• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

しんげん神奈川のブログ一覧

2018年05月31日 イイね!

いざ!幕張メッセ! …時の流れに身を任せ… 第十六話 取調室

いざ!幕張メッセ! …時の流れに身を任せ… 第十六話 取調室
  え~、大変長らくお待たせ致しました~(^。^;)

  3年前に止まっていた私小説を一部再開します~♪

  とはいえ、以前のストーリーは完全に忘れ去られて

 いると思いますので、この大作とも言える私小説の

  ≪まゆ編≫

 の、“あらすじ” のみをピックアップして↓に貼り付けておきますので暇な時でも御覧下さいませ~

   “其の壱”

   “其の弐”

   “其の参”

   “其の肆”

   “其の伍”

   “其の陸”


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 私の体格を遥に凌駕する官憲数人に一斉に飛び掛かられては、流石の私も成す術は無い。

しかも“一仕事”終えたばかりの酔っぱらいでもあるのだ。故に、あっという間に取り押さえられ

ると、両脇と両足を抱えられ外へと引きずり出された。

 外は野次馬で溢れ、しかも場所柄その大半が酔っ払いだったので、アチラコチラで野次の怒号

が渦巻いていた。私は既にグロッキーだったので、英語で罵倒する彼らの言葉を理解出来る訳

もなく、特に暴れもせずに官憲共の手荒い扱いにも反抗する気は失せていたのだが、バンタイプ

の車のリアゲート開け、そこにまるでゴミの様に放り込まれた時には流石にムカッ腹が立ち、ドアを

蹴飛ばしてやろうと起き上がったのだが、その時車が走り出したので私はまたひっくり返った。

 そしてしこたま頭を打ったのだが、リアゲートの窓から外の景色はみるみる現場から離れていく

様子が見えた。その中に唖然と立ち竦む悪友達の顔と、心配そうに私の姿を見つめていたウェイ

トレスの顔が、酔いの回った私の脳裏に焼き付いていた・・・。


 コチラの警察署は、建物自体は日本とあまり変わらない外見と規模だったが、 内部は・・・特に

取調室は一回りデカかった。そこに有る丸椅子に後ろ手に手錠をカマされたままの私が乱暴に腰を

下ろされた。直ぐに私の前に二人、背後に一人官憲が立ち、リンチという名の尋問が始まった。

 イキナリ、

 「This Chinese!」(私訳:この支那野郎が!※当時の西洋では東洋人=支那人という認識だった。

まあこれは日本人が白人を見て、皆アメリカ人と言っているのと同じ様な事)

という侮蔑から始まったのだ。

 「I hit the drunkard that a pervert worked as a woman」(私訳:俺は酔っぱらいから悪さをされて

いたオナゴを助けただけだ!!)

 「It is all a lie that you say!」(私訳:お前らの言う事なんざ、全部嘘に決まってるだろーが!)

 「In spite of a yellow monkey, act violently in a country of we white!」(私訳:猿のくせに、我ら

白人様の国で暴れやがって!!)

 「As for you in spite of the descendant of the criminal!」(私訳:何を偉そうに!お前らこそ、

犯罪者の子孫のくせに!!)

 この一言で尋問官の眼の色が変わった。

 「Your own praises is to it!」(私訳:能書きはそれまでだ!)

そう叫ぶや否や、二人の官憲が背後に回り両脇を捻じるように抱え立たせると、新たに二名程の

官憲が加わり、次々に代わる代わる私のボディにパンチを叩き込み続けた!

一発目で酔いも醒めたが、逆にそれは苦痛を増大させるだけだった。

 「Avoid the face, and hit jap!」(私訳:ジャップとはいえ顔はよせ、腹にパンチを叩き込め!)

誰が発したか判らないが、そのフレーズが“或るセリフ”を思い出させた。それは、

 「顔はイケナイ、ボディーボディー!」 という、

大昔の学園ドラマで、“某三原順子”扮するスケ番が言い放った名セリフが、理不尽な仕打ちを

受けている間中、何故か冷静に頭の中をグルグルと駆け回っていた…。


 「Do you give up ahaa?」(私訳:おうこの猿が、恐れ入ったかぁ?)

