• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

LC=相棒のブログ一覧

2018年12月09日 イイね!

米中首脳会談の最中に中国の大手企業幹部を逮捕させた米支配層!


桜井ジャーナル

【転載開始】

■米中首脳会談の最中に中国の
 大手企業幹部を逮捕させた米支配層
 2018.12.09

 中国の大手通信機器メーカー、
ファーウェイ・テクノロジーズの
CFO(最高財務責任者)で同社の
創業者である任正非の娘、孟晩舟
が12月1日にカナダで逮捕された。
アメリカ当局の要請に基づくものだ。
この逮捕はアメリカのドナルド・
トランプ大統領が中国の習近平
国家主席と貿易問題について
話し合っている最中に実行された。

 ジョン・ボルトン国家安全保障補佐官
は逮捕を事前に知っていたというが、
トランプ大統領は知らされていなかった
とされている。
この逮捕が中国とアメリカとの関係に
影響を及ぼすことは明白で、実際、
中国側は今回の逮捕を自分たちに
対する「宣戦布告」だと考えている
と伝えられている。
ボルトンが大統領の指揮下にない
ことを示唆している。

 逮捕の理由はイランに対する経済
「制裁」に違反したからだというが、
この「制裁」自体が正当性を欠いて
いる代物。
今回の逮捕はアメリカ支配層に楯突く
奴は許さないといういことにすぎず、
中国に対する脅しのつもりなのだろう。

 ファーウェイ・テクノロジーズが製造
する携帯電話のシェアが拡大している
ことをアメリカの情報機関が懸念して
いるとも伝えられている。
自分たちがコントロールできない会社
の通信機器が世界に広まることで
通信傍受に支障が出る、
あるいは中国側が自分たちと同じよう
に情報を取るようなると恐れているの
かもしれない。

 CIAが封書の内容を調べるために
開封していることは1974年12月に
発覚しているが、その前年に
ランパート誌に電子情報機関のNSA
(国家安全保障庁)で分析官を務め
ていた人物の内部告発が掲載されて
いる。

 1975年1月にはアメリカ上院で情報
活動に関する政府の工作を調べる
特別委員会が設置され、
同年2月には下院で情報特別委員会
が設置された。
委員長はフランク・チャーチ上院議員
とルシエン・ネジ下院議員
(すぐにオーティス・パイク議員へ交代)。

 委員会では情報機関の秘密工作につ
いて調べられ、その一端が明るみに
出る。
チャーチ議員は1975年にNBCのミート・
ザ・プレスという番組で、情報機関は
電話での会話やテレグラムなどあらゆる
ものをモニターする能力があり、
それが実行されると人々は隠れる場所
がなくなると警告している。
それは現実になった。

 NSAはイギリスの電子情報機関GCHQ
とUKUSA(ユクザ)という連合体を作って
いるが、このGCHQの存在はイギリスの
ジャーナリスト、ダンカン・キャンベルが
1976年に明らかにするまで一般的には
知られていなかった。

 UKUSAはNSAとGCHQの下でカナダ、
オーストラリア、ニュージーランドの情報
機関が活動、この5機関はファイブ・アイズ
と呼ばれている。
この連合体はイスラエルの8200機関とも
緊密な関係にある。
UKUSAへはドイツ、フランス、イタリア、
日本なども参加しているというが、
「仲間」とは言い難い。


 UKUSAや8200機関は通信機器メーカー、
コンピュータ会社、インターネット関連企業
などを使い、通信システムを支配し、
情報の盗んできた。
その独占体制をファーウェイ・テクノロジーズ
は揺るがせている。
そうした面でもファーウェイ・テクノロジーズ
はアングロ・サクソン支配層の敵だ。

【転載終了】

***********************

 ファーウェイは、中国当局、軍、財界と
結びついているようなので、孟晩舟氏を
カナダが米国に引き渡し、米国の裁判
で30年の懲役になったら中国も黙って
いないでしょうね。

 今や、中国抜きでの貿易は考えられ
ないので、カナダも経済が辛いことに
なりそうですね。
日本も無関係ではいられないでしょう。

 中国のサイバー攻撃で、西側経済も
混乱する可能性も?

 勝手に制裁を課す米国に、世界も
ウンザリしているので、どうなるか?
Posted at 2018/12/09 11:10:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | 国際政治 | 日記
2018年12月09日 イイね!

