• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ガオブルーのブログ一覧

2018年12月16日 イイね!

NFL2018:Week14の感想


ジャガーズ@タイタンズ 9-30

強力な守備で昨季プレイオフのAFC決勝戦に進出したジャガーズ、今季も守備だけなら
一流だが(失点・喪失ヤードで共に6位)、攻撃陣が振るわず遂にエースQBボートルズ
も降板させられることになってしまっている


一方のタイタンズはここまで6勝6敗、同地区のコルツらと激しいワイルドカード
争いを演じており、プレイオフ入りのためにはこれ以上負けられない状態だ。

先制点はタイタンズのTD、その後1Qのうちにジャガーズが自慢の守備陣でセイフティで
2点を返したものの、攻撃陣が沈黙。試合終了間際にTDを上げたのみで、タイタンズの
圧勝となった。

タイタンズはこれで7勝6敗。コルツと同率ながら、直接対決で1回敗れているので
地区内暫定3位だ。ワイルドカード枠は残り1枠。Week15の@ジャイアンツ戦、
Week16のレッドスキンズ戦、そして最終週のコルツ戦直接対決まで全勝が必要だ。



コルツ@テキサンズ 24-21

そのコルツは、同地区首位テキサンズ相手に競り勝っている。さすがミラクルラックだ。

1Qこそ無得点に終わったが、2Qに一気に17得点して7-17とリードして前半を終え、
後半の失点を2TDのみに抑えて逃げ切った。

コルツの攻撃陣は、前に厚いテキサンズ守備陣相手にパス攻撃を多用し(ラン/パス比=
64/36)、エースWRヒルトンに奥を突破させた。結果ヒルトンは9回で199y稼ぎ、
ラックの成績は27/41で成功率66%、399y、2TD、1INTでレーティングは104点。
テキサンズ守備陣相手にこの数字は驚きだ。

これでコルツも7勝6敗。やはりワイルドカード入りには残り3戦全勝が必要だが、
Week15のカウボーイズ戦が強敵か。コルツの新監督は、昨季にイーグルスでOCを
務めていたライク。イーグルスへのアシストを期待したい。

テキサンズは連勝が9で止まり、9勝4敗。残り3試合で2ゲーム差なので
地区優勝は固いが、2位シード以上を確保すべくチームを引き締めてくるだろう。
イーグルスはこの強豪を、Week16にホームで迎え撃つ。厳しい相手だが頑張ってほしい。



ラムズ@ベアーズ 6-15

派手なターンオーバー連発の好試合。両軍合わせてインターセプトが7つ、おまけに
珍しいセイフティも出て、地味になりがちな守備合戦だが、観てて面白かった。

こういうロースコアゲームではキッキングも大事だが、どちらも1回ずつFG失敗も
あった。

でも何より、1試合平均30得点以上を誇るラムズの攻撃陣を、FG2本のみに抑えた
ベアーズの守備陣が凄かった。ベアーズの魅せる守備が復活だ。攻撃陣が何度も
ターンオーバーを喫しても、集中力を欠かすことなく最後まで守りきってみせた。

攻撃陣では、2年目QBトルビスキー。ランでも稼げるQBだ。ニュートンほど身体
能力は高くないが、似たタイプ。この日も6回23y走って、被サックは1回のみ。

NFCの二強は、セインツとラムズだが、その一角を崩したベアーズ。
BFCの1位・2位争いも注目していきたい。



イーグルス@カウボーイズ 23-23 OT:0-6

イーグルスファンにとっては悔しい一戦。。。だが、客観的に観れば名勝負と
言っても良いくらいの好ゲームだった。

2時間半の枠のNHKBS放送だったので、序盤のほとんどのイーグルスの攻撃は編集で
カットされていて、カウボーイズの攻撃ばかり。惨敗かと思った。

でも守備陣が踏ん張って、前半の失点を6点で抑え、0-6で後半に突入。

3Qに三度目のFGを奪われるが、次のドライブで待望のインターセプト!リターンで
相手エンドゾーン近くまで持っていく。

ここまでお膳立てされれば、TDしかない。エースQBウェンツがエースWRジェフリーに
通して反撃の狼煙・・・しかし、長い距離は得意だが、短い距離のキックは苦手な
KエリオットがPATを外してしまう!

