• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

クロハチ71号車のブログ一覧

2014年09月24日 イイね!

【14年第31走】大富士・小富士

【14年第31走】大富士・小富士プチオフシーズンも終了。

飛び石連休の23日、富士にリハビリ走行に行ってきました。

カラッと乾いた空気と青い空。

素晴らしい陽気の富士に到着。





午前中まずはレーシングコースへ。

この日設定されていたNSの20分枠はお手軽感ありの4,400円。

1周2分強の富士RCなので、アウト・インラップを考えると7~8周はできる感じ。

考えてみれば参戦しているレースの予選時間と同じです。

3週間前のレースから気温は約8℃低いし、コースイン時に目の前にいらした大鳥居付きRX-8の八百さんのスリップの恩恵も狙える(笑)ので、9秒台前半&ベスト狙いでいきます。



う~ん。結局クリア取れず・・・。

タイムはベストで10秒7とほぼ先日のレース予選時のタイム。気温・タイヤ・クリアもろもろ考えるとオーケーかな。

20分枠は価格も安くて手頃なんだけど、皆が必死モードになるからか結構走りにくい感じでした。

でもセッティングを試したりするのにも便利なので、FSWさんこれからも20分枠は是非設定ください。



この日はFCRで同じレースで戦っている86のryu36さんが、富士の素晴らしい企画を有効活用されたイベントをされていて、86/BRZの後輩さん達と共に走られていました。



ryu36さん、また次回同じ枠で一緒に練習走行しましょう。



気温もかなり上がってきたので、レーシングコースからショートコースへ。

先週はフルグリッドだったらしいけど、この日は同時走行6台です。



走り出して気づいたのが『あっ・・・ブレーキパッドがレーシングコース用だわ・・・。』ということ。

富士ショートで必須の最終コーナー旋回ブレーキがシンドい・・・・。

タイムはベストのコンマ3落ちの36秒フラットと、思い出せないくらい久々の走行だったショートですが、まずまずのタイムでした。

パッドに関してはわざわざ現地で交換も無いので、コントロール重視パッドを付けてショートのみ走りに・・・来ないだろうな・・・(笑)

なんとかRC用のパッドでベスト更新を狙うことにします。



この日も富士では沢山のサーキット仲間の皆さんとご一緒しました。


NCのキワムさん&相方さん、ベスト更新おめでとうございます!! コノヤロー!(`ε´) 笑

LOTUS kazu XXさん、ちょっと大変でしたね。でもいろいろお話できて嬉しかったです。また一緒に走りましょうね。

FCせいけんさん御夫妻、富士復活おめでとうございます。紹介キャンペーンチケットどうもです!!今度一緒に走りましょうね。

そしてE46M3のフルらさん、自作F1風LEDバックライト取り付けありがとうございます!!走行が楽しみです!!!

Posted at 2014/09/24 23:54:38 | コメント(11) | トラックバック(0) | サーキット | クルマ
2014年09月14日 イイね!

プチオフシーズンを満喫 その② 信州・甲州パワースポットTRG

プチオフシーズンを満喫 その② 信州・甲州パワースポットTRGパワースポット。

大地のエネルギーを取り入れる場所。

地球のよいエネルギーが湧出しているところ。

3連休初日の13日。長野県伊那市にあるパワースポット分杭峠(ぶんぐいとうげ)に心身車のリフレッシュを目的にTRG(ツーリング)に行ってきました。


分杭峠は、国道152号線沿いにあり、日本最大の断層中央構造線上に位置しており、大地からのパワー《気》を浴びることが健康増進になるということで注目を浴びているスポット。

ここで、心・身・車のリフレッシュをしようというわけです。

当初はのんびりひとりで行こうかなと思っていたのだけど、サーキットでKAZ20NCさんにお話したところご一緒いただけることになり、更にはKENT RSさんも参加とNC2ロードスター3台でのTRGとなりました。

