• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

宝塚過激団のブログ一覧

2015年10月25日 イイね!

レインボウな物件

レインボウな物件秋のCP緑化強化月間の期間中に撮影した、レインボウな物件です。そして、バスマニアの皆様、お待たせしました~

これは両備バスの岡山~玉野(宇野駅近辺)を結ぶ「玉野渋川特急」の専用車、三菱ふそうのKL-MP35JM+西工ボデーの車両です。路線バスのワンステップ・シャシでありながらトップドア(前だけに乗降ドアがある仕様)で、ここから車椅子の乗降可能。そしてリクライニングシート装備という、極めて特殊な路線バス車両です。

尚、車体のカラー(と内装)をデザインしたのが、JR九州の仕事で名高い水戸岡センセイ。ところで…「Ryobi」のロゴは何となく「レイバn」に似ていませんか?

というわけ?で、レインボウ!!
Posted at 2015/10/25 00:47:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | 小ネタ | 日記
2015年10月25日 イイね!

FBM2015参加記

FBM2015参加記前回のブログで予告した通り、うちのP嬢と共に、長野県・車山高原で開催されたフレンチブルーミーティングに参加しました。その様子を報告します。今回は、三代目に進化したP嬢(PEUGEOT208)にとっては初めて参加するFBMでもあります。

自宅を出発したのは午前1時半頃、至近距離に住んでいるのにこんな時間から出発します。中部横断道を通って国道142号→県道40号のルートで白樺湖を目指します。


途中のコンビニに立ち寄ったついでに天気を確認すると…


今年もいい天気ではありませんか。よかった!

それから、県道40号の山道を上がっていきました。


草木も眠る丑三つ時…こんな時間にこんな山道を走っているのは私くらいのものでしょう(笑)

交通量の殆ど無い時はどんどんすっ飛ばして行きたいところですが、そうもいきません。何しろこの辺りは動物各種…特に鹿が道を堂々と横切るので、衝突してラジエーター破損!という最悪の事態の可能性もあるから、すぐに停まれる速度で走ります。

途中で、この日のために敢えて緑化しなかったCPも緑化しました。


はい、この通り

当日参加者(車?)の待機場所に到着したのは午前3時30分過ぎで、今年は昨年より若干遅めだったこともあり、一番乗りではなく4番目でした。ちょっと惜しかったかな!? 本当は写真もお見せしたかったのですが、どんなに修正しても真っ暗の悲惨な写真しか無く、証拠写真がありません(謝)

開場まで仮眠し、5時を回った頃に受付が始まりました。実はこの動き出すタイミングが意外と難しい…受付開始の案内がとくにあるわけではないので、一種の「勘」が頼り。そのため、ボヤボヤしていると待機していた車以外の車がどんどん先に入ってしまうので、一番乗りどころか最前列だって危ういのですから油断できません。前の方が動き出したので、私もそれに続いて受付に突撃。その結果…


今年も何とか、最前列確保。やったァ!!

そして、今年の領収書番号は?


6番でした。いつかまた「000001」を確保したいな~っと(笑)

夜が明けた頃、私が駐車した駐車場「P8」がほぼ満車になり、他の駐車場にも続々とフランス車他が入って来ました。夜明け直後でこの通り。






ハイタッチ!driveを起動したままにしていると、ハイタッチの音がずっと鳴りっぱなし、う~んさすがフランス車最大のお祭りですね!


最終的に、こんなにたくさんの皆さんとハイタッチできました!

完全に明るくなったところで、最前列組の皆さん(の車)との記念撮影をしましょう。
まずは車山をバックに、うちのP嬢をメインにした3ショットです。


FBM参加車両の中でもひと際目立つC4、さすがの存在感です。撮影される方が非常に多かったですね



下は最前列組の全体…と言いたいところですが、肝心カナメのP嬢が映っていませんでした(涙)

私と同じ駐車場の後ろには、お友達の「なお5∞8」さんがいらっしゃったので、さっそくご挨拶。約1年ぶりの再会でした。同業さんだけあって、色々と話が弾みましたね。あっいけない、愛車の5008の撮影を忘れた(笑) あと、なお5∞8さんとのハイタッチが、私にとって最初のお友達の方とのハイタッチでした。

