• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ガオブルーのブログ一覧

2013年12月31日 イイね!

台湾旅行記:最終回~旅の思い出アルバム

最終回は、これまでで紹介しきれなかった写真をまとめてアップする。

泊まったホテルはサンワンレジデンスというところ。
客室数はそんなに多くないけど、内装は豪華、朝食も美味しくて大満足。



浴室はこんなゆったりになってて、とても贅沢な気持ちになった。


トレーニング・ルーム


ロビー


ホテルの前の通りの夜景。



台湾の通貨は、台湾元(もしくは台湾ドル、どちらも同じ意味)なんだけど、お札には円と
書いてある???不思議。ちなみに4倍して1割ひけば、だいたい日本円になる。


地下鉄のトークン(切符)は、おもちゃのコインみたい。
初乗りが20台湾元なんで、とても安くてビックリ。



ジュース販売のチェーン店。食糧大臣はタピオカドリングに挑戦してた。


その傍らの屋台。鳥スープの美味しそうな匂いが漂っていた。



街中の宝石屋(鉱物屋)の看板。ラジウムを売っているのか・・・?怖くないのか・・・?



行列のできるお店。行ったお店では無い。


刀削麺の職人さんは、すげー手際が良かった。


日本語の看板も目立つ。この辺が、海外と日本が混じった国、という印象だ。


日本食レストラン。「平成屋」の右隣は「しゃぶしゃぶ鍋とすき焼き」


2日目の夜に発見して、3日目の昼に食べたBLTバーガー。ニューヨークのお店の支店らしい。






街で見つけた映画のポスター。だいたい日本より早く公開されているようだ。

ホビットはこんな当て字に。

ロボコップは、「機器戦警」



CD屋の棚。そりゃヘビーメタルは、重金属には間違いない。
ちなみにDVDはリージョン3だから、日本に持って帰っても観られない。


本屋も覗いてみた。漢字ばかりの教科書は、読む気が失せる。



コンビニのビール棚。


アサヒとキリンを呑んだみたけど、発泡酒のような物足りない味で残念。




獺祭の一番高いものは、4合で2万5000円相当。。。これには驚く。



行きと帰りの飛行機は、キティちゃんジェット。
このエバー航空には、6機のキティちゃんジェットがあるそうです。


台湾空港の搭乗口も、こんな感じ。内装も機内食もキティちゃんづくしで、なんか落ち着かない・・・




とても楽しかった年末旅行でした~!


Posted at 2014/01/14 21:28:13 | コメント(3) | トラックバック(0) | 旅行 | 日記
2013年12月30日 イイね!

台湾旅行記:その5~映画「47 RONIN」

台湾旅行記:その5~映画「47 RONIN」日本では早くから公開されていたけど客入りが悪く、もうすぐ公開も終わりそうだったのでその前に観ないとと思っていた映画です。台湾ではクリスマスから公開されていたばかり。

映画大臣はあまり興味を示さず、台湾ではマッサージに行きたがってたので、その間に行くつもりだったのですけど、3日目になって観光地巡りで疲れて、どこかでお茶する代わりに行くことになりました。
ラッキー!


旅行先で映画観に行くのは、いつもと違う映画館ということもあって楽しいですからね!ここの映画館は、追加料金払うとボディソニック付きのシートだったらしいです!凄い!



始まるまでは中国語吹き替え版だったらどうしよう・・・と不安だったのですが、幸いオリジナルの英語音声+中国語字幕。その上、キアヌ・リーブス以外は全員日本人俳優、セリフも簡便なものばかり、聞き取りには全く問題ありませんでした。

逆に外人が観れば、「棒読みばかり」という評判だったらしいですwww


気になる方には、予告編をどうぞ。



いや~、でも、自分こんな映画大好きなんですね。日本が舞台だけど、全然日本っぽくない!
衣装や鎧も住居も暮らしぶりも、どこの国だ~!?とゲラゲラ笑いながらツッコミ入れてました。

その上、字幕が漢字ばかりだから、それにうまくマッチして妙に味がある。
台湾で観て正解でした!


西洋人たちが空想している「なんちゃって日本」、あるいはRPG的な「オリエンタル・
アドベンチャー・ワールド」っぽい世界観丸出しの映画でしたね。
とても良かったと思います。

「ラスト・サムライ」の日本描写もいいけれど、やっぱりこれくらいハッチャけたほうが、
自分は好みなんですよ~。


赤穂四十七浪士との共通点は、登場人物の名前くらい。
でも吉良役が、「浅野忠信」だったので、ちょっと混乱してしまったwww

浅野内匠頭は、田中泯。渋いオッサンですね。威厳のある殿様役にぴったり。
ドラマ「妻はくのいち」でもお殿様役やってました。ただ、この映画ではあまり人柄が
良いようには描かれてないように思えて、そこが残念。

