• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

黒ノ助のブログ一覧

2018年07月16日 イイね!

黄ジムニーシエラ vs 初代エスクードノマド

黄ジムニーシエラ vs 初代エスクードノマド
気温39℃。うだるような暑さの中、休日出勤の後に試乗してきました。
そう、話題の納期1年のジムニーシエラです。
alt
JCの4ATです。それほど待つこともなくあっさり用意してもらえました。

事前情報では、
・エンジン音静か
・ステアリングフィールが秀逸
・ステアリングの戻りが弱い
・乗り心地が比較的良い
・ATだと加速がかったるい
みたいな感じでしたが、
実際運転すると、全くもってその通りでした(笑)

以上!

いやまあ、なんでシエラに試乗したかというと、私、学生時代は初代エスクードノマドを野山で乗り回していたので、サイズとコンセプトが近いシエラに望郷の念といいますか、懐かしさがこみ上げて、ついつい我慢できずに試乗にきてしまったということなんです。

・・・嗚呼、初代エスクード、いいクルマだったなあ。
alt
↑これですこれ。まさにこれに乗ってました。
当初エスクードは3ドアしかなかったのですが、1990年に5ドアのノマドが発売され、その高い実用性と角張ったデザイン、ちょうど良いサイズでヒット作となったのです。今流行りの”コンパクトSUV”のハシリだったクルマですね。当時は”ライトクロカン”とか呼ばれていました。エスクードのヒットの影響で初代RAV4なんかが生まれたんですよね。

この初代エスクードノマドのスペックが3980×1640×1700mm 1.6Lエンジンで100馬力14kgのトルク、重量1180kgでした。
新型シエラは3550×1645×1730mm 1.5Lエンジン102馬力 13.3kg 重量1090kg (AT車)なので、全長以外は似たようなもんです。
(ちなみにエスクード3ドアは 3560×1640×1670mm で1040kgだったので、サイズ的にはほぼ一緒ですね)

ちょっと高めのシートに乗り込むと、メーター周りはなんか高級になっちゃって。
alt
いつもは背の低いクルマに乗っているで、視点の高さはやはり新鮮。

alt
高い位置からボンネットを見下ろすこの感じ、そういえばエスクードもこんなんだったかな。

alt
ここら辺の操作系はよくなりましたが、昔のシンプルに徹したやつもよかったなあ。

近所をぐるっと走っただけなので、高速安定性とかはわからなかったのですが、あらゆる面で嫌なところは殆どなく、意外と安定しているなと思いました。ホイールベースが短いのでその影響はありますが、非常によく頑張ってます。全体的に軽自動車ベースとは思えないほど良くなっています。が、室内の横方向の広さだけは、軽規格を感じさせました、いや私が大きくなっただけかな。

alt
副変速機付きの4ATは28年前とあんまり変わってないですね。そこもまた良し。

alt
試乗を終えてラゲッジルームをチェック。フラットになるのは良いですね。虚飾もないし、潔くってスズキのこういうところ好きです。ただ、もう少しラゲッジの奥行きがあれば釣り専用車として最適なんだけど・・・あと全長を450mm伸ばして5ドア出さないかな・・・

若干昔を思い出しながら、ちょっとセンチ(死語)な気分で試乗を終えたのでした。

Posted at 2018/07/16 12:10:42 | コメント(2) | トラックバック(0) | このくるまが欲しい | 日記
2018年06月27日 イイね!

