• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

HONDAISMのブログ一覧

2012年05月31日 イイね!

ENKEI NT03+M は、こんなホイールです♪♪

ENKEI NT03+M は、こんなホイールです♪♪さて、前回のブログでお披露目した、ENKEI NT03+MのプレッシャーにビビっているHONDAISMです!!


だって、みんなこぞって、カストロールカラーを期待するんですもん・・・。(滝汗)


う~ん、こりゃあマジで全塗を考えにゃあ、ならんかな???(苦笑)
まぁ、そんな現実味の無い話は、置いといて・・・、

本日は、ENKEI NT03+Mの詳細をご紹介したいと思います。

 

と言っても、私もそんなに詳しくはないので、簡単に♪♪

このENKEI NT03+Mと言うホイールは、カストロール無限アコードが履いていたNT03の進化版?で、2003年に発売が開始されたそうです。


発売時の宣伝文句は、

『スーパー耐久レースクラス1への参戦を目的に開発、ブレースリングが激しいGをクリアし、コーナーリングを制する』『ツインエアバルブシステム、軽量化デザイン、レーシングリムプロファイルとエンケイすべてのレーシングテクノロジーをストリートへ』

だったそうです。 カタログ落ちしてから、もう大分経ちますので(US ENKEIでは、まだ販売でしてる??)、詳しい詳細が見当たりません。なので、これも、ある個人サイトからの抜粋ですので、正確かどうかは不明です。

ですが、当時GT選手権、スーパー耐久などで、NSXやGT-Rが履いてた事からもかなりの性能を誇っていた事が分かります。
 


上記の宣伝文句内にも登場した『ブレースリング』とは、スポークとスポークの間をつないで、をクモの巣状に円を描いている、リムと並行した、このスポークの事です。

この『ブレースリング』の役目は、各スポーク間を結ぶ事で、スポークの歪を無くし、激しいGにも耐える強度を確保するためのデザインなのです。それに、ウワサではこのブレースリングがある事により、熱が逃げ、冷却効果をもたらすとか??の情報も・・・。

ちなみに、このホイールどれくらいの距離を走行しているのかは不明ですが、発売開始から、約10年経つと言うのに、


ホイールバランサーにかけて、歪みをチェックするも、4本共に全くありませんでした。
流石であります。

私も中古ホイールは、色々と購入し自ら歪みチェックを行ってきましたが、大抵の中古ホイールは、わずかながらも歪がでています。最悪なホイールに至っては、新品でも歪があるぐらい・・・。

サーキット走行、スポーツ走行するに限らず、ホイールは歪むモノで、消耗品なのであります。

まぁ、ただ今回のホイールの当たりが良かったからかも知れませんが、私は過去の経験より、このホイールは強度があるホイールであると認識致します!!




ちなみに、センターキャップは、ボルト留めとなっているため、バランサーにかけるのが非常に面倒です・・・。(苦笑)


続いて、このホイールの説明で特筆しなければならないのが、MAT製法であります。




ホイール裏側にも誇らしげに『M・A・T process』とあります。

M・A・Tとは、Most Advanced Technology の略で、ホイールの製作方法の一つで、ENKEIが誇る鋳造ホイールの製法なのであります。

ENKEIのHPを引用させて頂きますが、



鍛造ホイールや2、3ピースホイールのリム成形に用いられる「スピニング製法」を応用し、開発されたENKEI独自のリム成形方法。鋳造工程後、リム部を鍛えながら引き伸ばし成形。(図1参照)
これにより、リムは鍛造に匹敵する材料強度を実現し、ディスクデザインは鍛造では成形不可能な自由度の高いデザインを施すことが可能となった。




鍛造ホイールに匹敵する材料強度と優れた設計技術により、
軽量・高強度・高剛性を高次元で達成!






