• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ペンタゴン7のブログ一覧

2017年06月17日 イイね!

不調の原因

最近色々と不調で、精神的劣化が割と激しくなっております。

こういった状況に至るのは決まって長い期間走っていない時。
走行距離をみると…ビンゴ!
月間走行距離600キロってホントに移動しかしていないな…。
最近精神状態の劣化が非常に激しいと思ってみたら、今年6,000キロしか走っていないじゃないか…。
そりゃ好きな事が何もできていない状態だったわけですから精神状態も悪化しますよ。
エンジンオイルにも熱入っちゃいますよ。(違?

私はいわゆる回遊魚でして、動いていないと死にます(笑
殆どの方にとって自動車の運転は退屈で疲れる作業のようですが、私にとっては自動車の運転はエンターテイメント。
せっかくの人生なんですから、楽しんで生きたいじゃないですか。
回遊魚らしく走っていたほうが私らしいと思うのです。


そんなタイミングで、明日は父の日ということで突発的一人フリーダムを入手しました。
写真1

山岳走行で熱を入れてしまったオイルもEDGE 5W-30に交換しましたし、走る準備はできた。
さあ行くぞ、長野へ!
レトロ自販機が生きていればソバを頂きに行こうと思います。
ダム湖百選も行こう。


きっと頑張ることが多すぎて視野が狭くなっていたのでしょう。
久しぶりに自由に走ってリフレッシュしたいですね。
Posted at 2017/06/17 20:46:25 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日常 | 日記
2017年06月10日 イイね!

整備の一日

写真1

今日はインプレッサのエアバッグリコール作業。
助手席側エアバッグの機能停止しただけで全然根本対策になっていないのですが、パーツが来るまでは仕方ありません。

しかし私の待機している席の目の前にインプレッサG4を配置するという事は、「買えよ」という事なのか。
でも、もしスバルの新車を買うならスバル最後の良心フォレスター6MTかなァ…。


色々と用を足したら、半年もエンジンオイル交換していないゼストのエンジンオイル交換。
本来は私の通勤用だったのですが…。
半年もエンジンオイル交換しないとか、今までクルマに乗ってきて初めてのことです。

ゼストのエンジンオイル交換時期、もう少し短くても良いかも。

写真2

オイルフィラーキャップを見てみると、意外にも乳化した油が付着していません。
暖かい季節だからかな?


写真3

オイルラインの中にある古いオイルを掃除するため、カストロール GTX DC-TURBOでフラッシング。


写真4

今回のエンジンオイルはコメリ・プレミアムモーターオイル 0W-20。
ゼストの走行距離はまだ4万キロにも行っていませんし、まさかエンジンオイルが乳化しないほどにまでエンジンが温まらないハイパーシビアコンディションなので、0W-20オイルが適任でしょう。

そしてエンジンオイルフィルタも同時交換。

ゼストのエンジンオイルフィルタ交換は大変に楽です。
何しろエンジンの前側に斜めについていますから。
おかげで作業は楽ですし、斜め設置のおかげでオイルの飛散も最低限に抑えられます。
フリードもそうだけど、ホンダはこういった整備性が良いのが嬉しい。

エンジンオイルフィルタを交換するのにエンジンの奥に回らなければいけないとか、ナンバープレートを取り外さなければいけないとか、排気集合管の間に挟まっているとか、凄い設計のエンジンってありますからね。


そう。
エンジンオイルフィルタが排気集合管(エキゾーストマニフォールド)の間に挟まっているのはインプレッサ。
エンジンオイルフィルタ交換が未だうまく行かず、エンジンオイルフィルタ交換後は結構な割合で焼けたオイルの臭いがします。

ホントこれだけのためにFBエンジン車に乗り換えても良いと、結構真面目に考えてしまいます。
でもFBエンジンでMTってBRZとフォレスターしか無いんですよね。


写真5

インプレッサのエンジンオルは栃木で調達したゼプロ・ツーリング5W-30です。
今回はエンジンオイルフィルタも交換。
何だか低粘度で、スルスル~っとエンジンに吸い込まれていきました。


しかしエンジンオイルフィルタ交換ってエンジンオイル交換と比べると、結構手間です。
エンジンオイル交換工賃500円でエンジンオイルフィルタ交換工賃1,200円とかよく見ますけど、やってみると納得の価格ですね~。


あとはフリードのタイヤさえ来れば完璧だったけど、流石にもう少し時間かかるかな。
タイヤとホイールだけ預けて「空いた時間にヨロシク」というスタイルですので、いつ完成するか分からないのです。
Posted at 2017/06/10 17:38:40 | コメント(4) | トラックバック(0) | 点検・整備 | 日記
2017年06月04日 イイね!

