• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

クロハチ71号車のブログ一覧

2018年04月21日 イイね!

NDロードスターに外気導入口フィルターを自作

NDロードスターに外気導入口フィルターを自作ロードスターにはいわゆるエアコンフィルターが無いのだ。

簡単な網のようなものはあるんだけど、埃も花粉も取り入れ放題ときたもんだ。

そこで、手軽にできる【外気導入口への市販フィルタを取りつけ】てるのだよ。



以下、手順。

alt


フロントウィンドウ下のパネルを外します。
真ん中で分割してるんだけど、外すのは助手席側ね。
この蓋を精密ドライバーで外して。


alt

2
蓋を外すとネジが出てくるので外す。


alt

3
ボンネットを開けて、助手席側半分ウェザーストリップのゴムを外して。
左右にこじるとはずせる。


alt

4
真ん中らへんにあるウォッシャー液の管を外します。
ジョイントでつながってるだけなので、両方を持って引っ張ればOK。

alt

5
カバーをバコバコっと上にあげて、ずるずるっと前に引き出す。


alt

6
するとこんな穴が現れる。
これが外気の導入口。
この黒いパーツを取り外して、市販のフィルター等を挟み込むわけね。

alt

7
自分の場合はすでに紙のフィルターを挟んでいたので、こんな感じです。
真っ白だったフィルターがたったの1か月(1500km)でこの黒さ・・・・汚れすぎだろ・・。

alt

8
市販のフィルターを適当な大きさに切り貼る(両面テープ付の場合)

alt

9
黒いパーツを戻せば完成。
あとは逆の手順で元に戻せばOK。


まとめ

ロードスターはオープンカーだからエアコンフィルターが無いのかな?

普通の車のエアコンフィルターがある位置らへんに簡単な網のようなものはあるらしいけど。

らしいと書くのはなぜかと言うと、マツスピのロールケージを外さないとその網交換ができないというのだ・・・💦

なので、この外気導入口へのフィルター取りつけしか現実的では無いのです。

たったの1か月でこれだけ真っ黒になるわけで、これが無かったら車内にこの汚れが入ってきていたということ。

実際、このフィルターを付けてから、車の中が本当に汚れなくなったのだよね。


でもせっかくならクルマ専用のちゃんとしたエアフィルターを取りつけたいものだよね・・・。

Posted at 2018/04/21 20:51:54 | コメント(6) | トラックバック(0) | カーライフ | 日記
2018年04月21日 イイね!

【18年第11/12走】春の筑波走行備忘録※珍しく動画つき

【18年第11/12走】春の筑波走行備忘録※珍しく動画つき新年度の4月。

人事異動で大きく仕事が変わってバタバタな毎日。

6日のパーティ筑波合同テストも、15日のパーティSUGO開幕戦も参加したかったのだけど、パスして正解だった感じ・・・。

だいぶ前の事になるけど、走行備忘録です。

←トップ写真は3月31日の筑波への道中の鬼怒川堤防で撮影



●3月31日 

この日は珍しい朝から4輪枠。

T1枠は1ヘアで皆さんの走行を偵察見学したため、T2・3を走行。

なんだかやけに路面温度が高くて、#72オカタツさん・#128ベンさん他パーティレーサーの皆さん異口同音で『ヌルヌル祭』だったと・・・。


☆走行枠:T2/3

コンディション:↓こんなの



ベストタイム:10秒5

メモ:路面温度30℃を境に豹変するAdrenaline003にビックリ。こりゃ今までのデータ無駄か??

ご一緒したkrtk君のエリーゼを撮影。



カッコいいのぉ~エリーゼ。


●4月15日 

仕事のハードさでボロボロだったけど、筑波が雨のようなので眠い目をこすりつつ筑波へ。

去年の暮れからAdrenaline003で走りこんでるけど、雨は未走行なので雨練をしに~。

着いたとたんに雨止みやがった・・・(-"-)




☆走行枠:Y1

路面:ほぼウェットでメインストレートと裏ストだけ乾き始めな感じ

ベストタイム:13秒9

メモ:う~ん・・Adrenaline003のウェットは空気圧上げて面圧上げてグリップ出して~は厳しい感じ?




