• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ma-tanのブログ一覧

2021年10月12日 イイね!

身体的能力低下は人として正しい現象

身体的能力低下は人として正しい現象今回、プラモデルを作りを通じて自身の老化を改めてしみじみ感じた。

これって大切なことだと思う。

自分という性能を認識し自覚するのである。

アクセルの踏み間違えで若いお母さんと小さい子供さんが亡くなる痛ましい事故が起きてその裁判が確定、プリウスに乗っていた老人が裁判によって有罪判決で刑務所に入るニュースが流れていた。

誰もが事故を起こそうと運転している訳ではない(薬物や精神障害の例外はある)、コントロール出来ない己に何かしらの偶然が重なり問題は起きる。

これ、誰にでも起きるのだ。

過去にも経験してる、大雪が降ったとき防寒用長靴を履いたとき、ブレーキを踏んでも車が前に進んで焦ったときがある。

そう、大きい靴底の認識がなく、ブレーキを踏む靴底がアクセルも踏んでいたことが原因。

ブレーキを踏んでも踏んでも進む車、言ってみればこのネットニュースと同様である。

単に大きな事故にならなかっただけで、20代であったからすぐにブレーキ踏み直して止まることが出来たので事故にはならずにすんだ経験がある。

このネットニュースの事故車はプリウスであり、このプリウスのコンピューターのログを解析すると車の制御は正しかったとあのトヨタが声明を発信したぐらいだ。

要は、飛行機のようにブラックボックスが積んであり、そこに運転者の操作によって車の制御を記録する機能があるということである。

プリウス乗ってる人、そんな機能があるって知って乗ってる??

これって客観的な証拠となり安全には欠かせない機能だとは思う。

だが、そもそもコンピューターの暴走で正しく記録がされていなかった場合、人間操作が間違えでなかった証明はほぼ不可能である。

恐ろしい時代だ。

今回のこの交通事故は有罪が確定し禁固刑である。

控訴せずに刑が確定、ご本人も当時の記憶が不確定であり、裁判により自信のミスであったと思うことを認めたと報道がされていた。

車がコンピューターにより安全機能を人間の思考による行動を補正し、安全を確保しようと自動車が制御される。

この機能により安全は確保される時代となった。

ただコンピューターがエラーしないという前提に開発されたユニットである。

世の中、完璧な物はない。

仮にコンピューターのエラーが起きれば、人間が補正して元に戻す必要がある。

コンピューターも人間も劣化によりエラーが起きることを理解しなければならないだろう。

実際、人間なんてエラーだらけだw

俺のジャパン、コンピューター制御なしの仕様で新車から42年が経過。

整備業界では今、大問題となっている。

法律改正で車検でOBD診断の義務がづけがされるらしい。

OBDがない車は、コンピューター診断による不合格はない!!w

これで事実上、車の使用期限が制定されたも等しいと思う。

OBDのエラーコードを全て改善しないと車検がパスされない仕組み。

コンピューターがコンピューターにより車検不合格にすると言うこと。

エラーを改善するためにかなりのコストがきるし、場合によっては交換部品が製造廃止されていて修理不可能と言うことになると思う。

こうなれば事実上、継続車検は無理ということになる。

一生乗れる車は現代では発売されなくなるということだろう。

永く乗るには単純な構造でなければ無理だからね。

そう考えると昭和の車でしか今後残らないだろうな。

車は何とかなっても、運転する本人の問題もあるからな。

ニュースになった事故も、自らの身体能力を自覚すれば車に乗れる状態ではなかったと思う。

足が悪いから車でしか行動が考えられなかったという事らしい、つまり車もコントロールできる状態ではなかった。

それは身体能力が著しく劣っていたと言うこと。

免許の更新制度も、最長で5年、短くで3年だね。

ジャパンを入手する際に作ったプラモデルのジャパンは今から5年前。

5年という歳月は、人間を劣化させてしまうんだ。

1歳から5歳はとてつもなく成長する時期。

48歳から53歳、同じ5歳でも劣化が著しいわ(T_T)

48歳で作ったプラモデルの時に使ったタミヤカラー達。



かなり濃縮されているが、うすめ液を入れれば使える!w

流石、タミヤ!(^_^)/



実車ジャパンを取得しておおよそ5年、その時作ったプラモデルも5年前だ。



↑これが5年前に作ったアオシマジャパン!