写真多め&長めになります。お暇でしたらお付き合いください。

早朝に中央道のPAで待ち合わせをして、諏訪からR152を南下。



道の駅南アルプスむら長谷の名物焼きたてクロワッサンで朝食。

うっすら蜂蜜の塗られたクロワッサンは激ウマ。



パワースポット分杭峠には駐車場が無いため、5kmほど手前の駐車場にクルマを停めて、シャトルバスで向かいます。

往復650円。



分杭峠に到着。



峠から100mほど山の中に入ったところにある《気場(きば=気が満ちているポイント)》に向かいます。



ここが第一の気場ポイント。

しばしここで《気》を浴びます。

信じられないと思うけど、手のひらにビリビリ・ピリピリとした不思議な痛みを感じます。



ゼロ磁場では方位が狂うのは有名な話。

GPS機能を使ったハイドラも、自分はじっとしているのにこんな感じで乱れっぱなし。



少し歩いてここもまた有名な《気場》である通称水汲み場へ。

気を含んだ湧水が大量に噴出しています。



2時間ほど《気場》に滞在して、クルマを停めた駐車場に戻ってきたところ、71号車に《気》が降り注いでいます。



別の角度から。

白い《気》と思しきものにクルマが包まれています。

この《気》のパワーで71号車速くなるといいなぁ・・(笑)



分杭峠を後にして、R152沿いをのんびりドライブ。

日差しは強いけど、カラッと乾いた風が心地よい、最高のオープンドライブ日和。



木陰の木漏れ日。



道傍のコスモス。



稲刈り真っ只中の田圃。





分杭峠から少し北に進んだところにある街、伊那市高遠にある高遠(たかとう)蕎麦の店ますやさんで昼食。

高遠蕎麦とは、この地域の大名が好んだつゆに焼き味噌と辛味大根を入れて食すこの地域独特の蕎麦。
 



お店イチオシの高遠三昧1,800円を注文。

玄、ぬき、田舎の三種類の挽きたて蕎麦を楽しみました。

玄。



ぬき。



田舎。



コシが強い蕎麦がとっても美味しく、味噌・辛味大根入のつゆととてもよく合い美味かったです。

これは新蕎麦の季節にまた来て食べたいですね。


昼食後もR152周辺を更にドライブ。

湖にいい感じの吊り橋を発見。



吊り橋。おぉ・・ここでも71号車に《気》が降り注いでいる。



R152を諏訪まで北上しR20を東に。

都内や神奈川では交通量の多いR20も、この辺では昔の甲州街道の風情を残しています。

ネーミングに惹かれて立ち寄ったフォッサマグナの湯

名前的に大地からグラグラ噴出する温泉をイメージしていたが、硫黄の香りがいい感じのごくごく普通の温泉でした(笑)



入浴後、R20を更に東へ。

山梨で食といえば普通はほうとうだけど、ここは大衆食堂男の厨房でガッツリ鳥の唐揚げ定食を満喫。



秋の心地よい陽気の中、信州・甲州の食を楽しみながらのドライブでした。

今年はレース参戦数も例年の倍となっていることもあってか、このようなのんびりTRGは本当に久々でした。

ロードスターはやっぱりこういう楽しみ方もいいもんですね。

KAZ20NCさん、KENT RSさんお付き合いいただき、ありがとうございました。

TRG是非また行きましょう。

次回は・・・・

会津磐梯のワインディングと温泉。そして《地元のタクシードライバーに『俺は喜多方ラーメンとソースカツ丼はここのしか喰わねぇべ。』と言わしめる店》でたらふく食べるTRG

なんていかがでしょう(笑)
Posted at 2014/09/14 12:39:56 | コメント(8) | トラックバック(0) | カーライフ | クルマ
2014年09月07日 イイね!

