• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

simaumaのブログ一覧

2012年11月27日 イイね!

6代目流星号(その1)

今回人生で3台目の新車購入となった通算6代目になる流星号が
11月25日の日曜日に無事、納車されました。

前車アコードワゴンを実家(ディーラーさん)へ送り届けるまで
自分自身も惜しい気持ちが大きく、後ろ向きですらあったように思います。
その気持ちが移ってしまったからなのか
5代目流星号は最後の最後で不調をきたしてしまいました。
しかしそれでも、5代目流星号の頑張りと
いつも良くしてくださる担当さんの迅速な対応、ありがたい計らいで
キチンと修理され、新たなオーナーさんの下で新たな車生を送れるようになりました。



せっかくシッカリと直してもらって新たな旅立ちを迎える5代目流星号なのに
私がいつまでもウジウジと考えていても仕方ありません。
私の一存で乗換えを決め、ディーラーさんのピットで最後の別れを告げた以上
いつまでも私が後ろ向きでいるのは5代目流星号に対して失礼なこと。
決断した時の思いを心に刻み、思い出を大切にして前に進みたいと思います。
また今回もとても良くしてくださった担当さんを
今後はあまり崖っぷちに追い込まないようにしたいと思います。(笑)

ということで
今日からは6代目流星号を正式な「流星号」と呼ぶことにします!
今まで散々引っ張ってしまい、申し訳ありませんでしたが
徐々に流星号をご紹介したいと思います。(^^



まずは車種ですが、先日ちょこっとだけお披露目した通り
私が6代目流星号に選んだのはステップワゴン・スパーダです。(^^
クルマの免許を取ってから今まで

スズキ(ジムニー:中古)
   ↓
トヨタ(ランクル70:中古)
   ↓
三菱(デリカスターワゴン:新車)
   ↓
トヨタ(カルディナ:中古)
   ↓
ホンダ(アコードワゴン:新車)

と乗り継いで来ましたが、人生で2台目のホンダ車。
しかも同じメーカーを連続で新車、と言うのは初めてです。
これも先代流星号のときから良くしてくれる担当さんと
しっかりと面倒を見てくれるディーラーさんのお陰だと思います。
オイル交換1回2500円は見逃せませんし!(^^

さて、それでは選定時に私が着目した点を、少し並べてみたいと思います。

<視界の良さと車体サイズ>
アコードワゴンを降りようと思ったときに考えたことの一つに
決してアコードワゴンと被ることがないような車種選定、というのがありました。
なぜなら、同じようなポジション、視点のクルマではどうしても比べてしまい
「やっぱりアコードワゴンのほうが良かったなぁ~」って言いそうだから。(笑)
で、一気に視点の高さが変わるミニバンに切り替えようと思ったのでした。
しかしご存知の通り、我が家では奥さんも運転します。
クルマの使い方の8割くらいは、普段使いの買い物などで
近所を走る際にも取りまわしがしやすいよう、ダウンサイジングも考えました。
しかしあまり小さいとワンコたちと遊びに行けないし・・・ということで
ホンダではラージクラスのエリシオンではなく
ミドルクラスのステップワゴンに白羽の矢を立てました。(^^

<車内の広さ/普段使い>
ホンダ独自の低床・低重心化技術で天井までの高さも
他メーカーの同クラス車よりも若干高く
床が低いことで人の乗り降りや、荷物の積み下ろしがしやすそうです。
また重心が低いことで、走りにも期待をしています。

<車内の広さ/2列目シート>
2列目は敢えて、タンブルシート(ベンチ型シート)を選択。
7人乗りの、2列目がキャプテンシートのものも選べましたが
車中泊用に組立式の簡易ベッドを自作しようと思っていることを考えると
タンブルシートのほうが折り畳んだ時にコンパクトになり、都合が良いためです。
おそらく夫婦2人とワンコ2匹がメインの乗車メンバーにも関わらず
クルマは8人乗りとなりました。(笑)

