• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

mm414のブログ一覧

2017年01月22日 イイね!

F1マシンコレクション創刊号 & 1992年F-1日本グランプリ

F1マシンコレクション創刊号 & 1992年F-1日本グランプリ
購入をためらっていたら、友人が早々に購入し、楽しんでいると聞いて、衝動で買ってしまった。



マクラーレン ホンダ MP4/4アイルトン・セナ1988



個人的にマクラーレンホンダのセナと聞くと、思い出すのが、1992年F-1日本グランプリ 鈴鹿サーキット。

当時は空前のF-1ブーム。中島悟がF1を引退し、鈴木亜久里や右京が注目され、鈴鹿サーキットはバブル真っただ中だった。



入場料(観戦券)15,000円
指定席券 22,000円
合計 37,000円

指定席券は抽選、京都の友人が当選したことで、2人で参戦した。
近辺のホテルは満杯、テント持参でサーキット内でのキャンプだった。
駐車場も満杯でサーキットから1km以上離れた民家の畑、2日で6,000円・・・

ポールポジションはウィリアムズ・ルノーのナイジェル・マンセルだったが、優勝はウィリアムズ・ルノーのリカルド・パトレーゼ。

セナはたった3周でリタイア。

当時はフィルムカメラ、75-300mmの安価レンズしか持っておらず、流し撮りのテクも未熟で大変苦労した記憶がある。2日で36枚フィルムも8本くらい使った。

第1コーナーのスタンドから MP4のみ抜粋 

No.1 セナ、No.2 ゲルハルト・ベルガ―



優勝したNo.6  リカルド・パトレーゼ


ポールのNo.5 ナイジェル・マンセル



ジャン・アレジも日本人女優との結婚で注目された。






さて、模型のモデルはMP4/4、1992年はMP4の進化バージョンMP4/7

マルボロロゴがライセンスの関係で使用できないらしく、模型からは削除されている。
友人はロゴをデカールで作成し、楽しんでいるようだ・・・

僕はそのような技術がないので、違った楽しみ方を・・・・




後ろで見ていた妻は不思議そうな顔をしていた。
普通の方は理解できない行動でしょうね・・

Posted at 2017/01/22 14:55:26 | コメント(1) | トラックバック(0) | 自動車 | 趣味
2017年01月21日 イイね!

ふらり激写 台湾一人旅 ③


時は12月27日、写真の整理が追い付かず・・・いや、面倒くさくなったのが本音。
今更ですが・・・・・

今日は台北から高雄への移動から。

その前に、朝ごはん・・・鹹豆漿(豆乳のお粥)とおやき


それほどおいしいものじゃない・・・・



今日は待望の台湾高速鉄道に乗る。台湾新幹線とも言われている。




台湾高速鉄道(たいわんこうそくてつどう、中国語: 臺灣高速鐵路、英:Taiwan High Speed Rail, THSR)は、台湾の台北と高雄とを結ぶ高速鉄道。
略称は台湾高鐵、高鐵。

車両は日本製、無線はフランス製、軌道のポイントはドイツ製。



車両が700系の改良型の700T型、カラーは違うが、いつもの車両だ。

日欧の技術が混在した形で開業したが、ソフトもハードも年々日本カラーが濃くなっているとのこと。

ホームで聞いた英語のアナウンスが日本のアナウンスと同じ音質(同じ人)だったのは、笑えた。



高雄までは未開通、ちょっと手前の佐営までだ。高雄へは地下鉄で数駅のようだ。





商務車廂とはグリーン車、左営まで1950元(約8,000円)、奮発しました・・・普通車とは500元(約2,000円)の差額なので・・・





乗り味など、日本の新幹線とまったく同じ。快適そのもの・・・

さて、11時に左営駅に着いたが、高雄のホテルまで荷物を預けに行くのは時間の無駄である。

左営駅でコインロッカーを探すが、見つからない。
聞きまくって、インフォメーションデスクで預けられると分かった。
料金を聞くと・・・タダだそう・・・

そして、身軽になり、観光地目指し、バスに乗る。

1時間ほどの乗車で着いたところは・・・


仏光山仏陀紀念館

下淡水渓を見下ろす丘陵地に広がる、台湾最大級の仏教寺院。
高さ36mの大佛がそびえ立つ。



高雄での有名観光地を、とりあえず見た! だけだ・・

次も同じ

蓮池潭 龍虎塔

左営区の中央に位置する蓮の花で有名な淡水湖。
虎と龍の口が出入口になった一対の塔「龍虎塔」や、観音や武将を背中に乗せた龍が入口に座す一対の塔「春秋塔」などが湖畔に建ち並ぶ。






夜景は・・高雄の中心を流れている河(愛河)がライトアップされている。
小型船のクルージングに乗っての撮影



夕食はカニを求め・・・



水槽の上海蟹を指名・・・




クラッシック・ミニを見つけ、台湾でも32番かと思ったら、ミニ(32)は日本語だし・・
く見ると・・・23・・・







98、95、92はオクタン価でしょうね。
値段はあまり日本と変わらないね。

自己為自己加油・・・セルフ給油
無鉛汽油・・・無鉛ガソリン
公升・・・1リットル

漢字は理解が早い!!

