• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ぐっさん@VM4Eのブログ一覧

2015年05月25日 イイね!

至福の時間

GWの帰省中にフロントサス周辺からガタゴトと異音が発生し、右側のショックアブゾーバーを交換することになりました。

部品の入荷の関係で2度ほど入院したのですが、2回目の入院時の代車がこちら。
まさかのBRZです!!



最新のD型ではありませんが、代車でBRZなど来るとは思っていなかったので、修理のことなど忘れて一人興奮しておりました(^^ゞ

滞在期間が平日の4日間で、帰宅後近所を徘徊する程度しか乗れませんでしたが、久しぶりのMT車ということでテンションが上がりっぱなし。
試乗以外でMT車を長時間運転するのは前々車GDAを手放してからかれこれ6年半ぶりです。
発進はぎこちないままでしたが、クラッチ操作がまだしっかりと体に染み付いているようで、一度もエンストすることなく運転することができました。
最初の坂道発進は20年ぶりに緊張しましたが・・・

街乗りながらも調子に乗ってヒール&トウなどやってみたり(キマってませんが)、シフトダウン時の回転数合わせ等々、リズミカルに運転できるMT車は本当楽しいです。
そして、カチッとギアが入る6速MTとピックアップの良いエンジン(FA20)が更に雰囲気を盛り上げていきます。



ただ、サウンドクリエーターは好き嫌いが分かれると思われます。
自分は心地良く聴こえましたが、人によっては耳障りかもしれません。
たしかに疲れている時は、煩い以外の何物でもないかと。



内装については質感云々というクルマではないので、全然気になりません。
ステアリングが腕を真っ直ぐ水平に伸ばしたところにちゃんとあって、自然なポジションをとることができました。
低い座面がやる気にさせます!(^^)!

万が一!?、ファミリーカーとして使うことを想定して、後席についてもチェックしてみました。



前席を自分のポジションに合わせると、いちおうこれだけスペースが余ります。
つま先はシートの下に潜らすことが前提になりますが、何とか大人でも乗れそうです。



実際に座ってみたところ、身長172cmだと余裕は全くありませんが、我慢ならないほど窮屈ではありませんでした。
頭はリアガラスに触れますが、屈まずに座れます。
我が家のもう一人の運転手さんがAT限定免許につき、残念ながら実走での確認はできませんでしたが、1~2時間でしたら耐えられそうな気がします。

そして実際に家族を乗せてみたところ・・・

・煩い
・狭い
・ぴょんぴょん跳ねる
・足が固い
・外が見えない
・これで遠出など絶対無理・・・・・・・・・etc

予想通りの声が戻ってきたのでした(T_T)
オヤジがスポーツカーに乗っているなどカッコ良いと思うのですが、4歳児にはまだそういう価値観が芽生えていないようです。
「ATもあるんだよ」とそれとなく嫁にアピールしてはみたものの、全く反応無し。
娘からレヴォーグの方がカッコ良いと言われた時は、複雑ながらも嬉しかったです。



今はレヴォーグにぞっこんですので、買い替える気など毛頭ありません。
しかしあと何台乗れるか分からない愛車遍歴の中に、スポーツカーを1台は入れたいというのがありまして、年齢的・体力的なことを考えると10年後の五十路がチャンスなのかとふと思った次第であります。

夢はポルシェ911ですが、現実は次期型(あればですが)の86/BRZあたりかな?

そんな妄想をつい抱いてしまった4日間に渡る代車生活なのでした。

担当営業さん、至福の時間をどうもありがとうございました。
Posted at 2015/05/25 22:09:58 | コメント(8) | トラックバック(0) | クルマ薀蓄 | クルマ
2015年05月16日 イイね!

