• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ザクとは違うのブログ一覧

2017年07月24日 イイね!

ひっさしぶりの家族全員キャンプ

最近、私が行くキャンプは、1人とか友達同士とかが多く、家族と行くことは少なくなってきました。
特に上の娘が難しい時期なので、「誘ってもどうせ来ないだろう」という不戦敗感が夫婦に漂っていることが主因と言えます。

でもせっかく夏休みに入ったので、たまには一緒に行きたい!
ということで、勇気を振り絞って(笑)上の娘を誘ってみました。

ザク違「今度、キャンプ+テニスに行こっか?」
「うん」

意外とあっさり。
ちょっと拍子抜けしました(笑)

予定ではこの日曜月曜で和良川公園オートキャンプ場へ泊まりで行き、その近くにある道の駅併設のテニスコートで2日連続汗を流すという計画でしたが、あいにく荒天の予報だったので、やむなく日帰りに変更。

行き先は愛知県豊田市にある「三河高原キャンプ村」。
平日だったこともあり、貸切状態でした♪
キャンプサイトの隣には牧場が広がり、牛が放牧されているという、のどかな環境。


設営が終わると早速テニスコートへ。


家族4人とも久しぶりのテニスです。
普段、上の娘との会話がほとんどないので、ここぞとばかり娘の相手を名乗り出て、早速プレー。
まずは近距離でのボレーボレーをして反射神経を研ぎ澄まし、少しずつ距離を広げてコート全体を使う打ち合いをします。
プレー中はとにかく褒める!

「そう!その感じ!」
「おぉ、いいねぇ」
「よし、今のショット、すごくよかった!」
「ほら、できた。器用だな~」


会話のキャッチボールまでには至らないものの、娘の表情が明らかに柔らかくなり、時々笑みさえこぼれます。
よしよし、いいぞ俺(爆)

でも、体力の限界が…。

休憩がてら、ハモン様に交替。
少し休んだ後、今度は下の娘の相手をします。
下の娘は運動神経ゼロ。
特にボールゲームは全くダメです。
なのでまずはラケットの使い方を教え、素振りをさせ、次に近い距離でボールを投げてそれに当てる練習から。
粘り強く教え続けると少しずつ上達します。
30分後には、5m程度の距離で軽い打ち合いができるまでになりました♪

あっという間に2時間終了。
4人とも汗びっしょりですが、清清しい気分です。

その後は簡単なお昼を食べて、デザートには定番のマシュマロ焼き。


お昼には少し雨も降りましたが、家族全員、気分よく一日を過ごすことができました。
なんといっても娘二人とも「テニスたのしかった!」と言ってくれたことが一番の収穫かな。

この勢いで次はテニス合宿だ!
次回はそらくんを連れて4人+1匹でいっくぞーっ!!!
Posted at 2017/07/24 23:02:59 | コメント(1) | トラックバック(0) | キャンプ&温泉 | 旅行/地域
2017年07月17日 イイね!

みん友さんと泊まりキャンプ

ぼちぼち今年の梅雨も終わりそう。
そんな中、みん友の陳晏さんと泊まりキャンプに行ってきました。
行き先は「和良川公園オートキャンプ場」。
3連休ということもあり、現地に到着した14時頃には、既にたくさんの家族連れがキャンプ場を埋め尽くしていました。
我々もちゃちゃっと設営。


短時間の設営ではあるものの、二人とも汗びっしょり。
「そうだ、涼みに行こう」
ということで、近くにある美山鍾乳洞へGO!
小高い場所にある現地は、洞内に入る前から少し涼しいです。
さらに中に入ると…

ザク違・陳晏「涼しいっ!!!」

まさに感動的な涼しさ。
全身の汗がすーっと引いていきます。



小1時間ほど洞内を歩きましたが、出口付近は延々と階段を上り続けるため、再び汗をかいたのは内緒です(爆)

