• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

くうればのブログ一覧

2018年10月20日 イイね!

初秋 四国ツーリング:CB400SS

初秋 四国ツーリング:CB400SS台風シーズンも終わったみたいで、中四国地方もしっかり秋が感じられます。

CB400SSでリターンして、ソロでリハビリ中ですが、意外なところに同輩がいました。
職場の同僚(同い年)のPC壁紙に何やらバイクの画像。
ちょっと覗き込む。
SR? いや… CB400SSか?

自:「これ○○さんのバイク? GN125じゃなかったっけ?」
〇:「のりかえたんよ~、ええで~、400のシングル」
自:「これ、CB400SSじゃろ~?」
〇:「そうじゃ、よう知っとるね~、珍しいじゃろ~」
自:「やられた…」「かぶっとるよ~」
〇:「ひょっとして、あんたもか?」
自:「リターンズじゃ~、おんなじCBですわ~」


ということで、意気投合、CB談義に花が咲き
同僚が計画中の四国ツーリングに混ぜていただくことになりました。

四国の美しい自然が堪能できましたので、
よろしければお付き合いくださいませ。


大人のゆる~いツーリングということで、
決めたのは、行先は四国カルスト、石鎚スカイラン、と1泊の宿泊先。
細かいルートは気分次第という感じで、スタートです。


10月14日(日) AM5:45 広島宇品港~フェリーで松山へ

  おやじ① : BMW RnineT
  おやじ② : CB400SS 赤白
  おやじ③ : CB400SS 青白



呉港を通り過ぎ



音戸の瀬戸、ダブル音戸大橋をくぐり抜け、



日の出を拝み



四国が見え始めます。
遠くに石鎚山が見えます。



松山市街地で若干迷い、国道33号線を高知方面へ
道の駅「みかわ」



そして、一気に四国カルスト。
姫鶴平



天空のカルスト地形は初めて観る景色。
ここが海底にあったとは…

お約束の記念写真
天狗荘、ここで引き返します。



空に吸い込まれそうです。



はしゃぐおやじ



ツーリングライダーの多さに驚く。
1980年代を思い出します。



赤毛の牛くん。
肉牛でしょうか? おいしそう… いや、健康そうな牛たちです。 



なかなか進みません(笑)
行っては戻り、また行っては戻り…
インカムを装着して行ったのですが、これが良かったのか悪かったのか…



尾根伝いに道が続きますが、何処も絶景!
晴れていて良かった。



絶景は続きます。



朝・昼・夕 と3往復はしたい。



四国カルストから下界に降り、太平洋も観ておこうと、須崎方面へ南下。
はしゃぎすぎて腹が減ったことも忘れていました。

道の駅「布施の坂」で四万十うどんを頂きます。
川のりを練り込んだ薄緑色の麺。



須崎で太平洋にタッチして、内陸に引き返し、宿泊地の梼原に向かいます。

今回の宿泊地、雲の上ホテル
新国立競技場の設計者でもある、隈研吾氏の設計によるホテルとギャラリーです。







食事はちょっと贅沢しました。



おつかれさんです。



ホテルの設備はちょっとヤレタ感じですが、食事は絶品!
出汁の味が関西人にはたまらないやさしい味付け。
食材の鮮度にこだわりが伺えました。
(お汁の三つ葉にも香りとシャッキリ感が…唸りました。)

明けて
10月15日(月) AM8:30 ホテル発

石鎚スカイラインへ向かいます。



石鎚スカイラインは単調な山坂のぼり道。
石鎚神社到着。





ここから尾根伝いに、UFOラインを目指します。

こちらも絶景。
カルスト地形の名残りもありながら、険しい峰が続きます。



落ちたら終わりじゃ~



秋の色付きが見え始めています。



ここでも行ったり来たり。





四国の峰々が眼下に納まる。



UFOラインから国道194号へ、
寒風山トンネル新道に出るつもりが、旧道に入ったので、仕方なく舗装林道をひたすら下山。

今治へ、
しまなみ海道



しまなみ 西瀬戸道~山陽道と一気に高速道路移動。
シングルエンジン、アップライトなライディングポジションには辛い道程です。

おやじのヘルメット3態。
これ、申し合わせて揃えたわけでは無く、偶然なんです。



Araiのオープンフェイス、同じ帽体、頬パットが出っ張っていて
デザイン的にはあまり評判良くないヘルメットだそうです。
3人ともホールド感で選んだらこれになった。  です。

高速の途中で、バラバラ離脱解散。

 PM5:00 帰着。



四国はいいですね~。
山坂道、林道、渓流、
自分のクルマ趣味全開で満喫できる土地ですね。
今回、たくさんの渓流も観察できたので、今度は釣りで…


本日もご覧いただき、ありがとうございました。

Posted at 2018/10/20 23:45:30 | コメント(3) | トラックバック(0) | バイク | クルマ
2018年10月06日 イイね!