ボクスターで行く、ゴールデンウィークの北海道桜旅

ボクスターで行く、ゴールデンウィークの北海道桜旅
遅ればせながら2018年のGWの記録をば。

今年は趣向を変えて北海道に行ってきました。毎年夏に行くので、たまには季節を変えて春はどうだろうかと。実は他に色々と企画を考えたのですが、観光シーズンの観光地はどこも高い。特にホテルが高い。リーマンショック頃のベラボーに安かった頃が懐かしいです。というわけで、シーズンオフの北海道へ。短期なので、フライト&レンタカー。どうせ行くなら乗りたい車を借りよう!
まずはデミオ。
alt
四駆のガソリンベースグレードですが乗り心地が良い。スタッドレスタイヤということもありますが、ボッコボコの荒れた道でも何事もなかったのように衝撃を伝えずに、ポコポコいなしながら走りきる。なかなか楽しかったです。デミオ、好きだな。WinterMAXXもいいタイヤだな。

翌日は本命の987ボクスター。ティプトロニックの2.7Lベースグレード。タイヤはルマン。

alt
走り始めはとにかく操作系の”重さ”を感じます。ハンドル、アクセル、ブレーキ、全てが(ロードスターと比べると)重く感じます。NCロードスターはそれほど軽くはないけれど、それと比べても明らかに重っ!となります。
そしてエンジン音。
ピストン一つ一つがバラバラと爆発振動している様が容易に想像できるが如く、脈動を背中に感じます。エンジン音というより、”エンジン振動”ですね。いつもは足先に感じる心臓が、背中にくっついている感じは独特です。

そういった操作系の感触に慣れつつ、高速に入りアクセルを踏み込みます。
オルガン式のアクセルペダルが(いつものロードスターと比べると)かなり重いので、意思を込めて踏まないと速度が出ない感じは、作り手の思想の違いなのかと思いながら高速を巡航。

加速を試みると、背中のエンジンが吠えつつ腰から押し出されるようにして前に出ます。
alt
PAにてようやく外観を眺めてみる。丸いライトが愛嬌があって、ちょっと笑顔になってしまいますね。

alt
室内は広くも狭くもなく。華美でも質素でもなく、運転に集中できる空間という感じ。

あ、そうそう今回は北海道の桜を見に行こう、というテーマでした。とりあえず二十間道路の桜並木を目指しますが、あいにくの雨。割としっかり降ってます。この雨なのに道中、渋滞とかしていてびっくりしたのですが、なんとか到着。雨なのに結構な人でした。晴れてたら大変なことになってますね。
alt
車が少ないところで写真を撮っていますが、実際は数珠つなぎ。さすがにずーっと続く桜並木は圧巻です。
写真ではピンク色が強すぎだろ、って思うかもしれませんが、まさにこんな色です。北海道の桜って彩度が高いんですね。それと車は路肩に停めるスペースがあるのですが、車高が低いボクスターは停められず。そもそも泥ドロなのでそんな気にもなれないのですが。


alt
人の多さに若干嫌気がさしたので、次行こ次。
こちらは浦河の優駿さくらロード。ここは良かった。車も人も少ないし、緑がとにかく綺麗。
桜の数は二十間道路と比べるまでもなく少ないですが、それでも十分です。何往復もすればいいんです(笑)

alt
あいにくの天気ですが、それでも雨が止んだ瞬間を捉えてオープンドライブしました。

alt
ボクスターも、絵になりますね。いいな〜ボクスター。被写体としてもバッチリだな〜。

さ、宿に向かわなければいけません。
alt
バチバチと降る雨を振り切って走る走る。運転しっぱなしで若干腰が痛くなる。

alt
雨が止み、空が明るくなってきました。鵜苫のローソク岩です。

alt
西の空から雲が切れてきた。雨上がりはとても爽やか。

alt
青い海を眺めながら快調にドライブ!