キャンプ場に戻ると、そろそろ夕飯準備の時間。
今回のキャンプのために陳晏さんが持ってきたのはこちら↓

伊江島産のラム酒「イエラム・サンタマリア ゴールド&クリスタル」です。
私の中のラム酒は、香り付けやカクテルのベースとして使われているという認識で、ラム酒単体で飲むのは今回が初めてです。
陳晏さんいわく、国内でラム酒を作っている場所は極めて少なく、そのうちの1箇所が伊江島なのだそう。
彼はこれをふるさと納税によって手に入れたそうですw

せっかくのいい酒なので、コースターも凝ってみました。

これは昔、雑誌「Lapita」(BE-PALの別冊)の通販で入手したもので、永らく納戸の肥やしになっていたものを先日見つけ、キャンプ用として復活させたものです。
残念ながら紙製なので、繰り返しの使用には耐えられませんが、表面にはちょっとおしゃれな絵が描かれ、裏面にはカクテルの解説が書かれているという、おっさん心をくすぐるGOODアイテムです。

閑話休題。

ラム酒、度数が高いので割って飲みましたが、芳醇な香りがいいですね~♪
呑みながらの会話は仕事の話、遊びの話、今のこと、将来のことなど、多岐に亘りました。

ザク違「今のTOPは外からの血を入れるようになったけど、どうせ短期間での交替が続くだろうから、その都度方針が変わって、組織の足腰が弱くなるし、そうなると人材も離れていってしまうのでは」
陳晏さん「でも技術屋さんには人気があるらしいですよ」
彼らのモチベーションが崩れていかないことを切に祈ります。

陳晏さん「将棋は指すのも見るのも楽しいですね~」
ザク違「最近はどれだけAIに近い手を指すかが勝負になってきてる様子。でもそれって人間が指してるってことになるのかな。藤井君はそれで勝って楽しいのかな」
陳晏さん「多分楽しいんだと思いますよ。勝つために指しているんでしょうし」
これからの将棋界はどうなっていくのでしょうね。

などなど…。
話は尽きず、周りのサイトが寝静まった11時半頃まで盛り上がってしまいました。

さて、翌朝は朝食を済ませたら早速移動。
おっさん二人でどこに遊びに行こうかと悩みましたが、結局汗を流しに温泉へ。
行き先は奥飛騨にある「ひらゆの森


こちらは入泉料わずか500円(コインロッカーは非リターンで100円)にもかかわらず、露天風呂が男女合わせて16もあります。
ドライブと設営撤去で疲れた体を、しっかりと癒してきました♪

そしてお昼は、温泉のすぐ近くにある蕎麦屋「よし本」。
こちらでは山菜そばを食べてきました。

土筆やタケノコなどがたくさん乗っており、蕎麦もほどよいコシがあって、大変おいしゅうございましたm(__)m

帰り道、陳晏さんに恐る恐る泊まりキャンプの感想を聞いてみました。

陳晏さん「楽しかったですよ。非日常に飛び込んで、その中でゆっくり酒を飲みながら楽しい会話もできたし、朝の空気もすがすがしかったし、温泉や蕎麦もよかったですしね」

誘った私に対する気遣いもあろうかと思いますが、少なくとも悪い印象は少なかった様子。ホッ(´▽`)
機会があれば、また行けるといいね~。

そして来週には娘とキャンプデートに行く予定。
このシーズンは楽しいな~♪♪♪
Posted at 2017/07/17 22:06:06 | コメント(3) | トラックバック(0) | キャンプ&温泉 | 旅行/地域
2017年07月02日 イイね!

名都美術館で日本画鑑賞

先々週の桑山美術館に続き、今日は愛知県長久手市にある「名都美術館」へ行ってきました。
今年は開館30周年にあたり、現在は「近代日本画の精鋭たち」という、日本人画家の傑作を集めた特別展が行なわれています。



美術館自体は敷地も狭く、建物も小さめのつくりなので、展示点数も限られていますが、内容的には横山大観、東山魁夷、川合玉堂、平山郁夫、田渕俊夫など、メジャーな画家の作品がいくつもあって、かなり見ごたえのある展示でした。
展示には、愛知県美術館などのように個別の解説はあまり付されていませんが、画家本人の言葉が添えられており、展示の絵と相俟ってその世界に引き込まれるつくりになっていました。