≪一仕事≫終えた毛唐の官憲達が満足気に取調室から出ていくと、未だ碌に息も出来ない苦し

みに耐えつつ、床に這いつくばっていた私は、しかし逆に目の奥は焼きつかんばかりの炎に燃え

ていた。

 「恐れ・・・入って・・堪るか!! 今度・・・会ったら・・・刺身にして、く、喰ってやる! …い、いや、

生ではマズそう・・・だから、紐で縛って・・・チャーシューにしてから・・・喰ってやる!」

 と未だ床で呻いていると、二人の官憲が戻って来て、

 「イエローの分際でイキがるからこうなるのさ」

と言うと、ガバッと両脇をかかえ、引きずるように私の身体を長く暗い廊下の奥底へと連れて行った。

私は吐き気をかろうじて堪えながら、

  「所詮≪アングロサクソンの犯罪者の末裔≫の分際で

         “大和民族”に物言うとは、やはり身の程知らずの無知で無礼な民族だな・・・」

と両脇の官憲に、腹から絞り出すように呟いた・・・。



 ≪留置室≫には“先住民”が居た。彼は文字通り“本当”の先住民だと後に私は知る事になる。

 彼は片隅にあるベンチに体を横たえていた。私がこの部屋に放り込まれたままの姿でいると、

のっそりとその身体を起こし、呟くように私が何をしてココに放り込まれたかを聞いてきた。

  「Did you do you, what?」(私訳:お前さん、何をやらかした?)

  「I watched a striptease and drank liquor and hit a white pig hard and helped a woman」

(私訳:ストリップ観て、酒飲んで、毛唐をぶん殴って、オネーチャン助けた)

  「It is bad・・・」(私訳:そりゃマズイな・・・)

  「Why?」(私訳:何で?)

  「For no reason, you must defy a white」(私訳:どんな理由であれ、白人に逆らっちゃイケねえ)

  「Did you do you, what?」(私訳:オッさんは、何をやらかした?)

オッサンは暫く無言で私を見てから言った。

  「I drank liquor and talked with the next woman and picked up the toy of the daughter」

(私訳:酒飲んで、隣の女と話して、その娘の玩具を拾ってやった)

  「What is it !?」(私訳:なんじゃそりゃ!?)

  「It is such a country here・・・」(私訳:ココは≪そういう≫国なんだ・・・)


 詳しく聞くと、久しぶりに他の街から帰郷した息子から小遣いを貰ったので、たまには外で二人で

飲もうと街に繰り出したのだが、どこも入店を断られ、ようやく見つけた酒場でも彼らを嫌うグループ

がおり、それがたまたまたカウンターの隣の席に座っていた白人女と二人が話していた事が癪に

障った様で、彼女が連れて来た娘(4~5歳)が持っていたぬいぐるみを床に落としたのでそれを

拾ってやったら、その瞬間彼らを忌み嫌う輩が、

 「ドロボー! こいつらこんな可愛い幼女の玩具を取り上げやがった!!」

と騒ぎ出したので、怒り出した息子を宥め外に出ようとしたのだが、ドアを塞がれた挙句、息子を

殴り倒したのち、

 「警察を呼んでお前も一緒にぶち込んでやる!親子揃ってお似合いの場所だろう!!」

と言いながら通報したので、誤解を解いてもらおうと先程の母娘を探したのだが既に二人の姿は

消えていた・・・。


 「後はいつもの通報した輩の言葉しか聞かない官憲によってココに居る訳さ・・・」

そして私の目を覗き込むようにして、

 「だからな、白人共に逆らっちゃならねんだよ。それにワシらに勝ち目はねえしな・・・」

話には聞いていたが、白豪主義の象徴ともいえる、先住民“アボリジニー”に対する苛烈な差別が、

まさに身の前に起こっていた事に私は浅からず衝撃を受けた。 しかし同時に白人に対する怒りが

沸々と湧き起こって来てもいた・・・。


       つづく!!
Posted at 2018/05/31 16:16:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | 私小説 | その他
2018年05月28日 イイね!

