• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

beat-fuckerのブログ一覧

2018年06月19日 イイね!

トヨタワークスドライサンプ


今日もガレージ作業したかったんだが、部品屋で必要なブツ調達して帰宅したらゲリラ豪雨オワタorz

作業出来ないんで、この前の関東突撃でメガウェブで見てきたドライサンプEgの事でも書いとく。




まずはこれ。
1995JTCCコロナエクシブ搭載の3S。

パッと見て分かるように3ステージポンプのドライサンプ仕様。
点火はこの時代まだダイレクトイグニッションじゃないんだな。
デスビは無いから同時点火だったんかね?




ドライサンプはひとまず置いといて、、
インテーク側はフラットバルブの4連スロットル!
カッコエエ♪


そしてフューエルレールは2本で、スロットルバルブ前後から噴射する8本インジェクター!
カッコエエ♪
やっぱ緻密に制御するならマルチインジェクターなんだろうな。
F1でも今の気筒内直噴の前は1気筒あたり複数のインジェクターで制御してたらしいし。

しかし燃料配管が普通にスイベルシール+パフォームOフレックスっぽいな~。
ここはPTFE化した俺の配管の方が一枚上だな、うん(自画自賛)



ウォーターポンプのインレットはキャップしてあるけど、どうもAN配管化してあるっぽい。
俺もこれやりたい!



そしてドライサンプシステム。

3ステージで、ポンプの形状とドライブプーリーの偏芯具合からトロコイド式と思われる。
でもスカベンジはシングルリターンなんだが、トロコイドでクロスフローのヤツってあんまり見た事ないな~。
プーリー/ベルトは後付けドライサンプでは一般的なギルマータイプ3/8ピッチの1インチ幅ベルト。

マウント方式はホリゾンタルマウント。
ポンプがズレてベルトの張りが変わる事が無いと言う点では信頼性は高い。
と言うか、このシステムだとそもそもポンプをズラせない。

と言うのも、見ての通りこのポンプ、フィードポンプがフロントになってる。
これはトムスのポンプでも見た事あるんだけど、、



このように、フィードポンプからEgへの供給ラインが金属パイプで直にノーマルオイルポンプカバー部分に繋がってて、ノーマルと同じようにブロックのオイル流路からフィルターへと供給されてる。
なのでフィルターはノーマルと同じようにブロックに直に付いてる。

これだと、良くある後付けのベルト駆動ドライサンプポンプのようにフィードポンプアウトからフィッテイング/ホースでオイルブロックなりに繫げてEgのメインギャラリーにオイル供給するシステムより配管接続部が減るし、フィードポンプ~Egも金属配管になってるから信頼性も高い。

これ突き詰めたヤツもあって、フロントのフィードポンプがノーマルオイルポンプカバー部と一体になってるポンプもある。
で、カバー内部に機械加工されたオイルラインから直にEgブロックへのオイル流路に繋がってる。
これだと、ポンプのマウントとしても機能するし、フィードポンプからEgへの配管が一切外側に無いからリークに対する信頼性も高い。

理想はコレなんだよな~…確か別の3SのドライサンプEgで見た覚えがあるわ。

このJTCCコロナエクシブ3Sドライサンプも思想は同じ。
信頼性を追及するならこのレイアウトや配管だと思う。

なのでポンプはホリゾンタルマウントで固定なんですな。
ベルトの張り調整が大変そうだけど…。
どうやってやってたんだろうな?

あと、このポンプ調整式レギュレーターが見当たらないんだが、ノーマルポンプ内のレギュレーター使って油圧調整出来ないタイプとかかね?
フロントフィードポンプのトムスポンプとかで油圧調整用のスクリューがポンプリアエンドにあるヤツも見た事あるけど、このポンプには確か無かったな~。

フィードアウトの上のキャップ付いてるサイズの小さいANメスも何に使うか想像付かない。
レギュレーター内蔵なら油圧計の取出しとか考えられるが、レギュレーター見当たらないしな…。



ポンプ下側。
セカンドセクションのスカベンジはオイルパンと金属配管で接続。
これも信頼性重視の設計と思う。
ただしリアセクションのスカベンジラインは普通に良くあるフィッティング/ホースで接続されてた。
想像だけど、車載状態での何らかの作業性を考えてこうなったんでは無いかと?