雨模様でガラガラな筑波。

パーティレーサーは自分以外はNDが1台とNCが2台って感じだったけど、『いやぁ~東京は晴れてたんで来たんだけど、なんだよこりゃ(ウェット)・・・。』と#128ベンさん登場で、一緒にY2を走行。

ベンさんと前後して野良犬走行。

『あ~楽しい・・・。』

たまには動画UP。


なんか編集ソフトの調子が悪くて、絵は粗いし、音が・・・遅れて・・・・聞こえて・・・・くるよ。

☆走行枠:Y2

路面:ほぼ乾いてきてるけどところどころウェット。乾いてるラインは一台分でズレるとドッキリみたいな感じ。

ベストタイム:11秒4

メモ:う~ん・・・乾いた路面と濡れた路面での違いが71Rより顕著な感じ??






筑波開幕戦直前の1ヵ月は予想通りの仕事の忙しさで、イマイチ練習できず・・・。

高い路面温度やウェットという新たな課題も出てきちゃってちょっと焦り気味だけど、まぁ~焦ってもしょうがないので、開幕戦までの数少ない走行で詰めることとします。

次回走行予定は30日です。



そうそう、忙しくて告知もしていなかったけど、5月5日筑波サーキットで行われる、筑波サーキット・カーフェスティバル内で行われる、パーティレース東日本シリーズ開幕戦NDシリーズクラスに参戦します。

パーティレース東開幕戦に参戦・応援・観戦される皆さん、よろしくお願いします~!!

Posted at 2018/04/21 18:37:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | サーキット | 日記
2018年03月26日 イイね!

【18年第10走】筑波走行備忘録

【18年第10走】筑波走行備忘録サーキットまでの道中、桜や菜の花がキレイですっかり春の陽気な3月24日(土曜日)、筑波に練習走行。

14:45枠を予約で確保しているにも関わらず、サーキットには11:00過ぎに到着。

『いやぁ~花見車で渋滞すっかと思って早く出てきたのよ』って言ったけど、本当はせっかちなのと『とにかくさぁ~サーキット走る日はワクワクしてさっさと出かけちゃう』なのだよね(笑)






筑波の芝生広場もすっかり新緑。



遊びに来てくれたKAZ20NCさんと食堂でランチ。ここんところお気に入りの≪昭和カレー≫。



パドックに戻ってもこんな感じでガラガラ。

『おぉ!!これはコースもガラガラかぁ??』と思ったのだけど、それは誤解だと後で知ることに・・・。



見回すと、ワンメイク系のレース参戦者かノーマルチックな車ばかり。

『極太タイヤ・GTウィングどこ行った~?』って感じ。

特にハードトップで無く幌のS2000はとっても新鮮(笑)

もうすっかりアタッカーの皆さんはオフシーズンのようです。

2016年パーティレースのNDシリーズスタートの年に彗星の様に現れ、見事デビューWinを飾った127号車krtkさんがこんな車で登場。



この日はスポーツ枠のT枠は無いため、ファミリー枠のY枠に混ぜていただいての走行。

パドックにいたノーマルチックな皆さんは、そのほとんどがE枠じゃなくY枠だったようで、Y1枠はなんと30台フルグリ・・・・。

筑波に来れば必ずいる128号車BENさんとkrtkさんのエリーゼとつるんで走行も、フルグリなんで至るところで引っかかってクリア皆無。

不完全燃焼なんでY2おかわりを買いに行くと『Y2は満車です』と断られこの日の走行は終了~。

次回は31日のT2あたりを走行予定です。



自分の車載とkrtkさんの追っかけを並べて比較研究中~。

krtkさんありがとうございます。




〇メモ

・ベストタイム=1分10秒85

・新アライメント検証

・二代目Adrenaline003ナラシ

・暑からず寒からず3月3日に近い感じ

Posted at 2018/03/26 21:12:09 | コメント(4) | トラックバック(0) | サーキット | 日記
2018年03月11日 イイね!

