• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

どこでもカントクのブログ一覧

2018年08月08日 イイね!

熱いハート♡

熱いハート♡











あまりの暑さのために、カメラが壊れたわけではありません。

暑いならその暑さを楽しんじゃおうと、サーマルカメラを使ってムルを撮してみました。






高速走行直後のムルは、こんな感じで熱くなっています。






エンジンルームは当然ですが、タイヤも結構発熱している事がわかります。









ラジエターも頑張っていますね。








エアコンの吹き出し口は、それなりに冷たくなっています。

オーディオのパネルは結構な熱源ですね。








エンジンルームを撮影すれば、トラブルの芽を発見することも出来そうですが、この暑さの中熱気をあびる勇気が無くて省略しちゃいました。(^Д^)



Posted at 2018/08/08 23:17:27 | コメント(1) | トラックバック(0) | ディーゼルムルのページ | 日記
2018年08月08日 イイね!

ムル危機一髪!

ムル危機一髪!















危なかった・・・




本当は違う目的でエンジンルームを覗いてみたところ、思い切りヤバイ状態にあるリザーブタンクを目にする事となりました。



クーラントのブルーがアッパーホースの周りに漏れ出して、乾いて色だけが残っている状況にあったので、クラックでも入ったかと子細に観察してみると・・・







樹脂部分は完全に崩壊しており、中のパイプだけで辛うじて離ればなれになる事を防いでいる様な状態でした。






で・・・

なぜか某ショップに新品の在庫があったので、即刻交換と相成りました。






新品のキャップは丁度クーラントと同色です。

リリーフ圧がプラス 1.4bar のガソリン車用ですが、ディーゼルもおそらく1.4barだと思いますが・・・

もしかしたらプラス 1.0bar かも知れません。

キャップの記号はどちらも A878 で一緒ですが、古い方のキャップにはリリーフ圧の表記がありません。

テストをしてみたのですが、古い方は既にくたびれていて数値があてになりません。

より加圧されている方がクーラントは沸騰しにくくはなりますが、圧力が高くなった分、ホースのジョイント部分とか劣化が進んだところに負荷が掛かるという理屈です。

さあ、どうなります事やら・・・・




“あおじるブシャー”にならなくてよかったよかった (^Д^)



Posted at 2018/08/08 01:18:35 | コメント(2) | トラックバック(0) | JTD105適正化計画 | 日記
2018年08月02日 イイね!

デザイナーの力量

デザイナーの力量











日本仕様のセニックRX4には、本国ではオプションのスペアタイヤのカバーが標準で装着されています。

カバー無しの状態では少しワイルドな雰囲気を醸し出していますが、カバーが付いた途端ソフィスティケートされた感じになります。






秀逸なのが、タイヤをフルカバーせずに下端を切り欠いているところ。

これによって随分と軽快なルックスになります。








カバーは、リヤゲートの内側から大きめのプラナットによって固定されています。

ボルトの固定とカバーの回り止めはこんな感じに成形されています。









黒の樹脂で成形されたパーツが、8本のネジでカバー内側に固定されているわけですが・・・






あっ!

このボルトの位置、タイヤカバー外側のディンプルと対応している事にいまさらながら気が付きました。(^Д^)






外側から見るとこんな感じですが・・・



円周上に配された8つのディンプルが、写真では辛うじてわかると思います。






これは上手い事を考えつきましたね。

ディンプルは単なる見かけ上の処理では無かったわけです。

ディンプルによって大きな面積を間延びしないように見せる効果はありますが・・・






樹脂成形に詳しい方や、プラモデルを作り慣れている方ならすぐにピンと来ると思いますが、樹脂の厚みは極力均一にしないと厚く成形されている部分にヒケが発生してしまいます。(えくぼ状に凹んだり、リブなどの形状に歪んで表から見えてしまいます)

予めヒケが発生する部分にディンプルを設ける事によって、ヒケを目立たなくすると共に意匠としても視覚的な効果を狙っています。

これぞまさにデザインの本質に触れる部分です。






部品交換しか出来ない“チェンジニア”に成り下がってしまったエンジニア。

物作りの本質を知らないで、“スタイリング”に明け暮れるデザイナー。

造形能力に欠け、自ら問題解決する方法を見いだす事無く、メールで指示しか出せない“テハイナー”がはびこる昨今、久々にデザイナーの力量を感じさせるデザインを見る事が出来ました。

構造や製造上ネガになりやすい部分を、逆にチャンスとして積極的に意匠として展開出来るデザイナーの力量と、パトリック・ルケマンの審美眼に脱帽&拍手を送ります。




2018年07月06日 イイね!