チョットだけ復活と言ったそばから何ですが…

チョットだけ復活と言ったそばから何ですが… さて執筆しようと思ったら、ふとCSの
チャンネルを映すと、F1モナコGPを
やっていたので、数年振りに生で観て
しまった…… まあ、マクラーレンが
ノーポイントで、トロロッソがポイント
ゲットしたので、楽しかったから満足気
に電源落とそうとしたら別のチャンネル
で、インディ500が始まってしまった…
更にあと1時間程で、大谷翔平君と
田中のマー君の対決が始まってしまう…
嗚呼! 寝不足は身体に悪いから、今日は
テレビ観たら、スグ寝よう‼️
!アッヒャッヒャ!ヽ(゚∀゚)ノアッヒャッヒャ!
はっ!? (゚◇゚;)!!!
ピシッー! ピシッー! ピシッー!
(゜゜;)\(--;) (゜゜;)\(--;) (゜゜;)\(--;)

でわでわ!
Posted at 2018/05/28 01:08:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | 時事 | 日記
2018年05月25日 イイね!

イキナリですが、チョコっと復活~♪

イキナリですが、チョコっと復活~♪
  怒られる事は重々承知しておりますが・・・。


  昨夜、某国営放送を観ていると、

 “逆転人生「えん罪・奇跡の逆転無罪判決」”

  と言う番組をやっていた。その名の通り

 警察による冤罪行為のドキュメンタリーだが

 勿論、冤罪は許される事では無いし、このケースで被害に遭われた青年には同情するのみなの

 だが、それに乗じて露骨に“日本下げ”をする演出にも腹が立った。 実際行われていたであろう

 恫喝じみた取り調べは、確かに無実の者にとっては言語道断に映る行為だろうが、実際この

 手法で≪本当の悪人≫をその何十倍、いや何百倍その罪に相応しい刑期で刑務所に送り込ん

 だ数字が全く示されてい無いからだ! 不公平も甚だしい、所謂 “偏向報道” の手法である!


  とは言え、全く犯罪とは縁のない一般市民がこの様な状況に置かれたら、そりゃ大変だろう!

 強面で高圧的な暴言を目の前で大声で吐かれるのだから、そりゃ心も折れ様と言うモノだ・・・。


  等と画面を観ながら憤慨していると、フォラッシュバックが如き目の前が急に光り輝いた!

  と、同時にデジャブが脳裏を駆け巡ったのだ。

  「そういや、オイラも、コレ経験したな・・・」

  と、同時に、悪寒が背中を駆け上がった。

  「イケネ! “アレ” 中断してたな・・・」


   そう正に3年前、ワタクシが受けた官憲による取り調べの回のブログをアップするはずだった、


  “いざ!幕張メッセ! …時の流れに身を任せ… 第十六話”(予定)


  である!  |ヘ(´ω`)ゞイヤァ~~~~~~ ( ̄▽ ̄)ゞゴメンゴメン 

                 はっ!? (゚◇゚;)!!!

         ピシッー!  ピシッー!  ピシッー!
         (゜゜;)\(--;) (゜゜;)\(--;) (゜゜;)\(--;)



              ⇓
                ⇓
                  ⇓
                    ⇓
                      ⇓
                        ⇓
                          ⇓
                        ⇓
                      ⇓
                    ⇓
                  ⇓
                ⇓
              ⇓


  と言う訳で久し振りに、“私小説ファイル” を開き、該当箇所を探したのだが、実はこのファイル

 には上記、“時の流れに身を任せシリーズ”の他に、“青い女シリーズ”と、“人生徒然草シリーズ”

 も含まれており、それはA4サイズの原稿用紙で、1,300ページ以上のボリュームとなっています。



  実は、“人生徒然草” 以外のシリーズに関しては、ほぼプロットが決まっており、後はそれらを

 繋ぐディティールを詰めていくだけとなっていたのだ!!


  しかーし、色々有って全て中断しておりましたが、上記の事が起爆剤となり、3年の時を経て

 チョコット再開しようかと思い立ちました~~♪

  もう忘れていたとは思いますが、大変お待たせしてスイマセン~~<(_)> <(_)> <(_)>


  一応↓に前回のブログを貼っておきますので、御覧下さいマセ~~
 
   “https://minkara.carview.co.jp/userid/336753/blog/35075762/”


  とは言えこのシリーズ、全く別の3つのストーリが同時進行で絡み合いながら進んでいるので

 その全てをココに貼るのは大変なので、ご興味のある方は御手数ですが、上記の

            いざ!幕張メッセ! …時の流れに身を任せ…

  のタイトルをコピーして、“ユーザー内検索” を、かけて下さいマセ~~m(_)m


 と言う訳で、明日以降になるとは思いますが、ワタクシの若き頃のお話を始めたいと思います!