<車内の広さ/3列目シート>
他メーカーの同クラスの車種では3列目は左右に跳ね上げるタイプが多く
床面積は同等なものの、空間としては狭いのがネックでしたが
ステップワゴンは唯一3列目のシートを床下に収納することができ
凹凸のない、床面積のまま天井まで続く広大なスペースを有効に使えます。
今回の選定で、一番の注目点はココでした。(^^
また折り畳んだ状態だと重たいシートの塊が床付近に収まるため
多少なりとも低重心化に貢献し、走りに良い影響があるとも思いました。

<経済性>
エンジンはアコードワゴンの2400c.c DOHC i-VTECから
2000c.cのSOHCと格下げな感じになってしまうものの
i-VTEC搭載で、型式はアコードツアラー20TLと同じR20A。
但しツアラー20TLでは156PS/6300rpmの19.3kgf・m/4300rpmですが
ステップワゴンに搭載のR20Aは重いミニバン向けにチューニングされているようで
150PS/6200rpmの19.7kgf・m/4200rpmへと
若干ですが低回転でトルクが最大になる仕様となっています。
燃料はアコードワゴンと同様レギュラーガソリン仕様で
今年4月のモデルチェンジで、オフ設定にも出来るアイドリングストップが搭載されました。
5ナンバー化で自動車税は安くなり、エコカー減税75%適用となるため
オサイフにも結構優しそうです。(^^

<グレード>
グレードには少々おやぢの希望(ワガママとも言う)をコッソリと織り込み
スパーダの中の、「クールスピリット」という仕様を選択。
純正アルミなんですが、17インチが標準装着になっているんですよね。
後でインチアップするのはお金も掛かるし、予算取りもなかなか大変なので(笑)
アコードワゴンで好印象だった17インチが標準のクールスピリットを選びました。
CVT+7速パドルシフト搭載で、多少は運転も楽しめるかな?とも期待しています。
実は8年くらい前に、CVTのトヨタ・アイシスを試乗した時のネガティブな印象が強くて
例え効率は悪くとも5速や6速などのトルコンATのほうが私は好みなんですが
この際CVTでもやむなし、むしろこの新たな機構にジックリと乗ったことがないので
最新技術で進化しているであろうCVTがどんなモンなのか
試してみようという考えに切り替えました。(^^

<ボディーカラー>
「流星号」という名前にちなんで
今回もアコードワゴンに続き、青系を選びたかったんですが
残念ながら4月のマイナーチェンジで青系は無くなってしまったようです。
時々街で見かける「コバルトブルー」が、なかなか良い色なんですよね・・・(^^;
仕方なく・・・といいつつも、今回はアコードワゴンの時にも迷った白を選択しました。
正式には「ホワイトオーキッド・パール」というらしいです。(笑)
他は黒とかガンメタ、シルバー、ワインレッドなどのカラーバリエーションがありますが
黒はどうしてもホコリや小傷が気になりそうだし
若い人向けに醸し出している「迫力」の部分が私にはちょっと強すぎのように感じ
また黒以外の色は我が家には落ち着きすぎているという印象がありました。
アウトドアの、特に緑の中や青空の下で映えそうな白にしましたが
洗車をサボると見事に「シマウマ柄」にはなりそうなので
今まで同様、毎週洗車を目指して頑張る所存です。(笑)
今後雨降りの日が増えるかも知れませんがご容赦ください。(^▽^;)

他には両側パワースライドドア+イージークローザーだったり
VSAやオートクルーズが付いていたり
ディスチャージヘッドライトにオートレベリング機構装備だったり
撥水ガラスにヒーテッドドアミラー、フォグランプや
前席フルオートエアコン、リア席用のクーラー、
なかなか豪華なスウェード調ファブリック+グランスムースコンビシートなどなど
アコードワゴンではオプションだったり、設定が無かった物まで標準で装備されていて
5ナンバーのミニバンでしょ?と軽く考えてたステップワゴンでしたが
かなりの高級ぶりに、今頃になって驚いているのでした。(オーナーさん、失礼しました!)