ETC取り付け改善 その2:CB400SS

ETC取り付け改善 その2:CB400SS毎週末の台風襲来、勘弁してくださいです。
自宅近辺はやや強風と通り雨で無事にやり過ごせた感じです。
これから東北・北海道に影響が出るそうですので、まだまだご注意ください。





先週に続き、CB400SSのETC取り付け改善、
ETCアンテナホルダー(取り付けベース)編。
これで、一旦終了の予定。

アンテナがハンドルバーにホルダーを介して取り付けられますが、
ベースがアンテナ本体より大きく、イグニッションキー操作にも邪魔になります。
(黄色の線の左をカット)



既製品のベースはステンレスt=1.2mmです。
切断しようと金切り鋸を当てますが、硬いです。
またまた、アルミ板t=2.0mmの切れ端があるので、製作してみます。
軽量化?



ラフスケッチして、ケガキます。



ケガキに沿って切り出し。
シンプルな形状なので、万力で掴んで、口に沿って切断。
これが結構真っ直ぐ切れて仕事が早い。



切り口は、鋸目が残りますが、直線に切れます。
(万力の口の精度次第です…)



鋸目をヤスリで均して、ラフ仕上げ。



穴あけして、切り出しは完了。



曲げも万力を使います。
板厚2mmなので、ケガキ線から1mm出したところを掴みます。
(万力のチャックの平面を使って曲げます。)



直接ハンマーで叩くと凸凹になるので、厚めの板を当てて叩きます。
(ワイヤーブラシの柄が丁度良かったので流用です(笑)、黄色の〇部分が使う部分です。)



曲がりを確認しながら、口金の際をコンコンやります。



90度曲げるので、こんな感じで、あとは上から椹木をして叩いて、平滑にします。



こんな感じ。



素材が出来たので、仕上げです。
端面のヤスリ掛けと表面の研磨、チャック痕を削りたかったのですが、
結構深く跡が付いていて、磨き程度では消えません。
(万力のチャックに銅板などを挟めばいいのですが、切断や曲げの場合ずれることがあるので…)

チャック痕はこのままにしときます。





アルミの地肌なので、一応防錆としてクリアラッカーを塗装しておきます。



こんな感じで、ベース出来上がり。



取り付けます。



アンテナ本体を屋外用両面テープで貼り付け。




完了。

あとはETCゲートの試走、なんですが… 台風でお預け。


台風中のごにょでした。

Posted at 2018/10/06 20:00:54 | コメント(2) | トラックバック(0) | バイク | クルマ
2018年09月29日 イイね!

ETC取り付け改善:CB400SS

ETC取り付け改善:CB400SS台風24号の進路が21号と近いのが気になります。
近畿~東海地方の方はご注意ください。

9/29(土)、中国地方は終日雨模様でした。
明日の午後、台風最接近ということなので、今のうちにごにょっておきます。



CB400SS購入時にETCを付けたのですが、販売店でのセットアップで取り付けサービスとのことで、全部お願いしたのですが、アンテナの位置やハーネスの取り回しが・・・???


個人的にはバイクに電装品後付けという概念が無いので実態がどうなのか知りませんが、
耐候性に勝る自動車でもこんなええ加減な取り回しはせんぞ~。
というレベルの取り付け状態です。
赤男爵さん大丈夫かな~?


