• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

チョーレルのブログ一覧

2018年12月10日 イイね!

シュアラスター ゼロフィニッシュ モニターレポート

シュアラスター ゼロフィニッシュ モニターレポートどうも…。

いや…マジで忙しくて…ブログはおろかネット俳諧すらままなりません…(汗)

今日も一日有休貰いましたが、引越し荷物の梱包、各書類の記入、捺印。

役所へ行ったり、各ライフラインの契約、解約…

気付けば夜だもの…(泣)

こりゃもうマジで今年はブログアップキツイと思います。


なのにナゼにブログアップしたのか??



ソレは何の気無しに先月末にシュアラスターゼロフィニッシュなるスプレー式ワックスに応募してみたのです。

まぁ…クジ運ないから当たんないって…(笑)!





当たった(爆)。


で…詳細を見て気付く…


「到着後、商品を実際に使用し、2018年12月7日(金)~12月23日(日)のモニター期間内に、

みんカラブログで使用レポートの投稿をお願いします。」



えっ゛(汗)!!



そして本日12月10日…





洗車する時間は無いけど、車両のフードとリア周りを濡れタオルで拭いてから施工してみるか…

ってコトで簡易的に使用してみました…←もうコレでアップアップ




ちなみにココ10年はプレクサスを使用していました。

で…先日コレを購入…9月位かな。

コレはプレクサスに較べると、ウエスが再使用出来るのはいいんですが(プレクサスは一度使うと、ウエスも撥水されまくって使いものにならない)、施工時にムラになりやすいですね…。


で…モニター車はコチラ…





モニター車両…平成30年式 トヨタ プリウスPHV

走行距離…4600km

実施日…平成30年12月10日16時 

気温…10℃




PHVで特に汚れが目立つのがココとリアハッチのハイマウント周辺です。




ってコトで施工してみます…。




従来品と比較しますと、タオルが滑走するかの如く、滑りが良くなります。

塗面が新しいからか??



写真では分りませんが、塗面の輝度も比較的アップしたように感じます♪


後は今後の使用において、汚れが付着しにくいのか?水弾きはいいのか??

という商品の性能が分かるハズですが…いかんせん時間が無いもので…(苦笑)


ただ…凄く滑らかなタッチで、ムラ無く施工出来るコトが分かりました(*^^)v



ただ…塗面が新しいからじゃねぇのか??とも思わなくも無い…


ってコトで、時間は無いけど…




第2モニター車両…平成4年式 日産 ローレル

走行距離…114000km

実施日…平成30年12月10日16時

気温…10℃



まぁ…C33ローレルも汚れる場所は大体同じ。

リアバンパー上部。ソレとリアバンパーのサイド部。

実際に水垢のように見えて、コレは何かしらの汚れが液状に垂れた上に、そのままガレージ入れちゃったもんだからこんな感じになってます…(汗)

以前からブログに書いてる通りですが、ガレージ保管だろうと自動車という大量生産の工業製品ですから、使ってナンボです。

ガレージ借りて入れてるものの、維持に関しては結構無頓着…ソレこそ周りが見て呆れる始末です…(苦笑)


イイの。俺のクルマだからこんなもんなの。




ってコトで齢26年のボディに施工してみます。

ちなみにこの9カ月で1200km位みたいですね…PHVの17分の1位の使用頻度のようです。

今日の走行距離も10mだし(爆)

ガレージ入れて1カ月半ぶりに出して、ガレージに入れた(爆)




ってコトでPHV同様施工しましたが、ウエスを掛ける時の滑らかさ…触感は正直PHVに施工する時と同じでした(*^^)v

ちなみに塗布量はプレクサス施工時より明らかに少ない量…

実験的な意味合い兼ねてかなり少なめに塗布したものの、伸びの良さは特筆モノでしたよ!!