中国圏の旅は楽だと言うことが今回の旅で感じた。

これで、ひとり激写の撮影は終了・・・・明日は帰国するだけ。




Posted at 2017/01/21 23:04:07 | コメント(1) | トラックバック(0) | | 旅行/地域
2017年01月11日 イイね!

成人の日

開放値の明るい望遠系レンズで背景を大きくぼかすことが、僕の好きな撮影スタイルである。

しかし、フルサイズ一眼レフからマイクロフォーサーズに乗り換えてから、ストレスが溜まっている。

フォーサーズはセンサーサイズがフルサイズの半分なので、絞り値のボケも半分と言われている。

フォーサーズ F2.8 はフルサイズ F5.6 と同じ・・・
わかっちゃいるけど、気にいらない!!

ならば、開放値の明るいレンズを使うしかない。

今、持っている最も明るいレンズは・・



45mm F1.8



単焦点レンズは僕の常用ではないが、記念写真には必須アイテムだ。

ちょうど、バカ次男の晴れの日

出番となりました・・・・

露出は F2.0 1/100s ASA200


失敗は許されないので、ひと絞り入れた。

それも90mm(35mm換算)でこの背景ボケ・・・満足の限界・・・・




この4人、幼稚園の同窓生・・・・あまりの笑顔にモザイクは却下・・・

若い笑顔に昔の自分を重ね、あの頃をしみじみ想い出した(泣)

僕のこの時は松本、19歳の時に一浪の同級生の式に紛れ込んだ・・・(遠い目)







この4人、幼稚園の同窓生・・・違う!!
久々に見たら、成人者は右から2番目だけ、両端は19歳、左から2番目は・・・??


Posted at 2017/01/11 22:03:24 | コメント(3) | トラックバック(0) | 家族 | 暮らし/家族
2017年01月10日 イイね!

ふらり激写 台湾一人旅 番外編(車事情)

順番からだと、3日目になるが、写真整理が追い付かず。
筆休めで台湾の車スナップでお茶濁し・・・

走っている車種はトヨタが多い。日産・マツダ、次に本田、稀に三菱って感じ。
トヨタ以外はヨーロッパ車が目立つ。

ヨーロッパやアメリカでよく見かける、ボロボロ車、レトロ車は滞在中に見たことが無い。



朝飯で外出した時の台北の朝・・・

解説は無し!!





コリアンカーもちらほら・・・
おや?
カラーリングが・・・誰かのに似ている




バス停での待ち時間でもショットを忘れない・・・





結論:興味のある車は歴史の古い国に似合う

http://minkara.carview.co.jp/userid/260926/blog/11279521/

http://minkara.carview.co.jp/userid/260926/blog/11275274/

http://minkara.carview.co.jp/userid/260926/blog/8435078/



Posted at 2017/01/10 21:38:43 | コメント(2) | トラックバック(0) | | 旅行/地域
2017年01月08日 イイね!

ふらり激写 台湾一人旅 ②


台湾人の朝食は外食が多いらしい。
物価自体が安いので自炊と大してコストは変わらないようだ。

屋台の朝食が体験したくて、ホテル予約時には朝食は付けなかった。
ホテルコンセルジェに「地球の歩き方・台湾編」の写真を見せ、これが食える店を教えてとつたない英語で聞くと、日本語で返事が来た・・・

コンセルジェが言うには、お店では英語も日本語も通じないとのこと。
紙に漢字でメニューを書いてくれた。

その紙を片手に、紹介された店へ・・・屋台じゃない・・・24時間営業











油條:揚げパン
豆漿:豆乳



さて、お腹も一杯になり、観光モードに・・・
僕の撮影タイプは早朝か夕方から夜が多い。

昼間は光線も強く、好きじゃない。
とりあえず、昼間の時間潰しで出かけることにした。



昔の町並みをコンセルジェに聞いた。日本語が通じると楽。

迪化街という問屋街を紹介される。
















台北で有名な観光地のひとつに、国立故宮博物院がある。
フランスのルーブル、アメリカのメトロポリタン、ロシアのエルミタージュと並んで世界四大博物館の1つにも数えられている。