車のハイパフォーマンス化に伴い年々タイヤ、ホイールの大口径化が進みバネ下重量軽減の為、ホイールの軽量化は益々重要となってきています。リム部の材料強度を大幅にアップさせた「MAT PROCESS」はリムの薄肉化等に大きく貢献し、レース活動からフィードバックさせた設計技術と合わせて、軽量・高強度・高剛性を高次元でバランスさせたホイール製造が可能となった。


まぁ、簡単に説明すると、ディズク面は鋳型で製造する鋳造で、リムは、高圧力で成形する鍛造と言う感じでしょうか。なので、軽量かつ高剛性を保ったまま、凝ったディスクデザインが採用できる訳ですな!!


ちなみに、私が持つ同じサイズの3社のホイール比べると・・・

WORK エモーションCRχ(7.5J×18 inset48)・・・・・・・・・・・・・10.1kg
YOKOHAMA KREUTZER SERIES V(7.5J×18 inset45)・・・・8.3kg
ENKEI NT03+M(7.5J×18inch inset42)・・・・・・・・・・・・・・・・・8.4kg

となり、NT03とクロイツアは軽量で重さはよく似ています。ただ、このクロイツアは、サーキット走行すると結構割れる事が多いらしいです。まぁ、どのホイールにしても割れる事は、ちょくちょくあるのですが・・・。

それらを考えると、NT03+Mは、よく出来ているのかな??とも思います。


あともう一つ、このホイールの特徴なのが、ツインバルブを採用している事ですね。
 



これは、窒素ガスを入れる際に有利になるのですが、通常バルブが一つの場合は、窒素ガスを入れてもタイヤを組んだ時点での空気がタイヤ内に入っていますので、その空気を抜いて窒素ガスを入れる事は、出来ません。なので、シングルバルブの場合は、窒素濃度がかなり落ちる事となります。

そこいくと、ツインバルブの場合は、片方のバルブを開けた状態で、もう一つのバルブから窒素を入れると、開けているバルブから内部の空気が出てきますよね。それをしばらく続け、片方のバルブから窒素を入れながら、もう片方の開いたバルブを閉じてやると、タイヤ内部の窒素濃度が高くできると言うしくみです。

高性能ホイールに見られるしくみですね。

まぁ、窒素ガスなんてもの入れない私には、全く関係の無い、逆にエア漏れが心配なだけのシステムなんですが・・・。(滝汗)


とまぁ、NT03+Mとは、こんな感じのホイールなんですよね。鍛造モノよりも低価格ではありますが、なかなかの高性能ホイールなのであります。


ってな感じで、ロクに知識も無いのに、ちょいと得意気に解説してみたHONDAISMでした♪♪




にしても、緑ホイールと青色軽量ホイールナットの相性の悪い事・・・。
レーシングナットでも買おうっかな???

Posted at 2012/05/31 07:39:33 | コメント(9) | トラックバック(0) | エクステリア | クルマ
2012年05月27日 イイね!

こりゃあもう、JTCC無限アコード目指すしかないかな???

さて本日は、メインアコのイメチェンを果たすべく、投入したパーツのご紹介をば!!

それは、何かとおっしゃいますと・・・、



この前後違うホイール!!
 
FRでドリフトでもするんか!!とツッ込みたくなります。

ハブを5穴化した際に、たってきで投入した、ヨコハマのクロイツァとワークのエモーションだったのですが、ズルズルと約2年この状態・・・。(汗)

と言うのも、フロントに履かしている YOKOHAMA KREUTZER SERIES V は結構お気に入りでして、ずっと残り2本を探してきたのですが、どうにもこうにも2本が見つからなかったんですよね。

けど、4本購入するとなるとそこそこのお値段しますし、どうせ4本変えるなら、鍛造モノいきたいしなぁ~と、ずっと悩んでたのですが、つい先日オクを何気なく見ていたら、衝撃的なホイールを発見したので、これはっ!?と思いゲットしちゃいました♪♪

ってな訳で、昨夜、早速交換してみたので、お披露目をば!!