唯一、真剣に選んだのが、遠出をする我が家には無くてはならないナビさま。
流星号の羅針盤、これだけは手を抜くワケには行きません。(;^_^A アセアセ
クールスピリットにはメーカー純正ナビが付いたグレードもありますが
私はオーディオレス仕様にディーラーOPナビ+ワイドリアカメラの追加としました。

アコードワゴンでは当初FOMAのケイタイ、後に専用通信カードを使って通信し、
インターナビセンターの情報量の豊富さとその便利機能に感心した、
インテリアデザインの一部となっていた「メーカーOPのインターナビ」でしたが
6代目流星号では敢えてディーラーOPに設定されている、
ギャザズのインターナビとリンクアップフリー対応のものを選択しました。
リンクアップフリーなら月々の通信費が無料(ホンダ負担)で常時接続となり
今まで通りにインターナビの便利機能が使えるのが利点です。(^^

取り付けたオプション品やナビなどについては、また改めて書きたいと思います。(^^

いやはや・・・
時代の進歩をヒシヒシと感じた今回のクルマ選びでした。(;^_^A アセアセ

-オマケ-
ステップワゴンは「ミニバン」とか「ワンボックス」だと思っていましたが
ボディ形状では「ステーションワゴン」に分類されているんですね。(^^;

Posted at 2012/11/28 02:11:08 | コメント(5) | トラックバック(0) | 流星号 | 日記
2012年11月25日 イイね!

お別れ、そして新顔。



さて、いよいよお別れの時が来ました。
ルーフボックスを降ろし、元来の流麗な姿に戻った5代目流星号。
こうしてみても、まったく古さを感じませんよね。(^^

今日は流星号を実家(ディーラーさん)まで連れて行きます。
とはいうものの、オルタネータが壊れているので
一昨日新品にしたバッテリーはすでに上がってしまっていて
エンジンを掛けてやることが出来ません。

で、昨日担当さんと相談をしたところ
今朝、担当さんが出勤する前にバッテリーを持って来てくれることになりました。
担当さんいわく、「大丈夫、店までは走って来れますよ!」とのコト。
約束通り8時半ごろにはバッテリーを持って来てくれて
交換までしてくれるとのことだったんですが
これから午前中に納車の案件があると聞いていたので
バッテリーだけ受け取らせてもらって、自分で交換することにしました。



果たして本当にディーラーさんまで行けるのか?
小田原からドキドキぢながら帰って来た時のことを思い出し
しかし流星号をシッカリ送り届けるために、決死の思いで自宅を後にしました。

ディーラーさんまではおおよそ30km。
バッテリーを積み替えた流星号は順調に走りだしましたが
一昨日とは違い、バッテリー警告灯が最初から出ています。
どうやらオルタネータは完全に壊れてしまったようです・・・
バッテリー警告灯を表示したまま、道程の半分を過ぎたころ
信号などで停車するとアイドリングが若干下がり
そのままエンジンが止まりそうな振動が・・・

がんばれ、あと半分だ!

そう心のなかで語りかけながら、ディーラーさんを目指します。
空調もオーディオもOFF。
信号で停車したらサイドをすぐに引いてブレーキランプOFF。
少しでもバッテリー電圧を温存して
プラグ点火と燃料ポンプに電気を使えるように・・・
テールランプ/ブレーキランプのLED化が少しは効いてるかな?(^^;

ディーラーさんまであと1km、もう一息だぞ!
しかし停車時のアイドリング低下は徐々に幅が出てきて
もうすぐにでもエンジンは止まってしまいそう・・・

あと一息、もう少しだけがんばれ!

