• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

たくぞう@GDBのブログ一覧

2008年03月31日 イイね!

純正戻し

結局、とりあえずGDBC用の純正ナックル・ハブASSYの新品をを確保。
本来5万以上のところをまずまず安く手に入れられたので、まぁ良しとしよう。
ここでまた純正に戻すのはかなり不本意ではあるのだけれど、ABSレス仕様だとやはり色々弊害もあるもので。


タイヤは本日組み込み。ホイールも一応曲がってはいないとのことで、ひと安心しつつも少し残念であったり?
とりあえず、8.5J+48のホイールで今回のサイズは問題なく履ける模様。一番きついのが、予想通りリアの内側。現在のオフセットでは255は厳しそうというのも予想通り。(足周りにもよるかも)
ただギリギリ大丈夫かも知れないけれど、245でもリアは爪折りしておいたほうが無難かなぁ。


それにしても話は変わるが、ここしばらくのペターって祟られてると思いませんか。
Posted at 2008/03/31 01:10:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | インプレッサ | 日記
2008年03月29日 イイね!

245/40R17

245/40R17結局のところ表題のサイズのRE-11にした。明日組む予定。
AZURさんのところの掲示板みんカラ情報をみるとZ1☆もかなりよさそうだったけれど、時すでに遅し注文後。
まぁRE-11も悪いタイヤではないだろうしRE070とパタンもかなり似ているので、違和感なく走れるかな?

不思議なのはこのタイヤは「左右非対称で回転方向指定のないパタン」だそうで、実際に組むと画像のように溝が左右で違う向きになってしまう。特にウェット、大丈夫なんだろうか。まぁそもそもパターン的には、ヘビーウェットや摩耗後のウェットグリップは期待すべきじゃなさそうだけれど。

とりあえず2週間後にチェリッシュジムカーナに参戦するつもりなので、それまでには皮を剥いておかなければ。

【追記】
重量:11.6kg/本。
Posted at 2008/03/29 23:18:05 | コメント(4) | トラックバック(0) | インプレッサ | 日記
2008年03月26日 イイね!

タイヤサイズ

夏用タイヤのRE070が本当につんつるてんなので、新しいタイヤを検討中。銘柄はRE-11でほぼ決定なのだが、問題はサイズ。

今は17×8.5J+48のホイールに235/45を履いているが、内側は約1cm強、外側はさらに余裕がありそう(リアは爪折り済み)。245/40なら現在のホイールのまま問題なく入るだろう。
でも、ひょっとしたら255/40が履けるんじゃないか?と、ちょっと悩む。現在のホイールを使ったとして、外側は現状では前後ともたぶん入る。一番厳しそうなのはリアの内側で、次いでフロントの内側。

スペーサーはできれば使いたくないので、8.5J+44あたりならいけるかな?と思うも、万一駄目だった場合にドツボである。さらに言えば、255だったらできれば9Jを履きたいところ。でもPCD100の9Jは本当に限られていて、確か調べた範囲ではRE30かCE28Nの+43ぐらいしかなかったはず。+43…うーん、リアの外側がかなり微妙かも。

というわけで、とりあえず245/40を今のホイールに履いて様子を見るというセンが濃厚。いいかげん使い込んだホイールなので、割れる前に適当に売り払ってしまいたいという気持ちも無きにしも非ずなのだが(笑)。
Posted at 2008/03/26 02:47:28 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2008年03月25日 イイね!

5minutes

さて、読売からのこのニュース。
4月からの再診料、「5分以上」の診察に520円加算
 診察時間が5分以上になると料金が変わります――。4月の診療報酬改定で、そんなルールが外来の再診料に導入され、5分未満だと外来管理加算(520円)がなくなる。

 「懇切丁寧に診察してもらうため」と厚生労働省は説明、じっくり話す機会は増えそうだが、現場の医師からは「時間で区切るなんて」「加算が減って大幅な減収になる」と反発も強い。医師の話が長引いて待ち時間が増えるという見方も出ている。

 再診料は、診療所と中小病院(一般病床200床未満)が対象。処置や検査、リハビリ、精神療法などがなく、問診や身体診察、説明、指導が中心の時は、基本の再診料(病院600円、診療所710円)に外来管理加算を上乗せできる。