スカベンジ配管サイズは10ANぽい。
キャップの大きさから想像するに、オイルタンクからフィードポンプへの配管は12ANで、スカベンジのシングルリターン配管も12ANぽい。


なるほどなるほど。
非常に興味深く、参考になる部分もあった。




で、もう一機。





2002年のGTでチャンピオン獲ったスープラの3Sドライサンプ。
80スープラに4気筒てのも違和感あるが、重量バランスとか考えるとアドバンテージあるんだろうな。

で、このEgはショーウインドーのガラスの向こうにあって観察しにくかったんだが、見える範囲内で。



ポンプは右マウント。
タービンの邪魔になるからこっちなんかね?
ベルトカバーあるんでプーリー見えないけどカバー形状からプーリーの偏芯想像するにギアポンプっぽい。
こちらもフィードポンプがフロントになってる。
カバーに隠れて見えないけど、恐らくノーマルポンプカバー部一体でポンプ自体がEgにマウントされてるタイプで、供給ラインの外部配管が一切無いタイプと思われる。
と言うか、ベルトやプーリーにはカバー付けた方が良いって考えなんだな。
重量がそのぶん増えるとしても。
なるほど。



4ステージか?5ステージか?
ポンプのケーシング形状からちょっと判断付かない。

スカベンジは金属配管が直にオイルパンの方へ繋がってるんだけど、一番前の細いパイプが何なのか?
スカベンジ配管だとすると、配管サイズを変えてる意味とは?

こっちはポンプ側面にフィードポンプのレギュレーターの調整スクリューが確認出来る。
位置的に、もしかするとレギュレーターから、設定油圧に達した際にオイルをポンプ内でリターンさせずにオイルパンへ排出してるのかも?
細いのはそのパイプか?
通常、調整式レギュレーター内蔵のドライサンプフィードポンプは、レギュレーターブロックの中で設定油圧に達した後は不必要なオイルをイン側ポートへリターンさせて減圧する構造になってる。
その方式に何か問題があるのか?
深読みし過ぎ?

ポンプリアエンドに繋がってる配管はヘッド、ブロック中間からもオイル/ブローバイを積極的に抜く意図が見えるが、恐らくクランクケース内負圧を狙ってのものじゃないかと想像。

シングルスカベンジアウトも、フィードポンプへのイン配管もキャップサイズから見るに12ANぽい。
16ANの太さはこのサイズのEgには必要無いって事かな?
目測なんで多分ですけどね。
16かな~…?



う~ん、なかなか興味深いですね~。

あと、ドライサンプとは関係ないけど、インマニ支えてるステーがピロボールのターンバックルロッドで作ってある理由って何?ってちょっと思ったわw
カッコエエけど♪



あとはね~、、



ドライサンプEgとしてはこんなのもあったけど、ここまで行くともう分かりませんwww
Egフロントに一体になってるカーボンのタンクがオイルタンクって事くらいしかww




なかなか貴重なワークスドライサンプエンジンを観察出来て満足しますた♪

しかし他にもいっぱいEg展示してたけど、4AGが一機も置いて無かったのはなぜなのか…?
日本を代表するチューニングベースEgの名機は日産L型と並んでトヨタ4AGだと個人的には思ってるんでw
4AGも是非展示して頂きたいですな~。
出来ればフォーミュラトヨタのドライサンプ4AGとかでお願いしますw
Posted at 2018/06/19 21:15:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライサンプ | クルマ
2018年03月08日 イイね!

どっちにしようかな?