奥さんが横に乗っていましたが、声に出してしまいました。
やっとディーラーさんが見えて、右折で入庫・・・
対向車がなかなか途切れず、もどかしい。
やっとのことで実家(ディーラーさん)に到着!
流星号は今日も頑張りきりました。(^^



ディーラーさんでは「待ってました!」と言わんばかりに
メカニックさんがすぐさまボンネットを開けて状況確認・・・
やはりオルタネータがダメになっているとのことでした。
一昨日連絡を入れた時に、
すでにリペア品のオルタネータを準備してくれていたようで
そのまま修理に取り掛かってくれたようです。

そんな状況を見て一安心し、たばこを一服。
全身から力が抜けるほど、ホッとしていました。
それだけ緊張して運転していたんだなぁ~と実感しました。(^^;

そんな風に状況をみていたら、担当さんがテーブルに案内してくれました。
あれやこれやと書類を確認し、署名をしていきます。
そして・・・



6代目流星号とご対面。
インディゴブルーな流星号がキチンと処置を受けていることで安心し
やっと少し、嬉しさが出てきました。
6代目流星号、それは・・・



おおよそみなさんが予想されていた通りの
ステップワゴン・スパーダです。(^^
精悍な顔つきから、ブルドックのような面構え・・・(^_^;)
10年ぶりくらいで、アイポイントの高いクルマに乗ることになりました。



クールスピリットというグレードで
ジムニーやランクル70がクルマの基準だった我が家には
なんともまあ、至れり尽くせりな豪華な装備が標準搭載されています。σ(^_^;)
ちょっとだけおやぢの意地も織り込んで、こんなマットを敷いてみたり。(笑)
このあたりについてはまた、ブログでご紹介したいと思います。

アコードワゴンの修理代でも頑張ってくれた担当さん。
なんと5万円を切るお値段で、シッカリ直していただけることになりました。
修理代のお支払いも済ませ
念のためアコードワゴンに積んできたヒューズ類の小物や工具、
ずっとウィンカーレバーにぶら下げていたお守りなどを降ろしながら
「今まで、ありがとう」と声を掛けてお別れしてきました。
近くにいた担当さんが
「距離は走っていますが、店頭に出したらすぐに売れちゃう気がします」
と言ってくれたのが、すごく嬉しかったです。

アコードワゴンの「戦闘機」というイメージから
一気に「輸送機」というイメージのステップワゴンへ。

全く性格の違うクルマとなってしまいましたが
みなさん、今後ともよろしくお願いいたします。m(_#_)mぺこり


6代目流星号です!よろしくねん♪
Posted at 2012/11/26 02:35:08 | コメント(20) | トラックバック(0) | 流星号 | 日記
2012年11月24日 イイね!

一夜明けて



昨日、ラストドライブのあと動かなくなった流星号。
今日は次期流星号に引き継ぐ部品の取り外しをしました。
ボンネットを開け、オルタネータ周辺を良く見ても
外観からは、どこが異常なのかは判りません。
ただ、かすかに、基板の焦げたような匂いが残っていました。



火の入らない流星号。
それでも気持ち良く送り出すために、車内を綺麗に掃除しました。
今までの感謝も込めて・・・



雨で汚れていたボンネットも綺麗に。
やはり流星号は、こうでなくてはいけません。(^^



この精悍な顔つき、今でも大のお気に入りです。
上から見下ろした時にはワイドローに
正面から見た時には精悍な顔つきに
横から見た時には、いかにも空力が良さそうに
そしてリアから見た時には「佇んでいる」という言葉がぴったりなクルマ。
私の中で、アコードワゴンを超えるクルマはなかなか出てこない・・・
そんな風に感じています。(^^



下取りが決まっている流星号ですが
担当さんの計らいで、キチンと走れるように修理してから
次のオーナーさんを探してくれるとのことでホッとしました。
当然、修理代はお支払します。
お別れが決まっていても、大切な流星号ですから。(^^

これがキッカケで廃車扱いでは寂しすぎる・・・
そんな気持ちを汲み取ってくれる担当さんには感謝しています。

お別れまで、もうあまり時間がありませんが
しっかりとディーラーさんまで届けたいと思います。
Posted at 2012/11/25 01:41:45 | コメント(9) | トラックバック(0) | 流星号 | 日記
2012年11月23日 イイね!