プチオフシーズンを満喫 その①

プチオフシーズンを満喫 その①9月6日(土曜日)、筑波サーキットで行われたパーティレースⅡ2014第三戦を欠場しました。

2011年から参戦しているパーティレースⅡ。
過去岡山以外で開催された公式戦は、レース前にアクシデントが発生した時に1戦欠場している以外は全戦参戦していたのですが、初めての《サボリ》となりました。

『出てないけどどうしたの??』『もう富士に転向したの??』数名の方から連絡をいただいてしまいましたが、筑波のレースを辞めたわけではありません。

理由は、家の大事な用事を優先したからです。
クラブマンレーサー(趣味でレースする人)である前に、一家のダンナであり父親なわけで、当然こういうことも起こるわけです。

最終戦には出場予定だし、来年も『これからは新型(ND)のレースしかやらない。』とか言われない限りは参戦予定です。

レースの方はいろいろ波乱があったようですが、皆さんお疲れ様でした。

159号車さん、シリーズ初優勝おめでとうございます!! ←ここ見てないと思うけど(笑)

3号車Mさん、クラブマン初優勝おめでとうございます!! ←ここ見てないと思うけど(笑)

44号車さん、無事レースデビューおめでとうございます!! ←ここ見てないと思うけど(笑)

28号車BENさん、初シリーズ戦凸おめでとう。

9月20日は筑波の予約を入れていますので、パーティレーサーの皆さん宜しくお願いします。





家族サービスに徹した昨日と暇こいてた今日。

先週富士の第三戦を終えて、次の筑波まで3ヶ月近く空くというプチシーズンオフをまったりと過ごしました。

●良いクルマ雑誌に出会った

昔から好きな東次郎のゼッケン20のヨタハチが表紙。



一番読みたかった記事はもっと詳しい内容が読めると思っていたのに、ほぼほぼネットに公開されているままだったのはちょっと残念。

まぁそのもっと詳しい内容は機会をみてご本人からお聞きしたいと思いますので宜しくお願いします(笑) ←ここ見てないと思うけど(笑)

それにしてもこのahead誌かなり気に入りました。

何てゆうかすごく普段着感覚があります。飾ってない。

著名な方の記事もなんか本音っぽく感じます。

久々に定期購読したいなと思うクルマ雑誌に出会えたのはラッキーかもです。


●メカオンチ

フルらさんに作っていただいたF1風LEDストップランプ



こういうモンです。



う~ん・・・カッコイイ!!!

取り付けようと思ってフルらさんが作ってくれた配線図を見たけれど・・・・(-_-)

フルらさん、23日富士走る予定なんで取り付けお願いできないでしょうか(笑)

クルマの作業はある程度自分でやれるんだけど、どうも電気系は苦手です。


●愛車のパネル

いつもクルマの走行写真を撮っていただいている留美さんから、71号車のパネルをいただきました。



この写真、袖森のパイロンコーナーです。

このコーナーの先の55R(通称便所コーナー)はとても好きなコーナー。ゼロカウンターで、インベタを舐めながら走るのが爽快です。

そんな大好きなコーナーに飛び込んでいくシーンのこの写真。今まで数多く走行写真を撮っていただいた中でも大好きなものの一枚なんです。

合わせて留美さんご主人の撮影された筑波サーキットのとても綺麗な写真。

こちらはそれ用のパネルを購入して2枚セットで飾らせていただきました。

留美さん御夫妻ありがとうございました。


●愛車リフレッシュ

先週日曜日のレースを終えて、1週間出来ていなかった71号車のレース後メンテをした後、横浜のピーヨコさんでタイヤ交換。



来週はちょっと遠出する予定もあるので、練習タイヤに交換です。

ピーヨコさん、いつも急なお願いにご対応頂きありがとうございます。



来週もサーキット走行はお休みして、プチシーズンオフで心身車のリフレッシュ予定です。
Posted at 2014/09/07 21:26:50 | コメント(5) | トラックバック(0) | カーライフ | クルマ
2014年09月03日 イイね!

