• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

どこでもカントクのブログ一覧

2016年07月31日 イイね!

今日のわが家・・・・・・&プリ○スインプレッション

今日のわが家・・・・・・&プリ○スインプレッション











只今わが家の車庫には、こんな3色の車が並んでいます。
ランニングコストの安いディーゼルムルの代わりには、究極にランニングコストの低いプリ○スが・・・
スペースユーティリティーに優れるセニックの代わりには、これまたユーティリティーに優れたプジヨー307SWがしばし代役を務めることになりました。

私の愛車に関連するみん友の皆さんには、ハイブリッドカーの“プリ○ス”とは、あまり接点が無いようで、私なりのインプレッションを望む声がちらほら・・・ほんとかよ(^Д^)

しばらくは愛車に関するくるまネタもなさそうですから、リクエストに応え“プリ○ス”のインプレッションでも書いてみることにします。

あくまでも私の私感によるものと、長文必至になりますので、興味の無い方と気分を害する恐れのある方は、このまま読まずにスルーして下さい。




3台列べてみると、以外にもプリ○スより307の方が、フロントウィンドウの傾斜がきついことがわかりますね。










さて、代車2台生活に突入してしまったわが家ですが、わが家の周辺と、所用で東海地方まで往復500km程走行してみて感じたプリ○スのファーストインプレッションをまとめてみます。

まずは、初日に家の近所を走ってみての感想から。

主治医の工場より、車に乗り出そうと運転席に座ったものの、スタートスイッチを押しても音なしの構え。
セレクターレバーは、ドライブポジションに入れても中立に戻っちゃうので、マニュアルシフトのレバーのように、ニュートラルからの相対位置関係で、どのギヤに入っているか知ることが出来ませんね。
クリープが一切無いため、ディスプレイパネルのポジション表示を見ても、今ひとつ実感が湧きません。
30のような、意味の良くわからない邪魔なセンターコンソールが無いことに好感が持てます。

スタート時には、アクセルを踏んでみて、動き出して初めて走行可能状態にある事がわかります。
クリープのあるオートマチック車のような、そっとブレーキを緩めることで走行可能であることを知るのとは、ちょっと勝手が違いますね。
音なしで発進するので、周りに“ポケモンGO”に夢中になっている人が居ないか確認して、そっとアクセルを踏みます。

わが家の周辺は山坂道が続くので、エンジンとモーターの両方を使って走行する状態か、下り坂で回生をしている状態のどちらかで、モーターだけを動力とするEV走行状態にはなりませんでした。
ディスプレイを見ていると、エネルギーの流れがどちら方向にあるのか良くわかりますが、ちょっとした坂道を上るにもエンジン?の粘りが足りず、エンジンが回ってみたり止まってみたりと迷うような制御が見られ、その度に走りがぎくしゃくするのが気になりました。
普段のマニュアル車なら、上のギヤに入れてエンジンの粘りだけで登るのか、シフトダウンをして一気に駆け上がるのか、任意に選択をする面白みがありますが、この迷うような制御は気分良くありません。
ちょっと強めにアクセルを踏むと、トルクステアが出るくらいしつけの悪い加速をしますが、全体に粘りが感じられない動力系にはちょっとがっかりします。

エアコンは良く効きますね。
これはとても嬉しいです。
セニックやムルティプラでは、日中の直射日光の中ではどうしても冷房能力の物足りなさを感じますが、プリ○スはぐんぐん冷やしてくれます。
おかげで一番暑い1ヵ月を快適に過ごすことが出来そうです。
ただし、ブロアファンの音が思ったよりも大きいかな?
比較の対象としては適切ではありませんが、メルセデスのEクラス以上の車に乗ると、音も無く室内を冷やしてくれます。
日本の技術なら、ファンの存在感を消しながら充分に冷やすことも可能なはずですが、そこまでコストをかけられなかったようですね。
オートのままではレベル位置にしか送風されず、任意で選択しないと足下が冷えないのはちょっと不満です。
エンジンがほとんど回っていなくて、排気温度でフロアが熱されない前提のプログラムでしょうか。

ちょっと荒れた道を走ってみると、タイヤがポンポンと跳ねる感じが伝わってきます。
バスケットボールをドリブルしたときの、ボールがバイン、バインと弾むような、そんな振動と音が伝わってきます。
これは、タイヤが起因するものか、ダンパーの為なのかは良くわかりませんでした。

ブレーキは踏力の加減と制動力がリニアで無いのが気になりますね。
踏み始めの制動の立ち上がりは鋭いものの、踏み増して行っても制動力の上がる感じが無く、最後の方でまた効き始めると言った感じです。
シトロエンのカックンブレーキみたいないやらしさはありませんが、慣れるまでは微妙なコントロールはむずかしそうです。

わが家の周辺では、勾配のきつい上り坂の頂点の丁字路がたくさんあり、積雪や凍結時にはブレーキコントロールだけで無く、スロットルワークにも注意を必要とします。
河岸段丘の下の方で乗るには問題無さそうですが、斜面での凍結が当たり前の場所では、スロットル特性とブレーキの特性はご勘弁ですね。
新しく出た4WDの方はこの辺り改善されているのでしょうか? ちょっと気になります。

