• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

宝塚過激団のブログ一覧

2014年11月30日 イイね!

FFM2014の詳細レポートです

FFM2014の詳細レポートです23日に、イオン幕張店で開催された「フレンチフレンチ幕張」の詳細を報告いたします。

自宅を出発したのは、当日の午前1時です。本当はもう少し遅く出発する予定でしたが、前日22時過ぎに発生した地震によって目が覚め、再度眠れなくなってしまったこともあるのです。


あらら~、通行止めですって!

普段は上信越道を利用するのですが、今回は趣向を変えて中部横断道→国道141号→国道20号というルートを使って南下しました。尚、通行止めとは無関係です。


甲府市内の国道20号にて。この辺の車、平均速度が高くて頻繁に車線を変えますね!


新笹子トンネルに突入…へっ?

国道20号を更に東へ…やっと中央自動車道に入ったのが午前4時過ぎ。


上野原ICから入っ…しまった!あともう少し走れば相模湖ICがあったのに~! 運送屋気質はダテじゃないぜ(爆)


高速に入って八王子の料金所を通過し、「この先別料金」の高井戸ICで下りて環七に向かいました。この辺の立体交差を通るのは本当に久しぶりで、時々走っておかないと感覚を忘れてしまいそう。一般道に下りたばかりだから、スピードを出しがちなんですよね~! おっとやばいぜパトカーだぁ(怖)


この先の大原交差点から環七に入ります

環七に入るとあとはいつも通りの、環七→東京ゲートブリッジ→国道357号というルートです。


環七にて。最も交通量が少ない曜日・時間帯とはいえ、相変わらず平均速度の高いこと!


東京ゲートブリッジを抜け、国道357号を走行中。6時前ですが、まだ真っ暗です

そして、いよいよ会場に到着です。到着したのは6時30分過ぎ、我ながら上手い時間配分とほくそ笑みつつ若干の時間調整をしてから駐車場に突撃。さて、その結果は…!??


いない…


こっちにもフランス車の姿は1台も無し。ということは…


久しぶりの1番乗り決定!! やったぁ(爆)
最近、負けが込んで?いましたからね~。FBMでも待機一番乗り&最前列を確保できたことですし、これで心置きなく「早起き番長」を名乗れます(高笑)


おお、スタッフのClio7010さんの登場です。さっそくご挨拶…その直後、思わぬ展開が待ち受けていようとは…!




ん? 首から何かぶら下がっているぞ…






へっ? す、スタッフ~ぅ!!?


ちが~う!!

ご挨拶したところ、スタッフを頼まれましてねえ…。思わぬ申し出を頂き面食らいましたが、よく考えてみれば…こんな盛大なオフ会が開催できるのも、いつもスタッフの皆さんの尽力があってこそ。こんな私で良かったら、と引き受けることにしました。
お手伝いさせていただいたのは受付で、慣れないながらもTOTAL様のパンフレットにポストカードを入れたり、くじ引きやアンケートのアシスタント等をさせていただきました。受付の中央で、パーカーを着ていたヤツが実は私です…


お手伝いをさせていただきつつも、それなりに会場を徘徊させていただきました。以下、会場で発見したお友達の皆さんと、その他色々です。


178thunderaceさんのラグナです。無塗装のバンパーモールや鉄チンのホイールが本場モノっぽくていいですね。むしろ良いアクセントです。FBMで撮影しそびれていて、やっとここで撮影できました


FFMではお久しぶり!なミルクマンさんの207SWです。毎回仕様が微妙に違うから、油断も隙もありゃしない(笑)


失敗写真ですみません…元気者さんの308です。ナッツご馳走様でした。なるほど名刺代わりにそんな手がありましたか、考えましたネ~。参考にさせていただきます!


