• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

たく@独車一番!48・46二番!のブログ一覧

2012年12月31日 イイね!

今年一年間ありがとうございました。

今年は、BMWを含めたドイツ車ファン・AKB(乃木坂)ファンを含めた30人以上というみん友ができたり、2月に乃木坂、5月にSKEのミニ握手会に参加することもできた嬉しい一年でした。

さらに私のブログや理想の愛車紹介にたくさんの『イイね!』を付けてくださり、本当にありがとうございました。

来年も、私が気になったドイツ車ネタやモータースポーツネタ、AKB関係等のネタがありましたら、どんどんブログで皆さんに提供していきたいと思いますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

それでは良いお年を…


平成24年12月31日 たく
Posted at 2012/12/31 17:11:06 | その他・AKBグループ&乃木坂・欅坂46関係 | 日記
2012年12月31日 イイね!

日本でも『Feeling Remains』が!!

AKBが、レコード大賞を2年連続で受賞したことが発表されたのと歩調を合わせるかのように、BMWの(初売りフェア開催を兼ねた)新CMが流れているという情報を、けさ何気なく「アクティブ3」さんのブログを見ていたところ、発見しました。


※動画を高画質のものに差し替えました。(1/4)

うぉぉぉぉぉ!私が待ちに待った『Feering Remains』のまさしく日本版ですね!

それで、静岡のテレビ局でも流れるのか気になり、先ほどMy携帯のワンセグでバラエティ番組を見ていたところ、同じ30秒のCMが流れたのを確認できました。

私は、YouTube上で初めてアメリカ版の『Feering Remains』を視聴したときから、『日本でも放送されるといいなぁ~』とずっと思っていたので、本当に嬉しいです。

私的に、日本で放送されたBMWのCMのなかでは、5年前に放送されたE90 3シリーズセダンのマイチェン前(カラス編)以来の傑作だなぁと思っています。

ただメインが、F30 アクティブハイブリッド3とF04 アクティブハイブリッド7だということと、CMのはじめに、AH以外の車種でF12 6シリーズカブリオレとF10 M5のみがチラッと登場するだけというのが惜しまれますが…でもそんなの関係ねぇ!(by 小島よしお)です。


あっ、今ちょうどYouTubeを徘徊していたら、BMWジャパンの公式チャンネルでも、その約1分バージョンがアップされてますね。こちらは海外版とほぼ同じ内容で、F25 X3などの他車種も登場していますが…Web限定なのでしょうか?

以前のブログでも散々書いてきましたが、またAKBがシングルを出したり、いろんなサプライズを起こすタイミングと、BMWが日本で新CMを流すタイミングがほぼ被っちゃいましたね。(笑)

今年の例をまとめると…

『フライングゲット』でレコード大賞受賞後…F20 1シリーズ(15秒)

2月15日発売『GIVE ME FIVE!』F30 3シリーズ(328i)

5月2日発売、さっしー(AKB48→HKT48の指原莉乃さん)の1stソロシングル『それでも好きだよ』BMW xDrive・Xモデル全車種

5月23日発売『真夏のSounds good!』F30 3シリーズ(320i)

第4回選抜総選挙開催(1位は大島優子さん)F06 6シリーズグランクーペ

8月29日発売『ギンガムチェック』E84 X1(マイチェン前、特別ローン実施の告知付き)

10月31日発売『UZA』F30 3シリーズ(320d BluePerformance)

12月5日発売『永遠プレッシャー』F20 1シリーズ(上記と同じ、特別ローン実施の告知付き)F31 3シリーズツーリング(320d)

『真夏のSounds good!』で2度目のレコード大賞受賞…今回のF30 アクティブハイブリッド3/F04 アクティブハイブリッド7

という具合でしょうか。来年の2月20日には、AKBが恒例の“桜ソング”をリリースすることがすでに発表されています。ミリオンヒットにも期待ですが、またBMWが被せてくるのかも…(笑)

そういえば明々後日(1月3日)には、日本テレビ系(静岡では静岡第一テレビ)で夜6:30から、『AKB48vs芸能人家族48vsおネエ48 気になる裏側(秘)生態調査SP』が放送されますが、番組の合間に、できればこのBMWのCMの1分バージョンか30秒バージョンを、全国共通で流してくれたらもっと嬉しいんですが…(笑)
Posted at 2012/12/31 16:26:36 | ドイツ車(BMW/BMWアルピナ)&BMWミニ | 日記
2012年12月31日 イイね!