そして、今回初めてお会いする「けろさん」さんとご挨拶ができました。


納車間もないというグランドC4ピカソ、実に美しい…こちらも乗ってみたいです

車はもちろん、マイレージネタでも盛り上がって…いつかフェリーのネタでも盛り上がりましょうね(笑)


陽が高くなり、グラウンドも満車になりました。そういえば手前のC6とDSはそれぞれ10周年と60周年とのこと、おめでとうございます。


以下は、会場で気になった車の数々です。まずはフランス車から。



今年もアートな2CVがいました。オーナーさんが会場に停めてから懸命に作業をして仕上げておられましたが、その甲斐あって両方とも大変な注目を集めていました



う~んこの504、優雅なボディーラインが美しいです。さすがはピニンファリーナ!


初めて実物を見る108です。光り物パーツが多くて107みたいに質素な印象は薄かったです。もしかして販売店さんの独自仕様?


プジョーの商用バン「Boxer」で、日本車には真似できないFFシャーシならではの低床が自慢です(先代のこれのシャーシを活用したバスが日本で作られました)。それにしてもこれでジムカーナに出場とは! 主は漢なり…


以前は見られなかった、PCJの車両展示・試乗会がスカイシティ駐車場で行われていました。PCJさん、参加して下さってありがとうございます


フランス車以外も、個性的な車両が集まっていました。


ジウジアーロ氏のデザインをほぼそのまま市販車として再現したと言われるアルシオーネSVXですね。今見ても古臭さを感じないデザイン、さすがです


お~、懐かしの日産・ホーミー(E23)ではありませんか。これぞ1BOX!な車体の室内の広さは、ミニバンには真似できませんね。実にきれいな個体でした!


う~ん、風格を感じる220SEですねえ。いや、素晴らしい! 


おっトヨタ406(違) …それはともかく、オーナーさんは確信犯でしょうか(笑)


フェンダーミラーが眩しい(?)、クラウンセダンです。リアシートに自動車電話(携帯電話じゃないゾ)があれば、もう完璧!?



私はこんな車両も気になります。現地で活躍するふそう車ですが、山間部で使用するだけあってさすがの四輪駆動。前輪にデフを設けない前提の設計だから、異様な腰高ぶりですね(笑)


こちらは同じくふそうのマイクロバス「ローザ」です。このように、ボデーを大幅に切り貼りした特装車も大好物なんですよね~(笑) 内装の仕様が気になるところです

早朝待機から参加していると、昼頃から疲労を徐々に感じてきます。というわけで、今年はこれで撤収。でもそれが大変でした…最前列を確保したのはいいけれど、昨年までとは違ってすぐ後ろは車でふさがっているので、すぐ前の草むらを通って退出するのですが…非常に凸凹しているうえ、他の皆さんが店を広げて寛いでいるのですから。止む無く移動して頂いて、難儀しながら駐車場から退出しました。



ビーナスラインに出れば、FBMならではのフランス車渋滞を味わい?ました。

皆さん、また来年お会いしましょう!

あと、今回初めてハイドラをFBM会場で起動したところ、私にとっては前代未聞のハイタッチ数を記録しました。


お友達はもちろん、いつもイイね!や足あとでお馴染みの皆さんとも多数ハイタッチできました。その結果、1日のハイタッチ数の新記録「109」を記録してしまいました!

今回は、初めて三代目P嬢で参加したことと、ハイドラを起動しながらの活動だったので、私にとっては「エポックメイキング」なFBMで、大いに楽しめました。FBMに参加して下さったお友達をはじめとする皆さん、スタッフの皆さん…改めて感謝します。

ありがとうございました!
Posted at 2015/10/25 00:11:09 | コメント(1) | トラックバック(0) | イベント参加記 | 日記
2015年10月18日 イイね!