取り付け不満:その1
ETC本体がサイドカバーの裏に取り付けてある。
 ・サイドカバーは樹脂の爪でフレームに嵌っていて、
  ETC本体の重量が掛かると爪が曲がったり折れたりしまいか?
 ・防水スロットの蓋を開ける時は、サイドカバーからETC本体を外さねばならず
  手間が掛かるし、サイドカバーを落下、本体とハーネスに無理な力が掛かる。




⇒改善策:ETC本体を車体側に取り付け、本体を外さないでスロット開閉できるようにする。
 エアークリーナーカバーの取り付けビスを利用して、ETC本体の取り付けBRKT製作してみる。




取り付け不満:その2
アンテナ本体の取り付け位置が悪い。マスターシリンダーリザーブタンクの真上。
ハーネスも不自然に突っ張っている。



⇒改善策:アンテナホルダー位置をハンドルポスト付近に移動
       ハーネスもアクセルケーブルに添わせる。


取り付け不満:その3
アンテナハーネスの本体までの配策がエンジン上部に垂れ下がり&熱害懸念大。



⇒改善策:フレームに添わせて、タンクの裏に入れる。
       コルゲートチューブに入れて、遮熱&干渉から保護する。


施策:その1
 ETC本体の取り付けBRKT製作
  エアクリーナーカバー付近の採寸とBRKTのラフデザイン
  

  アルミ板 t=1.0mmを切って曲げて穴開けて。

  

  ヘアライン仕上げなど・・・こだわったところで、見やしませんので、適当に。

  

施策:その2
 アンテナホルダーをハンドルに固定する。
 ちょっと奮発して、メッキ&アルミ&ステンレスの品物。

  
  3000円くらいでした。
  

  こんな感じで。




施策その3
 アンテナハーネスをコルゲートチューブで保護。

  

  フレームチューブ、アクセルケーブルやクラッチケーブルに添わせるレイアウト。

  
  
  


そして、これらを取り付けていきます。

  ETC本体用BRKTをエアクリーナーカバーに取り付け。
  
  
  
  本体を取り外し可能なように、マジックテープで貼り付け

  

  ハーネス類を整理して、シート下のスペースに入れます。

  

  こんな感じで、サイドカバー外したら本体は取り付けたままでスロット開閉できます。
  BRKT上部に車載工具のスペースも生きているので、車載工具取り付け可能。
   しかし、車載工具と取説は引き継がれておらず、別途手配が必要です。
多くの中古車は車載工具や取説が抜き取られていますが、陳腐な工具取ってどうるるんでしょう?

  

  アンテナハーネスはタンクの内側に入り、垂れ下がり改善。

  

  アンテナ本体は、ステアリングポスト付近に、
  ベースプレートのサイズが大きすぎなので、別途アルミ板で適正サイズに造り替えます。

  


以上で、台風前ごにょ終了しました。


毎週末の台風と雨で、リハビリが止まったまま。
来週はどこか山坂道に行きたい・・・
Posted at 2018/09/30 00:23:26 | コメント(1) | トラックバック(0) | バイク | クルマ
2018年09月22日 イイね!

自動二輪再び:CB400SS

自動二輪再び:CB400SS秋のお彼岸。
日々秋らしくなってきています。

狭い自宅倉庫にバイクが2台あると、日々増えてくるガラクタの収納に困ります。
XLR80とリトルカブなのですが、XLR80はタンク錆とキャブレター修理の途中で放置したまま、リトルカブは息子が就職して以来、ほとんど乗らず(豪雨災害のときは大活躍)。



と言うことで、倉庫内整理のため、1台に集約(バイクが無いと寂しいので…)。

この2台、
XLR80は、奥様の友人宅で朽ちていたのを頂いて再生、山遊びに使用、約25年所有。
リトルカブは、インジェクション化されてすぐ2007年新車購入。
ほぼ息子のバイトの足で働いてまいりました。

子供達は就職し、家庭の環境も様変わりしてきたので、色々整理して、老後に備えようかと・・・
この2台を売りました。



大した金額にはなりませんでしたが、兼ねてから気になっていた単気筒エンジンのバイク、
CB400SS(中古車)の購入資金に。
CB400SS、何やら中古車市場で人気が出ており、価格が上がり始めている様子。
体力あるうちに乗っておかねば・・・

ノーマルで程度が良さそうなのをいろいろ探して、この方と巡り合い。
決め手は、色です。 青。 僅かにグレーが入った青メタリック。



ミラーとサイレンサーはノンオリジナル。
ミラーはホンダ純正ですが、丸型から角型に変更され、
サイレンサーはウエリントン(WM)のキャプトンタイプのスリップオンに交換されています。

キャプトンタイプはこの車体デザインには不似合いかな・・・
排気音もパタパタと若干軽薄気味・・・
しばらくはこれで乗ってみます。



このモデルも10年以上前のバイクですが、非常に扱い易く、いいですね。
フロント19インチという大径タイヤは、我々の年代には懐かしい運転感覚です。
ヒラヒラと切り返すのは苦手ですが、リヤのスライドに対する操縦性はオフ車感覚です。

リヤで乗る感じ、というか。。。

安定して骨太な運転感覚は、何となく4輪のKUGAと同類の感覚です。

長く付き合えそうです。


Posted at 2018/09/22 23:12:25 | コメント(2) | トラックバック(0) | 近況 | 日記
2018年09月11日 イイね!