ロシアは島を引き渡さない・・・


News Weak

【転載開始】

■ロシアは島を引き渡さない
 北方領土は現状維持で決着する
 2018年12月08日

 <島を手放すほど困窮していない
 プーチン政権と、参院選狙いの安倍
 政権の妥協点を元ロシア公使が大胆
 予想>

 11月14日、シンガポールでの
日ロ首脳会談で、
安倍晋三首相が
「56年の日ソ共同宣言を基礎に
平和条約締結交渉を促進する」
と表明した。

 欧米の識者には、
「日本はトランプ米政権が信用できない
ので、領土問題で譲歩して対ロ関係を
強化し始めた。これは日本の戦略的
外交だ」と、日本を買いかぶった評価
もある。

 一方ロシア社会は心の準備ができて
いない。
近年の経緯を知らない国民は、
「プーチン大統領が突然、日本に領土
を渡すことを決めた」と感じ、
メディアには反対論もみられる。
ロシアは日本に「領土」を渡さなければ
ならないほど困窮していない。

 97年11月、橋本龍太郎首相とエリツィン
大統領はシベリア中部の都市クラスノ
ヤルスクで、
「00年までに平和条約を結ぶ」と合意した。
当時エリツィンはアメリカを筆頭とする
国際共同体に積極的に入ろうとしており、
対日関係改善はその重要な一環だった。
その後の曲折を経て13年4月、安倍首相
の訪ロで領土交渉を本格的に再開した
ときは、筆者も期待した。

 だが14年のクリミア併合と対ロ制裁は
転換点となった。ことさら擦り寄る印象
を与えていた日本が制裁に加わり、
ロシアに失望と軽侮の念を抱かせた。
今やベクトルは、エリツィン時代と
百八十度逆を向いている。

■戦略的利益なき平和条約

しかも北方領土が面するオホーツク海は、
ロシアの原子力潜水艦が核ミサイルで
アメリカを狙って潜む戦略要衝。
領土返還後、ここに在日米軍が進出した
らロシアはたまったものでない。

 欧米の識者が
「内向きのアメリカを見限った、日本の対ロ
戦略的接近」と評するほど、
日米関係は危機にはない。
日ロ双方とも身を切る思いで譲歩し、
世論の批判を浴びつつ平和条約を結んだ
ところで、戦略的利益はあまりない。
日本がロシアと組んでアメリカに反抗する
ことも、ロシアが日本と組んで中国に盾突く
ことも起こるまい。

 ロシアの石油・天然ガスは平和条約に
関係なく、カネを払う国に流れていく。
日本に米軍基地がある以上、
ロシア軍は日本周辺への偵察・威嚇行動
をやめず、中距離巡航ミサイル「カリブル」
を極東に配備するかもしれない。
米ロ・日米関係の大枠が変わらないなかで、
領土問題という最も難しい外交問題を解決
しようとするのは無理がある。

 当面求められているのは、ロシアにとって
は島を渡さなくても対日関係を壊さない方法、
日本にとっては島が返ってこなくても来年夏
の参議院選挙でアピールできる一応の成果
だろう。

 歴史を振り返ると、使えそうなものがある。
01年の中ロ善隣友好協力条約は中ソ対立
を克服し、現在の準同盟関係を築く一里塚
だった。
「双方は互いに領土要求を行わない」としな
がら、「91年の『中ソ東部国境協定』に従って、
未画定の境界線を画定するべく交渉を継続
する。解決までは、現状を維持する」との
趣旨が書いてある
(井出敬二『〈中露国境〉交渉史』参照)。

 ロシアがこのやり方を使ってくる可能性は
ある。
その場合、
「択捉島、国後島、色丹島及び歯舞群島の
帰属に関する問題を解決することにより、
平和条約を締結」という、01年3月に日ロ
首脳間で決めたイルクーツク声明の文言
が入っていれば、当面使えるものになる。
とかく感情的対立を呼ぶ「領土」問題という
文言ではなく、
「第二次大戦後の国境画定」問題と言い
換えてもいいので、日本の立場を法的に
明文化した上で、必要に応じて日ロが
協力を進められる基盤ができるだろう。

 ただ、これでさえもロシアは渋りかねない。
今のロシアは、アメリカが内向きなのを
いいことにアフリカに傭兵を送り込み、
クリミア近海ではウクライナ艦艇に発砲・
拿捕している。
同じく、オホーツク海で日本漁船がロシア
警備艇から銃撃でも受ければ、
日ロ交渉は全て吹っ飛ぶ。

 このたけだけしい膨張主義をプーチン
が制御できるかどうか。
交渉の山場とされる来年の参院選まで
目が離せない。

<本誌2018年12月11日号掲載>

【転載終了】

*********************

 結局、安倍首相は、北方領土、
拉致家族、どちらも成果が出せ
なかったということですね。

 国内の悪法を強行採決して、
やるべきことは何一つ成果を
出していないということでしょう。
Posted at 2018/12/09 09:20:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | 国際政治 | 日記
2018年11月22日 イイね!