【14年第29/30走】富士チャンピオンレース2014Rd3 ロードスターカップNCレースに参戦

【14年第29/30走】富士チャンピオンレース2014Rd3 ロードスターカップNCレースに参戦
8月31日(日)、富士スピードウェイで行われた「富士チャンピオンレースシリーズRd.2」の、ロードスターカップNCレース(チャレンジクラス)第三戦に参戦してきました。

ロードスターカップNCレースは改造度に応じたオープンクラスとチャレンジクラスの2クラス、さらにデミオレースと86/BRZのナンバー付きレースである8Beatの合計3レース29台で予選・決勝が行われました。



Photo by 留美さん御夫妻


予選はクラス1位・NC全体で4位、決勝は一時NC全体で3位まで上げるも最終的には予選結果と同じNC全体で4位、クラス1位はなんとか死守して開幕戦から3連勝となり、2014年シーズンのシリーズチャンピオンを獲得となりました。

レースサポートをしていただいたとよゆき監督・KAZ20NCさん、写真撮影をしていただいた留美さん御夫妻、応援に来ていただいた小富士仲間の皆さん、そしてご一緒いただいた参加者&サポートの皆さん、主催者・事務局・協賛企業の皆さん、お疲れさまでした&ありがとうございました。

以下、ワンパタンの参戦レポートですが、宜しければお付き合いください。

               

事前練習

今回も前日にあたる8月30日の練習走行はしないため、前週の23日(土曜日)に事前練習走行を行いました。

この日は沢山の富士チャンレーサーが富士に集結。


Photo by クロハチ

レース前の練習走行は当日の予選時間に近い時間を走ることにしているので、朝一のNS4-Aを走行。

『う~ん。なんだか混んでるなぁ・・・。』後から聞いたところこの枠は50台走行だったとか・・・。

なんとかクリアを作ってアタックしたところ、この日の目標タイムである11秒台(富士は気温1℃毎に0.1秒遅くなる説より算出したベストの2秒落ち)が出たので仕上げ走行はOK。コーナー毎のパート練習に切り替えていたところ100R出口でイン巻き車両発生で赤旗中断。

ピットエリアに戻るとこんな豪華なポジションをGet。NCのチャンプお二人の追走チャンスです。


Photo by クロハチ

赤旗解除走行再開で意気揚々と21号車さん・64号車さんを追走していると、なんと再開後アウトラップのコントロールラインでチェッカー・・・。

う~ん残念・・・。

実質走行時間は15分くらいという残念な感じだったけど、レース前の最終練習は無事終了。

午後から横浜のぴーよこさんと、葉山のNOPROさんに予約を入れていたのだけど、片付けを終えた時点でまだ午前9時。

富士から山中湖~道志みちをドライブし、奥相模湖の温泉を満喫してからショップさんに向かいました。


Photo by クロハチ

ぴーよこさんで本番タイヤへの交換、NOPROさんで全オイル交換を実施。

レース前練習走行、車両の準備、そして温泉で心身のリフレッシュと、レース前の準備は万全です。

               

レース当日の朝

朝6:00前に西ゲートにて受付。

雨の心配もあったけど、富士山くっきりのいい天気。


Photo by とよゆきさん

この日サポートいただくとよゆき監督・KAZ20NCさんも到着。

受付後、ピット移動。

この日は特に予選まではブリーフィング、車検、メディカルチェックが慌ただしいスケジュール。

車検をとよゆきさん・KAZ20NCさんにお任せして、自分はメディカルチェック後着替え等の走行準備を実施。


Photo by とよゆきさん

とよゆきさん・KAZ20NCさんのおかげで、予選に向けての準備を余裕を持って進められました。

               

予選

迎えた予選。


Photo by 留美さん御夫妻

この日はピットから直接コースインするため、ピット位置がコース入口に近い8Beatな86/BRZの皆さんが先頭に並び、その後ろにNC勢そしてデミオ勢の順でピットレーンに並びます。


Photo by とよゆきさん

ここでちょっとあることを企み、ピットロードを外れてピットエリアへ退避。


Photo by とよゆきさん

最後尾からコースインするNCオープンクラス0号車小原選手のさらに後方からコースインすることにしました。

コースイン。

アウトラップ早々から全開走行の0号車さんを追いかけながらのタイムアタック・・・・といきたいところだったけど、全開の0号車さんにまったく追いつけずに結局は単独走行でアタック開始。