広島先行公開:鯉のはなシアター

広島先行公開:鯉のはなシアター今日はクルマネタでは無く、地域情報です。
9/7に広島先行公開になったシネドラマ(映画)
『鯉のはなシアター』の紹介です。


広島カープの歴史をバックボーンに閉館寸前の映画館の立て直しに挑むヒューマンドラマです。
野球やカープに詳しくなくても見ごたえのある映画になっています。

特に主演のチュートリアル徳井さんの黒田選手張りの「男気」演技には男が惚れます。
そして主演女優、矢作穂香さんも広島弁をナチュラルにこなし、好演。

(以下AEON CINEMA 作品紹介から抜粋)

【どんな映画】
広島ホームテレビの番組「鯉のはなシアター」から生まれた、桝本壮志の小説を原作にしたヒューマンドラマ。
閉館寸前の映画館を訪れ、経営再生の提案をする男の姿を映し出す。
メガホンを取るのは『ラジオの恋』などの時川英之。お笑いコンビ・チュートリアルの徳井義実、ドラマ「イタズラなKiss」シリーズなどの矢作穂香、『ドルメンX』シリーズなどの小越勇輝らが出演する。

【ストーリー】
上京したものの夢破れ、故郷の広島に帰ってきた24歳の愛実(矢作穂香)。祖父の映画館が経営難で閉館間近だと聞いて落ち込んでいると、徳澤(徳井義実)という謎めいた男が現れる。彼は、万策が尽きたと諦めている愛実の祖父ら商店街の人々に、スポンサーを持たない市民球団からスタートしたプロ野球球団「広島東洋カープ」が経営危機を乗り越えた際のエピソードを話しながら、映画館再生のアイデアを出す。

 予告編はこちら↓↓↓







徳井さんの演技はお笑い芸人であることを忘れる本格役者。



矢作穂香さん、綺麗な女優さん。なかなかの演技派、注目株 かな?

エンディングに流れる、
野々村彩乃さんの唄による「それいけカープ」が結構泣けます。

広島県民以外の方にも是非ご覧いただきたい、感動映画です。


そして、本日、映画館にサプライズ来場していたのは、この方。



愛実のお父さん役で出ていた 八嶋智人さん、と監督:時川英之さん。



画面で見る通り、気さくな方でした。




Posted at 2018/09/11 22:46:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画 | 音楽/映画/テレビ

プロフィール

「@グゥマッハさん バッテリー突然死、最近よく聞きますね。私は前回交換から5万キロ経過したので、予防交換しました。国産?Panasonic Caos試してます。」
何シテル?   10/20 23:53
くうればです。よろしくお願いします。 前車はクロカン林道仕様でしたが、クーガで藪漕ぎはかわいそうなので、林道遊びはクルマと相談しながらぼちぼちやります。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

ミヤコ自動車工業 Mタッチ (ドライブシャフトブーツ) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/28 19:00:54
玉島 武田屋 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/05 07:53:45
ボンネットバルジクリップ サンポールメッキ① 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/07 07:50:03

お友達

外車は初めてで、あまりお金もかけれませんが、諸先輩方のアドバイスを宜しくお願いします。
55 人のお友達がいます
梅三郎@FDND梅三郎@FDND * kuro_gokuro_go *
ghiaghia * YBT340YBT340 *
ラッチ。ラッチ。 * 753s753s *

ファン

28 人のファンがいます

愛車一覧

フォード クーガ フォード クーガ
初めてのガイシャです。フォードディーラーは整備費用が国産ディーラー並とのことで、ガイシャ ...
ホンダ CB400_SS ホンダ CB400_SS
自動二輪に再び乗ることになりました。 CB400SS、バイクとは…がシンプルに理解できる ...
ホンダ リトルカブ ホンダ リトルカブ
2007年にインジェクション化されたのを契機に家内、息子も乗ることを考慮して、新たに購入 ...
マツダ プロシードレバンテ マツダ プロシードレバンテ
趣味の渓流釣りの心強い相棒でした。 ラダーフレームなのでロードノイズは意外に静かで快適な ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.