さぁ、またまたツッ込みどころ満載のホイールをどうぞっ!!
遠慮は、要りません!!思う存分にツッ込んでやって下さい!!













でっでぇ~ん♪♪







  















何と!?

衝撃の緑ですっ!!

緑なのでありますっ!!


(笑)






このホイールは、 ENKEI NT03+M と言うホイールなのですが、アコードとは、切っても切れない関係のホイールなんですよね!!しかも、この緑は!!

それは、何故かと言いますと・・・、

N-TECさん、すみません画像をちょいと拝借致します♪♪







この車両が履いていたからなんですよねぇ!!

JTCC Castrol Mugen ACCORD!!

まぁ、こちらは、NT03+Mではなく、市販されてないセンターロックのNT03なのですが、私のとほぼ同形状であります。

いやぁ、こんなの履いてしまうと、もうはやJTCC無限アコード目指す以外の道が無くなっちゃいました・・・。汗汗汗

勢い余って、カストロールカラーにでもしてしまいそうです・・・。(爆)

シルバーボディには、あまり似合ってない気もしますし・・・。(滝汗)

まっ、そんな余裕はどこにもありませんので、しませんけどね♪♪

ホントは、ダーク系色ボディの方が似合うんだろな・・・。青アコとか・・・。



ってな感じで、メインアコをオレンジやら、シルバー、ブラック、グリーン、レッドと色とりどりな、ちょいと痛い仕様にしてしまった、HONDAISMでした♪♪



このホイールの詳細の報告は、また次回にでもしようと思います。このホイールの素敵な出会いのお話も含め♪♪


では、では!!

Posted at 2012/05/27 08:45:06 | コメント(18) | トラックバック(0) | エクステリア | クルマ
2012年05月26日 イイね!

kei@0211さんより、画像を頂戴致しました♪♪(画像多し)

さて、ちょいと前にわずかな時間だけでしたが、kei@0211さんとプチオフをする事ができたHONDAISMでしたが、その時の写真をkeiさんより送って頂きましたので、お披露目しておきます♪♪

ちょいと、雑に画像修正をしていますが、お許しを・・・。

では、早速keiさんとのツーシッョットから!!



やっぱりオレンジ良いですねぇ♪♪とっても綺麗に塗られていて、CDアコードによく似合ってました!!

羨ましぃ~。。。

こうやって、並べてみると、keiさんの車両の方が車高低いですね♪やっぱ、低い方がカッコ良いなぁ~。

ちなみに、私のは、腹下擦るのが嫌なのと、225/40-18のタイヤのおかげで、バチ上げです・・・。(苦笑)

そんな、車高やエアロのせいか??なぁ~んか、私のクルマでかく見えるのは、私だけでしょうか???汗汗汗 

よぉ~く見ると、keiさんのは、フェンダーが叩き出しされていて、結構なワイド化になってます。

これまた、羨ましぃ~。。。



続いてリアビューからのツーショット♪♪

ケツの方が、さらに輪をかけて私のが高いです・・・。こうやって並べると、メインアコの車高の高さが恥ずかしくなります・・・。(汗)

やっぱり、車高下げよっかな・・・。

このアングルを撮る際に、keiさんが一言。

『2台のウイングを付け間違いましたね♪♪』

と・・・。(笑)

確かに、このウイング入れ替えたら丁度良い感じっぽいです。(苦笑)

ちなみに、左の私のがOZウイングで、右のkeiさんのがマルガヒルズ製のVersion IIですね。2台共に形状は、よく似ていますが私の方が3D形状になっているため、ちょいと分厚く、FRPなので、ちぃと重そうです・・・。


あと、ちょいと見えずらいですが、keiさんのマフラーがコレまた上手く出来てます!!ワンオフの左右2本出しなのですが、少し細めのパイプ径で作られてました。

それのおかげなのか、かなりレーシーなサウンドでしたね。
keiさんとお別れした際の、あの加速した時のサウンドと言ったら、惚れ惚れしてしまいます♪♪ 高回転まで、回した後のスロットル全閉時に発生する、マフラーの吸い込み音が、何とも言えませんでした!!