今円高ドル安傾向でちょっとお買い得感あるんでUSAからまとめて色々と輸入計画中。

先日発見したアールズのPTFEフィッティング関係+ドライサンプ化でちょっと欲しい物を。
ただし欲しい物全部買ったら結構な額になっちゃうんでそこは財布と相談で(泣
予算があれば一気に輸入したい…送料は得だしなぁ~…。


でパーツの選択に色々悩んでまして…。


まずはドライサンプタンクのアウトレットにフィルターが必要なのかどうか?


ウエットサンプエンジンで言えばこのオイルストレーナーの茶漉し部分。

ようはタンクからフィードポンプのインレット間にハイフローなスクリーンフィルターを設置するべきなのかどうなのか?



コレ、輸入してあるAREのドライサンプパンと一緒に買ったスカベンジスクリーンフィッティング。
同じインレットでも、スカベンジの方はパンのアウトレットとの間にこの手の茶漉しフィルターを入れるのが普通。
コレは万一Egがブローした際に、破損したEgの大きな破片をポンプが噛んでダメージを追わない為に付ける物。

んじゃタンク~フィードポンプの間は??





インラインフィルターにも、この手のスクリーンフィルターは売ってるからラインに噛ませる事は出来る。



ANオスフィッティングに直接接続するヤツとか…



コニカルシールにスクリーンが合体したようなタイプもある。


でもこの辺りはスカベンジフィルターとして売られる。



ここにフィルター噛ませるのかどうなのか?

ん~?


ちなみにこの手のスクリーンフィルターは大概ANネジかインチストレートネジ。

んで、タンクのアウトレットはNPT3/4の場合が多い。ストレートもあるけど。


で、



探してみると唯一MOROSOからNPT3/4-AN12のスクリーンフィルターは販売されてる。
って事はタンクのアウトレットに付けるの想定してるって事か、、?
(スカベンジ/タンクアウト等に、、との説明アリ)


で、海外のサイト色々調べたんだけど、タンクアウトにフィルター付けてるのいくつか見かけた。
しかしドライサンプメーカーのフルセットのドライサンプキットとかにはどこも付属してないんよね。

…て事は要らんのか、、?

タンクに戻ってくるオイルはスカベンジの前で一度スクリーン通った状態な訳だから、タンクのキャップからゴミでも入る以外はスクリーンに捕まるような大きなデブリは無いハズと考えれば良いのか?


ちなみにポンプを保護したいからって、フィードポンプへのラインに何ミクロンとかのまともなフィルター付けるのはNG。
フィードポンプがオイル吸うのにメチャクチャ抵抗になるから付けるならスクリーンのみ。

それにどうもギアポンプは多少のデブリ噛みには寛容らしい。



ドライサンプメーカーのQ&Aで面白いの見付けた。


Q;Eg停止後にタンクからEgへオイルが流入してタンクのオイルレベルが下がるのを防止する為に、タンクからフィードポンプの間にワイウェイチェックバルブを入れるのはダメか?

A:オイルがキャビテーションするからヤメロ


…て事は、タンクアウトのラインに要らんモン噛ますなって事みたいだな。


つー事でここのフィルターは無しで組みます。


一つ問題解決。




そして、ドライサンプ化にあたりどうしても付けたい部品がある。



本当はコレが欲しい。
ピーターソンのバキュームアジャストレギュレーター。

ただし最安値でも$160ほどする上に、ここまでの物が必要なのかどうか?
俺の組むシステムの仕事量だと全く必要ナシでした~wwwて可能性もある。


んで、、



同じような機能でもっとシンプルなのがコレ。
モロソのバキュームリリーフバルブ。

これなら$57とピーターソンのレギュレーターの半額以下。
4AG用ドライサンプキットの付属品としても見た事ある。


必要かどうかはともかくとして、どちらかは付けたいんだよな~…。


あぁ悩みますわ。
Posted at 2018/03/08 20:13:17 | コメント(1) | トラックバック(0) | ドライサンプ | クルマ
2018年03月05日 イイね!

