車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月11日 イイね!
開放値の明るい望遠系レンズで背景を大きくぼかすことが、僕の好きな撮影スタイルである。

しかし、フルサイズ一眼レフからマイクロフォーサーズに乗り換えてから、ストレスが溜まっている。

フォーサーズはセンサーサイズがフルサイズの半分なので、絞り値のボケも半分と言われている。

フォーサーズ F2.8 はフルサイズ F5.6 と同じ・・・
わかっちゃいるけど、気にいらない!!

ならば、開放値の明るいレンズを使うしかない。

今、持っている最も明るいレンズは・・



45mm F1.8



単焦点レンズは僕の常用ではないが、記念写真には必須アイテムだ。

ちょうど、バカ次男の晴れの日

出番となりました・・・・

露出は F2.0 1/100s ASA200


失敗は許されないので、ひと絞り入れた。

それも90mm(35mm換算)でこの背景ボケ・・・満足の限界・・・・




この4人、幼稚園の同窓生・・・・あまりの笑顔にモザイクは却下・・・

若い笑顔に昔の自分を重ね、あの頃をしみじみ想い出した(泣)

僕のこの時は松本、19歳の時に一浪の同級生の式に紛れ込んだ・・・(遠い目)







この4人、幼稚園の同窓生・・・違う!!
久々に見たら、成人者は右から2番目だけ、両端は19歳、左から2番目は・・・??


Posted at 2017/01/11 22:03:24 | コメント(3) | トラックバック(0) | 家族 | 暮らし/家族
2017年01月10日 イイね!
順番からだと、3日目になるが、写真整理が追い付かず。
筆休めで台湾の車スナップでお茶濁し・・・

走っている車種はトヨタが多い。日産・マツダ、次に本田、稀に三菱って感じ。
トヨタ以外はヨーロッパ車が目立つ。

ヨーロッパやアメリカでよく見かける、ボロボロ車、レトロ車は滞在中に見たことが無い。



朝飯で外出した時の台北の朝・・・

解説は無し!!





コリアンカーもちらほら・・・
おや?
カラーリングが・・・誰かのに似ている




バス停での待ち時間でもショットを忘れない・・・





結論:興味のある車は歴史の古い国に似合う

http://minkara.carview.co.jp/userid/260926/blog/11279521/

http://minkara.carview.co.jp/userid/260926/blog/11275274/

http://minkara.carview.co.jp/userid/260926/blog/8435078/



Posted at 2017/01/10 21:38:43 | コメント(2) | トラックバック(0) | | 旅行/地域
2017年01月08日 イイね!

台湾人の朝食は外食が多いらしい。
物価自体が安いので自炊と大してコストは変わらないようだ。

屋台の朝食が体験したくて、ホテル予約時には朝食は付けなかった。
ホテルコンセルジェに「地球の歩き方・台湾編」の写真を見せ、これが食える店を教えてとつたない英語で聞くと、日本語で返事が来た・・・

コンセルジェが言うには、お店では英語も日本語も通じないとのこと。
紙に漢字でメニューを書いてくれた。

その紙を片手に、紹介された店へ・・・屋台じゃない・・・24時間営業











油條:揚げパン
豆漿:豆乳



さて、お腹も一杯になり、観光モードに・・・
僕の撮影タイプは早朝か夕方から夜が多い。

昼間は光線も強く、好きじゃない。
とりあえず、昼間の時間潰しで出かけることにした。



昔の町並みをコンセルジェに聞いた。日本語が通じると楽。

迪化街という問屋街を紹介される。
















台北で有名な観光地のひとつに、国立故宮博物院がある。
フランスのルーブル、アメリカのメトロポリタン、ロシアのエルミタージュと並んで世界四大博物館の1つにも数えられている。

ルーブルは行ったことあり、四大のうち2つ目の制覇になるので、是非に行きたいところである。

場所は台北の郊外にあり、地下鉄とバスを乗り継いで行く。















僕の歴史の興味は一般的な方々と比べ、非常に低い。

我が家では妻が歴史、特に戦国時代には目が無く、大河ドラマは欠かせない。
しかし、夫は一切興味がない・・・

ここ故宮博物院には、およそ70万点近くの収蔵品があると言われており、常時展示している品は、6000~8000点。特に有名な宝物数百点を除いては、3~6カ月おきに、展示品を入れ替えているため、すべてを見て回るには、10年以上はかかると言われている。

中国3,000年の歴史の凝縮だが・・・・30分で飽きました。(懺悔)


滞在時間は1時間ほど、他に昼間に行きたい観光地は無い(夜はある)ので同じ経路でホテルに帰ることに。




地下鉄の駅からホテルまでの道のりの屋台で絞りたてジュースとブドウを買う。



これが今日のランチ・・・夜は小籠包の予定なので少食にしておく。



夕方までの時間は台湾マッサージで時間を潰す。(写真無し)
全身・足湯マッサージに角質削りで180元
2時間、まったりとした時間を過ごし、疲れが少しとれたかな。

そしてようやく日も暮れて、撮影タイムがやってきた。




その前に、腹ごしらえ。
Netで事前に調べた小籠包の美味いとの評判の店にたどり着く。

明月湯包

日本語のメニュがうれしい・・



生姜の効いたチキンスープ



エビチャーハン



目当ての小籠包





おいしく頂きました。




ようやく撮影時間がやってきた。
目当ては台北101

台北101ビルは地下5階+地上101階からなり、「101」という名前の由来はここから来ている。
施工は日系企業が中心となって、約7年間かけてこの超高層建築物を完成。

2007年ドバイのブルジュ・ハリファに抜かされるまでは、世界一高いビルとしてギネスブックにも認定された。現在は4位、2位がスカイツリーらしい。





入場料は600元(2400円) 物価からするとかなり高いね。
高速エレベーターに乗って展望台に登ったが、どこかで見た感じが・・・
何と、スカイツリーとそっくり。ここの方が先なのでスカイツリーが真似たようだ。





天候が良いと屋外展望台が解放される。
運よく開いていたが、悪戯で物が投下される可能性もあるね。



さて、今日の撮影目的は展望台からの写真では無い。
タワーを入れた台北の夜景を求めて、地下鉄で隣の象山駅へ。




そして、徒歩で象山の中腹に登ると・・・・石段で整備されているが、老体にはきつかった。











最後は昼間の時間つぶしに予定した、寺院へ。
地下鉄の乗り換えで簡単に行ける。


龍山寺は清時代の乾隆3年(1738年)に創建され、300年弱の歴史があるが、電光掲示板は違和感がある。










これで台北撮影は終了。

明日は台湾新幹線で高雄へ移動・・・・



Posted at 2017/01/08 16:01:32 | コメント(1) | トラックバック(0) | | 旅行/地域
2017年01月06日 イイね!

例年、年末は勤務先の年度末決算にあたり、最終日まで混沌とした気分で勤めるのだが、営業部から企画室への異動により、売上とは無関係になった。

また、有給休暇取得推進の追い風もあり、早めの休暇取得も可能になった。
それでも、有給消化率は50%以下だ。

急に思い立ったもので、12月に入ってからの計画、近場で済ませることに。
気軽に行ける近場、海外で行ったことの無いのは台湾だけ。

東アジアの仏教エリアは似たような景色しかないが、準備時間も無く、やむ得ない。

事前にNetでざっくりとした台湾情報を確認し、12月上旬の土曜日に近所のHISに飛び込む。

   2016年末の話・・・・回顧録です・・・

『 25日から3泊4日、台湾に行きたいのですが、移動・ホテル以外はすべて自由行動のパックを探してください。』

『 何名様ですか? 』

『 一人旅です。写真撮影が目的 』

『 お客様、パックですと1人割り増し料金が発生しますし、出発時間がかなり早朝です。遅めの時間に変更(有料)などでかなり割高になります。また、出発空港は成田がほとんどです。むしろ、飛行機とホテルだけの予約の方が時間の制約も無く、お安くできます。 』

などの会話の結果、羽田発 エバー航空(LLCじゃない)台北2泊、高雄1泊の個人旅行を1時間後には予約していた。

目的

1 夜景を中心とした観光地の撮影
2 裏辻を入った古い町並みの撮影
3 台湾新幹線に乗車
4 台湾グルメ

移動は原則、公共交通機関を使用し、極力、タクシーは使用しない。
台北は地下鉄・バス網が整備され、非常に便利だそう。

今回の機材は・・・



ボディ

 OM-D E-M5 Mark II
 PEN-F

レンズ

 ED 7-14mm F2.8 PRO
 ED 40-150mm F2.8 PRO
 ED 12mm F2.0
 17mm F1.8
 45mm F1.8
 9mm F8.0 Fisheye



これに軽量三脚と一脚



ミラーレスの恩恵で容積・重量は一眼の半分以下。

台湾の国土面積は、日本の九州と同じくらいで、人口は約2300万人。気候は亜熱帯〜熱帯に属する。




歴史的には1895年、日清戦争で日本が占領し、太平洋戦争終了まで日本が統治する。1949年、中華人民共和国と中華民国(台湾)に2分される。

さて、出発は12月25日、普段の出張と同じ様に羽田へ行き、降りる駅が国際線ターミナルだけ。

台湾元に両替し4時間後には台北・松山空港に到着。
時差は1時間遅れ、現地時間で13時半・・・

空港内のセブンイレブンで小銭両替のため水を購入する。

ホテルに移動するのだが、いきなり原則を破り、タクシーに乗車。
松山空港は市内に近く、地下鉄もあるが、不案内なホテルを探すよりは時間節約も重要。

乗車は10分程度、料金は120元と驚くほど安い。(1元=約4円)

早々にチェックインを済ませ、ホテル近辺の撮影に出かける。



市内の景色は日本と大差が無いが・・・
原チャリが異常に多い!何CCだろうか・・・











バイクは市民の足のようだ、自転車は見当たらない??



ちょっと、路地に入ると・・・昭和の雰囲気・・・














今回のツアーの目的地で自力では難しいと思われる場所があり、ここだけはHISのオプショナル・ツアーを事前に申し込んだ。

そこは、台湾北部の新北市瑞芳区にある山間の町・九份。キュウフンと読む。
日本統治時代に金鉱山として台湾有数の栄華を極めるが、1971年に閉山。

再びスポットライトを浴びたのは1989年。侯孝賢監督の映画「非情城市」の舞台となったことで観光地として注目されることに。

さらに日本では宮崎駿監督が映画「千と千尋の神隠し」の着想を得たという噂が広まって人気が高まり、レトロな街並みに似合う茶芸館やカフェが軒を連ね、日本人の人気スポットでもある。

参加者の多くは年配、若者のカップル、グループがほとんどで、1人参加は僕だけのようだ。

「千と千尋の神隠し」は子供と見た記憶はあるが、どの建物が映画のモチーフになったかは知らない。

雰囲気は出ていますでしょうか?

まずは、ED 7-14mm F2.8 PRO
















以下、ED 40-150mm F2.8 PRO













2時間の自由時間後、バスは市内に戻るが、夜市で途中下車。
台湾では夜市が有名で、多くの屋台が遅くまで食べ物やお土産店が軒を並べる。

降ろされた夜市は、饒河街観光夜市(読めない・・・・)
45分の自由時間後に各ホテルに行くが、希望者はここで解散もOKとのこと。
迷わず、現地解散を選び、夜市に突入・・・




















タピオカミルクティーも・・・



饒河街觀光夜市の隣には派手にライトアップされた寺がある。


松山慈祐宮



お賽銭は電子マネーでもOK・・・・
日本では愛宕神社(楽天マネー)だけのようだが、台湾が一歩進んでいる。




さて、電子マネーでは無く、台湾元でお祈りをして、ホテルに帰る時間になった。

初めての地下鉄乗車だ・・・ワクワク・・・

事前情報で台湾旅行の友に電子マネーカードがある。
スイカ・パスモと同類のようだ。

ホテル近所のセブンイレブンで購入済、発行に100元(約400円)必要、とりあえず300元ほどチャージしておいた。



乗り方も日本と同じ、初乗りは12元(48円)と馬鹿安である。
台湾の物価は日本比較で1/2~1/3なので妥当かもね。







とにかく、設備が綺麗だ。車内も広く清潔感がある。









長~い初日が終了・・・今日はクリスマス・・・クリぼっち・・・明日へ続く・・・・

Posted at 2017/01/06 21:38:09 | コメント(1) | トラックバック(0) | | 旅行/地域
2016年12月30日 イイね!


2016年も残り1日
で、今年のLive参戦振返り、完全に自分だけの備忘録・・・

残り1日の貴重な時間、アップするネタは複数あるのだが、やっぱ好きなモノからだね!

今年は数えると、8本だった。



1 EX THEATER ROPPONGI PRESENTS 外道×CREATION



昔の名前で出ています に惹かれて・・・
2回目は無し!



2 Bob Dylan JAPAN TOUR 2016 オーチャードホール



今やアカデミー賞ノーベル文学賞作家・・・
(本業は歌手だが、受賞要因は詩にある)
Liveの評価は今一だったが、別な意味で貴重な体験だったね



3 Char 40th Anniversary Special Live 2016 王子 北とぴあ



今年はCharさん、デビュー40周年
終わってみれば、今年は3回もの参戦
これは過去最高回数である



4 Eric Clapton JAPAN TOUR 2016 2016/04/15



今年が最後詐欺に騙されても、好きなモノは好き



5 Char 40th Anniversary Special Live 2016 Bunkamura Final







6 Queen + Adam Lambert LIVE 2016 at Budokan



唯一、妻との参戦
奥さん孝行の何もでもない・・・



7 吉田拓郎LIVE2016 大宮ソニックシティー



2年振りのツアー
マンネリ感もあり、少々、飽き気味・・




8 Char 40th Anniversary Special Live 2016 越谷サンシティー



3回目、例年ならば参加しないが、我埼玉にお越しのことでは、無視できない・・・



以上、本年は8本と過去最高に近い結果


例年だと、年末には翌年の春までの予定が入っているのだが・・・

現時点で、ゼロ!!

ジェフ・ベックも早い時期に来日が決まっている。
16年ぶりのドゥービー・ブラザーズもある。

しかし、なぜか乗らない

2017年の参戦回数は厳しいかも・・・



Posted at 2016/12/30 23:25:20 | コメント(2) | トラックバック(0) | Live | 音楽/映画/テレビ
プロフィール
「Char 40th Anniversary Special Live 2016 Bunkamura Final http://cvw.jp/b/260926/38149824/
何シテル?   07/02 11:35
子供の頃から車好きで、結婚前にMR-2に買い換える予定が、頓挫し、その内、子供ができ、好きな車種をあきらめ、ファミリーパパに徹して20余年。途中に旧車にはまりま...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
掲示板
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
リンク・クリップ
浦和レッズJホーム開幕戦 OM-D処女航海 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/02 21:36:22
お友達
ファン
31 人のファンがいます
愛車一覧
ミニ MINI ミニ MINI
R56クーパーを娘に略奪され、車の無い生活が半年。 買物用の妻の軽はあるのだが、心に孔が ...
BMW ミニクーパー BMW ミニクーパー
オープンからコンパクトに乗り換えて、自分なりのMini に仕上げたけれど、娘に略奪されま ...
スズキ ワゴンR スズキ ワゴンR
妻の買物用にキューブからの入れ替え。 今時の軽の性能・品質には驚愕! 売れる理由が分かっ ...
日産 キューブ 日産 キューブ
ノート・ライダーからの乗り換えです。 主に妻の買物と家族の移動用。 だったのですが、最 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.