私も次作る際は、小径パイプでいこうかな???

 

こちらは、ノーズビューのツーショット♪♪
このショット格好イイ♪♪お気に入りな一枚です!!
メインアコの弾丸レーシングエアロが、アヒルのクチバシみたいで、可愛いでしょ♪♪

 

こちらのショットも格好良いですねぇ。バックのコンビニと、少年??が邪魔ですが・・・。(苦笑)

時間が無かったので、いたし方ないロケーションです・・・。(涙)


 

ツーショットの後は、単独撮影もして頂きました♪♪

ボンネットのクリアハゲハゲ、フェンダーつぶってるのが、バレバレでございます。(苦笑)

 

18インチ履いちゃうと、ブレーキ貧弱なんですよねぇ・・・。汗汗汗
これでも、ローターインチアップしてるのですが・・・。(涙)

こんなホイールのおかげで、ショボショボブレーキが目立つ目立つ・・・。(笑)

 

エンジンルームも撮って頂きました♪♪

要らん??モノが付き過ぎて、ぐっちゃぐちゃであります・・・。 汗汗汗

もっとこう、レーシーにならんもんですかねぇ???(汗)

 

レーシーなエンジンに見えない理由の一つのメッキヘッドカバー。。。
エンジン開けた際には、変えようっと。

まぁ、古ぼけたエンジンなのに、小綺麗に見えるのは良いところなのですが。


 

単独左フロントビュー♪♪
あぁ、この前後の違うホイールさっさとどうにかしたいものです・・・。

 

単独右フロントビュー♪♪
あと3cmは、車高落としたいですねぇ・・・。(苦笑)

まぁ、そんな事しようものなら、フェンダーがどエライ事になってしまいますが・・・。

 

さらに、右方向から♪
ドア、バンパーの色が合ってないのバレバレやし・・・。(苦笑)

 

右フロントズームぅ~♪

 

右リアビュー♪♪

 

オレンジのスポイラーが見事に浮いてます♪♪(笑)
早く、ディフューザー組みたいなぁ~。

 

やっぱり、ディフューザーが無いと、車高がバリ高に見えてカッコ悪いですね。
マフラー作ってもらうまで、ディフューザーの取り付けは、お預けです・・・。

 しっかし、このマフラー・・・。仮マフラーと言えど、もう我慢の限界です・・・。


 

5thアコードは、このビューが一番好きだったりします♪♪
特に前期ネ♪♪

フェンダーのもっこり具合が堪りません!!
いつ、何回見てもこのスタイルは、最高です♪♪

けど、やっぱりノーマルの方がスタイルは、綺麗かな??





早く、マフラー作って、ディフューザー組もうっと♪♪

と、沢山撮影して下さった、keiさん!!本当にありがとうございましたぁ!!
あんなカメラでの撮影なんて、まずする事無いですからね。
ロケーションが悪いところで申し訳ございませんでしたが、大切に保管させて頂きますね♪♪

近々、ちょいとイメチェン??すると思いますので、また撮って下さいね♪♪

また、いつの日かお会い出来る日を楽しみにしています♪♪







あぁ、誰か来年 5thACCORD 20th Anniversary を開催して下さい!!

お願いです・・・。


ってな訳で、他力本願なHONDAISMでした♪♪


さぁ、今晩は、ア・イ・ツを組むぜェ!!

なので、本日は、ヘロヘロにならない程度にお仕事頑張ります♪♪(爆)
Posted at 2012/05/26 08:31:34 | コメント(8) | トラックバック(0) | 日記 | クルマ
2012年05月23日 イイね!