4Qになるとここまでのロースコアがウソのような点の取り合い。イーグルスのFGで
同点⇒カウボーイズのTD⇒イーグルスのTDで同点⇒カウボーイズがわずか1プレイ、
75yTDパスで勝ち越し⇒イーグルスのTDで同点。

しかし、ここで残り時間は1分半ちょっと。サヨナラFGの目が見えたが、再び
守備陣が値千金のインターセプト!延長戦に突入。

しかし、コイントスでカウボーイズが先攻を選択。時間をかけたドライブで、終盤から
出ずっぱりのイーグルス守備陣は疲れを隠せず、結局TDで試合終了となった。


PATのキックが決まっていれば・・・あるいは前半終了間際の62yFGが外れていれば・・・
その前のドライブでインターセプトされなければ・・・勝ってた試合だった。。。

これでイーグルスは、地区首位のカウボーイズに2ゲーム差をつけられ、ほぼシーズン
エンド。イーグルスが3連勝かつカウボーイズが3連敗ならば逆転優勝だけど・・・

ワイルドカード争いは、バイキングスを0.5ゲーム差で追うことになる。
いずれにしろ3連勝は必要条件だ(9勝7敗の勝ち越しなら、まだ納得できる成績だ)

さらに、エースQBウェンツに背骨のヒビが発覚。残り試合はスーパーボウルMVPの
ニックフォールズがQBを務めることになる。ラムズ、テキサンズ、レッドスキンズ
を撃破して、ふたたびアンダードッグの意地を魅せてほしい。



Posted at 2018/12/17 18:51:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | NFL | 日記
2018年12月13日 イイね!

将棋ニュース

藤井聡太七段、通算100勝を達成~\(^o^)/!
http://i2chmeijin.blog.fc2.com/blog-entry-9329.html
https://www.shogi.or.jp/news/2018/12/100_1.html

しかも、最年少・デビューから最速・最高勝率の3部門を更新しました。
ほんと、凄い棋士です。今後も、どんどん記録を更新してほしいですね!

ただ残念ながら、叡王戦で敗退。

相手は、今をときめく斉藤慎太郎新王座。ここで勝った先でも、錚々たる面々と対戦
することになってたわけで、さすがタイトル戦挑戦者決定戦、厳しい戦いです。

タイトル挑戦最年少記録を達成するためには、残すところ棋聖戦のみ。

最後のチャンス、頑張ってほしいです。



羽生竜王の防衛線は、3勝3敗と最終戦までもつれました。
http://i2chmeijin.blog.fc2.com/blog-entry-9333.html
http://live.shogi.or.jp/ryuou/kifu/31/ryuou201812120101.html

最終戦は、12月21、22日(木、金)に山口県下関市「春帆楼」で行なわれます。
勝ったらタイトル100期達成、負ければ無冠。どちらに転んでも大ニュース。
まさに天下分け目の大決戦です。こちらも頑張ってほしいです。


もうひとつ、今度の日曜のNHKテレビ将棋では、その羽生竜王が登場します。
相手は菅井竜也七段、前王位保持者の強豪です。今年最後のテレビ将棋、
大一番を楽しみましょう~!
http://cgi2.nhk.or.jp/goshogi/shogitou/
Posted at 2018/12/15 01:01:26 | コメント(1) | トラックバック(0) | 将棋 | 日記
2018年12月09日 イイね!

鈴木亮平~大河ドラマから変態仮面まで

この日放送された大河ドラマ「西郷どん」では、ついに小五郎こと木戸孝允@玉山鉄二が
亡くなりました・・・映ったのはほんの一瞬でしたが。

次回が最終回だそうで。「花燃ゆ」に負けず劣らず残念な脚本でしたが、維新の三傑を
演じた3人とも素晴らしい演技でした。特に明治になってからの政治パートが、凄みありすぎ。
誰か、もう1回この3人で明治政府の政治劇を撮ってくれないかな~。。。

その政治パートで一番残念なのは、西郷さんと大久保の対立ばかり焦点になっていて
それ以外の政治家の思惑がすっかり矮小化されてしまったこと。

井上馨・山縣有朋の汚職事件で、長州閥はすっかり脇になってしまってたし。
史実では、影の薄くなった山縣をかばっていたのが西郷さんで、おそらくは軍人としての
評価か情によるものだろうけど、小五郎はそういう軍人が政治に関わることを良しと
思っていなかった(今でいうシビリアンコントロール)から、ますます対立を深めていくわけだ。