                         取り急ぎ御連絡まで!


                                                   でわでわ!
Posted at 2018/05/27 07:32:02 | コメント(1) | トラックバック(0) | 私小説 | その他
2018年05月22日 イイね!

“探せ、ニャンコ!15” 解答編!

“探せ、ニャンコ!15” 解答編!
   早速ですが、正解は・・・

     ←赤丸で囲んだ所におりました!

  やや右側に、デーンと横たわって

           こちらを睨んでおりました~





    そして今回の正解率は、もうワタクシこれ以上睡魔に耐えられませんので早めの解答篇

   とした関係上、正確な数字は判りませんが、大体50%位だと思います・・・ (^。^;)


                       それでは、また次回!(笑)


                                                   でわでわ!
Posted at 2018/05/22 16:41:58 | コメント(3) | トラックバック(0) | 間違い探し | その他
2018年05月19日 イイね!

この様な事件が起きる度に思うのですが・・・4

この様な事件が起きる度に思うのですが・・・4
  決して無くなる事の無い交通トラブルだが、今回の

 このケースに関しては、文面通りの反応が出来ない

 所が在るのは否めない!

  そう、中には難しい問題もあるという事なのだ!

 皆様は、どの様に感じたのでしょうか・・・。

              ⇓
                ⇓
                  ⇓
                    ⇓
                      ⇓
                        ⇓
                          ⇓
                        ⇓
                      ⇓
                    ⇓
                  ⇓
                ⇓
              ⇓

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  足立区で、“口論になった男性を車で1.5キロにわたって引きずった男女が逮捕されました。”


 小久保彩菜容疑者(21)と関勇太容疑者(22)は15日、東京・足立区で、車の窓に男性(36)がしがみ付いた状態で1.5キロにわたって車を走らせた疑いが持たれています。警視庁によりますと、運転していたのは小久保容疑者で、助手席にいた関容疑者と窓を開けた状態で歌っていたところ、すぐ脇を自転車で走っていた男性が文句を言われたと思い、窓ガラスにつかまって声を掛けました。小久保容疑者らは男性を振りほどこうと車を急発進させ、時速50キロほどで蛇行運転したということです。男性は転倒し、頭に全治10日のけがです。小久保容疑者らは容疑を認めています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  このケースで問題なのは、勿論クルマにしがみ付いた人間をそのまま引きずった車内の

 男女に非が有るのは間違いないが、1.5kmもクルマにしがみついていたオッサンの方にも

 尋常ならざる違和感を覚えるのだ・・・・。


  もし、文面通りの事が起こったとしても、車内の人間からしてみれば、イキナリ外から怪しい

 オッサンが車内に飛び来んばかりの勢いで怒鳴って来たら、そりゃ逃げるだろう!

  もし、文面通りの事が起こったとしても、しがみ付いたオッサンからしてみれば、もうクルマは

 走り出したのであり、このままでは逆襲されてしまう恐れもあるのにも拘らず、運転者が徐行して

 いるのを幸いにとばかりに、そのまま1.5kmもクルマにしがみつく粘着ぶりには身の毛もよだつ

 思いがしてしまうのも否めない・・・。

              ⇓
                ⇓
                  ⇓
                    ⇓
                      ⇓
                        ⇓
                          ⇓
                            ⇓
                              ⇓
                                ⇓
                              ⇓
                            ⇓
                          ⇓
                        ⇓
                      ⇓
                    ⇓
                  ⇓
                ⇓
              ⇓

  私事で恐縮だが、今思えば“若気の至り”という行動を以前取った事の有る自分が居た。

  勿論今回のケースとは全く相容れない状況ではあったのだが、今思い返してみれば、当時の

  ワタクシの敵意の的になった若者たちの心情にも鑑みるべき事があると思う様になって来た。

  ※その≪若気の至り≫は、→ “ココ” 参照!!