ラストドライブ、そして・・・



5代目流星号、アコードワゴン。
今日は以前から、ラストドライブをすることにしていました。
今まで乗ったバイクも、そして歴代の流星号も
乗り換えや売却の際には必ず、ラストドライブをしてきたので
例え雨といえども、今回もドライブに出かけることにしていました。



当日は生憎の雨・・・
7年9ヶ月の間に、このアングルの写真は数えきれないほど撮っていますが
今日は特別な思いで撮りました。



頂いてから、ずっとこの位置に付けているエンブレムも
コーヒーのオマケに付いていた次元のマスコットも
とても素敵な思い出です。



ラストドライブはいつも通り箱根へ。
雨は小降りになりましたが、江の島は霞んでいました。
お天気が悪いこともあって渋滞は少な目で
箱根湯本までは割と順調に走って、少し休憩です。



2匹もトイレ休憩と、ちょこっとオヤツを。(^^
ここからは久しぶりに、国道1号を登っていきます。



国道1号は、まあいつも通りという感じに少し渋滞気味・・・
それでも雨に濡れた紅葉を見ながら、坂を上っていきます。
塔ノ沢を過ぎ、大平台に差し掛かるころ
流星号のエンジンルームから異音が聞こえるようになってきました。
濃霧の中をトロトロと走ってるから、湿気でベルトから音が出てるのか?
そんなコトを奥さんと話しながら、進んでいきましたが
途中でエンジンの回転上昇に合わせてウォーンというような
何かが唸っているような音に変わっていきました。



大涌谷を目指していましたが、エンジン音の変化も気になるし
目的地を変更して
芦ノ湖スカイライン~箱根新道で帰ることにしました。

芦ノ湖スカイラインの晴れていれば見晴らしの良い駐車場で休憩。
普段ならエンジンをOFFにするところですが
なにか嫌な予感がしたので、エンジンは掛けたままにして
2匹のトイレ休憩を済ませ、流星号を発進させると・・・

パワーステアリングに違和感が。
時々パワーアシストが途切れ、ステアリングが重くなります。
奥さんに異常を伝え、急いで下山することにしました。

芦ノ湖スカイラインを過ぎ、箱根新道を下っていると
今度はいろいろと警告灯が点灯し始めました。
ABS、エアバッグ、EPS、サイドブレーキ・・・
今まで走行中に、こんなにも警告灯が付いたのは初めてです。
箱根新道を下り始め、中盤を過ぎたころ・・・
今度はナビ、オーディオ、インフォメーションディスプレイに
スピードメータやタコメータまでが一瞬消える状態に。
その時にはステアリングのパワーアシストは完全に切れ
非常に重たくなるステアリングを両手で必死に切りながら
なんとか市街地に降りてくることが出来ました。

そんな最中、奥さんは助手席で近くのホンダディーラーをスマホで検索。
時々電源が落ちるナビになんとか目的地設定し
パワーアシストが時々切れるステアリングを
両手でしっかり保持しながら、小田原の市街地を抜けていきます。



なんとか無事に、ディーラーさんに緊急入庫。
発生した症状を説明し、流星号を診てもらうことになりました。
2匹を後ろに乗せているのでゲージごと店舗入り口の脇に降ろし
その近くに夫婦で立って診断の結果を待っていると
「寒いのでどうぞ中へ・・・ただ申し訳ありませんが端の席へ・・・」
「わんちゃんもご一緒に」
親切なスタッフさんの計らいで、2匹も店内に入れてもらい
流星号の診断結果を待ちました。



診断の結果は私も予想した、オルタネータの故障。
工場長さんが直々に診てくれたのですが
バッテリーが先にダメになってしまい、充電容量がなくなり
しかしそこに充電をしようとしてオルタネータに過負荷が掛かり
壊れている可能性があるとのことでした。

実は芦ノ湖スカイラインで休憩をした際に異音を確認しようと思い
ボンネットを開けてみた時に、基板が焼けたような匂いがしていました。
その話をすると、もしかしたら完全に壊れているかも知れないと。
しかしコンピュータ診断の結果は14Vがしっかり出力されているので
もしかしたらバッテリーを交換すれば大丈夫かも・・・とも。
2匹を連れて出かけているので、何としても帰らねばなりません。
また、流星号を置いて帰ることも考えにはありませんでした。