なお5∞8さんの5∞8(右)です。お会いできないかな…と思っていましたが、幸いご挨拶ができました。お隣のブラックもなかなかのいい色で、ライトのデザインを強調したい場合にはぴったりですね。



うは~、小っちゃなバイク! 何やらこんなバイクだそうです。自分自身で育てていく「小猿」とはねえ…


こんなムリヤリ感溢れるネタは大好きです(笑) でもこのエンブレムを90度回転させたら一気に威圧感満点の車に大変身(怖)


おおっ! こんなオフ会でも珍しい607が2台並んだ! ハンドルの位置の関係で、何だか鏡に映っているみたいです。私としては、今回はこれが印象深いです


こちらも希少なC6が5台並んでいる! よく見ると車高がマチマチなのがハイドロ車ならではですね


208も随分と増えましたね。奥には、308CC軍団が定位置を占めていました


オールド車では505が良かったです。微妙な尻下がりのデザインが、よく見ると非常に優雅なんですよね~!


この尻、今でも実に斬新です。初代P譲(307)に乗っていた頃、半ば本気で嫉妬していたほどですから(苦笑)


ばっちり定位置に、うちのP譲を停めました。今回は、Coupe407と508に囲まれていました


楽しかったFFMも、お開きの時間になりました。買い物を済ませて撤収! 1,000円以上の買い物はしたけれど、駐車代が800円かかりましたとさ…これが一番乗りの代償だったりして(泣)


今回は、今まで恒例だった出口渋滞は見られませんでした。今後もこうありたいものです

渋滞も無くすんなりと会場を後にしたのはいいけれど、燃料が…!


警告ランプまで点いているゥ!

実はこれ、作戦のうち。何しろ私が住む長野県(軽井沢の至近距離)は燃料代が高くて! ここで給油すればリッター毎の単価で10円以上安いから、ここでの給油が欠かせません。

会場隣のセルフスタンドで満タンに。特約店だからマイルも2倍確保(笑)

満腹になったP嬢と共に、幕張を後にしました。意外だったのは、いつも混雑気味の国道357号(特に若松交差点手前)が空いていたことです。


いつもはもっと交通量が多い筈ですが?


若松交差点もあっさり通過できて、いささか拍子抜け

江戸川を渡り、別料金が必要な東関東道の区間が終わった千鳥町から首都高に入りました。


たまには走っておかないと、感覚を忘れてしまいそうなので、P嬢と上京した時には必ず走ります

そしてそのまま、長野へ帰る…と思いきや、続く(笑)


今回のFFMでは、スタッフに任命されるという思いがけない展開が待っていました。でもスタッフになって初めて理解できた、気配りや対策、その他諸々…。楽しむだけでなく、大いに勉強させていただきました。

お友達や他のスタッフの皆さん、集まって下さった皆さん、そして会場を提供して下さったイオン幕張店様…どうもありがとうございました!
Posted at 2014/11/30 06:23:25 | コメント(7) | トラックバック(0) | イベント参加記 | 日記
2014年11月30日 イイね!

FFM放課後活動 -保税エリアの車たち-

FFM放課後活動 -保税エリアの車たち-
FFMがお開きになったあとは首都高に入り、自宅へ直行…する筈もなく、私独自の放課後活動を展開しました。その一部始終を、ここに報告いたします。前回思いがけず決行した放課後活動に味をしめ、再び大黒ふ頭へ向かいました。さて、今回はどんな車が見られるかな?





首都高湾岸線を西に向かい、いざ大黒ふ頭へ…の前に、ちょいと道草を食いました。


首都高を出てすぐ左折したところ。ここは…?


実はここ、オフ会でよく使われる「川崎マリエン」がある東扇島です。ここには火力発電所や中古車のオークション会場、そして嫌な思い出満載の物流倉庫各社などがありますが、お目当てはこちら。




ここは…


そう、スバルのモータープールです。よく見ると、今やスバルにとって最大のお得意様であるアメリカに輸出される左ハンドルの車両群で、東海岸のボストンまで輸送されるようです。インプレッサやXV、あとフォレスターとBRZが少々で、何故かレガシィは見られませんでした。10年くらい前にここに来れば、あの「SAAB 9-2X」が見られたのでしょうね。

北米仕様のスバル車を愛でた後は、再び首都高に入って大黒ふ頭へ向かいました。ループを下って首都高を出ると、そこには世界各国へ輸送される車両群が保管されていました。

まずはこちら。


これはいすゞの敷地を撮影したもので、アルジェリア向けのNシリーズ(日本名エルフ)が保管されていました。↓の写真は、その反対側です。



前回同様、オーストラリアに輸出される右ハンドルのスバル車群が保管されていました。車両の内訳も東扇島のとほぼ同じです。でも今回は、西海岸のパース近郊「フリーマントル」に輸送予定らしいですね。

今度は、海釣り施設に行く途中にある市営埠頭に向かいました。お…いたいた!