だんだん体が車に馴染んできた。というか車が体に馴染んできたとでも言おうか。ステアリングを傾けると、お尻と一体化したエンジンとともに車の向きを変えるというか…ミッドシップ独特の塊感のある曲がり方がやみつきになってきた。そして、なんというか、ゆっく〜り走っても楽しい。楽しい上に心地良い。マッサージチェアで寛いでいるような気分になる。これはきっとエンジン振動が腰に直接伝わるからじゃないか。エンジン音の高低が明確に伝わるので、速度の上下がすぐわかる。一定の音程に保ちたくなるので、自然と一定速を保つ。音と振動を介したオートクルーズ機能とでも言おうか。これがなんとも心地よい。

要は私はクルマと一体化してきた。人馬一体ではなく、一体化。

alt
街を抜け、港を抜け、アップダウンの草原を駆けて襟裳岬に到達。西日が灯台を照らしてなんとも優雅な風景に見えるが、いつもの強風は変わらず吹き荒れ、5月だというのに気温は低く、関西の真冬のよう。
防寒着持ってきたけどそれでもちょっと足りなかったかな。

さ、戻ろう。

alt
襟裳岬の尾根を走る道道34号線。オープンで走る爽快感は何物にも代え難い。

alt
西日に照らされる雨上がりの水平線。早速この旅のハイライト。

夕食は珍しく地元の旅館でのフルコース。春ウニに毛ガニ、魚に昆布。お腹いっぱい。

翌日、朝は晴れ。
alt
勇んでもう一度、晴れの優駿さくらロードを狙いに行きましたが・・・

alt
行く手は完全に曇り模様。こらいかん。

alt
引き返します。しかし、えりもあたりはフォトジェニックな風景が多くて、じっくり廻るととても良さそう。

alt
もう一度襟裳岬を走って、さっき朝食食べたばかりなのに獲れたてウニ丼を平らげる(笑)

黄金道路の手前で走りながら幌を閉じて土砂降りの黄金道路を通過し

alt
フンベの滝で晴れてきた。

alt
まっすぐな農道をひた走り、

alt
旭浜で海を眺める。
alt
白い雲と青い空に白いボクスターは似合います。

若干昼食難民になりながらも十勝平野へ。
乗り心地は正直それほど良くない。足回りは結構硬い。でも不快という感じはしないのは、ボディの剛性が高いからでしょうか。それでも結構ドシンと来るときはきます。
楽しく運転しているので気にならないのだが、実はだんだん疲れてきていたっぽい・・笑

alt
桜を見つけては立ち寄って、


alt
burnerさんと再会。お互いロードスター乗ってるのにね(笑)

レストランホームと六花亭はマスト。
翌日はずっと雨だったので、新得そば食べて空港へ。
alt
雨の高速はペースもまちまちだし、ちょっと疲れるのね。

alt
3日間、1000km余りでしたが、しっかり走ってくれました。初めてのポルシェ、初めてのボクスターでしたがその出来栄えに感じ入りました。クルマのガッシリ感はほんとすごい。そして塊感もすごい。それに速度に比例してドライバーに”今お前は車を走らせているんだぞ”感を常に問い続ける感じはちょっと日本車とは違うなと。これはこれで疲れるんですが、でも明らかな実感がある。濃密。濃ゆい。ひとつひとうの動作に重い意味を込めて走る。

別の視点で気に入ったポイントがトランクスペース。

alt
本当にボンネットを開くと人がすっぽり入りそうなトランクスペースが現れる。機内持ち込みスーツケース+アルファが2個分とお土産スペース。

alt
リアにもスーツケースが1個余裕で入ってお土産も積載可能ですからね。リアは長尺ものなら横に130cmの長さがありますし。これ結構すごいです。気に入りました。荷物の心配せずに日本全国走り回れるオープン2シーターの一つですね。嗚呼、一つの理想形。
alt



でもこの旅から帰ってきて、しばらくカラダ中が痛くて、なんか調子悪かった・・・濃密な体験だったみたいです。

以上です。
Posted at 2018/06/30 22:50:05 | コメント(1) | トラックバック(0) | このくるまが欲しい | 旅行/地域
2018年04月01日 イイね!

2018桜ドライブ2 琵琶湖周辺の桜

2018桜ドライブ2 琵琶湖周辺の桜
花粉♪PM2.5♪黄砂♪

負けないぞ!