AKB48、日本レコード大賞で2連覇達成!

この記事は、【レコ大】AKB48、史上6組目の2連覇達成 まゆゆ重圧明かし号泣について書いています。



以下、Yahoo!ニュースから引用です。
----------------------------------------------------------------------------------
【レコ大】AKB48、史上6組目の2連覇達成 まゆゆ重圧明かし号泣

オリコン 12月30日(日)21時42分配信

年末恒例の音楽賞『第54回 輝く!日本レコード大賞』(日本作曲家協会など主催)の最終選考会が30日、東京・初台の新国立劇場中劇場で開催され、人気アイドルグループ・AKB48が「真夏のSounds good !」で2年連続の大賞に輝いた。女性グループとして初の連覇を果たした高橋みなみは、楯を受け取り「今年はAKB第2章としてとりに行かなきゃなと思っていたので、とってもうれしい」と感涙。昨年の受賞時に涙を流さなかった渡辺麻友は「今年は前田(敦子)さんが卒業されて、残された私たちで…とても誇りに思います。この賞が自信につながっていく」と明かし、次世代エースとして重圧と戦ってきた一年の結果に号泣した。

同受賞曲は、8月にグループを卒業した“絶対的エース”前田敦子の事実上ラストシングルで、今年の年間シングル売上げ1位を獲得した。そのほか「GIVE ME FIVE!」(2月発売)、「ギンガムチェック」(8月発売)、「UZA」(10月発売)、「永遠プレッシャー」(12月発売)もミリオンを達成し、2年連続で「作品別売上枚数」と「作品別売上金額」のTOP5を独占。人気を不動のものにした。

同賞の2連覇以上は、細川たかし(第24回・25回)、中森明菜(第27回・28回)、安室奈美恵(第38回・39回)、浜崎あゆみ(第43回・44回・45回)、EXILE(第50回・51回・52回)に続き、AKB48が6組目で女性グループでは初の快挙となった。

2連覇に満面の笑みを見せた大島優子は「AKB第2章として良いスタートを切らせていただいた。新しいAKBを作っていくのでよろしくお願いします」とさらなる活躍を誓った。

半世紀以上の歴史を持ち音楽界の権威として知られる同賞は、今年もTBS系で『第54回 輝く!日本レコード大賞』として午後5時半より生中継。司会は、共に初となる同局の安住紳一郎アナウンサー(39)と女優の新垣結衣(24)が務めた。
----------------------------------------------------------------------------------

私も放送が始まってから、My携帯のワンセグでずっと見てましたが、本当に嬉しい気持ちでいっぱいです。

もうF30・31 3シリーズが今年の(RJC・日本)インポート・カー・オブ・ザ・イヤーをダブル受賞したことが発表されたのと同じぐらい、言葉が出ないほどの嬉しさです!(笑)

ちなみに大賞を受賞した「真夏のSounds Good!」も個人的に好きな曲の一つです。

やっぱり今年も、AKBはいろんな面で躍進しましたね!
Posted at 2012/12/31 13:48:45 | その他・AKBグループ&乃木坂・欅坂46関係 | 趣味
2012年12月31日 イイね!

2012年のドイツ車を振り返る…ポルシェ編

2012年のドイツ車を振り返る…ポルシェ編です。

BMWVWアウディメルセデスと、これまでに各4メーカーのこの一年を振り返ってきたこのシリーズも、ドイツメーカーの真打ち・ポルシェ編がラストとなりました。

今年のポルシェといえば、まず2つのスポーツカーがフルモデルチェンジを果たしましたね。

その2台が…





981型ボクスター&ケイマンです!