フリードで三十三観音巡り22-26

写真1

インプレッサでドライブに行こうと思っていたら、ポストにリコール通知が届いていました。
スバルで整備予約しますが、「重症を負う恐れがあるので助手席は使わないで下さい」との事。
まあ、仕方ない。
とりあえず助手席のエアバッグ機能を停止するまでは助手席は使えないな…。
エアバッグが原因で重症とか、笑い話にもなりません。

ちなみにフリードは助手席対策済み。


写真2

インプレッサが使えないので、引き続き三十三観音巡りにフリードリヒ出撃。
まずは新潟最古の寺、第22礼所 国上寺。
「日本一の寺」と書いてあったけど、雲洞庵の方が大きいかも?
ただ、山の中に施設が広がっているらしいので、全部回ると実は広大なのかもしれない。


写真3

出落ちレベルが凄まじい第23礼所 観音寺。
周辺の地名が「観音寺」なので大きなお寺と思ったら、写真に写っている施設が全部でした。
本尊は写真にある黄金観音様ではなく、観音堂の中に安置されているようです。

弥彦スカイラインの入口にありますので、この黄金観音様を見たことが有る方も多いのでは。


写真4

そして集落の細い道を進んでいって第24礼所、景清寺。
地域のお寺と行った感じで、観音堂と本堂だけのシンプルな構成でした。


写真5

一気に40キロ離れ、新潟市内のホテル・イタリア軒の隣りにある第25礼所 真城院へ。
街中にあるのに、外の雰囲気とは違う空気でした。


写真6

せっかく新潟市内に入ったので、日頃行かないようなお店へGO。
今回はオリエントレストラン イリィ。
フォー(米の麺)を食べますが…汗が出るほど辛い。
でもカニとアサリが良い出汁出てるんですね。
うまい。辛い。止まりません。
当たりのお店だったようです。


写真7

そしてさらに50キロ北上し、第26礼所 乙宝寺(おっぽうじ)へ。
今昔物語にも記載されている由緒あるお寺だそうです。
とにかく広く、三重塔などの施設やアイテムがある不思議な空間でした。

今日はフリードで移動していましたが、フリードを運転していると時速90キロからハンドルに振動が、
助手席の人間も分かるほどの振動で、時速100キロになると振動は更に激しく。
コレは…。

ホンダディーラーに持っていき、調べてもらうとサスペンション関係の異常は無いので怪しいのはタイヤかもしれないとの事。
思い当たる節はありまして、自宅ガレージの入り口に縁石があるのですがリアタイヤが毎日律儀に乗り上げるんです。
それが原因でピンチカットが起こったのかな…。
その後輪をローテーションでフロントに持ってきたから発覚したのではないかと。


とりあえず自分の土地なので縁石はハンマーでなだらかにして、あとはフリードのタイヤコウカーンかな。
銘柄は既に決まっており、今回はコストパフォーマンスを最重視したメーカー、タイヤ選択。
あれ以上費用対効果の大きいメーカーって無いんじゃないかな。


サイズは無限推奨の195/55R16になるのかな。
http://www.mugen-power.com/automobile/products/freedspike/parts/04.html
Posted at 2017/06/04 20:59:20 | コメント(2) | トラックバック(0) | 旅行 | 日記
2017年05月28日 イイね!

インパオフに参加。

インパオフに参加。今日は栃木のインパで行われたオフに参加してきました。
毎回人数が増えている気が?
今回は会津組も加わり、だんだんケイオス具合が増してきました。

写真は今回の餃子。
テーマは水攻め。


今回は2タイプのWRX STIに試乗する事ができましたので、簡単なインプレでも。
GVF(soyoka号)
走り出しから太いトルク。
そこからギュンギュン加速するし、加速中も超安定。
そして普通に減速する。
シフトチェンジは一瞬で、私がマニュアルミッションで運転するより速い。
なにもかもスムーズで普通なのに、アネシスとは比べ物にならない高性能だった。
レインタイヤの安心感も相当なものです。

でも、やっぱりインプレッサだった。
少し安心。


GVB(フカケン号)
ターボなのに、走り出しのトルクが太い。
ターボの力が発動しない低回転でも、アネシスと同等のトルク出ているのでは?
今回は踏む事ができなかったけど、とても扱いやすいクルマという印象。
そして、やっぱりインプレッサだった。
6速ミッションいいなぁ。
フラッグシップコンフォートタイヤの静けさは流石だった。

エアコン使用しながら12Km/L超えの超低燃費を叩き出すオーナーのドライビングテクニックは流石です。

GVBもGH8同様にクラッチが奥で繋がるので、アネシスに戻ったらエンストしそうになったのは内緒。
アネシスに戻ったらクラッチ、ミッション、ハンドリングすべての操作系が物凄く軽く感じました。


やっぱりインプレッサ、トランスミッション関係なく良いクルマです。
一つ思ったのが、オートマのGVFが2.5Lエンジンなのはオートマにとって大事な低回転トルクを稼ぐためなのかなと。
でも下の領域を重視しすぎてWRX STIの名にふさわしくない走りになってはいけない…というこだわりの結果がプラス500ccという答えなのかな。


その後少し調べてみたら、GVF、GRFってもう200万円で買えるんですね。
安くなったなァ…。
WRX STIに試乗して欲しくなったのは事実です。
私の中のターボエンジンがランエボ3で止まっていましたが、今のターボって凄く扱いやすいんですね。


また、れありす殿の調べによるとどうやら佐渡黄金車輪に黄金餃子キャリパーが装着可能かもしれないとの事。
…宇都宮だけに?