ってコトでコチラも施工してみました。

正直、最近ローレルは全く乗らずにガレージに入れてる時間ばかりなのですが、ガレージに入れましてもご存知の通りホコリは堆積します。

ただ、空気中で静電気を帯びて堆積するホコリがあるんじぇね?←勝手な解釈…無かったらゴメン。

その辺りでの違いが気になるところ。


あ…塗面はマジで艶々…うん。意外とイイ。


ただアレだ…どうやら1本3000円前後。

高いね…プレクサス2000円だもの。

写真に出してたのなんで1600円くらいだったかな。

なので、初期性能だけで言えば、滑らかさや艶でゼロフィニッシュは圧倒的にイイってのは分かります。

ちなみにバリアスコートよりもイイとは思います。


ただ…あくまで今回のレポートは初期性能のみ。


持続性や耐久性は皆さん施工して実際に体験されてください(*^^)v


覚えてればまたその結果も追々アップさせて頂きます。



※メモ&今後アップ予定のもの(2019年になるかもしれませんが予告です…サザエさんみたいに)


ハーイ…今後のブログは~??

・GX71マークⅡを4年半維持した結果のレポート

・PHVの代車でアクアを2泊3日で借りた結果のレポート

・レグナムのカタログ

・14年C33所有して初めて見たC33のノベルティ

・C33ローレルのデビュー時からモデル末期時の新聞広告を手に入れた話


どれからがいいですか(爆)??


どれもみたくないってか(笑)!?


まぁ…なんかアップしますよ…ネタはあるんですよネタは(笑)


正直引っ越したらアップするヒマあるんか知らんけど。

2019年はブログの更新をドンドン辞めて行きます。

若い子のツイッターのが見どころ多いし、後はドンドン若い子達がツイートする楽しいの見てください(*^^)v


じゃあごきげんよう。


また気がノッたらアップしますよ…久々ブログアップするとやっぱ楽しいね。

ブログアップ無くても気になったらたまには個別に連絡くださいね…生きてますから(笑)
Posted at 2018/12/10 22:44:35 | コメント(6) | トラックバック(0) | インプレッション | クルマ
2018年11月28日 イイね!

リーズナブルトリップ



どうも(*^^)v

どうなるかなぁ…チョット色々ありまして、時間に余裕がアレば随時アップするものの、ひょっとしたらこのブログが…ってか今年中にアップするブログのどれが2018年ラストになるブログか分からない状況になってきました。

とりあえず合間を縫ってブログアップしてる状況ですが、今回は11月18日と19日の状況をアップさせて頂きます。


ってコトで18日。


この日は、最近このブログによく出てくるセフィーロの若武者(この件…実は結果的にイイ方向に向かったのではないかと思ってますが、今後の進捗は彼のブログに任せましょう)、を載せて、彼女と3人で山口県は徳山の競艇場で行われるデコトラのイベントへ行くコトにしました(*^^)v

ちなみに今回はローレルではなくPHVで行く訳です。

通常、徳山まで行くなら国道2号線が得策な訳です…ローレルなら。

しかし…PHVならではの急速充電無料スポットを検索しながら徳山競艇場へと目指したのです(笑)!




ってコトでセフィーロ野郎を横に乗せて、小倉北区役所で充電してから、彼女を迎えに行って出発!


関門トンネルを抜けて…




2号線から外れるのと、充電残量は多少あるものの、まずは下関リサイクルセンターで急速充電。



そのままフツーなら2号線を行くものの、一般的なルートを外れ…




きららドームで急速充電します!


実はきららドームに行く途中で充電が切れてしまい、4km程HVモードで走行した為、ガソリンを消費するコトとなりました…(エンジン付いてる以上別にガソリン食ってもいいけど…)




その後、防府の道の駅で充電して…




デコトライベントの会場に到着!!

実は遠回り&充電時間&昼食の時間でココまで6時間掛かってます…(汗)

コレ…ムダ極まりないのですが、個人的にはナイトシーン目当てだったので、コレで良かった訳です。

しかも、家に居ても特にするコト無いし、時間に余裕があったからこそ出来た芸当です♪


ちなみに、PHVの燃費がリッター30kmでこれまた燃料がレギュラーでリッター150円と仮定。

大人3人で会場まで燃料を使用した区間は4kmです…後は全部EV。


計算してみる。


なんと1人6円で会場に到着(爆)


うん…すげぇなコレ…正確には水巻郡から徳山まで僅か1人6円…(汗)。


1人片道6円`;:゛;`(;゚;ж;゚; )ブフォォ!!

計算して驚いた次第です…(汗)


まぁ…必ずオチがあるのがこのブログです(爆)


とりあえず??メインとなるデコトラ会場を覗いてみます…



うわぁ…スゲェ懐かしい…(涙)!!


