• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

threetroyのブログ一覧

2014年04月21日 イイね!

まぶしい彼方へ続く旅...

まぶしい彼方へ続く旅...
海峡の向こうには由布岳のシルエット
まぶしい彼方、九州へ続く旅

   
三崎を出たフェリーは、どこまでも続く半島に沿って西へ向かっていた
四国の西の端を40キロ細長く突き出している佐田岬半島
海は凪いで、空は晴れ渡っている
太陽は西に傾き、ボクを乗せた船はまぶしい西へ進んでいる
出港して半時ほど経っただろうか、ようやく佐田岬半島の先端が見えてきた
穏やかだった海も、佐田岬灯台の先は速吸瀬戸と呼ばれる潮流の海となる
まぶしすぎて色彩を失った西の風景
灯台の背後に由布岳のシルエットが見えてきた
そうだ、このまぶしい彼方には九州へ続く旅がある
海の風、太陽に目を細め、旅への感慨に浸っていた


国道九四フェリー 佐田岬灯台付近にて
この風景に出逢った旅は、「四国から九州へ渡る旅2007/09」
写真をクリックすると拡大します

BGM : FreeTEMPO - Terceira Estacao

Posted at 2014/04/21 21:54:21 | コメント(1) | トラックバック(0) | フォト一句 | 旅行/地域
2014年04月20日 イイね!

速吸瀬戸を渡る

速吸瀬戸を渡る
   
速吸瀬戸を渡る
海が流れる、波紋が流れる
陰影の世界
貨物船は南へ、海風は北へ、ぼくを乗せた船は西へ
そして汽笛が世界中に響き渡る
この風景はまるで白昼夢

フェリーで豊後水道を三崎から佐賀関へ渡っていた
佐賀関の大煙突の煙は北へ流れ
山深い大分南部の背後には雲が広がっていた

あの山々の彼方には阿蘇がある
まぶしいモノクロームのような風景を船上から眺め
この先に出逢う風景を思い、心躍らせていた


佐賀関港に向かう国道九四フェリーにて
この風景に出逢った旅は、「四国から九州へ渡る旅2007/09」 
上の写真をクリックすると拡大します

BGM : FreeTEMPO - Terceira Estacao

Posted at 2014/04/20 14:44:09 | コメント(2) | トラックバック(0) | フォト一句 | 旅行/地域
2014年04月19日 イイね!

サイドシートはさくら色

サイドシートはさくら色
桜の木陰は、春風の通り道
花びら舞う心地よい風に
今日のサイドシートはさくら色

   
さくら並木の木陰には
ここちよい春風が吹いていた
空を仰いでさくら色
うたかたの花を愉しんで
 しばらく風に吹かれて
舞っていく花を眺めていたんだ

クルマのサイドシートは
落ちてきたはなびらで
さくら色になっていた


静岡県富士宮市山宮にて
写真をクリックすると拡大します

BGM : Tommy Emmanuel - Close To You

関連情報URL : http://www.threetroy.com/
Posted at 2014/04/19 18:31:30 | コメント(3) | トラックバック(0) | フォト一句 | 旅行/地域
2014年04月16日 イイね!

高価なカメラやレンズに買い換えるより幸せになれる方法?

高価なカメラやレンズに買い換えるより幸せになれる方法?世の中、デジイチ使ってるのに「撮って出し」ってのに拘ってるバカな御仁(失礼)も多いようなんだけど、巨大なレフ板持ってくれるアシスタントやライティングなんかは使えない素人は、高価なカメラやレンズを買うより高機能な現像ソフトを買ったほうがしあわせになれると思う。

お友達のアガサさんが桜の写真でお悩みのようです。
一般的に桜を撮った写真で不満に感じられているのは肉眼で見たあの「眩しいばかりの満開の桜がどうも暗く写ってしまう」と言うのが多いように思います。これは青空と桜を同時に再現したいという欲求から起こります。コンデジの時のほうがキレイに撮れたと言う話もよく聞きます。
コンデジは青空はより青く、花を鮮やかに勝手にレタッチしてくれてます。一方デジイチは入門モデルはコンデジ相当の自動レタッチする機種もありますが、上級モデルになるほどナチュラルに空に露出を合わせれば桜は暗く写ってしまうのです。
それを解決するにはHDRと言う方法もありますが、かなり不自然な写真になるので、現像時のレタッチで写真を見た時のままに補正するのがオススメです。

以前、黒ノ助さんの写真をこのように補正しました
Before  https://minkara.carview.co.jp/userid/196067/blog/29010050/

