2作品のガンプラを完成させる!」と宣言してありましたが、2作品目はMGグフVer2.0です。


ガンプラを作り始めてもうウン十年になりますが、実は、MGはこれが初。
少し前にいろんなことに対する意欲が激しく下がり、ガンプラ作りも消極的になった時期がありました。
でも何か手を動かしたい。
ということで考えたのが素組み。選んだアイテムは「MGグフVer2.0」、というわけです。

古いキットなので、今更完成品の説明はしません。
代わりにグフについての考察をしてみたいと思います。

まずフォルム。
ザクとの違いのひとつがショルダーアーマー。
これが謎です。
なぜ湾曲しているのか。
急速接近してトゲによる打突攻撃をするなら、ザクのような形がベターなはず。
しかも肩を回すたびに湾曲したトゲの先が頭と干渉しますw
組立説明書では視覚的威圧効果と説明されていますが、それはちょっと…。
例えば武装等をぶら下げるためのフックということでしょうか?
でもぶら下げたものを固定できないし…w
どなたかいい考えはお持ちでないでしょうか?

次に武装。
グフといえば、ハンドバルカン、ヒートロッド、そしてヒートサーベル。
このうち「電撃だっちゃ!」のヒートロッドが注目されがちですが、実はヒートサーベルがすごいという話はご存知でしょうか。

↑の画像はよく見ると思いますが、実はこの場面の直前、ヒートサーベルをシールド裏から取り出すときには刃部分は存在しておらず、その後、刃の部分が束部分から出てくるように形成されます。
つまりヒートホークのように、実態としての刃があって、それが熱せられて目標物を溶断するということではなく、いわゆるビームサーベルと同じ仕組みになっているということです。
従来、ジオンは連邦のようなビームサーベル製造技術を持たなかったとよく言われます。
ザクのヒートホークしかり、ドムのヒートサーベルしかり。
ゲルググになってようやくビームナギナタが実装されています。
しかし、実はグフの段階で既にビームナギナタと同様の技術が開発され、しかも実戦投入されていたのです!
しかもグフのヒートサーベルもゲルググのビームナギナタも、連邦のビームサーベルのような単なる直線構造ではなく、刃部分を湾曲形成できています。
ビームの射出元が束の部分だとすると、どうやってその先を湾曲させるのか?
ジオンの技術、恐るべし…。

それでは最後に、グフの接近戦術を、キットを使ってシミュレートしてみたいと思います。
まずは遠距離。

素早く移動しながらハンドバルカンを撃ちつつ、少しずつ距離を詰めます。
移動と射撃は、相手に的を絞らせないためで、バルカンによる破壊効果は求めません。
ちなみにザクマシンガンは口径が120mmであるのに対し、グフのハンドバルカンは75mmです。

次に中距離。

これまた素早く移動しながらヒートロッドで牽制。
ヒートロッドは当たれば大きな効果が望めますが、主な目的は的を絞らせないこと。
この時点まではヒートサーベルは刀身を出しておく必要がありません。(画像では出てしまっていますが(^^ゞ

最後に近距離。

ビームサーベル的ヒートサーベルで、斬!

いかがでしょう?
戦場の風を感じながら、ゲリラ的な攻撃を繰り返すMS・グフ。
障害物の多い市街地や森林内よりも、アニメのように荒涼とした砂漠で戦うほうが、グフの性能を生かしやすい気がします。

でも自分がMSに乗るなら、やっぱり接近戦は怖いなぁ…。
Posted at 2017/03/26 17:23:30 | コメント(7) | トラックバック(0) | ガンプラなど | 旅行/地域
2017年03月19日 イイね!
3連休の2日目。
今日は早朝からハモン様と娘二人は卒業記念旅行でTDRに行ってしまったため、今日明日は久々の独身生活ですw

そしてガンプラ製作にいそしむザクとは違う。
3連休の目標は、「2つのガンプラ作品を完成させる」こと。
まず一つ目が完成しました。
それがこちら↓


100均でポケットティッシュのケースを売っていたので、それにジオングをレリーフ的に貼り付けたというシロモノですww

ジオングのみを拡大すると、こんな感じ。


カラーリングをオリジナル版とは少し変えてあります。
オリジナル版はこちら↓


実はこの作品、裏側にはこんなネタも仕込んであります。


製作時間は約10時間位でしょうか。
私にしては、かなり順調な作業ペースでした。
何しろ、楽しんで作れたのが一番ですね♪

さて、あともう1作品。
時間はあと1日ちょっと。
間に合えーっ!!!