ドカベンエルフですよ…子供の頃に近所のオッチャンが乗ってました…当時で70歳位の人だったハズだからご存命でしたら100歳位かな。

ダブルキャブのエルフでこの青でしたよ…懐かしいなぁ…。




そして昭和を感じるレンジャーなんてのもいました(*^^)v




で…驚いたのはこのストリート…。




なんとTN顔です!!

うっわ~コリャマジで凄い…(汗)


実際に気付かずに通り過ぎようとした位です…ソレ位自然でよく出来てましたし、出来るんだ…って思った次第…コレはビックリしましたよ(笑)




で…この手のイベント…デコトラは勿論、バニングも集まります♪




hideのペイントが素晴らしいですよね(^O^)


実は当時中2の自分にとっては、hideって亡くなるまで一般的じゃ無かった気がします。

Xって言ったらYOSHIKIかTOSHIのイメージ。

亡くなった時にクラスの女子がワーワー言い始めて、ソレで知った次第。

当時8cmシングルだったピンクスパイダー(板チョコのジャケットでしたよね♪)をレンタルして聴いてその良さを知った次第…(汗)。

もう20年前の話です。

そんな経緯を思い出しつつ…




コレは誰だ??って思ったり…(汗)


そんなこんなでブラブラしてたら、季節の変わり目でしょうか…あっという間に日も暮れてナイトシーン。



実はデコトラも気にしつつ、目に入ったのはサロンバスの光景!




豪華絢爛な感じがたまらんかったとです♪




ソレに気になったのはTNアクティベースで現代のカスタムのイイトコまで取り入れられたこの個体♪




内装もしっかりとされておられました(^O^)


そんなイベントの詳細はフォトギャラで♪



その2までどうよ!?





イベントの後は柳井に急速充電の無料スポットがある趣旨をアプリで探したのに、実際に現場に着くとカード認証が出来ないっていう…(汗)

なんか悔しかったので自腹で急速充電した次第…(苦笑)


ってコトで写真の通り??


いろり山賊で晩御飯と相成りました(*^^)v




もう12月になるってコトで施設周辺はクリスマスムードを徐々に出しつつありました♪





入口には女性サンタが待ち受けていましたが…


男っぽくね(爆)??





ってコトで定番の山賊焼に山賊結びを食べ…


山陽道から高速乗って地元へ帰宅しました。


後日、今回の旅で費やした費用を計算しますと…


帰りの高速代含め、1人1000円…(汗)


やっぱコスパスゲェ。


・19日



当日は有給取って、まずは若松区役所で充電♪




その後、にこいちカレーという本城のお店で昼飯となりました(*^^)v


カレーオムライスですが、カレーがかなりアッサリで拍子抜けしました(笑)♪


で…この後なんですが、実は新居(賃貸ですが…)を見つけまして、この物件が条件ぴったり!

いや~今後が益々楽しみです♪




ではまた(ぇ
Posted at 2018/11/29 00:14:11 | コメント(12) | トラックバック(0) | プリウスPHV | クルマ
2018年11月24日 イイね!

マイナスPHV



どうも(*^^)v



納車から2カ月…あっという間に3800km走っちゃいました(笑)

現在のところ、納車時に満タン…そしてもう1回満タンしてからでガソリンが8分の5残ってる感じです。

先日満タンしてから、ワザとガンガンガソリン使う(180kmの距離のほぼほぼエンジン掛けて走ってみたり…)ような走り方もしてるので、燃費はリッター75kmからリッター50kmに落ちてます。

まぁ…こんなもんかな。


で…ローレルやら何やら…今まで乗ってきたクルマ共通で言えますが…

ノベルティやらグッズやらを探す日々…(爆)



とりあえず買ってみたPHVのキーホルダー(笑)

ワイパースイッチやらどっかに引っ掛けとけばいいかな…なんて買ってみたら意外と飾る場所が無くって…(苦笑)

今んトコ、家に置いとくのもなんですから、サングラスホルダーの中に入れてます(笑)


そしてそして…毎度ながら、手に入れた車種のミニカーがあったら手に入れてインパネに飾るタイプです…。

って言っても車内に飾るならトミカサイズが妥当…いつもこのサイズでアレば手に入れて飾ります♪

ところが、トミカのPHVはGRスポーツ…しかもスピリテッドアクアメタリックは初回限定と来た…(汗)