さらに、出身による派閥を嫌っていたのが、小五郎と大久保であって、だから薩摩閥の
頭領の西郷さんと、小五郎と大久保は対立するわけだし、さらに言えば長州を贔屓しない
小五郎を嫌って、伊藤博文が大久保に接近する、というのも明治の政治を理解する上で
大事なファクターなのだけど、そういうところは全く描かれなかったのが残念。。。。



で、今回の主役を演じた鈴木亮平、やっぱり凄い役者さんです。
天皇の料理番の時はこうで・・・


今回の西郷どんではこうですから。


クリスチャン・ベールみたいです~!




で、映画「変態仮面」の続編、「アブノーマルクライシス」を観たら・・・

やっぱり凄い・・・凄いとしか言いようがないよww

ライミ版の「スパイダーマン」が好きな自分にとっては、さらに楽しめた映画でした。
3作目も観たいけど、ヒロインの事情もあるし、ま、無理な話でしょうねww

変態仮面は、海外でもウケているみたいです。写真も載せたかったけど、
このブログがR18指定を受けてしまうと良くないので、自主規制しました!




Posted at 2018/12/12 23:24:11 | コメント(1) | トラックバック(0) | 映画 | 日記
2018年12月09日 イイね!

湯田温泉で一人呑み~!

この日は日曜日なのに一人呑み~!湯田温泉に出かけた。

まずは温泉施設「温泉の森」で温もる。ここはバスタオル&タオルのレンタル料込で
1000円という気軽さが気に入っている。会社帰りに手ぶらで立ち寄ってもOKなわけだ。

休憩所では、一杯やるのも良し、ゴロゴロしながら漫画にふけるのも良し。。。


十分に満喫したら、呑み屋街に繰り出そう~!
いつものお気に入りの居酒屋は満席で残念・・・、でウロウロ彷徨って思いついたのが
大通り沿いにある「大笑」。初めて来て、結構気に入ってその後何度か来たお店だ。

生ビールはキリンの一番搾り。
お通しは写真は忘れたけど、煮込み・鯛フライ・ナマコの三品だ。

ならばビールよりも日本酒に合わせたい。この日呑んだお酒は、金冠黒松の常温と、
東洋美人一歩の冷酒、それから五橋だったかな。。。

お造りはトラフグ。この時季、普通にフグ刺しが頼めるのは流石山口だ。
またコースでもいただきたいね~。


最近お気に入りの湯葉は、揚げ出しでいただく。

ふわふわとろり、不思議な食感だった。お出汁も旨い~!

海老天は中くらいのが4尾。

最近、天ぷらもあまり食べてなかったね。


〆は迷った末、昆布の出汁茶漬け。

併せて緑茶もいただいて、残ったお酒とともにじっくり味わいました~!

さあ、明日からのお仕事も頑張るぞ~!
Posted at 2018/12/12 03:25:36 | コメント(1) | トラックバック(0) | グルメ | 日記
2018年12月08日 イイね!

NFL2018:Week13の感想とまとめ


ブラウンズ@テキサンズ 13-29

開幕3連敗後から8連勝中と波に乗るテキサンズが、監督交代後2連勝と調子を
上げてきたブラウンズを迎え撃つ試合。

ターオーバー奪取数が多いブラウンズ守備陣が頑張れば良い試合になるかな、と
思っていたけど、逆に前半からファンブルロストやインターセプトリターンTDで
ターンオーバーを食らいまくり。前半だけで0-23と、早々に試合が決まってしまった。

テキサンズの攻撃陣は、2年目エースQBワトソンとスーパーWRホプキンスのコンビと、
エースRBワトソンのランとワトソン自身のランだけで、合わせて221y稼いでいる。
守備陣は、計3回の奪インターセプトと1回のファンブルテイクで試合を決めた。

ただブラウンズの新人QBメイフィールドも、テキサンズの強力パスラッシュを相手に
1回も被サックを許さず、397y投げて一矢報いた。好調守備陣は、ターンオーバー
こそ奪えなかったが、逆にワトソンからサックを4回奪って意地を見せた。

ブラウンズは結局残念なシーズンにはなったものの、全敗で終わった昨季からは
見違えるほど良くなっていると思う。来季はAFC北地区が4チーム入り乱れての
混戦になると面白い。