フレンチブルーミーティングから帰って参りました

フレンチブルーミーティングから帰って参りましたつい先ほど、長野県・車山高原で開催されたフランス車のイベント「フレンチブルーミーティング」から帰って参りました。

今回は昨年と同様、異例の好天に恵まれ、まさにイベント日和。でもそろそろ、この晴天が定番になってほしいですね…悪天候な時が多いものですから。

今回は初めて、会場でハイタッチ!driveをやってみましたが、ハイタッチの数が予想以上の数でたまげました。ハイドラの面でも、面白かったです。

早速レポートを、と言いたいところですが、早朝待機から参加したため疲労困憊…申し訳ありませんが、来週までに仕上げますのでお待ちください。あ…宣言しちゃった(笑)

今回、会場でお会いしたお友達の皆さん、ハイタッチして下さった皆さん…そしてスタッフの皆さん、お礼を申し上げます。

ありがとうございました!


Posted at 2015/10/18 15:18:03 | コメント(2) | トラックバック(0) | イベント参加記 | 日記
2015年10月17日 イイね!

結果発表

先月宣言した通り、先日まで「秋のCP緑化強化月間」と題して、緑化活動を行って来ました。その結果を発表します。

新規CP緑化数;738

そして…13日までのCP総緑化数;2,326

で、結果は目標を大幅に超過しました。ぎゃはははは~っ!!

途中に130km/h走行する区間もあって(電車です、念のため)、どの位緑化未達のCPが発生するか心配でしたが、予想以上に少なくて安心しました。あと…


強化月間中に、「オダアツ」こと小田原厚木道路を通りました。


入口の厚木料金所です


弁天山トンネル付近を通過中

驚いた…というか恐怖を感じたのは、走っている姿はもちろん、それ以外にもあちこちの非常駐車帯に「例のクラウン」を多数目撃したことです。う~ん…噂には聞いていましたが、とにかく数の多いこと! こりゃあスピードは出せませんね。やはり有名らしく、他の皆さんも制限速度(70km/h)で大人しく走っていましたよ。お~コワ!

Posted at 2015/10/17 10:40:24 | コメント(1) | トラックバック(0) | ハイタッチ!drive | 日記
2015年10月11日 イイね!

青函フェリーに乗ってみた

青函フェリーに乗ってみた青函フェリーに乗ったので、その模様をレポートします。行った時期は随分と前…乗船記を完成させておきながら、こちらと同様に投稿するのを忘れていました(笑)

車無しの乗船、いわゆる「徒歩乗船」なので、五稜郭駅から徒歩でフェリーターミナルに向かいました。公式サイトには30分と書かれていましたが、実際には20分ちょっと程度でしょうか? ただ、宿泊できる位の荷物を持っているとしんどいです…途中に階段(JR線を越える陸橋)もありますから。


国道227号方面から、フェリーターミナルが見えました



ターミナルの建物です。最近移転・新築したらしく、まだ新しい建物でした


内部です。新築間もないだけあって、どこもピカピカでした


乗船券と下船券、そして領収書です。何故か領収書の方が大きい…

ターミナルで乗船申込書を記入し、予約してある旨を告げて受付を済ませました。この際、割引クーポンを見せると1割引きなので、乗船予定のある方は覚えておくと有利です。

函館港から、11時35分発の8便に乗船しました。乗った船は、2000年に就航した「3号はやぶさ」です。


共栄運輸側に属する、3号はやぶさです。ファンネルマークの「マルシチ」は栗林グループの証。余談ですが、この青函フェリーとは共栄運輸と北日本海運(日通グループ)が共同運航する航路なのです

11時10分頃、まずは徒歩乗船から始まりました。


列に並ぶマイカーの皆さんを尻目に、先に乗船します。徒歩乗船であっても、車両ランプウェーからの乗船です


車両デッキはまだ空っぽでした


床に並ぶ、直径30センチはありそうな巨大なネジ?です。歩いているとつまづきそう!


トラックやマイカーで埋まった車両デッキです。家畜(牛)を載せた大型車が数台乗船していたので、デッキ内は獣のにほひが充満していましたとさ(苦笑)


車両デッキと甲板を行き来できるのは、乗客にとってはこの狭くて急な階段だけ。バリアフリーどころか大きな荷物を持っての上り下りさえ出来そうにない階段ですね。バリアフリー法以前の建造かつ元貨物専用フェリーゆえ、やむを得ません


私が乗った船室です。一般旅客営業を始めて間もない頃に就航した船体だけあって、一般旅客向けには他に椅子席少々と、極めて簡素です。でもその分運賃が安いから、とくに不満はありません


船室には、コンセントが3か所ありました。本来は業務用(清掃等)向けかもしれませんが、これは有難いです。これを撮影した直後にマイカー乗船の皆さんがやって来て、コンセントは全て埋まりました

ほぼ定刻に、船は函館を出航しました。


函館山と造船所です。余談ですがこの船、この近くの「函館どつく」で建造されたそうです


七重浜方面には、青函フェリー最大のライバル「津軽海峡フェリー」のターミナルが見えました。あれ?(旧)ナッチャンworldって塗装変更したの?