ベントカン

また中国からきた♪



オイルキャッチタンクとして売ってるモンだけど…



USAで売られてるドライサンプベントカンと完全に一致wwww


ベントカン、ブリーザーカン、ブリーザータンク。
ようはメインのオイルタンクの内圧抜くのにオイルミスト分離して大気解放なりインテークに戻すなりするタンク。
まぁオイルキャッチタンクですw


中華産だしこんなモンは形さえあれば細かい作りはどうでも良いベ~…と思ってたんだが、





バッフルも上下に入ってて意外とちゃんと作ってある件ww



今使ってるオイルキャッチタンクをドライサンプ化しても使おうと思ってたんですよ。
色々加工も追加してカスタマイズしてあるし。


しかし良く考えたらドライサンプオイルタンクのブリーザーとしてはちょっとダメだなと。



今はヘッドカバーから8番配管引いて来て、タンクからの出口は8パイのニップル立ててブリーザーフィルターから大気開放。
最近はサーキットでオイル吹いた場合の対策としてシリコンホースで別のサブタンクに繋いでる。

この出口径が問題。

今の状態は、オイルミストがそのまま出てっちゃわないよう抵抗になるようにわざと細くしてある。
(…んだが、細いと流速上がって逆に吸い出しちゃってるって事に最近気付いた…アホですorz)


しかし…ドライサンプタンクのブリーザーとしてそのまま使うと…ドライサンプタンクの内圧が上がっちゃいますね~。
なぜならポンプの仕事量が、スカベンジポンプ>フィードポンプだから。
タンクから出て行く体積より戻ってくる体積のほうが大きいって事。

だからタンクからのベントは結構重要。
タンク内圧が上がっちゃったら、ガンガン吸って欲しいスカベンジポンプの抵抗になっちゃうかんね。


て事で、元のタンク改造するのも考えたんだけど、大陸で安く売ってるの見つけてコレで良いんじゃね?とwww

まぁバッフル2枚で絞ってる部分はあるけど、開放部分のフィルターIDは1インチある。
本場で売ってるのもこんな位の太さだからコレで問題無いかと。



簡単にステー作ってオイルタンクと合体してみた。


クッソカッコエエwwwww!!



このオイルタンクに対してのベントカンの位置とか、接続する配管サイズとかもUSAのサイトで色々お勉強したんだが、それはまた今度のネタで。


んで、このタンクAN10オスが3つ付いてるんだけど、2個は切り飛ばしてAN8溶接し直す。
で、今までどうり8番配管2本でヘッドとも繋げる。
ただし、今までみたいに直繋ぎにするんじゃなくちょいと小細工入れます。

今までレーシングカーやドライサンプ化した車のブローバイ配管の処理を観察して来たけど、ここは拘ってる場合と何も考えずに接続してる場合とあってなかなか面白いんですわw
キーワードはクランクケース内圧。
ま、これも別のネタで書く。






最近ようやく暖かくなってきたって事で、大量に溜まってた段ボール片付けたら家の中がめっちゃ広くなったww







スペース出来たから集まってるドライサンプの部品広げて妄想www


う~ん、またちょっと俺の中のドライサンプ熱が上昇し始めてきたなww
こういうのは勢いが大事なんだよ!
今年やっちゃおうかなw?
Posted at 2018/03/05 20:59:11 | コメント(1) | トラックバック(0) | ドライサンプ | クルマ
2017年08月09日 イイね!

安っ!


TRDの中古ドライサンプフルセット開始16諭吉て…安っ!!

タンクがイマイチなのと、クランクプーリーの関係でウォーポンベルトまでコグになるし、ストリートで使うならプーリー比とオルタをどうするかが問題だけど。

わし何もドライサンプ関係の部品揃ってなかったら入札してたわ。
さぁいくらまで上がりますかねぇ?
Posted at 2017/08/09 22:28:31 | コメント(1) | トラックバック(0) | ドライサンプ | クルマ
2017年06月01日 イイね!

フィッティングマニア

またポチッてしまいました。



今度はAN12の中古フィッテイングセットww♪

これほとんどフォージばっかで、これだけの数で…実質フィッティング1個あたり\1000以下wwww!!


買い物上手な俺様ww!