北方領土問題「2島プラスアルファ」の大きな落とし穴・・・


永田町の裏を読む

【転載開始】

■北方領土問題「2島プラスアルファ」の
 大きな落とし穴
 公開日:2018/11/22

 安倍晋三首相はプーチン露大統領
の誘いに乗って、北方領土問題を
「2島プラスアルファ」方式で早期に
決着させる方向にステップを切った。
来夏参院選前に目に見えた外交成果
をあげるにはこれしかないと思い定め
てのことであろうが、しかしこの道筋
には大きな落とし穴が潜んでいる。

 まず、安倍がこのところ言い始めた
「2島プラスアルファ」は、前々から
検討されてきた「2島先行」や
「2プラス2」とは別物である。
このことが、安倍自身の口からは
もちろん、マスコミでもきちんと
説明されていないのが大問題で
ある。
「2島プラスアルファ」とは、
これを安倍に吹き込んだ張本人と
推測される佐藤優がAERA最新号
で書いているところによれば、

 「歯舞・色丹は日本の主権下、国後・
択捉はロシアの主権下にあることを
確認し……国後・択捉では経済活動
を含む活動について日本に特別の
地位を認める制度をつくる」ことで
ある。

 つまり、国後・択捉については
主権主張を放棄する代わりに、特区
のような形で経済活動をするのを
認めて欲しいという話である。

 これまでの「2島先行」というのは、
1956年日ソ共同宣言に沿って、
まずは歯舞・色丹の返還を実現する
けれども、決してそれで終わりでは
なく、あくまでも国後・択捉の返還に
ついて交渉を継続していくという
意味である。
それに対して「2島プラスアルファ」
とは、国後・択捉の返還を断念する
という意味であって、佐藤がAERAで
「朝日新聞は……<首相は今後の
交渉で2島の先行返還を軸に進め
る方針に転換した>という見方を
示していますが……今回の政策
転換はもっと大胆な転換だ」と述べ
ているのは、まさにその点を指して
いる。

 そうなると安倍は、これまでの
「4島一括」という公式の態度から
「2島先行」、それも諦めて
「残りの2島断念」へと2段階の
シフトダウンをしなければならない
わけで、彼の支持基盤である
日本会議系の右翼とはそれで折り
合いがつくのかどうか。

 日本会議は
「日本固有の領土・北方領土をとり
もどす」と題したパンフを発行し、
その中で「4島一括返還」論を主張
して運動を展開してきた。
その立場からすれば、安倍の
「残りの2島断念」論は手ひどい裏切り
であり、安倍は制裁の対象となるの
ではないか。

【転載終了】

********************

 我々が見ても、対等な交渉には
ならないように思えますものね。

 この人は、歴史に名を残したいと
いう思いと選挙が近づくと功績を焦り
重要なことを安易に対応する癖があり
ますよね。

 この人がやってる限り、不安でしょうが
ないです。
Posted at 2018/11/22 12:17:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | 国際政治 | 日記
2018年11月18日 イイね!

中東情勢がおかしなことに!


 中東情勢がおかしくなってきました。

 サウジの検察当局は、サウジ記者の
殺害に関わった容疑者11人のうち、
5人に死刑を求刑したと発表しました。
死に物狂いでムハンマド皇太子を
守っているが、ムハンマド皇太子が国王
になったとき、5人は恩赦で釈放される
のではとの観測も。
トルコはこれを幕引きだとして、強く反発
している。

 米国の動きも妙なのですが、同盟国の
サウジに対し、サウジ記者殺害事件は
ムハンマド皇太子の命令によるものだと
米CIAが断定しています。
CIAが傍受した通話記録によると、
弟のハリド王子がカショギ氏と電話し、
結婚に必要な書類を受けるよう促した
ことがわかっている。
この時、身の安全も保障したという。

 しかし、ハリド王子はツイッターで、
カショギ氏へ電話をかけたことを否定
しています。

 CIAとトルコは、ムハンマド皇太子の
責任を問うつもりなのか?

 ムハンマド皇太子を権力の座から
引きずりおろすつもりなのか?

 米国は、サウジとの関係が悪化
すると、中東での影響力は格段に
低下しますね。

 原油への影響は?

 日本への影響は?
Posted at 2018/11/18 15:37:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | 国際政治 | 日記
2018年11月17日 イイね!

