• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

えびてるのブログ一覧

2017年10月21日 イイね!

シフトランプ付けた

シフトランプ付けた動画で見ると、2速でいつの間にやらレブリミッター対策のバイパスバルブを閉じる制御を働かせてしまって速度が伸びないという状況になっているので、シフトランプ付けました。
元々は燃料カットでエンジン壊すのを防ぐつもりで1年近く前に買ったものなのですが、ようやく取り付けました。
実際付けてみると思ったよりランプが暗いので、果たして目に入るかどうか、使ってみないとわかりません。
本体から音も鳴るのですが、全然音が小さくて聞こえそうにないので、鳴らない設定にしてしまいました。
ランプが見づらいようであれば、ランプの代わりに音量の大きい電子ブザーでも買って付けてみます。
・・・ってよく考えたらスーパーチャージャー制御用PLCにも回転パルス入れてるんだから、そっちからブザー出力作ったほうが早かったかも・・・。
Posted at 2017/10/21 20:20:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | コルトVer.R | 日記
2017年10月18日 イイね!

動画あった

日曜の埼群戦の本番はないですが、その後の練習会のを撮ってくれてるのがありました。
Twitterの動画なんで、直には貼れませんが・・・。
見ると、動きがぎこちないです。
コーナー立ち上がり加速時に、もっと踏んでも大丈夫なんだろうなと思いつつ、これ以上だとアンダーになるという思い込みでどうしても踏み込み量を抑えてしまいます。
あと直線加速でブシュブシュ言っているのは、レブリミッター代わりにバイパスバルブを閉じて回転を抑える制御を入れているので、それが効いているせいでしょう。
これはもうちょっと早くシフトアップしないと損ですね・・・。
ただ、この制御入ってるときはあんまり走っててリミッター感がないので、シフトランプ付けたほうがいいかもしれません。
ずいぶん昔にリミッター対策のつもりで一応買ってはあるので、週末にでも付けてみます。
低速からの立ち上がりがだいぶ速くなったのは映像からも見て取れます。
サイドターン立ち上がりでもすぐ反応するため、アクセル早踏みしておく必要がなくなったので、状況に応じて誤魔化すこともできるようになりました。
早踏みしてると細かい調整は無理なので、ホイールスピン起こそうがそのまま踏んでいくしかないので・・・。
あと、タイヤがほとんど浮かないので、だいぶ足回りのバランスも改善されたなーというのが実感できます。
最近は乗ってて転びそうな感覚は全くなくなりました。

Posted at 2017/10/18 23:11:16 | コメント(0) | トラックバック(0) | ジムカーナ | 日記
2017年10月17日 イイね!

エンジョイ(秋)満員だそうで・・・

ICCエンジョイジムカーナ(秋)ですが、募集10/14開始なのに2日後の夜には満員御礼だそうな・・・。
キャンセル待ちも出来るので、締切ではないですが。
いつも期限前には埋まってましたが、今回は恐ろしく早かったですね。
14日時点で半分以上申し込まれていたので、15日に宝台樹から帰宅してすぐ申し込みましたが、おかげでなんとか受理されました。
今回はLSDは組まずに、車高調によるタイム変化を知りたいと思っているのですが、11月3~5が3連休なので作業するにはちょうどいいんだよなぁ・・・どーしよ。
Posted at 2017/10/17 20:07:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日常 | 日記
2017年10月16日 イイね!

千葉東京フェスティバル締切

千葉東京フェスの申込期限はまだ全然先だったのに、120台を超えたために急遽締め切られました。
申し込み締め切りリストというのが出ているので、数えてみたら137台でした。
特別に作ったクラスが多いというのもありますが、普通のイベントもこのくらい集まってくれたらいいのですが・・・。
で、今回は誘われたのでローリングクラスにエントリーしましたが、17台もいます。
ツインチャージャー化してからのタイムを測るにはちょうどいいメンバーが揃っているので、本番までにもう少し準備して臨みたいと思います。
とか言いながら11/12はICCのエンジョイジムカーナにアルトで申し込んでいるので、少しアルトのほうにも手をかけることになりますが・・・。
Posted at 2017/10/16 21:22:23 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日常 | 日記
2017年10月15日 イイね!