テキサンズは危なげなく9連勝を達成し、地区首位をキープした。4試合を残して
2位のコルツとは3ゲーム差と、ほぼ地区優勝は固いだろう。シード1位2位争いも
面白くなってきた。



チャージャーズ@スティーラーズ 33-30

この試合は面白かった。今季のベストゲーム候補にも挙げたい。
AFC北地区首位のスティーラーズと、AFC西地区でチーフスを猛追するチャージャーズ。
どちらも負けられない試合だが、ホームのスティーラーズがやや有利だと予想していた。

前半は予想通りスティーラーズのゲーム。TD3つ(PATは1回失敗)とFG1つで23得点に
対し、チャージャーズはFG失敗もあってTD1つの7点のみ。16点差は、理論的にはTD
2つで追いつけるが、そのためには2ポイントを2回成功させないといけない。
厳しい状況だ。

しかし、3Q終了間際からチャージャーズの怒涛の反撃が始まる。
まずはTDを上げて2ポイントに成功、15-23とする。スティーラーズの返しの攻撃を
あっさりパントに終わらせると、4Qに入ってもう一つTD、さらに2ポイントも連続して
決めて同点とする。見事だ。

そこから両軍TDを1つずつ追加し、チャージャーズは最後のドライブに挑む。
ここの時間の使い方がとても良かった。一方で、解説の人が言っていたように、
スティーラーズはタイムアウトを1回無駄に使ってしまっていた。
プレイオフ経験が多いのはスティーラーズのほうだが、この試合ではチャージャーズの
ほうが勝負慣れしていた印象だ。

サヨナラFGに挑むチャージャーズの新人Kバグレイ。前半でも1回失敗しているだけに、
嫌な予感がしたが・・・果たして・・・失敗~!!

と思ったら、スティーラーズがまさかのオフサイドで、蹴りなおし!
2度目は、スティーラーズがキッカーの目の前に飛び込んでFGブロック!!

と思ったら、またもやオフサイドで蹴りなおしwww
さすがに2回練習した上に10y近づいたのなら3度目の正直、見事に決まって試合終了。
スティーラーズはヤケクソか、3回目もオフサイドやってましたww

チャージャーズには勝負強さがでてきた上に、幸運までついてきたように見える。
1ゲーム差でリードするチーフスを追って最後まで目が離せない。

スティーラーズはここで痛い敗戦。エースQBフラッコを欠きながらも今週勝利した
レイブンズに0.5ゲーム差に迫られている。直接対決は既に1勝1敗で終えているが、
ペイトリオッツとセインツとの対戦を残しているスティーラーズに対し、チーフスと
チャージャーズとの対戦を残しているレイブンズ。ほぼ互角のスケジュールで、
どちらが優勝するか、全くわからなくなってきた。



バイキングス@ペイトリオッツ 10-24

前半まではロースコアゲーム、7-10と互角の展開だったが、後半ペイトリオッツが
一気にギアチェンジ、TDを2本重ねて快勝した。

ペイトリオッツの強さの一つが、こういう後半のアジャスト力。固いバイキングス
守備陣を見事に攻略して見せた。

これで地区2位のドルフィンズと3ゲーム差。こちらも地区優勝は固いだろう。

バイキングスは敗れたものの、地区首位のベアーズもジャイアンツに敗れた!ため、
1.5ゲーム差は変わらず。最終週の直接対決まで、どこまで差を縮められるかがカギだ。



【その他気になる試合結果】

カウボーイズ@セインツ 10-13

Week11に、イーグルスが大敗(7-48)を喫したセインツを、10点に抑えて勝利。
カウボーイズ守備陣の出来は本物だ。



レッドスキンズ@イーグルス 13-28

3番手QB相手に負けるわけにはいかないイーグルス、勝てて良かった。。。
だが次週イーグルス@カウボーイズ戦の直接対決(NHKBSで放送予定)。
正直、今週の結果を見ると勝てる気がしない。

仮に勝っても、ゲーム差無しで勝率が並ぶだけ。残り3試合の結果次第だが、
イーグルスの残り試合は@ラムズ、テキサンズ、レッドスキンズ。。。
カウボーイズは、@コルツ、バッカニアーズ、@ジャイアンツ。