ちっちゃな作品ですが、一応フォトギャラってみました。
ジオングレリーフ付きティッシュケース

Posted at 2017/03/26 17:24:54 | コメント(2) | トラックバック(0) | ガンプラなど | 趣味
2017年03月18日 イイね!
先日完成したムサイ級改造軽空母「IBUKI」。
楽しんで作ったとは言うものの、実は艦橋付近のなんとなくの寂しさというかアンバランスさというか、そのあたりが完全な満足感には至ってはいませんでした。
でもその後しげしげと眺めるたび、だんだんカッコよく思えてきました。
特に斜め後ろからのショット…。






最初の画像はケータイの待受け画面にも設定してしまいました(^^ゞ
みん友さん方の素晴らしい作品群に比べれば、なんともお粗末なものではありますが、あくまでも個人の趣味と楽しみとして捉えるならば、まぁいいかと(笑)


さて、今日から今年度最後の三連休。
平日で仕事をこなしきれていないので出勤しようかという迷いもありましたが、思い切って3日とも休むことにしました。
実は明日からハモン様と娘二人はTDRへ卒業記念旅行。
(上の娘は高校受験合格祝いも兼ねて)
私は一人の時間を存分に楽しむことができます。

では何をしようか…。
やはりガンプラ、艦これ、ビリヤード、このジェットストリームアタックです。
ガンプラに関しては3日の間に2つの作品を完成させたいと思っていますし、明日と明後日はビリヤードを3時間ずつこなそうと考えています。

そのビリヤード、ちょっとずつ練習を重ね、少しずつ上達しているような気がします。
先日も「厚み」の練習。
厚みとは、手玉と的玉の重なり具合のことです。
これが「厚い」状態↓


これが「薄い」状態↓


どのくらいの厚みで当たると、どの角度で的球が進んでいくのかを体得するのが、今の目標です。
現状は、比較的近い距離なら7~8割くらいでポケットできるかな…というくらい。
ただ、的玉に当たった後の手玉のコントロールまでは全然意識が及んでいません。
と言いつつ、楽しんでますが♪

そして、さらに充実したビリヤードライフを送るため、キューケースを新調しました!


本当は紺か黒がよかったのですが、赤ければなんでも3倍だからいいかなとwww

さて、それではガンプラ工作に戻ります!
Posted at 2017/03/18 22:55:26 | コメント(5) | トラックバック(0) | ガンプラなど | 趣味
2017年03月05日 イイね!
先日、久々に再会した友達とビリヤードをやるようになりました。
当面、月1回くらいのペースで一緒にやろうという話になっており、先日もプレーしてきました。
ただ、やはり誰かと一緒だと自分の練習というのはなかなか出来ません。

なので今日は近所のビリヤード場(と言ってもカラオケ屋の併設ですが)へ行って1人ビリヤードをしてきました。


ここで、ちょっと恥ずかしいのですが、我流の「狙い方」を披露したいと思います。


的球(9番)を白い矢印のほうに進めたいとすると、その反対側、つまり赤い矢印のほうから押してあげればよいことになります。よって、その位置に手玉(白い玉)を持っていけばよいことになります。

しかし、それが難しい。
特に角度が付いている場合、どこに狙いをつければよいのか、わかりづらくなります。
そこで私は、キュー先を目印にします。

手玉と的玉が接触する点から、手玉の中心までの距離と同じ距離を、キュー先で測るとすると、ちょうど青い矢印のところあたりということになります。

これを実際の配置に置き換えてみると、こんな感じ。

青い矢印を狙えば、的球はコーナーのポケットに向かうことになります。
でも青い矢印の場所は目印がないので、その向こう、つまり手玉から青い矢印に伸ばしたラインの先が的球のどの位置に当たるかを見ることになります。
それが白い矢印。


そう、白い矢印の場所を狙えばよいことになるという仕組みです。
今日はまずこの仕組みを使って練習。
大体7割くらいはポケットできるというのが、私の現状です。
ただ、この仕組みを使っても、↑のような配置(いわゆる「く」の字型)は比較的ポケットさせやすいのですが、その逆向きはなかなか入りません。
何か癖があるのかな…

「目印を使えば9割ポケットできる」くらいになるといいのですが、ここでキュー先目印を使わずに撞く練習をしてみました。
結果、シュート率は約5割。
もう少し上げたいですね…。

上達には精進あるのみ!
来週も行こうかな~♪
Posted at 2017/03/05 13:10:20 | コメント(3) | トラックバック(0) | もろもろ | 趣味
2017年03月04日 イイね!
長らくお待たせしました。
昨年末から取り掛かっていたムサイ改造による軽空母がようやく完成しました。
その名は「IBUKI」。
太平洋戦争末期に旧日本海軍が鈴谷型重巡洋艦をベースに建造した軽空母「伊吹」の名前から取りました。