ルーブルは行ったことあり、四大のうち2つ目の制覇になるので、是非に行きたいところである。

場所は台北の郊外にあり、地下鉄とバスを乗り継いで行く。















僕の歴史の興味は一般的な方々と比べ、非常に低い。

我が家では妻が歴史、特に戦国時代には目が無く、大河ドラマは欠かせない。
しかし、夫は一切興味がない・・・

ここ故宮博物院には、およそ70万点近くの収蔵品があると言われており、常時展示している品は、6000~8000点。特に有名な宝物数百点を除いては、3~6カ月おきに、展示品を入れ替えているため、すべてを見て回るには、10年以上はかかると言われている。

中国3,000年の歴史の凝縮だが・・・・30分で飽きました。(懺悔)


滞在時間は1時間ほど、他に昼間に行きたい観光地は無い(夜はある)ので同じ経路でホテルに帰ることに。




地下鉄の駅からホテルまでの道のりの屋台で絞りたてジュースとブドウを買う。



これが今日のランチ・・・夜は小籠包の予定なので少食にしておく。



夕方までの時間は台湾マッサージで時間を潰す。(写真無し)
全身・足湯マッサージに角質削りで180元
2時間、まったりとした時間を過ごし、疲れが少しとれたかな。

そしてようやく日も暮れて、撮影タイムがやってきた。




その前に、腹ごしらえ。
Netで事前に調べた小籠包の美味いとの評判の店にたどり着く。

明月湯包

日本語のメニュがうれしい・・



生姜の効いたチキンスープ



エビチャーハン



目当ての小籠包





おいしく頂きました。




ようやく撮影時間がやってきた。
目当ては台北101

台北101ビルは地下5階+地上101階からなり、「101」という名前の由来はここから来ている。
施工は日系企業が中心となって、約7年間かけてこの超高層建築物を完成。

2007年ドバイのブルジュ・ハリファに抜かされるまでは、世界一高いビルとしてギネスブックにも認定された。現在は4位、2位がスカイツリーらしい。





入場料は600元(2400円) 物価からするとかなり高いね。
高速エレベーターに乗って展望台に登ったが、どこかで見た感じが・・・
何と、スカイツリーとそっくり。ここの方が先なのでスカイツリーが真似たようだ。





天候が良いと屋外展望台が解放される。
運よく開いていたが、悪戯で物が投下される可能性もあるね。



さて、今日の撮影目的は展望台からの写真では無い。
タワーを入れた台北の夜景を求めて、地下鉄で隣の象山駅へ。




そして、徒歩で象山の中腹に登ると・・・・石段で整備されているが、老体にはきつかった。











最後は昼間の時間つぶしに予定した、寺院へ。
地下鉄の乗り換えで簡単に行ける。


龍山寺は清時代の乾隆3年(1738年)に創建され、300年弱の歴史があるが、電光掲示板は違和感がある。










これで台北撮影は終了。

明日は台湾新幹線で高雄へ移動・・・・



Posted at 2017/01/08 16:01:32 | コメント(1) | トラックバック(0) | | 旅行/地域

プロフィール

「Char 40th Anniversary Special Live 2016 Bunkamura Final http://cvw.jp/b/260926/38149824/
何シテル?   07/02 11:35
子供の頃から車好きで、結婚前にMR-2に買い換える予定が、頓挫し、その内、子供ができ、好きな車種をあきらめ、ファミリーパパに徹して20余年。途中に旧車にはまりま...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2017/1 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

ドイツ仕様 512BB(1976) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/05 07:31:35
Einbahnstraße(アインバーンシュトラーセ) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/20 09:31:52
ダメージジーンズは,駄目爺々ズ? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/22 19:55:41

お友達

ファン

33 人のファンがいます

愛車一覧

ミニ MINI ミニ MINI
R56クーパーを娘に略奪され、車の無い生活が半年。 買物用の妻の軽はあるのだが、心に孔が ...
ミニ MINI ミニ MINI
オープンからコンパクトに乗り換えて、自分なりのMini に仕上げたけれど、娘に略奪されま ...
スズキ ワゴンR スズキ ワゴンR
妻の買物用にキューブからの入れ替え。 今時の軽の性能・品質には驚愕! 売れる理由が分かっ ...
日産 キューブ 日産 キューブ
ノート・ライダーからの乗り換えです。 主に妻の買物と家族の移動用。 だったのですが、最 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.