今季は終わったか・・・orz




【Week13終了時点のまとめ】

Week17までの全16試合中、3/4の12試合が終わったことになる。シード争い、
プレイオフ入り、そしてドラフト権を賭けてww、最後まで見逃せない試合が続く。


AFC東 得点/G 失点/G

9-3 27.6 21.6 ペイトリオッツ
6-6 20.3 25.0 ドルフィンズ
4-8 14.8 24.4 ビルズ
3-9 20.3 25.6 ジェッツ

この地区は、ペイトリオッツが強いから他の3チームが伸び悩むのか、それとも
他のチームが不甲斐ないからペイトリオッツが毎年のように地区優勝するのか・・・



AFC北

7-4-1 28.8 23.5 スティーラーズ
7-5   24.8 17.8 レイブンズ
5-7   23.8 30.9 ベンガルズ
4-7-1 22.2 26.0 ブラウンズ

スティーラーズとレイブンズが最後までもつれそう。
どちらが地区優勝してももう一方もワイルドカード入りか。



AFC南

9-3 25.2 19.6 テキサンズ
6-6 27.1 23.3 コルツ
6-6 18.4 20.4 タイタンズ
4-8 16.9 20.3 ジャガーズ

テキサンズ一強。ジャガーズは、昨季のSB出場チームのペイトリオッツに
勝っていながらこの成績ww



AFC西

10-2 37.0 27.3 チーフス
9-3 28.3 20.8 チャージャーズ
6-6 23.0 21.8 ブロンコス
2-10 18.3 30.6 レイダース

チーフスとチャージャーズの優勝争いが面白くなってきた。
勢いでチャージャーズか。チーフスのエースRBハントの離脱が痛い。



NFC東

7-5 20.6 18.6 カウボーイズ
6-6 21.5 22.2 イーグルス
6-6 19.4 21.4 レッドスキンズ
4-8 22.2 26.3 ジャイアンツ

本文に書いたように、イーグルスはもはや崖っぷち。地区優勝はカウボーイズか。



NFC北

8-4   28.7 20.1 ベアーズ
6-5-1 22.9 22.5 バイキングス
4-7-1 23.4 23.9 パッカーズ
4-8   21.1 26.3 ライオンズ

ベアーズの守備は、かつてスーパーボウルに出場した年のときのようだ。
エースQBトルビスキーのケガが気になる。



NFC南

10-2 34.9 22.4 セインツ
6-6 25.3 25.5 パンサーズ
5-7 26.5 29.6 バッカニアーズ
4-8 24.7 27.8 ファルコンズ

セインツがカウボーイズに負けたのは驚きだが、地区優勝は揺るがないだろう。



NFC西

11-1 34.9 24.7 ラムズ
7-5 26.6 21.6 シーホークス
3-9 14.6 25.8 カージナルス
2-10 21.3 28.0 49ers

ラムズは地区優勝を決めた(全敗してもシーホークスは逆転優勝できない)。
シーホークスは、ワイルドカード入りに最も近い。
Posted at 2018/12/10 19:19:51 | コメント(1) | トラックバック(0) | NFL | 日記

プロフィール

「NFL2018:Week14の感想 http://cvw.jp/b/285856/42306715/
何シテル?   12/17 18:51
前愛車のライオンマークが、ハンドル名の由来です。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

仮面ライダーW (ダブル) (o´艸`) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/02 23:08:23
スタッドレスにして500kmほど 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/25 22:58:24
Harman / Kardon オーディオ インプレッション 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/04/15 21:23:10

ファン

18 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 2シリーズ クーペ ミドブルー (BMW 2シリーズ クーペ)
卓越したエンジン&ATと、FRらしいハンドリングが自慢の愛車です。2014年4月購入。 ...
プジョー 406 セダン ガオレッド (プジョー 406 セダン)
卓越した乗り心地とハンドリングが自慢の愛車です。 2003年11月購入。 燃費等の走行 ...
ホンダ シビッククーペ くーちゃん (ホンダ シビッククーペ)
初めて買ったクルマです。1993年5月購入。 実際は父が出してくれました。全額返すつもり ...
ホンダ インテグラ ○○号 (ホンダ インテグラ)
食料大臣が独身の時の最初のクルマです。 1995年の春~夏頃購入。 赤のクーペ、めちゃ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.