プーチンに一杯食わされた安倍首相!?


天木直人氏の記事より。

【転載開始】

■プーチンに一杯食わされた安倍首相
 (2島すら返ってこない)

 プーチン大統領の首脳会談後の
記者会見の言葉を聞いて我が耳を
疑った。

 なんと、安倍首相が交渉の基礎
にすると言った日ソ共同宣言に
ついて、
「2島がどのような条件で、どこの
主権下に入るかは書かれていない」
と述べたのだ。

 これは2島返還すら認めないと
言ったのと同じだ。

 北方領土問題に関するこれまでの
日本外交を全否定する発言である。

 前進どころか後退である。

 まさしく、これがプーチン大統領の
くせ玉の真意だったのだ。

 北方領土問題の解決に前のめり
の安倍首相の弱みに付け込んで、
2島返還すら交渉事項に引き戻そう
としたプーチン大統領に、まんまと
一杯食わされたのだ。

 すべてはあのとき、
プーチン大統領の投げたクセ球を
即座に打ち返せず、作り笑いで
沈黙した安倍首相の無能さにある。

 万死に値する稚拙な安倍外交だ。

 自民党や外務省の保守派が
安倍倒閣に動かないほうがおかしい(了)


毎日新聞 11/15(木) 配信

<露大統領>プーチン氏
「領土、容易に妥協せず」

 【モスクワ大前仁】
 プーチン露大統領は15日、
前日の日露首脳会談で「日ソ共同宣言」
(1956年)に基礎を置き平和条約交渉
を加速化させると一致したことに関連し、
歯舞群島と色丹島の2島の引き渡しに
ついて「どのような基準が設けられて、
どちらの主権になるのかが記されて
いない」と述べ、容易には妥協しない
立場を強調した。
訪問先のシンガポールで記者会見し
語った。

 共同宣言は平和条約締結後の歯舞、
色丹2島の日本への引き渡しを明記。
プーチン氏は、安倍晋三首相が14日
の首脳会談で日ソ共同宣言を出発点
として平和条約交渉に臨みたい意向
を伝えてきたと明かした。
宣言は2島の引き渡しに関する詳細に
触れていないことから「不明確な点も
多い」との認識を強調しており、今後の
交渉難航は必至だ。

 かつてのプーチン氏は日ソ共同宣言
が有効であると明言していたが、最近は、
旧ソ連と日本の議会がそれぞれ批准
しておきながら日本が宣言内容の履行
を拒絶したとの認識を繰り返し表明して
いる。この日の会見でも「日本が履行を
拒絶したことから、この状態が続いて
いる」と言明。ロシアとして慎重に取り
組む姿勢を崩していない。

【転載終了】

************************

 安倍首相は、北方領土には米軍基地
は置かないと明言したが、
日米安保条約下では、米軍が日本を
守る代りに、日本は米国に対しどこ
でも米軍基地を置く権利を認めています。

 米国との協議もしないで明言しましたが、
果たして、すんなリ行くか疑問ですね。

 日米同盟に亀裂をいれるのが狙い?
Posted at 2018/11/17 09:06:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 国際政治 | 日記

プロフィール

「渡邊主筆死亡説は、どうやら、誤報のようですね。原辰徳監督(60)の殿堂入りを祝うパーティーに出席。」
何シテル?   12/11 17:02
子供達が結婚し独立。 孫の誕生を楽しみにしている、 おじいちゃん予備軍です! 毎日の「ブログ」更新を目標にしています。 車歴     ①サ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

お友達

オヤジ(ジジイかな・・・笑)年代です。
クルマ大好き人間、大歓迎です!
時事ネタが多いので、うざかったらスルーお願いします!
どぞ!よろしく!

息子年代の若い方も、歓迎です。
43 人のお友達がいます
macモフモフmacモフモフ * ☆AQUA☆AQUA *みんカラ公認
虎彦虎彦 纏
かっぽちゃんかっぽちゃん TZ-RTZ-R

ファン

56 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ ランドクルーザー 200 トヨタ ランドクルーザー 200
我が家“三代目ランクルブラザース”となります!(笑
トヨタ ランドクルーザー トヨタ ランドクルーザー
ランクルを所有したかったのですが、 80を我慢して、念願の100を手に入れた、 ドノーマ ...
ダイハツ ムーヴカスタム ダイハツ ムーヴカスタム
過去所有。 通勤カーでした。
トヨタ ランドクルーザー トヨタ ランドクルーザー
ちょっとだけいじりました!
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.