• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

たく@独車一番!48・46二番!のブログ一覧

2018年10月25日 イイね!

新しい外観はLMSと共通イメージに…

新しい外観はLMSと共通イメージに…現行R8のクーペ/スパイダーが本国でマイチェンを受けたようです。

MC前に比べ、見た目の迫力を増した外観は、先のパリサロンでデビューさせた2019年モデルのLMS(GT4じゃなくFIA GT3車両のほう)とほぼ同じ印象なので、それの登場時に綴ったとおりのフロントマスクに生まれ変わりましたね。ちなみにブルー系とグレー系のボディカラーが新設定されたこともトピックになっているそうです。

両バリエーションのV10エンジン搭載は相変わらずで、ベースグレード用は570馬力(従来型は540馬力)、高出力版の“プラス”改め“パフォーマンス”用は620馬力(“プラス”時代は610馬力)に向上され、足回りや操舵関係もそのパワーアップに伴い、重点的な改良が施されたようです。

従来型のモデルライフ中、同じドイツ勢でライバルのメルセデスAMG GTはロードスターや“R”の追加などで商品力アップが為されたほか、排ガス対策とWLTPモード燃費への配慮も行わなければならなくなったため、本国開発陣はそれらへの対応に頭を痛めたことでしょうが、すでにモデル発表から3年以上が経過している事情もあり、今回のMC版発表にこぎ着けた格好となりましたね。

クーペ/スパイダーとも、ヨーロッパ各国では来年初頭に販売開始となる模様ですが、遅くても来年の今ごろまでには日本でも発表されるでしょうね。
Posted at 2018/10/26 07:07:42 | ドイツ車(アウディ) | クルマ
2018年10月18日 イイね!

チームWRTがDTMに新規参戦!!

チームWRTがDTMに新規参戦!!ベルギーにファクトリーを置くアウディ系チームのWRT(Wレーシングチーム)も、HWAとのタッグでアストンマーチンを走らせるR-モータースポーツ同様、来シーズンのDTM(ドイツツーリングカー選手権)に新規参戦することが発表されたようです。

WRTといえば、今年8月に開催された鈴鹿10時間を含むインターコンチネンタルGTチャレンジのほか、ブランパンGTシリーズやニュルブルクリンク24時間レースにワークス級の位置付けで参戦したり、現在スーパーGT(GT300クラス)を戦っている一ッ山レーシングに技術支援も行うなど、GT3車両のR8 LMSを走らせるチームのなかで、メーカーに対する発言力が一番強い存在として有名ですが、最近はRS3 LMSでWTCR(FIA世界ツーリングカーカップ)をはじめとしたTCRカテゴリーにも参戦するようになっています。


《鈴鹿10時間で4位入賞を果たした#66のR8 LMS、クリストファー・ミース/ドリス・ヴァンスール/フレデリック・ヴェルビッシュの3人がステアリングを握った》


《今季からWTCRに参戦しているRS3 LMS、#52は元:BTCC(イギリスツーリングカー選手権)ドライバーのゴードン・シェデンが駆る》

そんなWRT、参戦初年度となる来季は(レギュレーション改定で、搭載エンジンがNAの4.0V8から直噴ターボの2.0直4に変わる)RS5 DTMを2台走らせる計画で進んでおり、チームはR-モータースポーツと同じくメーカーから支援を受ける形のカスタマー格としてエントリーする模様です。

DTMアウディ陣営にとっては久しぶりのカスタマー格参戦らしいですが、ドライバーやチームスタッフはWRTらしく各カテゴリーで経験を積んだ人脈が生かされる格好になるでしょうね。2台体制で挑むため、ドライバーは一人がDTM参戦経験のある若手 or ベテラン(レネ・ラスト、ロビン・フラインスなど)、もう一人はこれまでブランパンやWTCRで結果を残してきたルーキーが起用される可能性もありそうな気がします。

WRTは2009年に元スポーツカーレースドライバーのVincent Vosse(日本語表記にするとヴィンセント・ボッセ?)氏が立ち上げたチームのため、来年は結成10周年という節目の年でもあるんですね…そんな前祝いに決断したDTMという新たな挑戦を、私も応援していきたいと思います。
Posted at 2018/10/19 06:46:55 | ドイツ車(アウディ) | ニュース
2018年10月04日 イイね!