なので…



ブレイク製のミニカー。

プルバック…つまりはチョロQ的な感じでトミカサイズ。

んでもってゲーセンの景品らしいのですが、ゲーセンのその手のは苦手なんでヤフオクで手に入れた次第。

ちなみに箱にはAプレミアムって書いてます…要は最上級グレード。




なのにソーラールーフがある(爆)

そう…PHVってソーラールーフの設定は最下級のSグレードにしか無いのです。

ってコトでコレはAプレミアムっていうよりもS…もしくはSナビパッケージをモデルとした方が正しいでしょうね…(汗)

まぁ…なんでもいいや(爆)




プルバック故にゼンマイが入ってる分、リア周りが腰高になってる意外は中々に良く出来てます♪

ってコトでメーターパネルに両面テープをベタっと何層にも貼って対応。

意外とメーターパネルの台座が曲線でして、貼付けにくい形状でした…(苦笑)


さて…そんな感じにPHVで楽しんでる訳ですが…。

先日、信号待ちで助手席側を向いたら…




あ…施工ミスだ…。

多分ドアライン?での組付け時に施工不良でシワが寄ったんでしょう。


PHVではコレがフツーなのか??




ってコトで運転席側を見ると何も無い。

まぁ…フツーこうですよね…




ってコトでいつものネッツへ…。




充電しつつ、ご相談。


結果的に工場での作業ミス。

正式にはブラックアウトテープという物になりますが、コレの手直しはディーラーでの作業では無く、BP作業(板金部門)での作業になるので、新車保証になりまして、29日から2泊3日で対応して頂くコトになりました(*^^)v

こちとらキレイになって戻ってくればOK♪

寧ろ代車が気になるトコですが、ココはお任せで…多分ヴィッツでしょう(笑)


で…

実は納車前から営業さんに言ってたんですが、時間の都合で実行に踏み切れて無かったコトがあるんです…ソレが…

ノーマルのプリウスに試乗したい!!

現行プリウス…乗ったコトが無くはないのですが、なにしろ輸出仕様で意図的にフロントヘビーな感じで弄った個体だったものでして(ぇ


ってコトで担当さんに試乗したい趣旨を伝えます…

チョーレル 「あの~お時間に余裕がありましたら…お時間が無いようでしたら、また後日で構いませんので、以前のお話通りプリウスの試乗をしたくて…」


すると、少々お待ちくださいってな感じで…。


数分後…


営業さん 「あの~…今から他のお客さんとの待ち合わせがありまして…(^_^.)」


心の声 「ですよね~来たのも土曜日だし、ココは後日で全然構わないし…」


営業さん 「一人でどうぞ♪」



え゛っ`;:゛;`(;゚;ж;゚; )ブフォォ!!



俺 「あ…あの~いいんです??しかも返却する時ってどうすれば…(苦笑)!?」


営業さん 「あ…チョーレルさんなんて構いません♪乗り終わったらお店の前に置いといてください♪」



`;:゛;`(;゚;ж;゚; )ブフォォ!!











ガレージまで乗ってきた(爆)


で…今回お借りしましたのは、プリウスのAっていうグレード。

正直、結構イイ…総合的に見ますと月間9000台は売れてる車種の基本性能が旧30型比でコレだけ進化していると、中々にイイクルマだと思います。

ただ…このデザインが好きで購入した方には申し訳ないですが、ハッキリと自分の考えを通すと、パッと見で奇抜過ぎるデザインが売り上げで損しているとしか思えない…(苦笑)


このフロントマスクは正直アクが強く、手を大きく広げて、そっから5本の指を1点に寄せ集めた…


つまりは摘んだように寄せ集めた感じ。


ザブングルの「悔しいです」みたいだ…って言う方が今まで聞いたところ結構いらっしゃいます。

まぁ…自分もぶっちゃけそう思う訳ですが、デザインの好みは千差万別。

このデザインが好みで購入理由になった方もいらっしゃると思いますので。



リアテールも同様。

マジで好みがハッキリ別れるヤツ。

ブレーキランプ…よりもテールランプ点灯時がピカチュウっぽいイメージ。


ただ、PHV乗ってる自分としても思うんですが、プリウス及びプリウスPHVはフォルムこそ結構カッコイイと思うものの、ディテールで損してる感じがします。

PHV含めて思うのは、フォルムは時流に沿って練ったけど、ディテールはパッと見のインパクトやアピールがアレばイイと思って勢いに任せた感じも正直感じます。

まぁ…PHVはプリウスと発売時期をデザインの都合で半年遅らせた理由も今となっては分からなくもないです…が…

個人的にはココ数年のトヨタ車はフォルムこそ良いけど、ディテールに変な力が入ってデザインというよりお絵描きみたいになってんじゃねぇの??