20年

土曜の夜の楽しみといえば、こちらのテレビ番組。

水曜日に放映していた頃からのファンで、ほぼ毎週欠かさず見ております。
因みに今日は哀川翔さんの後編でした。

毎回思うのが、愛車の選択って、人と也というか人間性が出ているなぁということ。

みんカラでもお友達やMyファンの方々の「愛車遍歴」を楽しく読ませていただいております。

さて、自分の愛車遍歴ですが、今月でちょうど20年になるのをを思い出しました。
感覚的には10年ぐらいなのですが、それよりもこの20年間大きな事故を起こさずここまで来れたことに感謝しなくてはなりません。

記念すべき初代の愛車です。
生産終了から10年以上経過しているということもあり、ここ最近は殆ど見かけることがなくなりました。



身内の事情で日産車しか買えませんでしたが、この頃は日産が一番輝いていた時代。
今と違って日産車の中だけも十分選択肢があったのですが、人気のS13シルビア/180SXやR32スカイラインには脇目も振らず(予算的に届かなかったというのもありますが)、どういうわけか女子に人気なマーチが最初の愛車としてやって来たのでした。
クルマ好きの仲間から「何でマーチなんか買ったの?」とよく言われたものです。

かわいらしい外観ながらも実はヨーロッパで評判が高く、ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーを日本車で初めて受賞したのがこの2代目のK11マーチでした。

ヨーロッパで評価が高かったとはいえ、日本仕様はフニャフニャな脚に、そして1300ccでありながらもたった79馬力しかしない非力なエンジン。
走り屋の真似事みたいなことをしていた時は、上りは全く話にならず、下りで勝負だなどと意気込んでいたものの、ドラテク不足で常に走るシケインと化していたのでした(-_-;)

MT車の運転を覚えたのもこのクルマで、最初はエンストとホイールスピンの繰り返し。
教習所ではエンストなどしたことがなかったので、まだ初心者マークとはいえ、クラッチ操作にまさかこんなに苦労するとは思いもしませんでした。
尤も教習車はディーゼルでしたが・・・

何か突出するものはなく、スペック的にも平凡というかむしろライバルより劣っていましたが、非力ながらも車重が830Kgしかなかったということもありキビキビと走ります。そして、限界は低いながらも、日常領域でも「操っている感が」伝わってくる、なかなかファンなクルマでありました。
当時ですら、等身大で楽しめるクルマは減りつつあったので、今思えば貴重な1台だったかもしれません。

最終的に2年とちょっと、40,000キロほど乗って買い替えましたが、次の愛車の出来が今ひとつだったということもあり、手放してしまったことをものすごく後悔するのでした。




吸排気系はノーマルでしたが、タナベの強化スプリングにGABのショックの組み合わせ。
ローダウンには改造申請が必要な時代でした。
ドアに貼った"J's Tipo"のステッカーが懐かしい・・・



実用性を考えて3ドアではなく5ドアにしたのが如何にも自分らしい選択です(^^;)
ホイールはADVANのRC。ラリー車っぽい雰囲気を狙っていたのかなぁ。

ふにゃ脚に嫌気が差して足回りに手を入れたのですが、逆にボディに負担をかけてしまい、あちこちからギシギシと軋みが止まりませんでした。



節操のないステッカーチューン。今見ると恥ずかしいです・・・
オーテックのステッカーなどどうやって手に入れたのだろうか。。。



当時の憧れのN2仕様のニスモマーチ。
今は無き晴海の国際展示場で開催していた頃のオートサロンで撮ったものです。



こちらはオバフェン無し。叶いませんでしたがリアスポイラーは付けてみたかった。

久しぶりに古いアルバムを引っ張り出して、20年前を回想する、そんな土曜の夜であります。
Posted at 2015/05/16 23:39:32 | コメント(2) | トラックバック(0) | 思い出のクルマ達 | クルマ
2015年05月10日 イイね!

そして黒猫ちゃんオフへ

黒ねこちゃんオフから早いもので1週間が経過していまいました。

実はまだ感動の連続の余韻に浸っておりますが、レヴォーグはフロントショックのトラブルにより、木曜日まで入院しております(T_T)

さて、ここからオフミのレポートです。

5月2日の当日はセットしていたアラームが鳴る前にきっちり目が覚め、前日松本で買ったおやきを腹に入れ、7時前に実家を出発。

実家から集合場所のイオンモールかほくまでは30キロ程度、下道を使っても1時間もかかりません。
国道8号線を金沢方面に向かって走っていたところ、途中で観覧車を発見。
海でもないところに何故観覧車かと思っていたところ、アウトレットモールが建設中でした。
これで、帰省の際、行くところがなくて困った時のネタの一つになりそうです。