5年経過しても何とか使えるタミヤカラー、本当に素晴らしいね。



その間、こう言った交換ホイールも増えた!www



ロンシャンとハヤシだ。



この深リムホイールの塗り分けは不可能だわwww



男の子の夢…カスタマイズカー…深リムホイール…プラモデルであって実車ではあり得ない太さのホイール!www

(ナロー化しフェンダー加工すれば実車もいけるが、純正では装着不可能なサイズである)



で、5年前と比較して、仕上げにうまくいかない理由がわかったわ。

己の身体能力の著しい低下である。

毎日少しづつ低下する身体能力、少しずつだから認識できずにいるのね。

5年前と比較するとその差ははっきりわかる。



ヤル気は昔と変わらない…何が違う??

それは、眼が見えないのよね。

で、老眼でイライラして慎重さが欠ける。



で、細かいところは雑になっちゃうのよね。



まぁ、見えない内装は楽勝だわwww



実写でもプラモでも、テールを見るとワクワクしちゃう変態だな!www



前期と後期、ともにクリスタルテールのブルー!





もちろん今回はプラモデルに板金用カースプレーで塗装することでプラスチックが侵される不都合も起きた。

分かってはいたが、オリジナルの色にこだわり車の補修用スプレーを使用。



で、厚塗りされた所はシルバーが鱗状になってしまった。



テロッテロにしたくてクリアーも暑く塗る。



1000番のぺ~バーで磨くがリカバリーは不可能だ。



通常の車とは違って小さいから、もう再塗装は無理。

あきらめてこのまま組むことを決意。



まぁ、取り敢えず1000番で表面をならし、ピカールで磨く。



遠くから見たら問題なし!www



付属部品もピカールで磨く。



板っ羽は両面テープで固定。

塗装後は接着剤で固定できないからね。

かと言って、最初からプラスチック接続材で溶着してからだと、細かい所に色が届かないから、結局は厚塗りとなってしまい垂れて失敗となる可能性が多くなるからな。

本来なら塗装は、エアーブラシによる塗装が一番いいだろうね。

細かいところは薄く吹くことが出来る。



で、スプレー作業が終了し、細かい部品取り付けと塗り分けをする。



メッキのランナーを活用し、デュアルマフラー仕様!



窓枠は、アルミテープを貼ってカッターで切り取る。

細かい作業が出来ない、イライラする(T_T)



こう言う細かい作業が出来なくなった。

何せ老眼で見えないのよ。

本当に若い内にしかモデルカーは作れないわ。

本当にショックだ。

細かい作業で本職で使うようなルーペでもないと無理だ。

そんな製作過程、趣味のレベル通りすぎちゃうよねwww



もともと小さい1/24モデル。

少なくとも2メーターも離れれば粗探しも出来ないレベルだ。



前回作った時は、現車が手元になかったときに作ったプラモデル、結構色の塗り訳で違ってたからな。

今回は現車を十分に見ながらの作成。

皮肉なもので体力低下により細部の出来は悪い(T_T)



携帯カメラで撮影すると全体のピントが合わないね。



アオシマジャパンのリアは厚すぎる。



未だに現車のプラモデルが入手できる車種ってことが嬉しいね。



今回は、ローレルウインカーではなくオリジナルウインカーwww



全長に比較してもっと車高の暑さはもっと薄いな。



バンパーは長すぎだw











我の身体能力を知り、己の道筋を考えて行動しなければならない。

もつ若くないことを認識するお年頃になったことを認めざるを得ない年頃だ。



エキゾチック~ジャパン!


Posted at 2021/10/12 22:18:37 | コメント(5) | トラックバック(0)
2021年10月04日 イイね!

紅葉の季節

紅葉の季節さあ、久々の快晴!