2017JMRC埼群ジムカーナ第7戦

2017JMRC埼群ジムカーナ第7戦今日は宝台樹で埼群戦でした。
痛車クラスを作るというので、なんとかコルトの制作を間に合わせて参加しました。
やっぱり目標期限がないと作業をのんびり構えてしまうので、時期的にはちょうどいい頃合いでした。
埼群のシステムは1,2ヒートの速い方と3,4ヒートの速い方の合計で勝負が決まるというものです。
リザルトの1~4ヒートは実タイムで、Result Timeはハンデ込となっているようです。
自分の場合だとハンデ24秒(1本あたり12秒)ということになります。
結構大量にハンデあったのですが、今回は天気に翻弄されてうまく機能しませんでした。
1本目がドライで、2本目に雨降って、3,4本目は雨が止んで路面が良くなっていくという状態でした。
結果、1本目でタイムを出した人が有利となり、ここでミスコースしてしまうとどうにもなりません。
あとはウェットになるとSタイヤとの差が開くというのもあって、ガチ勢が上に来てしまいました。

今回はビデオカメラを忘れてきてしまったので動画がないです・・・。
まず1本目、曲がる部分で1個上のギヤで走るのを試してみて、ダメだった部分を2ヒート目で修正しようと思ってました。
結果的には1個上のギヤは全部失敗だったのですが、それを唯一のドライで試してしまったというのが悔やまれます。
そして、当初1本目慣熟で2本目が本番だと思っていたので、1本目で皮むくつもりで本番用のタイヤを皮むきしておかなかったので、最初のほうでグリップが悪かったです。
皮むきといっても新品ではなく名阪で使った残りなのですが、かなり日が経っているので、1回皮むきしておく必要はありました。
1本目から本番だと分かっていれば、前日にむいておいたものを・・・orz
ボレロ主催なので、毎度おなじみ最高速計測があったのですが、計測場所の手前のコーナーを3速で走ってしまったので、速度伸びませんでした。
一応88キロで痛車クラス内で同率1位にはなったのですが、ちゃんと2速で走ってればもっと伸びただろうに・・・。
裏を返せば、そんな走り方でも最高速が獲れたのだから、ちゃんとパワーはあるということでしょう。

2本目、完全にウェットになってましたが、なにせ台数が23台しかいないので、タイヤを変える暇もなかろうと思ってフロントタイヤは1本目と同じG/Sで走りました。
走ってみたら思ったよりは食うという印象でしたが、やはりタイムは大きくダウン。
1ヒート目のタイムが採用されるので、ここは関係はないです。

3本目、さすがにウェットなのでフロントをG/2Sに交換しました。
が・・・G/Sで雨量も多かった2本目よりタイムが遅くなりました。
腐ってもG/2Sと思ってましたが、2014年製で練習でだいぶ使って山の減ったG/2Sよりも、2017年製で山のあるG/Sのほうがはるかにマシだったということでしょう。
1本目で4.6秒差付けてましたが、3本目で3秒差付けられてしまいました。

4本目、このままではマズイと思ったので、大急ぎでまたG/Sに戻しました。
その結果3秒アップで、タイムもギリギリ逆転したのですが、結局抜き返されて1.3秒差付けられました。
で、トータルでは1本目の大量リードのおかげで勝ちました。

イベント後に路面がドライになったので、その後の練習会も参加してタイム出ししてみましたが、最終的には11秒2でした。
今年の全日本SA1チャンピオンが9秒で走っていたので、タイム的にはまだ全然ダメです。
ツインチャージャーのおかげで車はだいぶ進歩したので、ぼちぼち腕のほうをなんとかしましょうかね・・・。
踏めるようになってくるとスーパーチャージャーのラグも気になりだしたので、バイパスバルブの制御も見直してみます。
Posted at 2017/10/15 23:10:09 | コメント(1) | トラックバック(0) | ジムカーナ | 日記

プロフィール

「ラック切った http://cvw.jp/b/262472/42429787/
何シテル?   01/20 19:54
2000年から関東でジムカーナやってます。 もともと4駆のヴィヴィオでジムカーナを始めたものの・・・ 1台目は関越スポーツランドに向かう移動中、ガードレール...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

フロントサイドブレースバー製作 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/20 23:12:11
自作 フロントメンバーサポートバー作成手順☆ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/20 22:31:32
フロントフェンダー取り外し手順 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/11 22:03:51

愛車一覧

三菱 コルトラリーアートバージョンR 三菱 コルトラリーアートバージョンR
舞洲の痛車ジムカーナに参加したとき、練習会なので当然ながら無差別級での競争になり、ZC3 ...
スズキ アルトワークス スズキ アルトワークス
新車は高いし、中古も新車とほとんど変わらない値段だったので見送っていたのですが、発売から ...
スズキ スイフトスポーツ スズキ スイフトスポーツ
PN1車両として気になったので試乗してみたら・・・デミオでこれには勝てないと痛感。 その ...
マツダ タイタンダッシュ マツダ タイタンダッシュ
重量が重く、4ATで燃費の悪かった積載車1号機から買い換えた2号機です。 1.5tベース ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.