Photo by 留美さん御夫妻

アタック1周目で11秒2とまずまずのタイム。


Photo by 留美さん御夫妻

その後もアタックを続けるもタイムアップには至らず。

ヘアピンでタイムの順位表示を見上げると、自分の上にNCオープンクラスの0号車・64号車・16号車・21号車の皆さんがいます。

NC全体で5位・・・。そして自分のすぐ下に同じチャレンジクラスの18号車さんのゼッケンも見えました。

予選の目標としていたNC全体で3位のためには順位を上げないと・・・。なにより同クラスの18号車さんとのタイム差も僅差かも知れない。もっとタイム上げてクラス1位を死守しないと・・・。



予選は残り3分。

タイヤもエンジンもタレタレでとてもタイムが出る気はしない。

後方から1台の白い86/BRZが迫る。

一番NCに近いタイムのJP-3Sクラスの車両だ。

『これは先行してもらいスリップをいただこう。』ダンロップ手前で86/BRZをやり過ごし、そこからベタ付けの1周丸々スリップをいただきながらのラストアタックに成功。


Photo by クロハチ

予選最終ラップで10秒8とタイム更新!!

NC全体での目標には届かず4位ではあったけど、チャレンジクラスの1位は死守。


Photo by とよゆきさん

『スリップをもらう』ではなく『スリップを作る』事に成功した会心の予選となりました。

               

予選と決勝の合間

夏場のレースはバテてはまずいので、しっかりと昼食を摂ってから、決勝に向けての準備です。

前戦第二戦で露呈したデータ不足だけど、第二戦終了後からの練習走行で夏場のデータはある程度蓄えたので、この日はそれに基づき決勝のセッティングを実施。

早めに71号車に乗り込み、スタートのシミュレーション。


Photo by 留美さん御夫妻

決勝ではもちろん1台でも前にいきたいけれど、このレースで一番大事なことは確実にチャレンジクラスで優勝して、シリーズチャンピオンを決めること。

会心の予選でちょっと熱くなっている自分を鎮め、冷静に決勝を迎えました。

               

決勝

NCレース組のトップは0号車のS耐でも活躍されている小原選手。
続いてコンマ8秒差でチャンプ64号車さん、1秒遅れの3位が16号車さん、ここまでの3台はオープンクラス。ほぼパーティレース仕様の我々チャレンジクラスと違い、GTウィング・車高調・デフ・エキマニ・17in&215幅タイヤがOKとやや改造範囲が広いクラスです。

そのコンマ1秒遅れのNC全体4番手・チャレンジクラス1位に自分が付けました。


Photo by 留美さん御夫妻

真後ろのグリッドには同じチャレンジクラス2位の18号車さん。

スタート次第ではひっくり返る位置に同クラスのライバルがいるので緊張します。

フォーメーションラップを終え、グリッド整列からいよいよスタート。


Photo by 留美さん御夫妻

●●●● ⇒ ●●●●● ⇒ ●●●●● ⇒ ●●●●● ⇒ ●●●●●

●●●●● 

●●●●● スタート!!

 


Photo by 留美さん御夫妻

数台の86/BRZをパスするも、NC勢は皆好スタート。


Photo by 留美さん御夫妻

1コーナーで16号車さんとブレーキング競争。


Photo by 留美さん御夫妻

1コーナーでサイドバイに並びかけるも抜けず。

1周目まで先頭の64号車さん・0号車さんに食い下がるも、その後16号車さんと共に徐々に離され2台でNC3位争い。

同じ周回のヘアピンで抜き、300Rで抜き返され、ダンロップの飛び込みで抜き、その先の左で抜き返され・・・。とっても富士らしいビリビリくるバトルを楽しませていただきました。