秋晴れで気温もちょうど良い感じ。




先ずは点検。



オイル消費は軽減されてるようだ。

一応、オイルキャップを開けてカム周りを確認、オイルスラッジもないようであるので一安心。



エンジン始動前、ラジエーターキャップの温度は外気温だ。



過ごし安い気温やね。



で、今回はワイドドレッドスペーサー装着。



特注であるホイールアーチクリアランスゲージ(仮称)wwwにより20ミリでギリギリである。



今回は15ミリを装着し様子を見る。



このスペーサーは純正のハブボルトと同等の長さであるので、今まで使っていたハブナットで事足りる。

ボルトが長いと袋ナットでは底付きしかねないからな。

真円が出るようにナットの締め付けを均等に占め中心を出す。



ジャッキアップしたタイヤは、かなり外側に出ているが、車重がかかればハの字になる。

だからサスペンションが馴染まなければ実際フェンダーに干渉する確認が出来ない。



ほっほ~、運転席側は5ミリ程度余裕かるね。



助手席側はさらにクリアランスは少なく20ミリのワイトレ入れたら接触しそうだ。

ホイールは同サイズだが、車の個体差があるのでこの程度の誤差は仕方ないね。



恐らく20ミリを入れたら車の浮き沈みで干渉の可能性は高い。

擦るぐらいなら大して問題ではないが、干渉する音を聞くたびに車が可愛そうに思えて精神的にヤバイのよね。

サスペンションを安定させるためにドライブに出発だ!



いつもの公共駐車場、緊急事態宣言解除で解放されてる。



リアのドレッドが片側15ミリ外になった。

これだけでも乗ってて直進安定性は悪くなったと感じた。

アスファルトのわだちにハンドルがとられるのがシビアになったような気がする。



単にタイヤが外側に出ただけで、接地面積は変わってないからな。

多くの純正の車は、リアホーシングがフロントよりも短くなっている車が圧倒的に多い。

見た目より安定走行性と転回性能向上をを重視しているからだろう。



フロントが175と細いのでハンドルは軽いのがいいねw



まぁ、15ミリ外に出てもツライチにはならないからそれほどの劇的見た目の変化はない。



まぁ、干渉するギリギリが良いのではないでしょうか。



かなり暑くなってきた。



扇風機はもういらないかと思ったが、まだ必要だわw



自己防止のために前照灯は点灯で防衛運転!



こんな扇風機でも助かるよね。

非冷房車はね。



さて、長距離の前に給油だ。



いつものスタンドが臨時休業だから、違う営業所に出向く。

緊張するわw



しかも使い勝手違うし。



ビックリするほど走ってるね(^_^)/



ラーメンタイム!


ひまわり畑を横目に。



渓谷に近づく。

今回は糠平湖から然別湖へ抜けるルート。



紅葉はどんな塩梅だ?!w



糠平、色付いてるね。



もみじがきれいだ。



まだ満開ではないね。



これから紅葉のシーズン。



結構、ドライブしている車が多かった。



山道に突入。



本物はもっときれいなオレンジだよ。



いよいよ然別湖湖畔に近づき、道路は狭いしうねうねしてるし、路面はギャップでガタガタ。

腹下、打ったわ。

恐らくマフラーのフランジだと思う。



コロナ過で大型車は全くいないので楽だわ。



今は、警笛鳴らせの標識はなくなったみたいだな。



自然がいっぱいだ。



湖畔に到着だが、思った以上に車があり混雑ぎみ、車窓にて終了!

コーヒータイム。



帰りはちょっと回って新得方面へ。



屈足のジャパンバン、交通安全活動おつかれさん!!



あっという間に日が暮れる。



車庫に到着、エンジンかけたまま窓ガラス吹いてたら警報満開!

目に排ガスが染みるぜ!

ひょっとしたら触媒完全に焼けて抜けたかも知れんな(^_^;)))

前回、白い煙モクモクしたとき抜けちゃったのかも(;´д`)



エキゾチック~ジャパン!
Posted at 2021/10/04 14:21:39 | コメント(4) | トラックバック(0)
2021年10月02日 イイね!

地球46億年の歩みの重さ

地球46億年の歩みの重さ緊急事態宣言が解除され、飲食店は待ちに待った規制が解除、ストレスが高まっていた人達は積極的に動き始めた。

それでも慎重な人は自己防衛のために自粛傾向を続けてる人もいると思うが、金曜日の夜の雰囲気からは明るい兆しが見えて来てる。

ただ、このままで平穏な生活が戻ってくるのか?!

第6波と言えるパンデミックは起きるのか??