間もなく発売される予定のホンダ・グレイス…と思いきや、よく見ると左ハンドルなので「シティ」ですね。輸送先は不明です。

すぐ近くの敷地には↓がいました。


お~、日本では販売されないピックアップ車「トヨタ・ハイラックス」じゃありませんか! 原産国は特定できなかったけど、メキシコ向けのようです。↑のシティと一緒に輸送されるの?


逆光がきつくてすみません…ハイラックスの廉価仕様です。無塗装のバンパー部分がフロントマスクを広く占めているのが印象的です


これも香港向けかな? 今回も見られたフォルクスワーゲン・ジェッタですが、今度は後ろ姿が見られました。アウディ風のテールランプのデザイン、なかなかいいですね


奥には、ボルボ・トラック乗用車のボルボとは別会社)の「FH」と思われるトラクタがいました。日系メーカーの車両と違い、ベッドスペースが広そうです。キャブが重そうですが…右ハンドルなので日本向け?それとも?


こちらは今やボルボグループの一員となったUDトラックス(旧日産ディーゼル)の大型車「クオン」です。何となく国内仕様っぽいのですが、ではなぜ保税エリアに?


これは…総輪駆動の除雪用シャシかな? ますます謎が深まる一方。すぐ近くに、緑色のマーカーランプを備えた輸出用のコンドルもあったので、ますます混乱します。

今回も市営埠頭で色々見られましたが、一般人が入れるのはここまで。できれば平日に入ってみたいです…休日には入れない場所があって、そこにはホンダや三菱ふそう等の敷地があるから、そこでまた日本未発売の車種(アキュラブランドの車種など)見られそうだからです。


大黒大橋を渡る途中で見た、ふそうの輸出される車両群です

タイトル画像の場所にP嬢を待たせ、どれほど探検したい衝動に駆られたか…!!


概ね満足できたので、汐入(しおいり)から首都高横羽線に入りました。ここの合流、恐怖の「右側合流」で、久しぶりなのでドキドキでしたが、たまたま空いていたのとP嬢の抜群の加速力で難なく合流できました。平和島料金所を通過し、1号羽田線→都心環状線→5号池袋線というルートを利用しましたが、首都高を走るのはやっぱり楽しい。P嬢のエンジンは音が細い割には実に鋭い加速をしてくれるので、まさに本領発揮の走りっぷりにジ~ン…う~ん改めてP嬢に惚れ直したゼ! 

首都高の走りを堪能したあとは高島平で首都高を下り、笹目通りに入りました。


ここ、白バイと遭遇する率が高いです。お~コワ!

あとは笹目通り→新目白通り→関越自動車道というルートで帰ります。関越に入ったのは16時近くで、既にスモールライトを点灯しないとメーターが見えにくいほどに日が傾いていました。あとはクルーズコントロールをセットして、のんびり帰ります。そして18時過ぎ、自宅に到着したのでした。

今回は2回目の放課後活動でしたが、そう簡単には見られない車種を多数見られて大いに満足でした。また今度もやろうかな~っと(笑)


以上で、今回のFFMの報告は終了です。
Posted at 2014/11/30 06:21:57 | コメント(2) | トラックバック(0) | イベント参加記 | 日記
2014年11月24日 イイね!

新308に乗ってみた

新308に乗ってみた他の皆さんからもレポートが多数報告されていますが、本日私も新308をチェック&試乗して来ました。実際に見て触れて初めて分かるポイントを多数発見できましたよ!