ボクスターは3月のジュネーブショー、ケイマンは11月のロサンゼルスショーでそれぞれ発表されました。

この981型は、これまでの2世代(ケイマンは1世代)と同様、911(991型)と多くのコンポーネンツを共用し、ボディとシャシーの約50%近くがアルミ化され、徹底的な軽量化がなされました。

ボディサイズは、全長:4,374mm(ケイマンは4,380mmで+6mm)・全幅:1,801mm・全高:1,281mm(ケイマンは1,294mmで+13mm)・ホイールベース:2,475mmで、先代・987型よりも全長で34mm(ケイマンでは35mm)、ホイールベースで60mm長くなり、オーバーハングは27mm短縮されています。

エンジンは、ベースモデルが2.7リッター(ボクスターでは265馬力、ケイマンでは+10馬力の275馬力)、Sが3.4リッター(ボクスターでは315馬力、ケイマンは2.7リッターと同じく+10馬力の325馬力)という水平対抗6気筒で、ギアボックスは6速MTと7速PDKの2つとなっています。

この新型ボクスターの日本仕様は6月、ケイマンは12月から受注が開始されています。



さらに、ようやく991型911にも、4WDのカレラ4とカレラ4Sが、10月のパリサロンで発表されました(日本での受注は8月から)

この新型では、先代・997型のそれに対して65kgの軽量化がなされただけでなく、991型の2輪駆動車(RR)に対して、外側に左右それぞれ22mm拡大しているほか、リアのタイヤサイズも10mm広くなり、左右のテールライトを結んでいるガーニッシュ形状が新しくなっています。







また、SUVのカイエンには、ガソリンのV8エンジンを搭載したNAの『GTS』とターボの『ターボS』の新型のほか、本国ではアウディ製のV8ターボディーゼルを改良して搭載した『S ディーゼル』も登場しました。





そして今年のパリサロンでは、ポルシェ史上初のワゴンボディによるコンセプトカーである『パナメーラ スポーツツーリスモ』が公開されたり、9月には来年から生産を開始する918スパイダーのプロトタイプが、ニュルブルクリンク(ノルドシュライフェ)で行ったタイムアタックで、7分14秒という驚異的なタイムを記録しました。


最後にモータースポーツです。





スーパーGTのGT300クラスでは、911 GT3R(997型)が3チームから一台ずつが参戦(このうちの一台である「ART TASTE PORSCHE」は、5月開催の第2戦・富士でのクラッシュ以降、参戦を取りやめている)し、#33のHANKOOK PORSCHEが6月の第3戦・セパン(マレーシア)と9月の第6戦・富士でそれぞれ1勝を挙げ、#911のエンドレス TAISAN 911は、4月の開幕戦・岡山での2位入賞のあと、着実にポイントを重ね、大雨の中行われた、10月の最終戦・もてぎで、シーズン初優勝とJGTC(全日本GT選手権)時代の2000年シーズン以来12年ぶりとなるシリーズチャンピオンを獲得しました。

【ポルシェの2013年は…】

来年は、前述のケイマンのデリバリー開始や、991型911のバリエーション追加(恐らくタルガ・GT3・ターボ)のほか、カイエンよりも手頃なサイズで、アウディ・Q5をベースとしたSUVの『マカン』の発表などが予定されています。





またモータースポーツでは、12月に発表された現行の991型をベースとする、新型の911 GT3カップが、来シーズンのポルシェ・モービル1・スーパーカップ(カレラカップとは異なり、F1のヨーロッパでの各ラウンドの前座レースとして行われている)でデビューするほか、名門のマンタイ・レーシングとのジョイントで、WEC(世界耐久選手権)のLMGTEクラスに、こちらも991型ベースの新型GT3 RSR(?)で、ひさびさのワークス参戦を再開するなど、話題も多いシーズンとなりそうです。

というわけで、ドイツ5社の2012年を振り返ってきましたが、いかかだったでしょうか?