そうそう、ブレーキをかける際にもう一つ気になったことがあります。
渋滞路をごく低速で走行中に、車間をコントロールするためにブレーキを踏んだり放したりしますよね。
その際に、まるでお皿の上のプリンがプルプル震えるみたいに車体が揺すられます。
先ほど書いた、タイヤが跳ねる感じと関連づけて考えると、これはどうやらラバーブッシュ類がやわらかすぎることと、ダンパーが極小ストロークにおいて上手に仕事をしていない事とが理由のようです。
ブッシュの柔軟性に頼らず、極小の入力に対しても突っ張らない、質の良いダンパーを採用すれば、静かな走行がもうひとつ上質な走行に変わって行きそうですね。

車庫に駐められたプリ○スを見て、小学校6年生の長男が一言。
「うわぁ、凶悪な顔してる」「これキャラクターで言ったら絶対に悪役だよね」

小三の娘は無関心。

年長の保育園児の次男は、「あ〜っ、かっこいー」
スタイリングは保育園児レベルのようですね。(^Д^)

数十㎞走ってオンボードコンピュータ上に示された燃費は、リッター20kmにちょっと届かず。
参考までに4WDのセニックは、生涯燃費10km+/ℓ。
この辺りでのハイオクの価格で計算すると、1km走行するのに約13円の燃料代が必要になります。
二速での走行の多用が必死の状況で、4WD車としてはかなり優秀だと思います。
これが、ディーゼルのムルティプラなら、生涯燃費15km+/ℓ。
軽油代から計算すると、1km走行するのに約7円の燃料代が必要です。
プリ○スで計算すると、1km走行するのに約6.3円の燃料代が必要な計算になります。
イニシャルコストをランニングコストでカバーできるのか、またそれがドライバビリティーとバーターになるのかは疑問です。
数年後の走行バッテリーの交換コストを考えると、上の数字がまたちょっと変わって見えてきますね。(^Д^)
トータルでの環境負荷の問題に関しては、今回は触れないで置きましょう。





数十㎞の走行後、夕方に届いたセニックの代車、プジョー307SWをちょっと運転してみてホッとしたことは、忘れないように書いておきましょう。(^Д^)
Posted at 2016/07/31 14:05:29 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日々の出来事 | 日記
2016年07月29日 イイね!

2日連続大当たり!

2日連続大当たり!










私、昨日に引き続き、保険代理店に朝から電話をする事になりました。

なぜなら今日も「大当たり」しちゃったからなんです。(^Д^)











昨日リヤガラスが砕け散ったムルティプラを、朝一番で搬送できるように、昨晩はセニックを車庫から離れた場所に停めておきました。



朝一番、下までおりて行くと、今日のセニックはなんだかちょっとすっきりしていてカッコイイ♡












あっ!夜半からの風雨で折れた枝がミラーに当たってもげちゃったんだ。

それですっきりとして見えたんですね。










ミラーは木っ端みじんだけど、一号機から部品を外して付け替えちゃえば一件落着だね。











「何だたいしたことないじゃん」て、思ったでしょ?









そう、私も最初はそう思ったんですよ。









「屋根にも小枝が落ちているな」なんて、その枝を取り除こうとしたら・・・









えっ!

なにこれ?












ムルティプラと同じく、UV・IRカットフィルムのおかげでガラスが飛散していないことがせめてもの慰めです。







ここから折れて直撃したんだ。










折れ口も見える。










「よっこらしょ」と、持ち上げなければならないくらいの小楢の枝は、直径約120mm。









私の家を訪れたことがある方なら、雑木林の一角を整地して家が建てられているって言うことをご存じだと思いますが、事件現場の全景はこんな感じに・・・









バラバラに折れちゃってるけど、こいつが直撃した犯人です。










少し前に、黄ばみを落とし綺麗に仕上げてもらったヘッドライトもこんなになっちゃいました。










2日連続での保険代理店への事故報告は、なんだかとても気まずい感じです。

セニックは20等級ですが、来年は1等級ダウン&割増料金3年を受け入れるしかありませんね。

ブラックリストに載っちゃうかも・・・

と、言うよりなにより、車両保険60万円でこれ全部直るのか?

部品は前部揃うのか?

左側面にはダメージがありませんが、ルーフを始めとしてボンネットから左側面全域、タイヤカバーやリヤゲートに至まで、どこもかしこも傷だらけです。








幸いなことに、保険のレッカーと代車の特約のおかげで、乗車可能な車両がゼロになってしまうことは避けられました。

今、手元には、セニックの代車として、PEUGEOTの307SWが・・・

セカンドシートに子どもが3人がけしなければならない、わが家の事情を良く理解してくれた代車の選択に感謝です。





そして、ムルティプラの代車には、なんとプリウスの40が・・・

私のブログを訪問していただいている皆様には、もっとも縁の無さそうなプリウス。

代車特約で30日間使用可能です。






なのですが、ムルティプラのリヤガラス日本に在庫がありません!