とても不安ではあるね。

私も良く100年前に起きたスペイン風邪の経過と比較するが、何となく同じ傾向にあるような気がする。

おおよそ3年でパンデミックが収束しているからだ。

今回、第5波も爆発的な感染拡大に対してワクチン接種を薦めると同時に自粛という対応策のみで対処。

今回の急激な現象はこのワクチンや自粛によるものではないような気がするのだ。

ワクチン打っても感染し、緊急事態宣言発令でも都会ではそう人流は変わらなかったらしい。

その中にあってこれ程急激な感染者激減。

これは正に動物いや人間が進化する上で勝ち取ってきた免疫機能が勝利した結果ではないのであろうか。

感染症拡大に対して専門家はいろいろと予測した。

だが収束の目処を予想したものはなかったような気がする。

毎日流れ星として地球には宇宙から物質が降り注いでいる。

その中に新たな危機になるウイルスも乗ってきているかも知れない。

地球誕生から46億年と言われるその時間の重み…そう簡単には攻略できなかったと言うことではないだろうか。

おそらく変異するウイルスは強くなったり弱くなったり、場合によっては人間に罹患しないように進化するのかも知れない。

何とかして今年度をもって収束してもらいたいものである。

甘いかな?!w

まぁ、コロナ5類として一般的なインフルエンザとして対処、自己防衛のため感染防止対策を自発的に個人が責任もって行い、それでも重症化した場合は医療強化で乗り切る…これしかないのではないだろうか。

SARS終息の際も理由はなかったと思う。

ウイルスの傾向として、これが最大のパンデミックであって欲しいものだ。

さて、そんな事を考える金曜日。

何となく湿度が高い。

台風も近づいているので乗れるときに乗らなければ冬になっちょうので何とか乗りたいなぁ…と車を眺める。

この湿度はヤバイ、間違いなく雨降ると予想。

実は、昔鼻から脳の手術をしたさい傷が反応して雨が降る予想がかなり高い確率でわかるのだ。

気圧の高い低いが鼻の違和感を通じてわかるのである。




アメダスで周辺の雨雲を確認、間違いなく降りそうである。

やはり1時間後程度には雨が降ってきたわ。


雨が降ると洗車出来ず、サビのことが気になり精神的にダメージがあるので、本日も乗らない選択をする。



で、先日メッキングをしたメッキバンパーに付いているゴム類にシリコンを塗布。



結構、この石黒ホーマの艶だしシリコンスプレーは良く使う(^_^)/

コストパフォーマンス最高!

だが、塗装のつや出しには使わない方がよいよ。

シリコンへの不純物が入っているようなので、塗装膜にムラが出来てしまいきれいに撥水できないから。



ゴム類や見えないところの塗装の清掃には重宝する。



ゴムも艶が出てピカピカや!



この車の年輪だ。

こんな傷も合って仕方ない。



エンブレムもハゲだらけw



トランクには故障に備えて工具や交換パーツが多数。

めっちゃ重い。



で、走行中、結構フェンダー内側に物がぶつかり変形することもあるのよね。

だからトランクのフェンダー内側に座布団を配置してる。


これでロールしたとき荷物が滑ってぶつかってもエクボにはならない。



オイルキャッチタンクのオイル分離がイマイチ。



なるべく表面積を多くし冷却してオイルを凝固させるようにしてはあるが…。

もっと内部を複雑な構造にして凝固しやすくしなきゃならんね。



サビキラー筆塗りのボンネット内w



見てくれよりサビ防止が一番車のためにも良いと思う。



ステンタオアシ、あめ色になってる。

ステンタコアシはサビには強いが、衝撃など割れるらしいからな。



ストラットタワーバー、効果云々より見た目だな。



週末は電気回復するかな。

短いシーズンが駆け足で進んでいく。



エキゾチック~ジャパン!
Posted at 2021/10/02 13:44:16 | コメント(6) | トラックバック(0)
2021年09月30日 イイね!

新しいステージの開幕か?!

新しいステージの開幕か?!緊急事態宣言が全面的に解除されますよ~!!

解除だそうです!

で、北海道の見解は??

夜21時以降の飲食店の営業に制約もあり??

はっ??

ナニナニ??

完全に解除って言うの、コレ!!

確かに新型コロナが無くなったわけではない。

だから個人それぞれが感染防止策を行い自らの命を守らなければならない。

ただ飲食店に規制をかける行為は、強制?命令?お願い?