つまり再び佐渡で黄金を現地調達?
いやいや、流石にアネシスは今以上の制動力いらないかな…。
正直ブレーキは1インチダウンしても良いと思っているくらい効きますから。


今回も色々と車の話ができて、楽しいオフ会でした。
天気も良かったですし、トレジャーも発見できましたし(笑

今回参加された皆様方、またお合いしましょう。
Posted at 2017/05/28 21:57:11 | コメント(4) | トラックバック(0) | オフ会 | 日記
2017年05月21日 イイね!

フリードのタイヤ実験結果

そろそろフリードのフロントタイヤが今シーズンを乗り切れなさそうなので、フリードのタイヤをローテーションしました。
って、タイヤの写真忘れてしまった。

今回のタイヤ、ピレリ・チントゥラートP1 ヴェルデは今まで意図的に前後ローテーションしないで走ってきました。
これはフリードのタイヤ摩耗傾向を調べるという私の実験。
最初のタイヤ、S76Aと次のタイヤ、オートバックス・マックスランの摩耗があまりにも綺麗でしたので、フリードのタイヤ磨耗状況を調べたくなったのです。

3シーズン23,747Kmをローテーションせずに走行した結果、フロントに履いていたタイヤは
内:3.8mm
中:4.7mm
外:3.8mm
と言う結果に。
リアに装着していたタイヤは
内:6.1mm
中:6.2mm
外:5.5mm
という結果に。

かなり綺麗に減っています。

リアタイヤは若干外減り傾向ですが、約2万キロ走行して1mm程度しか減っていないので摩耗を気にする必要もないでしょう。
その前に経年劣化を気にするべきです。

購入当初はミニバンだからミニバン専用タイヤ…と思っていましたが、フリードに関してはミニバン専用タイヤは不要なようですね。


フリードに装着したピレリ・チントゥラートP1ヴェルデの前後摩耗の平均は2.65mmですから、フロントとリヤの平均摩耗距離は8,961Km/1mmという結果に。
計算上スリップサインまで約5万キロを走れることになります。
私の自己交換基準3.0mmでも、38,500キロを走れる計算に。
…いくらロングライフが売りのピレリでも、持ちすぎでは?
いや、しかし記録はそうなっています。
まうんとすぎ殿のコンチネンタルタイヤの耐摩耗性が凄まじいと驚いていましたが、ピレリも負けていませんね。

しかしピレリらしく経年劣化耐性は低いみたいで、最近ではウェット路面での急発進時に軽くホイールスピンする事も。
もしくは摩耗によるものか分かりませんが。

前後ローテーションしたらロードノイズが随分と改善しました。
気にならない程度のロードノイズでしたが、溝が減る事によってロードノイズが増えていたようです。

ちなみにオートバックス・マックスランは22,000キロ走行時点でスリックタイヤ状態でした。
お値段重視ですから多少は仕方ありません。
それでもオートバックス・マックスランは好印象なタイヤでしたよ。


写真1

そして最近は振動とノイズが増えていたフリードのエンジンオイルも交換しました。
今回の銘柄はホンダディーラーにてペトロナス・シンティアム3000 5W-30。

相変わらずエンジンの存在が消えるような高い静粛性とほぼ無振動になる緩衝性能。
そして追い風のような軽い走りと大変に高性能なエンジンオイルです。


熱くなってきたので、強力なクーラー積んでいるフリードが快適です。
何でしょう、ミニバンだからと強力なクーラー搭載しているのでしょうかね?

それともインプレッサのエアコンガス交換を検討するべきなのかな。
Posted at 2017/05/21 19:44:49 | コメント(3) | トラックバック(0) | タイヤ・ホイール | 日記

プロフィール

「@酸素 密林で探していたはずなのに蔦屋で店頭受取の手配してきました(笑」
何シテル?   06/22 21:14
ドライブが好きで、ふらりふらりとあちこちに出かけています。 特にダムや道の駅といった単語に反応します。 最近はレトロ自販機もちらほらと。 ケー...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

サンバードアスイッチ交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/26 12:20:35

お友達

色々とクルマの話をしましょう。
ただ、一度も交流が無いのにいきなりの申請はお断りします。
42 人のお友達がいます
中2の夏休み中2の夏休み * ニューマウンテンニューマウンテン *
ともすばともすば * れありすれありす
雪国のさとう雪国のさとう キヌ(GHZ)キヌ(GHZ)

ファン

21 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサ アネシス スバル インプレッサ アネシス
小細工に頼らず、基本性能をしっかりと作り込む事により安全性と運転の楽しみを追求する、今の ...
ホンダ フリード フリードリヒ (ホンダ フリード)
家族用に購入したミニバン。 色々な競合と比較するまでもなく、先行カタログの時点で購入を半 ...
ホンダ ゼスト ホンダ ゼスト
完全に短距離のみを走るために導入。 軽乗用車なのにタコメーターが付いているとかヤル気満々 ...
スバル インプレッサ スバル インプレッサ
ランエボの次に新車で乗り換えたファミリーカー。 ダートやスノーでドリフトを覚えたのもコイ ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.