Photo by とよゆきさん

4周目のダンロップで軽くオーバーランして、16号車さんにおいていかれてしまい、レース後半は86/BRZの皆さんとの絡んでの走行に・・・。

『6周。残り2周。』

『7周。ラストラップ!!』

ラスト周回の最終コーナーを立ち上がり、コントロールライン上に《FINISH》の文字が掲げられたゴールへ。


Photo by とよゆきさん

NC全体で4位、クラス1位で、富士チャンロードスターカップNCレース(チャレンジクラス)3連勝で、2014年の同クラスシリーズチャンピオン獲得となりました。


Photo by とよゆきさん

               

祝勝会

レース終了後、お手伝いいただいたとよゆきさん・KAZ20NCさんと共に祝勝会。

富士近くのレストランで皆でカツの定食と甘味を堪能。

いつものレース後のこの場よりも、ちょっと癒し系の話が多かったのは、なんとなく『今シーズンちょっと一区切り』と感じていたからでしょうか。

               

次戦に向けて


Photo by クロハチ

レース関係の棚に、三つ目の《富士山型クリスタル》が追加されました。

そして2014年シーズンのロードスターカップNCレース チャレンジクラスのシリーズチャンピオン獲得となりました。

『このまま(パーティレース仕様)で富士のレースに挑戦できるんだ。』というワクワクした気持ちで挑戦した富士チャンロードスターカップ。

どの位戦えるかもわからないままの正に《チャレンジ》でしたが、これ以上は無い最高の結果を得られたことをとても嬉しく思います。

大好きなロードスターというクルマで、大好きなレースを楽しんでいる自分は、本当に幸せ者だと思います。


Photo by とよゆきさん

今シーズン、残念ながら筑波のパーティレースⅡの第三戦は家庭の用事で欠場になりますが、11月の筑波の最終戦・12月の富士の最終戦では今シーズンの締めくくりとしていい結果が残せるように頑張りたいと思います。



今回の富士チャン参戦にあたり、多くの方のご支援をいただきました。

富士レーシングコース攻略にあたり、様々なアドバイスをいただいたデミオレーサーまさhitさん。

タイヤの組み換え・交換でお世話になっているピレリ横浜ぴーよこさん。

クルマのメンテでお世話になっているNOPROさん。

異音トラブル解消、短期間でのパーツ調達でお世話になりました湘南マツダ藤沢店さん。

サポートしていただいたさんとよゆきさん・KAZ20NCさん。

写真撮影いただいた留美さん御夫妻。

皆さんありがとうございました。

最終戦もよろしくお願いします!!
Posted at 2014/09/03 22:10:35 | コメント(24) | トラックバック(0) | 富士チャンレポート | クルマ

プロフィール

「怪我から復帰後に実践していること http://cvw.jp/b/438639/44769062/
何シテル?   01/17 22:28
-富士山麓タイヤ啼く(ふじさんろくたいやなく)- 趣味でサーキットを疾っています。 10代・20代の頃、TE71レビン・ジェミニZZ・NAロードスタ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/9 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

リンク・クリップ

富士ロードスターカップコミュニティ(略称FRCC)サイト 
カテゴリ:サイトリンク
2014/10/07 02:34:28
 
ロードスターパーティレースⅡオフィシャルサイト 
カテゴリ:サイトリンク
2014/10/07 02:31:01
 
風は西から 
カテゴリ:サイトリンク
2014/05/17 03:29:23
 

愛車一覧

マツダ ロードスター NDロド71号車 (マツダ ロードスター)
NCロードスターNR-Aパーティレース71号車からの乗り替え。 2017年2月24日納車 ...
マツダ デミオ 4代目デミ男 (マツダ デミオ)
本日12月8日。 4代(台)目デミ男 DJデミオ15S Touring 納車しました。 ...
マツダ デミオ 3代目デミ男 (マツダ デミオ)
新しい相棒。DE5FS デミオスポルト CVT です。 DW型に7年、DY型に7年、そ ...
マツダ ロードスター 初代71号車 (マツダ ロードスター)
《元ロド乗りはロドに回帰する》その言葉通りに、ロードスターに帰ってきました。20代の頃に ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.