• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

たく@独車一番!48・46二番!のブログ一覧

2016年04月30日 イイね!

2016北京ショーのドイツメーカー各ブースのハイライト動画集

BMW(新型X1のロングWB仕様ほか)


アウディ(新型TT RS、新型A4セダンのロングWB仕様




VW(T-プライム コンセプトGTE)


メルセデス・ベンツ(新型EクラスセダンのロングWB仕様)&スマート(新型フォーツー&フォーフォー“ブラバス”)


ポルシェ(718ケイマン)
Posted at 2016/04/30 08:15:33 | ドイツ車その他・総合・語り事・DTM速報 | クルマ
2016年04月29日 イイね!

718ケイマンがついにデビュー!!

718ケイマンがついにデビュー!!この記事は、ポルシェ ケイマン 、大幅改良で「718」に…2.0ターボは300馬力について書いています。

ケイマン改め“718ケイマン”が、ジュネーブショーで華々しくお披露目された同ボクスターの登場から1ヶ月というタイミングでついにデビューを飾りました!(ショーデビューは先ごろ開幕した北京ショー)

当然ながら、内外装もメカニズムもボクスターと同等の進化を遂げたケイマンですが、ビッグMC前のバリエーションにあったGTSやGT4(どちらも高性能バージョン)はエンジンや車名が変わっても引き続き用意されるのか気になるところです。

ちなみにワールドプレミアと同時にアナウンスされた日本仕様の価格ですが、ベースグレードは6速MT車が619万円、7速PDK車は671万4000円、一方のSはMT車が813万円、PDK車は865万4000円からだそうで、ステアリングは左右両方選べるものの、左ハンドル車の予約受注は6月1日から6月30日までの期間限定になっているとのことです。

以下引用です。
----------------------------------------------------------------------------------
【ポルシェ ケイマン 、大幅改良で「718」に…2.0ターボは300馬力】

ドイツの高級スポーツカーメーカー、ポルシェは4月25日、『718ケイマン』を欧州で発表した。

同車は、ポルシェのミッドシップクーペ、『ケイマン』の大幅改良モデル。大幅改良を機に、車名を718ケイマンに一新した。これは、3月のジュネーブモーターショー16で初公開された『718ボクスター』に続く形。

車名の「718」とは、著名な自動車レースで多くのサクセスストーリーを生んだ、1957年に活躍した画期的なスポーツカー、『718』に由来。伝説のポルシェ『550スパイダー』の後継車として登場した718は、数々のレースで栄冠を手にしている。

718ケイマンも718ボクスター同様、新開発の水平対向4気筒ガソリンエンジンを搭載。従来の水平対向6気筒ガソリン自然吸気エンジンから、4気筒にダウンサイズ。ターボで過給して、パワーと環境性能を両立させた。

ベースグレードの「718ケイマン」には、2.0リットル水平対向4気筒ガソリンターボを搭載。最大出力300hpを獲得する。高性能な「718ケイマンS」は、2.5リットル水平対向4気筒ガソリンターボを積む。最大出力は350hpを引き出す。

外観は、ヘッドライトやバンパー、サイドスカート、テールランプなどを変更して、イメージを一新。室内は、ダッシュボードのデザインが見直され、新デザインのステアリングホイールが採用された。

また、ブレーキをアップグレード。718ケイマンには従来の「ケイマンS」用が、718ケイマンSには「911カレラ」用が奢られている。
----------------------------------------------------------------------------------
Posted at 2016/04/29 05:53:05 | ドイツ車(ポルシェ) | クルマ
2016年04月28日 イイね!

GLEクーペ/AMG GLE43 4マチック/GLSクラスの日本仕様が一斉発表!

GLEクーペ/AMG GLE43 4マチック/GLSクラスの日本仕様が一斉発表!きのうはMBJ(メルセデス日本)が、GLEクーペ/AMG GLE 43 4マチック/GLSクラスの日本仕様を一斉に発表したそうです。

まずは昨年1月のデトロイトショーでの公開から1年が経過し、ようやく導入される運びとなったGLEクーペ。ラインナップは3リッターV6ディーゼルの350d 4マチックと同・スポーツ、ガソリンの3リッターV6を積むAMG 43とV8搭載の同・63 Sという構成になったそうです。

てっきり日本仕様のグレードは、GLEクラスとの差別化やライバルの(BMW)X6に倣う意味でガソリン車がメインになるんじゃないかと予想していたんですが、まさかのディーゼル車も導入されるとは意外に感じましたね。現状の日本仕様でクーペ風SUV+ディーゼルの組み合わせは、同じドイツ勢でこのジャンルを構築したBMW車も含めれば350dの2種だけなので、ある程度の人気は出るかもしれませんが…。

ちなみに350dの2種は右ハンドル車のみで、一方のAMGの2種は左ハンドル車だけをラインナップしているとのことです。

続いて先述のクーペにも用意されたGLEクラスの“AMG 43 4マチック”。当ブログでは450 AMGを名乗る本国仕様がデビューした際に「(350dが販売の主力を担うと予想していたため)導入されるかどうかは微妙なところでしょうね…」と書きましたが、あれ以来ユーザーや販売サイドから、日本仕様に以前のML350の後継を担うモデルも追加してほしいという声があったんでしょうかね。

