• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ペンタゴン7のブログ一覧

2017年06月25日 イイね!

フリードのタイヤコウカーン

最近はやる事が多すぎて色々動けない状況が続いています。
まったく…面倒臭いね。


とはいえ一つ一つこなしていかねばなりませんが、ようやくピンチカットと思われる原因で高速走行時振動が発生するフリードのタイヤを交換しました。
これで高速道路が走れます。
タイヤの写真を忘れましたが、銘柄はミシュラン・エナジーセイバープラス 195/55R16 87V。
私がフリードのタイヤに求める性能、すなわちウェットグリップ、高速直進安定性、ハンドリングを満たしつつ経年劣化耐性が高く耐摩耗性が高い銘柄、メーカー。
そんなタイヤを選べば自然とミシュランになります。


写真1

そして今回は純正サイズの15インチホイールからインチアップ。
16インチホイールを用意したのは当時フリードの直進安定性が非常に悪い時期でして、何とかならないかとインチアップを計画していたんですね。
結局サスペンションのリフレッシュで直りましたが、ホイールは余ってしまいました。
今回16インチホイールは転がっているし15インチ鉄ホイールはサビて破棄した…という事で16インチホイールの出番。


写真2

装着してみると、なんだか存在感あります。
フィットRS純正のホイールで、オフセットはフリード純正から3mm引っ込んだ53mmですのでディーラーからも車検OKとの事。
無限の16インチホイールと同じスペックですので、これで通らないはずもないんですけどね。
成り行きとは言えフリードのタイヤも速度規格V(240Km/h)になって高速走行性能も上がりましたし、高速道路走行向けのデバイスも取り付ける予定。
これでどこまででも行けるようになります。
…雀の涙ほどの賞与が出てからの話ですが。


ミシュラン・エナジーでイバーはまだ50Km程度の慣らしの段階なので無理は一切できませんが、走ってみると明らかに乗り心地が良い。
ピレリよりクッション効いている感じ。
それでいて恐ろしく転がり、ハンドリングも素直。
早く慣らし運転を終えて走りに行きたいですねェ。
Posted at 2017/06/25 19:53:00 | コメント(1) | トラックバック(0) | フリード | 日記
2017年06月17日 イイね!

不調の原因

最近色々と不調で、精神的劣化が割と激しくなっております。

こういった状況に至るのは決まって長い期間走っていない時。
走行距離をみると…ビンゴ!
月間走行距離600キロってホントに移動しかしていないな…。
最近精神状態の劣化が非常に激しいと思ってみたら、今年6,000キロしか走っていないじゃないか…。
そりゃ好きな事が何もできていない状態だったわけですから精神状態も悪化しますよ。
エンジンオイルにも熱入っちゃいますよ。(違?

私はいわゆる回遊魚でして、動いていないと死にます(笑
殆どの方にとって自動車の運転は退屈で疲れる作業のようですが、私にとっては自動車の運転はエンターテイメント。
せっかくの人生なんですから、楽しんで生きたいじゃないですか。
回遊魚らしく走っていたほうが私らしいと思うのです。


そんなタイミングで、明日は父の日ということで突発的一人フリーダムを入手しました。
写真1

山岳走行で熱を入れてしまったオイルもEDGE 5W-30に交換しましたし、走る準備はできた。
さあ行くぞ、長野へ!
レトロ自販機が生きていればソバを頂きに行こうと思います。
ダム湖百選も行こう。


きっと頑張ることが多すぎて視野が狭くなっていたのでしょう。
久しぶりに自由に走ってリフレッシュしたいですね。
Posted at 2017/06/17 20:46:25 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日常 | 日記
2017年06月10日 イイね!

整備の一日

写真1

今日はインプレッサのエアバッグリコール作業。
助手席側エアバッグの機能停止しただけで全然根本対策になっていないのですが、パーツが来るまでは仕方ありません。

しかし私の待機している席の目の前にインプレッサG4を配置するという事は、「買えよ」という事なのか。
でも、もしスバルの新車を買うならスバル最後の良心フォレスター6MTかなァ…。


色々と用を足したら、半年もエンジンオイル交換していないゼストのエンジンオイル交換。
本来は私の通勤用だったのですが…。
半年もエンジンオイル交換しないとか、今までクルマに乗ってきて初めてのことです。

ゼストのエンジンオイル交換時期、もう少し短くても良いかも。

写真2

オイルフィラーキャップを見てみると、意外にも乳化した油が付着していません。
暖かい季節だからかな?


写真3

オイルラインの中にある古いオイルを掃除するため、カストロール GTX DC-TURBOでフラッシング。


写真4

今回のエンジンオイルはコメリ・プレミアムモーターオイル 0W-20。
ゼストの走行距離はまだ4万キロにも行っていませんし、まさかエンジンオイルが乳化しないほどにまでエンジンが温まらないハイパーシビアコンディションなので、0W-20オイルが適任でしょう。

そしてエンジンオイルフィルタも同時交換。

ゼストのエンジンオイルフィルタ交換は大変に楽です。
何しろエンジンの前側に斜めについていますから。
おかげで作業は楽ですし、斜め設置のおかげでオイルの飛散も最低限に抑えられます。
フリードもそうだけど、ホンダはこういった整備性が良いのが嬉しい。

エンジンオイルフィルタを交換するのにエンジンの奥に回らなければいけないとか、ナンバープレートを取り外さなければいけないとか、排気集合管の間に挟まっているとか、凄い設計のエンジンってありますからね。


そう。
エンジンオイルフィルタが排気集合管(エキゾーストマニフォールド)の間に挟まっているのはインプレッサ。
エンジンオイルフィルタ交換が未だうまく行かず、エンジンオイルフィルタ交換後は結構な割合で焼けたオイルの臭いがします。