【18年第9走】パーティ北日本合同テストに参加&下道レポート

【18年第9走】パーティ北日本合同テストに参加&下道レポート3月10日(土曜日)、スポーツランドSUGOで行われたロードスターパーティレースⅢ北日本シリーズ合同テストに参加してきました。

ロードスターのみ25台(NC:2台・ND18台・東北カップ車両5台)での占有走行30分×2本。

TCR加藤さん・ケンオート小原さんの講義や走行の合間の質疑等ありありで、参加費はなんと10,800円と超お得なイベント。



実はこのパーティレース合同テストに参加するのは、レース参戦2年目の2012年以来2回目。

平日だとなかなか参加できないけど、今回は土日だったので迷わず参加。

あまり走ったことの無いSUGOだけど参戦に向けての準備も進んだし、オフシーズンの間お会いできなかったパーティレーサーの皆さんとの交流もでき大変有意義な一日でした。

主催いただいたビースポーツさん・マツダさん。

講師の小原さん・加藤さん。

参加者の皆さん、一日サポートいただいたGlaycodeさん、ありがとうございました。



以下、備忘録を兼ねたレポートです。

●行き

今回は前日金曜日午後から夜にかけて移動し、SUGO近くの大河原のホテルに前泊。

地元から圏央道に飛び乗り東北道へ。

栃木の宇都宮を過ぎたあたりで夜7:00を過ぎて通勤による渋滞も収まったと思われる頃、矢板ICで一般道へ。

ここで約400キロの道中のちょうど半分くらい。残り約200キロを一般道で向かいます。

東北道と国道4号間の信号がまったく無い一本道(追記:矢板ICを降りて、国道4号線に出る手前の県道30号線を左折)をいい感じのペースで北上。

約3時間半で大河原到着。

もちろん高速道路を行った方が速いのは間違いないけど、一般道で景色や街を楽しみながらこのペースで行ければアリですね。

≪SUGOへの行きは、夕方の通勤渋滞を避ければ矢板から先は一般道OK。200キロ3時間半位。≫

●宿泊&当日朝

菅生周辺は温泉も多いので温泉宿もアリなんだけど、到着時間が深夜になったりする恐れもある場合はビジネスホテルが安心。

グリーンホテル大河原

ルートイン的な大浴場があるここは、SUGOまで20分と近いのと、駐車場がシャコタン・積車OKのまっ平らで広大、そして夜間照明も明るいので盗難とかも安心。

手作り感のあるなかなかおいしい朝食バイキング(6:00~)を堪能し出発。

せっかち野郎は全体2番目でSUGO到着。

さらにせっかちだった91号車さわじぃさん&サポートの彗星さんの横のピットへ。



ちょっと異音が出ていたブレーキのメンテをGlaycodeさんに手伝っていただき実施→異音解消。

≪NDのスライドピンメンテはやりすぎな位やるべき≫


●ブリーフィング&インストラクター講義

ケンオート小原さん・TCR加藤さんによる新指定タイヤAdrenaline003対策・SUGOコース解説・競り合いのノウハウ。

大変ためになりました。ありがとうございます。

≪入力は1回・とにかく丁寧に・付いちゃダメ≫

●1本目走行

昨年末に袖森仲間で走りに来た時が48秒台だったので、今回の目標を≪47秒台マストでできれば46秒台≫として走行開始。

コース改修されたところが≪使えるか≫のチェックをしてからアタック開始。

47秒台は出るけど、なかなか46秒台には入らず。

馬の背からSPと最終アプローチがもやもやな感じ。

でもタイム掲示板の常時表示される上位6(7?)位のゼッケンとタイムから『おぉ??NDのトップタイム?よしよし♪』と走行終了して戻ったら、最終ラップで74号車さんに逆転されていてND2番手に・・・残念。

