• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

どこでもカントクのブログ一覧

2018年11月16日 イイね!

新しいのを試してみる

新しいのを試してみる











クランク半回転くらいで、何時も瞬時に始動するセニックのエンジンでしたが、ここのところ少し長めのクランキングを必要とするようになりました。




原因は・・・?

あ゛っ!






もう六万キロ以上もスパークプラグを交換していないことに気が付きました。





使用中のプラグは、お気に入りの『BRISK DOR15LGS』

どんなことになっているのか心配しながら外したところ、ピンぼけのタイトル画像のような事になっていました。




セニックは、右ハンドル化による不具合として、プラグ周辺に水の進入が顕著です。

写真矢印の部分がワイパーモーターなどを覆うパネルの継ぎ目ですが、正面から見て左下方向、つまりシリンダーヘッド側に雨水を誘導するような合わせになっています。



(写真を拡大して見て下さい)



と言う事で、サビの出たプラグが目立ちますね。

肝心の電極は?



一番消耗が酷いプラグでこんな感じです。



本来ならば、新品のプラグと並べて消耗度合いを比べるべきなのでしょうけれど、陰極に多少の変化はあるものの中心電極は目立った消耗を見ることは出来ません。

無交換で六万キロ以上も走ってこんな感じなので、耐久力は充分あると思えます。



この『BRISK DOR15LGS』は、トルクの向上をはっきりと体感できるほど好ましい特性なので、もう一度おかわりしようかとサイト検索をしたところ、新しく『マルチスパーク』と『プレミアムエボ』の2つのタイプが追加されていました。

DOR LGSシリーズでは、カングー4×4でイグニッションコイルのトラブルを経験しているので、点火系により負荷の少ない『マルチスパーク』を新たに試してみることにしました。



新しく選んだプラグは『BRISK DR15 ZC』、早速届いたプラグを確認すると、電極形状はこんなに違います。



中心電極回りの碍子にあるリング状の部分を伝わって、まるで滝登りのように放電するようですが、実際にスパークの実験をすることは 面倒くさい のでやめました。




プラグ交換後、いつものコース(生活道路)を走ってみたところ、3速でギリギリ粘りきれるS字の坂道を力強く登って行きます。

失速ギリギリとなる最後のコーナー出口では、ちょっとアクセルを緩めたくなるほどのトルク感です。

耐久性は未知数ですが、プラグの選択は正解のようです。(^_^)v



2018年11月06日 イイね!

池の水全部・・・抜かれていました。(^Д^)

池の水全部・・・抜かれていました。(^Д^)












先週末、湖面に映る桜紅葉を見ようと、娘と千人塚公園に行ってみました。




ここは、湖畔の桜が美しく、春には雪山を背景に見事な景観を楽しむことが出来ます。

公園入口手前のパン屋さんで、好みのパンを物色し、湖畔でランチにしようと登って行ったところ・・・




池の水全部・・・抜かれていました。(;。;)






千人塚公園内にあるこの灌漑用溜め池は、城ヶ池と呼ばれており、湖面の東側からは中央アルプスが、西側からは南アルプスが美しく湖面に映り込むはずなのですが・・・



わずかに残った水面に、カモたちが群がっていました。




50年ほど前には冬場には盛んにスケートが行われており、通年そこそこの人出がありましたが、今はマレットゴルフに興ずる地元の方と、オートキャンプの数組の人影しかありません。

温暖化のために真冬でも湖面にさざ波が立っていることもありますが、数日冷え込みが続くとこんな感じになります。






湖畔の駐車場(オートキャンプ場)、整備された草地が適当なひな壇になっています。



車のイベントにはもってこいで、アスファルトの駐車場に並べるイベントよりも、趣があって良さそうに思います。

中央道の、駒ヶ根ICからも松川ICからもどちらも20分以内のロケーションです。




Posted at 2018/11/06 21:46:41 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日々の出来事 | 日記
2018年11月04日 イイね!

本来の役目を果たす

本来の役目を果たす












最近本来の役目を果たさず、冬場にはこんなインチキな使い方をされているオートバイトレーラー、先日、冬を前にして本来の実力補発揮することが出来ました。




我がオートバイトレーラー、吉祥寺のディーラーまで、トライアンフ・ボンネビルを引き取りに行ってまいりました。

行き帰りのサービスエリアでは、躊躇わずに“トレーラー”の指定スペースに駐車します。



トウバーのスワンネックで引っ張るオートバイトレーラーは、歴とした“フルトレーラー”ですからね。(^Д^)




80km/h規制になる事と、新車に石跳ねをしたくないために慎重に走ります。

高速を走っていると引っ張っている実感がほとんど無いので、車線変更やSA・ICの入口では、オーバースピードにならないよう十分な注意が必要です。



そんなわけで、いつもよりちょっと時間がかかりましたが、無事に所定の場所にオートバイを収めることが出来ました。





何処に収めたのかって?