4月になり、駐車場の引越しをしたベリーたんを引き連れて連日の桜ドライブ。
今日は南湖を中心に滋賀県へ

朝から出発!
さて、昨日頑固に4℃キープしていた温度計は・・・
alt
なんと12℃を示しております。昨日は何かの間違いだったのでしょうか。一先ず良かった。
(なんか画像がかっこよくなっておりますが、ただただブレているだけです)

宇治方面から琵琶湖を攻めることにして
alt
どこかの運動公園でも満開の桜。

そして宇治。
alt
宇治川沿いも桜が満開ですね。茶団子、と思ったけど開店前だったのでスルー。

alt
お寺の桜が綺麗に咲いていました。

そのまま宇治川を昇りますと天ヶ瀬ダムにやってきました。
alt
重工事中で一部通行止めですが、いやはや放水中でわんさか水がでております。

alt
桜も咲いています。かっこいいですねえ。

どんどん行きます。

alt
天ヶ瀬ダム沿いのワインディングを東へ。

alt
若芽と山桜のコントラストがきれいです。

瀬田川沿いを遡り、南郷洗堰あたりからの瀬田川沿いの桜並木は素晴らしいです。
alt
ハイライトはここ石山寺前あたりでしょうか。

alt
月乃家山荘あたりの桜も素敵です。

湖岸道路にスイッチして北上。
イオンモールからは、桜はほとんどなく
alt
ここ佐川美術館前の並木があるぐらい。
こちらで琵琶湖大橋とCX-8のお尻を眺めながらの桜もち。ああうまし。

琵琶湖大橋から先はしばらく桜はなし。
そして、頭山・水茎城址を越えて近江八幡に入ると
alt
桜並木が登場。

長命寺町交差点を左折して湖岸沿いのやや狭い道を進む
alt
長命寺下の大きな桜も見事でした。

alt
湖岸沿いに桜が植わっている区間、のんびり琵琶湖を眺めながら走ります。

alt
いいですね〜

alt
一際桜が密集した地帯発見。

alt
と思ったらシャーレ水ヶ浜でした。ズゴイ人で立ち寄りさえままならぬ。朝早くがおすすめ。

alt
ちょっと外れで休憩。

alt
ベリたんも満開の桜の下で嬉しそう。

alt
素晴らしい枝ぶりの桜を見つけたのでちょい撮影。
alt
alt
湖バックの桜は絵になります。

alt
春霞な雰囲気、出てますね
alt
この先の区間は狭いし、道路に枝が飛び出しているので注意が必要・・・なのですが対向車はあまり寄せてくれないんですよね=_=

休暇村近江八幡前の宮ヶ浜、結構良い感じに綺麗でした。
alt
こういったところでのんびりするのも悪くないですね。

alt
トンビもすぐ頭上を飛んでいきます。鳥たちも活動が活発。

お昼前になって、車中は結構暑くなり・・・Tシャツ1枚でOKな感じ。陽射しが熱いです。

と、ここから昼食難民になり、近江八幡で近江牛でも・・・と彷徨いましたが結局すきやの牛丼(笑)
alt
すきや裏ではツバメたちが集っていらっしゃいました。春ですね〜

で、このまま竜王アウトレットに行って混む前に帰りました。

好天に恵まれた花見の週末、近場で堪能できました。やっぱり花見の時期はオープンですね。そして近江の国はドライブルートが充実していてよろしいです。

いよいよ来週末は海津大崎の桜、
ですが、今のところ今年は行かない予定です。
皆さん楽しんできてください!

Posted at 2018/04/01 23:14:28 | コメント(3) | トラックバック(0) | ちょっとドライブ | 日記
2018年03月31日 イイね!

