• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ガオブルーのブログ一覧

2012年11月30日 イイね!

居酒屋の呑み放題メニュー

この日は会社の呑み会で、Zenというチェーン系の居酒屋に行ったのだけど、
呑み放題のドリンクメニューが充実していたので、記録しておく。


生ビールはプレモル。肉厚のジョッキで出されて文句なし。
呑み放題ならサイズも気にしないですむ。

そして日本酒は、福岡の寒山水、久保田の千寿、山形の出羽桜、新潟の緑川、そして我が
山口の獺祭と銘酒が揃っていた。これの呑み放題は良かった!

焼酎は今回行けなかったけど、芋の富乃宝山、七七七六(きろく)、麦の中々、米の鳥飼と
ちょっとお高い焼酎も呑み放題。これは嬉しい。

会社の酒好きなヤツと意気投合して、いろいろと語り合えて面白かった。
さすがに呑み過ぎたな~、この夜は。


ちなみに食事はモツ鍋のコース。一番安いコースだったけど、十分お腹一杯。
高い料理に安い酒を合わせるよりも、安いコースに高い酒を合わせたほうが満足感が高い。
酒呑みにとってはね。幹事さん、ありがとう、お世話になりました~!
関連情報URL : http://www.zen2000.jp/
Posted at 2012/12/02 23:31:05 | コメント(1) | トラックバック(0) | グルメ | 日記
2012年11月28日 イイね!

「英君」特別純米ひやおろし

「英君」特別純米ひやおろし寒い日には、おでんやお鍋が美味い。
そしておでんやお鍋には、日本酒がよく合う。

先日防府のルルサスというモールにある酒屋で見つけたお酒。
静岡の有名な地酒だ。

純米酒らしい芳醇な香りと旨味、そしてスッときれていく後味。
これは自分好みの美味い酒でした。

Posted at 2012/12/01 22:35:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | グルメ | 日記
2012年11月27日 イイね!

NFLテレビ観戦の感想~Week11

この週もケガ人続出。ペイトリオッツのTEグロンコウスキーや、ブロンコスのRBマゲイヒー
が途中で欠場した。さらに、スティーラーズの2番手QBレフトウイッチも終盤ケガしたようだ。
プレイオフに向かう終盤の大事なとき。どのチーム事情も苦しい時期だが、それぞれが
今後どう影響するか気になるところだ。。


コルツ@ペイトリオッツ 24-59
序盤はコルツがリードしたものの、2Qにペイトリオッツがパントリターンタッチダウン、
インタセプトリターンタッチダウンを続けて決めて逆転、17-24と1タッチダウン差で
前半が終了した。40点くらいの点の取り合いか、と思ったら、ペイトリオッツの守備陣が
さらに勢いづいて、コルツQBラックから1ファンブルテイクアウェイ、2インターセプト
(うち1回はリターンタッチダウン)を奪って、先週の汚名を返上した。コルツの守備陣
も悪くはないが、そのレベルではNFLトップのハイパーオフェンスは止められらない。

先週の体たらくから、見事に立ち直ったペイトリオッツ守備陣。コーチの手腕はたいした
ものだ。最後に残った弱点はキッカーで、この日も36yのFGを失敗してしまう。
あと、スーパーTEグロンコウスキーのケガが痛い。プレイオフに間に合えば良いのだが。

コルツはこの敗戦で6勝4敗としたが、十分ワイルドカードは狙える成績。去年の成績を
思えばたいしたものだが、Week15とWeek17に強豪テキサンズとの同地区対決が残っている。
これを少なくとも1勝1敗できれば、プレイオフでも十分期待できるチームになるはずだ。


チャージャーズ@ブロンコス 23-30
地区優勝に向けて大事な試合。2ゲーム差でリードするブロンコスが勝てば、地区優勝は
ほぼ間違いない。試合は、奪ターンオーバー数3+2、さらにセイフティもあって、波乱
に富んだものだった。結果は、総獲得ヤードで277yと386yの差がそのまま出てブロンコス
の勝ち。特にランで、53yと133yの差がついたのが大きかったと思う。

そのランの中心となるRBマゲイヒーのケガの影響だが、マゲイヒーが欠けても2番手、
3番手のヒルマンが43y、ポールが35yと十分な活躍。焦らずじっくり治療に専念してほしい。
解説者も言っていたけど、マニング兄が移籍してこんなに早くここまで良いチームに
仕上がるとは思わなかった。プレイオフでのペイトリオッツとの対戦が、今から楽しみだ。