「バッテリー交換で○○○まで帰れそうですか?」と聞くと工場長さんは
「判りません・・・オルタネータが完全に壊れている場合は
走行中に充電されないので、途中でまた同じ状態になるでしょう」
「しかしコンピュータ診断では14V出ているので、大丈夫かも知れません。
保証はできませんが・・・私の個人的な推測になってしまいますが
○○○までならなんとか帰れるんじゃないかと思います。
しかしそれで、オルタネータが完全に壊れてしまうかも知れません。」

この工場長さんの真剣で誠実な説明を聞いて
バッテリーを交換してもらうことにしました。
なんとしても奥さんと2匹、そして流星号を連れて帰ります。

しばらくして、ピットから流星号が出てきました。
乗り込むと警告灯はすべて正常で、いつも通りに動いているように見えます。
スタッフさんに見送られ、安全をみて一般道で慎重に帰ります。

道中はまったく不安を感じることなく
いつも通り、シッカリと各部が機能している流星号。
奥さんと「バッテリーがダメだったんだね」なんて言いながら
あと数キロでウチに到着・・・というところでEPS警告灯が再び点灯し
ステアリングが断続的に重くなる症状が出始めました。
どうやらオルタネータはダメになっていて
交換した新品のバッテリーの電力で走ってこれたような感じです。
途中で買い物をして帰ろうと思っていましたがキャンセルし
まっすぐウチに帰ることにしました。

自宅駐車場に入るころにはほぼパワステは聞かず
非常に重くなったステアリングを渾身の力で何度か切り替えし
どうにか流星号を、自宅駐車場へ。
リアゲートからワンコ達と荷物を降ろしてから気を付けてバックします。
電圧低下で、すでにナビにはリアカメラの映像は表示されません。

こうしてなんとか、いつもの定位置に流星号を停めました。
リア席などから荷物を降ろし、エンジンを停めようとしたとき
流星号は自らそのエンジンを停めました。

その後、セルを回してみましたが、もう回りません。
バッテリーだけの電力で燃料供給やエンジン点火を維持し
小田原から我が家まで走ってきた流星号ですが
つい2、3時間前に新品に交換したばかりのバッテリーには
もう流星号のエンジンに火を入れる力は残っていないようです。

私が乗り換える、というのが気に入らなかったのかな・・・

帰り着いたときにはそんな風に考え、複雑な心境でしたが
箱根の上り坂で不調をきたしたものの
小田原から自宅まで、なんとか私たちを無事に送り届け
自分の定位置でそのエンジンを停めた流星号。
きっと精一杯、ラストドライブに付き合ってくれたんだと、今は思っています。

最後まで頑張って、私たちを乗せ走ってくれた流星号。
きっと忘れることはないクルマです。

ありがとう、流星号。
Posted at 2012/11/25 00:41:06 | コメント(12) | トラックバック(0) | 流星号 | 日記
2012年11月22日 イイね!

流星号乗り換え裏話(最終回)

実車も見ず、試乗もせず
ホンダのホームページと担当さんへの電話だけで決めた次期流星号。
大会帰りの泥んこなカッコのまま、お店に向かって流星号を走らせます。

到着すると担当さんが笑顔でお出迎え。
泥んこ姿もなんのその、綺麗な店内に快く迎えていただきました。

テーブルに付くと、書類がわんさか出てきました。(^^;
電話では仮契約と言っていたのに、注文書やら車庫証明関係書類、
下取りの委任状などなど、担当さんはすでに本気でした。(笑)

車種、グレード、カラーを確認し、各オプション類に忘れ物が無いかも再確認。(笑)
車庫証明や下取りに必要な書類に記入し、残すは支払い手続きだけとなり
この瞬間にお気に入りの、そして私の代名詞のようなインディゴブルーの流星号は
事実上勇退させることが決定したのでした。

最終的には
値引き後のアコードワゴン購入価格よりも5万円高での決着となりましたが
担当さんの崖っぷちの頑張り(笑)で、
次期流星号の装備はかなり高級なものになりました。
いや、自分の認識が間違いだったのだと思いました。
選定した次期流星号も、我が家にはかなりの高級車なのでした。(^。^;)

