• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年06月09日

MINI

MINI 自分のスバル車歴も来年でちょうど20年。
スバルの関係者でもないのに、浮気もせず一筋でよくここまで続きました(笑)

20周年はレヴォーグで迎えるつもりですが、その先は違う世界を見るというのもありかな?ということで、前々から気になっているクルマの試乗などをしてきました。


初めて運転した外車が"クラシック・ミニ"と呼ばれる今でも人気の初代のミニ・クーパーでした。
年式的にはほぼ最終型の1997年式で、たしか似合わないエアバッグ付き。友達の兄貴のクルマで、新車で買ったのを借り出して乗ってみたのでした。

重ステのマニュアル、そしてピョンピョン跳ねる落ち着かない足回りのセッティングに厳しいモノを感じまして、何でこのクルマが人気があるのか理解することができず・・・
今ならきっと好意的に受け入れられたかもしれませんが、当時の自分には旧車の世界を受けれ入れるだけのキャパがなかったのかもしれません。

BMW製になった2代目以降は、デザインモチーフ以外は全くの別のクルマとして発展し、現行の4代目に至ります。
その4代目も登場から5年を迎え、先日ビックマイナーチェンジが行われました。

BMW以降のミニですが、以前から興味がありまして、実は先代のCROSSOVERも試乗に行っていたりします。
この時はまだ「スバル愛」を断ち切ることができませんでしたが、数年ぶりに再び試乗へ行くことに。今回乗ったのはCROSSOVERではなく、通常モデルの5ドアのディーゼルです。
正式にはMINI 5 DOOR COOPER Dになります。



マイナーチェンジ直後ということもあり、試乗車はマイナーチェンジ前のモデルでした。
タイヤは15インチでハンコックを装着。辛子色みたいなボディーから(正式名称不明)はどうやら廃番みたいです。



マイナーチェンジ後のモデルはテールライトの意匠が変更になり、LEDでユニオンジャックを浮かび上がらせます。
利便性や実用性を考えると5ドアという選択になりますが、3ドアの方が良くも悪くもミニらしいです。
全幅が1700mmを超えているので3ナンバーにはなります。

早速乗り込み、先ずは内装からチェックです。サイズ的にはコンパクトカーとは言えども、同クラスの国産車の倍近いお値段のクルマですので、質感は高め。仕立ての良さはドイツ車(イギリス製?)全般に言えることです。ドアはがっちりしており、全体的に精度の高さが伝わってきます。
内装のデザインは面白いですが、ちょっと子供っぽいかな?

専用設計のカーナビがかつての"センターメーター"の位置にあり、収まりがだいぶ良くなりました。
オーディオはUSB接続、Bluetooth接続と今風な設定です。自分みたいな古い人間には直接CDやDVDを聴くことができないのは不便極まりないです。このあたりが残念なポイントの一つ。



ラゲッジは2段式になっており、5ドアでしたら国産コンパクトカー並みの容量で、これぐらいなら実用性もそう問題はないかと思います。

実際に走らせてみてですが、1500ccとは言えどもディーゼルターボということもあり、低速域から気持ちの良い加速をします。ゴー&ストップを繰り返す街中では、トルクが太いディーゼルの恩恵を受ける場面が多く、アクセルの踏み込み量はレヴォーグより少な目でした。
3気筒なのでエンジンの振動が気になるところでしたが、うまく抑え込まれております。最新のディーゼルのトレンド通り遮音はしっかりできており、車内にいる限りノイズが耳に届くことはほぼありません。

6速のATは、15年ぐらい前のフランス車の4速ATみたいにあまり変速したがらないセッティングで、ちょっとアクセルを緩めるとエンジンブレーキが効きます。日本車でしたら燃費を稼ぐために、より高いギヤに繋げてなるべくエンジンの回転数を落とそうとしますが、お国柄というか日本とヨーロッパの道路事情の違いなのかもしれません。CVTに慣れてしまった身には、もどかしく感じました。

"ゴーカートフィーリング"と称されるミニ伝統のクイックなハンドリングは、正直あまり感じませんでした。このあたりはエンジンの重量がディーゼルよりも軽いガソリン仕様だとまた違うのかもしれません。軽快というよりもしっとりとした印象で、しなやかながらも、ちょっとした段差を超えた時に突き上げが大きかったのが気になりました。

総じて良くできたクルマというのが感想ではありますが、デザインは個性的でありながらも、ハンドリングを含めてもっと刺激というか、ミニらしい痛快なものがちょっと物足りなかなぁ。
とはいえ、あくまでも私個人の感想であり、市街地の試乗程度でこのクルマの本質に触れるのは難しいのかもしれません。

さすがに試乗だけというわけにはいかず、お約束の見積ですが、オプションが多彩で選んでいるだけでも楽しくなります(笑)
スバルよりも下取りが良かったのにはびっくりしましたが、下取り無しの総額で430万円ほど(^_^;)
試乗した印象からだと100万、いや50万は高いというのが率直な感想です。差額はブランド料だと思って納得するしかないのかなぁということで、意気消沈したのでした。。。

クルマ選びって、難しいなぁ~

ブログ一覧 | クルマ薀蓄 | クルマ
Posted at 2018/06/30 11:06:38

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

ミニのディーゼルに試乗
kimicameraさん

STIバージョンが出る事は今後ない ...
ウッkeyさん

AMERICAN OFFROAD  ...
Gris Borealさん

シビリアン(その3)
t.yoshiさん

isuzuって復活はないのかな
仁政さん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「愛車と出会って1年! http://cvw.jp/b/127580/43865835/
何シテル?   04/04 12:56
1999年5月、スバルオート横浜(現神奈川スバル)金沢営業所でレガシィB4 RSKを契約。 何度も他社に乗り換えようと思いましたが、結局はスバルに落ち着き...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/4 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

GUSH村 
カテゴリ:本家
2005/05/15 23:28:16
 

愛車一覧

スバル レヴォーグ スバル レヴォーグ
A型からE型へ レヴォーグ"おかわり"です♪
スバル レヴォーグ スバル レヴォーグ
2014年7月5日契約。 2014年9月28日納車。 まさかこんなに早く買うことになる ...
日産 フーガ 日産 フーガ
実家のクルマです。 5年乗った先代フーガから車検のタイミングで買い替え。 今回は予算の関 ...
スバル エクシーガ スバル エクシーガ
生活環境の変化(結婚)により買い替えを余儀なくされ、インプレッサWRX(GDAF)から買 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.