あと日本仕様はAMG版として初の9速ATを、積まれるエンジンが同じC43クーペ(先月のジュネーブショーでデビュー)などの導入に先駆けて搭載した点もトピックになっているようです。

最後はGLSクラス。導入グレードはV6ディーゼルの350d(ベースグレードとAMGラインを標準装備した“スポーツ”)、そしてV8ガソリンの550スポーツとAMG 63という構成でGL時代とほぼ同じのようですが、こちらも9速ATの初搭載(350d、550スポーツ)が話題になっているようですね。

GLSは以前購入した雑誌の記事に「日本仕様は5月ごろに導入」と書かれていたので、GLEクーペなどに対し日程をずらして発表するんじゃないかと思っていたんですが、まさかの3車種同時デビューで少々びっくりしています。

今年のMBJは徹底したSUV推しをアピールしているようなので、この後も既存モデルのグレード追加や限定車の登場といったさまざまなサプライズを用意することが予想されますが、私的にはBMWジャパンなどの他社陣営もMBJに負けないくらいの戦略をどんどん打ち出してほしいものです。
Posted at 2016/04/28 06:36:40 | ドイツ車(Mベンツ/スマート) | クルマ
2016年04月26日 イイね!

これってもしや…次期トゥアレグ!?

これってもしや…次期トゥアレグ!?この記事は、【北京モーターショー16】VW、T-プライム GTE 初公開…PHVの最上級SUVについて書いています。

この“T-プライム GTE”、サイズが(2013年のデトロイトショーでお披露目された)クロスブルーSUVよりも一回り大きく見えるのはもちろん、アウディの新型Q7などと同じ“MLBエボ”プラットフォーム(縦置きFFベース)を採用しているという情報も入ってきているようなので、最終的にはまもなくデビューを飾る次期トゥアレグのデザインスタディになるとみて間違いなさそうですね。

海外サイトなどの記事によると、PHVと組み合わせられるエンジンは4気筒の2リッターらしいんですが、恐らく積まれているのは(例の問題の引き金にもなった)ディーゼルの2.0TDIではなく、アジア市場向けのQ7 e-トロンと共通の2.0TSI(ガソリン)でしょうね。VWにおけるフルサイズのSUVなのに、トータル出力が同じ4気筒のメルセデスAMG A45/CLA 45 AMG/GLA 45 AMG、トルクがアウディの現行RS6やRS7に搭載の4.0TFSI(V8ツインターボ)とそれぞれ同等のスペックが与えられている点には驚いてしまいましたが…。

以下引用です。
----------------------------------------------------------------------------------
【北京モーターショー16】VW、T-プライム GTE 初公開…PHVの最上級SUV

欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲンは4月25日、中国で開幕した北京モーターショー16において、『T-プライム コンセプトGTE』を初公開した。

同車は、フォルクスワーゲンの次世代の大型最上級SUVを示唆したコンセプトカー。大型SUVのデザインに、新しいスポーティさやエレガントさを表現した。

4シーターの室内は、乗員がリラックスできるリビングのような空間を追求。また、フォルクスワーゲンが推進する最新のデジタル化の成果を反映。自動車用としては世界初の曲面ディスプレイに、各種情報を表示する。

車名の「GTE」が示すように、パワートレインはPHV(プラグインハイブリッド)。エンジンとモーターを合わせたPHVシステムトータルで、最大出力381ps、最大トルク71.4kgmを引き出す。トランスミッションは8速AT。駆動方式は4WD。0-100km/h加速は6秒、最高速は224km/hの性能を備える。

また、「Eモード」では、最大50kmのゼロエミッション走行が可能。この効果もあって、欧州複合モード燃費は33.3km/リットルと、優れた環境性能を実現している。
----------------------------------------------------------------------------------
Posted at 2016/04/26 22:42:03 | ドイツ車(VW) | クルマ

プロフィール

「昨年同時期の無資格者検査問題発覚に続き、ブランドイメージがた落ちの引き金を作ってしまいましたね…どうなることやら。 https://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20181119-10361413-carview/?sid=cv
何シテル?   11/19 23:45
ドイツ車ファン、48・46グループファンの私が書く全力応援ブログです。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/4 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

偉大なるミニマム 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/17 21:27:46
ゴルフトゥーランTDI試乗記 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/17 21:06:22
新型G20 3シリーズの感想。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/04 10:55:30

ファン

95 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサ スポーツ スバル インプレッサ スポーツ
親が現在所有している車です。
BMW 3シリーズ セダン サンマルチャン~UZA Version~ (BMW 3シリーズ セダン)
BMW 328i(F30)です。 ただ、価格が570万円からと高すぎですが・・・(汗) ...
ミニ MINI とっとこミニ太郎 (ミニ MINI)
小さき相棒、MINIクーパーS JCWキット装着仕様です。
アウディ A1 スポーツバック スーパー・ダイナマイト号 (アウディ A1 スポーツバック)
スーパー・ダイナマイト号です。(笑)
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.