• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

threetroyのブログ一覧

2014年07月31日 イイね!

落石岬灯台にて

落石岬灯台にて
この灯台は楽園にあるのだろう
まるで霧の海に浮かぶアヴァロンのよう
ここちよい風の言葉を聴きながら空を仰いでいた

落石岬灯台ほど感動的なアプローチを持つ灯台は無いだろう。
アカエゾマツの林の中を木道がつづき、天然記念物のサカイツツジやミズバショウ、ワタスゲなどが自生する平原を越え、再び森を抜けると感動的な風景が広がっている。ボクはこの灯台へ続くアプローチの感動を当時こう書いている。

ヴァージニア・ウルフの「灯台へ」という小説を知っていますか?
この小説の舞台はスコットランドのスカイ島
荒涼とした草原、切り立った 断崖、霧に霞む海岸線
まさにここ落石岬灯台の風景は、この小説に出てくるスカイ島の風景そのものだ
2Km 続く森の中の木道を抜けるとこの風景が広がる
草原の先は断崖の海岸線
海面を覆っていた霧。空を流れるすじ雲、心地よい風
なんてすばらしい風景
穏やかな天気の日、この場所はすばらしい
次に来るときはここでヴァージニア・ウルフを読んで過ごそう
誰もいないこの灯台で...

*アヴァロンAvalonとはイギリスのどこかにあるとされる伝説の島。美しいリンゴで名高い楽園であったとされ、アーサー王物語と特に強く結びついている。アーサー王の遺体が眠る場所とされている。

北海道根室市落石 落石岬にて
写真をクリックすると拡大します
BGM : Noriko Kose - I Miss You

Posted at 2013/07/18 21:12:29 | コメント(8) | トラックバック(0) | フォト一句 | 旅行/地域
2014年07月30日 イイね!

晴れと曇りの分界点を探して

晴れと曇りの分界点を探して
晴れと曇りの分界点を探して
丘の向こうの丘へ、森の向こうの森へ
北の大地は果てしなく広く
時を忘れ、駆け続けていた



雲が広がる午後
晴れを探して駆けていく
あの丘の向こうへ
あの森を越えて、どこまでも

草のかほりがする道を
天を仰いで走る
ゆうぐれが近い丘陵の道を
時を忘れ、駆け続けていた


北海道上川郡美瑛町福富にて
写真をクリックすると拡大します

BGM : Robert de Boron - The Long And Winding Street


関連情報URL : http://www.threetroy.com/
Posted at 2012/09/11 23:18:11 | コメント(3) | トラックバック(0) | フォト一句 | 旅行/地域
2014年07月29日 イイね!

旅には雨の日だけの風景もある

旅には雨の日だけの風景もある
旅には雨の日だけの風景もある


少し長い旅には、かならず雨の日もあるものだ
雨の日は車窓から雨を見ているのがいい

ガラスに落ちてくる雨粒
雨の向こうに霞む風景を望んで

ゆっくり過ぎていく時間
すべてのものが雨に洗い流される

雲の切れ目が見えてきて
しだいに雨音は、優しくなってくる

そして次の晴れ間には、新しい気持ちで旅をはじめるのだ


北海道川上郡弟子屈町跡佐登‎ 藻琴山展望駐車公園にて
写真をクリックすると拡大します

BGM : Aoneko no torso - Ryuichi Sakamoto

関連情報URL : http://www.threetroy.com/
Posted at 2012/07/29 21:53:50 | コメント(8) | トラックバック(0) | フォト一句 | 旅行/地域
2014年07月27日 イイね!

猛暑の週末

猛暑の週末この週末も35度を越える猛暑日でしたが、土曜日はなんとかオープンドライブしたかったので、3時に自宅を出発して伊豆を一周してきました。ただ午後は仕事なので午前中で東京まで戻ってくるドライブです(T_T)

夜明け前から晴れているはずなのに空には星が見えません。湿度が高すぎて山も海も靄に覆われていました。東伊豆を南下し、南伊豆を石廊崎から雲見へと走っても遠景はかすみんでいます。宇久須から仁科峠まで上がると気温も少し下がって霞も消えました。西伊豆スカイラインの富士山を望むコーナーでもうっすらと富士山が見えていました。

伊豆スカイラインを走って帰路につきましたが、このドライブの目的は先日タイヤ交換したブリヂストンのS001のならし走行です。
このS001の印象は「転がらないタイヤ」です。ゴロゴロ転がっている感じはミシュランとはエラい違いでなんとなく燃費は悪そうな印象ですね。ブリヂストンのタイヤはもともと重いですからこの転がらなさ感は燃費悪化を予想させます。グリップはわるくない感じですが、いまいちリアの接地感がPS2のように伝わってきません。タイヤの剛性はPS2より確実に上がっているのでコーナーでコーナリングフォースが上がっているのかハンドリングにちょっと違和感がありました。全体的には印象は良くありません(-_-;)

今日、タイヤ屋さんに行って増し締めをしてもらって確認したのですがフロントはとにかく真円度が低く重りがいっぱい付いてます。やっぱ真円度に拘るとミシュランがいいようですね。タイヤ屋さんでもS001はライフが短いタイヤと認識されているようでしたね。1万キロでアウトだったらさっさとミシュランかコンチに変えよっと。

仕事は土日ともありましたがクルマに乗ることが出来て、ちょっとしあわせだった週末でした(+_+)
Posted at 2014/07/27 17:47:30 | コメント(4) | トラックバック(0) | Z4M Roadster | 日記
2014年07月24日 イイね!