2018桜ドライブ1 奈良周辺の桜

2018桜ドライブ1 奈良周辺の桜
花粉、花粉、花粉♪

花粉は大嫌いですが、春は好きな黒ノ助です、こんにちは。

この冬は本当に寒かったので桜は遅くなるのでは?と思っていましたが、意外に例年より早いという。
わからんもんです。まだ3月なのに関西では桜が一気に満開になっております。
というわけで好天・満開の週末。メジャーどころは混雑すると踏み、花粉に負けず早起きしてマイナースポット桜ドライブに行ってきました。

スギ・ヒノキは花粉を撒き散らしておりますが、私はマスクにサングラスという出で立ちで怪しさを撒き散らしながらのドライブです。別に行き先は決めておらず、なんとなくで走っております。どこもかしこも桜は満開。
alt
朝日を浴びてピンクが一際映えます。

まずは新しくできたスタバ奈良鴻ノ池運動公園店。
alt
入口がわかりにくくて思わず逆走しそうになりました。
おしゃれな店舗で、池を眺めながらくつろげるらしいです。
alt
開店前だったので桜バックに記念撮影して次へ。

うーんと考えて奈良の中心部へ。
alt
昼間は観光客でごった返す三条通りを抜けると
alt
興福寺南大門跡で鹿さんたちがモーニング中。
桜の木をバックに絵になる感じ。カメラを構えたアジア系観光客(旅慣れた系)が取り囲んで撮影中。
alt
ちょっと混ぜてもらってパシャパシャ。
alt
冬毛が抜けかけてますね。
alt
新芽を丁寧に喰んでいらっしゃいました。
alt続いて浮見堂。朝は人が少なくていいですね。逆光だけど、桜が鮮やかに浮き上がって見えます。あ、まさに浮見堂。

alt
素晴らしく美しいお堂の姿です。

alt
あ、クルマ入りをササッと撮らせていただいて退散。

alt
続きまして、とある場所のとある桜。枝ぶりが良くってお気に入りの桜なのです。

alt
空が青いと桜が映えますね〜

alt
クルマは花粉とホコリで汚れ気味です・・・

だいたい満足したので花粉の飛散で悲惨な事になる前に帰ろうかと思ったのですが、
何しろ天気が良いのでそのまま帰るのは勿体ない・・・
alt
Google Mapの桜スポット表示に誘われて、帯解寺に寄ってみましたが、桜は満開ですがちょっと場違いだったので早々に退却。

続いて大和郡山城跡。
alt
結構混み始めている雰囲気だったのでドライブスルー

そのまま裏斑鳩(勝手にそう呼んでいます)へ
桜の数は少ないですが、古の雰囲気が残るこの地はなかなか風情があるのです。
alt
法起寺。手前の桜とのコラボがイイです。インスタ映えはしないけど。

alt
そして法輪寺。聖徳太子の御子、山背大兄王創建の古ーいお寺。
門前のこの桜の木が大好きなのです。

alt
聖徳太子ゆかりの土地です。

alt
今日は初めて拝観してみようとなり、境内に足を踏み入れます。
北欧系のツーリストもいらっしゃっていました。英語表記一切ないけど・・・大丈夫でしょうか。

alt
境内の桜も満開です。

こちらの見所は、飛鳥時代の仏像
alt
本物の迫力に圧倒されました。1300年前に作られたものが残っている、というのはすごい。

早起きしたので、まだ10時なのにお腹が減ってきた・・・現世の世俗に戻り
alt
いきなりステーキで、計650gのニクニクニク。

alt
イオンモールで靴の安売り会場に遭遇し、クールスタジアム(インク)を3割引でご購入。
もう昼間暑いですからね、涼しい靴も必要でしょう。

alt
いやー暑い暑い。暑い・・・?
4℃って、温度計壊れたね。ショック。

alt
帰りの渋滞を避けるために佐保川沿いに入ったら、見事な桜並木!

alt
バサバサした桜で、早くも散り始めております。

alt

alt
というわけで、2018年の桜ドライブ一発目は好天に恵まれた奈良桜スポット巡りでした。


Posted at 2018/03/31 19:50:55 | コメント(1) | トラックバック(0) | ちょっとドライブ | 日記
2018年03月18日 イイね!