アコードの車窓から♪♪

アコードの車窓から♪♪さて、先日は大阪のオレンジの彗星keiことkei@0211さんと小一時間程度でしたが、素敵な時間を過ごしたHONDAISMです♪♪

と言うのも、keiさんがちょいと四国に用事があるとの事でしたので、無理矢理香川のウチの会社まで呼びつけてしまいました♪♪(笑)

いやぁ、keiさんのナイスガイっぷりもさることながら、オレンジアコードもかなりのナイスガイでした♪♪




瞬く間に、私の仕事休憩時間の一時間は、過ぎちゃいましたが、keiさんとマニアックなアコード談義や世間話をし、アコード2台並べての仕様チェック&撮影会を満喫し、とても楽しかったです!!

keiさん、遠路遥々私なんぞのために、香川県までお越し頂き有難うございました!!お土産まで頂いちゃいまして・・・。(汗)皆で、美味しく食べさせていただきました♪♪有難うございました!!

次回は、私がそちらまで遠征に行きたいと思いますので、その時は、ヨロシクです!!

えっ??2台並べた画像無いんかよ!!って??撮影会したんやろっ!!って???

はいっ、あまりのハイテンションに、デジカメを忘れてきちゃいました・・・。しかも、携帯のカメラで撮ることすらも、keiさんとお別れした際に気づく始末・・・。(滝汗)

けど、プロのカメラマン並のkeiさんが居るので、撮影は全てkeiさんにお任せいです♪♪(爆)

なので、画像は無し!!

以上!! (笑)




っで、前置きが長くなりましたが・・・、汗汗汗

本日は、~アコードの車窓から~ をお送りしたいと思います♪♪

何やら、TVでお馴染のあのフレーズが頭をよぎりますが・・・。(笑)

 

GWにメインアコのスライドレールを撤去し、フルバケサイドステーをフロアに直付けしたHONDAISMでしたが、 ドラポジは、格段的に向上したものの、視界が・・・。

ってな訳で、本日はメイアンアコの視界を皆さんにご覧いただこうかと思います♪♪

 

まず正面ですが、ボンネットは勿論のこと、車両の足元が、ほぼ見えません・・・。
また、邪魔くさいメーターフード・・・。(笑)

まぁ、けど走る分には、特に問題無さそうですね。駐車場内とかでも、少し覗きこめば見えますし!!


 

んで、右サイド。

こちらも普通に走る分には、問題ないかな??
以前よりもサイドミラー(GTミラー)が見易くなったのは、気のせいだろうか???


 

続いて、左サイド。

こちらは、なかなか見づらいですねぇ。ちょいと覗きこまないと、後方確認がし辛いです・・・。まぁ、GTミラーを調整したら、どうにか見えてますので、これもヨシとしときます♪(微笑)


 

問題なのが、コレ!!

ルームミラーは、本当に見づらいです。角度悪いは、OZウイングが邪魔やわ、ドンガラにしてるおかげで、シルバーボディが写り込んで見づらいったら、ありゃしまへん・・・。

いっその事バカデカGTウイングにでもしてしまいたいくらい・・・。(苦笑)

 

極めつけは、コレッ!!

着座しての後方確認は、できましぇ~ん。汗汗汗・・・

もはや、空しか見えません・・・。(苦笑)

それでなくとも、お尻が高いCDアコードなので、シートポジションを下げようものなら、全く見えなくなってしまいます。

けどまぁ、それは今回に始まった事ではないので、ヨシとしときます。(爆)

あっ!トランク内の散らかり用は、ノーコメントで!!
片付ける暇が無いんです。(苦笑)


あぁ、チューナーさんとこ持っていく前には、片付けなくっちゃなぁ~。


とそんなこんなで、チューナーさんのお呼びがかかるのを、楽しみに待っているHONDAISMでした♪♪
Posted at 2012/05/23 08:33:15 | コメント(11) | トラックバック(0) | 日記 | クルマ
2012年05月19日 イイね!

H22A(赤ヘッド)解体作業!!(画像多し!!)