 現在は時間の規定がなく、ほぼ自動的に加算されているが、4月から「おおむね5分以上」が条件になる。3割負担の患者の場合、加算の有無によって支払いに156円の差が出る。

 厚労省保険局は、診察にかけた時間をカルテに記録するよう求めている。調査する際は、1時間に12人を超える診療がないかをチェックする方針。「時間が長ければ長いほど、患者にとって質の高い医療になる」と強調する。

 これに対し、全日本病院協会は「普通に診察すれば5分ぐらいかかる」と静観の構えだが、再診は定期的に通う慢性の患者も多く、開業医や中小病院からは不満の声が出ている。

 長崎市で内科医院を開業する本田孝也医師は、ある日の診察時間を計ってみた。午前中の患者29人中、5分以上は2人で、平均は2分29秒だった。「長ければいいわけじゃない。必要なやりとりを、手を抜かずに早く終えるのも熟練した技術だ」と本田医師。

 青森県保険医協会は「地方では診療所が足りず、公立病院に患者が集中している。患者を待たせないようにすると加算がつかず、大幅な減収になって医療崩壊を加速する」と懸念する。

 大阪市内で診療所を経営する内科医は「時計をにらんで話を引き延ばす医師も出てくる」と語るなど様々な影響が出そうだ。
(2008年3月24日14時39分 読売新聞)


まず「外来診療管理加算」ってのは、患者を診察したことに対する報酬。現在でも時間の縛りなしで患者側に請求されている。つまり診察が5分以上になると値段が上がるっていうより、診察時間が5分以下の患者にとっては実質的な値下げ。
ちなみになぜか520円という「自己負担10割での金額」が数字として用いられているが、3割負担なら負担額は「たったの」156円。

現場では医師が足りない中でやりくりしているのに3時間待ちの3分診療と言われてみたり、今度はカネモウケ目的で診察時間を引き延ばすとか言われるのかね。丁寧に診たら「時間稼ぎだ!」なんて難癖をつける患者も増える悪寒。

まぁこれは、勤務医に比べればまだマシな忙しさの開業医を主に狙い撃ちにした施策ではないかと予想。勤務医は何人診察しようが基本的には給料には関係ないけれど、開業医は診た数だけ収入になるから。
とはいえ開業医も削りに削られた診療報酬のために経営が厳しいところも多く、やむなく数でこなしている面もある。これで倒産する診療所が増えるのは間違いないところ。
(参考リンク:新小児科医のつぶやき


「懇切丁寧に診察してもらうため」などと言いながら先進国最低レベルの医療費をさらに削り、同じく最低レベルの数しかいない医師をさらにこき使うと。
現場が崩壊して医師が減れば減っただけ
No doctor,no cost.
となるわけである。医療費が減らせていいですね。患者はどこに行けばいいのか知りませんが。


他の医療ネタについてのエントリをある程度まとめていますので、「医療」カテゴリをぜひご覧下さい。
Posted at 2008/03/25 04:08:58 | コメント(1) | トラックバック(0) | 医療 | 日記
2008年03月25日 イイね!

終わりの始まりの行方は

旬をやや過ぎてしまったが、一応書いておく。

まずは記事のコピペ。
帝王切開手術ミスで死亡、産婦人科医に禁固1年求刑…福島
 福島県立大野病院で2004年、帝王切開手術のミスから女性(当時29歳)を失血死させたなどとして、業務上過失致死と医師法(異状死体の届け出義務)違反の罪に問われた産婦人科医加藤克彦被告(40)の論告求刑が21日、福島地裁(鈴木信行裁判長)であった。


 検察側は「基本的注意義務に著しく反し、過失の程度は重大」として禁固1年・罰金10万円を求刑した。

 論告などによると、加藤被告は04年12月17日、同県内の女性に対する帝王切開手術で、子宮に癒着した女性の胎盤をはがして大量出血させ、約4時間後に失血死させたとされる。また、死体検案で異状を認めたにもかかわらず、24時間以内に警察に届け出なかった。

 検察側は、胎盤が子宮に癒着してはがれにくく大量出血を招く危険性があることについて、「加藤被告は遅くとも胎盤を手ではがした時点で認識していた」と主張。「癒着を認識した時点で胎盤をはがす行為を中止し、子宮摘出に移る義務があった」と指摘した。