チャージャーズはこれで4勝6敗。プレイオフ入りは相当厳しいだろう。


レイブンズ@スティーラーズ 13-10
これも予想通りの守備合戦。レイブンズとスティーラーズの両守備陣のエースプレイヤーが
ケガで欠けているものの、その守備力はいかんなく発揮され、非常に面白い試合だった。

スティーラーズ守備は、パスに強くランに弱いという印象があるが、この日はレイブンズRB
レイ・ライスのランを20回40yに抑えた。これが大きかった。奪QBサックも2回、パス守備も
20/32で153yに抑えた。Sポラマルに頼らず、前と後ろの守備に対応できることを証明した。

レイブンズ守備は、前の厚みが特徴で、強力なパスラッシュとラン守備で相手を封じる。
奪QBサックは3回、奪インターセプト1回、相手のパスを18/39と成功率50%以下に抑えた
のはさすがだ。しかし、中盤の要LBレイ・ルイスが欠場の影響は大きかった。ランで
トータル134y取られ、攻撃時間も6分近く差がついた。

しかしゲームを決めたのは、QBの差。エースQBフラッコがフル出場できたレイブンズと
2番手QBレフトウイッチもどこか痛めた様子だったスティーラーズ。試合内容も点差も、
僅差だったが、終わってみればこの結果は当然のように思える。


ベアーズ@49ers 7-32
リーグ1位・2位の守備を誇る両チームの、壮絶な守備合戦を期待してたが、予想に反して
一方的な試合だった。先に見たレイブンズ@スティーラーズ戦のほうが、ずっと激しい守備戦
だった。両チームともエースQBを欠き、ベアーズは8年目のキャンベル、49ersは2年目の
ケイパーニックが先発スタートだった。キャンベルは長年レッドスキンズでQBを勤めてきたが、
一昨年マクナブに押し出される形でレイダースに移籍した後、今季ベアーズに控えQBとして
移籍してきたという経歴だ。レーティングは80前後でごくごく平凡なQBという印象。一方
49ersのケイパーニックは今季ときどきプレイに参加し、スミスとは正反対のプレイスタイル
で、対戦相手の守備を困惑させる良いプレイを重ねてきた。

この試合は、特に49ersの攻撃陣が光った。NFLでは珍しい3バックからのランプレイ、短距離
から長距離のさまざまなパスなど、多彩な攻撃パターンを駆使して見事ベアーズ守備陣を
粉砕した。ラムズに引き分けたり、ジャイアンツに封じ込められたりしたチームとは思えない。
攻撃ラインも、スタイルの異なるQBにうまく対応できていた。シーズン中から2番手QBも
戦力として見ていた49ersコーチ陣のチーム作りの勝利と言えよう。ジェッツのティーボウを
使いこなせてないライアン監督に見習わせたいくらいだ。

これでベアーズは、上位陣相手に二連敗。特に自慢の守備陣を打ち破られたこの敗戦の
ショックは大きいだろう。弱点を分析されてこのままずるずる連敗を喫することもありうる。
この後のバイキングス戦2回、シーホークス戦、パッカーズ戦あたりがヤマ場だ。


イーグルス@レッドスキンズ 6-31
ボロ負け・・・控えQBフォールズも2インターセプトなどでボロボロ、RBマッコイは1ファンブル
ロストに加えて脳震盪でダウン・・・

今シーズンはイーグルスを観るのを止めようと思う。精神的健康に良くない。
Posted at 2012/11/28 22:11:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | NFL | 日記
2012年11月24日 イイね!

NFLテレビ観戦の感想~Week10

この週はケガ人続出。イーグルスのQBビック、49ersのQBスミス、ベアーズのQBカトラーが
途中交代。次週のプレイも難しいだろう。スティーラーズのQBロスリスバーガーもこの週
ケガで途中交代したらしい。いずれも自分の好きなQBだけに残念だ。

控えQBの中では、49ersのケイニーパックに注目したい。スミスとは正反対のモバイルQBで、
49ersの攻撃スタイルを大きく変える可能性がある。イーグルスのフォールズは新人、
ビックとは逆の長身のポケットパサーだ。来年以降イーグルスの中心になるかもしれない。



ファルコンズ@セインツ 27-31
無敗のチームと負け越しのチームの試合とは思えないほど、良い試合だった。
試合を終始リードしていたのは、ここまで負け越しのセインツ。それになんとか
追いすがる無敗のファルコンズ。ファルコンズにも十分勝機があったが、終盤残り
時間数分のところで1st&Goalのファルコンズの攻撃を、見事4回とも防ぎきった
セインツ守備陣の勝利と言えよう。セインツ守備陣の中でも、特に守備ラインが
良かったし、ファルコンズQBライアンを何度も苦しめた。守備陣の立て直しに
成功したセインツ。強いセインツが帰ってきた。