お友達を減らすブログ その一

お友達を減らすブログ その一これはちょっと気が狂っているので、人間関係を顧みず言いたいことを書いて、みんカラお友達を減らそうとするブログ。
イヤな思いをしたくない人は読まないほうがいいです。容赦無い&脈絡無い&説明足らないので(^^ゞ
耐えられないあなたはアンフレンドしてください(^-^)ゝ
アンフレンドとはSNSサイトでバッサリ「友人」を削除することです。これキモチイイよ(o^-')b

ここに書いた内容は『ボクが』キライだったり、気持ち悪いと思ってるだけで、別にあなたがことさら気にする必要は無いはずです。思いは人それぞれですからねぇ。
もちろんボクを罵倒したくなった人は罵倒コメントは大歓迎です(^-^)ゝ

とりあえず自分のことは棚に上げ、狭いこころで思いついたことから無差別爆撃します。
そういえば会社の部下はイスラエルで無差別ロケット弾攻撃でシェルターに閉じ込められて帰ってこれません(-_-;)


ボクの『キライなもの、気持ち悪いもの』

1.意味のないオーバーフェンダーデザインのクルマ
マツダ車のデザインってユーノスの初期のころのデザイン(500とかね)が好きなんだけど、絶対許せないのがRX8とNCロドスタの意味のないオーバーフェンダーデザイン。タイヤ太くしたいんなら意味のあるデザインしやがれ。デザイナーは死刑ね(死語やこれ...)
オーバーフェンダーはA20セリカとかにこれでもかって大げさなんをリベットで止めるもんですえ。若者には判らん?ふるすぎるか?

2.トルコンAT乗って気持ちよがるヤツ
あのトルコンの気持ち悪さがわからんのか?そうか。しゃーないのう。
そういう人はダイレクト感なんて言葉は使わんといてもらえますか?

3.MTしか認めないヤツ
こういうヤツはメカニズムを理解できないノータリンが多い。ATでもDCTは素晴らしいよ。トルコンとCVTはクソだけどさ。個人的にはロボットMTがもっと進化して欲しい気がしてます。

4.ポルシェこそ至高と言うヤツ
クルマとしてよく出来てるのは認めるけど、ポルシェのデザインってカッコ悪いよね。1000万円出してカッコ悪いクルマに乗りたい人は変わり者だと思う。それだけ。

5.ロードスターこそ至高のオープンカーと言うヤツ
いいクルマですよ。でもね『値段の割にいいクルマ』ってくらいのもんでしょ。開発担当者を神様扱いすんのも気持ち悪いと思います。ホンダにもそういうクルマあったなぁ┐( ̄ヘ ̄)┌

6.BMWのストレート6信者
何が良いのか明確に説明できるやつは皆無。目隠しして4気筒車に乗せてこれはM54だとかN52だとか言えば、やっぱBMWのストレート6最高!とか言ってそうな気がする。
当然ボクはS54以外の良さは全然わかりまへん。

つづく...
Posted at 2014/07/24 00:25:59 | コメント(16) | トラックバック(0) | 言いたいことを言う | 日記

プロフィール

「毎年GWの九州からの帰りは日本海沿いから、九頭竜ダム、安房峠道路。何でこんな修行してるんだかなぁ(^_^;)」
何シテル?   05/05 00:57
threetroy(スリートロイ)です。 インテルラゴスブルーのBMW Z4M Roadster で旅をしています。オープンドライブで気持ちのよい風景を探して...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/7 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

松江市内、国道9号線を東へ... 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/10 14:06:40
フォト一句スライドショー 
カテゴリ:Web
2015/03/01 14:41:05
 
On the Street Where You Live - Blog 
カテゴリ:Blog
2010/04/17 08:58:46
 

愛車一覧

BMW Z4 M ロードスター BMW Z4 M ロードスター
2007年からこのクルマで日本中を旅をしています。最高のエンジン、まずまずのハンドリング ...
BMW Z4 ロードスター BMW Z4 ロードスター
S2000を失って次期ツーリング専用車として購入。九州の旅6,000Kmを走りましたが、 ...
ホンダ S2000 ホンダ S2000
日本中を旅してほぼ10万キロ、2007年1月まで乗っていました。4気筒最高のエンジンを楽 ...
ホンダ ビート ホンダ ビート
このクルマに乗っていた頃は、日本中の酷道/険道を走り回っていました。エンジンが気持ちよく ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.