R8 LMSの2019年モデルが公開!!

R8 LMSの2019年モデルが公開!!『アウディ、パリショーでR8 LMSのエボリューションバージョンを発表。現行からの改装も可能』

すでに姉妹車(ランボルギーニ・ウラカン)のGT3の19年モデルが発表済みだったので、R8のそれはいつ登場させるのかな?と思っていたら、先ごろ開幕したパリサロンでデビューを飾っていたようですね。

空力性能向上のため、外観は既存マシンから大幅に変わりましたが、それに伴いフェイスリフトを受けた顔つきは、間もなく本国発表するであろうMC版の市販モデル(クーペ、スパイダー共通)にも当然ながら応用されることでしょう。

姉妹車同様、既存マシンに19年モデルと同様のパーツを組み込めるアップデートキットも用意されたということで、世界各国に多く抱える参戦チームにとっては嬉しいニュースと言えますね。

来シーズンもこれまで同様に、ブランパンGTシリーズ、スーパーGT(GT300クラス)、ニュルブルクリンク24時間、鈴鹿10時間等のGT3参戦レースで金字塔を打ち建てること間違いなしのマシンになりそうですね。
Posted at 2018/10/04 07:09:16 | ドイツ車(アウディ) | スポーツ
2018年10月02日 イイね!

(SQ2・ω・登場!)

(SQ2・ω・登場!)『アウディ Q2 に最強の『SQ2』、2.0ターボは300馬力…パリモーターショー2018』

予てより登場が噂されていたQ2のSモデルが、ついにパリサロンでデビューしたようですね!

7速Sトロニック、4WD(クワトロ)との組み合わせで搭載された2.0TFSIの出力は300hp…仕様自体は先ごろ本国でMCを受けたTT S用とほぼ同一ですが、S3用のように310hp(日本仕様は290hp)としなかったのは、WLTPモード燃費適合による排ガス処理フィルター装着を余儀なくされた関係もあるんでしょう。

日本仕様は同一排気量・同一駆動方式の標準モデルが未導入(1.0TFSIまたは1.4TFSI×FFのみ)であるため、今後それを追加しない代わりに上陸されることもあり得そうですが、たぶん仕様はバーチャルコックピットなどを標準装備して700~800万円前後と思われるプライスタグが付けられるかもしれませんね。

他のSモデルに準じ、内外装からくるスポーティイメージは控えめな印象を受けますが、近い将来加わるであろうRSモデルのQ2は、このSQ2よりも過激なエクステリアと強力なエンジン(2.5TFSIあたりを搭載?)などで、我々ファンをアッと言わせてくれるに違いないと思います。
Posted at 2018/10/05 06:13:45 | ドイツ車(アウディ) | クルマ

プロフィール

「WEC上海:小林可夢偉組トヨタ7号車が2連勝。大雨で2度の赤旗、SC5回出動の難レースを制す https://www.as-web.jp/sports-car/431950?all
何シテル?   11/18 20:01
ドイツ車ファン、48・46グループファンの私が書く全力応援ブログです。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

偉大なるミニマム 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/17 21:27:46
ゴルフトゥーランTDI試乗記 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/17 21:06:22
新型G20 3シリーズの感想。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/04 10:55:30

ファン

95 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサ スポーツ スバル インプレッサ スポーツ
親が現在所有している車です。
BMW 3シリーズ セダン サンマルチャン~UZA Version~ (BMW 3シリーズ セダン)
BMW 328i(F30)です。 ただ、価格が570万円からと高すぎですが・・・(汗) ...
ミニ MINI とっとこミニ太郎 (ミニ MINI)
小さき相棒、MINIクーパーS JCWキット装着仕様です。
アウディ A1 スポーツバック スーパー・ダイナマイト号 (アウディ A1 スポーツバック)
スーパー・ダイナマイト号です。(笑)
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.