って思ってます…自分のPHV含めて。

ちなみにレクサスも同様。

乗り味やフォルムはココ数年で格段に進歩してますね…ホントに結構イイです最近の。



インパネ周りはPHVとほぼ同じですが、エアコンのサイドレジスターが無塗装になってます。

それとドアガラスがPHVのアコースティックガラスではなくてフツーの1枚もの。

実際に風切り音で差が出てます…全然違います。

PHVだと高速100km巡航でもドアガラス周りの風切り音は抜群にイイ(レクサスのミドルクラスより聴き比べた感じマジでイイ)、けどフツーのプリウスだと60kmで国道走っても気になる。



シートも生地が違うだけ…長距離走っても中々イイです。コレ楽です♪

ちなみに結構ローポジションなので、アップライトな姿勢を好む人にはツライでしょう…。

自分はローポジションのがしっくりくるのでコレが良いです(*^^)v



で…やっぱり差を感じるのはリアシート。

3人掛けですもの。

やっぱ実用性考えるとコッチだよなぁ…。




それと深さのあるトランクがマジで羨ましい。

PHVはEVバッテリーが載る為、本気で荷物乗りません…軽以下です。



気持ち収納出来るし…。




後はトランクパネルも違いまして、プリウスはフツーの鉄板。

PHVはカーボンになるのと、リアガラスがポリカーボネートになります♪

こういうトコで価格差が出ます…正直カーボン微妙。ネタになる位。



後はプリウスには設定のあるムーンルーフ…

正直PHVに一番欲しい装備(泣)




それと自動防弦ミラーは羨ましい…。PHVはAプレミアムだけだったかな。




そう…このヘッドアップディスプレイもPHVはAプレミアムだけなのに、プリウスはAから装備されるんですよね…。

正直装備面でプリウスが羨ましいトコもありますね…(^_^.)




あと実際に見るまで知らなかったのですが、プリウスはここの部分は無塗装なんですね。

色々見て行くとホントに結構細かいトコまで差別化が図られています…良くも悪くも。


で…実は一番驚いたコト。


プリウスとPHVは似て非なるクルマ。

もう全然乗り味が違うんですよね…プリウスはとにかく軽快でコレが結構速いもんでして(笑)

PHVはEVバッテリーの重量増が確実に効いてます…全然動きが違う…(汗)

ただ、プリウスは軽い分、後ろ回りの落ち着きがないですね…終始ヒョコヒョコ突き上げてます。

一方PHVは重厚感がありますね…リア周りの収まりが良くって、明らかに乗り心地はPHV。


結論から言いますと、プリウスのデザインでも全然OKってな人ならトータルでプリウスのがイイかと思います…(^_^.)


PHVはEVならではのフィール、それとPHVのデザインのが良いって人、先進装備を色々知りたい人にはイイかと思います(*^^)v

どっちも似て非なるクルマ…もう全然違います。

改めて乗ってみてよかったですね…こんなに差があるのかと思った次第です(*^^)v


とりあえずこの前期ももうすぐ終了。

後期が出たら試乗させて頂くようにまた話をしてきました(笑)


ってコトで、PHVについては今後も色々なコトを試して楽しんでみようと思います♪




ではまた。
Posted at 2018/11/24 05:18:49 | コメント(9) | トラックバック(0) | プリウスPHV | クルマ
2018年11月23日 イイね!

みんカラ:週末モニターキャンペーン【シュアラスター・ゼロフィニッシュ】

Q1. 洗車の頻度はどのぐらいですか?

回答:ローレル…年3~4回、プリウスは月1回位。

Q2. 普段お使いのコーティング剤の商品名を教えてください。

回答:今まではプレクサスを使用。1カ月前からよく分からんの使ってます。

もし頂きました暁には、ブログ上で良くも悪くも思った通りで感想を述べさせて頂く次第です。

この記事は みんカラ:週末モニターキャンペーン【シュアラスター・ゼロフィニッシュ】 について書いています。


※質問項目を変更、削除した場合、応募が無効となる可能性があります。
Posted at 2018/11/23 06:03:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | タイアップ企画用
2018年11月16日 イイね!