来年も引き続きドイツ5社を応援していこうと思いますので、よろしくお願いいたします。
Posted at 2012/12/31 05:35:24 | ドイツ車(ポルシェ) | クルマ
2012年12月30日 イイね!

2012年のドイツ車を振り返る…メルセデス・ベンツ編

2012年のドイツ車を振り返る…メルセデス・ベンツ編です。

今年は、今まで以上にBMWやアウディに負けないぐらい積極的なニューモデルの投入を行ってきましたね。

まずあの車が、大胆なフルモデルチェンジを敢行しました。

その車こそが…





W176 新型Aクラスです!

それまでの背高ボディで、サンドイッチ構造のプラットフォームを用いていた2世代のモデルから一変、全高はより低くされ、スポーティかつ純粋なハッチバックボディへと生まれ変わった3代目Aクラスは、3月のジュネーブショーで発表されました。

搭載エンジンはすべて直噴ターボとなり、ガソリンが1.6リッターエンジンを搭載した「A180」と「A200」、2リッターの「A250」という3種類で、ディーゼルは1.5リッターと1.8リッターの「A180 CDI」と、1.8リッターの「A200 CDI」、そして2.2リッターの「A220 CDI」という4種類が、いまのところラインナップされています。

本国仕様のグレードはベースモデルを筆頭に、スタイル・アーバン・スポーツ・AMGスポーツという計4種類が選べます。ラインナップから見てもわかるとおり、これは以前のブログでも散々書いてきましたが、すでに同名のグレードが一部存在する、BMWのF20 1シリーズを相当意識したようにも思えます。(但し1シリーズの「スタイル」は日本仕様のみで、それ以外は「アーバン」を名乗る)

6月の(ドイツ本国を含む)ヨーロッパでの発売以降、受注が9万台を突破したほか、日本では来年1月中旬からの導入を前に、100台限定の特別仕様車2モデルの発売と、ティザーキャンペーンとしてMBJ(=メルセデス・ベンツ日本)と、これまでに『新世紀エヴァンゲリオン』などのアニメ作品を手がけてきた、「プロダクションI.G」とのコラボにより生まれたアニメーションムービーである『NEXT A-Class』が公開されるなどの話題もありました。

この他、今年中に日本へ導入されたモデルは…



1月のデトロイトショーで発表された、6代目となるR231 SLクラスが3月(SL65 AMGは、3月のニューヨークショーで発表され、8月に日本へも導入された)



先ほどのAクラスと同じプラットフォームを使ったW246 Bクラスが4月。



先代・W164の末期モデルから導入された、3リッターV6のクリーンディーゼルの「BlueTEC」も右ハンドル仕様となった、W166 Mクラスが6月。





7月にはCクラスベースのSUVであるX204 GLKクラスが、翌8月には“ゲレンデヴァーゲン”ことW463 Gクラスが大規模なマイナーチェンジを施して登場し…

さらに10月には…



CLSクラス初のワゴンボディである、シューティングブレーク(X218)も導入されました。



そして、このブログで取り上げる機会はあまりなかったのですが、スマート・フォーツーのマイチェンモデルも、5月に日本へ導入されています。

とくにクーペのベースモデルは1,590,000円という価格ですが、4ヵ月後の9月に導入されたVW・up!の2ドアモデルで、それよりも10万円安い1,490,000円の『move up!』に抜かれるまで、新車で買えるドイツ車の中では、もっとも安価なモデルだったんですよね。



最後にモータースポーツです。

メインのF1世界選手権では、今シーズンからチーム名が改められたワークスの「メルセデスAMG」のほか、マクラーレンとフォース・インディアにも引き続きエンジン供給されました。