私の“おすすめスポット”の中で紹介している某マスターの店舗兼ガレージです。




さて、今回活躍のオートバイトレーラー、来週辺りにタンクローリーに変身してもらうとしましょうか。(^Д^)




Posted at 2018/11/04 22:16:24 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日々の出来事 | 日記
2018年11月03日 イイね!

やっと一人前

やっと一人前












我がセニックRX4、やっと一人前になりました。





Before








After







カングー4×4は、数日前に130,000kmを記録しているのですが、無頓着なカミサンが運転していたので、気が付いた時には130,174km(´д`)

我が家では一万キロの大台毎に、オイル交換と一緒にフィルターを交換し、五千キロ毎にオイル交換と言うサイクルをとっています。





と、言うことで、エスパス・クワドラを筆頭に、カングー4×4、セニックRX4と、我が家の4WD軍団は、立て続けにオイルとフィルターの交換の運びとなりました。





週明けにセニックRX4のオイル交換の予定ですが、ペール缶にオイルまだ残っていたかな?





2018年11月01日 イイね!

今日の我が家・・・4×4+4×4+4×4=?

今日の我が家・・・4×4+4×4+4×4=?











いつもはカマボコガレージに文字通り隠してある“隠し球1号”を、玄関先まで連れてきたついでに写真を撮ってみました。








“隠し球1号”のエスパス・クワドラ、セニックRX4、カングー4×4と、ルノー歴代の4WD車両が3台揃いました。

同じ4WDでもそれぞれに一長一短があります。

悪路走破性(足の長さ)は、タイヤ径の大きさと相まってセニックRX4が一番高いのですが、ギヤ比の関係も有り低速での粘りが足りません。

しかし、車高の高さ故、除雪されていない雪道では驚くほどの能力を示します。





非舗装路でのノロノロ運転が得意なのは、カングー4×4。

低速で良く粘るエンジンのおかげで、滑りやすい路面をゆっくりと確実にグリップしながら進むことが出来ます。

ただし、最低地上高はある程度確保されているものの、タイヤ径が15インチと小径なため、不整地では十分に注意を要します。





この中で、エスパス・クワドラがもっとも古い設計ですが、唯一縦置きエンジンの四駆です。

リヤがド・ディオンアクスルなので、ド・ディオンチューブがデフより下に有り、オーバーハングの長さと共に、アプローチ、デパーチャーアングルと共に気を使うところです。

国内登録に当たって後付けされた触媒の位置が低いのも、懸念材料となります。

しかし、運動性は一番優れており、しっかりとリヤに駆動力がかかったコーナーで口での挙動を示します。

特に滑りやすい路面では、クリッピングポイントを過ぎるとLSDが作動したかのようなトラクションを得る事が出来ます。








使い勝手では、セニックRX4が乗員もそこそこに、荷物もそこそこにと万能に使える感じで一番です。

カングー4×4は五人がコンパクトに収まって、充分な荷物を載せられます。
(ただし、4WD化によって行き場を失ったスペアタイヤが、荷室を幾分か占領して狭くしています)

エスパス・クワドラは、5シータ—にして2列目に座席を3つ並べれば広大な荷室が出来ますが、2-1-2の配列にすることでどのシートもゆったりと腰掛けられます。

また、センターの一座をたたんでテーブルにし、フロントシートを後ろ向きに回転させることで、ちょっとした居間が出来上がります。

ちょっと涼しくなったこの季節には、まるでサンルームのような居心地の良い空間になります。(夏は暑いよ)







我が家では、常時五人乗れる車を必要としています。

なので、積極的に真ん中のシートに座りたくなるような車であることが欠かせません。

“チャイルドシート3脚並び”の時代は過ぎましたが、必要な時は今でもジュニアシートを2脚使うので、リヤシートに大人一人とジュニアシート2脚が不自由なく収まる必要があります。

国産車で今後このような条件を満たす車が出てくることは望み薄です。

欧州車でも厳しいかと思いますが、現時点ではこの3台のどれもが条件を満たしています。





Posted at 2018/11/01 19:23:35 | コメント(6) | トラックバック(0) | 我が家の車事情 | 日記

プロフィール

「夜更かし」
何シテル?   04/16 22:17
どこでもカントクです。 どれもまっとうな実用車だと思って乗っていますが、 なぜか変な車ばっかりと思われています。 どうぞよろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

今のところ問題無し! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/16 08:48:03
ボケ防止 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/09/04 19:57:04
W113 Pagoda Roof SL is another ultimate choice! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/07/08 20:49:53

ファン

50 人のファンがいます

愛車一覧

ルノー セニック ルノー セニック
セニックRX4の2台目です。 色も仕様も同じ、車体番号も数台しか違わない車両です。 登 ...
フィアット ムルティプラ フィアット ムルティプラ
ムルティプラのディーゼルターボ車です。 大人3名乗車と、チャイルドシート3脚が不自由なく ...
ルノー エスパス “隠し球1号” (ルノー エスパス)
エスパスⅠのフェイズⅡのクワドラです。 黒ホイールでは長大な車に見えますが、これでも全長 ...
シトロエン DS シトロエン DS
某ヒルクライムでは『日本最速のDS』と言うことになっております。(笑)
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.