偉大なるミニマム



どうも(*^^)v

カタログをアップするのは久々…チョイと新鮮でございます(笑)

ってコトで…今回は…



ローバーミニ最終型です♪

もう言わずとも知れた世界の名車ですね(*^^)v

自分も子供の頃からトミカやらなんやらで馴染み深い1台ですが、何よりも印象に残ってるのは小学校4年の時に親戚のアニキがほぼ新車に近いローバーミニに買い換えて乗ってきたのが1番印象に残ってますね…GX71からまさかのミニクーパーでしたから(笑)

当時は外車なんてものは縁も無く(輸入車なんて現在ほどに走って無かった気もする)、ましてやミニカーから絵本から老若男女に人気のミニですよ!!

小学生だったから…ってのもあるのか?ミニの車内は意外と広々としていたのと、ラバーコーンサスは突き上げが酷かった記憶があります(笑)

親のフェスティバだったら、乗る度にクルマ酔いしてましたが、ミニだとワクワクが上回ったのか不思議とクルマ酔いした記憶は無かったですね(*^^)v

さて…そんなミニ…歴史を辿ると生産年数が長いだけあって、ブログで細かく書くと大変なコトになります…(^_^.)

まずは、そんなミニを開発した方がこの方…



アレック・イシゴニスさん。

この方がミニを開発するまで…そして現在も新車で販売しているBMWミニまでに至る経緯を綴った「ミニの至福」という書籍を読みましたが、奇才と呼ばれていた方だけありまして、そのアイデアは凄いモノがあります…

もうね…歴史も考え方もこのブログじゃ収まらない。

ってコトで今回は簡略しまくって書きますと、1959年にBMC(ブリティッシュ・モーター・カンパニー…オースチン、モーリス、MG、ウーズレー、ライレーというブランドを所有していたメーカー)から発売されました(*^^)v

当時はオースチン・セブンというネーミングとモーリス・ミニ・マイナーという2車種…雑に言いますとカローラⅡとターセルみたいな兄弟車的な感じで発売されたようですね♪

その後、このミニの基本性能の高さに目を付けたジョン・クーパーという方がチューニングしたミニが、車種名として間違われるコトも結構ある程に有名なミニ・クーパーの誕生のキッカケとなったり、1960年代にはモンテカルロラリーでポルシェ等の強豪を抑えて小さな車体で優勝を連続で奪い取って行ったりと、様々な武勇伝を残しています♪

その後も、70年代、80年代と色々な派生車種、バリエーションの枝葉を伸ばして行きましたが、1982年に製造メーカーがBLMCからオースチン・ローバーへと変更された後、1989年にローバーブランドとなり、モデル末期まで続くローバーの車種になるのです。

前置き長くてスマソ…コレでも端折りまくってます。

ってコトで今回は長いミニの歴史の中でもモデル末期となった1999年3月のカタログ…。

ちなみに当時中学3年だった自分がモデル末期と知って、小倉駅前にあったローバーディーラーへと駆け込み、実際に受付のお姉さんから頂いたカタログです…だから余計印象に残ってます(笑)

確かココってその前後だかにサターンのディーラーでしたね(笑)??




ってコトでミニなんですが、何が凄いって42年間の間にエクステリアで特に大きな変更が無いってコト…それだけ完成されたデザインなんだというのが分かります♪

勿論70年代にミニ・クラブマンや角目のイノチェンティ・ミニ等時代に応じて顔面を変えて販売したモデル…なんてのもあるんですが、やっぱり最終的には基本的なデザインが完成されていた上に戻るんですね(*^^)v



リアから見ても一発でミニと分かるデザイン。

そして前後共に見ても思うのが、タイヤやランプ類含めて居住性を最大限に確保する為に全てが隅へと配置されているという合理性。

合理的なのに機能美がそのまま生きている…そしてソレが結果的にそのまま40年も通じるものになっていった辺りにアレック・イシゴニスさんの奇才ぶりが伺えますね!



そしてインパネは全面に渡って貼られ、当然の如く本木目であるウォールナットのパネルが目に入りますね!

