• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

mm414のブログ一覧

2009年02月28日 イイね!

吉田拓郎、ついにラスト・ツアー

拓郎がライブ・ツアーから足を洗うようです。これで見納めと思うと、拓郎ファンの僕にとっては楽しみが1つ減ります。引退する訳じゃないけれど、せつない気持ちでいっぱいです。




で、早速チケットの手配に入り、先行予約に申し込むが、見事に落選。どうしても行きたいために、友人にも予約を依頼するが、全滅です。次はチケットPIAの先行予約の可能性もあるが、この分じゃダメでしょうね。4月4日の一般販売の電話予約に挑戦し、それでもダメならオークションですかね。
真のラストツアーのつま恋は幻のチケット、黄金のチケットかも・・・

以下ツアー情報です。

【TAKURO YOSHIDA Have A Nice Day LIVE 2009】

・ 6月21日(日) 名古屋センチュリーホール 
・ 6月25日(木) 神奈川県民ホール 
・ 6月29日(月) 東京エレクトロンホール宮城(宮城県民会館) 
・ 7月04日(土) 東京国際フォーラム・ホールA 
・ 7月08日(水) グランキューブ大阪 
・ 7月14日(火) 福岡サンパレスホテル&ホール 
・ 7月17日(金) 広島厚生年金会館 
・ 7月21日(火) 神戸国際会館こくさいホール 
・ 7月25日(土) つま恋 エキジビションホール 

Posted at 2009/03/01 17:51:59 | コメント(3) | トラックバック(0) | 音楽 | 音楽/映画/テレビ
2009年02月22日 イイね!

Jeff Beck / Elic Clapton奇跡の共演

2月21日のさいたまスーパーアリーナJeff Beck / Elic ClaptonのJoint Concertに行ってきた。



両者の来日公演が偶然にも重なったことにより、日本で実現した奇跡の共演である。過去に2人はチャリティーなどで飛び入りの即興は行ったことがあるが、正式の共演は初めてである。このコンサートはロック史に永遠に刻まれる偉業であると思う。その歴史を自分の目で見たこと、その場所に居たことが重要である。多分、ロックファンにしか理解できないことであろう。



チケットは先行の抽選でゲットしたが、自分の席に着いてがっかり。正面だが、一番後ろの2階席だ。先行なんだからもっと前の席を割り振れと思う。
席からの視野。ステージ左右に大型スクリーンが設置されているが、それもここからは小さい。しかし、今日は14-60倍の双眼鏡を持参。くっきりと彼らのシワまで見える。



ステージ構成は事前の発表どうりに、第一ステージがJeff、第二がElic 第三が共演。時間はそれぞれ、約1時間、約1時間、35分であった。Jeffのギターは国際フォーラムの初日より張があり、リズミカルである。音響システムもさいたまアリーナの方が良い音がする。Elicバンドは超一流をそろえてる。ドラムはポール・マッカートニーのツアーバンドにも参加している。さすが、Elicである。「Crossroads」に感激。

さて共演だが、彼らはヤードバーズの出身であり、選曲はマニアックであった。知らない曲・・・・





だぶんこのシーンはニュースで全世界に流れるのだろうなと思うと大興奮である。
Yahoo News
観客には海外からのファンも居るようである。さらに、全国からここに来ているはず。
僕はさいたま市在住であり、家から車で15分。8時10分に終演し、8時40分には自宅で風呂に入っていた。幸せもんだ・・・・

セットリスト

第一ステージ Jeff Beck

01.The Pump
02.You Never Know
03.Cause We’ve Ended as Lovers
04.Stratus
05.Angel
06.Led Boots
07.Goodbye Pork Pie Hat
08.Brush With The Blues
09.JEFF & TAL Solo(inc~Freeway Jam)
10.Blue Wind
11.A Day In The Life
(Encore)
E1.Peter Gunn Theme

第二ステージ Eric Clapton
1.Drifitn
2.Layla
3.Motherless Child
4.Running On Faith
5.Tell The Truth
6.Little Queen Of Spades
7.Before You Accuse Me
8.Cocaine
9.Crossroads

第三ステージ Clapton & Beck
1.You Need Love
2.Listen Here/Compared To What
3.Here But I’m Gone
4.Outside Woman Blues
5.Brown Bird
6.Wee Wee Baby
7.Want To Take You Higher


最後に次はこれかな?
リードギターはリッチー・ブラックモアじゃない。
でも、行くと思う・・・・・・・・・




Posted at 2009/02/22 15:25:48 | コメント(2) | トラックバック(0) | Live | 音楽/映画/テレビ
2009年02月15日 イイね!

ドイツからヴァイツェンビールが来た!

昨年末のドイツ出張の時に、ドイツ本社の社員にビールを日本に発送するよう依頼した。お土産としてはかさばるし、旅程も前半だったこともあり気軽に依頼した。
しかし、待てどもドイツから荷物など届かない。年が明けてから問いあわせをすると、成田の税関でストップしているとのこと。出荷したビール会社(酒蔵)が輸出の許可を持っていないのが原因らしい。結局、ビールはドイツに差し戻された。
自分の土産ならばあきらめらるけれど、今回は同行した弊社のお得意様の依頼でもある。

そこを何とかと粘ったら、輸出許可の無い酒蔵が発送したのが問題であり、個人使用の品ならばOKとのことで、 2ヶ月遅れでやっと届いた。
そして残り物が僕のところに来た。

輸出できないビール。と言うことは、日本では絶対に売っていないビール。



今回依頼したのは、ドイツの南でスイスに面したワームリンゲン(Wurmlingen)のHirshe社のヴァイツェンビール (Weizen Beer)。この会社の直営レストランで飲んだやつだ。



ヴァイツェンはドイツビールの種類の名称で小麦が原料であり(日本のビールは大麦が原料)、苦味が無く、フルーティーである。濁っているのが特徴。日本でも最近は地ビールにこのタイプがあるようだ。日本のラガーはドイツではピルスと呼ぶ。



僕は好きだが、妻からはダメ出しをくらった。
是非、銘柄問わず、ヴァイツェンビールをお試しあれ!!
Posted at 2009/02/15 21:18:01 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記 | グルメ/料理
2009年02月14日 イイね!

バレンタイン奥多摩ツーリング

久々に豆芝もも さんと予定がバッチリ合致しました。昨年末から調整していたのですが、お互いに忙しく、やっとバレンタインデーに暇になりました。悲しいなぁ~(爆)

いつものオヤジツーリング。いつもの2台。いつものスケジュール。
現地集合・温泉・ランチ(たまにグルメ)・ちょこっと峠・現地解散





先回のツーリングから、お互いの車の変化をチェックし、奥多摩湖の写真撮影へ。







今回の温泉はここ。奥多摩温泉 もえぎの湯
内風呂と露天が各1ヵ所。シンプルな構成だけれど、清潔で落ち着きます。



ランチは入浴料とランチのセット(1,600円)



まったりした午後を過ごし、一路、峠へ。奥多摩湖から南下し、中央道に繋がっている風張峠を選択した。道幅も広く、高速の峠だった。対向車も少ない。この峠はお勧めですね。峠の途中でオープン・カフェで休憩。



峠仕様のAE86に遭遇。独身の頃、オーナーだった。懐かしい・・・・



休憩後に一気に中央道の上野原ICへ。

自宅8時発、17時着、走行距離約210Kmのお手軽TRGでした。
Posted at 2009/02/14 19:02:28 | コメント(3) | トラックバック(0) | 自動車 | クルマ
2009年02月11日 イイね!

「20世紀少年 第2章 最後の希望」とToyota 2000GT

「20世紀少年 第2章 最後の希望」とToyota 2000GT久々の休日。朝から雲行きが怪しい。こんな時は映画が一番。
昨年末に第1章を見た時は、忍者ハットリ君のお面(見て無い方にはすいません)の正体が明かされず、フラストレーションのみ残った。その時、初めて3部作であることがわかり、もう絶対に2,3章も見ないと誓ったけれど、CMの影響で、フラフラとマイカルへ。











上映中、何回か意識が遠のいた。
この2章にはトヨタ2000GTが登場する。真っ白なレストア済の固体だ。
主演の唐沢くんの愛車は2000GTだが、彼の所有車かも。
でも、運転すのは彼じゃない。
確か、アルフィーの高見沢くんも赤の2000GTを持っている。

昔の撮影写真 
実車は思ったより小さい。 







で、主人公の唐沢君(遠藤ケンジ)は最後に北海道をバイクで入っているシーンに数十秒登場するだけ。3章に続くようですが、次回もマイカルに行くしか無いでしょうね。







Posted at 2009/02/11 18:35:50 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記 | 音楽/映画/テレビ

プロフィール

「Char 40th Anniversary Special Live 2016 Bunkamura Final http://cvw.jp/b/260926/38149824/
何シテル?   07/02 11:35
子供の頃から車好きで、結婚前にMR-2に買い換える予定が、頓挫し、その内、子供ができ、好きな車種をあきらめ、ファミリーパパに徹して20余年。途中に旧車にはまりま...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2009/2 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

リンク・クリップ

ドイツ仕様 512BB(1976) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/05 07:31:35
Einbahnstraße(アインバーンシュトラーセ) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/20 09:31:52
ダメージジーンズは,駄目爺々ズ? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/22 19:55:41

お友達

ファン

34 人のファンがいます

愛車一覧

ミニ MINI ミニ MINI
R56クーパーを娘に略奪され、車の無い生活が半年。 買物用の妻の軽はあるのだが、心に孔が ...
ミニ MINI ミニ MINI
オープンからコンパクトに乗り換えて、自分なりのMini に仕上げたけれど、娘に略奪されま ...
スズキ ワゴンR スズキ ワゴンR
妻の買物用にキューブからの入れ替え。 今時の軽の性能・品質には驚愕! 売れる理由が分かっ ...
日産 キューブ 日産 キューブ
ノート・ライダーからの乗り換えです。 主に妻の買物と家族の移動用。 だったのですが、最 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.