ファルコンズの守備は悪いと言えるほどではなかった。それ以上に気がかりなのが
やはりランの使い方。終始追いかける展開だったが、その差は大きくなくもっと
ランを使ってよかったと思う。パス/ラン比は70/30で、ラン獲得ヤードはわずかに
46y。ターナーという良いRBがいるのに、勿体無いと思う。

同地区ライバル対決はセインツが先勝した。リベンジを狙うファルコンズは、
Week13にホームで迎え撃つ。これも楽しみな一戦だ。


カウボーイズ@イーグルス 38-23
3Qまでは17-17と互角の良い勝負だった。2QにQBビックは脳震盪で交代、控えの
QBフォールズも好プレイをし、1年目ルーキーとは思えないくらい落ち着いていた。

逆転、また逆転、そしてカウボーイズが追いついて3Qが終了した後、ゲームが大きく
動いた。続くイーグルスの攻撃があっさりパントに終わり、カウボーイズはそのパントを
そのままリターンタッチダウンする。さらに、返しのイーグルスの攻撃をインターセプト
リターンタッチダウンして、大きく突き放す。イーグルスは残り時間も少なくなって
ようやくタッチダウン一つを返すが、キックは失敗。8点差となる。それでも最後の
望みをかけたドライブは、自陣エンドゾーン手前でファンブルし、そのままリカバー
タッチダウンに終わり、ゲームオーバー。

立て続けにビッグプレイを決めたカウボーイズ、ミスを連発してしまったイーグルス。
大きく明暗が分かれてしまった。

新人QBフォールズは、22/32でパス成功率69%で1TD、1INT、レーティング85。デビュー戦と
してはまずまずだった。しかしやっぱり、イーグルスのパス/ラン比は64/36。新人QBの
デビュー戦ならもっとランを増やしても良いはず。コーチ陣の戦術には相変わらず疑問が残る。

カウボーイズは守備陣やリターンチームのビッグプレイは良かったけど、攻撃陣はやや
力強さが足りなかった。同地区首位のジャイアンツとは1.5ゲーム差まで詰め寄ったが、
逆転優勝を狙うのなら、さらに奮起が必要だ。


ブロンコス@パンサーズ 36-14
パンサーズに先制されたものの、マニング兄のタッチダウンパスと2Qのパントリターン
タッチダウンで逆転、その後もフィールドゴール、インタセプトリターンタッチダウン、
セフティ、ランによるタッチダウンと順調に得点を重ねて差を広げ、圧勝した。
投・走・守・蹴・返の全てで得点を挙げた理想的な試合運びだった。

ブロンコスはこれで6勝3敗。同地区2位のチャージャーズが4勝5敗と2ゲーム差。
Week12の直接対決に勝てば、地区優勝は濃厚だ。

パンサーズはQBニュートンの出来はまずまずだが、チームとして他に良いところは無く、
それだけでは上位チームに勝つことができない。


ジャイアンツ@ベンガルズ 13-31
Week9でスティーラーズに敗れたのはしょうがないとしても、この敗戦はいただけない。
守備は後ろが弱いという弱点がまた出てきて、開始早々ロングパスを決められてしまうし、
QBマニング弟は、29/46で6成功率63%、215y、2インターセプトでレーティングは56と散々。
他の攻撃陣も2回ファンブルロストを喫するし、キッキングチームは68yのパントリターン
を許してしまう。試合途中、負け戦ムードが漂っていて、去年の優勝チームとは思えない。

アメフトは、2タッチダウン差ならそれほど時間がなくても逆転できるスポーツだし、
4Q入っても3タッチダウン差までなら十分逆転は可能だ。もちろんそれには、一つ一つの
プレイを正確にやり遂げ、それを積み重ねることが必要だが、4Qでの逆転劇を何度も
演じてきたのがジャイアンツだったはず。しかし、4Q入った時点での点は6-31と
25点差だったし、細かなミスを連発するし、とても奇跡は望めそうもなかった。
ここでWeek11がBYEになるのは有難い。残り試合は、パッカーズ、レッドスキンズ、セインツ、
ファルコンズ、レイブンズ、イーグルスと、ジャイアンツにとって厳しい相手が続く。