んでもってこれまたミニ特有のステアリングポストの角度が立った独特な感じですね♪




そして車体の割には厚みがありクッション性に富んだ上質な本革張りのシート♪

品の良さがあります♪



一方メイフェアの方はチェック・クロス地のシートにレッドカーペットで、比較的男性よりも女性受けを狙った仕様かと思います…可愛らしいですもんね(*^^)v




ちなみに前席は乗降性向上の為にシート座面ごと跳ねあがり、後席の乗降性向上に配慮した仕様となっているのが特徴です♪


そんなローバーミニ最終型に搭載されるエンジンは基本的に1機種…




12A…直列4気筒1300ccOHV、62馬力、9.6kg-m。

オートマ車は53馬力、9.3kg-mとなっています。



ソレに組み合わされるミッションは4速マニュアルと4速オートマの2機種。

一般的にはエンジン横置きのFFってフツーな訳ですが、ミニもこの点は一般的。

そしてエンジンの横にミッションが一軸上に繋がっているのが一般的なFF。

ミニの場合はエンジンの下にミッションが配置される独特な機構になっております!

勿論ソレに至るのは合理的な理由でして、エンジンの下にミッションが配置される二階建て機構は高さこそ嵩みますが全幅は当然小さくなる訳です。

まさにミニがミニである故の個性を感じるところなのです!


更に足回りには一般的なコイルスプリングの代わりとして、ラバーコーンという大雑把に言えばゴムボールがスプリングの役目をしてます…勿論コンパクト且つ合理的、尚且つ最大限の仕事をクルマにしてもらう為に…。

見た目の可愛さでミニの世界に入る方も大勢いらっしゃる訳ですが、その見た目の裏にはそれだけ合理的かつ、60年を経過した今でも感動せざるを得ないメカニズムが凝縮されている背景があります(*^^)v

しかしながら、1959年のデビュー時のまま全てがそのまま…なんて訳にも行かず、時代の要請に従った改良、対策を施します…特に大きく変わったのがセーフティ面。




なんとエアバッグがある!!

当然…って言われるとそうですが、1950年代にデビューしたクルマにエアバッグが標準で装着されるのはやっぱり凄いものがあります…(汗)

国産車で言えば、ダットサン210型や初代クラウンにエアバッグが付いてる訳ですから(笑)




それに加えて万が一の衝突時にシートベルトを引き込むプリテンショナーまで装備されているのには驚きますね(゜o゜)!!


さて…装備としてはですね…



一見ハッチバックだなんておもう人もいますが、ミニは実際には2ドア。

トランクは写真のようにリアバンパー側を支点として開くものでして、見た目に反して結構な荷物の搭載が可能で、正直自分のPHVよりトランクとして成立してます…コレはマジ。




そして先述の通り、インパネはおろかドアトリムまで大型且つ本木で豪華なウォールナットパネルが装備されます♪

イギリス車の伝統を感じるコトが出来る部分でもあるのですが、正直コレ位の面積且つ写真で見る限りでも上質なウォールナットは現代の1000万円クラスの車種にも対抗可能であろう質感です♪

現行車の600万円クラス位までは木目調なんて当たり前の車種は確かに多いんですよ。

ピンポイントに比較してもしょうがないのですが、この部分だけでもミニって凄いんだとは思います。




勿論??グローブボックス裏面までも当然の如くウォールナット…凄いなぁ…。




で…オプションでルーフにチェック柄は勿論、定番のユニオンジャックのデカールも選択可能です♪




更に別冊で価格表及びスペックに装備表。




最終型クーパーには、ヘリテイジコレクションという、インテリア及びボディカラーに独自のカラーを選択出来るオプションがありました(*^^)v

写真の如く内装はこんな感じで独特♪



外装はヘリテイジも入れれば9色から♪

自分でしたらクーパーならブリティッシュ・レーシング・グリーン、メイフェアならハワイアン・ブルー。


PHVで選んだボディカラーを見て頂けたら大体好みがお分かりかと思います(爆)




そしてインテリアカラーは3種類。

クーパーならブラックレザー??いやいや…ココはよくよく見たらサーフ・ブルーにブルーレザーが自分は一番好みです♪

いいなぁ…こんなミニって見るだけで夢が膨らみますよ(笑)!!