北海道のホームページを見ても正式な見解は未だに発表されていない。

さて、飲食業界はどうする??

補償もなにもなしに営業しちゃダメと言われそれに従うの?

それとも補償がないと言って従わないで営業するの??

行政がダメと言っている飲食店で、客が飲食していいの??

その行為は正常と言える??

ルールも秩序もあったのんじゃないわなね。

もうこれからルール作っても誰も守らない日本に成り下がるやないけ!!

新総裁が決定し、これから日本の新しいステージがスタートすることを願おう!

新型コロナを感染症5類に分類し、重傷者をいち早く見つけて治療、インフルエンザと同様に対応できる社会をいち早く作り、積極的に経済を回す、感染防止と経済対策の両立。

失われた2年を取り戻すために、減税など経済対策を打ち出し景気を良くさせないと、これ程全体が落ち込んだ経済全体を動かすには相当の起爆剤が必要。

10月から最低賃金を28円上げて、労働対価底を無理やり上げ労働対価を上げて経済を回す?!

だが、実態は1ヶ月5000円程度上げて、収入確保する見込みは一切ない。

それどころか営業収入に対して社会保障比率はどんどん上がり、国税である預かり消費税は厳しく取り立てられる。

企業が残れる要素はほぼないではないか。

世の中の産業は、多い少ないはあれどいらない産業なんてないと思う。

それは時代にマッチした産業が生き残り、結果的に必要がない業種は淘汰されて仕方ない結果だ。

ただ、産業全体の3割が淘汰された場合、今までのサービスがこのまま維持されるであろうか。

無理だろうな…特に田舎は過疎化により街形成に無理が出るだろうな。

今は便利な時代だ。

インターネットで注文し、家で受けとればいいとか思ってる人も多いだろう。

では、その物を買うためにどこで収入を確保するのだ??

地元には働くところもなくなるだろう。

俺はそんな仕事するために生まれてきたのではない…とか、聞こえてきそうだが、昔から必要な産業があって世の中が回ってるのだから大小はあれどいらない産業なんてないんだわ。

そうか、行政の生活補償があるじゃないか?

こんなんじゃ、行政破綻だから誰も守ってくないよ。

その内、景気により財政困難になり、臨時職員などの公務員もリストラせざるを得ないだろう。

そんな将来を見越して今後の未来の方向を決めるのが政治であると思う。

何とか先に繋がるように方向転換して欲しい。

それが結果として自らが淘汰されるような展開になったとしても。

世の中に必要とされる者に変化しなければならないのだから。

淘汰されるたってことは、世の中に必要がなくなったと言う事。

今はしっかりと足元を硬めていかなければならないと思う。

頑張れ日本!

頑張れ俺!www

さて、そんな事を考える週の真ん中モッコリ水曜日!

さて、天気も悪いし車庫にこもってナニしよう??w



おそらく1ヶ月は洗車してないだろうな。

その間、1000キロぐらい走ったかな。

テール周りは土ぼこりが乗っている。

バンパー表面がザラザラ。

パーツクリーナーで軽く拭き取る。

傷が付かない程度にね。



で、メッキングの登場!w

塗ってから乾燥させ、乾拭きしたら確かに光沢アップだな。

コレにより耐久性がどれぐらい向上するか実感はないがね。

光沢があり水弾きがあれば、それは水分を寄せ付けないということ。

サビづらい環境にはなってると思う。



ついでに取り外されているクリスタルテールもメッキング。



クリスタルレンズは、当時流行ったムサシのレンズではない、パーツアシストレンズである。



レンズ表面が曇ってきたのでピカールで軽く磨く。



レンズに対する紫外線対策が必要だな。



このテール、表側とは裏腹で裏側はボロボロなんだわw



バッキバキ、養生テープで補修済みだ。

それぞれ保有するテールの枠と内側アッシーの組み合わせは変わってるので、この内側アッシーはこの車に装着されていた補修歴あるテール枠のものと思われる。

枠が割れ、内側に入り込むぐらいかなり強い力がかかったのだろう。

このテールが力を吸収できたためボディーは板金はしないですんだのではないだろうか。



1/24青島ジャパンも磨こう!