ND18台中2位。

●昼休憩

参加者の皆さんとの情報交換と、もやもやポイントを小原さんに相談。

なるほどなるほど。

●2本目走行

『さぁもやもや解消で46秒台!』と意気込んでコースインするも、数台の団子にはまってしまい予期せぬバトル練習モードに。

SUGOはコースが広くはないので、バトルはなかなかスリリングな感じですね。

その後はもやもやポイントの対策走行をするもなかなか成功せず、ギリギリ47秒台の47秒9とタイムアップせずに終了。

若者2人と91号車さわじぃさんに抜かれてND18台中5位

≪もやもやはまだ解消せず。本番前に練習に行きたし≫

そんな感じでこの日のメニューは終了。

●温泉

富士・袖森仲間のNCキワムさんおすすめの温泉遠刈田温泉の神の湯にGlaycodeさんと。



なんと330円とリーズナブルなのにこの泉質と飛び上がるほどの熱さ。

これは最高。

●帰り

地元のGlaycodeさん先導いただき、福島県のいわきまで下道ドライブ。

それはもう気持いい田舎道&峠道を、GlaycodeさんのDJデミオ15MBとNDでドライブ。

ここは明るい時に景色を見ながら走ってもいいかもな本当に楽しいコース。

≪SUGO-いわき下道3時間強≫

Glaycodeさんとお別れして『さぁ常磐道で帰るか。』と思ったら、なんと常磐道が事故で通行止め。

どうやら茨城県の南部のあたりまで通れないらしい・・・。

ひたすら6号線を南下し土浦まで来たあたりでヤケになって『こうなったらオール下道で帰ってやるわぁ~!!』と・・・。

≪6号でいわき-東京4時間・食事休憩等で1時間・東京-神奈川県南部2時間≫

SUGOで行われる北日本にはシリーズ参戦はしませんが、どこかでスポット参戦の予定ですので、北の皆さん・東北RSCの皆さん参戦の折にはよろしくお願いします。

Posted at 2018/03/11 22:10:48 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2018年03月07日 イイね!

袖森帰りのアクア渋滞回避に関して①

袖森帰りのアクア渋滞回避に関して①最近、袖森を初めて走られる方から『袖森ってどうなの?』と聞かれることが多かったです。

なんで、Twitterでこんな感じでいろいろお伝えしました。

で、実際走られた方達から『いやぁ~楽しかったぁ』という声を聞き、良かったなぁ~と・・。


ただ皆さん言われたのが『帰りのアクア渋滞には参った・・。』と。

『しまった~!!大事な情報忘れてたぁ~!』という訳で追加情報です。



袖森は多くの方がアクアラインでアクセスされると思うけど、午後になると神奈川・東京行きの渋滞が酷いです。

袖森のライセンス走行枠なんだけど、午前中がバイク、午後が4輪なので、帰りの渋滞は不可避なんだよね。

酷い時は館山道とのジャンクションの辺りから渋滞して『アクアまで1時間』とかね。

で、その帰りのアクア渋滞なんだけど、対策は大きく2つ。

≪裏道・抜け道使ってアクア渋滞を少しでも避ける≫

≪割り切って時間を潰して空いた頃帰る≫


ですね。

では≪裏道・抜け道使ってアクア渋滞を少しでも避ける≫から。

これを見ながら、Mapアプリとか地図で確認ください。



だいたい皆さん、袖森前の道(房総横断道路)を木更津方面に行き、木更津北か東から高速に乗って渋滞にはまりますね?