7時半過ぎにイオンモールかほくに到着。
Yさん、たろいもさんに続いて何と3番目でした。

お手伝い組が揃っていく中で、今回のオフミの冠である黒ねこちゃん、そして幹事のごろうさんが到着。

簡単に挨拶を済ませて、先ずは下見へと向かいます。

途中休憩を挟んで30分ほどで千里浜なぎさドライブウェイに到着。

先ずはお手伝い組で並べてみました。



13台で全色揃っています。そして午後にはこの列がさらに3倍ほど伸びることに。





下見とちょっとした撮影会を終えた後、イオンモールにかほくへ戻り、昼食を挟みながら参加者皆さんの到着を待ちます。

お昼はご当地グルメの「ゴーゴーカレー」です。



福神漬けカレーではありません(^^;
関東(都内)にも進出中とはいえ、8番らーめん同様、帰省の際はつい食べてしまいます。
横浜にも進出してこないかなぁ・・・



比較用にこちらがライバルの"チャンカレ"こと「チャンピオンカレー」です。

個人的にはチャンカレの方が好みではありますが、どちらも美味しくいただけます。
実は翌日撮影したのでした(-_-;)
戦隊ヒーローのイエローばりに食べております。

そして集合時間となり、本番のスタート。
50台近くの台数で一度に移動することは困難ですので、色別でグループを作り、グループ毎に時間差をおいて出発します。

自分はスティールブルーグレーを先導することに。
途中(のと里山道路)に入る時に車線を間違ってしまい、大変失礼しましたm(_ _)m

今度は15分ほどで千里浜なぎさドライブウェイに到着。
たろいもさんの誘導により、1台ずつ色別に並べていきます。
波打ち際に47台整列することができました。



赤が入っておりませんが、勿論全色揃っております。
通りすがり(特にスバル車乗り)の方の視線を集めていたのは言うまでもありません。

整列の後は歓談タイムへと入ります。





初の全国規模のオフミということもあり、昼間から会話が弾みます。
そして夜の部では更に加速することに。

青森から長崎まで日本全国のレヴォーグが日本海をバックにして、一堂に会するその様子は感動モノでした。



新幹線の開通やNHKの朝ドラの影響で只今話題沸騰中の北陸(石川)ではありますが、レヴォーグ乗りにとっても北陸は伝説の地というか、この先聖地の一つになるかもしれません。


そして16時ごろから各自持ち寄ったお土産争奪のじゃんけん大会がスタート。
戴いてばかりで大変恐縮ではありましたが、クルマ同様、景品にも皆さんの個性を伺うことができました。

そして夕暮れと共に昼の部は終了となります。



夕日をバックに1枚。

この後、和倉温泉へ場所を移し、夜の部のスタートです。

千里浜から40分ほどで会場の「八ちゃん」に到着。
19時過ぎに黒ねこちゃんの乾杯のご発声で夜の部がスタートしました。



日本海の海の幸を中心に食と酒(ノンアルコールビールではありますが)が進みます。

夜の部については皆さんのブログにある通り、レヴォーグを肴に昼の部以上に大盛況。
ノンアルコールビールでの参戦が残念でした。飲みたかったぁ・・・

楽しいひと時はあっという間で、そろそろ時計が気になる時間になりました。
今日中には帰ると出かけてきたので、23時前には出発しないと間に合いません。
帰省中のマスオさんの身ですので、断腸の思いで八ちゃんを後にします。
せめて自己紹介タイムまでいるべきでした。
いや、朝帰りの許しを得て、車中泊にすべきったと後悔するぐらい、本当に楽しい宴でした。

「これから帰る」のメールに返信が来ないことに焦りつつ、海岸線を快調に進み、途中からこの3月に延伸した能越道を使って無事に日付が帰る前に実家へ到着。
恐る恐る家に入ったところ、単にメールに気付いていなかっただけで、心配は杞憂に終わりました。
う~ん、これなら慌てて帰らなくて良かったかも。。。