まずはオラ設定から。

1年戦争末期、ジオン軍は連邦軍のMS対策に頭を悩ませていた。
量に勝る連邦MSに、ジオン既存艦船のMS運用能力は対応し切れず、被害は増える一方だった。
こうした中、被弾損壊したムサイ2隻をベースに軽空母を建造する案が提示され、即実行に移された。
同艦ではMS10機の他、露天甲板上で5~6機程度のオッゴが運用可能であり、多数の対空火器の設置と相まって、艦隊防空能力は大幅に向上したとされる。


なんちって(^^ゞ

今回はかなり大規模なフォルムの変更を行なうため、事前に絵を描いたり粘土で作ってみたりしました。ただ、完成形は全然違うものになりましたが(^_^;)

さて、それではいよいよ画像をご覧いただきましょう。
まずはキットの船体を切り刻んで…


真ん中にプラバンで作った箱を挟み込み…


エンジンユニットも作り…


そして完成!
こちらっ↓


艦首にはコムサイ2機が格納されています。
名づけて「ツインコムサイシステム」w
船体中央にはMS射出口が上下2段になっており、試製カタパルトも設置してあります。
下段ハッチは開閉式です。


艦橋は右舷側にオフセットし、左舷側にはMS収容関係施設を設けました。


艦橋周りのごちゃごちゃ感は大好物♪
マストの先端を赤白で塗り分けたので、いいアクセントになったかな。


従来の宇宙用艦船は凹凸の少ないフォルムが多いようですが、現用艦船の上部構造物周辺は各種計測機器や対空装備、それらの連絡通路等が多数設置され、非常に複雑に作られています。昨年夏に愛知県豊橋港で見たイージス艦「こんごう」もそうでした。
ホワイトベースやザンジバルならともかく、大気圏を往還する必要の無い宇宙専用ということなら、そのように作ってみよう、ということで、あえてごちゃごちゃとくっ付けてみました。
またこの作業の楽しいこと楽しいこと♪

簡単ですが、台座も作りました。
下向きに伸びているコムサイの主翼保護ということで。


さらに今回はごちゃごちゃ感を増すため、同スケールのオッゴも4機作りました。
それぞれに武装を変えてありますが、そのうち1機は素手ですwww
「例え素手でも任務は(ry」


シメは以前に作った防空巡洋艦ムサイとの揃い踏み。




やはり艦船モデルは作っていて本当に楽しいです。
一般的にガンプラモデラーはほぼMS一辺倒ですが、個人的にはウォーターラインシリーズを作りまくっていた経過もあって、ガンプラでも通常兵器にはつい力が入ってしまいます。
なんだろう、実物の兵器と比べやすいから、作りこみやすいのかな…。
特に今回は、「大規模改造」「左右非対称」「密度感の演出」というテーマを掲げ、いずれも一定の成果を得たと感じています。
積みの中にはサムソントレーラー、ドダイ、ザンジバル、ガウがあり、特にサムソンはリバイブグフとセットで作りたくて仕方ありませんw

でも次回作はガンキャノンの予定。
自身初のクラッシュモデルに挑戦しようと思っていますが、さてどうなりますやら…


例によってフォトギャラってあります。
興味のある方はご覧くださいm(__)m

ムサイベース軽空母「IBUKI」(製作編)
ムサイベース軽空母「IBUKI」(完成編その1)
ムサイベース軽空母「IBUKI」(完成編その2)
ムサイベース軽空母「IBUKI」(完成編その3)
Posted at 2017/03/04 18:13:46 | コメント(7) | トラックバック(0) | ガンプラなど | 趣味
プロフィール
「今週、まだもう一日ある。なんか、曜日の感覚がおかしくなりつつあるかも(笑)」
何シテル?   03/30 23:21
このトシながら人見知りが激しい性格なので、オフ会などは出席できませんが、それ以外の形で、できるだけ濃いお付き合いができるといいなと思っています。 なお、お...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
お友達
お友達のお誘いは、数回以上のコメントのやりとりの後でお願いしたいと思います。
突然のお誘いを頂く方には、お断りを申し上げることとさせていただいておりますので、何卒よろしくお願いいたしますm(_ _)m
32 人のお友達がいます
Mura(黒いリック・ディアス)Mura(黒いリック・ディアス) R.ブラウンR.ブラウン
濱TOP濱TOP Shiuzy!Shiuzy!
YOSSHIYOSSHI gs4339hgs4339h
ファン
50 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ プレマシー プレミー (マツダ プレマシー)
中古です。 ディーラーの試乗車上がりです。 どノーマルです。 普段あんまり乗りませんが、 ...
その他 キャンプ その他 キャンプ
我が家の行ったキャンプ場をまとめておく場所です。
日産 プリメーラUK 日産 プリメーラUK
今でも最高のクルマと思っています。乗り心地、エンジン音の響き、ハンドリング、使い勝手など ...
スズキ ワゴンR スズキ ワゴンR
亡くなった義父の形見です。 一応、ウチの奥さんがメインドライバーってことになってましたが ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.