ホントこれだけのためにFBエンジン車に乗り換えても良いと、結構真面目に考えてしまいます。
でもFBエンジンでMTってBRZとフォレスターしか無いんですよね。


写真5

インプレッサのエンジンオルは栃木で調達したゼプロ・ツーリング5W-30です。
今回はエンジンオイルフィルタも交換。
何だか低粘度で、スルスル~っとエンジンに吸い込まれていきました。


しかしエンジンオイルフィルタ交換ってエンジンオイル交換と比べると、結構手間です。
エンジンオイル交換工賃500円でエンジンオイルフィルタ交換工賃1,200円とかよく見ますけど、やってみると納得の価格ですね~。


あとはフリードのタイヤさえ来れば完璧だったけど、流石にもう少し時間かかるかな。
タイヤとホイールだけ預けて「空いた時間にヨロシク」というスタイルですので、いつ完成するか分からないのです。
Posted at 2017/06/10 17:38:40 | コメント(4) | トラックバック(0) | 点検・整備 | 日記
2017年06月04日 イイね!

フリードで三十三観音巡り22-26

写真1

インプレッサでドライブに行こうと思っていたら、ポストにリコール通知が届いていました。
スバルで整備予約しますが、「重症を負う恐れがあるので助手席は使わないで下さい」との事。
まあ、仕方ない。
とりあえず助手席のエアバッグ機能を停止するまでは助手席は使えないな…。
エアバッグが原因で重症とか、笑い話にもなりません。

ちなみにフリードは助手席対策済み。


写真2

インプレッサが使えないので、引き続き三十三観音巡りにフリードリヒ出撃。
まずは新潟最古の寺、第22礼所 国上寺。
「日本一の寺」と書いてあったけど、雲洞庵の方が大きいかも?
ただ、山の中に施設が広がっているらしいので、全部回ると実は広大なのかもしれない。


写真3

出落ちレベルが凄まじい第23礼所 観音寺。
周辺の地名が「観音寺」なので大きなお寺と思ったら、写真に写っている施設が全部でした。
本尊は写真にある黄金観音様ではなく、観音堂の中に安置されているようです。

弥彦スカイラインの入口にありますので、この黄金観音様を見たことが有る方も多いのでは。


写真4

そして集落の細い道を進んでいって第24礼所、景清寺。
地域のお寺と行った感じで、観音堂と本堂だけのシンプルな構成でした。


写真5

一気に40キロ離れ、新潟市内のホテル・イタリア軒の隣りにある第25礼所 真城院へ。
街中にあるのに、外の雰囲気とは違う空気でした。


写真6

せっかく新潟市内に入ったので、日頃行かないようなお店へGO。
今回はオリエントレストラン イリィ。
フォー(米の麺)を食べますが…汗が出るほど辛い。
でもカニとアサリが良い出汁出てるんですね。
うまい。辛い。止まりません。
当たりのお店だったようです。


写真7

そしてさらに50キロ北上し、第26礼所 乙宝寺(おっぽうじ)へ。
今昔物語にも記載されている由緒あるお寺だそうです。
とにかく広く、三重塔などの施設やアイテムがある不思議な空間でした。

今日はフリードで移動していましたが、フリードを運転していると時速90キロからハンドルに振動が、
助手席の人間も分かるほどの振動で、時速100キロになると振動は更に激しく。
コレは…。

ホンダディーラーに持っていき、調べてもらうとサスペンション関係の異常は無いので怪しいのはタイヤかもしれないとの事。
思い当たる節はありまして、自宅ガレージの入り口に縁石があるのですがリアタイヤが毎日律儀に乗り上げるんです。
それが原因でピンチカットが起こったのかな…。
その後輪をローテーションでフロントに持ってきたから発覚したのではないかと。


とりあえず自分の土地なので縁石はハンマーでなだらかにして、あとはフリードのタイヤコウカーンかな。
銘柄は既に決まっており、今回はコストパフォーマンスを最重視したメーカー、タイヤ選択。
あれ以上費用対効果の大きいメーカーって無いんじゃないかな。


サイズは無限推奨の195/55R16になるのかな。
http://www.mugen-power.com/automobile/products/freedspike/parts/04.html
Posted at 2017/06/04 20:59:20 | コメント(2) | トラックバック(0) | 旅行 | 日記

プロフィール

ドライブが好きで、ふらりふらりとあちこちに出かけています。 特にダムや道の駅といった単語に反応します。 最近はレトロ自販機もちらほらと。 ケー...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

お友達

色々とクルマの話をしましょう。
ただ、一度も交流が無いのにいきなりの申請はお断りします。
39 人のお友達がいます
カブ色(リーガルグリーン)カブ色(リーガルグリーン) * 中2の夏休み中2の夏休み
坂道多すぎ坂道多すぎ あかせんあかせん
波丸波丸 アティクアティク

ファン

21 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ グレイスハイブリッド ホンダ グレイスハイブリッド
人生初のハイブリッドカー。 モーターアシストとデュアルクラッチ式オートマを絶滅危惧種の5 ...
ホンダ フリード フリードリヒ (ホンダ フリード)
家族用に購入したミニバン。 色々な競合と比較するまでもなく、先行カタログの時点で購入を半 ...
ホンダ ゼスト ホンダ ゼスト
完全に短距離のみを走るために導入。 軽乗用車なのにタコメーターが付いているとかヤル気満々 ...
スバル インプレッサ アネシス スバル インプレッサ アネシス
小細工に頼らず、基本性能をしっかりと作り込む事により安全性と運転の楽しみを追求する、今の ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる