• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

またたびくんはダイヤ激推しのブログ一覧

2016年09月25日 イイね!

西湘の海に行ってきました。

なんで根府川駅を、1回目の東京行きのシーンで使ったのか気にはなっていたのですが、やはり使ってきました。相変わらずの縮地法により、降りた駅は根府川駅、海岸の最寄り駅は国府津駅という変なことになっていますが、ラブライブ!の地図では近所ということになっています。

●12話 西湘パート





これは演出上、西湘バイパスを曲げてますが、実際には真っ直ぐです。また、ああいう感じに撮ることも相当難しいと思います。超望遠の圧縮効果だけでここまでできるかどうか…
鉄道写真で真っ直ぐな線路より、カーブを切った線路で撮った列車の方がかっこよく見えるのと同じ効果を狙っているものかと。

ここで、Aqoursは重大な決意、μ'sとの決別します。こういうのは仕事でも同じだけど、何でも模倣から始めるんだけど、模倣だけだと先はなくて、自らの力で何かを変えようとするとき、そういうことができると確信できたときがブレークスルーの瞬間なんだと思います。

“私、このままでいいと思うんだ。A-RISEが凄くて私達も何とか新しくなろうと頑張ってきたけど、私達はきっと今のままが一番いいんだよ。だって、みんな個性的なんだもん。”

—LoveLive! 2nd season #06


μ'sが行き着いたところは追いかけるのではなく、自分のスタイルを磨くこと。Aqoursもそこに気づいたわけですね。
Saint Snowは勝ってから俯瞰してみるスタイルを取ることで聖闘士雪化が強くて、彼女たちの回りだけ空気感がおかしいのですが、そもそもμ'sはLoveLive!で優勝するKPIを立てたきっかけは3年生への手向けだったはず。つまり、目的は3年生への餞別、手段はLoveLive!優勝。喩え取れなかったとしても、そこまでの努力と満足は消えることないと思います。

”3月になったら私達3人は卒業。こうしてみんなといられるのはあと半年”
”LoveLive!に出られるのは今回がラストチャンス——でも、この9人でLoveLive!に出るのは今回しかないのよ”
”喩え予選に落ちちゃったとしても9人でやった足跡そくせきを残したい!”
♪だって可能性感じたんだ そうだ…ススメ 後悔したくない 目の前に僕らの道がある♪
”LoveLive!に出るだけじゃ勿体ない。9人で残せる最高の結果、優勝を目指そう!”

—LoveLive! 2nd season #01





下からあおるという大鉄則をつい忘れてしまいますね。

これも下から撮るのが正解です。


おなじみの根府川駅です。多くは語るまい。ちなみに千歌ちゃんが立っていたところはこちら。

ここ以外は考えられないです。駅名の電光看板がかかっている電柱です。



追記 眠たくて一旦切ってしまいました……

”何言っていいのか分からないや。だって本当にないんだもん。もう全部伝わってる。もう気持ちは1つだよ。もうみんな感じていることも考えていることもみんな同じ。そうでしょ!”

—LoveLive! 2nd season #12


”生徒会長になって、ここにいて、絵里ちゃんが残していったものをたくさん見た。絵里ちゃんがこの学校を愛していること、そして、みんなを大事に思っていること。絵里ちゃんの思いがこの部屋にたくさん詰っていたから、私は生徒会長を続けられてきたのだと思う。本当にありがとう。”

—LoveLive! 2nd season #13


”この天気だとすぐ消えちゃうわよ。”
”それでいいんだよ”

—LoveLive! 2nd season #13


部室に何も残さなかった理由はこの辺でしょうか。起源はにこママの「立つ鳥跡を濁さず」で娘の私物(貸し出し物)を片付けさせたことですが、そもそもの理由を忘れて、理由を作ったんだろうと思います。

”やりたいからです。——今はこの気持ちを信じたい。このまま誰も見向きもしてくれないかもしれない。応援なんて全然貰えないかもしれない。でも一生懸命頑張って、私達がとにかく頑張って届けたい。今、私達がここにいるこの想いを! いつか…いつか私達必ず、ここを満員にしてみせます。”

—LoveLive! #03

μ'sの原動力の源泉はここにいきつく。Aqoursもこの穂乃果と同じ心境なんだと思います。μ'sの軌跡をAqoursは何も意識することなくトレースしているんですよ。
Posted at 2016/09/25 17:08:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | ラブライブ!シリーズ | 日記
2016年09月13日 イイね!

内浦で泊まってきました。

かれこれ2月ほど前から直接宿に電話して予約していました。忘れないようにカレンダーに登録して。仕事が溜まっているので金曜日は1時まで仕事をしてある程度片付けてきました。

土曜日は、ろこどるのイベントに参加してきました。自分の体調ってどうなんだろうという想いと、伊藤美来ちゃんが観たいのと、えみつんが観たいのとがあって本八幡まで車で移動してました。美来ちゃん、かわいいよ(*´д`*)ハァハァ えみつん、細くなったと思うし、μ'sのキャリアを持ってるだけあって、ダンスのキレがあって歌声は力強くて好きですね。翌日は、屍になってなかったので、いい感じかもしれません。8年ほど前にぶっ倒れてから、この手のことは避けてたので生まれ変わったように新鮮でした。


9/26から東名高速が集中工事なのをすっかり忘れてて、ヤバいかなと思ったのですが、混んでたのはいつも通り大和トンネルだけで、あとはレーンが縮小されたりしても流れはスムーズでした。車はいつもマイロード駐車場です。3ナンバーでも余裕で停められる立体駐車場でセキュリティを考えると立体なのよね。

沼津に着いたのは昼前で、ちょうど昼にはいい時間なので、いつもどおりやば珈琲店でランチ弁当です。

ここのランチは期待を裏切らない。なお、ナポリタンはご飯にチェンジにできます。『ベン・トー』のアブラ神に弁当の名前付けてほしいですね、いや、ホントに。
食べたら、マルサン書店を下見。Aqours関連で栞が貰えることを発見。そのあと、ヌーマーズリトルデーモン店でここでしかまだ売っていないものをちょいちょいと購入。例えば、ダイヤ様とかダイヤ様とか。BDをフラゲしそうになりましたが、我慢です。Amazonから来ますからw Aqoursウォーターを売っているのですが、いつもぬるいんだよね……(´・ω・`) でも、買いましたけどね。再度、マルサン書店に寄って単行本購入しました。栞はランダムに1枚かと思ってたら、ほしい栞を選ばせてくれました。最初になくなるのは曜ちゃん、善子の順だろうね。ちなみにボクの前に並んでた人は、ダイヤ様を選んでました。分かってるな、ふふ。

市内をあとにして、淡島へ。淡島桟橋の駐車場は、平日無料だったのに、いつからか500円徴収するようになってました。それだけ訪れる人が増えたということですね。切り札を見せて渡し船のチケットを購入、待つこと15分。この炎天下に15分はキツかった。アワシマ13とシャイニー丸は桟橋で係留されてましたが、両方とも淡島ホテル専用なので近づけないんですよね… 人が少ないときはアワシマ16がマリンパークを経由してホテル行になるのでますます13には乗れない。


淡島ではこれを購入。「君のこころは輝いているかい」

μ's絵馬の20%40%くらいの大きさです。というかμ'sのがでかすぎなんです。これが巷の絵馬標準サイズのはずです。
海軍桟橋を観てきたのですが、何度来ても近づけないですね。ホテルに泊まっても無理かな。

聖地巡礼で撮るなら、ホテル側からなんです。厳しい。あと、マリーの部屋のロイヤルスイートは1泊20万円です。もう一度、ホテルに泊まって、真面目にポイントを探る必要があります。望遠レンズも必要だね。


アシカショーを観てきました。ミクちゃんという名前だそうです。アワシマ13のラッピングの千歌ちゃんと梨子ちゃんに囲まれたアシカがこの子だそうです。一番芸達者な子ということで選ばれたみたいです。芸達者な子のショーは面白いです。

●12話

寄せすぎたね。迷ったら広角で撮るべし。

ジャリ共とは違うんです。


マルちゃんのお寺さんは住本寺ではないです。断定してもいいです。

黒澤家とご近所さんなので住本寺と思いつつ、なんか色々違うなと思いながらだったのですが、違うと確定ですね。

この後は案内所へ。いまいちだったヤツの撮りなおし。
●9話修正
黒澤家の門の方は文化財なので写真にしていたものを出します。巡礼者と話しながら、いいんじゃないすかねということで。




安田屋旅館で一泊です。室内の写真については仁義を切っています。
●1話

千歌ちゃんの部屋はこの上という設定ですが、この上は屋根ですw 千歌ちゃんの部屋は隣の建物の2階だと思いますが、泊まらないとあの部屋には入れません。探検してみた結果、1階には廊下はあるんですが、2階はどこもどんつきになってて、どんつきの先が各部屋の入口という構造です。
●9話 安田屋旅館パート



食事ですが、凄く美味しかったです。食事をするために泊まっていいレベルです。魚って大体刺身か焼くかで煮るというのはあまり食べないですが、久しぶりに煮魚が美味しいと思いましたよ。出てきた魚はカサゴです。海底で派手な背ビレを持って、ぎょろっとした目をしたアイツです。魚を綺麗に食べるのはボクの数少ない特技です。ほじくって食べる人が多いですが、大間違いです。魚を解体するイメージで食べます。例えば箸で背と腹を切って分ける、みたいな感じです。ほじくって食べると身がピッピッ飛んで汚いです…

こういうのもあるので是非w



今日は、再度沼津市内へ。
●8話、9話


感情は理屈じゃない。千歌ちゃんの中では悔しさと腹立たしさで渦巻いてたのでしょう。しかし、マリーがPV作製の際に6人Aqoursに言い放った「努力の量と結果は比例しません!」という言葉がここでも重くのしかってきます。9話から彼女たちは特に意識せずに自分たちをどうプロモートするのかという戦略というものを考えるようになります。努力と結果は比例も反比例もしないけど戦略一つで紐付けは可能です。

ぶっちゃけね、この写真を撮りに行くとき、思い出して泣きそうでしたよ。彼女たちが歌った特設舞台の位置を探しながら。

●11話修正
びゅうおに再度訪問しました。

びゅうおに行く途中、ちょうど渡辺家の近くを通るので寄り道しました。このシーンは曜ちゃんの部屋のベランダは狩野川の堤防よりも高いので、見下ろすように千歌ちゃんが見えないといけません。
びゅうおは何をとちくるったのか、陸側と海側、逆に撮ってました。




午前中で全て切り上げて、帰ってきました。途中、下り線の右ルートを逆走するという面白い経験ができたのでコレはコレでよかったですw

●おまけ 13話について苦情を言いたい
土曜日22時半にリアルタイムでみて途中までよかったんですけど、寸劇ミュージカルで総集編を始めだしたあたりで「はぁ?」ってなったあと、「全力で輝こう! 0から1へ! Aqours! Sunshine!!」ここ凄くて熱くてよかったのに、千歌ちゃんが想定外起こして振り付けが止るんだよ「え?!」ってなったわけ。

でね、素材取りキャプチャのために何度も何度も観て、寸劇パートはああそうかの部分もありました。

問題はね、制作側がラブライブ!という大会の仕組みを見てる側に何も伝えていないんですよ。ラブライブ!の大会には予備予選なるものがあるけど、予備予選ってどういう位置づけと単位なの?とか、東海地区予選のエリアは? 選抜されるチーム数は? 本戦は全てアキバドームなの(上位Nチームしか行けないのでは?) 1チームの演技に与えられた時間は何分なの? とか。そういう前知識が観てる側に全く無いから寸劇パートで「おいおい総集編始めちゃったよ」としか見えないのですよ。何度も観れば、1チームにつききっと10分なり15分なりでチームPRと演技をするというのが何となく見えてくるけど、何度も観れば分かるは不親切だと思います。それは情報としてほしい。総集編の寸劇ではないという目線で最初から観ますから。

ラブライブ!は試合ゲームなんだから、ルールは事前に知っておかないといけないでしょ。ガルパンにしてもノゲノラにしてもちゃんとルール説明はあるんですよ。推理ゲームじゃないので行き当たりばったりじゃなくてしっかり提示してほしい。ノゲノラの『10の盟約』みたいにさ。

演技の停止とモブの大移動…… これは……

”実は調べたら出られるのは事前にエントリーしたメンバーに限るという決まりがあるの”
”それにステージに近づいたりするのもダメみたいで…”

—LoveLive! Sunshine!! #13


珍しく梨子ちゃんがレギュレーションの話をしました。1つ目は始まる前に阻止できたのですが、2つ目、これはレギュレーションに抵触してるよね。あの穂乃果ちゃんですら、煽動するようなことはせずに最後までやり切ったのに、千歌ちゃん、煽動したよw おまけにモブは大移動まで始めて…… 歌とダンスのラブライブ!なんだからダンスが止まってしまう描写はやめてほしかったです……
これ、1期で完全終了だったらしらける。

2期は間違いないけど、スタートは東海地区選考は宙ぶらりんスタートなんじゃないかな。圧倒的得票と支持を獲得したAqoursに対して、本部側のレギュレーション違反による失格宣告。揉めに揉めて何も決まらず予選会終了から2期1話がスタートするんじゃないか? 梨子ちゃんが語った2つ目のレギュレーションは1年越しの伏線になるんじゃないかと。
若しくは失格敗退で、敗者復活とか。これすらルール説明なしにするかも。
Posted at 2016/09/27 19:25:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | ラブライブ!シリーズ | 日記
2016年09月11日 イイね!

何度でも沼津に行ってきました。

今日は早朝は雨だったのですが、午前中には止むことを信じて沼津に行きました。いつもは自転車を持っていくのですが今回は徒歩のみ。Aqoursの娘達があまり大きく動かなくなった(=学校内の話が多くなった)せいもあり聖地巡礼が楽です。
今回の聖地巡礼は主に10話、11話を中心に回りました。

運転中、頭の中はハンバーグのネタを思い出してしまいwww ボクの中ではかなりツボだったわ!

●10話
ダイヤ様のイメージ崩しの回でした。お堅いイメージがあるのですが、ただのポンコツだったことが分かりました。ボク的にはダイヤ様はシスコンでポンコツになると信じて推してましたので、いい回でしたよw




マリー「ダイヤのおばさん♥」
ダイヤ「一文字抜けてますわ!」
商才もなかったか……w 当初のダイヤ様の紹介では網元で手広く事業をしているから経営がどうとか…… それに比べて千歌ちゃん、サクラを使って貢献って偉いね。
三津浜に行ったことがある人はツッコミどころ満載でしたね。三津浜ってネコの額のような小さな浜で海の家が2軒どころか1軒も建てられないと思います。狭いから「特訓!」にならないし。島郷海岸や千本松原ならありえますけど。





梨子ちゃんの告白タイムだったので完全に読み違えましたわ。曜ちゃんは千歌ちゃん、梨子ちゃんが布団から抜け出していることに気づき、逢い引きしてるに違いないと察して探して、三の浦観光案内所で隠れて見てたと思ったんじゃがなあ…… 曜ちゃんのヤンデレ化が見たかったw 「この都会から来た泥棒猫め…ククク」
ラブライブ!ってあんまり深い伏線とか伏線回収とかしないね。μ'sの頃からそうだったわ。忘れてた。

●11話
曜ちゃんが梨子ちゃんの名前を聞くと、光彩を無くして新垣あやせ並にヤンデレ化すると期待した回でした。

この車がずっといて…… 7−11はラブライブ!には、いい儲け口なのか、わりと積極的なのですが、協賛まではしてないですね。ガルパンだとサークルKサンクスのロゴがモロだったのですが。
ダンスの練習シーン。立体的に妄想しないと曜ちゃん、千歌ちゃんのフォーメーションが全然分からないです。

淡島を写すと長井崎が見えず、逆だと淡島が見えず。



もう残念ですわ、残念ですわ。けっこう粘ったんですけど、車は動かないし、マットは邪魔だし、もうどうしようもないですね。次回に持ち越しです。


後輩の変化に気づいて話を聞く。マリーはいい先輩してますね。曜ちゃん、ワシワシしたマリーを一本背負いしましたけど、武道経験者だっけ? ブシロードつながりで格闘技をしれっと入れてきてる。

びゅうおです。善子の沼津大逃走の終着点でもあります。相変わらずあおりが好きなロケハンチームです。

画角がよくないですが・・・ 

まだ撮り足りない感じなので、次回また撮りに行きます。


渡辺家。ただし、上物は異なります。いい家に住んでます。例の如く、下からあおり。

屋外でチェックすると、低コントラストでしっかり確認できなかった。本来であれば上から見下ろす描写なのに、下から見上げる写真を撮ってしまいました。散々あおり写真ばかり撮ってきたので完全に思い込みでした。ぶっぶー!ですわ。やり直しです。

最後、曜ちゃんは千歌ちゃんを押し倒し、既成事実化するわけですね(すっとぼけ)。

千歌ちゃんと曜ちゃんが幼馴染み設定なのに、内浦から千本までの距離w ふぁ?! 小中と同じ学校で。善子の方が幼馴染み設定ですよねー、家近いし。さらに、『恋たい』の冒頭、自転車でみとしーに来てますねw 千歌ちゃんでも来れるからおかしくはないですけど、遠いよw
善子はなぜかマルちゃんと幼馴染み設定で、幼稚園が同じ。マルちゃんはずっと内浦のはずだし。
全体的に縮地法使ってるので地理が何が何だか分からないです。距離感は徹底的に無視して観賞しましょう。

聖地巡礼のあとは、マルサン、ヌーマーズ、アニメイトと回りメイトでG'zMagazineを購入、やば珈琲店で昼食、駅のキオスクでのっぽパンを3本購入、ヌーマーズで淡島マリンパークコラボのファイル購入で、予定どおり午前中で終了です。
Gzは、ルビィちゃん狙いだったのに、初回版を全部売り払ったそうで結局手に入れられませんでしたoz 何のためにアニメイトだったのか。マルサンでマルちゃんにしとけばよかった。

やばのランチ弁当。540円。これは満足度高い!



おまけの話
今日、三の浦観光案内所でとある方にお遭いしました。
大阪のとあるO大学で准教授をされている方で、アニメの聖地巡礼について研究をされている方とお話しする機会がありました。
昨晩は浜の家さんに泊まっていたそうで、今日は早朝から聖地巡礼される方について話を聞いて回ってました。ボクが早朝巡礼にこだわるのは、単純に人がいないから写真にすると綺麗に仕上がることです。涼しいので体力を消耗しない、移動時間が読めるなどです。朝に回る人はガチで見て回りたい人だと思います。渡辺家に巡礼したとき、先客がいたのですが、みなさんアングルに拘りがありますよ。上から見下ろしで撮るのか下から見上げるのか、知らん人と議論になるんですよ。サンシャイン!!に関して言えば、徹底的に下からあおりと千歌ちゃん目線だとボクは話しています。
先生のこういうメディアの研究をしているのは「らき☆すた」の頃からだそうで、今のサンシャイン!!の前は「けいおん」を研究対象にしていたそうです。聖地巡礼とボランティアの関連性なんかが研究対象だそうです。関西で新聞に寄稿したり、インタビュー記事が載ったりするそうなので、その筋の人には有名人なのかもしれません。ボクは知らなかったです。
聖地巡礼で早朝に来られる方は年齢を重ねている人、20代、30代なんかは日中にふらっと来るって感じだそうです。今日も巡礼しましたけど、おっさん成分はそれなりにあります。ラブライブ!は若い人が多いとはおっしゃってましたが、アニメによっては、オッサン成分高めなものもあるそうです。
地域によっては乗りのいいところと悪いところがあって、けいおんもエンジンがかかるのに2年はかかったそうです。役所が動かない、商工会が動かない、など町おこしに繋げるにはそれなりのハードルがあって、そういう所でこけると続かないようです。
ガルパンは、あれは超特殊事例になるようです。つまり、アレ見て真似ようとすると失敗するということなんでしょうね。
じゃあ、ラブライブ!サンシャイン!!はというと、かなり失敗事例に傾く要素が強い案件だそうです。それは、何度も足を運んでるので(朝早いですけど)気づきます。ボクも強く感じました。役所が全然動いていないんですよ。沼りんの貸し自転車が来たのは最近(しかもたった2台)。三の浦観光案内所に来た方は気づかれたと思いますが、手作り感満載でしょ? 市からあんまり援助が出てないんです。もう少し盛り上がればポップとか出てきそうなんですけどね。先生の情報では商工会が動き出し始めたそうで。版権の勉強からスタートなんでしょうw 沼津市も、先日、観光の投票で1位を取ったので動き出せるきっかけを掴んだと思いますので、2期始まる頃にはもうちょい雰囲気が変わるかもしれません。
Posted at 2016/09/11 17:58:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | ラブライブ!シリーズ | 日記
2016年09月10日 イイね!

蔵出ししました。その2

色々と撮りためてきたので、折角なので公開します。あと、聖地巡礼で納得いかなかったシーンの再チャレンジなども。

●3話追加


●6話修正

松月さんはさすがに撮り直してあげました。

●7話修正


これらの写真については自信を持って「この位置だ!」というのを見つけました。聖地巡礼者にとって立ち位置まで見つけることは完全に喜びで、この娘たちにシンクロした瞬間です。

●諸々

アキバのソフマップの壁広告ですが、ぶつ切りで撮ったものをフォトショCS3(古!)で疑似パノラマ化してみました。


伊豆三津シーパラダイスバス停とまたたび君4号。これを荷室にそのまま積んで、内浦まで持ってきています。5MT、2段副変速機、MR仕様ですw

▼伊豆箱根バス



朝に行って見てくるのが大正解。人は乗ってないし、乗ってこないし、自分の好きなアングルで撮り放題なんです。中の広告の写真はバスの中には入っていません。望遠端で狙っています。さすがにそこまで厚顔無恥ではないです。

▼東海バスオレンジシャトル


こちらのバスは朝10時過ぎていたので、ギャラリーも多く、慌ただしく撮るものは撮りましたという感じです。

これらのAqoursラッピングバスはとても丁寧に扱ってくれてまして、油性ペンで書かれたサインは透明のシール(セロハン)で保護してくれていますので、いつ来ても色褪せずに綺麗です。内装の広告もAqoursづくしです。


マルサン書店仲見世本店です。商品のある場所をカメラに納めるのは御法度ですが、この場所は取っていいと書かれてありましたので撮らせていただきました。ここでG'sMagazine 9月号を買いました。マルちゃんポストカードと沼津限定の曜ちゃんプロマイドをゲット。雑誌を定期で買うと大変なことになるので買わないのですが、内容がとても読み応えがあったので買わせて戴きました。そうそう、熱い想いを書いてとあったので書いてきましたよw
それでも商品をスマホでカシャカシャ撮る半ズボン氏とかいましたけど…… ダ・メ・だ・よ。
Posted at 2016/09/10 14:25:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | ラブライブ!シリーズ | 日記
2016年09月04日 イイね!

ねんどろいど10周年を祝ってきました

ねんどろいど、大好きなんですよ!

グッドスマイルカンパニー(グッスマ)のねんどろいどシリーズが10周年で展示会をやっているので、行ってきました。しかも今日が最終日なので是が非でも行かなければなりませぬ。

車に優しいUDXに車を停めて、まずは腹ごしらえ。

このシーンももはや懐かしい。2013年ですから。以前、食事はしたことがあって、アキバにありがちな暴力的な量ではなく、量もちょうどよくて家庭的な素朴なとんかつ屋さんです。



行きたかったのはここです。末広町から北へ(上野へ)向かって少し歩いたところです。


まずはねんどろいどがお出迎え。どこのどのキャラがいるかわかりますか? 素子の感度を上げているので画像が荒れてますがご容赦を。



基本的にはこのようにキレイにディスプレイされています。町おこし聖地巡礼ブームの立役者、泉こなただけでこんなに出てたんですね。2種類は持ってましたが、樹脂が硬化して壊れてしまいました…… 黄色のタチコマがまだないんですよ。会社の机に青、銀、黄で置きたいんですが、今は青だけ。銀はあるのでいづれ持っていこうかと。

こうやって見ると可愛い(;´Д`)スバラスィ ...ハァハァ

とらドラ!の手乗りタイガー。コレ、何かの限定品で手に入れることができなかったんです。TVアニメでは大河は北海道の高校に転校して、転校先の制服がセーラー服。原作小説は竜児と一緒に同じ高校で過ごします。

μ'sは語り出すと止らないので割愛www 持ってるし、ここのブログでガッツリ紹介しているのでいいでしょう。僕今シリーズは真姫ちゃん、練習着シリーズは真姫ちゃん凜ちゃんがカワユス。この2人は入れ替えるともっと可愛いのよ(*´д`*)ハァハァハァアハァ


デート・ア・ライブの狂三様ですね。精霊の中ではぶっちぎりの人気者じゃないのかなと思います。いまだ士道にほだされていないところもいいけど、時々デレるのがよきかなよきかな。アニメじゃあんまり分からないですが、原作はGOODです。


艦これの大和と武蔵。重さでセッティング無理でしょう?って思ってて、本物をディスプレイしているところを見たことがなかったので、これは凄いと思いました。

Ⅳ号H型も。なかなか壮観ですな。

ねんどろいどだけじゃなく、スケールフィギュアも展示されていました。
この、ペンドラゴン閣下はかっこいいよね! 思想は合わないんだけど・・・w

プリヤでは威厳格下げですが、UBWではちゃんとします。


ここでしか売っていない限定品を買うためでもありました。

赤と黄色。誰に使おうか。



「にゃーん、にゃーん、にゃーーーん! ネコになったにゃーー!」
「ちょっ、ちょっと! なんでこの私がパンダの着ぐるみを着なければならないのよ!」

ねんどろいどは素材もかなりよくなってます。昔のヤツは硬化して折れちゃうんですよね。今のはそういうのもなくなったし、ねんどろいどは2.5頭身で頭が重いのですが、最近のは軽くなって扱いやすくなりました。昔の物は頭からダイブして扱いが難しかった。
国産化も始まり(確か山陰の工場ですよね?)、品質は更に向上すると思いますのでこれからも楽しみです。

もっと早くに行ってればよかったですが、聖地巡礼も楽しいんですよ、ホントに。

グッスマの満足度が高すぎて神田明神に聖地巡礼(聖闘士雪)をするのをすっかり忘れてた!
Posted at 2016/09/04 17:56:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | ライトノベルとアニメ | 日記

プロフィール

「ラブライブ!の曲を聴きました。 http://cvw.jp/b/457804/42280735/
何シテル?   12/10 00:28
自分が思うがママ、唯我独尊でみんカラにページを開設しておりますです。 物欲レビューに関しては、見せびらかしにならないようにちゃんとレビューするように心がけてい...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/9 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

マスターバック用バキュームホース交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/24 07:06:54
アルミテープ効果の”見える化”と検証 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/18 04:35:53
スバル(純正) フランジボルト 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/01/29 12:18:07

お友達

ラノベ好きでもラブライバーでもどーんとこい
凛推し&ダイヤ様推しです。

自己紹介の『●お友達承認に関して』にも目を通してください。常識的なことしか書いてませんので、普通は何も考えなくとも守れるはずです。
38 人のお友達がいます
セキュリティーのプロテクタセキュリティーのプロテクタ *みんカラ公認 ANYOKiNG 【DRiViSiON】ANYOKiNG 【DRiViSiON】 *みんカラ公認
四葉來郎衛門四葉來郎衛門 * ビバーチェビバーチェ *
パワードついんパワードついん * めいこめいこ *

ファン

26 人のファンがいます

愛車一覧

スバル レガシィツーリングワゴン またたび君 7号 (スバル レガシィツーリングワゴン)
ディープシーブルー・パール。見本色よりもっと濃い感じがします。色が濃いので汚れや傷が目立 ...
その他 その他 またたび君5号 (その他 その他)
2005年11月に納車された自転車。京都のアイズバイシクルで作成しました。 フレーム素 ...
その他 その他 またたび君4号 (その他 その他)
持っている中で一番マニアックな奴です。 定義あるのかないのかよく分からないパスハンター。 ...
スバル インプレッサ またたび the Car (スバル インプレッサ)
2012/7/1 遂にこの車とサヨナラすることになりました。本当に本当によく走る車で、運 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.