その中から、お土産に買った絵葉書をいくつか。


富田渓山「月下紅白梅」

手前の紅白梅と背景の月が見事に描写されていると感じました。


川合玉堂「清流雪景」(清流魚釣・雪山蒼崖)

雄大な自然の中に佇む釣り人の姿や、近景と遠景を組み合わせた構図が素晴らしいです。


東山魁夷「ハルダンゲル高原」

ひたすら続く雪景色ではありながら、陽の光が当たっている様子を描写することで、不思議な温かみを感じさせる作品です。


館内には他にも素晴らしい作品が数多く展示されていました。
今回の展示は7月11日から後期展示に入れ替わるのですが、驚いたことに、今回のチケットの半券を持っていれば、後期分が半額(400円)で入館できるとのこと。
展示期間中に作品の入替を行なうことはままありますが、半額になるというのは初めてです。
通常だともう一回分の料金を求められるか、年間パスポートを買ってくださいというのが一般的ですが、この施設は良心的ですね♪

じつはこの施設、小さな敷地内にこんな庭園が造られています。

展示を見終わった後に至る小さなホールに若干数のイスが置かれており、そこからこの景色が見渡せます。
イスに座って、傍らに置かれている図録を手にしつつ、ハモン様と展示品の感想を述べ合う。
楽しい時間です。

先日行った桑山美術館も、時々行くメナード美術館もそうですが、名古屋市及びその周辺には企業や個人の篤志家が作った小さな美術館がたくさんあります。
海外の有名な芸術家の作品展示は、大規模な美術館のネットワークがないとなかなか実現しないようですが、日本人画家を中心とした展示はこうした小さな美術館の得意分野なのかもしれません。

予想外に素晴らしかった名都美術館(失礼m(__)m)。
後期も期待できそう。
ハモン様と再訪を約束したのは言うまでもありません。
Posted at 2017/07/02 17:06:00 | コメント(1) | トラックバック(0) | 美術館めぐり | 趣味
2017年06月25日 イイね!

跳上げ式メガネのインプレッション

LOW眼が着実に進む中で、メガネをかけている身だと、近くを見るときにはメガネが邪魔になります。
今まではメガネを外して片手に持つなり、口にくわえるなりして見ていました。
もちろんプラモデル制作時はメガネケースへ。
一応、近用メガネは持っていますが、その都度掛け換えるのもめんどくさい…。

そんな中、約1年ほど前にとある大学教授の方とお話していたとき、その先生がメガネレンズを持ってクルリ。
跳上げ式メガネとの最初の出会いでした。

以来、ずっと気になっていたのですが、ついに、先日ハモン様に買ってもらうことにしました。
まずはフレーム探し。
ネットでも扱っていますが、やはり毎日使うものだし、実物を見て決めたい。
そしてメガネ屋さんめぐりへ。

最初の店「置いてません」
次の店「以前は置いてましたが」
3店目「これとこれがそうですね」
4店目「取り扱っていません」
5店目「このあたりがそうです」

うーむ、意外と少ない。
5店目は4~5種類程度置いてありましたが、どれも安っぽく、しかもオッサンくさい(笑)
3店目も2種類のうちひとつはオッサンくさいものでした。
ということで、事実上一択。

跳上げ式も、仕組みは大きく分けて2種類。
ヒンジが中央にひとつあるものと、両レンズの上部にひとつずつあるものです。
耐久性では二つヒンジでしょうが、デザイン的にはひとつのほうがカッコいい。
それが先ほどの一択となったものです。

跳上げ状態はこんな感じ。
まずは通常時↓


跳上げ状態その1

ヒンジの数に関わらず、ここまでしか上がらないものがほとんどです。
でも模型工作などをする場合、前にせり出したレンズはちょっと邪魔になりますし、ヒンジの位置が低いので、レンズが目線に掛かって見づらいです。