北海道ゆる旅2017 6 野付、ウトロ、完結編の巻

北海道ゆる旅2017 6 野付、ウトロ、完結編の巻(やっと2017夏の北海道が完結ですよ〜。あー長かった)


初めて野付半島の根元、尾代沼温泉に泊まってみましたが、なかなか良いですね。
ただ、天気はちょっとよくない。まあお盆時期はこんなもんなのですが。

ゆる旅なので、ちゃんと行ったことのない野付半島へ
alt
ナラワラ、数年前訪れた時より、明らかに枯れ木が後退している気がします。

ネイチャーセンターに車を停めて、遊歩道をテクテクします。
alt
ロードスターだと荷物を最小限に抑えるためにトレッキングシューズなんぞ持ってこれないのですが、今回はバッチリ。結構寒いのでジャケットを羽織ったりしたのですが、歩いていると暑くなりますね。

alt
ところどころ綺麗なお花が咲いています。
すれ違う方々が、鹿がいた!と教えてくれるのですが、四つ足動物は一匹もいませんでした・・・

alt
きれいに並んでいる鳥たち

alt
新しくなった木道からの眺め。朽ち果てております。

alt
トドワラ。かなり木が倒れて、もうこれくらいしか残っていない。

さあ、ここから釧路泊の予定でしたが、どうにも天気が悪い。
そこで急遽晴れ間のある網走方面に宿変更。北見にホテルを取れたので北上することにします。

alt
R244野付国道を北上すると晴れ間が出てきました。

alt
快調に進み、越川橋梁(第一畿品川橋梁)へ
(案内看板より)旧国鉄根北線のために昭和14年に着工完成した10連アーチ橋。全長147m、高さ20m。根北線は昭和32年に斜里〜越川間が開通したが、越川橋梁までは線路が伸びず、昭和45年に廃線となった。その後昭和48年の国道拡幅工事のため橋脚が2本撤去され現在の姿に。

オホーツク海側に出ると、どうも知床方面の方が晴れている。
alt
ということで東に針路を変更。知床連山が綺麗に見えてきました。ウキウキ。

alt
ウトロの港にて。ウミネコの巣みたいになってますね。

alt
せっかく天気がいいので知床横断道路を走ってみましょう。

alt
頂上の展望台でUターン

そのままの勢いで知床五湖トレッキングへ
alt
いやはや、良い天気です。

alt
ハスの花

alt
アジア系の観光客がとにかく多い。

ぐるっと巡って、次は海の部
alt
CX-5、カッコいいよね、とか言いながら走る。

で、港でユル釣り
alt
この小型サイズが入れ食い・・・

alt
ウミネコの子供たちがおこぼれを狙ってにじり寄ってくる。プレッシャー。
個体によっては、要領のいい子、鈍臭い子、様々な性格があるんです。ついついダメな子にあげちゃう。

alt
日が傾いてきたらこの山が気になってきた。どうも登れるみたい。

急な階段を登ると・・・
alt
なかなかの景色。

alt
夕暮れのオホーツク海に綺麗な雲が流れる

alt
巣に戻ってくるウミネコたちが絵になるねえ。
夕陽を見送ってから北見の宿までひた走りました。

翌日、北海道最終日。ユル旅なので今までスルーしていた(自分的)マイナースポットに寄ってみます。
alt
北見のハッカ記念館。戦前は世界一のハッカ生産量を誇っていた北見。なかなか面白かったです。アニメ声の解説おねえさんがとってもいい味を出していました。