先日、青アコのトリップとオドメーターがピタリと止まり、少し悲しい気持ちなHONDAISMです・・・。

まぁ、また気が向いたら、バラして修理してみようと思います。まず、向かないでしょうが♪♪(苦笑)



さてさて、本日はGW中に行ったH22A(CL1赤ヘッド)エンジンの解体作業をご紹介したいと思います。

と言うのも、以前アコードCE1ワゴンのツインエンジン化に見事成功した(笑)HONDAISMでしたが、



流石に、ずっとワゴンの中に放ったらかしにもしておけないので、一人でも持ち運びできるように、バラバラにして箱詰めするが如く、GWにエンジン解体作業を致しました!!


まず、ワゴンラゲッジルーム内で作業するには、ちょいと厳しいので、ツインエンジンのリア駆動側(苦笑)を車両から降ろして、作業する事に!!


 

エンジン降ろし作業は、リフトの足をラゲッジルーム内に突っ込み、エンジンを吊るし上げます♪♪んでもって、車両を前進させ・・・、


 

車両より、引っこ抜きまぁーす!!
さぁ、これで作業がし易くなりましたので、解体作業開始です!!

えっ?エンジンスタンド無いのかよ!!って??
引っ張り出してくるのが面倒なので、このまま解体していきまぁーす!!

 

まずは、メインハーネス外しからスタート!!

 

んでもって、サクサクっとクラッチ&フライホイールを外します。
フライホイールが軽量モノである事を期待しつつ、取り外しましたが、結果、純正のノーマルでした・・・。(汗)

よぉ~く見ると、何やらクランクシールのところに、べったべたに液体パッキン塗ってありますねぇ・・・。どうやらお漏らししていた模様。

 

んで、お次にインマニを外しまぁーす!!

流石にエンジン降りてるので、楽勝ですね。これを、車上でするとなると、なかなか大変なんだわ、特にCD6純正マニは・・・。



実は、CL1赤ヘッドの魅力は、CD6H22Aよりもハイカムなカム事だけでなく、上画像の矢印部分にある秘密の穴にも魅力があるんですよね♪♪

この穴の秘密について語り出すと、話が止まらなくなりますので、また今度機会があればしたいと思います♪♪(微笑)

興味ある方は、ご一報を!!

 

お次は、エキマニ外しぃ!!もともと社外を組んであったのか?固着無くアッサリ外れました♪♪

 

んで、ヘッドカバーを外して、タイベルとご対面。

 

タイベル回り全体画像。H22Aは、バランサーシャフトが付いてるので、ベルトが2本です。

 

スライドカムプーリーだったらなぁ~と、淡い期待も空しく純正スプロケでした。(苦笑)

 

こちらが、バランサーベルトですね。コイツのおかげで、振動が激減するシステムです。エンジンフルバランス取りしたら、コレ要らないのかな??けど、撤去はそう簡単では無さそう・・・。

 

タイベルのテンショナー回りです。


さぁ、カムを覗いてみますかぁ!!

 

出ました!!これぞVTEC!!

 


 

ちょいと強めのアタリが付いた箇所もありますが、割りと綺麗かな?

 

んで、デスビや、スプールバルブ、カムホルダーを外してぇ・・・、

 

カムを撤去!!

 

カムを撤去すると、ヘッドはこんな感じ♪♪カムを外すとヘッドボルトが見えます。

 


 

ロッカーアームもまずまず綺麗かな。

んで、ヘッドボルトを外して、ヘッドを降ろしまぁーす!!

 

出ました!!ピストンとご対面です♪
ピストンは、勿の論でまっ黒クロスケ・・・。

やはり、CL1エンジンは、ウォータージャケットのあるオープンデッキなんですねぇ。
 激薄なピストン同士の壁に、このウォータージャケット・・・。大丈夫なのか???