とくに、4月に開催された第3戦の中国グランプリでは、「メルセデスAMG」のF1 W03をドライブした、#8のニコ・ロズベルグが、自身初のポールトゥウィンを達成し、メルセデスワークスとしては1955年シーズンの最終戦・イタリアグランプリ(ドライバーはファン・マヌエル・ファンジオ)以来となる1勝を獲得したことは記憶に新しいところでしょう。



そして、昨シーズンからFIA GT3規定による世界の各カテゴリーにエントリーしている、SLS AMG GT3も大活躍を見せ、1月に開催されたドバイ24時間レースでの総合優勝を皮切りに、ドイツ本国のADAC GTマスターズやFIA GT1 世界選手権、日本のスーパー耐久シリーズのGT3クラスなどで、見事シリーズチャンピオンを獲得しました。また、スーパーGTのGT300クラスにも1台(#52 GREEN TEC & LEON SLS)が参戦し、7月に開催された第4戦のスポーツランドSUGOでクラス2位に入賞しています。

【メルセデス・ベンツの2013年は…】

来年は、新型Aクラス/Bクラスのプラットフォームをベースにした“ミニ・CLS”ともいえる4ドアクーペの『CLA』と、Eクラスのマイナーチェンジモデルが1月のデトロイトショーで公開され、この後には新型SクラスやCクラスがフルモデルチェンジされるほか、Aクラスをベースに、350馬力を発生する2リッターの4気筒ガソリンターボエンジンと4WDで武装した高性能モデルである『A45 AMG』などのバリエーション追加も予定されています。

日本でも先述のAクラスを筆頭に、CLAやSクラス、Mクラスをベースとした7人乗りのSUVであるGLクラス(今度、このブログでも紹介しようと思います)の新型といったニューモデルの導入が噂されています。

モータースポーツでは、F1の『メルセデスAMG』のドライバーに、すでに2度目の現役引退を発表している“皇帝”ミハエル・シューマッハに代わり、マクラーレンからルイス・ハミルトンが3年契約で移籍することが発表され、またSLS AMG GT3で、スーパーGTのGT300クラスに参戦するチームがさらに増えるだろうという噂もあるようです。

その一方で、モータースポーツのトップだったノルベルト・ハウグ氏が退任を発表したほか、ゲイリー・パフェットらを擁するDTM(ドイツツーリングカー選手権)での参戦体制についてはまだ発表されておらず、デビッド・クルサードやスージー・ウォルフのDTM卒業や、主力ドライバーであったジェイミー・グリーンが、アウディに移籍したことにより、その穴を埋める新しいドライバーとハウグ氏に代わるモータースポーツのトップは誰が務めるのか?注目したいところです。

次回は最後となるポルシェ編です。
Posted at 2012/12/30 06:01:01 | ドイツ車(Mベンツ/スマート) | クルマ

プロフィール

「25号車:クラス優勝、24号車:3位!M8がついにIMSA選手権で1-3フィニッシュを達成したようです。近日中にレポートを書かなくては…。 https://twitter.com/BMWUSARacing/status/1031272680111128577
何シテル?   08/20 06:17
ドイツ車ファン、48・46グループファンの私が書く全力応援ブログです。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

あれから19年経ちました。(お台場ヴィーナスフォートにおけるショップ存続率調査) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/19 11:43:49
車の経済学(16) BMWの火災とメインテナンスの重要性! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/18 20:35:56
BMW車両が30台以上出火、韓国BMWトップが謝罪 トップが謝罪するのは初めて 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/18 20:35:35

ファン

91 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサ スポーツ スバル インプレッサ スポーツ
親が現在所有している車です。
BMW 3シリーズ セダン サンマルチャン~UZA Version~ (BMW 3シリーズ セダン)
BMW 328i(F30)です。 ただ、価格が570万円からと高すぎですが・・・(汗) ...
ミニ MINI とっとこミニ太郎 (ミニ MINI)
小さき相棒、MINIクーパーS JCWキット装着仕様です。
アウディ A1 スポーツバック スーパー・ダイナマイト号 (アウディ A1 スポーツバック)
スーパー・ダイナマイト号です。(笑)
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.