数日前にネットで試乗の予約をしてから、長野市にある「プジョー長野」に行きました。まずは、エクステリア他をいろいろチェックです。

展示されていたのはタイトル画像のハッチバックのAllureと、SWのPremiumの2台でした。

まずは、エクステリア。写真では「ゴルフっぽい!」と思っていましたが、実際に見るとそうでもなかったです。旧308と比べてデザインがうんと単純になったと思っていましたが実際にはそんなことはなく、ボンネットや側面などに消えそうで消えないキャラクターラインが走っていて、実際には大人しめながらも意外と複雑なデザインでした。




う~ん、私の撮影ぎぢゅつでは魅力が全然表現されていないなぁ~特にSW(涙)

ラインの流れ方も非常に洗練されていて、実に好印象! 派手めな旧308のデザインよりも更に良くなったと思います。

車体色について。ディーラーさんにあったのは「パールホワイト」「リオハレッド」「トルネードグレー(推測)」の3色でしたが、その中で気に入ったのはタイトル画像のリオハレッド! 落ち着き過ぎず派手すぎず、実に絶妙な赤でした。今までの○○○○レッドよりもうんといいですゾ(笑) 前後ライトのデザインを強調したいのであれば淡い色の方がいいかもしれませんが、私だったら今のところリオハレッドを選択します。


このリオハレッドが気に行ったぜ!

ヘッドライト。このクラスでフルLEDとは随分と頑張りましたね。


やっぱり洒落ています

でも事前の案内各種であまりにも刷り込まれたせいか、Premiumのハロゲンライトには面食らいました。


安っぽさは感じませんけどね

実際には別の部品でHIDにすることもできるようですが、少々物足りなく感じてしまいます。


次は、インテリアです。まずひと目みて「うんとすっきりしたな」が率直な印象でした。



インパネからはスイッチ類が大幅に減ってタッチパネルに集約され、オーディオのスイッチ類はステアリングに移動したのですね。307みたいに、オーディオの音量他のスイッチがステアリングに復活したのは嬉しかったです。でもタッチパネルのスイッチは…タッチパネルはたまに反応しにくいことがあるから、正直言ってあまり好きではないのですが、ステアリングでオーディオ操作ができることに免じて許してもいいかな?
座席は、長距離を運転していないから結論とは言えませんが、まず座ってみての印象は「ちゃんと支えてくれそうだな」でした。安心して身を任せられそうな印象です。そして角度の調整がダイヤル式、そして無段階になったことがマル! 


これだと微調整ができてとってもいいのです


そして…これは劇的な改善だ!と思ったのがワイパーです。



写真の通り、今までのバタフライ式から通常のワイパーに戻りました。ということは、旧308の運転席側でありながら拭き残し面積が大きいという、旧308(と307)最大の問題が解決されたのです! やはり他の旧308オーナーからその改善点を称賛する声は多いらしく、これには私も思わず驚きの声が出たほどです。


アロイホイールは、Premiumのこのデザインの方が好みです


エンジンルームは、意外と空間はありませんでした。余談ですが、この3気筒エンジンのピストン、実は日本製で、しかもこのディーラーさんの至近距離(長野県上田市)にあるアート金属工業で生産されたものだそうです


そして、いよいよお目当ての試乗です。試乗車として用意されていたのは、グレーのAllureでした。



フロントマスクもいいけど、後ろ姿は案外ボリューム感があって、こちらもなかなかいいですゾ

まず、エンジンの始動から違っていました。キーを捻るのではなく、イグニッションのボタンを押すタイプです。そしてパーキングブレーキの解除は自動ですって! 既にこの時点から、カルチャーショックを感じます。ステアリングは、旧308乗りとしては、ゲーム機のステアリングと錯覚しそうなほど小さなハンドルですが、思った程の違和感は無かったです。そして今までとは異次元の動きの軽さですが、回した分だけキチンと曲がってくれるし、路面の感触もそれなりに伝わるから「これでいいかな」と思いました。ハンドルが若干重くなってエンジン音が増幅、しかも太めに聞こえる等の機能がある「スポーツモード」も使わない気がします。

エンジンのパワーは、一度だけ強めに吹かして試しましたが、やはりうちのP嬢のと比較すればやはりパワーが小さめな印象です。何せP嬢のエンジン、同じ前期308の中でも若干強めの150PSですから! でも首都高速の右側からの合流でも事足りるパワー感だったから、必要十分と思いました。


…私なりの結論です。旧308と比較すれば、劇的に進化&改善しているので「買い!」な車ですね。
でも私は、今のところ買う気はありません。だってMTが無いから! でもディーラーさん曰く「そのうちGTとか、MT仕様が入る可能性は大」とのこと。あまり高性能でも使いこなせないので、現行のラインナップ(特にAllure)にMTを追加してくれるのがベストですが、希望を捨てずに待ちます。そもそもうちのP嬢だって、後から追加された仕様ですからね。

他の皆さん…特に旧308オーナーの皆さんへ。新308は、自信をもってお薦めしますよ!!