やはり、H22Aはクローズドデッキが良いなぁ~。

ちなみに、下の画像が、クローズドデッキと呼ばれる、ウォータージャケットが無いブロックです。熱はこもりそうですが、強度はかなりありそうですねぇ♪♪



 

 

っで、エンジンブロックをひっくり返して、オイルパンを外します。

 

っで、いきなりのクランク撤去。(滝汗)

クランク外すまでには、沢山の部品を外さないといけないので、ちょいと大変です。
なので、集中し過ぎて画像無し!!(苦笑)

 

これが、クランク外れたブロックの画像。

ピストンが今にも抜け落ちそうです。

 

 

ってな訳で、ピストンも抜き、綺麗に梱包。

ちなみに、CL1ピストンは、ノーマルでフルフローと言う、超VIP待遇です♪♪
ノーマルで、フルフローなんて事するぐらいなので、HONDAのアツイ思いが、このH22Aにもあった事がよく分かりますよね♪♪


で、外した部品達もきちんと整理して梱包し、ブロックに組める部品は元に戻して、箱詰め!!





っで、ワゴンのラゲッジルームは、大きい箱が4つに、ブロックが一つ!!

これで、私一人でもエンジンの持ち運びが出来るようになりました!!
あとは、もうちょっと整理して箱を小さくし、お家に持ち帰り保管しておきます♪♪

いつぞや、時間に余裕ができたら組み直して、青アコにでも載せっかな!!





まぁ、そんな時間と余裕があれば、メインアコを弄りますが・・・。(苦笑)



ってか、コイツ等家に持ち帰って、嫁さんに叱られんやろか???しかも、アパートって、一体何キロくらいまで持ち込んでも倒壊しないのだろうか???

もし、倒壊したら、新聞に載るやろな・・・。(汗)


そんなこんなで、またまたデカブツをお蔵入りさせてしまうHONDAISMでした♪♪



Posted at 2012/05/19 08:35:46 | コメント(21) | トラックバック(0) | エンジン本体 | クルマ

プロフィール

「 9.24『5th gen ACCORD 25th Anniversary with JTCC meet in MOTEGI』もう一つのプチオフ♪♪ http://cvw.jp/b/608468/42020538/
何シテル?   10/04 08:32
以前は、ターボ車以外には興味が無く、スカイラインばかり乗ってきましたが、ひょんな事から、ホンダ車に乗る事になり、まずCD3に乗りました。見た目は、かなり気に入っ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

CL1サクションホース交換&破れ対策(122150km) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/08 19:23:09
タイベル、その他交換!!距離62800km 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/01/30 08:44:18
アコード維持り計画 ~秋の夜長のガンプラビルド~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/06 19:35:13

お友達

車好きな友達大募集です。気軽に話ができ、情報交換ができればうれしいです。車種問いませんが、特にホンダ車、アコード、トルネオ、H22A搭載車(プレリュード、ユーロR)は大歓迎です。私なりに、努力したカスタムが皆さんの役に立てたらと思います。よろしくお願い致します!!
202 人のお友達がいます
アッシモASIMOアッシモASIMO * V-テッ君♂V-テッ君♂ *
ワイズファクトリー&エターナルワイズファクトリー&エターナル *みんカラ公認 hisaohisao *
ビター♪ビター♪ EIJI☆EIJI☆

ファン

93 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ アコード ホンダ アコード
青アコに代わり、新しく相棒となって頂いた、100系(前期型)CD6MTです。 前オーナ ...
ホンダ アコード 4スロアコード (ホンダ アコード)
2015/10/27 ナンバー切って動態保存中。。。 初めは、USDMを目指していまし ...
ホンダ アコード キャブアコード (ホンダ アコード)
お師匠様から『アコードの売りの話があるけど要らない??』とのご一報があり、既にアコードだ ...
ホンダ その他 MacLaren Honda MP4/4 (ホンダ その他)
現在製作途中のデアゴスティーニ マクラーレンホンダMP4/4です。 製作レポートをこち ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.