本国手配となると、早くてもひと月くらい掛かっちゃいそうな気配が・・・

30日で果たして間に合うのか?

もうこうなったら、この際「プリウスブログ」でも書いちゃいましょうか。(^Д^)








それにしても、連日大当たり。

かくなる上は「サマージャンボ」でも買いに行けば、大当たり間違い無しか?





よし、明日は朝一で宝くじ売り場へ・・・

えっ?

宝くじの販売今日までだったの?(T-T)

2016年07月29日 イイね!

不運は続く・・・

あまりにもショックで、まだブログには書けない状況です・・・(T-T)
Posted at 2016/07/29 10:23:02 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日々の出来事 | 日記
2016年07月28日 イイね!

リヤガラス、花(火)と散る

リヤガラス、花(火)と散る











町道の草刈りをしているところを通り過ぎた直後、鈍い炸裂音がしました。


前方にはコーナーが迫っていたため、通過後にルームミラーを見ると、リヤガラス炸裂していました。(T-T)





おそらく、草刈りで使っていた“刈り払い機”のはね飛ばした小石か何かが当たったのだと思われますが、飛んでくる小石が見えたわけでも無いので原因は不明です。






見事全面が粉々に砕けました。







ショックな出来事でしたが、驚くべき発見もありました。

写真のように各コーナーのガラスは、粉々に飛散してしまいましたが・・・










UV・IRカットのフィルムを貼ってあったので、ガラス全体は崩れ落ちること無く、何とか形状を保っていました。





ここが打点ですね。





写真にするとちょっと綺麗なのが余計に悔しい!(^Д^)





今晩か明朝、代車を積んで主治医に引き上げてもらう予定ですが、ガラスの在庫、国内にあるんだろうか?(右ハンドル用フロントガラスは、在庫払拭の情報有り)
Posted at 2016/07/28 19:03:07 | コメント(4) | トラックバック(0) | ディーゼルムルのページ | 日記
2016年07月23日 イイね!

フルトレーラー

フルトレーラー











最近は、高速道路上でフルトレーラーをよく見かけます。

軽登録のカーゴトレーラーとは雖も、一応はフルトレーラーを牽引する我が身としては、セミトレーラーよりもフルトレーラーの方に俄然興味を引かれます。




先日、偶然にも2台のトラックが、それぞれフルトレーラーを引きながら連なって走っていました。












よく見ると、トレーラーの型式が違うのがわかりますね。




最初のトレーラーは、旧来からある「ドリータイプ」。
タイヤが四隅に付いています。








後の方の写真は、最近よく見かけるようになさった「センターアクスルタイプ」。
こちらの方が取り回しは楽なようです。



私の持っているカーゴトレーラーは、一軸なので当然これと同じ「センターアクスルタイプ」なので、やはりこの方に興味が引かれます。 (大きさが全然違うものを一緒にするなって(^Д^))





ドリータイプならトラクター車両と連結していなくても、安定した状態で荷物の積み込みが可能だと思いますが、センターアクスルタイプはどうなんでしょう?
ちょっと興味が湧いてきます。





そうそう、以前に一度だけですが、スカニアのセミトレーラーに、さらにセンターアクスルのフルトレーラーを連結しているのを見ました。
バックすることって出来るんでしょうか?





セミトレーラーも、ここ数年でヨーロッパ式のシングル三軸の物が増えてきましたね。
まだまだ主流はダブルタイヤの二軸ですが、バリエーションが増えると見ているこちらとしてはとても楽しいです。



同時に多くに採用されているものとして、空荷の時に車軸を上げる「エアーリフト」機構。
もう20年近く前のことだと記憶していますが、最初に欧州でこれを見た時には「車軸が壊れているんじゃ無いか」と、ビックリしました。


車軸の上げ方にも色々とバリエーションがある様で、首都高でこんな↓面白いのも見ました。




Posted at 2016/07/23 23:04:38 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日々の出来事 | 日記

プロフィール

「夜更かし」
何シテル?   04/16 22:17
どこでもカントクです。 どれもまっとうな実用車だと思って乗っていますが、 なぜか変な車ばっかりと思われています。 どうぞよろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/7 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

今のところ問題無し! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/16 08:48:03
ボケ防止 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/09/04 19:57:04
W113 Pagoda Roof SL is another ultimate choice! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/07/08 20:49:53

ファン

48 人のファンがいます

愛車一覧

ルノー セニック ルノー セニック
セニックRX4の2台目です。 色も仕様も同じ、車体番号も数台しか違わない車両です。 登 ...
フィアット ムルティプラ フィアット ムルティプラ
ムルティプラのディーゼルターボ車です。 大人3名乗車と、チャイルドシート3脚が不自由なく ...
ルノー エスパス “隠し球1号” (ルノー エスパス)
エスパスⅠのフェイズⅡのクワドラです。 黒ホイールでは長大な車に見えますが、これでも全長 ...
シトロエン DS シトロエン DS
某ヒルクライムでは『日本最速のDS』と言うことになっております。(笑)
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.