そして跳上げ状態その2

今回買ったものは、ここまで上がります。
こうすると視線にもかかりません♪

実際に使ってみても、例えば本屋で細かい文字や画像を見るときに、瞬間「クルリ」とすればよいので便利です。

ただ、何かの拍子にレンズが微妙に動いてしまうことがあり、その都度元の位置に戻すということが発生します。
これが意外と気になる。
普段からちょくちょく動いてしまっていないかチェックする癖が付きつつあります。

使い出してからまだ1ヶ月も経っていないので、色んな意味での「慣れ」もあるかと思いますが、まずは使ってみようかなという状況。
少なくともランバラル・ブルーのフレームカラーはお気に入りです♪
Posted at 2017/06/25 15:15:52 | コメント(2) | トラックバック(0) | もろもろ | 日記
2017年06月18日 イイね!

桑山美術館

最近、ハモン様と時々行くようになった美術館。
今回は名古屋市昭和区にある「桑山美術館」に行ってきました。

事前の調べでは小さな建物のようで、来館者もごく少数とのこと。
開館時間の10時に行くと、一番乗りでした。


※ちなみに駐車場は↑の脇に7台分(無料)あります。

現在は「自然を写す 心を映す~日本画から一句~」というタイトルの展覧会が開催中。
横山大観、川合玉堂などの日本画家の絵の脇に、その絵に合わせた俳句が一句添えられているという趣向です。
例えば…


横山大観 「杜鵑」(注・←ほととぎす)

「時鳥(ほととぎす)われより上に山もなし」子規 


川合玉堂 「嶋之春」

 「春の海 終日(ひねもす)のたりのたりかな」蕪村

などといった感じ。

私たち夫婦以外には数名程度しかいない静かな館内は、ゆっくりと各作品を鑑賞することができ、わずか30点ほどしかないにもかかわらず、約1時間を過ごすことができました。

この美術館、お願いすると個別の解説もしてくれるそうです。
「来館者が少なかったら、今度は解説してもらおうか」とハモン様と話しました。

また、この美術館は屋上に上がることもでき、名古屋駅周辺の高層ビル群などが一望できます。
さらには、こんなキレイな庭も。



茶室まであったりして。


敷地は決して広くはありませんが、来館者の少なさと相まってプライベート感が高く、ゆったりとした時間が過ごせます。

さて、心が満たされた後はお腹を満たします。
今回行ったのは美術館の近くにある「諏訪屋」というお蕎麦屋さん。


ハモン様は十割蕎麦を注文していました。
いずれも大変おいしゅうございましたm(__)m

さ、次はどこの美術館に行こうかな~♪
Posted at 2017/06/18 22:08:44 | コメント(1) | トラックバック(0) | 美術館めぐり | 趣味

プロフィール

「@ろあの~く。 いかがなものか…」
何シテル?   07/25 22:45
このトシながら人見知りが激しい性格なので、オフ会などは出席できませんが、それ以外の形で、できるだけ濃いお付き合いができるといいなと思っています。 なお、お...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/7 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

お友達

お友達のお誘いは、数回以上のコメントのやりとりの後でお願いしたいと思います。
突然のお誘いを頂く方には、お断りを申し上げることとさせていただいておりますので、何卒よろしくお願いいたしますm(_ _)m
32 人のお友達がいます
ろあの~く。ろあの~く。 * おつるおつる *
gs4339hgs4339h 器≪Utsuwa≫器≪Utsuwa≫
濱TOP濱TOP Mura(黒いリック・ディアス)Mura(黒いリック・ディアス)

ファン

52 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ プレマシー プレミー (マツダ プレマシー)
中古です。 ディーラーの試乗車上がりです。 どノーマルです。 普段あんまり乗りませんが、 ...
その他 キャンプ その他 キャンプ
我が家の行ったキャンプ場をまとめておく場所です。
日産 プリメーラUK 日産 プリメーラUK
今でも最高のクルマと思っています。乗り心地、エンジン音の響き、ハンドリング、使い勝手など ...
スズキ ワゴンR スズキ ワゴンR
亡くなった義父の形見です。 一応、ウチの奥さんがメインドライバーってことになってましたが ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.