After https://minkara.carview.co.jp/userid/666828/blog/29013621/

このように補正するにはマスク機能があり部分的な補正が可能なソフトウェアが必要です。
Adobe Photoshop, Lightroom などや フリーソフトだとGIMPなどで可能だと思います。ボクはPhotoshop, Lightroomを使っています。カメラメーカー純正だとNikonがCaptureNX2で出来たのですが、無料になったバージョンでは出来なくなってしまったようです。

さてアガサさんの写真ですが、下の写真は富士山を写しこみたくて結構アンダー気味に撮っています。これはセオリー通りで良いのですが、代わりに満開の桜が暗くなってしまいました。
コレをLightroomで補正してみます。
まず全体的に彩度を上げ過ぎなのですこし下げます。次に補正ブラシで桜の露出を部分的に上げていきます。同時に桜部分の明瞭度を下げます。桜並木の下の道路や幹を補正ブラシでシャドウ部分をを明るくしていきます。富士山の明瞭度を上げます。中央分離帯の芝の彩度をブラシツールで下げていきます。で、完成!
あんまり丁寧にやってないので桜の輝度を上げた部分がはみ出しちゃってかなり不自然になっています。輝度もすこし上げすぎたかも(^-^;
また元画像がシャープネスがかなり強力にかかっているので補正にはかなり苦しい画像でした(^-^;
Before

After


次の写真は桜の輝度補正、明瞭度ダウン。クルマの水平補正、ライトの輝度補正くらいでしょうか?
Before

After
好みの問題かもしれませんが、ボクは桜の写真は特にシャープネスをかけるのはキライで、いつも明瞭度を下げるかソフト処理して柔らかさを出すようにしています。同時に晴天時の満開の桜から受けるイメージは「まばゆいばかり」ですので、露出を上げてそのイメージを再現します。明瞭度を下げると彩度が上がる傾向があるので桜の花の彩度はどちらかと言うと下げます。

補正は1分位でテキトーにやっているのでかなり乱暴ですが、ボクの写真も似たような感じでちゃちゃっとやってます。ご参考になれば良いのですが...(^-^;

Posted at 2014/04/16 22:02:38 | コメント(7) | トラックバック(2) | フォト | 日記
2014年04月12日 イイね!

富士山を仰ぎ、さくらを探すドライブ

富士山を仰ぎ、さくらを探すドライブ近場でも標高が高いところは桜はこれから咲いていきます。御殿場や富士宮の北部はまさに満開の桜でした。
すべての写真はクリックすると拡大します♪





富士桜自然墓地公園にやって来ました。
ここは富士山麓にある桜並木が続く創価学会の墓地です。



富士山をバックに桜並木なんて、本当にズルい構図です。
まさに「これが日本の春だ!」なんて言ってもだれも反論できないよねぇ。







朝霧高原に北上していくと桜などは全く咲いていません。
こちらの春はまだのようです。


なんとなく桜など撮っているより、こっちのほうが自分には合ってるなぁ... と思った。

さくらを探して再び南下しました。







このあと、富士霊園にも行きましたが...
桜並木をぐるっと回っただけで帰ってきました。どうも人が多いところは苦手です。

関連情報URL : http://www.threetroy.com/
Posted at 2014/04/12 17:53:56 | コメント(8) | トラックバック(1) | ドライブ | 日記

プロフィール

「毎年GWの九州からの帰りは日本海沿いから、九頭竜ダム、安房峠道路。何でこんな修行してるんだかなぁ(^_^;)」
何シテル?   05/05 00:57
threetroy(スリートロイ)です。 インテルラゴスブルーのBMW Z4M Roadster で旅をしています。オープンドライブで気持ちのよい風景を探して...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/4 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

リンク・クリップ

松江市内、国道9号線を東へ... 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/10 14:06:40
フォト一句スライドショー 
カテゴリ:Web
2015/03/01 14:41:05
 
On the Street Where You Live - Blog 
カテゴリ:Blog
2010/04/17 08:58:46
 

愛車一覧

BMW Z4 M ロードスター BMW Z4 M ロードスター
2007年からこのクルマで日本中を旅をしています。最高のエンジン、まずまずのハンドリング ...
BMW Z4 ロードスター BMW Z4 ロードスター
S2000を失って次期ツーリング専用車として購入。九州の旅6,000Kmを走りましたが、 ...
ホンダ S2000 ホンダ S2000
日本中を旅してほぼ10万キロ、2007年1月まで乗っていました。4気筒最高のエンジンを楽 ...
ホンダ ビート ホンダ ビート
このクルマに乗っていた頃は、日本中の酷道/険道を走り回っていました。エンジンが気持ちよく ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.