 弁護側は「胎盤を最後まではがした方が子宮の収縮による止血が期待でき、適切な処置だった」などとして無罪を主張している。弁護側の最終弁論は、5月16日に行われる。

 日本産科婦人科学会や日本医師会などは、加藤被告が逮捕されたことに相次いで抗議声明を発表。もともと訴訟リスクの高い産婦人科医離れを加速させたとの指摘もあり、司法判断が注目されている。
(2008年3月21日21時12分 読売新聞)


のっけから「手術ミスで死亡」と、結構飛ばしてくれている読売新聞。「割りばし訴訟」とともに医療崩壊を大きく進める原因となったこの件だが、逮捕、起訴の不当性についての説明はもういいだろう。
まぁ前もっての診断は困難であったし、癒着胎盤と診断されてからの処置も誤っていた訳ではないということについては、医業を生業とするものとして自信を持って断言しておく。
正しい判決が出るものと個人的には確信しているが、このように筋の通らない裁判で万一有罪になれば日本の医療は完全終了だろう。


割りばし訴訟についての以前のエントリでも書いたのだが、トンデモ判決が頻発している以上、医療者から見て「これで訴えられるのはあり得ないだろ」的な内容での訴訟が起こるだけで、医療を破壊するには十分なインパクトがある。たとえ判決が妥当でも、訴訟に巻き込まれるだけで人生は大きく狂わされる。

この件にしても割りばし訴訟にしても、モンスター化した家族や、医療を正しく評価できる能力のない警察をむやみに責めても仕方のないこと。責めることでその発生を無くせるわけではないのだから。
求められるのは、それを医療の破壊につなげないこと。すなわち、医学的にみて公平な判断を行うためのシステム。

そこで、「事故調査委員会」の設立が検討中。
しかしこれは「刑罰とワンセットにすることでかえって自由な発言が妨げられ、真相究明・再発防止から遠ざかる」ことも懸念される。現在は刑罰につなげるべきではないという意見も含めて論議されているようで、前向きな議論を期待したいところ。

ところが、「医師を必ず起訴」という新ルートが誕生という。

詳しく説明すると長くなるのでできればリンク先を読んで頂きたいが、医学的に公平な観点から検討する事故調査委員会を設立しても「医療の専門家の視点を通さずに起訴される別ルートが誕生する」ということ。国民から無作為に抽出された11人で構成された審査会、いわば「シロウトの集まり」が、起訴相当か不起訴かを決めるという。これでは恣意的、感情的な提訴を防げないどころか、現状より悪くなるのは明白。

この「改正検察審査会法」、施行間近だというのにあまり知られていない様子(私も恥ずかしながら最近知りました)。2009年5月27日に施行予定とのことであるが、これが医療者に知れ渡れば一層の崩壊が進むことだろう。


他の医療ネタについての日記をある程度まとめていますので、医療カテゴリからぜひご覧下さい。
Posted at 2008/03/25 03:58:46 | コメント(1) | トラックバック(0) | 医療 | 日記

プロフィール

「@東京ジョー。 すみません、振っときながらスルーになってました…。私ならば定尺売りのアルミ平棒とかから切り出しちゃうかもですね。アレの質感はあんまり好きじゃないんですが。」
何シテル?   01/28 08:59
最近は忙しく、ほぼ年に一度ぐらい岡山国際サーキットを走れればいいかな?ぐらいです…。冬場は時々雪道を嗜んでいます。軽量化ヲタ。 ベストラップは 岡山国際:1...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2008/3 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

アイドルエアコントロールバルブ清掃 (アイドリング安定化) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/07/12 20:02:15
クリフォード スマートセルフサイレンの電池交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/07/07 15:25:08
ワンオフのアルミボティ2000GT製作記-1 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/06/26 21:44:30

ファン

63 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサWRX スバル インプレッサWRX
いわゆるアプライドモデルC。 基本的には取り外しを主とした軽量化、吸排気、足回り+パッド ...
スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
いわゆるアプライドモデルC。 基本的には取り外しを主とした軽量化、吸排気、足回り+パッド ...
その他 その他 その他 その他
GT i-drive3.0('00式)。就職したての時に勢いで購入。 生意気にもFブレー ...
マツダ プレマシー マツダ プレマシー
嫁号兼ファミリーカー。 納車後半年にして、嫁にサイドステップを擦られる不幸な車。…と思っ ...

過去のブログ

2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2006年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.