  確かにイキナリ熊の様なオッサンが実力行使して来たら彼等の方が悪かったとはいえ、生きた

 心地がしなかったであろうし、ワタクシ自身も多少やりすぎた悔いも消せずにいるのだから・・・。

              ⇓
                ⇓
                  ⇓
                    ⇓
                      ⇓
                        ⇓
                          ⇓
                            ⇓
                              ⇓
                                ⇓
                              ⇓
                            ⇓
                          ⇓
                        ⇓
                      ⇓
                    ⇓
                  ⇓
                ⇓
              ⇓

  話しを元に戻すが、しかし逆に、しがみ付こうとしたオッサンが目指すクルマの中に、

              ⇓
                ⇓
                  ⇓
                    ⇓
                      ⇓
                        ⇓
                          ⇓
                            ⇓
                              ⇓
                                ⇓
                              ⇓
                            ⇓
                          ⇓
                        ⇓
                      ⇓
                    ⇓
                  ⇓
                ⇓
              ⇓

   こーんなのが居たら、はたして今回のオッサンは1.5kmもクルマにしがみついていただろうか?



  それでもしがみ付いて来たなら、ワタクシはこのオッサンを逆に褒めるであろう!


  まあ昔からの事ではあるが、こういったトラブルに付き物なのが、“オナゴ” の存在であろう!

  何せ“男”と言うモノは、オナゴの前ではカッコつけたがる生き物なので、どうしても無用の

 トラブルを起こしやすいのだ! 故に攻撃する方も、される方も一旦異性の事は頭から除外し

 俯瞰で物を見る様に努めるだけで、この程度のトラブルは激減するとワタクシは確信している・・・。

              ⇓
                ⇓
                  ⇓
                    ⇓
                      ⇓
                        ⇓
                          ⇓
                            ⇓
                              ⇓
                                ⇓
                              ⇓
                            ⇓
                          ⇓
                        ⇓
                      ⇓
                    ⇓
                  ⇓
                ⇓
              ⇓

  とはいえ、ワタクシが、いざその場所に居合わせてしまったら、やはりどちらの立場で

 あろうとも、思う存分≪運動≫するのは間違いない・・・うむうむ( ー_ー(_ _ (ー_ー(_ _ウムウム


  ・・・・・・ はっ!? (゚◇゚;)!!! イケネ~~~  今のオイラ・・・・

              ⇓
                ⇓
                  ⇓
                    ⇓
                      ⇓
                        ⇓
                          ⇓
                            ⇓
                              ⇓
                                ⇓
                              ⇓
                            ⇓
                          ⇓
                        ⇓
                      ⇓
                    ⇓
                  ⇓
                ⇓
              ⇓

  ≪管≫入ったままだった~~ 故に何ら抵抗出来ぬまま・・・



     あっという間に、≪ボコボコ≫に、されてしまうであろう・・・ 家|´;ω;).。oOシクシク



                 嗚呼 神よ! 早よ我を元通りにしてくれ賜え・・・



       !アッヒャッヒャ!ヽ(゚∀゚)ノアッヒャッヒャッ!



                                                    でわでわ!
Posted at 2018/05/21 21:21:17 | コメント(5) | トラックバック(0) | 時事 | ニュース

プロフィール

「[整備] #フィット 洗車&ワックス&コーティング! https://minkara.carview.co.jp/userid/336753/car/884194/5362549/note.aspx
何シテル?   06/16 21:28
犬、クルマ、バイク、食べ歩き等で常に忙しい休日を送っている、渋谷生まれの代々木育ち。でも今は川崎(笑) 遊びの資格を、結構持っているので(スキューバ、ボート、ス...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

凄い偉業ですよコレは!!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/07 07:59:57
≪“ダンディズム”・・・男の幸せとは・・・≫ Epilogue  そして・・・重大発表・・・ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/29 22:01:45

愛車一覧

ポルシェ 911 カブリオレ ポルシェ 911 カブリオレ
アップするの時間掛かったなぁ~(苦笑) 今まで様々なクルマに乗ってきましたが、私なりに ...
ホンダ CB1100 ホンダ CB1100
バイク最高! バイクも仕事柄たくさん乗ってきましたが、やっぱり国産がいいですね~(笑) ...
ホンダ フィット ホンダ フィット
実質的にはメインクルマです。個人的に私のクルマ選びの必須条件は、“コンパクト”で“4WD ...
フェラーリ 512TR フェラーリ 512TR
これは2台目のフェラーリです。当時“Out Run”というアーケードゲームにハマっており ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.