ちなみに価格は当時の1300ccクラスで考慮すると高価ですが、今考えるとコレでもいいなって思わせてしまう約200万円前後の価格帯♪

ココはクーパーのマニュアル、んでもってヘリテイジコレクションのサーフブルーにブルーレザーにします♪

ちなみにヘリテイジコレクションのオプション価格は5万円でして、内容を考えると安いかと思います♪


オマケ



1枚モノですが、オースチン・モーリス時代のミニ1000のカタログも入ってました(笑)



90年代のローバーミニの高級感&上質感と違って、道具的な感じがあります。

しかしながら、ステアリングのデザインだけは80年代的な雰囲気が出ていますね(笑)




で…意外やビックリしたのは…

オートラマでミニが売ってたっていう…(汗)

多分1983年位のカタログなので、当時のディーラーでは…


「ミニにする??ソレかレーザー??ターボ出たし(*_*;??」


うん…多分ねぇわ`;:゛;`(;゚;ж;゚; )ブフォォ!!


ってな感じで20世紀後半に渡って世界中の人々に愛されたミニ…

21世紀になってからはそのブランド権はBMWの物となりまして、ミニとは言えない3ナンバーのミニになる現代へと至る訳です。


実はココ数年こそ、この現代の…サイズ的にはミニとは言えないミニに個人的に否定的ではありました。

しかしながら、段々見るに従って、ネーミングには反するけど「ミニ」というネーミングはこの半世紀以上の間に時流に敢えて流されながら独自の進化を遂げ、このパッチリお目目に独特の曲線美…そしてチョップドされたかのようなルーフで構成された独特の2ボックス(まぁ…カントリーマンはクロスオーバーもあるけど、フロア~ベルトモール×ベルトモール~ルーフ間の比率)のスタイルこそがミニなんだなぁ…ソレがいいんだなって理解出来た次第です…(^_^.)

正直訳の分からんディテールばかりに拘ってポリシーを失ったコンパクトよりも、ミニはミニだと言えるデザインで肥大化しながらも進化していったミニの方が遥かに好感触ではあります…(笑)

今後もミニは時代の要請に応じつつフルモデルチェンジをしていくと思うのですが、先進装備を備えつつも、アレック・イシゴニスさんの意思を受け継ぐコトの出来るような愛嬌を構えたミニで行って欲しいと思いますね(*^^)v

ジャンルこそ違えど、センチュリーのような時代の要請に応えつつも、普遍性を保持する…即ちポリシーを構えた車種であって欲しいものです(^O^)
Posted at 2018/11/17 00:14:20 | コメント(13) | トラックバック(0) | カタログ~輸入車~ | クルマ

プロフィール

「@あぐにゃ@キャンバスおぢさん ソコは未定…なものの、近未来的に考えてなくもないです…(^_^;) とりあえずそろそろ色々考えるコトが増えそうです~(^_^;)」
何シテル?   07/03 22:08
愛車はC33ローレル、GX71マークⅡ 登場から既に20年を超えてしまったC33ローレルをメインとして活動しています♪ GX71は通勤用。 ロ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

日産純正カセットデッキを復活させる! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/10/13 01:20:12
愛車グランプリにエントリー! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/09/29 01:15:59
クルマの履歴書 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/01/29 03:41:19
 

お友達

現在余程のコトが無い限りお友達の募集はしません。

誘いがあっても全く知らない方は容赦なく却下します。

理由としましては、現在登録されて頂いてるお友達のブログを徘徊するので精一杯だからです。

申し訳ありません。
403 人のお友達がいます
セリカTA45セリカTA45 * 130のトモ130のトモ *
キット@901キット@901 * アアサアアサ *
JZT143JZT143 * toro_555toro_555 *

ファン

2,684 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ プリウスPHV トヨタ プリウスPHV
紆余曲折あって車歴17台目にして初の新車(笑) 前車GX71から実に30年進化しており ...
日産 ローレル 日産 ローレル
2オーナー走行6.7万キロ17年間車庫保管で新車同様のC33の2.5メダリストVを山口で ...
フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
ゴルフⅦの中でも1500台限定の特別仕様車となるラウンジというグレードです♪ その中で ...
スズキ ワゴンR スズキ ワゴンR
2003年4月10日勢いで免許取得前に有り金15万で買ったビックリドッキリメカ。エンジン ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.