大石内蔵助は、もちろん真田広之。アクションもお芝居も良かったです。
でも、やはり好人物のように描かれてないし、キアヌ・リーブス演じる主人公とは
信頼関係がきちんとできてないように見えるし、この辺がストーリーとして不満な点。

キアヌ・リーブスはマトリックスのネオのまんま。
無表情でクールな感じなのに、ヒロインに愛されます。

ヒロインは柴咲コウ。美人だし、お芝居もなかなか。「ウルヴェリン・サムライ」の
ヒロインでがっかりしてたところですし、ホッとしました。

悪女には菊地凛子。良く似合ってました。怪しげな魔法を使う魔女です。
外人が好きそうな日本人顔なので、今後も活躍していくのではないでしょうか。



残念な点は、「ウルヴェリン・サムライ」ほどではないけど、日本人の良いところが
ほとんど描かれないところ。一応「忠義」がテーマのはずだけど、殿様の敵討ちなら
西洋のストーリーにもいくらでもあるもんね。

浅野や大石の良いところを、きちんと描いてほしかった。。。
外人に、日本の良さを描けというのが無理というものか・・・


ま、それでも映画大臣には「全然期待してなかったけど、思ったより良かった」と
好評価をいただきましたし、自分も、同じ真田広之の「里見八犬伝」と、
原作を大幅に変えたファンタジーバトル映画「スノー・ホワイト」との間くらいには
楽しかったです。

あと、ストーリーとツッコミはこちらが楽しかったです。
http://www.kacho.ne.jp/hobby/dorama/d2-421-47ronin.htm



Posted at 2014/01/13 20:23:03 | コメント(1) | トラックバック(0) | 映画 | 日記
2013年12月30日 イイね!

台北旅行記:その4~台北観光地巡り

台北で行ってきた観光地3つを紹介する。

まずは2日目、モーターショーに行く前に行った高層ビルの台北101。



夜になるとこんな風にライトアップされる。


ここは下のほうが高級モール、上の階がオフィスビルになっていて、展望台もある。
しかしこの3日間は天気があまり良くなく、見晴らしも期待できなかったので展望台に
上がるのは断念した。

モールはこんな感じ。



さんごや宝石の彫刻が売ってあるところがあったけど、最も高価なものは日本円で2億円!
という値札がついていたものがあって、ビックリした。




モーターショーの後には、嫁さんの希望で士林夜市へ。屋台と商店の街。凄い賑わいだった。




「地下美食街」にも入って見学。でも食べ物はなかなか勇気のいるものばかり。




途中、すごい臭いが漂ってきて・・・友人に聞くと、「臭豆腐」というものらしい。
昼食の時に「台湾で、これは絶対食べられないものってある?」と聞いたときに答えてくれたものだ。

食べるどころか、近づくのも無理・・・・
あんなに美味い小龍包を作る人達が、どうしてこれを好んで食べるのだろうか。。。
食文化の壁は高い。。。

地下の閉鎖空間の中のレストラン街だから、気になりだすとだんだん辛くなってきて、あっさり撤退。

小物や雑貨のお店を観て回るのは楽しかったけどね。



3日目に行ったのが「自由広場」と「中世記念堂」





記念堂の中には、蒋介石の像。ワシントンDCの、リンカーンホールに似た雰囲気。


両側の壁に刻まれた詩文が面白かった。

こちらは「生命的意義在創新宇宙継起之生命」かな?


こちらには、「生活的目的在増進人類全体之生活」

なるほどね。

Posted at 2014/01/13 11:15:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | 旅行 | 日記
2013年12月29日 イイね!

台北旅行記その3:台湾グルメと言えば、小龍包と牛肉麺

旅先の楽しみはやっぱり食事。

ホテルの朝食はバイキングで、腹一杯に食べないともったいない、腹一杯に食べると
昼食がたくさん食べられないというジレンマもあったけど、小龍包と牛肉麺を2度ずつ
食べてきた。

まずは1日目土曜日。食糧大臣に連れて行かれるまま、到着したお店。
お店の名は失念してしまいましたが、ガイドブックにも載っている有名店だそうだ。

混み合ってましたが、何とか着席。自分達の後のお客さんはだいぶ待たされたみたい。

ビールはこんな瓶ビール。「台湾ビールのClassic」。

屋台で出されるようなプラスチックのコップがアレですけど、これはなかなか美味しかった。
喉越し良く、苦味やコクもあって、後味スッキリキレも良い。少々の酸味も気にならない程度だ。


鶏スープ。鶏スープにしては澄んだスープだけど、鶏の旨味濃厚なのに、塩分薄めで
あっさり味。


小龍包は、皮は薄めで餡とスープたっぷり。やけどは心配してたけど、ちょうどよい熱さだった。
チャーハンは写真を撮り忘れちゃった。


ハネ付き餃子。こっちもなかなかのもの。ハネも皮もパリッとして美味かった。



2日目のお昼は、現地に住む友人が案内してくれたお店「清真中国牛肉館」。

メニューがこんな感じ。


麺類を各自1つずつ、それと何か皆でシェアしようということになって頼んだのが、
2枚目のメニューの右側にある3品。セットで頼むと割安、ということらしい。

自分が頼んだのは、辛くないほうの牛肉麺。

これが抜群に美味かった。澄んだスープで、上品な味付け。
お肉はとても柔らかくて分厚くて・・・文句なし!