クルマ関係のオフミにはかれこれ10年以上参加していますが、今回のオフミは20代後半のオフミというものに通い始めた頃に似た、何か新鮮なものを感じました。初心に戻るといった心境です。
子供が生まれてからのここ3~4年はなかなか自由に時間が取れず、そういった意味でも朝から晩(深夜)までの参加はこれまた久しぶりで、充実した1日にを過ごすことができました。

今回のオフミは飲み会での一言で開催が決まったとのことですが、総合幹事のごろうさんをはじめ、たろいもさん、そして黒ねこちゃん、企画、準備、運営と大変お世話になりました。
この場を借りて御礼申し上げます。

最後に参加された皆さん、どうもお疲れ様でした。

またどこかでお会いしましょう♪



Posted at 2015/05/10 15:07:20 | コメント(7) | トラックバック(0) | オフミ | クルマ
2015年05月06日 イイね!

帰省~黒ねこちゃんオフへ~

例年GWは嫁の実家(富山県高岡市)への帰省が定番となっており、勿論今年も行く予定でした。

しかし、春休みに開通したばかりの北陸新幹線で嫁と娘は一足先に帰省。

つい1か月前に行ったばかりなのに、また行くのはどうかなということでGWは関東で過ごそうと思っていたところ、「黒ねこちゃんオフ」のグループが立ち上がったことを知りました。

帰省と絡めれば参加できるだろうということで、嫁には自分は去年の夏から帰っていないし、両親も高齢ということもあり、行けるうちに孫の顔を見せておこうと尤もらしい理由を並べて、帰省を強引に決定。
嫁は薄々感付いていると思いますが、本当の目的は実家では無く、千里浜だったのでした(^^ゞ

5月1日から仕事が休みに入り、渋滞を避けるためにも娘は幼稚園をお休みして、1日の6時半ごろに
横浜の自宅を出発。
松本から平湯~神岡経由で富山に入るという我が家では定番のルートにて向かいます。
圏央道の開通により、中央道までのアクセスが本当良くなりました。
相模湖ICまで2時間もかけて行っていた頃がまるで嘘のようです。

交通量は多めながらも平日移動が功を奏し、渋滞に嵌ることなく、昼過ぎには富山に到着。

お昼は北陸3県のソウルフード!?、8番らーめんをいただきました!(^^)!



野菜たっぷりな太麺ラーメン。個人的には"ブラック"よりも好みだったり。

実家には14時半頃到着。

ちょうどこの日は地元の祭「高岡御車山祭」が開催されており、近所を山車が巡行するとのことで、
軽く休憩した後に実家から徒歩2~3分のところで見学しました。











間近で見る山車はなかなかの迫力で、舵など付いていないため、曲がる際は一度持ち上げなくてはならず、20人近くで曲がる度に担ぐことになります。
若手の多い山車は威勢よく進んでいましたが、年配者の多い山車は曲がるのが辛そうでした。
結婚してかれこれ8年目になりますが、見学は今回が初。まだまだ知らないことがたくさんあります。

この日の夜は実家で義兄と日本酒で晩酌。前日あまり寝ていなかったところに酒の酔いが程よく回って22時前には爆睡しておりました。

明日はいよいよ黒ねこちゃんオフです。

-つづく-
Posted at 2015/05/06 07:59:41 | コメント(9) | トラックバック(0) | 旅日記 | 日記

プロフィール

「オートサロンに行けない代わりにディーラーへ。」
何シテル?   01/12 11:24
1999年5月、スバルオート横浜(現神奈川スバル)金沢営業所でレガシィB4 RSKを契約。 何度も他社に乗り換えようと思いましたが、結局はスバルに落ち着き...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/5 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

GUSH村 
カテゴリ:本家
2005/05/15 23:28:16
 

愛車一覧

スバル レヴォーグ スバル レヴォーグ
A型からE型へ レヴォーグ"おかわり"です♪
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
BP登場の3ヶ月前に購入。 叩き売り状態で非常に安く買えました。 BF、BGの時と同じよ ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
就職と同時に頭金9万円、下取り25万円で買った車です(汗) 本当はBD5C(RS)が欲 ...
日産 パルサー 日産 パルサー
母親と兼用で買った車です。 新車での購入でしたが、物凄い値引きで、同時期に友人が 買った ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.