まぁポンプの方のフィッテングの関係でAN10メインで配管組む予定だけど、スカベンジアウトからタンクへのリターンは、途中にマニフォールドかませて集合させてからタンクまでAN12で送るつもり。
買ったタンクのスカベンジのインレットはAN16溶接されるから切り落としてAN12の溶接アダプターで改造する。

AN12にもなるとほんとフィッティング高いのよ(汗
そのつもりで考えてた予算で、今回のAN12セット買えましたわw
今の予定だとAN12は数個しか使わないけど、いずれポンプ換えてAN12に容量上げたくなった時でもこれストックしといたら助かるじゃん?



一部刻印入ってないどこのメーカーのか分かんないヤツ混じってたり…



アールズ刻印入ってるけど、ちょっと形が違うフォージがあったりするけど。
組み換えてソケットだけアールズ使ってるとか…じゃないよな?


ちなみに…



この前買ったAN10のセットに、ネットで良く見かけるノーブランドの激安フィッティングの新品も何個か付いてた。



ちゃんとリング入ってスイベルになってるんだな~、意外。



ホースの接続はカッタータイプじゃなくシンプルなニップルタイプ。

まぁ後発のキノクニランマックスホースエンドもニップルタイプで、カッタータイプよりバースト圧高いとか謳ってるし、これで問題無いんだろね。
俺は今のトコ全部アールズでカッタータイプで組んでるが。



で、安物はベントチューブの作りがやはりイマイチだな、、。
Rが大きくてチューブ部分が長いからコンパクトさに欠けるし、曲げ部分も潰れて細くなっちゃってる。


まぁ値段の割には頑張って作ってあるんじゃないですか?
俺は実際使って無いから肝心のシール性はどうなのか分かんないけど。

あ、もちろんコレを使う予定はないですよw




なかなか壮観な眺めですなww♪

なぜアルミフィッティングはこうも我々を魅了するのか…?


まぁ最近のレーシングカー、特にトップカテゴリーの車にはこの手の手組みフィッテイングはあんまり使われなくなって来てるが。
ステンメッシュホース自体が使われなくなって来てるし、ホースとフィッティングも機械カシメのタイプが多い。
そっちのが信頼性高いんだろうな結局は。


それでも俺はこの赤と青のアルマイトの物体をこよなく愛して使い続けますが何かw?


ランマックスも、黒銀に拘らずに赤青バージョン出してくれたら買うんだがな~、、。




そういや新しいカタログ来たね。

パラパラっと目を通したが、今年のヤツは特に新製品にめぼしいモンはなかったな。



ドライサンプ化したら、今使ってるオイルブロックのレイアウトだとスペース的にまずいんで、コイツはちょっと欲しい。


まだブローバイ周りの部品やらオイルプレヒーターやらもメリケンから買う予定だから、ドライサンプ化計画はまだまだカネかかりますな…。
やっぱ今年中には無理かな~?
Posted at 2017/06/01 01:50:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライサンプ | クルマ

プロフィール

「@亡霊師ー この前まで出て来なかったんですけどねぇ…。みんカラ自体がそういう仕様になったのか、俺のPCの問題なのか…?とにかく邪魔で仕方ないです!」
何シテル?   07/20 18:11
左ハンドルのAW乗りです。 本職はバンドマンです。 http://ameblo.jp/jack-roid916/ 夢の車ロータスエスプリ(ジウジア...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/8 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

愛車一覧

スズキ ジムニー スズキ ジムニー
JA11(改)平成3年式2型5M/Tパノラミックルーフ 2016年12月、走行距離144 ...
トヨタ MR2 トヨタ MR2
オリジナル状態維持をモットーにしてますwww 北米仕様の逆輸入後期NA5速ノーマルルーフ ...
その他 その他 その他 その他
自作ガレージ。 様々な有害物質&冬の豪雪から大事なAWを守るべく自力建設。 雨の日も作業 ...
トヨタ スプリンタートレノ トヨタ スプリンタートレノ
19歳の時に買った初めての普通乗用車、そして4AG道への最初の一歩。 走りもイジリも多く ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.