しかしこれで、なゆたくんが更に歳を重ねても
足を伸ばして寝られる大きめのゲージを積むことが出来ます。
ハヤテくんももう7歳、2匹とも体を縮こませないで済むゲージで
気兼ねなく、一緒に遠くまで遊びに行けます。

10年前、子供たちの遊び相手という口実で迎えたなゆたくんですが
実は奥さんのために迎えたと言っても過言ではありません。
なゆたくんを迎えた当時、奥さんは体調があまり優れず
元々がインドア派で家に引きこもり気味だったのですが
なゆたくんが我が家に来て以来、絶大なる「なゆたくん効果」により
今ではすっかりアウトドア派になり、健康で活動的になりました。

そんな人間との外遊びが大好きななゆたくんとハヤテくん。
一緒にいられるのは、あと何年くらいだろう・・・と考えたときに
年老いた身体に負担になるだろうからと
ウチで留守番させるのは、なんだか可哀想なんじゃないか・・・
ホントに自分はそれで納得出来るのか?との思いが強くりました。
奥さんを元気にし、そして外遊びの楽しさを教えてくれた外遊び大好きな2匹は
最期を迎えるまで、一緒に外遊びに連れていってやりたい。
まだまだボクちゃんに見えるハヤテくんも今年7歳を迎え
あと数年もすれば当然、今のなゆたくんと同じ歳になります。

その時のために今しか出来ないこと。
私が出した結論はお気に入りのアコードワゴンの乗り換えでした。

奥さんを元気で健康的にしてくれた2匹がまだまだ元気な今のウチに
少しでも2匹の負担を減らして楽に長距離を移動できるように。

小さな子供たちのためにクルマを乗り換えるのは、ごく自然なコトだと思います。
でもワンコのためにお気に入りの、特に不具合もないクルマを乗り換えるのは
かなり馬鹿げているコトなのかも知れないな・・・と自分で思います。(^^;
しかしこれが私の「ちょっと変わった一存」なんです。(^_^)

なゆたくん、ハヤテくんを虹の橋へと見送ったら
その時にはまた、CMアコードワゴンのようは素晴らしいクルマを探します。
パサートバリアントとかボルボV70なんかが良いかなぁ~(←夢は大きく!笑)

それまでは6代目流星号に奥さんとワンコ2匹、荷物をわんさか積み込んで
まだまだ見たことのない、日本各地のステキな風景を
のんびりとドライブしながら見に行きたいと思っています。
よし!来年の夏は北海道だ!!(←やっぱり夢は大きく!笑)

徐々に6代目流星号もご紹介したいと思います。(^^
長文・駄文、お付き合い頂きありがとうございました!<(_ _)>

                                  < 流星号乗り換え裏話 - 完 - >
Posted at 2012/11/22 01:26:04 | コメント(10) | トラックバック(0) | 流星号 | 日記

プロフィール

「流星号よりお送りしております。(^_^)」
何シテル?   01/04 14:41
どもども、simaumaと申します。 2018年1月5日、大安吉日。 ハイエース・スーパーGLオーナーとなりました。 どうぞヨロシクお願いします。 ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

プラド/ ミラーヒーター流用(本体編) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/02/05 20:10:18
ブルーミラー化 120系 プラド純正オプションです。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/02/05 19:50:08
プラド用流用 レインクリアリングブルーミラー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/02/05 19:48:07

愛車一覧

その他 その他 その他 その他
2018年7月29日 購入。 約9年半、50Dで修行を積んできましたが、 以前から気に ...
トヨタ ハイエースバン 8代目流星号 (トヨタ ハイエースバン)
2017年12月25日に納車出来るとの連絡を頂いたのですが ワタシの都合で2018年1月 ...
その他 その他 その他 その他
2014年9月5日 購入。 今までにも奥さん用に何台かのコンパクトデジカメを買いました ...
その他 その他 その他 その他
2009年2月21日 購入。 ながらく初代キスデジで修行を積んでいるワケですが 下の娘 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.