制作当時、クリア塗装している間に雨降ってきて2回程度しか塗れなかったから、クリア層は薄いのよね。

強く磨いたらクリアなくなりそうだからな。



色も適当にアルミシルバーとかいうタミヤカラースプレーで塗ったから、実車よりは暗いシルバーだ。



発売当時から現在も金型が変わっていない様で、前後のパンパーが異常に長いのが特徴だ。

トランクも若干短いため、高さに対して全長が短いように見える。



今でもジャパンはプラモデルとして売られる車種で良かったなw



昔から青島ジャパンばかり作っていたもんだ。



ジャパンだから今でも残ってるのさwww

この他にも430とかコスモとか、あとバイクもあったが壊しちゃったからな。



当時と違って型は同じだか、グリルやテールはメッキ仕様となっており、見た目豪華になってる。

値段もそれなりに高いしね。

板っ羽やチンスポ、スリットも付いている。

これはリバティーウォークさんのお陰かな。



トランク短いwww



タミヤカラースプレー、パーツクリーナーで溶けるわ(T_T)

まぁ、仕方ないわね。

ウレタンスプレーならこんなことはないんだが、ラッカースプレーだからな。



早く天候回復して欲しいね。



経済回復もね。



エキゾチック~ジャパン!





Posted at 2021/09/30 10:12:45 | コメント(4) | トラックバック(0)
2021年09月27日 イイね!

ダッシュボード清掃

ダッシュボード清掃さて、久々に車内を磨こう!



その前に半タン程度だが、ピットワークの燃料添加剤を投入!



メーター一回転まであと千キロちょっと。



車内のほこりって結構たまるんだよね。



ダッシュマットを取り外してダッシュボードの現状確認。

特に割れもなくいい状態を保ってる。



前期用のダッシュマット。

裏は滑り止め加工がされており、突起が出ている。

あえて擦り傷をつけたくないので、この突起部分にフェルトを貼り付けて保護。



このフェルトも多少汚れているので、ダッシュマットの効果は大きいと思う。

普段から紫外線が当たらないよう車庫保管、乗ってるときの紫外線と熱からもマットの効果は高い。



ハンドルを取り外しての清掃、作業効率は良いね。

シリコンスプレーを振りかけたウエスで優しく拭く。



浜田麻里さんのライブビデオ。



透き通った声、時にはバリバリメタル。

どちらかと言えば、Heart&soul
の時が一番好みw



ダッシュ回りは光沢が出て、ホコリが乗ってもモップを掛ければ元通り。



シリコンは何でも有効だと思う。

光沢剤であり、表面保護材でもあるだろう。



ダッシュコンソール設置のハーフDINDVDプレーヤー。



リアのオーディオぼーどもキレイキレイ!



昔、アルファードに付けていたバックミラーモニターをつけてみた。

大型なバックミラー、ほとんど前が見えなくなるわwww



視野性に問題ありやな。



夜は尿酸値に悪影響の固まりであるイクラぶっかけご飯!www



エキゾチック~ジャパン!
Posted at 2021/09/27 12:46:45 | コメント(5) | トラックバック(0)

プロフィール

「@mitanimomo 今年の夏、過酷すぎたのかな。触って動き出すならモーターですね。涼しくなったとは言えファンないと流石にオーバーヒート?!」
何シテル?   10/16 15:06
ma-tan☆hokkidoです。 NISSAN Skyline Japan HGC211をこよなく愛するOSSANです。 1970年代の旧車と言われる...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/10 >>

     1 2
3 456789
1011 1213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

🛩夜間飛行🌃 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/09/30 08:24:23
準備万端!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/09/17 21:25:36
夜間の安全運転に関して 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/09/09 13:49:26

愛車一覧

日産 スカイライン シルバージャパン (日産 スカイライン)
~~ 1979(昭和54年製) NISSAN skyline GT HGC211 通称『 ...
三菱 パジェロ 三菱 パジェロ
R32が北海道の冬を越せない…冬に乗ってはいけない車だと悟り、大雪が降っても動けるように ...
日産 スカイライン 日産 スカイライン
ジャパンから乗り替わって2年落ちのR32GTSに乗り換え。 しかもATだったから、加速す ...
日産 スカイライン 日産 スカイライン
1980 NISSAN skyline GT-EX KHGC211のジャパン後期ターボ。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.