その後はひたすら苫小牧にむけて国道を疾る。途中雨が降り出したりして。
alt
北の大地の水族館に寄って、北海道の魚を観察。イトウの水槽は大迫力です。規模は小さいけどとても楽しめました。

alt
石北峠を通過して、大雪湖を左折。十勝に向かいます。前年の台風の影響で橋を補修中だったり、川がえらいことになっていました。

alt
三国峠のトンネルを抜けると、一面霧。峠で遅めの昼食にしようと思ったけど、スルー。

alt
三股山荘にてかなり遅い昼食。でももうランチは無くって・・・

alt
ピザトースト。なんとか栄養補給して一路帯広へ。

alt
閉店間際の六花亭にてラスト1個のサクサクパイを奇跡的にゲット!!これは嬉しかったなあ。

alt
そしてそのままレストランホームで士幌牛。うまい。今年は肉食ってなかったからね。喜びもひとしお。

思い残すことがなくなったので一気走りで苫小牧へ!
alt
最後にトラック用洗車ガンでズバーっと洗車〜
毎年最終日は早めに札幌千歳方面に戻ってきちゃうんだけど、今年はギリギリまで帯広で楽しむ事に。これが正解。まあ、アクセラなので長距離一気走りがちっとも苦じゃないってことも大きいのかもしれません。

alt
そして北海道ともお別れ。

船室でぐだぐだし・・・
alt
モワっとした重ための空気に、帰ってきちゃったと実感す。

昨年までロードスターで北海道を巡っていたわけですが、正直ちょっと飽きてきた。
ということで初めてアクセラで行ってみたのですが・・・
<アクセラ>
積載性についてはロードスターとは比べるまでもないけれど、ドライブ以外のアクティビティを楽しむならやはりロードスターのトランク150リットルオンリーでは物足りない。特に釣りとかトレッキングとか。(あ、ひとり旅なら全然オケだと思いますが)あと乗り心地は良いので、少々の凸凹も踏み倒す心強さがある。それにやっぱり一気走りしても疲れない。
<ディーゼル>
正直、42.8kgのトルクは大きすぎ!北海道の道ですら持て余すぐらい。トータル燃費は多分16.7km/Lぐらい。結構踏んでこの数字はコスト安。長い距離走っているとターボラグがかすかに気になってくる。北海道では3LぐらいのNAが一番気持ち良いのでは??
<ユル旅>
釣り道具を持ち込めたので、久しぶりに釣りをできたのは割と大きな変化。それ以降釣り熱上昇中。それと、ちょくちょく地元の温泉旅館に泊まってみたら、結構良かった。ストイックに走って、朝早くに出発して、っていうのもとても良いけど、たまにはユルいのも良い。
<天気>
2017年は全体的に気温が低かったですね。特に夏の北海道は肌寒くで現地で服を調達するくらい。2018年はちょいと服を考えないとね。
<お友達>
今年はお友達の皆様にお声がけいただいて、お招きいただいたり、一緒に走ったり。とても楽しく思い出深い旅になりました。改めてお礼申し上げます。ありがとうございました!

Posted at 2018/03/18 22:46:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | 旅行/地域

プロフィール

「黄ジムニーシエラ vs 初代エスクードノマド http://cvw.jp/b/196067/41728213/
何シテル?   07/16 12:10
主に旅行記が中心、その他小ネタも時々、マイペースで更新します。 ビジュアル重視、写真重視で旅の過程を紹介できればと思っています。 過去のブロクへのコ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/7 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

純正BOSEスピーカーグリル加工 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/22 19:21:36
メーカー・ブランド不明 BOSEスピーカーグリル加工 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/22 19:15:19
i-DM St3→St5 裏コマンド 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/22 13:25:43

ファン

273 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ロードスター マツダ ロードスター
NC3最終型RS-RHTであります。NC型では希少なソウルレッドです。いろいろと専用装備 ...
マツダ ロードスター ベリーちゃん (マツダ ロードスター)
普段使いのロードスター。北海道ツーリングから通勤までフル活用。 NC3 RS タン幌 タ ...
マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック) マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック)
クリーンディーゼルのパワーと燃費と、取り回し出来るギリギリのサイズということで、買ってし ...
マツダ ロードスター チロスター (マツダ ロードスター)
2010年3月5日納車。 黒のCOTY(黒ノ助)を手放して1年後に再度手に入れたNC1. ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.