黄色いのは野菜入りのオムレツのようなもの。甘辛く炊いたお肉と一緒に、
春巻きの皮のようなものに巻いて食べる。お腹一杯になって大満足。


2日目の夜は、やはり案内してもらったお店で「京鼎楼」
ここも有名店らしく、日本語のメニューもあって嬉しい。


ここで呑んだビールは、台湾ビールの生。

「台湾ビール」には、日本で言ういわゆる「生ビール」、サーバーでジョッキに注がれるビールが
無いらしく、「生」と言えばこれになろそうだ。恐らくは「非加熱処理」という意味の「生ビール」
だろうけど、ボトルにも書いてあるように工場から出荷して18日以内、というのがウリ。
確かに風味が良くてイヤ味も無く、台湾ビールの中では一番美味しいビールでした。

前菜代わりに、野菜の炒めもの「空心菜」


小龍包は2種類オーダーした。

左が普通のもの、右がウーロン茶を皮に練りこんであるもの。
確かにお茶の風味があって美味しかったけど、肉汁の旨さがダイレクトに味わえるのは左だ。
皮まで美味しかった~!


こちらは野菜を入れた卵焼き風の料理。こちらも名物かも。



3日目の夜に行ったお店は、もう少しワイルドな感じのお店。
昔の「元祖長浜屋」のようなお店だけど、長居行列ができていたのも同じ。


こちらの牛肉麺は、もう少し野性味のある味付けだった。
麺も歯ごたえがあって、もちもちするタイプ。安いけど、ボリュームは満点。


いろんなお店の料理を食べ比べることができたのも、楽しかったです。
Posted at 2014/01/12 23:15:02 | コメント(1) | トラックバック(0) | グルメ | 日記
2013年12月29日 イイね!

台北旅行記:その2~台北車展のコンパニオン達

昨日の記事をご覧いただいた方の中には、『「モーターショーの華」が全然無いぞ!』と
ガッカリされた方もいらっしゃるかも知れません。

自分は人物の写真を撮るのが苦手でして・・・
なかなかキレイに撮れないんですね。。。

嫁さんもキレイなお姉さん達を見て喜んでいたみたいなので、後ろめたいわけでは
ありませんが、日本のモーターショーのコンパニオンに比べると、露出が多めというか
セクシー度アップというか、カメラ構えるのが少々恥ずかしかったのです。
でも、こんな時しか美女を撮影することなんてできませんからね。

だから、そんな方のために、特別に!
アップしちゃいましょう~!!



入場して最初に見かけたお姉さん・・・目のやり場に困ってしまう。
ベンツのブースです。


こちらは同じベンツですが、グランツーリスモ6(かな?)のデモのところにいらっしゃいました。


ジャガーのお姉さん。軽蔑したような目つきがアレです。赤いクルマに赤いドレスでお見事。


シュコダのお姉さん。妙に色っぽく撮れました。


BMWのM3のそばにいたお姉さんは、ちょっと表情がぎこちない。

最後はホンダ・シティのそばにいたお姉さん。この日一番の美女でした。
サービス精神も良くて、あちこちに視線を送ってはポーズを決めてました。
3連発でどうぞ!




【追記】
嫁さんが撮った写真を拝借。やっぱ専用デジカメのほうがキレイに撮れますね!





いや~、台湾て美人が多いですね!
Posted at 2014/01/08 21:36:48 | コメント(2) | トラックバック(0) | 旅行 | 日記

プロフィール

「新人王~! http://cvw.jp/b/285856/42181898/
何シテル?   11/14 03:02
前愛車のライオンマークが、ハンドル名の由来です。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/12 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

仮面ライダーW (ダブル) (o´艸`) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/02 23:08:23
スタッドレスにして500kmほど 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/25 22:58:24
Harman / Kardon オーディオ インプレッション 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/04/15 21:23:10

ファン

18 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 2シリーズ クーペ ミドブルー (BMW 2シリーズ クーペ)
卓越したエンジン&ATと、FRらしいハンドリングが自慢の愛車です。2014年4月購入。 ...
プジョー 406 セダン ガオレッド (プジョー 406 セダン)
卓越した乗り心地とハンドリングが自慢の愛車です。 2003年11月購入。 燃費等の走行 ...
ホンダ シビッククーペ くーちゃん (ホンダ シビッククーペ)
初めて買ったクルマです。1993年5月購入。 実際は父が出してくれました。全額返すつもり ...
ホンダ インテグラ ○○号 (ホンダ インテグラ)
食料大臣が独身の時の最初のクルマです。 1995年の春~夏頃購入。 赤のクーペ、めちゃ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.