丸木橋・・・

丸木橋・・・














我が“秘密基地”は、森の中にあるため、こんなことも起きるのですが・・・






この所の大雨の影響で、目の前の川に橋が架かってしまいました。

“洪水による橋の流失”では無くて、新しく橋が架かっちゃったんです。





ほらねっ。








川幅は護岸の端から端までが約8メートル位の感じです。

倒れたのはニセアカシアの一抱えもある大木ですが、この木の特徴として大きく広がるわりに根が張らないので何かの拍子に倒れる事がままあります。

この↓写真を見れば、如何に根が張っていないかがわかりますね。








幸いにして太い幹の部分だけで対岸まで達したので、水の流れには支障がありません。








強度的には全く心配がありませんが、この丸木橋 『渡ってみる勇気あります?』
(落ちたら死ねます)





Posted at 2018/07/06 17:53:16 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日々の出来事 | 日記
2018年06月19日 イイね!

黄色いやつと虹色のやつの話

黄色いやつと虹色のやつの話











先ずは虹色のやつの話から。





「我ニ追イツクグラマン無シ」って言う有名な電文を送ったのは、こっちの彩雲ですが、昼飯を食べようと某食堂の前に車を止めて見上げると、こんな雲が眼に入りました。







拡大した写真の中程にちょっと色が付いているのがわかりますか?






写真ではこれが限界ですが、虹色に光る彩雲が観測できました。






古来より彩雲は吉兆という事になっていますが、“地震雲”と言う説もあるようです。

16日の千葉県南部の地震(震度4)をはじめとして、17日の群馬県南部の地震(震度5弱)、そして18日朝の大阪北部の地震(震度6弱)と徐々に大きくなりながらの地震が続いています。

おまけに我が家のジャービルが、数日前から異常行動を起こしており、地震の予兆では無いかとちょっと心配ではあります。







次に、黄色いやつの話です。




皆さんは、ガソリンスタンドなどでタイヤのパンク箇所を調べるために使う横長のあれを見た事ありますか?

あれって、空気漏れの点検だけで無く、ホイールの洗浄や鋤簾やスコップの泥を落とすにも便利そうなので、何時もお世話になっている村上タイヤさんに、「あれってなんて名前なの? 個人でも入手可能なの?」って聞いてみました。





やはり「頼りになるのは村上さん」と言う事で、早速回答が届き、あれの名前は“タイヤ点検水槽”と言うなんのひねりも無いそのまんまの名称である事がわかり、ダンロップから入手可能な事がわかりました。

そこで早速村上タイヤさん経由でオーダーし、無事に入手する事が出来ました。









さすがに専用品だけあって、ドレンも付いて大きさも良く使い勝手が良さそうです。





元箱を見ると“Type D ”とスタンプが押してありました。

もしかすると、“B”や“Y”や、ひょっとすると“M”などのスタンプを押した色違いのあれがあるのかも知れませんね。




と、言う事であれを使うために、農業用の太いメッシュ入りのホースを母屋からカマボコガレージまで引いてみました。

木々の間を縫ってのレーザーの測定では、80mちょっとを示していたのでホースを100m用意しましたが、実際に引っ張ってみた所全然届かずで、20m程を継ぎ足す羽目になってしまいました。

途中の立木に当たったレーザーで測定してしまったようです。

野ネズミにホースを齧られない事を祈りましょう。(^Д^)




Posted at 2018/06/19 17:28:20 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日々の出来事 | 日記

プロフィール

「夜更かし」
何シテル?   04/16 22:17
どこでもカントクです。 どれもまっとうな実用車だと思って乗っていますが、 なぜか変な車ばっかりと思われています。 どうぞよろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

ボケ防止 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/09/04 19:57:04
W113 Pagoda Roof SL is another ultimate choice! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/07/08 20:49:53

ファン

48 人のファンがいます

愛車一覧

ルノー セニック ルノー セニック
セニックRX4の2台目です。 色も仕様も同じ、車体番号も数台しか違わない車両です。 登 ...
フィアット ムルティプラ フィアット ムルティプラ
ムルティプラのディーゼルターボ車です。 大人3名乗車と、チャイルドシート3脚が不自由なく ...
シトロエン DS シトロエン DS
某ヒルクライムでは『日本最速のDS』と言うことになっております。(笑)
シトロエン 2CV シトロエン 2CV
2CVには28万キロほど乗りました。 背景に2年ほど前まで所有していた車が・・・
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.