ベンガルズはこれで4勝5敗とぎりぎりのラインで踏みとどまっている。同地区の
スティーラーズとレイブンズに勝てなければプレイオフは厳しいとは言え、QBドルトン
と守備陣の調子は良くなってきているようだ。好試合を期待する。


テキサンズ@ベアーズ 13-6
戦前の予想通りの守備合戦。玄人好みの良い試合だった。前半はターンオーバーを奪い合う
激しい展開。逆に後半は長いドライブを許さず、互いにパントを蹴り合うという静かな試合
進行だった。勝負を分けたのはミスの数。奪ったターンオーバーの数は、テキサンズ4に対し
ベアーズが2。ターンオーバーマージン(奪ったターンオーバーの数と奪われたターンオーバー
の数の差)が今季NFL1位のベアーズが、まさかの-2と攻撃陣が大きく失敗してしまった。
後半もベアーズのミスパント、FG失敗など得意のキッキングゲームでも失敗。テキサンズの
ような一流のチーム相手では、致命的になってしまった。

テキサンズは、QBショウブが2インターセプト、レーティング43と冴えなかったが、エース
RBフォレスターがランだけでも102yを稼ぎ、固い守備陣とともにロースコアゲームを制した。
バランス型チームの良さが出た、と言える。

ベアーズは、守備の良さは出たが、それだけでは勝てないことを露呈してしまった。加えて
エースQBカトラーの欠場。次Week11の相手は49ers。厳しい戦いが続く。


ビルズ@ペイトリオッツ 31-37
ペイトリオッツファンとしては、ホームゲームということもあって楽勝と思ってたのだけど、
思いの外苦戦させられてしまった。誤算の原因は、ペイトリオッツの守備陣。パスで319y、
ランで162yを許し、攻撃時間で7分近く差をつけられてしまった。これだけ見ると負けゲーム
なのだが、NFL1位の攻撃陣が着実に得点を重ね、見事に逃げ切った。QBブレイディは
23/38の成功率61%といつもよりは悪いものの、大きなミスも無くレーティング96。
パス/ラン比も57/43とほぼ平均的で、焦ることなくランで117yを稼いだところも良かった。

ペイトリオッツの弱点の守備陣だが、それでも1インターセプト、2ファンブルテイクアウェイ、
3サックと、勝負強いところは発揮できたところは、今後の光明といえるだろう。

ビルズはこれで3勝6敗とほぼ絶望的な成績だ。
Posted at 2012/11/27 21:42:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | NFL | 日記
2012年11月23日 イイね!

呑んだ後に小倉の夜を彷徨う

映画の後は、夕食。当然のように、鶏料理「美好野」へ。

ここの詳細は、前にここで書いた通りなので省略。
前回食べれなかった手羽先と鶏茶漬けが食べられて、大満足~(^V^)

ほろ酔い加減で、小倉のイルミネーションを楽しむ。
今日は写真をいくつかアップしておこう。


小倉井筒屋の横の川を渡る橋。


その川沿いを臨む。


駅前の歩道橋。



帰りは、最終のさくら574号。先に出発したこだま770号を追い越すときに、手を振ってやろうと
思ってたけど、ふと気づいたらもう厚狭駅を過ぎていた。さくら、早すぎ・・・

自宅に帰りついてホッと一息。楽しい1日でした。
またアメフト観てから、寝るとしましょう。
Posted at 2012/11/27 00:31:07 | コメント(1) | トラックバック(0) | 雑記 | 日記

プロフィール

「NFL2018:Week13の感想とまとめ http://cvw.jp/b/285856/42282725/
何シテル?   12/10 19:19
前愛車のライオンマークが、ハンドル名の由来です。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

仮面ライダーW (ダブル) (o´艸`) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/02 23:08:23
スタッドレスにして500kmほど 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/25 22:58:24
Harman / Kardon オーディオ インプレッション 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/04/15 21:23:10

ファン

18 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 2シリーズ クーペ ミドブルー (BMW 2シリーズ クーペ)
卓越したエンジン&ATと、FRらしいハンドリングが自慢の愛車です。2014年4月購入。 ...
プジョー 406 セダン ガオレッド (プジョー 406 セダン)
卓越した乗り心地とハンドリングが自慢の愛車です。 2003年11月購入。 燃費等の走行 ...
ホンダ シビッククーペ くーちゃん (ホンダ シビッククーペ)
初めて買ったクルマです。1993年5月購入。 実際は父が出してくれました。全額返すつもり ...
ホンダ インテグラ ○○号 (ホンダ インテグラ)
食料大臣が独身の時の最初のクルマです。 1995年の春~夏頃購入。 赤のクーペ、めちゃ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.