おまけ



ディーラーさんへ行く途中、Hyundaiのi30に遭遇しました。レンタカーとして使われる沖縄とバス以外では、東京ですら韓国車と遭遇するのは珍しいのに、長野で遭遇できたのは驚きでした。時間調整と高速代節約のために国道を使ってよかった~(大笑)


※おことわり…写真の試乗車は個人所有の車ではないので、ナンバー消しは行っていません。
Posted at 2014/11/24 19:38:49 | コメント(4) | トラックバック(0) | 乗ってみた | 日記
2014年11月23日 イイね!

FFMから帰って参りました。

FFMから帰って参りました。18時頃に、自宅に戻りました。タイトル画像は、イオン幕張店に佇むP嬢…あれ? 周りの車は??

本日、イオン幕張店で開催された「フレンチフレンチ幕張」では、先日のFBM同様の好天に恵まれました。しかし私には、まさかの展開が待っていた…!! その詳細を報告したいところですが、もう疲労困憊で…とりあえず来週を目途に報告する予定なので、もう少しお待ちください。

皆様、本日はありがとうございました!

Posted at 2014/11/23 19:01:13 | コメント(4) | トラックバック(0) | イベント参加記 | 日記
2014年11月22日 イイね!

北海道行きの写真を追加します

北海道行きの写真を追加しますこの2枚の写真は、札幌駅近くにある苗穂工場の片隅を撮影したものです。新千歳空港行き快速「エアポート」の車中から走行中に撮影したので、悲惨な写真で申し訳ないのですが。

タイトル画像の写真は、リゾート専用車両(「ジョイフルトレイン」とも言いますが)の傑作「フラノエクスプレス」の先頭車です。廃車になってから10年程が経過していますが、まだ解体されずに残っています。


2枚目は、こんな写真で実に面目ない…な写真ですが、一転して新造間もない最新型です。



落成直後からいきなり使い道が無くなった悲運の車両「キハ285系」ですね。今後は総合検測車(在来線版ドクターイエロー、と言えば分かりやすいでしょうか?)になるとも言われていますが、こんな提灯みたいな車体断面では機器類がうまく載らないのでは? トラックの荷台みたいに真四角な箱と、ワンボックス車みたいに上の方が絞られた形状とでは、積載効率が全然違いますから。
Posted at 2014/11/22 16:15:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | 旅行記 | 日記

プロフィール

「@けろさん この車、デザインはあまり好みではありませんが、コンパクトな車体は好感を持ちました。タイヤも無闇に大きくないし、肥大化したCR-V等と違い、身の丈サイズなSUVと思います。」
何シテル?   11/17 15:13
宝塚過激団と申します。何とぞよろしくお願いします。 プロフィール画像は、宇部興産専用道路で運行されているアメリカのケンワース(ただしオーストラリア製)のボ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/11 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

春の遠足~工場見学&水族館ツアー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/11/16 14:03:55
ハイドラ またしてもやられました(>_<) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/09/21 11:33:55
新宮ドライブ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/07/15 20:29:29

愛車一覧

プジョー 208 三代目P嬢 (プジョー 208)
現在、私が乗っているのは208AllureのMT仕様で、2015年4月上旬に納車されまし ...
プジョー 308 (ハッチバック) 二代目P嬢 (プジョー 308 (ハッチバック))
2台目のプジョーは、308のPremium(MT仕様)で、2009年7月末~2015年4 ...
プジョー 307 (ハッチバック) 初代P嬢 (プジョー 307 (ハッチバック))
初めて買った輸入車です。回した分だけきちんと回ってくれるハンドリングにばっちりの安定感、 ...
ホンダ シビック ホンダ シビック
必死に貯めたお金で買った、初めての新車です。本来は「シビッククーペ」が欲しかったのですが ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.