結論言うと、下道を行ってアクアの手前の木更津金田ICから高速に乗るです。

では、袖森から順に説明しましょう。青の線で示した道を行きますよ。

①袖森前の房総横断道路を木更津方面に行き、右斜め前にローソンのある≪三高≫交差点も真っすぐ行きます。

②少し行くと三箇(さんが)という三叉路の交差点があるのでそれを右斜めに曲がります。

③畑の中の一直線の広域農道をひたすら進みます。

④かなり進むと一直線だった広域農道は少しくねくねするけど道なりに進みます。

⑤国道16号にぶつかります(右手にラーメン屋・左手にガスト)が、まだ真っすぐ行きます。

⑥16号を超えて数分行くと、県道87号線の≪袖ケ浦市役所入口≫という交差点にぶつかるので左折します。

⑦県道87号線を少し走って≪坂戸市場≫という交差点で右折します。

⑧道なりに行くとアウトレットモールとかある辺りで、木更津金田でアクアに乗る車でやや混雑してきます。高架のアクアライン連絡道をくぐって右折すれば木更津金田ICです。

※⑦⑧はいろんなルートがあるのだけど、一番分かりやすいルートを紹介しました。

FAQ

Q:金田から乗っても渋滞してるのでは??
A:木更津金田ICで乗ってもそれなりに渋滞するけど、手前の北や東で乗るよりは全然楽です。

Q:これって行きもこのルート使うの有効?
A:とてもおすすめです。まったく逆に行ってみてください。上使うのと10分も変わりません。そして朝の広域農道は超気持いいドライブになります。そして360円だか380円の節約ね。
ただ、アクアを金田で降りてから、県道87号に出るのがちょっと分かりづらいかもです。ナビに袖ケ浦駅と入れて金田で降りれば、⑥の市役所入り口交差点にたどり着くので、そこで右折して農道に行きましょう。

≪割り切って時間を潰して空いた頃帰る≫はまた今度~。
Posted at 2018/03/07 22:08:59 | コメント(6) | トラックバック(0) | サーキット | クルマ

プロフィール

「[整備] #ロードスター NDロードスターブレーキメンテ スライドピンの位置 https://minkara.carview.co.jp/userid/438639/car/2339813/4746780/note.aspx
何シテル?   04/22 18:27
-富士山麓タイヤ啼く(ふじさんろくたいやなく)- 趣味でサーキットを疾っています。 10代・20代の頃、TE71レビン・ジェミニZZ・NAロードスター・R3...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/4 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

富士ロードスターカップコミュニティ(略称FRCC)サイト 
カテゴリ:サイトリンク
2014/10/07 02:34:28
 
ロードスターパーティレースⅡオフィシャルサイト 
カテゴリ:サイトリンク
2014/10/07 02:31:01
 
風は西から 
カテゴリ:サイトリンク
2014/05/17 03:29:23
 

お友達

サーキット走行をされている方、レースに参戦されている方、ロードスターが好きな方、いろいろ情報交換しましょう。
サーキット等で見かけたら、お気軽にお声掛けください。
287 人のお友達がいます
なつまるなつまる * ひでエリひでエリ *
-みつ--みつ- * こだわりこだわり *
KAZ20NCKAZ20NC * magbluemagblue *

ファン

95 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ロードスター 2代目71号車 (マツダ ロードスター)
NCロードスターNR-Aパーティレース71号車からの乗り替え。 2017年2月24日納車 ...
マツダ デミオ 3代目デミ男 (マツダ デミオ)
新しい相棒。DE5FS デミオスポルト CVT です。 DW型に7年、DY型に7年、そ ...
マツダ ロードスター 初代71号車 (マツダ ロードスター)
《元ロド乗りはロドに回帰する》その言葉通りに、ロードスターに帰ってきました。20代の頃に ...
マツダ RX-8 マツダ RX-8
2005年から2010年まで10万キロを共にしました。 ゆっくり走っても、サーキットを攻 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.