よく見ると、手前に貨物重視タイプの「えさん2000」が停泊していて、どうやら錯覚だったようです(笑) そういえばこの船、旧道南自動車フェリー時代からの生え抜きですね

船が出港して間もなく、揺れが若干強くなりました。青森までは約4時間の船旅です。その間は何もやることはなく、首尾よく確保できたコンセントを利用してタブレットに充電しつつ仮眠することに。ライバル社の船は設備が充実しているようですが、こちらは元貨物フェリーゆえ、設備は貧弱そのもの。もっともその分運賃が安いから、文句はありませんが。他の皆さんもやはり同じ考えらしく、皆揃って雑魚寝していました。それはいいのですが、カーペット敷きとはいえ尾てい骨が痛くてなかなか眠れなかった…雑魚寝するには、クッションが必要かも? 一応寝台もありますが、少なくともこの船では上得意のトラックドライバー様専用でした。でもコンセントが使えたからいいかなっと。

いつの間にか陸奥湾内に入ったようで、揺れが若干穏やかになりました。気がつくと、後ろに他のフェリーが付いてきていました。


津軽海峡フェリー「びなす」でした


あと、海上でもハイドラを起動させていました。同じ考えの方はやはりいらっしゃるようで…ハイタッチのしようがありませんが(笑)

そして到着のアナウンスが流れ、船は青森港に到着しました。




函館側と違って、ライバルとほぼ同じ場所にあります。そしてこれまた函館港と違うのは、徒歩乗船客は車両が全て(トレーラーシャーシを除く)出てからの下船なので、急いでいる場合は少々気を揉みます。そんなわけで接岸してランプウェーが下ろされ、車両の下船が始まっても、徒歩乗船客は船室で待機します。やがて数分後、係りの方から下船して下さいと案内があり、下船しました。ここでもやはり、車両のランプウェーを使って下船します。同社だけでなくライバル社、しかもかつて就航していたナッチャン姉妹も青森港ではそうでした(函館港ではボーディングブリッジ)。青函航路ならではの乗下船方法ですね。


青森港にて。このように、徒歩乗船であっても車両ランプウェーで下船します

以上、レポートでした。
Posted at 2015/10/11 04:08:33 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「@けろさん この車、デザインはあまり好みではありませんが、コンパクトな車体は好感を持ちました。タイヤも無闇に大きくないし、肥大化したCR-V等と違い、身の丈サイズなSUVと思います。」
何シテル?   11/17 15:13
宝塚過激団と申します。何とぞよろしくお願いします。 プロフィール画像は、宇部興産専用道路で運行されているアメリカのケンワース(ただしオーストラリア製)のボ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/10 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

春の遠足~工場見学&水族館ツアー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/11/16 14:03:55
新宮ドライブ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/07/15 20:29:29
海上コンテナトレーラー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/06/09 18:09:40

愛車一覧

プジョー 208 三代目P嬢 (プジョー 208)
現在、私が乗っているのは208AllureのMT仕様で、2015年4月上旬に納車されまし ...
プジョー 308 (ハッチバック) 二代目P嬢 (プジョー 308 (ハッチバック))
2台目のプジョーは、308のPremium(MT仕様)で、2009年7月末~2015年4 ...
プジョー 307 (ハッチバック) 初代P嬢 (プジョー 307 (ハッチバック))
初めて買った輸入車です。回した分だけきちんと回ってくれるハンドリングにばっちりの安定感、 ...
ホンダ シビック ホンダ シビック
必死に貯めたお金で買った、初めての新車です。本来は「シビッククーペ」が欲しかったのですが ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.